迷える子羊…いや、カモシカ…いや、ハナシカ

落語にしても漫才にしてもそうですが、
ネタが始まってすぐの最初のひとネタ、
いわゆる『ツカミ』というのが大切です。
冒頭で笑いを取る事によって、お客さんの緊張感をほぐし、
『この人面白そうだな…やってごらん、聴いてあげるから』という、
お客さんに聴いていただく姿勢を作る事ができます。
講演なんかでもそうですが、
人前で話をする時というのは、この『ツカミ』が重要ですよね。


落語の場合、このツカミが膨らんだものが、
『マクラ』という事になります。
本題に入る前の漫談的な部分ですね。
世間話などをふる事によって、お客さんとの心の距離を縮めたり、
その後の本題を楽しむために必要な、予備知識なんかも織り込んだりします。
それは噺家さんによって演り方は色々で、
たっぷりマクラをふる方もいれば、
ほとんどふらずに本題に入る方もいます。


私はマクラを演るのが好きなので、
ついつい長く喋ってしまいますね。
持ち時間の半分以上、マクラを喋ってるなんて事もしばしばです。
マクラネタを全て自分で作るようになってからは、
特に長くなりましたね。


ところがこれは、
あまり良くない事だと自分では思ってます。
というのも、自分の作るネタは時事ネタが多い分、
とても『アクの強いネタ』になってるんですね。
ですから、お客さんにマクラで沢山笑っていただいた時ほど、
本題に入るとトーンが落ちるんです。
これは自分でも、痛切に感じる事が多々あります。
客席の温度は徐々に上げていくのがベストなのに、
最初に『マックス』を迎えてしまう事による弊害ですね。


ちょうど、
唐辛子やにんにくをバンバンにきかせた中華料理を食べた後、
薄味の京料理を食べさせられるみたいなもので、
どうしても印象が薄くなってしまうんですね。
作りこんだマクラを演れば演るほど、
自分の首を絞めている事になってます。


『マクラのふり過ぎ』を嫌うプロの師匠方も多いです。
昨年、柳家権太楼師と共演させていただいた時にも、
批評で、そういうダメ出しをされました。
『わざとマクラでウケないように演るのも一つの方法だ』とも
師匠は仰いましたが、そんな器用なマネはとても私にはできません。
私の芸風としては、
本題を演った後にマクラを演るべきなのかもしれません…


じゃあ、マクラであまりウケなかった時なら、
本題はいいんじゃないかと思われるかもしれませんが、
そういう時は、マクラ以上に本題も『惨敗』になります…(涙)


この悩み、結構マジに、ず~っと悩んでるんですよね…


微笑亭さん太
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さん太師匠、お久しぶりです。
毎度、師匠のブログを楽しみにしている只今厳寒の北海道の紅丸です。
本日の「ツカミ」「マクラ」のお話、勉強になりました。
また、さん太師匠のブログ自体がマクラになってとても参考になります。
あたしは、長いマクラが苦手で「老婆の休日」をマクラにすることもあります。ある落語通の方に「今日は二席やりましたね」なんて言われたこともありました。
実は、毎年初秋に行われる旭笑長屋の「寿芸無寄席」(今年は9月20日)は、ネタ下ろしをすることが一応ルールになっておりまして、そこでお願いが有るのですがさん太師作の「寿限無(改訂版)」掛けても良いでしょうか?新子さんにお借りして爆笑しておりました。新子さん曰く 「おことわりした方がいいよ」って言われておりました。宜しくお願いします。         

Re: No title

紅丸師匠、ありがとうございます。

ブログ見て下さっているとの事で、ありがとうございます。
『改訂版・寿限無』演っていただけるんですか?
とても嬉しいです。
今、名古屋の『楽語の会』の若井家かもめさんという女性も、
このネタを演って下さってます。
プロの林家ひろ木師匠も演って下さってるので、
何人もの手に渡って、残っていってほしいですね。



> さん太師匠、お久しぶりです。
> 毎度、師匠のブログを楽しみにしている只今厳寒の北海道の紅丸です。
> 本日の「ツカミ」「マクラ」のお話、勉強になりました。
> また、さん太師匠のブログ自体がマクラになってとても参考になります。
> あたしは、長いマクラが苦手で「老婆の休日」をマクラにすることもあります。ある落語通の方に「今日は二席やりましたね」なんて言われたこともありました。
> 実は、毎年初秋に行われる旭笑長屋の「寿芸無寄席」(今年は9月20日)は、ネタ下ろしをすることが一応ルールになっておりまして、そこでお願いが有るのですがさん太師作の「寿限無(改訂版)」掛けても良いでしょうか?新子さんにお借りして爆笑しておりました。新子さん曰く 「おことわりした方がいいよ」って言われておりました。宜しくお願いします。         
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード