古典落語と新作落語のバランス

2008年小市民寄席より(2)

今現在は、新作落語を書き続けている私ですが、
大学の落研時代は、新作があまり好きではなく、
『古典にあらずば落語にあらず』くらいの考えを持ってました。
高座でも新作を沢山演っている今の自分が、信じられない気がしますね。

プロの師匠方でも、
新作をお演りになる方は、昔に比べたら格段に多くなったでしょうね。
基本古典の方でも、たまには新作を演るパターンが増えましたよね。
落語初心者の方にとっては、
新作というのは落語への入り口として、とても便利なものだと思います。
昭和テイストが消えつつある現代、
新作の担う役割というのは、どんどん大きくなっていくでしょうね。

しかし、です。

あくまでも私の感覚ですが、新作をかける時というのは、
ほんの少しの罪悪感というのが、いつも付きまとっているんですね。
皆さんは古典落語を聞きにきたのであって、
『お前の、わけわかんない噺を聞きにきたわけじゃねえ!』
と言われてる気がして仕方がないんですね。
もちろん、
そんな事を言われた事はないし(思ってても言わないでしょうが・笑)
考えすぎだと思うんですけどね。

1人で2席以上演る時というのは、
新作が1つは入っていても、あまり罪悪感はないんですが、
1席の時というのは、
果たして自分の新作を演っていいものなのかどうか
結構迷ったりします。…でも、結局かけてますけどね(笑)

そう考える時いつでも、
古典落語の持つ偉大さと畏敬の念を覚えますね。
いつか、
古典に負けない新作落語が作れたらいいな~と思います。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新作 つまり現代のお話を着物を着て高座に座ってやることが違和感を感じる来年40歳で介護保険2号被保険者になる者です。こんばんは。
 例えば三谷幸喜の演出する舞台や脚本 アンジャッシュのやるコント などは落語の要素をふんだんに取り入れているのがわかります。人志松本のすべらない話なんかはまさに現代の落語そのものでしょう。
 寄席からしか世の中の裏話が入らなかった昔と比べ、現代ではあらゆるところに現代の落語ともいえる話が聞ける環境があるなかで高座で着物という古くからの固定スタイルで現代の舞台での新作をやる意味ってってたまに考えることがあります。
 でもそれはちょこっとだけ過去に落語もどきをかじった自分だから思うことで一般の人からすれば古典でも新作でも面白いか面白くないかに
興味の一点がつきるんでしょうね。
 そういう意味でさんた師の両刀使いは素晴らしいと思います。
まさに素人落語界の性同一障害みたいな



失礼しました。




なんきんさん生きてますか?

あなたの仰る通りです

志ん太君、ありがとう。

合理性だけ考えたら、洋服を着るべきなのかもしれません。
落語は元々、人々が着物を着ていた時代に生まれたものですから、
その時代の人々からしてみたら、
今、洋服を着た人が落語を演っているような感覚だったのかもしれませんね。
自分が着ているものと同じものを、噺家が着てるわけですからね。
やがて時代が変わっていっても、落語は変わる事を拒んだ結果、
平成の世に、着物を着て新作を語るという、
違和感バリバリの状態が生まれたわけですね。
でも、それは、
落語の持つ『様式美』みたいな事でいいんじゃないかと思っています。
あえて、変わるのを拒んでもいいじゃないかという感じで…。
実際、着物は着ていても、古典新作両方演る噺家は、
古典と現代ものの新作では、口調を変えなければいけません。
お客さんにどれだけ伝わっているかは判りませんが、
小さな部分で、色々と努力をしているわけですね。
かつて何度も高座に上がったあなたなら、
そういう感覚は判ると思います。
その違和感すら、落語の奥深さの一つだと、
私は思っていますよ。

南きんさんは、
今年の夏に3匹の個体種が確認されました。
まだ絶滅には至ってないようです。
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード