主観100%

最近、笑いに関して思っている事があります。
それは【果たして格調高い笑いというのは、
格調高くない笑いよりも本当に優れているのか?】
という事ですね。


【Rー1ぐらんぷり】で優勝されてから、
各方面で引っ張りだこの【アキラ100%】さんですが
彼のネタを巡っての是非が、よく議論されています。


昔から【裸になるのは芸の無い証拠】と言われたりしますが、
彼はその定説に真っ向から弓を引くような
放送コードギリギリの芸風でチャンピオンになりました。


数日前に【笑点】でお馴染みの大御所の師匠が
彼の芸風に対して、割と否定的な見解を述べられた事で
また、この議論が再燃しているような感じがあります。


落語というのは言葉を駆使する笑いであり
お客さんの想像力を掻き立てて笑いを取るもの、
言ってみれば【格調高い笑い】という事になるのでしょう。
・・・そう断ずるのも、上から目線ではありますが。


対して裸体になる事によって笑いを取っている
アキラ100%さんの芸は【格調高くない芸】という事に
なってしまうのでしょうね。


しかし、お笑いは
【格調の高さ】を争っているものではないと思います。
お客さんは笑いに来ているのだから、
どんな手を使っても、笑いを一番取った者が勝ちだと
私はそう思っています。


私が創作落語を作る時、
どんなに洒落た展開や、知的なギャグを思いついても
それが高座で全く伝わらずに、ダダスベリしてしまう事が
頻繁にあります(頻繁じゃダメだろ・笑)
例え格調高いものであったとしても
万人に伝わらなかったら、それはアウトです。


それに対してアキラ100%さんは、
全裸になる事によって【笑いの単純化】という事に成功してます。
【裸になるべきでない場所で裸になる】というのが
誰が考えても可笑しいわけであって
さらに【前を隠す】というワンテーマにしぼっていますから、
これは確実に万人に伝わります。
そして、お客さんの笑いという結果を残しています。


私自身は【落語は最高のエンターティンメント】だと思っています。
それは過去も、現在も、未来も、変わる事のない考え方だと思います。


ただ、それにあぐらをかく事は絶対にしてはいけないとも思うのです。
暴論と言われてしまうかもしれませんが、
【落語は格調高いものだから、これでいいんだ】とか
【これはそんなに笑わせなくてもいい噺だ】とか
【笑わせればいいってもんじゃない】といった言葉は、
全て【言い訳】に聞こえてしまう気がします。
お客さんを笑わせる事に、常に貪欲でありたいと
そう思い続けていきたいと思っています。


それから、アキラ100%さんだけではなく
リズム芸やキャラ芸で売り出した芸人さんは
とかく批判の的になったりしますが、
そういった人たちを、ひとくくりにしてしまうのは
ちょっと気の毒だと思いますね。


彼らの中には、キャラやギャグを前面に出していても
ちゃんとネタを作り込んでいる人も結構います。
ところが批判する人というのは、内容については吟味せず、
少し見ただけで、批判に転じる事が多いと思います。
要は、面白くないから批判しているのではなく
それ以前に【生理的に嫌ってる】ような部分で
批判している事が多い感じがしますね。


ですから【嫌い】である事は事実でしょうが、
【面白くない】かどうかは、ちょっと違う気がしますね。
笑えるかどうかは個人的な問題ですから
【嫌い=面白くない】という図式になってしまうのは
仕方ない気もしますが・・ちょっと、その芸人さんが
可哀想な気もしますね。


ここに書いた事は全て私見ですから
『それは違う』と思う方も沢山いらっしゃるでしょうが
たまには【主観100%】でありたいと思って書いてみました(笑)


微笑亭さん太

小市民の稽古

昨日は小市民寄席に向けての
天狗連の集まりに参加してきました。


小市民寄席まで40日を切った状態となりましたが
コントの読み合わせが主な練習でした。

20170526004322bfc.jpg

練習では皆さん、
脱線しまくりだったりしますが、
本番までには、ちゃんと仕上げてくるあたり、
さすがだな~と、毎年思います。


練習はまだ始まったばかりですが、
私自身は数えるほどしか練習に参加できないので、
皆さんの足を引っ張らないよう
頑張ってやりたいと思います。

20170526004324f1f.jpg

そして昨日の東海日日新聞に、
前日のロワジールホテルでの高座の記事が載っていました。
写真付きで載せていただきましたので
ありがたい限りです。


微笑亭さん太

創作落語作家の宿命

最近、社会人落語界でも
創作落語を作られる方が増えてきました。
これはひとえに、池田の大会の影響があるからかと思います。
あの大会において、古典落語よりも
創作落語の方が評価されやすい傾向にある事は
否定できないところではないかと思います。


優秀な作り手の方々によって、
後世にまで残るような素晴らしい創作落語が
生み出される可能性が広がってきたというのは
とても素晴らしい事だと思います。


『よし、俺もひとつ、面白い創作落語を作ってみよう!』
創作落語を作り始めるスタートは、
誰しも、この思いからのはずです。


こういった思いを抱くきっかけというのは
他人の面白い創作を聞いて『自分もあんな落語を作ってみたい』と
そこがモチベーションになっている事が多いでしょうね。


とりあえず1本書いてみます。
それを高座でかけてみて、うまくいったとします。
何度かかけてみて、評判もそこそこです。
それに気をよくして、もう1本書いてみます。
ここから【戦い】が始まるのです。


というのも、2本目を書いた時点で、
自分の作品の中での【順列】が誕生します。
つまり【1位】と【2位】の作品が存在するようになるわけですね。


2位の作品も、決して悪い出来ではなくても、
やはり自分の中での順列は2位なのです。
1位の作品の方がウケると思っているし、
ここ一番の舞台では、必ず1位の作品をかけるはずです。


これではいけないと思い、
2位の作品をかけてみるのですが、それを聞いたお客さんから、
「2位の作品も良かったけど、やっぱり1位の作品が面白いよね~」
これを言われてしまうと、ますます1位の作品しか
やれなくなってしまうのです。


作品の数が増え、3位、4位、5位の作品が出てくれば、
どんどんと、この傾向が強くなっていきます。
『1位の作品をやらずに、3位、4位の作品をやる必然性は
果たしてあるのか?』そんな思いが、
自分の中で強くなっていきます。
それが2位以下の作品の成長を妨げていきます。
創作落語は板にかけて、お客さんの反応というデータを得て
成長させていくものだと思いますが、
その道を自ら閉ざしてしまう可能性があるのです。


つまり己の作品の敵は、他人の優秀な作品ではなく、
【自分の作品】なのです。
自分で、自分の作品を越えられなくなるのです。


自他共に認めるような傑作が出来た後というのが
特に危険だと思います。
その作品しか、やれなくなってしまうからです。
「あの人、いつもこのネタやってるよね。もう飽きちゃったよ」
お客さんたちの、そんな【幻の声】が聞こえてくるような気がして
仕方がなくなってきます。
私自身が、そうでした。


私の中で傑作と呼べるようなものは、ほとんどありません。
ありませんが、それでも困った時に頼るネタというのは、
一つや二つはあります。
ふと気づくと、それしかかけてないような事が多々あるのです。
これではいけないと思いつつも、
なかなかそこから抜け出せないのが本当のところです。


生意気な事を書いてしまいましたが、
今日の記事は、自らへの戒めとして書いたものです。
創作落語を作られている方々は、
作品の成長を促すためにも、
色んな自作をかけていただきたいな~と思ったりします。


微笑亭さん太

荒天の月例寄席

昨日は天狗連の月例寄席に行ってきました。
出番ではありませんが、お手伝いに行きました。


昨日は昼から大変な荒天で、
寄席が始まる頃には横殴りの雨が降っているという
台風と見紛うばかりの光景でした。
お客さんも、いつもに比べたら少なかったですが、
それも致し方ないくらいの最悪の天気でした。


『提灯屋』小呂比家念挫

『青菜』何逸亭長久

ー仲入りー

『陽水の稽古』(写碌作)米花家写碌

『ええじゃないか始末記』(さん太作)成田家紫蝶


今回は久しぶりに写碌さんがゲストで出てくださいました。
自作のネタおろしという贅沢な高座でしたが、
いつも以上に写碌ワールド全開で
お客さんも爆笑されてました。


来月の月例寄席の時には、
小市民寄席のポスターやパンフレットが
出来上がってくると思います。


今年も7/1(土)&2(日)には
『第38回 小市民寄席』が行われます!
両日とも昼の2時からで、番組は両日違います。
落語はもちろん、漫才、コント、太神楽、寄席躍り・・・
バラエティに富んだ内容が盛り沢山です。
来月中旬以降にチケット発売予定ですので
ご希望の方は、最寄りの天狗連の息のかかったお店で購入されるか
メール等をいただければと思います。


2日間でお客さんが1100人ほどおみえになる
ビッグイベントですので、一度見ておいて損はないです。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

創作落語『重機の恋』

金曜日の記事の
ミクシィでの小遊さんへのコメントの中で、
【ブルドーザーとパワーショベルがダンプカーを取り合うネタ】
なんという、ありもしないネタを書いてしまいましたが、
本当にそんなネタを作ってみました(笑)
よかったら、誰かやってくださ~い(笑)


「おい、ブルドーザー」
「何だよ、パワーショベル」
「お前、ダンプカーの事が好きだって聞いたけど本当か?」
「えっ?誰に聞いたんだ、そんな事」
「三点式パイルドライバーのヤツだよ」
「あいつ、喋ったのか?口が軽い野郎だな。あいつ三点式だから、すぐに三角関係になるような事言っちゃうんだよな・・・あいつに喋っちゃった事、クイが残るな」
「何を言ってんだよ。俺がダンプカーの事好きなのは知ってるだろ?何で知ってて横恋慕なんかするんだよ」
「お前はさ、『男は押しの一手だ!』とか言って、強引に前へ進むだけだろ?そんなんじゃ、ダンプちゃんの心はつかめねえよ」
「どういう意味だよ?」
「彼女はな、毎日現場と山を往復して砂を運ばされる毎日を送ってるんだ。そんな無機質な毎日から彼女を【すくって】あげられるのは、パワーショベルである俺だけさ。この太くてたくましいアームで、ダンプちゃんをギュッと抱きしめてあげるから」
「・・・その勝ち誇ったような顔は何だよ」
「これがいわゆる【土砂顔】ってやつ」
「うるせーよ!俺と彼女の方が相性がいいんだぞ」
「相性がいい?どうして?」
「血液型だって【大型】同士だから」
「何言ってんだ、俺だって大型だっつーの」
「・・・ちょっと二台とも、何やってるの?」
「あ、ダンプちゃん!今、君の事でブルドーザーともめてたんだ」
「えっ、私の事で?どうして?」
「ダンプちゃん、俺たち二台とも、君の事が好きなんだ。俺とブルドーザー、どちらか選んでくれ」
「あなた達のどちらかを選ぶって・・・そんなの無理だわ」
「どうして?」
「だって私には、好きな人がいるの」
「好きなやつがいる?誰だよ?ミキサー車のやつか?ロードローラーか?それともスクレーバーか?トレンチャーか?モーターグレーダーか?」
「・・・重機の名前が専門的過ぎて、みんなピンとこないわよ。そんなのじゃないわよ」
「じゃあ、誰なんだ?」
「あの看板の彼よ」
「あの看板って・・・工事中の看板の事?」
「そうよ。あの【ご迷惑をおかけしております君】よ」
「え~っ!?どうしてあいつなの?」
「彼の腰の低さ、物腰の柔らかさに、大人の魅力を感じるのよ」
「そんな・・・俺たちじゃダメなのかい?」
「ご迷惑をおかけしております君に比べたら、あなた達は子供っぽいのよ」
「子供っぽい?どうして?」
「ダンプカーの私から見たらあなたたちは、【ジャリ】同然なのよ」

・・・おあとがよろしいようで・・・


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード