FC2ブログ

植物の金切り声

キャベツや白菜、ニンジンといった野菜はもちろんの事、
クリやブドウといった木の実、さらには食用花など、
食料となってくれる植物は沢山ありますよね。


地球上にはおよそ二十五万~三十二万種の植物が存在しているんですが、
そのうち食用となるのは約三分の一で、八万種ほどと言われてましてね。


その中で日常的に食べる機会のある植物は百種前後ですが、
実際によく食べられているのはたった十五種ほどで、
これらだけで植物から摂取するカロリーの九十%を占めているそうですね。


大量摂取されている植物とは、
米、小麦、ジャガイモ、トウモロコシなどの主食であり、
これら四つで、植物から摂取するカロリー全体の六十%に達するそうですね・・・
主食といっても、元は植物なんだな~と実感しますよね。


植物というのは生命力が強いですから、
豆や種子が肺に入ってしまうと肺の中で発芽しちゃう事があるんですね。
過去にモミの木の種子が発芽したケースが報告されているそうですから、
肺の中でクリスマスツリーを育てるのも可能だという事になりますよね。


それから【エンドウ豆】も肺の中で育つ事があるそうですね。
「エンドウ豆は、肺の中で育つのはいいんですが、
胃の中で育ってしまうと、その人は一生独身で終わる可能性が高くなりますね」
「結婚できないんですか?それはまたどうして?」
「縁遠い(エンドウ胃)からです」


人間はイライラしたり怒ったりした時に叫び声を上げる事がありますが、
イスラエル・テルアビブ大学の研究チームが行った実験から、
『植物もストレスにさらされた際に、超音波の悲鳴を上げている』という事が判ったそうですね。


実験で研究チームは、
世界的に広く栽培されている作物であるトマトとタバコを、
温室と防音室それぞれの環境に三組ずつ配置し、
約十センチ離れた位置にマイクを設置したんですね。


作物はそれぞれ『干ばつ状態にして水不足のストレスを与えたもの』と
『茎に切れ目を入れて物理的損傷のストレスが与えられたもの』、
そして『特にストレスを与えなかったもの』の三つの条件に置かれ、
発した音が空気を伝ってマイクに記録されるかどうかを確かめたんですね。


その結果、ストレスを与えられた作物はそれぞれ十~百キロヘルツの、
人間の耳には聞こえない超音波を発したそうで、
これが植物の【悲鳴】という事になるわけですね。


しかし物言わぬ生命だと思っていた植物が悲鳴を上げるとなると、
ちょっと土から引っこ抜いて収穫するのもためらう感じになっちゃいますよね。
「でもさ、例えばサツマイモが引っこ抜かれそうな時に、
悲鳴を上げて周りに危険を知らせたところで、なすすべはないよね?」
「何言ってんだ。それを何世代も重ねるうちに、
抜いたらその悲鳴で、抜いた者を死なせるようになるんだよ・・・」
そんな進化はご勘弁という感じですけどね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



お茶の間寄席

昨日は豊橋にある
一般のご家庭にて落語会をやらせていただきました。


これは、自粛期間中に提案させていただいた
一般家庭に伺って、そこのおうちで落語会をやらせていただくという
『お茶の間寄席』の初開催という事で、お邪魔させていただきました。


オファーをくださったのは
いつも天狗連関係の寄席でお世話になっているチャリ子さんで、
チャリ子さん宅の庭での落語会となりました。


三密を避けるため、庭にイスを並べての会となりましたが、
梅雨が明けないこの季節ですので、お天気も気温も、大変気になるところです。


午後3時半からの会という事で、
どの程度お客さんが来てくださるかが心配でしたが、
ご近所さんを中心に15名くらいの方が来てくださいました。


お天気は、雨の心配がなさそうなくもりぞらという事で
屋外寄席としては、ベストな天候だったかもしれません。
暑さも、それなりの暑さという感じで、それも助かりました。
20200730000930cd6.jpeg


『お達者バイト』『後生鰻』『楽しい動物園』『親の顔』『竹の水仙』と5席やりましたが、
聞き慣れてない方も多い中、よく笑ってくださいました。
第2回目があるといいですね。


そんな感じで気軽に開催できる、お茶の間寄席の告知です↓

●個人のお宅や、ちょっとした集まりの場にお邪魔して落語をやらせていただく
『お茶の間寄席』はいかがでしょうか?
微笑亭さん太が皆さんのお宅へお邪魔して、おうちで落語をやります!
こちらがお邪魔するわけですから、
昼でも夜でも、都合の良い日と時間をリクエストしていただいて大丈夫ですし、
会の途中での換気も、し放題です(笑)
場所も、座布団が置けて落語ができるところなら、どんな所でもOKです。
お邪魔する時は、ちゃんと熱を計ってから参ります。
お声がけいただけたら嬉しいです。
090-8133-6921(さん太携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp


微笑亭さん太

人間アルコール工場

居酒屋さんやスナックなどお酒を扱うお店では、
常に酔っ払いのお客さんの相手をしなければいけないから大変ですよね。


特に閉店時間を迎えたというのに、お客さんが酔っ払って寝てしまい、
いくら起こしても起きずに店が閉められないなんという経験は、
お店の経営者であれば何度かされてるんじゃないかと思いますね。


「ウチは居酒屋やってるけど、酔っ払いのお客が寝ていても大丈夫だよ」
「へえ~、どうして?」
「閉店時間になったら店内に【蛍の光】を流すんだよ。
するとね、どんな爆睡してる酔っ払いもスッと立ち上がって帰っていくんだよ」
やはり【蛍の光】というのは、聞いたら帰らなければいけない曲として、
日本人の遺伝子レベルで刷り込まれてるんでしょうね。


先日、 米ノースカロライナ州で
飲酒運転の疑いがあるとして警察に車を停められた男性がいましてね。


四十代後半のこの男性
『自分は飲んでいない』と断固否定し呼気検査を拒んだため、
病院へ連れて行かれ検査をしたんですが、その結果、
血中から〇・二%のアルコールが検出されたんですね。


これは許容量の約二・五倍にあたり、
一時間にアルコール飲料十杯を飲んだ量に匹敵するという、
飲酒運転のオリンピック代表になれそうなぐらいだったんですね。


男性は絶対にアルコール飲料は飲んでいないと言い張ったんですが、
これだけの結果が出ているわけですから、
警察にも医師にも信じてもらえなかったのも当然ですよね。
ところが、米リッチモンド大学医療センターが調べた結果、
男性の言葉は本当だったことが判ったんですね。


この男性、ビールもカクテルも飲んでいなかったにもかかわらず、
消化器官の中に酵母が存在していて、その作用で
食品の糖分からアルコールが作られていたために、検査で出てしまったんですね。
つまり早い話【体内でビールを醸造していたような状態】だったという事ですね。


この男性は数年前に抗生剤を服用していて、
その抗生剤が原因で腸内細菌に変化が起き、消化管の中で
イースト菌が生成されるようになったというのが原因だと推測されるそうですが、
これはちょっとした【錬金術師】みたいなものですよね。
お酒が大好きな方にとっては羨ましい体質ですよね。
一銭も使わずに酔っ払えるという事ですからね。


かつて『私の体にはワインの血が流れている』と仰った女優さんがいましたが、
この方の場合は本当に体にお酒が流れている事になりますよね。
体内でアルコールが作られすぎて吐いてしまったら、
【一番搾り】という事になるんでしょうかね。
きっと、この方の汗を舐めただけでも酔っぱらう事はできそうですよね。
・・・まあそうだとしても、絶対舐めないでしょうが。


腸発酵症候群は日本でも、
一九七〇年代に二十~三十の症例が報告されているそうですから、
日本人でもそういう方が存在してるかもしれませんね。


ただ常に体内でアルコールが作られていたら、車の運転ができませんから不便でしょうね。
「俺さ、腸発酵症候群で車の運転できないから、最近、居酒屋で働いてるんだよ」
「居酒屋で働いてるの?皿洗いとか?」
「いや、頭に取っ手を付けて【人間ビールサーバー】やってるんだよ」
このお酒は、あまり飲みたくないですね。


微笑亭さん太

まんじゅう恐怖症は実在するか?

人間誰しも、怖い物というのがあったりします。
そういう意味では、全ての人が何らかの
『恐怖症』を抱えているといっても過言ではないですよね。


中で、なぜか
理由もなく怖いと感じてしまう物というのがあったりします。
他人から見れば何でもない事なのに、自分にとっては恐怖に感じる物ですね。


例えば『ベッドの下が怖い』とか、
『深夜に点滅する赤信号が怖い』なんていうのがそうですね。
理屈では説明できない何かが怖いんでしょうね。


『電話が怖い』なんて方は『いつ鳴り出すか判らないから怖い』と仰ってましたが、
そういう物だからどうしようもないですよね。


童謡とか文部唱歌などに書かれている
『作詞者不明』とか『作曲者不明』という表記が怖いなんて方もいらっしゃいます。
何かその裏に、おどろおどろしいドラマなんかを感じてしまうんでしょうかね?
『この歌を歌った者は、必ず不慮の死を遂げる』なんて事はないと思うんですけどね。


それだったら、
『・・・ナショナルから、大切なお知らせとお願いがあります』という
沈鬱なナレーションが流れる、ストーブ回収のCMの方がよほど怖い気がしますね。
『このストーブを使った者は、必ず不慮の死を遂げる』
・・・あながち間違いじゃなかったりしますもんね。


他にも『イカの目が怖い』なんて方がいるんですけど、
鯉のぼりなどの目玉が怖いといった『目玉恐怖症』の方なんというのは
『大安売り』の看板を見ても怯えるそうでして・・・
やはり、『目玉商品』が怖いんでしょうね。


『文字間余白恐怖症』とも言うべき、
文字と文字の間の余白が多い物は怖いなんて方は、
赤川次郎さんの小説なんて読めませんし、
白黒はっきりした色がダメだという『コントラスト恐怖症』なんて方は、
パンダがいる動物園には近寄れませんね。


植物が怖いという『植物恐怖症』なんて方は、
自分が『草食系男子』だと知って戸惑ってしまうなんて事が起きてくるわけです。


泳げない方は水が怖いなんて言いますが、
それよりもっと重症な『水恐怖症』になりますと、
小さな水たまりでも水中に引きずり込まれそうで怖いんだそうですね。


こういう方は、お風呂に入るのも一苦労です。
湯船に浸かれませんから、全てシャワーという事になるわけですが、
自分の鎖骨の窪みにたまった水を見て失神しちゃったなんて事も、当然ありえるでしょうね。


微笑亭さん太 

におう断末魔

人間いつ死ぬか判りませんが、
『ここでだけは死にたくないのはどこか?』というアンケートを取ったら、
多分上位に来るであろう場所の一つは【トイレ】じゃないかと思いますね。


トイレで死にたいと思う人はいないでしょうが、
残念ながらトイレで最期を迎えたという歴史上の有名人というのが
結構いらっしゃいましてね。


まずは14世紀のイングランド王である【エドワード2世】という方ですね。
エドワード2世は24歳でフランス王、
フィリップ4世の娘であるイザベラと結婚したんですが、
彼はピアーズ・ギャビストンという幼馴染の貴族と、大変に仲が良かったんですね。


それは単に親友という枠を超え【恋愛】に発展しているという・・
まあ、つまりそういう関係だったようですね。


この二人が、お友達政治を行った事から、議会はこれに反発。
そして妻のイザベラがブチ切れて、『イチャイチャしてんじゃね~よ!』と、
諸侯と結託して反乱を起こすんですね。


これによりお友達のギャビストンは処刑され、エドワード2世は捕らえられ、
国王を廃位させられた後、監禁されちゃうんですね。
そして1327年、同性愛を犯したとして拷問され死亡したんですが、
その最期というのが、城のトイレで、焼けた金属の棒を肛門に突っ込まれるという、
考えただけで便秘になりそうな死に方だったそうですね。


トイレで亡くなった方は日本でもいましてね。
超有名な戦国武将【上杉謙信】がそうなんですね。
謙信という方は、酒飲みの上、塩辛い物が大好きという、
それだけで死亡フラグが立ってしまうようなデンジャラスな嗜好の持ち主だったんですね。
干物や梅干し、塩、味噌が好きで、高血圧まっしぐらみたいな食生活を送ってましてね。


1578年4月15日、彼は遠征の準備中、新潟県の春日山城内の厠で倒れ、
その4日後に亡くなっちゃったんですね。
死因は脳出血と考えられた事から、好敵手である【武田信玄】には負けなかったんですが、
【寒いトイレ】には負けてしまったという事になるわけですね。


時代の新しいところでは【エルヴィス・プレスリー】もそうなんですね。
プレスリーは1977年8月16日、テネシー州のメンフィスで亡くなったんですが、
その場所が自宅のトイレだったんですね。


吐瀉物の上に倒れた状態だったそうで、死因は、薬の飲み過ぎによる心筋梗塞でしてね。
彼は晩年だけでも、一万個以上の薬を主治医からもらっていたという、
田代まさしもビックリの状態だったんですね。


その中には精神安定剤やホルモン剤、麻薬なども含まれていたという事で、
薬のちゃんこ鍋を食べていたような状況だったわけですね。


晩年のプレスリーは、過度のストレスから過食症に陥り、
ジャンクフードを爆食した上に薬を大量に飲んでいたので、
体調はブラックマンデーの株価並みに急降下していたそうですね。
慢性の便秘もあったそうですから、トイレで死ぬのも運命だったのかもしれませんね。


トイレで亡くなった方の中で最も悲惨と言っても過言ではないのが、
11世紀のイングランド王【エドマンド2世】という方ですね。


この方、トイレに入って腰を下ろしている時、
トイレの穴の中に隠れていた暗殺者によって、
下から剣で突かれて亡くなったんだそうですね。


その剣は、彼の腸にまで達していたといいますから、
チョー痛いどころの騒ぎじゃないですよね。
「どのくらい痛かったんですか?」って聞いたら、
「サドルのない自転車を漕いだ時と同じくらいです」
と言っていたそうなので、相当痛かったでしょうね。
やはりトイレで死ぬのだけは避けたいものですよね。


微笑亭さん太

謎生物の共演

痩せたいのに食べちゃう人というのは必ず、
「食べないと体がもたないのよね~。倒れちゃうといけないし」
てな事を仰るんですが、そういう方は、
空腹のため倒れる寸前になった事なんてない方ですよね。


食べなくたって、人間そんな簡単に倒れるもんじゃありませんからね。
ただ単に、ダイエットできない事に対する言い訳じゃないかと思うんですけどね。


以前、鳥羽水族館で飼われていた【ダイオウグソクムシ】という
深海生物が死んでしまった事が話題になった事がありました。


このダイオウグソクムシ、当時ニュースで度々取り上げられていたんですが、
とにかく一切、物を食べなかったんですね。
結局死ぬまでの六年間、全くエサを食べなかったんですけど、
体長や体重に変化はなかったそうですね。
ダイエットだったら、確実に失敗ですよね。


しかし、それだけ食べなかったんですから、死因は餓死だろうと思っちゃうんですが、
餓死ではない上、体内から正体不明の液体が発見されたそうですね。
この謎の液体が、ダイオウグソクムシの命を奪ったのではないかと言われましてね。
ですから研究者たちの間ではこの液体の事を【終着液】と呼んでいるそうですけどね。


世の中には、謎の生き物というのは他にもいるわけでして、
体長一・七ミリほどの【クマムシ】という生物がいましてね。
このクマムシ、ありとあらゆる極限状態に耐えられるという事で有名なんですね。


人間は水分が無ければ生きられませんが、クマムシは周りが乾燥してくると代謝を止めて、
クリプトビオシス(乾眠)と呼ばれる、無代謝の休眠状態に入るんですね。
体重の八十五%にあたる水分を三%にまで減らし、極度の乾燥状態に耐えるわけです。


ですから、世の女性がクマムシを手に取って乾眠状態になったら、
「・・・あ、私、乾燥肌だ」
と気付く事ができるわけです。
で、また水を与えると元通り活動し始めるんですね。
何しろ【日清】が、クマムシを見てカップヌードルを思いついたというくらいですからね。


しかも、百五十一度の高温から、絶対零度の低温まで大丈夫な上、
真空から七万五千気圧の高圧まで耐える事ができるんですね。
従って、クマムシの料理を作ろうと思っても、圧力鍋でも煮込めないわけですよ。


さらに凄い事に、高線量の紫外線、X線、ガンマ線にも耐えるんですね。
X線のヒトの致死線量は五百レントゲンなんですが、
クマムシは五十七万レントゲンに耐えるそうです。
これはもう、東電が原発作業員としての採用を考えるレベルですね。


不死身と言ってもいいくらいの耐性を持った生き物ですから、
別名【チョウメイムシ】とも呼ばれていたようですね。
これ、大きさが一・七ミリだからよかったんですが、もしも十七メートルだったら、
確実に世界征服されてるんじゃないかと思いますね。


これだけ悪条件に耐えるクマムシなんですが、ひとつだけ致命的な弱点がありましてね。
それは【指でつぶすと簡単に死ぬ】って事だそうですね・・・
まだまだ世の中には、謎の生態を持つ生物が沢山いるんでしょうね。


微笑亭さん太

二枚目今昔物語

人間と生まれたからには、ルックスの良い人への憧れというのはあるわけですが、
「美人って得よね~。何やったって許されちゃうもん」
美しい女性は、よくそう羨ましがられたりしますが、
そういう人はそういう人なりの苦労というのもあるようですね。


昔から【美人は交通事故が多い】という説がありましてね。
というのも、美人というのは子供の頃から、特別視され優遇される事が多いですよね。
ですからハンドルを握っても『道は相手が譲ってくれるものだ』という観念が
インプットされているため、交差点での事故なんかが多いそうですね。


この話をすると、目を輝かせる女性が沢山いらっしゃいますが、
勘違いしちゃいけないのは【美人は交通事故が多い】という事であって、
【交通事故が多い人は美人】という事ではないですからね。


「私、よく事故るから、やっぱり美人なのね」
そういう方のほとんどは、単なる【不注意な人】というだけですからね。
冷静に我が身を振り返る必要がありますよね。


ルックスの良い男性を指す【イケメン】という言葉は、すっかり市民権を得てますが、
この言葉が存在しなかった頃は、そういう男性を【ハンサム】と呼んでいましたよね。
【ハンサム=イケメン】と思われがちですが、どうも微妙に違うようですね。


そもそもイケメンは造語で、
ハンサム(handsome)は正しい英語という決定的な違いがありますが、
一般的な概念としては『ハンサムは端正な顔立ちかつ気品が必要で、
外見、内面共に素敵な男性』を言うようですね。


古典的な印象を持つ男性を指す場合が多いので、
昭和期の美男子で時代劇が似合うような人や、かつての日活の俳優さんたちのように、
顔のインパクトがハンパじゃない人なんてのが、ハンサムに当たるようですね。


そして年を取ってもモテてる事も、重要なファクターのようです。
イメージで言うと、三十歳、四十歳になってもバラの花が似合うような、
東山紀之さんや谷原章介さんみたいな感じでしょうかね。


一方、イケメンというのは【今風の若い子】という感じで、
表情や言動、持ち物も今風で、少しやんちゃな雰囲気を持ち、
顔立ちが整った細身の若い男性というのがサンプルですね。


ぶっちゃけ【ジャニーズ系】を指すと言えば判りやすいわけで、
『ユー、やっちゃいなよ』なんて言葉がハマる感じでしょうかね。


ただ、イケメンと言われる中にも【雰囲気イケメン】なんて方もいましてね。
イケメン風の雰囲気は出しているけど、よく見てみると、
『・・・あの~、彼はイケメンなんですか?』と、
誰かに確認したくなるようなタイプもいますから、
騙されないようにしなくちゃいけないですけどね。


「昨日さ、女の子に『あんた、イケメンだね』なんて言われちゃったよ。
やっぱ俺、イケメンなんだな~」
なんて喜んでる方がいますが、それはイケてるメンズの【イケメン】ではなくて、
ブサイクな男性を指す【逝け面】である事が多いですから、
イケメンという言葉は、使用上の注意をよく読んでから使っていただきたいですね。


微笑亭さん太

牛丼、お湯だくで

世の中には『なるほど、その手があったか!』と
膝を打ちたくなるような着眼点で作られたアイデア商品の優れものが存在しますが、
中には『どうしてこんな物を作ったんだろう?』と首を傾げたくなる商品もありましてね。


お風呂が好きな日本人ではありますが、今は実に様々な【入浴剤】が売られてますよね。
薬用効果のある物から、各地の有名温泉が家庭の浴槽で楽しめる【温泉の素】など、
人気の入浴剤がある中で【牛丼の湯】というのがあるそうですね。


思わず二度見してしまうような入浴剤ですが、パッケージはまさに牛丼そのもの。
美味しそうな実物写真で『牛丼のレトルトパウチです』と言われても
信じてしまいそうな見た目な上、某有名牛丼店を連想させるような
オレンジ色のパッケージなんですね。


そのパッケージには
『特製ダレ仕立て!ご飯大盛り!つゆダクで!』という煽り文句が書かれているので、
お腹を空かせた人が丼にご飯をよそってパッケージの封を開けようとした瞬間、
『食べられません!』という注意書きが書かれているのに気づいて我に返る、
といったような代物なんですね。


商品表示を見てみると、牛肉や玉ねぎは入っていないので、
そこで本当に入浴剤なんだと確信できるといった按配ですね。


会社に寄せられたアイディアを
商品化する企画から生まれたのがこの入浴剤なんですが、
発売は二〇一六年だそうですから、もうかれこれ四年も
売れ続けているというヒット商品なんですね。
結構な人気商品で、オンラインストアでも品切れが多く、なかなか手に入らないそうですね。


実際に購入してみると中には、くすんだピンク色の薬剤が入っていて、
浴槽に入れた途端、物凄い匂いが浴室全体に充満するそうですね。


その匂いは【牛丼】というよりも【ニンニク】の匂いだそうでして、
食欲がわくかどうかはともかく、食べ物の匂いであることは確かみたいですね。


入浴剤がお湯に溶けていく時のビジュアルを見てると、
大きな鍋で味噌汁を作っているような心持ちになるそうでして、
お母さんが湯舟に浸かったら、まさに【おふくろの味】になりそうですよね。


溶けきると真っ茶色になるそうですが、
見た誰もが『茶色というのは入浴剤に向かない』という事を学べるんですね。


この湯に身を沈めた方は必ず、
『これは一体、どんな人が考えたんだろう?・・・どんなコンセプトだったのかな?
・・・開発には苦労があったんだろうか?・・・これをもう一度買うリピーターはいるのかな?・・・』
そんな事を考えているうちに、いつもより長湯してしまうそうですから、
まさに製作者の思う壺ですよね。


そしてもう一つ思うのが
『多分【自動保温】や【追い炊き】はしない方がいい』だそうですが、
確かにそんな気はしますよね。


ちなみにこの会社では他に
【おでんの湯】【カレーの湯】【ラーメンの湯】【焼きそばの湯】【チゲ鍋の湯】
などがあるそうなので、お風呂でも【日替わり定食】が楽しめるという事になりますよね。


微笑亭さん太

女子大高座

昨日は豊橋にある創造大学に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


創造大学には5年連続で出前講座で呼んでいただいていて、
数年前には認知症のイベントで伺った事もありますので、
落語をやらせてもらうのは、かれこれ6回目という事になります。


大学での出前講座ですから、当然の事ながらお客さん全員が学生です。
しかもほとんどが女の子で、80名ほどいました。
普段は平均年齢70~80歳くらいの前でやっているので
平均年齢19歳という前でやるのは
なかなか経験のない事です。


この出前講座、ぶっちゃけ過去4回のうち
『ウケたな~』という感じでウケた年というのは一度もありませんでした。
落語なんて聞いた事がない大学一年生の女子ばかりですから、
いつも【全くルールを知らないスポーツの試合を見ている子たち】
みたいな空気になる事がほとんどでした。


昨日は三密対策という事で、
会場がいつものところではなく、広い体育館になり、
しかも扉を全解放しての高座という事に。


まだ梅雨が開けない状態ではありますが、昨日はかなり気温も上がり、
聞いてる生徒さんたちも暑かったでしょうが、私も本当に暑かったです。
生徒さんたちの反応は・・まあ、例年通りという感じでした。


ただ昨日の子たちには、落語を聞くのは、これが最初で最後でなく
これからも聞いていってほしいですね。


微笑亭さん太

四度目の動画撮影

昨日は豊田市内にある崇化館交流館に行ってきました。
ケーブルテレビの番組収録のためです。


このお話は私が番組をやらせていただいている
エフエム豊田経由でオファーをいただいたものです。
地元ケーブルテレビの番組の中で、
消費生活に関するミニコーナーがあって、
そこで流す悪質商法ネタの落語を作成し
演じてほしいというものでした。


以前は地元の劇団の方々がやられていたんですが、
三年前に私がバトンを引き継ぐような形となったわけです。
昨年も収録したんですが、今年も引き続き、声をかけていただきました。
四年連続という事になります。


あらかじめ先方の指定されたテーマで5分弱のネタを2本書き
それを自分でやってきました。
一応、ネタおろし(?)です。


照明が焚かれ、カメラが2台回り
スタッフの方以外は無観客という状態での収録ですから、
毎回毎回、独特の緊張感があります。


しかも番組ですので、
秒単位の調整が必須という事になります。
以前【5秒短い】という事で録り直しとなった事がありました。
幸いにも昨日は2本とも、一発でOKとなりました。


滅多にない状況での高座という事で
今年も大いに勉強になりましたので、
いい経験をさせていただいたと思います。


微笑亭さん太

レアな月例寄席

昨日は豊橋のハナコヤにて
天狗連の月例寄席に出演してきました。


毎月第3月曜日に行われている月例寄席ですが、
コロナの影響で、3、4、5月と中止を余儀なくされ、
先月やっと再開にこぎつけました。


本来7月は毎年、小市民寄席があるため休止なんですが、
今年は残念ながら小市民が中止になったため、
代わりに月例寄席を行う事となりました。
天狗連的には、7月の月例寄席はレアですね。


会場であるハナコヤは
窓もなく、換気をするのが難しい場所ですので、
『不安な方は遠慮していただく』という、お客さんの判断に任せるしかない状況です。


先月は3席に減らして仲入りも2回取りましたが、
昨日は4席に戻し、仲入りも1回でした。


『写真の仇討』分笑亭云々

『大黒柱』橘亭郵便箱

ー仲入りー

『フルーツ・バスケット』(さん太作)微笑亭さん太

『はてなの茶碗』鶴橋減滅渡


私は創作のネタおろしとなりましたが、
お客さんに助けられて、何とかサゲまでやりきる事ができました。


来月も出番になりましたので、
よろしくお願い致します↓

●8/17(月) 午後7時~
『月例寄席』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて)愛知県豊橋市花園町65 1
木戸銭¥100
出演 橘亭郵便箱 微笑亭さん太 古都家雄助 槍田家志ょ朝


微笑亭さん太

道との遭遇

暖かくなってくると
犯罪も増えてくる傾向にありますから、気をつけていただきたいですね。
特に女性が夜道を歩く時というのは細心の注意を払っていただきたいです。


夜道を歩いていて『誰かにつけられてる気がする』と思ったら、
まず歩く速さを少し上げてください。
その人が同じように速さを上げたら、自分に追いつこうとしているわけですから、
つけられてる疑いは濃厚ですね。


また少し速めたら、向こうも速めて、
歩きながら六方を踏んだら、向こうも六方を踏んでたら、
これはもう確実につけられてますね。


次に角を曲がるといいですね。
つけているのなら、同じように曲がってきます。
右に曲がって、さらに右、右、右と曲がれば、
同じところに戻ってきますからね。
途中で判らなくなっても『あれ?・・・すみません、私って何回曲がりました?』って
尾行者には聞かないようにしてください。


歩いてる途中で人に会ったら大声で挨拶をして、友達に見せかけるんですね。
そして人通りの多いところまで一緒に行ってもらえるか頼んでみるのも一つの手です。


つけられてる時は、家やアパートに帰ってはダメですね。
家を知られると、相手が後でまた来たり、家から出てくるまで待たれたり、
お誕生日にバラの花束を贈ってくれる可能性が出てしまいますからね。


つけられてる状況の時は、
フードのついた服を着ていたら、フードを内側にたくしこみ、
髪型がポニーテールやお団子頭にしていたら、歩きながら髪をほどく事が肝心ですね。


これは尾行者に対して
『あなたの好みの髪型にしてみたの、どう?』とか、そういう事ではありません。
束ねた髪やフードみたいに、後ろから持ちやすい部分を作らないという事ですね。
そこを捕まれる恐れがありますからね。
ですから理想としては、スキンヘッドのトップレスで歩いていただくのが理想とも言えますよね。


つけられてる時に、スマホを見ながら歩くのは厳禁ですね。
スクリーンの光で目が暗闇に慣れにくくなりまし、歩く速度も落ちてしまいますからね。


裏通りなどが続いて、なかなか逃げられない状況が続くようなら、
方向転換して尾行者を見るんですね。
服や身長、年齢などを正確に覚えておけば、後で警察への情報提供ができますからね。


おもむろにバッと振り返って、
「何日も洗ってないような黒いフードの服・・・ボロボロの紺色のジーンズ・・・
趣味の悪い帽子・・・あ、お兄ちゃん」
案外、身内だったりしましてね。


この振り返る事によって、
その人に『見えてるよ』という明確なメッセージを送る事ができるんですね。
後ろめたい事のある人は意外性に頼ろうとするところがありますので、
長くしっかりとしたアイコンタクトで、それを避けられるんですね。


彼らは『何をしようとしてるか判ってるわよ』という雰囲気を出す人を嫌うので、
その時は、肩を引き顎を引いて、自信を持っているように立つのが理想ですね。
お手本は、オードリーの春日さんでしょうかね。


もしも相手がこちらへ近づいてくるようなら、最低限の自己防衛も必要になってきます。
バッグを開けたらいつでも、スタンガンとサバイバルナイフが入ってますという方は
少ないと思いますので・・・いや、入ってたら捕まっちゃいますが・・・
カギを取り出し、先端の尖った部分が拳の指の間から出るようにして握っておくんですね。
いざとなったら、これが身を守る武器となるわけです。


カギが見当たらない場合には下っ腹に力を入れる事ですね。
そして拳を相手の前に突きだしてイッキに開くんですね。
「・・うわっ!クサっ!何これ?」
向こうがひるんだスキに逃げるという、
【にぎりっぺ】のひとつも会得しておいた方がいいですね。


微笑亭さん太

眠りたいだけ眠れ

夜寝る時にパジャマを着られる方もいると思いますが、
パジャマというのはなぜか【ストライプ柄】が多いですよね。


実はこれにはちゃんとした理由があって、
眠りについた後、夢の世界へ邪悪なものが入って来ないように
【格子でブロックする】という意味があるんだそうですね。
そういう風水的な意味合いがあると理解して眠れば、
悪夢を見る事も少なくなるかもしれませんね。


日本には『早起きは三文の得』ということわざがあり、
早起きする事が良いとされてきましたよね。


「だけどさ、百万円くらい儲かるんだったら早起きするけど、
三文程度の得だったら寝てた方がいいな~」
「そうだよな。一文って今の金額に直すと三十円くらいだろ?
『早起きは九十円の得』って言い換えると早起きする気が失せるよな」
そう言ってしまうと身も蓋もないですけどね。


このことわざがからも判る通り、
早起きの習慣が大切とされてきた日本人にはとてもショックな話と言えますが、
最近の研究で『早起きはむしろ寿命が縮まる』という事が判ってきたんだそうですね。


英オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学研究所の研究によると、
一般的な九時から十七時という就業時間が、人間の体内時計と全く噛み合ってないそうですね。
通勤時間の関係で、その時間に働くために朝六時前に起床する方もいらっしゃいますが、
朝六時前に起きる早起きの人は、心筋梗塞や脳卒中など
循環器疾患の発症リスクが最大で約四割、糖尿病や鬱病といった
その他の病気に関しても二~三割高くなる事が判明し、
さらにその多くが、重篤化しやすいという結果も得られたそうですから大変ですよね。


日本の企業では早起きが推奨され、
出世のために始業時刻よりも早く出社しようという真面目な会社員が多いわけですが、
重役になる前に重病になってしまっては元も子もないですよね。


実際、米グーグル社はいち早くこの事実に気づき、
いつでも自由な時間に出社できる制度を導入していて、
午後から出勤する社員が多いそうですね。


結果としてこれにより仕事の能率が上がり、世界最大のIT企業となったわけですから
『朝寝坊は三十億の得』なんて新たなことわざが生まれそうですよね。


ただ日本人の場合は、早起きだから早死にするわけではなくて、
早起きして仕事しなきゃいけないくらいの激務だから
早死にするのではないかという話もありますけどね・・・
時間ではなく仕事量の問題かもしれませんね。


「ほら、ナポレオンっているだろ?
あのナポレオンは三時間しか眠らなかったっていうけど、
慢性的な睡眠不足だったんじゃないかという話もあるね」
「なるほど。そのせいで辞書に【不可能】って言葉が載ってないなどという
妄想を抱いてしまったんだね」
これは歴史を書きかえる新説になるかもしれませんね。


微笑亭さん太

かけもち出前講座

昨日は豊橋市にある仁連木老人福祉センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


連日の出前講座という事になりますが、
以前は連日も珍しい事ではありませんでしたが、
コロナの影響を受けて以来、出前講座自体も飛んでしまい、
久々に連日でやらせていただける気がしました。


仁連木老人福祉センターには本当によく呼んでいただいていて
昨年も来ているんですが、今までにもう5、6回はお邪魔していると思います。


会場に入ると、
高座となる舞台には大きなシートが垂れ下がってました。
こういう光景は、昨今では珍しくないのですが、
問題は、そのシートのクオリティでした。


【透明】なシートならまだしも、
どうみても【すりガラス】くらいの透過度しかなくて
しかも古いシートなので、ヘロヘロな感じでした(笑)


これはいくら何でも勘弁してもらいたいと思い、
館長さんにお願いして取り払っていただきました。


相変わらずのソーシャルディスタンスな客席で、30数名ほどのお客さんでしたが、
実は希望者は、その倍くらいいらっしゃったらしく、
皆さんでジャンケンして勝った方々がおみえになったそうです。


ソーシャルディスタンスを確保するために
落語を見るのも、勝ち抜く時代になったんですね。


昨日はかけもちでして、
仁連木での高座を済ませた後、同じく豊橋市内にある東陽地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座のかけもちです。


こちらは20数名のお客さんでしたが、
当然の事ながら、ソーシャルディスタンス客席でした。


出前講座はいつも、1時間の通し高座となりますが、
しばらくかけもちをやってなかったせいか、少し疲れました。
でもやはり、高座に上がらせていただけるのは嬉しいものですね。


微笑亭さん太

コアなファン

昨日は豊橋市にある高豊地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


高豊地区市民館は豊橋の南の外れにあり、
もう少し行けば海水浴ができるというくらいの、海沿いの市民館です。


このところの長雨にうんざりしてましたが
昨日は思いもかけぬ晴天で、気温の方も夏らしい暑さになりました。


お客さんは12名ほどでしたが、
相変わらずのソーシャルディスタンスを保った客席にもかかわらず
よく笑っていただけて、やりやすかったです。


お見送りをしていたら、かなり年配の女性が、
「あたしゃね、毎年、公会堂の小市民寄席を見に行ってるんだよ」
と仰って、数年前の小市民寄席のパンフレットを見せてこられました。


「ありがとうございます!大事に持っていてくださってるんですね」
「今年はないの?」
「そうなんですよ。コロナの影響で初めて中止になってしまいまして・・」
「それは寂しいね~」
そんな会話をしていたら、他にも数名の年配女性が来られて
「私もね、いつも見に行ってるんだよ」
「私もだよ」


天狗連のお客さん、
小市民寄席を楽しみにして下さっているお客さんに出会えた事は
とても嬉しいかったのですが、その方々に
中止を報告しなければいけない事は、その何倍も辛かったです。


是非とも来年は
いつも通りの小市民寄席をお見せしたいものです。


微笑亭さん太

意識不明の渋滞

車を運転される方のほとんどは、交通渋滞がお嫌いだと思いますし、
渋滞に辟易させられた経験をお持ちじゃないかと思います。


今年のゴールデンウィークは自粛モードでしたので、
高速道路の渋滞も、ほとんどなかったと思いますが、
日本のみならず世界各国で日々、交通渋滞は起こってるんですね。


一九八九年十一月九日に【ベルリンの壁】が崩壊しましたが、
これで東西ドイツの国境がなくなり、自由に行き来できるようになったわけです。
そして翌年、一九九〇年の春の連休に、四十八キロという渋滞が起こったんですね。


日本同様の帰省ラッシュによる渋滞なんですが、
ベルリンの壁が作られたのは一九六一年ですから、
ほぼ三十年ぶりの里帰りという人も沢山いたものですから、
東西ドイツ間を行き交う車は千八百万台にも及んだそうですね。


「うわ~凄い渋滞だな。ガソリンがなくなりそうだから入れておかないと・・
うわっ!ガソリンスタンドにも長蛇の列だね・・・どのくらい待つんですか?」
「今ですと、四時間待ちです」
本当に四時間待たされたそうですが、四時間待って
『やっと給油できる』と思ってスタンドに入ろうとしたら、
ガソリンが空になってて動けなかったりしましてね。


もちろん、その上をいく渋滞もあります。
中国の首都・北京とチベットのラサは高速道路で結ばれているんですが、
二〇一〇年八月、ここで百二十キロの渋滞が起こったんですね。
原因は石炭を積んだトラックの群れで、
一昔前の古い車が石炭を積むため、速度が上がらなかったんですね。


これに目をつけたのが悪質な露店商でして、
空腹で喉が渇いたドライバーを見つけると食料や水を法外な値段で売りつけましてね。
カップ麺は相場の四倍、水は十倍で売ったと言いますから、足元を見放題という感じですよね。


「やれやれ、高い食べ物と水を買わされた。
まあ、でも一応お腹も満たされから、何だか眠くなってきたな・・・」
寝落ちした運転手が目を覚ますと、ガソリンが全部抜き取られていたという・・・
そんな泥棒も頻発したそうですから、踏んだり蹴ったりですよね。


もっと凄い渋滞もありまして、
二〇一三年十一月、ブラジルのサンパウロで、三百九キロという渋滞が起こったそうですね。
三百九キロと言われても、長すぎてピンとこないでしょうが、
東京から名古屋まで車が繋がってると考えたら、物凄い渋滞だという事が判りますよね。


サンパウロでは交通渋滞は日常茶飯事であるため、
ヘリコプターのタクシーもあるんだそうですね。
空を飛べば、渋滞は関係ありませんからね。
「さすが、ヘリコプターは速いね。十分で目的地に着いたよ。・・・いくら?」
「一万七千円です」
この料金を高いと思うか安いと思うかは、個人個人の価値観だと思いますけどね。


ちなみに日本での最大の渋滞は、
一九九五年十二月二十七日に名神高速で発生した百五十四キロというのが最高記録で、
この時は解消するまでに二十三時間かかったそうですから、
車に乗っていただけで、知らない間に一泊しちゃった感じですよね。


「交通渋滞は勘弁してほしいよね」
「交通渋滞くらい何だよ。俺なんか人生の渋滞が三十年以上続いてるよ・・・」
人生の目的地まではスムーズに移動したいものですよね。


微笑亭さん太

思わぬところで先輩に

昨日は蒲郡市にある
蒲郡クラシックホテルに行ってきました。


蒲郡クラシックホテルでは、
いつも蒲郡信用金庫主催の落語会に出させていただいている関係上
年に2回は落語をやらせていただいてます。


昨年7月にそれとは別口で、ホテル主催の落語会を企画していただき、
お食事とセットの会という事で呼んでいただきました。
それに続いて今年の2月に第2回目、そして今回が3回目の落語会という事になります。


落語とランチの会は、地元蒲郡の駒久家南朝さんが何回かやってみえて
私はそれに追随する形でやらせてもらったわけですが、
5000円という高額な会にもかかわらず、沢山のお客さんに来ていただきました。


このご時世ですから、ソーシャルディスタンスを考慮して
いつもより広い会場にて、かなりイスとイスとの間隔を開けての客席となりました。


『楽しい動物園』(さん太作)『後生鰻』『袈裟御前』と三席やりましたが、
皆さん、マスク越しとはいえ、よく笑ってくださったと思います。


昨日はお客さんとして、
落研時代に大変にお世話になった笑風亭凸風(しょうふうていとっぷ)先輩が
ご夫婦で来てくださいました。
奥さんも愛大落研で、二代目の近眼亭酔愛(きんげんていすいーと)です。
20200715000609a7c.jpg


凸風先輩が来られる事は事前情報として知っていたんですが、
「さん太、お久しぶり」
そう言われて見ると、そこにも愛大落研でお世話になった先輩
愛知家花鈴(あいちやかりん)先輩がいらっしゃいました。


おみえになる事も全く知らなかったんですが、
36年ぶりくらいの再会という事で、私にとっては物凄いサプライズとなりました。
凸風先輩ご夫婦、花鈴先輩、ありがとうございました。


来年3/11(木)には、第4回目の落語会が決定致しました。
どうかそちらの方も、よろしくお願い致します。


昨日はかけもちでして、
クラシックホテルでの高座を終えた後、幸田町民会館に移動して
『こうた寄席』に出演してきました。


今回で12回目を迎える『こうた寄席』ですが、当初は3月に予定されていました。
しかしコロナの影響で延期となり、春の寄席から夏の寄席へと
モードチェンジを余儀なくされました。


『鷺とり』鶴橋減滅渡

『青菜』古都家雄助

ー仲入りー

『親の心子知らず』(さん太作)微笑亭さん太


いつもは小さめの【あじさいホール】で行われてるんですが、
今回はソーシャルディスタンスを確保するために、
大きめの【つばきホール】に場所を移しての寄席となりました。


例年に比べたら、
お客さんは少なめでしたが、とてもよく笑っていただけて、
相変わらずの良い寄席でした。


ただ残念な事に、
密を避けるために、終演後お客さんのお見送りが禁止されてしまいました。


そんな中、何とこちらにも
凸風先輩と同じく、落研の二つ上である、
愛知家雁馬(あいちやがんば)先輩が見に来てくださってました。


こちらも、お会いするのは36年ぶりくらいという事で
一日のうちに、予期せぬ形で落研の先輩方に沢山お会いする事ができました。
どうもありがとうございました。


微笑亭さん太

昇進に傷心

街中を歩いていて、
建物とか、看板、広告など、目に飛び込んでくる物のデザインが、
ちょっと理解不能みたいな事も、時にはあったりしますよね。


「街歩いててさ、変なデザインの物とか見かける事ってあるだろ?」
「あるある。二度見しちゃうような物とかあるもんね」
「昔はさ、そういう謎デザインに
『このデザイナーは何考えてんだ?マジで、これでいいと思ってんのか?』って
腹立たしい思いをしたりしたけど、最近は何を見ても
『ああ、これは多分、こういうやりとりが裏であったんだろうなあ・・・』とか
『これは色んな人の後悔や諦めが見えるなあ』とか、
制作物の裏にある政治に思いを馳せるようになったから、腹が立たなくなったね」
人はそうやって【オトナの事情】という言葉を覚えていくんでしょうね。


企業などに勤めてらっしゃる方なら誰しも、出世したいと思ってるでしょうし、
出世するために働いてる方も多いと思います。
実際、時が経つにつれて、皆さんそれなりに出世していくわけですが、
会社などの組織構成員の労働に関する社会学の法則に【ピーターの法則】というのがありましてね。


これは『能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。
従って、有能な平構成員は、無能な中間管理職になる』というものですね。


どこの会社でも、
能力の無い平社員は、そのまま出世せずに平社員の地位に落ち着き、
有能な平社員は出世して、無能な中間管理職の地位に落ち着くんですね。
その結果、各階層は【無能な人間】で埋め尽くされるという考え方ですね。


【分相応】という言葉もある通り、
悲しいかな人には『そこまでは無理!』という事もあるわけですね。
【レベル3】までの仕事なら完璧にこなしていた人間が出世して
【レベル4】の仕事を任された途端【残念な人】になってしまう事もありえるわけです。


これは『高い地位=より難しい仕事』というわけではなく、
それまでの優秀なスキルが役に立たない仕事に変わってしまうという事もあります。
例えば工場勤務の優秀な職工の方が昇進して管理職になると、
これまで得た技術が新しい仕事に役立たず
【無能な管理職】になってしまうというような事ですね。


この問題を防ぐための手段としては二つあり、一つは
『次の段階の仕事をこなせる技術と仕事のやり方を身につけるまで、人材の昇進を控える』
という方法が挙げられますね。
例として『管理能力を示さない限り、部下を管理する地位に昇進させない』といった事ですね。


そしてもう一つは、
「竹下君、君を課長に推薦するという話、今回はお流れになったよ」
「えっ、どうしてですか!?納得いきません!」
「今のままの仕事を続けてもらって、給料をかなり増やすという事になったんだけど」
「・・・ありがとうございま~す!」
このように『昇進させない代わりに昇給させる』という方法でして、
やはり『地獄の沙汰も何とやら』という事でしょうね。


微笑亭さん太

ピザ、ピザ、ピザって、十年届けてみてくれる?

イタズラ電話のお陰で、
頼んだ覚えのないラーメンやカツ丼が届いたら迷惑ですが、
そういう事が長年に渡って継続していたら、ちょっと気味が悪いですよね。


ベルギーのトゥルンハウトに住む
ジャン・ヴァン・ロンディゲンさんという65歳の方の家には、
毎日のように宅配ピザが届けられるんですが、
この方、ピザを頼んだ覚えが一切ない上、
これが十年以上も続いているんだそうですね。


時には一日に複数回来たり、
ピザではないケバブなどのファストフードの配達員が来る事もあるそうですね。


最初は配達先の住所を間違えただけだと思っていたんですが、
配達人に指摘しても次の日にはまた届くんですね。
いつも受け取りを拒否しているので代金を払った事はないらしいですが、
店にも迷惑がかかっている事は確実ですよね。


何者かの悪意が介在している事は明らかですが・・・
十年間も続いてるって、その間に対策を講じるとか、何とかならなかったんですかね?


これはもう『実はピザ屋さんがストーカー』か
『海外版・ごんぎつねが存在する』くらいしか真相が思い浮かばないんですが、
たまにメニューを変えてくるという意味不明な気遣いが不気味ですよね。


もしも警察が乗り出して本格的に調べてみたら、
『十年間に渡り、何回注文しても一向にピザが届かない、
ロンディゲンさんという同姓の方』が存在してる事が判ったら面白いですよね。


食べ物の恨みは怖いと言いますが、
自分が食べようと買っておいたプリンやケーキを他人に食べられてしまうと、
それが仮に家族であったとしても、軽く殺意がわきますよね。


「俺が高校三年生の時、
提出物を集める係だったから集めて職員室に持っていったら、誰もいなかったんだよ。
だから担任の席に置いて帰ろうと思ったら、
隣の数学の先生の机に美味そうな大福が置いてあってさ。
その時、俺メチャメチャ腹減ってたし、誰も見てないからと、
ついその大福を食べちゃったんだよな」
「勝手に食べちゃマズいだろ」
「バレないうちに急いで帰ろうとしたら、
ちょうど先生たちが戻って来たもんだから、
俺は慌てて担任に『提出物を持って来ました』なんて言ってごまかしてたら、
数学の先生が『あれ?ここに置いてた私の大福知りませんか?』と言い出したんだ」
「うわ~、それは絶体絶命だね」
「そうなんだよ。
『これはヤバイ』と思ったその時、俺の担任が『ああ、先生の大福ですか?
すみません、美味しそうだったからつい食べちゃいました』と咄嗟にと庇ってくれたんだよ」
「へえ~、いい先生だね~」
「そう。だから卒業式では、
その担任に感謝して【仰げば尊し】を心を込めて歌ったんだよ」
「なるほど、それがいわゆる【和菓子の恩】だな」
こんな気の利く、優しい先生ばかりだといいんですけどね。


↓プチ告知です!

●7/14(火) 午前11時~
『第3回 微笑亭さん太独演会』
蒲郡クラシックホテル(蒲郡市竹島町15-1)
木戸銭¥5000(高級フレンチのお食事付)
出演 微笑亭さん太

蒲郡クラシックホテルでお食事付の独演会をさせていただきます。
昨年の7月、今年の2月に続いて3回目の独演会となります。
要予約(0533-68-1111)


↓開演時間が30分早くなりました!!

●7/14(火) 午後6時半~
『第12回 こうた寄席』
幸田町民会館・あじさいホールにて
0564635181(問)
木戸銭¥800
出演 古都家雄助 鶴橋減滅渡 微笑亭さん太

昨年は新春寄席として開催されたこの寄席、
今回は春の寄席として行われる予定でしたが、延期になり、夏の寄席となりました。
古都家雄助さんを迎えて、賑やかな寄席になる事間違いなしですので、よろしくお願い致します。
午後6時半開演となりましたので、お間違いなく!


●7/20(月) 午後7時~
『月例寄席』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて)愛知県豊橋市花園町65 1
木戸銭¥100
出演 分笑亭云々 橘亭郵便箱 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

毎月第3月曜日に行われている定例公演です。
毎年7月は小市民寄席があるため休止なんですが、
今年は小市民寄席が中止になってしまったため、
7月も月例寄席を行います。


微笑亭さん太

避難、GO、GO!

豪雨の被害が大変な事になってますが、
災害というのはいつ起こるか判りません。
人間はいざという時にはなかなか冷静な行動が取れないものですから、
普段からの備えが肝心なのは言うまでもありません。


日頃から必要な物を詰め込んだ避難袋を用意しておけば、
いざという時も持って出るだけだから安心ですよね。


「・・・あ、地震!大きいわ!逃げなくちゃ!」
てんで、避難袋を持って逃げ出しましてね。
落ち着いてからふと見たら、避難袋じゃなくて、子供のランドセルだったりしましてね・・・
国語と算数の教科書だけでは、三日としのげませんけどね。


しかし避難袋を用意するといっても、持って出られる物には限界がありますよね。
「え~っと、食料でしょう、お水でしょう、
それから洗顔フォームに化粧水、唯一持ってるシャネルのバッグに、
ボーリング大会で貰ったトロフィー・・・あら、もういっぱい」
それはいっぱいになります。


災害対策用の物としては、
まず『なくては暮らせない物』をリストアップしていく事が大切ですね。
備蓄品などは『あると便利だから』と考えると、どんどん多くなってしまうので、
優先順位をつける事ですね。


一番大切な食料の場合、被災して物資が届くようになるのに三日かかると言いますから、
まずその三日分を用意すべきですね。
ただ状況によって一週間以上かかる場合があるので、
『自力で十日間乗り切れる量』というのが目安になります。


非常食だからといって『乾パン』にこだわる必要はありません。
乾パンは結構苦手な方もいらっしゃいますから、
食べられずに倒れてしまうなんて事にもなりかねません・・・
『乾パン倒れ』ってシャレにもなりませんからね。


今は水を加えて食べられるお米やフリーズドライ食品、
長期保存がきくビスケットや缶詰のパンなんてのもありますから、
食べやすい物を選ぶべきですね。


一番大切な水の備蓄は、一人一日十リットルが理想ですが、
そこまでは無理ですから、とりあえず三リットルが目安だそうですね。
しかし水は結構重いですから、『粉末の水』なんて物があると便利ですよね。
「これ、粉末の水なんだよ。軽くていいだろ」
「へえ~、凄いねそれは。で、どうやって使うの?」
「簡単さ。水に溶かすだけだよ」
これは役に立たないですね。


他にも、ラップは食器の上に敷けば洗う必要がないため必要ですし、
ビニール袋は、手袋やトイレの代わりになったり、
重ねれば給水タンクの代用品になるので必需品ですね。


あと、カセットコンロやバーベキュー用の屋外調理器具というのも便利です。
お湯が沸かせますし、暖を取る事もできますからね。


そのうち、
『人間の脂肪を燃料にして使えるカセットコンロ』というのが発明されるかもしれませんね。
お父さんのお腹あたりにセットして、つまみを捻ると火がつくわけですよ。
お父さんがメタボであった事に心底感謝する日が、必ずやってくるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

奇跡の客入り

昨日は新城の東新町駅近くのコーポテラにて
【しんしろ寄席】に出演してきました。


一昨年の4月から始まった寄席で、
毎月第2金曜日の夜7時から行われている月例の寄席です。
今年の2月から5月まで、コロナの影響で休止に追い込まれていましたが、
先月から再開されました。


私はよく出させていただいていて、
先月に続いて2ヶ月連続の出演となりました。


ただでさえお客さんの少ないこの寄席ですが、
コロナウィルスの影響で、人混みを避ける流れは相変わらずですが、
昨日は、お子さん連れのお母さんもおみえになったりして、10人も入りました。
しんしろ寄席で、つ離れ(二桁入る事)するのは珍しい事です。
大入りですね(笑)


私が『悋気の独楽』、ヘルさんが『夏の医者』でしたが、
とてもお客さんが10人とは思えないような、笑いの多い寄席となりました。


この寄席はいつも、第2金曜日に行われてますが
来月は第1金曜日の8/7(金)、連続での出演となりましたので、
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

噂を信じちゃいけないよ

心が期待や喜びで躍る様を表す言葉に【ワクワク】というのがありますが、
中世アラビアの地理書では、日本の事を【ワクワク】と呼んでいたようですね。


【ワクワク】は【倭国】がなまったものと考えられるんですが、
古代中国の王朝や、その周辺諸国は、当時日本列島にいた人を倭人と呼び、
その倭人が住む日本を【倭国】と呼んでいたんですね。


【ワコク】がなまって【ワク】となり、
それが東南アジア独特の繰り返し語法で伝わったようですね。
日本でもありますよね。
人を【人々】とか、端を【端々】とか、昼ドラを【ドロドロ】とか言いますから、
ワクが【ワクワク】となったようですね。


当時のアラビアでは、
そこに【ワクワクの木】という植物が生えていると信じられていたそうですね。
その木は、春になると椰子や無花果に似た実ができて、
その実から若い娘の足が生えて、これが初夏には、
可愛らしい女の子が髪の毛で枝からぶら下がると言われてましてね。
これは凄いビジュアルですよ。


当時、イチゴ狩りやマツタケ狩りみたく【ワクワク狩り】なんてやったら、
鼻息の荒いお父さんたちが押し寄せて、めちゃめちゃ儲かったでしょうね。


ところが、このワクワクの実は、
熟しきると『ワクワク!』と悲しげな叫び声をあげながら、
枝から落ちて死んでしまうんだそうですね。
当時から【賞味期限切れの怖さ】というのを
思い知らされるような事があったわけでして・・・
寄席の客席には、とっくに枝から落ちて死んでる年齢の方が
いっぱいいらっしゃる・・いえ、何でもありません。


このように海外では日本に関して、かなり誤解されて伝わっている事が結構ありましてね。
例えば、日本は世界でも稀に見る清潔な国であり、
道路にゴミ一つ落ちていないし、レストランやホテルは
輝くばかりに磨き上げられているというのは、
法律のおかげだと思っているアメリカ人もいるようですね。


日本には『朝の九時から夜の九時まで、
町を綺麗に保たなければならない』という法律が存在し、
それに従っていると思われているようですね。


ですから、夜九時以降になると、
それまできちんとしていたサラリーマンが、突然街中で酔っぱらって嘔吐し、
胃の内容物の展覧会を始めたり、痴漢をしたり、
女性がパンツ丸見えで泥酔したりするようになるのだと。


立小便が解禁になるのもこの時間で、法律が無効になった途端に、
醜い本性をさらけ出すようになると信じられているようですね。
すっかり【ジキルハイド扱い】されているわけですね。


他にも『日本人は、洋服が透けて見える眼鏡を開発している』なんて噂もありましてね。
だから日本人には、やたらメガネの人が多いという事らしいですね。
そんな物を発明してたら、街中を歩くサラリーマンは、
必ず鼻血を流してるでしょうし、ヌード写真集なんか、
全く売れなくなっちゃうでしょうね・・・
そんな発明が待たれている事は【事実】でしょうけどね。


微笑亭さん太

感謝しかありません

私の会を催してくれたりして
お世話になった方は沢山いますが、
そんな中でも、本当にお世話になった席亭のひとり、
『ぬくもりカフェ』の奥さんがお亡くなりになりました。


先月、プラットでの私の会でお目にかかったのが最後となってしまいましたが、
その時には、いつもと変わらずお元気に見えたんですが、
患ってらっしゃったという事を知りました。


奥さんがやってらっしゃる喫茶店『ぬくもりカフェ』に
4年前に初めて呼んでいただき、独演会をやらせていただいたのがきっかけで
何度も私の会を企画してくださいました。


その小さな体のどこに、
そんなバイタリティーがあるのかというくらい精力的に活動され
『ぬくもりカフェ』の会だけではなく、プラットでの会も企画し
プロの噺家さんも招くようになりました。


いつも元気いっぱいのイメージしかなかったのですが、
落語会を始められた時には既に闘病されていたという事で、
私の知っている奥さんは、笑顔の裏側で、とても辛い思いを我慢されていたんだなと。
凄い方だと思います。


家族葬という事でしたが、
ご主人にお願いして、参列させていただきました。
ありがとうございました。


あちらへ行っても、
そのとびきりの笑顔とバイタリティーで、
落語会を企画してくださいね。

本当に、本当に、ありがとうございました。


微笑亭さん太

ホンネの日記

人間誰しも、日々本音で生きたいと思っているでしょうが、
いつでも本音をぶちまけていては、人間関係の軋轢を生んでしまう事は確実です。


他人とのコミュニケーションを円滑にし、相手との関係を良好に保つためには、
最低限の【演技】というものが必要となります。


『日常生活の中のあらゆるシーンにおいて、心から同調できない場合に、
ついやってしまうちょっとした演技は何ですか?』という質問に対して、
一位になったのは【趣味に合わない贈り物をもらったときのリアクション】だったそうですね。


普段から苦手とする食べ物や、
自分だったら絶対に選ばないタイプのものを貰った時というのは困りますよ。
それでも自分のために準備をしてくれた相手の気持ちを考えれば、
自分の好みでなくとも『ありがとう』と言いたいですよね。
たとえ笑顔が引きつっていても。


中でもよくありがちなのは、旅行のお土産ですね。
武士でもないのに刀もらっちゃったりとか、
何だか呪われそうな正体不明の人形を持ってこられても困るわけですよ。


でも、そういう時でも、さも嬉しそうに、
「ありがとう!・・・これって、分別だと燃えないゴミかな?」
なんて言ってみるのもいいですよね。


二位には【愚痴を聞いているときの相づちのトーン】というのが入りましてね。
あまり聞きたくない愚痴を、本当は聞き流していても、
親身になっているふりをするために眉間にシワを寄せ、
声は低めにするなんて小技を効かせたりしましてね。


「彼氏にフラれちゃってさ」
「うん、うん」
「他に好きな子ができちゃったんだって」
「うん、うん」
「うまくいかないものよね~」
「うん、うん」
「私って、死んだ方がいいよね」
「うん、うん」
少しは、ちゃんと聞いた方がいいですよね。


あと、手料理を食べた時の感想も難しいですよね。
口に入れた瞬間、女の子が上目遣いで『美味しい?』なんて聞かれたら、
答えの選択肢は『美味しい』一択しかないわけですよ。
本当は、その子の顔に向かって吐き出したいような味であってもですよ。


そういう時には、
「美味しい!凄く美味しいよ!」
「そう、よかった~」
「あのさ、デザートに【胃薬】ある?」
なんてんで、さり気なく本音を伝えるのもいいかもしれませんね。


微笑亭さん太

人ゴミを避ける

昨日は豊川市にある八丁集会所に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


本来なら5月、6月あたりは頻繁に出前講座があるはずなんですが、
コロナの影響で、出前講座もことごとくキャンセルになり、
今年度に入ってからは、先月に1回あっただけという、非常に寂しい状況でした。


7月に入って、少し呼んでいただけるようになり、
昨日は久々の出前講座という事になったわけです。


八丁集会所には今まで
4、5回呼んでいただいていて、大変贔屓にしていただいてるのですが、
呼んでいただく日は何故か、いつもゴミの収集日なんですね。


昨日も、ゴミ収集所にもなっている八丁集会所には
ゴミ袋がうず高く積まれていているという、【毎度お馴染みの光景】を見させていただきました。


呼んでいただくのがゴミ収集日でも構わないんですが、
初めて伺った時、高座の途中で収集車が来て、
私の車が邪魔になったのか、高座の途中で中断して
車の移動をさせられた事があるという貴重な経験が忘れられません。
昨日は幸いにも開演前に収集車が到着し、安心して高座に上がる事ができました。


よく笑っていただけるお客さんなので良かったのですが、
数としては20人ほどで、明らかに積まれたゴミ袋の数の方が多かったです(笑)


微笑亭さん太

抜き打ちテイスト

テレビのバラエティ番組などで、
何十万もする高級なワインと、そのあたりのスーパーで買ってきた安価なワインを飲み比べて、
どちらが高級なワインかを当てるなんて企画をやってたりしますが、
外す人が続出で、ワイン通を自称する芸能人が赤っ恥をかくなんて事がありますよね。


葡萄の当たり年に、良質の葡萄から高級なワインができた年の物を年号ワインと言い、
その年を【ヴィンテージ】と称しています。
つまり高級ワインは、当たり年の年号入りという事になります。


しかし味の判らない人が沢山いるわけですから、お店で高級なヴィンテージを注文しても、
実際は安物のワインを出されてるかもしれないわけですよね。
「本当に高級ワインかどうか判らないから、ビンをよく見せてくれ」
なんてんで要求するお客さんがいましてね。
それで【ビン提示ワイン】と言うんでしょうね。


ワインの管理というのは、なかなか神経を使うものですが、
ワインは栓を抜く時までは必ず横に寝かせておきます。
立てておくと、乾いたコルクを通して空気が入りすぎて、
酸化を早める心配があるからなんですね。


ですから家事が得意で、
『お前は寝てていいから』と言って何でもやってくれる旦那さんは、
別に優しいわけじゃなくて、ただ単に奥さんの劣化を防いでるという事が判るわけですね。


また、ワインは立てておくと、
コルク栓が乾きすぎて、栓が抜けにくくなってしまいます。
そして人間の場合は、食って寝てばかりいると、指輪が抜けなくなっちゃうわけですね。


有名なワインには【シャトー】とつく物が多いですが、
シャトーというのは、本来フランス語で【城】とか【館】を意味するわけですね。


一流のシャトーともなれば、葡萄の栽培から醸造、ビン詰めまで
一貫して自家で管理し、自家の銘を売って販売しています。
ですから、シャトーを冠するワインは、
そのシャトーの名に恥じない自慢の銘柄だという事になるわけですね。
中で、あまり儲かってなくて、経営が傾いているシャトーを
【ピサのシャトー】というそうですけどね。


ワインというのは投資と同じで、その年のワイン造りを終えて、
最終的に樽に寝かせてから、ある程度の年月がたつまで、
どのくらいの価値になるのか誰にも判らないんですね。


ところが、とあるワイン好きの方が考えた
【将来のワインの価値を予測する公式】というのがあるんですね。


ボルドーワインに関しては
【ワインの質=12・145+0・00117×冬の降雨量+0・0614×育成期平均気温-0・00386×収穫期降雨量】
で出るそうですね。
この数式の言わんとしている事は、
【冬の降雨量が多く、育成期の平均気温が高く、収穫期の降雨量が少ないほど、
ワインの質は高くなる】という事なんですね。


そして人間の場合は、
【収入が多く、身長が高く、姑の寿命が少ないほど、旦那の質は高くなる】
という事も言えるそうですね。


微笑亭さん太

昭和の狂室

令和と元号が変わって一年が経つわけですが、昭和の頃というのは、
今ではありえないような事がまかり通ってたという事がありますよね。


例えば学校の教室なんかでもそうです。
今や飲食店や公共の施設はもちろんの事、
パチンコ店ですら全面禁煙というところが増えてきているのに、
昭和の頃というのは、先生が普通に教室でタバコを吸ってましたからね。


中には生徒に灰皿を掃除させたりして、
今なら炎上どころか懲戒処分すらありえる事案ですよ。
でもその時代はタバコの煙が充満する中、
生徒たちは授業を受けたり給食を食べたりしていたわけですね。


「そこ!寝てんじゃない!」
なんてんで先生が、生徒に向かって
チョークや黒板消しを投げつけるなんて風景も珍しくなかったですよね。
たとえ先生のコントロールが悪くて、寝てた生徒じゃなくて、
関係ない隣の席の女子に当たったとしても、なかった事にされていたぐらいですよ。


これは現在なら【体罰】とされて、
先生は間違いなく【加害教師】という事になるわけですが、
当時は【愛のムチ】という事で許容範囲とされていて、
ある意味【加害授業】という事になっていたんでしょうかね。


楽しいはずの【給食の時間】も、好き嫌いの多い子や、少食の子、
食べるのが遅い子にとっては苦痛の時間になるなんて事がありましてね。


『給食は全部食べ、残してはいけない』というルールを設けている学校が多かったので、
給食が終わって掃除の時間になろうが休み時間になろうが、
食べ終わるまでず~っと食べさせられていたという子が必ずいましたよね。
これも今なら【ランチハラスメント】とでも言われそうな状況ですが、
当時は逆に【給食を食べきれないダメな子】などという、
いわれのないレッテルを貼られてしまったようですね。


こんな事で人格否定みたくされた子の中には、性格がねじ曲がってしまい、
その後【食えない奴】になってしまう可能性もありますよね。


根性論が蔓延していた時代ですから、部活や体育で水を飲むのは禁止され、
休憩もまともに取らせてもらえなかったという事もありましたよね。
真夏の部活で、ろくに休憩もせず帽子もかぶらず運動をしているので、
トイレで吐いてる子がざらにいましたが、今なら確実に
【熱中症】という診断が下っているでしょうね。


しかし熱中症という単語も存在していなければ、
その危険性も認知されていませんでしたから、
倒れたら『根性なし!』と叱責されましてね。
今考えてみれば無かったのは生徒の根性ではなくて、
先生の常識の方だったのではないかと思うくらいですよね。


そして極めつけというか、最も信じられないのが、
集団予防接種においての【注射針の使い回し】という事ですね。


今はもう学校での集団予防接種自体がなくなってますが、
当時はインフルエンザの予防接種などで、生徒たちが長い列作って並んで、
一本の注射器で数人の注射を行うという、
現代の医師が見たら卒倒しそうな事がされていたんですね。


こんな事はもちろん、今ではなくなってよかったんですが、
当時ではよくあった【身体測定が男女一緒】という昭和の常識がなくなったのを
惜しむ声はあるようですね。


微笑亭さん太

かの国の移動事情

世間がコロナで大騒ぎになっている最中、
北朝鮮の金正恩委員長の重病説が話題になったりしましたよね。


『自分で立ち上がれない状態』なんて情報も飛び交いましたが、
結局健在だという事が判ったようでしてね。
『99%死亡を確信』なんて記事もありましたが、
それは信じられなくても『99%体脂肪を確信』だったら信じられたかもしれませんよね。


国家元首であり、絶対的な権力者である金正恩委員長ですが、
様々な視察のため、北朝鮮国内を見て回ったりするわけです。
北朝鮮という国は、一般人が国内を許可なく移動する事は禁じられてますので、
自由に行き来できるのは彼だけなんですね。


国内の移動には主に車を使ってるようですが、
金委員長は大変な車好きだそうでして、一昨年、超高級車を購入されましてね。


それはメルセデス・ベンツの特別リムジンでして、
防弾ガラスと鋼鉄のボディを装備しているという、
国家元首向けに販売されているものなんですね。


金委員長は、
「この車、とっても気に入ったから、二台買っちゃおうかな~」
なんてんで、なぜか二台購入したそうですが、
このリムジンのお値段というのが一台5400万円だそうでして・・・
1億円を超える衝動買いというのは、並の方じゃできませんよね。
この車を売ったら、北朝鮮の国民が何人助かるかなんて野暮なツッコミはご法度なわけですね。


ちなみに車で移動する時には【金委員長専用のトイレ】というのを持参するそうでしてね。
というのも、彼の健康状態というのは【国家機密】にあたるという事で、
排泄物も徹底的に回収されるそうでしてね。


他にも【タバコの吸い殻】だとか【髪の毛】、
【使用済みのティッシュ】まで回収されるそうですから、回収される側も嫌でしょうね。
一度、金正恩委員長の使用済みティッシュを
【なんでも鑑定団】で鑑定してもらいたいですよね。
果たしていくらの値段がつくのか・・・これは、
何を拭き取ったかによって値段も変わるんでしょうかね?


金委員長は車だけではなく、
電車もよく使うそうでして、これは北朝鮮指導者の慣習だそうですね。


というのも1976年に、
前指導者である金正日総書記がヘリコプターの墜落事故に遭いましてね。
この一件で総書記は高所恐怖症になってしまい、高いところがダメになっちゃったんですね。


ですから三ツ星レストランとか、
回らないお寿司屋さんとかには入れなくなっちゃったんですね。
それ以来彼は、死ぬまで必ず鉄道を使っていて、
その後継者である金正恩委員長も鉄道を利用するようになったんですね。


当然、金委員長専用の鉄道でして、
防弾仕様の車両21両からなるそうですから贅沢ですよね。
最大速度は60キロしか出ないんですが、内装はオリエント急行並みだそうですね。


その中には金委員長と共に、
常に【喜び組】が一緒にいるそうでして、羨ましい限りですよね。
その列車が走っていくのを、飢えに苦しむ北朝鮮の人々は、
作物もできない痩せた土地を耕しながら見ているという
【貧富の格差】というのを絵に描いたような光景が見られるわけですね。


しかし飛行機が苦手となると、諸外国へ行ったりする場合が大変ですよね。
「金正恩委員長が外国に行く場合にはどうするんですか?」
「はい、ミサイルに搭載されて打ち上げられるそうです」
ひょっとしたら、こんな事があるかもしれませんね。


微笑亭さん太

人は叩かれて強くなる

時代劇『暴れん坊将軍』でもお馴染み、八代将軍・徳川吉宗ですが、
この方が十年の歳月をかけて制定した【公事方御定書】というのがあります。


これは犯罪を犯した者への、罪と刑罰についての法典なんですが、
それまでの刑罰と違い、更正を目的とした刑罰が
盛り込まれたという事が画期的だとされているんですね。


ただ現代人からしてみると過酷な刑も多々あったようで、
カテゴリーからすると【屈辱刑】なんてのがそうですね。


その頃は『十両盗むと首が飛ぶ』と言われていたように、窃盗でも死刑があったわけでして、
今なら【振り込め詐欺団】の連中は皆殺しの目に遭うわけですね。


十両以下の盗みをはたらいた者は、
公衆の面前に半裸で引き出されムチで打たれるという【敲(たた)き】というのがありましてね。
罪の重さにより、五十敲きだったり百敲きだったり、回数が違っていたわけでして、
何度も敲きを受ける常習犯には【楽天ポイント】が与えられたという話もあるくらいでしてね。


ムチで打つというと相当酷い刑に思えますが、実際は背骨は避けて敲き、
途中で気絶もさせないよう加減をされたそうですね。
「痛い、痛い!勘弁してくださいお役人様、痛いですよ!」
「そ、そうか。すまんな」
罪人が大声で泣き叫べば、打ちすえ役の手が緩む事もあったという、
結構罪人に優しい刑罰だったようですね。


「・・・これこれ!罪人がボロボロになって、足腰立たんようになっておるではないか。
何をしておる!」
「も、申し訳ございません!」
この刑罰のコンセプトとして『当人が歩いて家に帰れる程度』というのがあったそうで、
打ちすえ役の方も、なかなか難しいさじ加減を要求されたみたいですね。


「ヒィ~!痛い・・・痛い・・・」
「すまんすまん、もう少し弱くするからな」
「いえ、お役人様・・・もっと強く・・・もっと強く敲いてください・・・」
中にはそういう、特殊な趣味の方もいたでしょうね。


ただこの刑罰は牢の門前で行われたため、
体裁や体面を気にする江戸時代の方々にとっては、
かなりの苦痛であったというのが【屈辱刑】と呼ばれる由縁ですね。


【敲き】は成人男性以外には適用されず、
成人前の少年や女性の場合は『一敲き=一日』という計算で投獄されていたそうですね。
百回敲かれるのと百日牢屋に入れられるのと、
どちらがいいのかというのは見解の別れるところだとは思いますが、
女性に対しては、公事方御定書以前には、奴(やっこ)という刑罰があったそうですね。


これは奴隷として売られるか、吉原などへ遊女として売られるという刑罰なんですね。
これ早い話、人身売買を肯定しているわけでして、
当局が公然と【女衒】をやっているようなものですよ。
いわば安部総理が、万引きした女子高生を歌舞伎町のお店で働かせるのと同じ事ですから、
現代ではありえない刑罰ですよね。


しかし日本人が体裁や体面を気にするというのは、今でも変わってないと思いますから、
こういった【屈辱刑】というのは取り入れてもいいんじゃないかと思いますね。


社会的影響が大きいけど、罪自体は軽微な場合、
往来で晒し者にするなんてのはいいんじゃないですかね。
「ねえねえ、あそこの道端で、後ろ手で縛られて筵の上に座らされて、
うなだれてる人たちがいるけど、あの人たち何したの?」
「マスクをネットで高額転売したらしいわよ」
こういうパターンで、是非取り入れてもらいたいですよね。


微笑亭さん太

切っても切れない場所

場所や物の名前には、発祥となった地域独特な雰囲気があり、
単語を聞いただけで『ヨーロッパっぽいな~』とか
『これはきっとアメリカのものだ』などと勝手に想像してしまいますよね。


そういった言葉の多くがカタカナ単語として日本には数多く存在しますが、
中には単語が連結して名前になっているものもあり、
本来は途中に区切りが存在する単語も多いんですね。
どこで区切るのかを聞くと『そこで区切るんか~い!』と
ツッコミを入れたくなる言葉もあるんですね。


山の名前であり、
コーヒーの銘柄としても有名な【キリマンジャロ】というのがありますが、
この言葉、スワヒリ語だと【キリマ・ンジャロ】で分けるんですね。


まさに『えっ、そこで!?』と言いたくなりますが、
【キリマ】が【山】で【ンジャロ】が【輝ける】という意味なもんですから、
【輝く山】という意味を込めて【キリマ・ンジャロ】なんですね。
日本語では【ン】から始まる言葉は皆無ですから、その発想はなかった~って感じですよね。


地名系は切りどころを勘違いされているものも多くて、
【ニュージーランド】は【ニュー・ジーランド】ですし、
【プエルトリコ】は【プエルト・リコ】なんですね。


他にも【クアラルンプール】は【クアラ・ルンプール】ですし、
【ウラジオストク】は【ウラジ・オストク】、
【ペンシルベニア】は【ペン・シルベニア】だと知らされると結構驚きますよね。


人名の切りどころも、なかなか難しいですよね。
ハワイの国王の名前というより、最近は【ドラゴンボール】の孫悟空の必殺技と言った方が
判りやすいかもしれない【カメハメハ】も【カ・メハメハ】なんですね。
カ・メハメハはハワイ語で『孤独な人』とか『静かな人』といった意味を持つようですね。


他にも【ブルースリー】は【ブルース・リー】ですし、
【ドンキホーテ】は【ドン・キホーテ】、【清少納言】は【清・少納言】、
【やしきたかじん】は【やしき・たかじん】ですね。


報道機関や警察が多用する【ヘリコプター】という航空機があります。
語源がギリシャ語で【らせん】とか【翼】を意味する【ヘリコ・プテロン】から来ているので、
区切る場所としては【ヘリコ・プター】になるわけですね。
これなどは略す時に【ヘリ】なんて言ったりしますから、
略し方から間違ってるという事になりますよね。


「最近太ったから、きっとコレステロール値も増えちゃってるわね・・・
太ったせいで疲れやすくもなったから、
テレビショッピングで売ってたコエンザイムQ10を買っちゃったわ」
なんて言ってるお母さんもいらっしゃいますが、
【コレステロール】も【コレ・ステロール】ですし、
【コエンザイム】も【コ・エンザイム】と区切るという事はご存知ないかもしれませんね。


そしてテレビショッピングには不可欠の
【テレビジョン】も【テレ・ビジョン】なんですよね・・・
区切る場所というのは本当に、聞いてみないと判らないものですね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後5時~5時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)






●微笑亭さん太 落語動画

『姉さん女房』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=2V6m8sFE_wY&t=1613s

『江戸悪魔奇談』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=wC-k0tunaLQ

『哀縁喜縁』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=dZSgxzdtxXk&t=921s

『遅れ人』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=ZX3bbFm9wEg

『隣の男』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=e_RKJ1yqZVc

『フルーツバスケット』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=QQ2CcaJDf7M

『お伽村』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=-YnXgMbxvno&t=201s



微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師

『熟女たちの宴』『聖夜の奇跡』『お達者バイト』桂右團治師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

⑨『なかったこと』&『オトナの試験』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード