神様百態

『お客様は神様です』とはよく言ったもので、
我々の拙い芸を聞きに来て下さるお客さんというのは、
本当にありがたい限りです。
でも中には時々、変わった『神様』もいらっしゃいますね。


落語を聞きなれてない方が多い寄席だったりすると、
出囃子が流れて、高座に上がる時に、
それに合わせて、手拍子される方がいらっしゃったりするんですね。
最初は数人だったのが、段々増えていって、
我々が座布団に近づくほど、
妙な一体感がお客さんの中に出来上がってたりしましてね。
寄席だか運動会の入場行進だか判らなくなっちゃいましてね、
我々も、腕を振って足を上げての出になったりするんですね。


で、そういうお客さんに限って、我々が座布団に座って頭を下げると、
客席全体で一礼したりするんですね。
我々は天皇陛下じゃございませんから、
もっと上から目線で見ていただいても結構なんですけどね。


落語を聞きなれてないお客さんというのは油断がならないものでして、
噺に入って、
『お前さん、こっちィお上がり』なんて言おうもんなら、
本当に舞台に上がろうとなさる方なんてのもいますからね。
その方に向かって言ったわけじゃないんですけどね。


それから、上下を切りながら(左や右を向きながら)
『何だ、珍しいな。誰かと思ったらお前さんかい』なんて言うと、
後ろを振り返って、その方向を確認される方もいらっしゃるんですよね。
いやいや、本当にそっちから人が入ってきたわけじゃありませんから。
誠に油断がなりません。


寝てるお客さんというのはよくいらっしゃいますが、
一番乗りで会場に来て、最前列のど真ん中に陣取って、
落語が始まった途端に爆睡される方なんてのもいるんですよね。
こうなると、『落語を聞きに来た』というより、
『安眠できる宿を確保した』という感覚に近いですよね。


ここ数年、
『噺家の天敵』となりつつあるのが、『携帯電話』ですよね。
噺が最高潮に盛り上がったところで着信音が鳴るのは、
本当に困ってしまいます。
以前も、
とある寄席で落語をやってたら、お客さんの携帯が鳴りましてね。
すぐに切ってくれるかと思いきや、その場で電話に出られたんですね。
『…あ、もしもし…え?ううん、大丈夫、大丈夫』
いや、大丈夫じゃないだろう!と。
『…え?今、落語聞いてんの…うん…いや、あんまり面白くない』
…こういう時には、色んな意味で心が折れそうになりますね~。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

携帯電話

さん太さん、こんばんは。

落語聴いている最中に携帯電話がなってしまうお客さん、
ホントに多いですよね。

昨日の喬太郎師匠の会でもなっちゃっいました。
まだ、マクラだったから良かったものの(良くはないか)、
喬太郎師匠はサスガです。
「今日は携帯電話OKにしましょう。
 電話にでてもらっても構いません。
 そのかわり、ここ(高座)でしゃべってください。
 みんなで聴きましょう。」
と芸風でもある半ギレのような口調でおっしゃって、
すかさず笑いに変えちゃいました。

観ている私たちもイヤですから、
さん太さん始め、演っているかたもさぞイヤなんでしょうね~。

初心忘れるべからず

さん太さん、こんばんは。

こっくりこっくり前後に舟をこいでいる人は百歩譲って許せても、
隣で大きなイビキがしたら、絶対に我慢できないです。
「こら、ちょっと!いい加減に起きなさい!」
すくっと立ち上がり、頭の上からメガホンで怒鳴り付けちゃいますねっ。

今のところ自分では、
一言一句聞き漏らすまいと
持つ限りの想像力をフル回転できてると思いますから、
きっと良い神様だと思うんです。
でも…
そろそろ『慣れ』という、怖~い時期に突入する頃かもしれません。
最初の緊張感や、マナーも忘れ、いつの間にか嫌な神様になっている…
そんなことにならないよう、初心忘れるべからずの気持ちでいたいものです。

ところで、
《プロの師匠方への提供作品》がズラリと書かれていて、ビックリしてます。
いつか、さん太さんご自身が演じられる機会があることを楽しみにしています。

Re: 携帯電話

HISさん、ありがとうございます。

プロの師匠方になると、
携帯が鳴った時にどう対処するかを、
シミュレーションしてらっしゃる方が多いでしょうね。

不注意で携帯を鳴らしてしまう方もいらっしゃいますが、
問題は鳴った後の、その方の態度ですね。
物凄く堂々と鳴らし続けてらっしゃる方もいたりして、
会場全体が妙な空気になってしまうと、
それは困ってしまいますね~。

Re: 初心忘れるべからず

陽子さん、ありがとうございます。

ほお~、陽子さんは電話だけでなく、
『メガホン』まで常に携帯してらっしゃるんですか?(笑)

世間一般には、
『落語が下手だと寝てしまう』と思われてますが、
実は『うまい落語の方が寝やすい』とも言えるんですね。
うまい落語というのは一定のリズムがあって
眠りに入りやすいという事ですね。
電車の中が寝やすいのと同じような理屈でしょうか。

プロの師匠方への、主だった提供作品を書いてみました。
他にもマクラネタとか、古典の改作などもあって、
林家三平師の『ざるや』『有馬の秀吉』、
林家木久蔵師の『火焔太鼓』『新聞記事』などは、
私が改作したバージョンで演られてると思います。

また聞きたい作品をリクエストして下さいね。
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード