創作落語作家の宿命

最近、社会人落語界でも
創作落語を作られる方が増えてきました。
これはひとえに、池田の大会の影響があるからかと思います。
あの大会において、古典落語よりも
創作落語の方が評価されやすい傾向にある事は
否定できないところではないかと思います。


優秀な作り手の方々によって、
後世にまで残るような素晴らしい創作落語が
生み出される可能性が広がってきたというのは
とても素晴らしい事だと思います。


『よし、俺もひとつ、面白い創作落語を作ってみよう!』
創作落語を作り始めるスタートは、
誰しも、この思いからのはずです。


こういった思いを抱くきっかけというのは
他人の面白い創作を聞いて『自分もあんな落語を作ってみたい』と
そこがモチベーションになっている事が多いでしょうね。


とりあえず1本書いてみます。
それを高座でかけてみて、うまくいったとします。
何度かかけてみて、評判もそこそこです。
それに気をよくして、もう1本書いてみます。
ここから【戦い】が始まるのです。


というのも、2本目を書いた時点で、
自分の作品の中での【順列】が誕生します。
つまり【1位】と【2位】の作品が存在するようになるわけですね。


2位の作品も、決して悪い出来ではなくても、
やはり自分の中での順列は2位なのです。
1位の作品の方がウケると思っているし、
ここ一番の舞台では、必ず1位の作品をかけるはずです。


これではいけないと思い、
2位の作品をかけてみるのですが、それを聞いたお客さんから、
「2位の作品も良かったけど、やっぱり1位の作品が面白いよね~」
これを言われてしまうと、ますます1位の作品しか
やれなくなってしまうのです。


作品の数が増え、3位、4位、5位の作品が出てくれば、
どんどんと、この傾向が強くなっていきます。
『1位の作品をやらずに、3位、4位の作品をやる必然性は
果たしてあるのか?』そんな思いが、
自分の中で強くなっていきます。
それが2位以下の作品の成長を妨げていきます。
創作落語は板にかけて、お客さんの反応というデータを得て
成長させていくものだと思いますが、
その道を自ら閉ざしてしまう可能性があるのです。


つまり己の作品の敵は、他人の優秀な作品ではなく、
【自分の作品】なのです。
自分で、自分の作品を越えられなくなるのです。


自他共に認めるような傑作が出来た後というのが
特に危険だと思います。
その作品しか、やれなくなってしまうからです。
「あの人、いつもこのネタやってるよね。もう飽きちゃったよ」
お客さんたちの、そんな【幻の声】が聞こえてくるような気がして
仕方がなくなってきます。
私自身が、そうでした。


私の中で傑作と呼べるようなものは、ほとんどありません。
ありませんが、それでも困った時に頼るネタというのは、
一つや二つはあります。
ふと気づくと、それしかかけてないような事が多々あるのです。
これではいけないと思いつつも、
なかなかそこから抜け出せないのが本当のところです。


生意気な事を書いてしまいましたが、
今日の記事は、自らへの戒めとして書いたものです。
創作落語を作られている方々は、
作品の成長を促すためにも、
色んな自作をかけていただきたいな~と思ったりします。


微笑亭さん太

荒天の月例寄席

昨日は天狗連の月例寄席に行ってきました。
出番ではありませんが、お手伝いに行きました。


昨日は昼から大変な荒天で、
寄席が始まる頃には横殴りの雨が降っているという
台風と見紛うばかりの光景でした。
お客さんも、いつもに比べたら少なかったですが、
それも致し方ないくらいの最悪の天気でした。


『提灯屋』小呂比家念挫

『青菜』何逸亭長久

ー仲入りー

『陽水の稽古』(写碌作)米花家写碌

『ええじゃないか始末記』(さん太作)成田家紫蝶


今回は久しぶりに写碌さんがゲストで出てくださいました。
自作のネタおろしという贅沢な高座でしたが、
いつも以上に写碌ワールド全開で
お客さんも爆笑されてました。


来月の月例寄席の時には、
小市民寄席のポスターやパンフレットが
出来上がってくると思います。


今年も7/1(土)&2(日)には
『第38回 小市民寄席』が行われます!
両日とも昼の2時からで、番組は両日違います。
落語はもちろん、漫才、コント、太神楽、寄席躍り・・・
バラエティに富んだ内容が盛り沢山です。
来月中旬以降にチケット発売予定ですので
ご希望の方は、最寄りの天狗連の息のかかったお店で購入されるか
メール等をいただければと思います。


2日間でお客さんが1100人ほどおみえになる
ビッグイベントですので、一度見ておいて損はないです。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

創作落語『重機の恋』

金曜日の記事の
ミクシィでの小遊さんへのコメントの中で、
【ブルドーザーとパワーショベルがダンプカーを取り合うネタ】
なんという、ありもしないネタを書いてしまいましたが、
本当にそんなネタを作ってみました(笑)
よかったら、誰かやってくださ~い(笑)


「おい、ブルドーザー」
「何だよ、パワーショベル」
「お前、ダンプカーの事が好きだって聞いたけど本当か?」
「えっ?誰に聞いたんだ、そんな事」
「三点式パイルドライバーのヤツだよ」
「あいつ、喋ったのか?口が軽い野郎だな。あいつ三点式だから、すぐに三角関係になるような事言っちゃうんだよな・・・あいつに喋っちゃった事、クイが残るな」
「何を言ってんだよ。俺がダンプカーの事好きなのは知ってるだろ?何で知ってて横恋慕なんかするんだよ」
「お前はさ、『男は押しの一手だ!』とか言って、強引に前へ進むだけだろ?そんなんじゃ、ダンプちゃんの心はつかめねえよ」
「どういう意味だよ?」
「彼女はな、毎日現場と山を往復して砂を運ばされる毎日を送ってるんだ。そんな無機質な毎日から彼女を【すくって】あげられるのは、パワーショベルである俺だけさ。この太くてたくましいアームで、ダンプちゃんをギュッと抱きしめてあげるから」
「・・・その勝ち誇ったような顔は何だよ」
「これがいわゆる【土砂顔】ってやつ」
「うるせーよ!俺と彼女の方が相性がいいんだぞ」
「相性がいい?どうして?」
「血液型だって【大型】同士だから」
「何言ってんだ、俺だって大型だっつーの」
「・・・ちょっと二台とも、何やってるの?」
「あ、ダンプちゃん!今、君の事でブルドーザーともめてたんだ」
「えっ、私の事で?どうして?」
「ダンプちゃん、俺たち二台とも、君の事が好きなんだ。俺とブルドーザー、どちらか選んでくれ」
「あなた達のどちらかを選ぶって・・・そんなの無理だわ」
「どうして?」
「だって私には、好きな人がいるの」
「好きなやつがいる?誰だよ?ミキサー車のやつか?ロードローラーか?それともスクレーバーか?トレンチャーか?モーターグレーダーか?」
「・・・重機の名前が専門的過ぎて、みんなピンとこないわよ。そんなのじゃないわよ」
「じゃあ、誰なんだ?」
「あの看板の彼よ」
「あの看板って・・・工事中の看板の事?」
「そうよ。あの【ご迷惑をおかけしております君】よ」
「え~っ!?どうしてあいつなの?」
「彼の腰の低さ、物腰の柔らかさに、大人の魅力を感じるのよ」
「そんな・・・俺たちじゃダメなのかい?」
「ご迷惑をおかけしております君に比べたら、あなた達は子供っぽいのよ」
「子供っぽい?どうして?」
「ダンプカーの私から見たらあなたたちは、【ジャリ】同然なのよ」

・・・おあとがよろしいようで・・・


微笑亭さん太

祝(?)創作落語20周年!【後編】

創作落語を人前で演じるというのは
【自分の感性をお客さんに受け入れてもらう作業】
ではないかと思いますが、
結果が出ない事の方が多いですね。


よく『どうやったら創作落語は書けますか?』と
質問される事がありますが、そんな秘訣があるなら
私の方が教えてもらいたいくらいですね、マジで(笑)


ただ、創作落語を書く秘訣は判りませんが、
【創作落語を書く時に気をつけている事】というのは
幾つかあったりします。


まず第一に
【自分の好きなジャンルのネタは避ける】という事です。


ネタというのは自分が詳しい事で書く方が有利ですから
自分の好きなジャンルで書きたくなるのが人情です。
しかし、自分がそのジャンルが好きなゆえに、
どんどんとディープになっていく怖れがあるんですね。
【面白さ】よりも
【自分の趣味】が優先してしまう危険性があります。
こういうネタを作ってしまうと、
お客さんは置いてきぼりみたいな感じに
なってしまう可能性が高いんですね。


現に私も、【特撮ヒーロー】とか【推理小説】が大好きなので
そのジャンルのネタは、なるべく避けるようにしています。
とは言うものの、自分の好きなジャンルは作りやすいですから、
そういうネタを作る時には、マニアックにならないように
胆に銘じる事が大切かと思います。


次に、二つ目として
【擬人化ネタも、なるべく避ける】という事です。


本来は喋らないものが喋るという【擬人化】という手法があります。
古典落語にも、タヌキやキツネが喋ったりなんて噺は
広く演じられています。
新作落語だと、電化製品や大工道具などの
無機物が喋ったりなんて噺もあるでしょう。


これはお客さんにも判りやすくて、
噺も作りやすいです。
喋らないものが喋った時点で、もう既に落語ですからね。


しかし作りやすいがゆえに、
このパターンを使いだすと、どのネタもみんな
擬人化する方向にいってしまう傾向があるんですよね。
それは自分の作品の可能性を
狭める方向に進んでしまう事になりかねませんから、
色んな創作落語を作りたいと思ってる方は
擬人化作品には、なるべく頼らない方が
ベターなのではないかと思いますね。


そして三つ目が
【笑いの構図を単純化する】という事です。


創作落語を作っていると、ベタになる事を嫌って
ストーリーを複雑にしたり、二転三転する展開にしたりと
自分なりの工夫をされる方もいらっしゃいます。
そういう【営業努力】は素晴らしいんですが、
それがかえって、自分の首を絞める可能性も
あるんじゃないかと思います。


落語というのは、その場その場の刹那的なものです。
本のように読み返したり、DVDのように見返したりは
決して出来ません。
言葉として発した瞬間、
そこでお客さんに伝わらなかったらアウトなわけです。
下手にストーリーを複雑にすると、
伝わらない危険性が高まるのではないかと思います。


お客さんが噺を聞き進めた時、
『あ、この噺は、こういうパターンで
笑いを取っていくんだな』という事が
ある程度、予測できる展開がいいんじゃないかと思います。


私の個人的な感覚では、70~80%くらいは予測がついて、
後の20~30%くらいで味つけしたり、展開を裏切ったりくらいが
聞いてる方も心地よく、面白く楽しめるのではないかと思います。
そのためにはやはり、
【子供が父親をへこます噺なんだな~】とか
【奥さんが旦那さんの悪口を言う噺なんだな~】といった
瞬時にお客さんが飲み込めるように
笑いの構図を単純化するという事が重要かと思いますね。


他にも細かい事は色々ありますが、
20年間、創作落語を作ってきて、
この三つが、割と気をつけなければと思っている事ですね。


これからも、
少しでも面白い作品が書けるように
日々、精進していかなければならないと
20年目にして思う私です。


微笑亭さん太

祝(?)創作落語20周年!【前編】

月日の経つのは早いもので、
初めて創作落語を作ってから、
今年で20年になる事に最近気づきました。


今まで自分で高座にかけたネタは72本ですが、
それ以外、アマプロ問わず他の方に提供したもの、
書いただけで世に出ていない未発表作を加えると
確実に100本は超えていると思います。
でも、文枝師匠を始めとする創作派の師匠方に比べたら
全然少ないですよね。


落研時代から古典落語一筋(笑)だった私が
なぜ創作落語を作るようになったかと言えば
一言で言えば【マクラとのギャップに苦しんだから】
という事になるでしょうね。


学生時代から小朝師匠を崇拝していた私は
小朝師匠がやられているような、オシャレで面白いマクラのネタに
とても憧れを抱いていました。


ですから小朝師匠のマクラを
そのまま高座で使わせていただいていたのですが、
徐々に自分でも作るようになっていきました。


最初は、あまりうまくいかなかったものの
だんだんと笑っていただけるようになり
ネタを作るのがとても楽しくなってきました。


ところが本題に入って普通に古典落語をやると
それまでウケていても微妙な感じになり
終わった後は【今イチ感】が漂うような高座もあったのです。


諸先輩方からは
『マクラだけで下りてこればよかったのに(笑)』みたく
言われる事も、しばしばあり、
真剣に悩んだ事が何度もありました。


そこで、思ったのです。
『自分のマクラに対抗するためには、自分で本ネタを作るしかない』と。


当初は『古典落語を作りたい』などという
目標を掲げていた事もあって、
擬古典の物ばかりを作っていたのですが、
次第に現代物も書くようになりました。
2004年に【六人の会】の台本コンクールで
最優秀賞をいただいてからは、
プロの方にも作品を提供し始めた事もあり、
作るペースも上がっていきました。


とは言うものの、
自分が板にかけた72本のうち、
頻繁にかけている物といえば、精々25、6本しかありません。
ほとんどが、かけ捨て状態となっている物ばかりです。
これは大反省しなければいけませんね。


振り返ってみると、最初の作品から20作くらいは
実に【攻めている作品】が多いな~という印象があります。
その頃はもちろん、自分がやるために
自分のためだけに書いてましたから、
自分の趣味が色濃く反映されている傾向があります。


『城金屋繁盛記』『中魔界八景』『辻駕籠問答』『秘薬の効き目』
『続・たらちね』『調べの極意』『江戸悪魔奇談』
『哀縁喜縁』『正夢屋』『笑いの殿様』『江戸っ子権助』等々・・・
タイトルを羅列したところで、
もちろん誰にも判りませんが(笑)
当時は苦労して書いた作品群です。
今でもよくかける『こうもり』は第3作、
『お伽村』は第4作でした。


これらの作品を演じている
過去の自分の高座の録音を聞くと、
本当に怖いもの無しで攻めてるんですよね(苦笑)
今では、とてもこういうネタは書けないという作品ばかりです。
そういう意味では、自分の作風もマイナーチェンジくらいは
してるのかな~とは思いますね。
今はちょっと、【置きにいってる作品】が多いので
この頃の【攻めの気持ち】を少しは思い出すべかなと
20年経った今、思っている次第です。


明日は、
【創作落語を作る時に気をつけている事】について
書いてみたいと思います。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード