『星野屋』と『辰巳の辻占』という落語における疑問

個人的に、
男と女が騙しあう噺が好きなものですから、
『三枚起請』や『紙入れ』、
『品川心中』、『星野屋』、『辰巳の辻占』といった噺をよくかけます。
プロの師匠方もかける事が多いので、
落語ファンの間にも、そういうネタを聞きたいというニーズがあるんでしょうね。

この中でも、
『星野屋』と『辰巳の辻占』というのは、非常に共通点の多い噺です。
ちょっとネタバレしてしまって申し訳ないですが、
両方とも、心中がテーマであり、
女の本心に対して疑念を持った男の側が、
橋から身を投げるという、偽の心中話を持ちかけます。
しかし結局は、男の金が目当てだったという、
女の了見があらわになる結末を迎えます。
実はこの2つのネタに関して、
昔から、それぞれ疑問に思っている事があります。

『星野屋』の方は、
星野屋の旦那が、愛人であるお花の事が今いち信用できなくて、
本当に身を投げて真心を見せたら、すぐに待機させている船に助けあげて、
店の一軒も持たせるという算段で、偽の心中話を持ちかけます。
お花は計算高い女なので、旦那だけ飛び込ませておいて、
自分は帰ってしまうんですが、もし本当に飛び込んでたら、
果たして旦那の思惑通りに事が運んだでしょうかね?

というのも、
『旦那が死んでしまったら、私も生きていても仕方がない』と飛び込むような、
操の固い真面目な女性だったとしたら、
自分を試すような真似をした旦那に対して失望し、怒ると思うんですよね。
だからこの噺は、『お花の了見を試す』と言いつつも、
最初っから、旦那は結果を100%予測していたのではないかと思えるのです。
『ぜって~アイツ、飛び込まねえよな~』みたいな感じで
物陰から見ていたのではないかと。
だとしたら、この噺は、
『悪い愛人を持ってしまった、可哀想な旦那』じゃなくて、
『自分の予想を確認しただけの、趣味の悪い旦那』って事なのかな、と。

ストーリー的には、お花が『悪役』として描かれてますが、
真の悪役というのは、旦那なんじゃないかという気がします。
まさに、
『星野屋、その方もなかなかのワルよのう…』という感じでしょうか。
なかなか奥の深い噺だと思います。

さん太(紫)


一方、『辰巳の辻占』の方ですが、
これも、お互いに死ぬ気のない男女(伊之助とお玉)が、心中をしに行くわけですが、
男がなかなか飛び込まないので、女は自分の身代わりに石を放り込みます。
暗闇で離れた位置にいた男は、
それが女が飛び込んだ音だと、マジに勘違いします。
『どうしよう、本当に飛び込んじまったよ…よし、じゃあ、ここにある石を
俺の身代わりにして…』と、男も石を放り込みます。
女の方も、それを男が身を投げた音だと勘違いし、ほくそ笑みます。
その後、お互い死んだはずの者同士が道でばったり顔を合わし、
『あら!伊之さん、しばらく』
『しばらく?何がしばらくだ!?』
『だってお前さん、娑婆で会ったっきりじゃないか』
という斬新なサゲを迎えるわけですが、これ、おかしくないですか?

女の方が石を放り込むのは判ります。勘違いさせるためですから。
でも、何で男の方まで、
石を放り込まなきゃいけないんでしょうか?

その時点で、女は飛び込んで死んだと思ってるわけですから、
そのまま帰ってしまってもいいわけですよね?
石の効果音を聞かせる相手はいないわけですから、
男の方の石は無駄ですよね。
何で男の方まで石を放り込む必要があったのか、
ず~っと疑問なんですよね。
誰か教えて下さい(笑)

今回は、
ちょっとだけ、マニアックな話になってしまいましたね。
読み終わった方のほとんどが、
『…意味わからん!』と言われるのが、聞こえてくる気がします。
すみません。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード