FC2ブログ

池田カブり

昨日は岡崎にある萬徳寺にて
萬徳寺寄席に出演してきました。


萬徳寺寄席は、3月と9月の
最終日曜日に行われている定例公演でして、
【豊橋落語天狗連】と【楽語の会】の
唯一のジョイント寄席です。


この日は雨が予想されましたが、とても天気がよく、ラッキーでした。
早くからお客さんもお運びいただき
50名くらいの方がおみえになりました。


『改訂版・寿限無』(さん太作)微笑亭さん太

『壺算』古都家雄助

『骨つり』鶴橋減滅渡

ー仲入りー

『漫談』経大亭勝笑

『親の心子知らず』(さん太作)微笑亭さん太


今回は池田の大会とカブってしまったため
演者もお手伝いも人手が足りなかったんですが、
色んな方にお手伝いいただき、無事に終える事ができました。
皆さんに感謝です。


次回は3/29という事になりますので、
またお越しいただきたいと思います。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



血統書付きのフン

野生のシカが列車に衝突し運行に影響が出るという事故は、
地域によっては時々起こったりするんですね。
これはシカが鉄分補給のため、線路を舐めにくるため起こる事なんですが、
そういった衝突事故を防ぐため、JR釜石線の線路には、
ライオンのフンを原料にしたシカよけの薬剤がまかれるそうですね。


この薬剤には、ライオンのフンから抽出した成分が含まれていて、
振りまく事で、シカが線路に近づかなくなる効果があるんですね。
野生のシカがライオンに会った事があるとは思えませんが、
本能的に危険な臭いだという事が判るんでしょうね。


「ウンチにシカよけの効果があるんだったら、
昔みたいに電車のトイレからそのまま外に垂れ流し方式にしたらいいんじゃないのかな?」
なんてんでやってみたら、ある特定の人のウンチだけ効果があったそうでしてね。
どういう人なのかと調べてみたら、干支が【トラ年】だったという・・・。


昭和の昔は、
飼い主が手ぶらで犬を散歩させている光景を見かける事がありましたが、
今は必ず、スコップとビニール袋を持って散歩させてますよね。
それでも一部の心無い飼い主が、犬のフンを放置していくなんて事もあったりします。


フンの放置を減らす工夫というのは色々あるようでして、
ちょっと前に【イエローチョーク作戦】というのが話題になりましてね。
これは犬のフンを見つけたら、黄色チョークでフンを丸で囲んで時間を書いておくんですね。
それだけでも放置が減るんだそうですね。


「ウチの前が、犬の散歩コースになっていて、
必ずフンを残していく飼い主がいるんだよ。
あまりにもひどいんで、注意喚起の看板を立てたよ」
その看板を見てみると『犬の皆さんへ 人間と散歩する時には必ず、
スコップとビニール袋を持たせてください』
・・・きっと、その飼い主より犬の方が賢いでしょうから、
ちゃんと看板の文句を理解してくれるでしょうね。


散歩中の犬のフンの後始末をしないで放置する無責任な飼い主の問題は、
日本だけではなく、世界共通の困った問題でしてね。


そんな中、アメリカの【バイオペット・ラボラトリーズ】という会社が、
犬のフンのDNA検査をして、飼い主を特定する
【フンの痕跡】というサービスの提供を始め、話題になっているようですね。


このサービスは元々、
この会社の女性研究者が、自身が住む集合住宅で、
あまりにも放置されたままの犬のフンを見る事から、
何とかできないかと考えた事が発端だそうですね。


システムとしてはまず、
その地域の集合住宅やコミュニティごとにサービスと契約を結び、
その地域で犬を飼っている住民に、犬のDNAサンプルを提供してもらい、
それを同社のデータペースに登録するんですね。


DNAが登録された段階で、
フンを放置する飼い主は劇的に減るそうでして、効果覿面のようですね。
現在、アメリカ、カナダ、イギリスで約四千のコミュニティが契約しているんですが、
今後もどんどん増えていくでしょうね。


将来的には日本でも導入されるんじゃないですかね。
「路上に放置されているフンのDNA検査をしてみました」
「どこの家の犬でしたか?」
「いえ、これは人間のモノです」
そんな意外な結末もありえますよね。


微笑亭さん太

豊田市とみよし市のみ

昨日は田原市にある泉市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


出前講座で田原に行く事はよくありますが、
朝イチの高座だと、かなり早く出ないといけないので、
とても眠いですね・・仕方ないですけど。


お客さんは50名ほどでしたが、
しっかり聞いて、笑ってくださいました。
もう少しで伊良湖というところまで行ったわけですので、
往復の運転が疲れました。


豊田市、みよし市で
中日新聞に折り込まれる【とよたみよし・ホームニュース】というのがあるんですが、
8月に取材を受けたものが、昨日載りました。
20190927152656aae.jpg


大きく扱っていただけるというのは
とても嬉しい事ですね。


微笑亭さん太

ポロリもあるよ

有名人や偉人の名言というのは色々ありますが、
中には、失言にカテゴライズされるような事を
仰ってる方もいらっしゃいますね。


かの有名なアドルフ・ヒトラーは、
「私は間違っているが、世間はもっと間違っている」
と仰ってましてね。
自分が間違ってると公に認めちゃってるわけですから凄いですよね。


天才の代名詞とも言えるアインシュタイン博士は、戦争に関する発言で、
「兵役を指名された人の二%が戦争拒否を声明すれば、政府は無力となります。
なぜなら、どの国も、その二%を越える人を収容する刑務所のスペースがないからです」
これは彼らしい失言ですよね。
でもきっと、その通りなんでしょうが。


最近、薬物で捕まる芸能人が多いですが、そういう方々には、
「私は麻薬をしない。私が麻薬だ」
サルバドール・ダリのこの言葉を贈りたいですよね。


イタリアの偉大なサッカー選手のひとりに、
ロベルト・バッジョという方がいますが、
彼がアスリートのドーピングに関して発言してましてね。
ちょっとドキッとしますが、
「僕が知っているドーピングはただひとつ、【努力】だけだ」
これは素晴らしい言葉ですよね。
もちろん失言ではなく名言です。


日本が誇るスーパースター、矢沢永吉さんも、凄い事を仰ってますね。
「お前がどんだけ良い大学入って、どんだけ良い会社に就職しても、
お前が一生かかって稼ぐ額は、矢沢の二秒」
これはもう、矢沢さんじゃなきゃ言えませんし、
矢沢さんが言えば失言にはならない感じですよね。


一曲に限っては、矢沢さん並みのヒットを飛ばした
【大事ⅯANブラザーズバンド】のボーカル、立川俊介さんは、
「『それが大事』という曲を二十四年間歌ってたら、何が大事か判らなくなってしまった」
・・・それを言わない事が大事、みたいな発言ですよね。


一般の方々でも、
つい言ってしまった失言というのも色々あるんじゃないですかね。
ある女の子が友達から、あまりセンスの良くないアクセサリーをもらいましてね。
向こうが気を遣って、
「それ、もし気に入らなかったら、家で使ってね」
「うん、ありがとう、家で使うね」
これはもう本当に、本音が口をついて出てしまったという典型的なパターンの失言ですね。


かと思うと、夫の実家に行く際、
お土産に焼き豚を持っていった主婦の方がいましてね。
お義母さんの手料理をご馳走になって、帰り際にお義母さんから、
「何が一番美味しかった?」と聞かれて、
「焼き豚!」と、
ハキハキ答えてしまったって話がありましてね・・・
嫁姑問題というのは、こういうところからややこしくなっていくんでしょうね。


微笑亭さん太

新たなパターン

昨日は豊橋市にある下地老人福祉センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


下地老人福祉センターには四年前、一昨年と、出前講座で伺ってますが
また三たび、呼んでいただく事になりました。


現場に着くと
出前講座の宣伝の看板がありました。
201909251534379f3.jpg


芸名を間違えられるのは、よくある事ですが、
【微笑み亭さん太】とか【微少亭さん太】はありましたが、
今回の間違えられ方は初めてでした。
しかも肩書に【漫談家】が追加されてる・・


お客さんは30人ほどでしたが、
楽しんでいただけたのではないかと思います。


笑み亭さん太

来たかった公民館

昨日は一宮市にある北方公民館に行ってきました。
高齢者セミナーにて喋ってきました。


一宮市には数年前に、
やはり高齢者セミナーで呼んでもらったのがきっかけで
他の公民館などからも、お声がけいただくようになり
ちょくちょく呼んでいただいてます。


この北方公民館にも昨年初めて呼んでいただき、
2年連続で呼んでいただく事になりました。


お客さんは昨年、120名くらい来られてたんですが、
昨日はそれを上回るような盛況ぶりで、
結構広い集会室はぎっしり満員状態でした。


1時間半の独演会で、
『催眠商法にご用心』(さん太作)『やかんなめ』『採算妻子』(さん太作)をやりましたが、
本当によく笑っていただけました。


よろしければまた来年、
お声がけいただけたら嬉しいです。


微笑亭さん太

曇天返し

昨日はみよし市のサンアートにて、
『月見のゆうべ』という落語会に出演してきました。


この会は、サンアートという施設の
とても素敵な日本庭園で行われるので、
月見をしながら落語を楽しんでいただこうという
実に風流な企画なのです。


2012年に初めてお話をいただいてから
今年で8年連続オファーをいただき、
私の中ではすっかり、
秋の風物詩となりつつある落語会になっています。


客席が屋外にセッティングされているため
以前は雨が降ると中止になってしまうという、
非常にリスキーな落語会でした。


一昨年までは毎回、実に良い天気でして
6年連続の開催となったんですが、一昨日は生憎の天気となってしまいました。
7年目にして初めての雨でしたが、幸いにも昨年から
雨天でも室内で決行という事になりました。


今回も台風の影響がどのくらいあるか
非常に気がもめる状態が続きました。
野外でやる事になったんですが、かなり雲っていて、
落語の途中で降り始めたらどうしようという、少し心配な空模様でした。


お客さんは120名以上入り、
どんどんイスを追加する大入りでした。
最初にオカリナの演奏があって、その後に私の落語という番組でした。


1時間20分ほど通しで喋りましたが、
皆さん、よく笑っていただけたのではないかと思います。
お天気も最後まで持ってくれて良かったです。


微笑亭さん太

山中の舞台

昨日は豊田市内にある
寳榮座に行ってきました。


寳榮座というのは豊田の怒田沢というところにある農村舞台で
この舞台の管理をしていらっしゃる主催者の方が、
是非ここで落語会がやりたいという事で、お声がけをいただきました。


怒田沢というのは山の中で、
周りには山と川しかないようなところです。
ここで会を催しても、果たしてお客さんはおみえになるのか、
客席には猿と鹿と猪がいるんじゃないか、
色々な事が気になりました(笑)


当初は舞台前の野外に客席を組む予定でしたが、
雨の心配もある事から、お客さんにも舞台の上で聞いていただく事になりました。
20190922210911743.jpg


『再就職は楽し』『竹の水仙』『茂造の恋』で、1時間半ほどの独演会でした。
お客さんは35名ほどおみえになり、
恐らく落語初体験の方ばかりだと思いますが、
重くなる事もなく、よく笑っていただけたのではないかと思います。


主催者の方にも喜んでいただけたのか
早速、来年の第2回の予約をいただきました。
また是非、来たくなる素敵な舞台でした。


微笑亭さん太

アブラ、多めで!

車の飲酒運転がご法度なのは言うまでもありませんが、
飛行機の飲酒運転は、もっとありえない事ですよね。


日本航空では昨年から、
パイロットがお酒を飲んで機乗するなどの飲酒トラブルが相次ぎましたよね。
乗客としては背筋が寒くなるような話ですが、それを受けて日航では、
飲酒に対する処分を厳罰化したんですね。


これで飲酒機乗も根絶されるかと思いきや、先日、
日本航空の副操縦士が、乗務直前に日本酒を飲んでいた事が発覚しましてね。


この五十四歳の副操縦士は先月、
鹿児島空港を出発し羽田空港に向かう便に乗務する前の検査で、
アルコールが検出され、交代させられたんですね。
彼は乗務直前に昼食をとる際、ホテルでコップに注いだ日本酒を、
水と間違えて飲んでしまったと話しているそうでして、
「水と間違えて飲んじゃいました・・・テヘペロ!」
てな感じだったんでしょうかね。


この言い訳もかなり強引なんですが、
間違えて口に入れた瞬間、吐き出す事もできたでしょうし、
仮に飲んでしまったとしたら、検査前に申告するのが普通ですよね。
「それにしても、水とお酒を間違えて飲みますか?」
「仕方ありませんよ、水と間違えるくらい酔ってたもんですから」


日航ではこの副操縦士に対して、
懲戒解雇など厳しい処分を検討しているそうですが、それも致し方ないですよね。
これからも飲酒乗務が発覚したパイロットたちは、片っ端から解雇した方がいいですね。
そういう方々が、ゾロゾロと会社を去っていくわけでして・・・
これがいわゆる【日航去る軍団】というやつですね。


飛行機はジェット燃料で飛ぶわけですが、車はガソリンで走りますよね。
岡山理科大の近藤准教授という方が、ラーメンの残ったスープから
生物由来のバイオディーゼル燃料を生み出すというユニークな研究を進めているそうですね。
早い話が、ラーメンのスープで車を走らせようとしているわけですね。


准教授は学生たちとカップ麺をひたすら食べては油分を回収し、
醤油味や味噌味よりも【背脂豚骨系】が
バイオディーゼル燃料に向く事を突き止めたそうですね。
これが実用化されれば、地球資源を循環させ、
廃棄物対策にもなる【美味しい燃料】が誕生する事になるんでしょうね。


「ラーメンのスープで車が走ったら凄いよね。
その頃は、トンコツのにおいを残して走り去っていく車ばかりになるんだろうね」
「でも、燃料タンクが臭くなりそうだね」
「そう、しかも燃料パイプには、コレステロールがギッチリたまっちゃうんだろうね」
課題もまだまだ、多そうですね。


※今日、明日の告知です!

●9/22(日) 午後2時~
『寳榮座寄席』
寳榮座(豊田市怒田沢町平岩5)
木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太

豊田にある農村舞台で、初の落語会をやらせていただきます。
とても素敵な舞台なのですが、とにかく周りに何もありません!(マジで・笑)
ぶっちゃけ山の中ですので、覚悟しておみえになっていただければと思います。


●9/23(月・祝) 午後6時半~
『月見の夕べ』
みよし市文化センター サンアート ふるさと会館(みよし市三好町大慈山1-1)
木戸銭¥300(お茶お菓子付き)
出演 微笑亭さん太 他

8年連続で、サンアートみよしからお話をいただきました。
情緒あふれる日本庭園を眺めながらの独演会です。
以前は【雨天中止】のイベントでしたが、雨天でもやりますので、安心してお越しください(笑)
お問い合わせは、
0561-32-2000(サンアートみよし)まで。


●9/29(日) 午後2時~
『萬徳寺寄席』
岡崎・萬徳寺(東岡崎駅から徒歩5分) 木戸銭無料
出演 経大亭勝笑 古都家雄助 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 他

年に2回行われている定例公演ですが、
【楽語の会】と【天狗連】のコラボ寄席となります。
東岡崎駅から徒歩数分、交通の便もいいですので、是非お越しください。


微笑亭さん太

舌禍責任を問われる

さほど悪気もなく、ネットで何気なく発言した言葉に
噛みつかれて大炎上するなんて事が、よくありますよね。
一旦炎上してしまうと、罵詈雑言の嵐が吹き荒れる事になりますが、
他人の悪口や陰口、批判の言葉を恐れる方は結構いますよね。


「俺って打たれ弱いからさ、他人の悪口や陰口、
噂話や批判が気になって気になって、仕方がないんだよ」
「そんなの気にする事ないよ。
悪口言ってくる奴ってのは【他人に敬意を払えないアホ】なので気にする価値なんてないね」
「じゃあ陰口は?」
「陰口叩く奴は【目の前に来て言う勇気のない臆病者】なので、無視しておけばいいよ」
「じゃあ噂話は?」
「噂話する奴は【ただの暇人】なので、勝手に暇つぶししてろって話だよ」
「じゃあ批判してくる奴は?」
「批判の大半は嫉妬なので、むしろ【成功の証】と捉えてしまえばいいよ」
考え方ひとつで、随分と気が楽になりそうですね。


言葉というのは、人を攻撃する武器となる事があるので、
発言には気をつけないといけないですよね。
ところが、一番発言に気をつけなければいけない立場のはずの政治家の皆さんに、
実に失言や問題発言をされる方が多いですよね。


大体が、当人はジョークのつもりで言った言葉が問題になるパターンが多いんですが、
いつも選挙で受かる事ばかり考えている議員さんが、
冗談ではスベってばかりという事ですね。


今年になってからも、失言で大臣の座を奪われる方もいましたし、
先日は北方領土問題を巡っての丸山穂高議員の発言が大問題になりましたよね。


そんな中、参議院選挙を控えていたた時期に、
あるペーパーの存在が発覚しましてね。
それは自民党組織運動本部遊説局が、参議院選候補者や秘書、
スタッフを対象に開催した勉強会の内容をまとめた物で、
タイトルは『失言や誤解を防ぐには』、早い話が【失言防止マニュアル】という事ですよ。


その内容は、メディアによって政治家の発言は切り取られることを前提に、
タイトルに使われやすい強めのワードに注意と、五つの具体例が示されているんですね。


『歴史認識、政治信条に関する個人的見解』『ジェンダー(性差)、
ⅬGBTについての個人的見解』『事故や災害に関し配慮に欠ける発言』
『病気や老いに関する発言』『気心知れた身内と話すような、
わかりやすく、ウケも狙える雑談口調の表現』の五つでして、
確かに一つ一つの項目で、具体的な問題発言が浮かんでくる気がしますね。


これはもう、『あなたの頭で判断するな』と言ってるのも同然ですが、
必要なのはマニュアルではなく、判断力なのではないかと思いますね。


「この書面を出す事によって、失言をしそうな議員が、あらかじめ判るんです」
「そうなんですか?どうしてわかるんですか?」
「『このマニュアル、是非ください』と言ってきた議員は、全員クビです」
こうやって、ふるいにかけてもらいたいですよね。


このマニュアル、悪くはないと思うんですが、最大の問題点というのは
【失言をするオジサン議員というのは、こういう物を絶対読まない】という事でしょうね。


微笑亭さん太

孫は有名人

昨日は豊橋にある芦原校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


芦原校区市民館には
先週の10日に、やはり出前講座で伺ったばかりで、
9日後に同じ建物で出前講座をやるのは初めての経験です。
建物は同じでも、呼んでいただいた団体が違うので、
こういう事が起きるんですね。


お客さんは20名ほどでしたが、
よく笑っていただけたと思います。


昨日はかけもちでして、
芦原校区市民館の高座を終えた後、同じ豊橋の東部地区市民館に移動して
出前講座のかけもちとなりました。


東部地区市民館にも、
やはり昨年、出前講座で伺っていて、
2年連続、高齢者セミナー枠で呼んでいただいた事になります。


市民館の館長さんというのは
元教師の方というパターンが多いんですが、
昨日の館長さんは、7、8年前に伺った豊橋の中学校の校長先生だった方でした。
時を経て、
こういう再会の仕方もあるんだな~と、感慨深いものがありました。


お客さんは35名ほどだったのですが、
何と先日のマラソンで東京オリンピック代表が決定した
鈴木亜由子選手のお婆ちゃんが聞きに来られていました。
ちょっとビックリしましたが、オリンピックのマラソン、是非とも頑張ってください!
・・あ、お婆ちゃんが走るわけではないですが。


微笑亭さん太

いい波が、待てない

昨日は田原市にある和地市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


この和地市民館の出前講座は、昨年依頼を受けていたんですが、
その日に台風が来てしまい、中止になってしまいました。
今年もまた、台風が来そうな時期での依頼でしたので、
どうなる事かと心配していましたが、何とか2年連続中止の事態は免れました。


田原へ行く時というのは海沿いの道を走るため、
海水浴に行く車や、サーフィンをしに行く車も当然通ります。
昨日も、私の車の前をサーファーらしき人の車が走ってましたが、
ふとナンバーを見ると【1172】でした。


あと一台・・あと一台待てば
1173(いい波)だったのに・・なぜその一台が待てなかったのかと
余計な事を考えながら走ってました(笑)


お客さんは60名ほどはいたと思いますが、
昨日は敬老会の席で、歌があったり、踊りがあったりする中、
出前講座も完全に【出し物】の一つとして呼ばれたようでした。


お酒も出ていたので、落語が始まった時点で、
出来上がってる方も何人かいらっしゃいました。
そういう方が3、4人雑談をしている中、落語をしなければいけなかったので、
いつもより大きな声で、酔っ払いトークを封殺しながら喋りました。


幸いにも他の方々は
ちゃんと聞いて笑っていただけたのでよかったのですが、
元々声の小さい私が、ずっと大きな声を出していたので、とても疲れました。


微笑亭さん太

葬儀場からお寺へのかけもち

昨日は豊田市内にある
イズモ葬祭の貴賓館に行ってきました。
イベントにて一席やってきました。


イズモ葬祭さんには、
数年前に貴賓館に呼んでいただいたのを皮切りに、
色々なところのお店に呼んでいただいてます。
前々日にも豊橋の西幸店の方で呼んでいただいたんですが、
豊田の貴賓館に伺うは、昨日で4回目という事になります。
本当によく呼んでいただいて、ありがたい限りです。


平日の昼間だというのに、予約をしてまで来てくれた方がいて
50名ほどのお客さんが入ってくださいました。
イズモ葬祭さんの会は、いつもとてもいい会ですが、
昨日も、よく笑ってくださり、とてもいい会になりました。


昨日はかけもちでして、
豊田の高座を済ませた後、名古屋に移動して、
万松寺の白龍ホールに行ってきました。


これは、いつもお世話になっている
中区いきいき支援センターさんからの依頼で、
認知症に関するイベントにて喋ってきました。


学区の方々を中心に100名近いお客さんがおみえになりました。
こちらも、とてもよく笑ってくださいました。
来月には、こんなイベントもあります。


●10/24(木) 午後2時~
『楽しく学ぶ成年後見制度』
大須演芸場
木戸銭無料(先着150名)
出演 微笑亭さん太 他

こちらも、いつもお世話になっている、
中区いきいき支援センターさんのイベントで、
成年後見制度に関する落語をやらせていただきます。
是非、大須演芸場にお越しください。


微笑亭さん太

Wドクター

昨日は天狗連の月例寄席に行ってきました。
出番ではなかったんですが、お手伝いとして行ってきました。


9月の月例寄席は祝日となるので、
普段出られない方も出やすい回となります。
という事で、今回は久々に天狗連の専属ドクター、南朝さんが出演されました。


『河童』鶴橋減滅渡

『目黒の秋刀魚』駒久家南朝

ー仲入りー

『ぞろぞろ』髪家三代

『代脈』南遊亭栄歌


復活されてから精力的に活動されている
三重の名医、栄歌さんも今年2回目の出演となりました。
南朝さん、栄歌さん、三代さん、ヘルさんという出演者ですから、
医者が2人、患者が1人、付き添いが1人という内訳です。


お客さんは40名以上おみえになり、
相変わらずの大入り満員でした。


来月の月例は出番となりましたので、
10/21(月)よろしくお願いいたします。


微笑亭さん太

林家開閉

昨日は豊橋にある
イズモ葬祭の西幸店に行ってきました。
秋祭りのイベントにて一席やってきました。


イズモ葬祭さんには、
数年前に豊田店に呼んでいただいたのを皮切りに、
色々なところのお店に呼んでいただいてます。
今年の1月にも、豊橋の別のお店で落語をやらせていただきましたが、
昨日は初めて伺う、西幸店でした。


紙芝居とかバルーンアートなどが、様々なブースで行われている中
小さなイベントスペースのお部屋で落語を聞いていただくという感じでした。


お昼過ぎからの高座でしたが、お客さんが来てくれるのかが非常に心配でした。
35名くらいの方が入ってくださったんですが、
40分の持ち時間の高座中、本当によく人が出入りしていて、
20回以上は扉が明け閉めされ、ちょっと散漫な空気になってしまいました。


中には途中で入ってこられて、2、3分聞いただけで出ていかれる方もいました。
平行して【耳ツボ】とか【アロマ】【血流改善】などのブースもやっていたので、
そういう方は多分、体験コーナーの順番待ちの時間潰しに入ってこられたんでしょうね。
まあ、イベントの性格上、仕方ないですね。


でも、聞いてくださっていた方々は
よく聞いて笑ってくださったので全く問題ありませんでした。
天狗連関係の方々も何人か見に来てくれたので、そちらにも感謝です。
また是非、イズモ葬祭さんには呼んでいただきたいです。


微笑亭さん太

シラフのいない寄席

昨日は半田の国盛酒の文化館にて、
酒蔵寄席に出演してきました。


これは半田の国盛酒の文化館で行われている定期公演で
年に3回ほど開催されています。
美味しいお酒とお食事が付く事もあって、チケット売り出しすると
数日で完売するという人気の寄席です。


『親の心子知らず』(さん太作)微笑亭さん太 

『持参金』川の家河太朗

『死神』槍田家志ょ朝


チケットがあまりにも早く完売してしまうため
わざと売り出しの時期を遅らせてるという
何とも贅沢な話の寄席ですが、今回も売り出し数日で完売、満員御礼でした。


今回のチケットを逃した方
是非次回こそ、お越しいただきたいと思います。


※大々的に先行告知です!

●11/3(日) 午後2時~
『第6回 富久有寄席
~チャンピオンが多すぎる!の巻~』
冨久有(豊橋市有楽町21番地) 木戸銭¥500

出演
立の家猿之助(大阪)
万年堂きさ馬(東京)
米花家写碌(奈良)
微笑亭さん太(天狗連)


噺家、遠方より来る!
全国から社会人落語界きっての腕利きたちが、豊橋は富久有に大集合。

ますば社会人落語日本一決定戦六代目名人、全日本社会人落語選手権優勝など、受賞多数の立の家猿之助さん。古典も創作も一級品です!
そして社会人落語日本一決定戦七代目名人である万年堂きさ馬さん。摩訶不思議な【きさ馬ワールド】にあなたをお連れします!
さらに第7回落語国際大会IN千葉で優勝された米花家写碌さん。奇抜な着想で作られた創作落語を量産しています!

全員がチャンピオンという寄席は、富久有でしか見られません!
・・・あ、チャンピオンではありませんが、微笑亭さん太も出ま~す。
是非、お越しください!


微笑亭さん太

田峯田峯、田峯なのよ

昨日は設楽町にある田峯(だみね)農山村改善センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


久々の設楽町への出前講座となりましたが、
設楽町の中でも、どんどん山の中に入っていくので、
本当にこの先に人家があるのだろうか?と
非常に不安になりながら山道を入っていきました。


かなり山道を登ったせいもあって、気温を見ると18℃!
三日前には36℃とかありましたから、約半分の気温ですね。
涼しいはずです。


お客さんは27名という事でしたが、
しっかり聞いて笑っていただけたと思います。


昨日はかけもちでして、田峯での高座を終えた後、
新城へ移動して【しんしろ寄席】に出演してきました。


しんしろ寄席は毎月第2金曜日に行われているため、
暦上仕方ない事ではありますが、定期的に【13日の金曜日】に当たってしまいます。
昨日がかく言う、13日の金曜日でした。


いつもレギュラーで出ている減滅渡さんが先月は仕事でお休みだったんですが、
昨日はまた、ヘルさんとの二人会でした。
私は先月に続いての出演となります。


私は『女の影』(さん太作)、ヘルさんは『八五郎坊主』でしたが、
毎回、つばなれ(10人以上入る事)するか心配な寄席ですが、
昨日は初めての方もおみえになり、15人くらい入っていただきました。
大入りです(笑)


ウケは相変わらず素晴らしく、
皆さん、名月にも負けない素晴らしい笑顔で帰っていかれました。


微笑亭さん太

イスわれない

昨日は一宮市にある今伊勢公民館に行ってきました。
福寿教養講座にて、喋ってきました。


今伊勢公民館には昨年初めて呼んでいただき、
また今年も声をかけていただきました。
2年連続で呼んでいただけるというのは、嬉しい事です。


1時間以上前に現場入りしたんですが、
その時には既に、10人以上の方がおみえになってました。
高齢者の方は結構早くみえるというのは判っていましたが、
それは一宮でも例外ではなかったですね。


一宮市の高齢者セミナー的な催しは、
いつも参加される人数が多いんですが、
昨年のここでの会も130人を超える方々がおみえになってました。


果たして今年はそんなに来てくれるだろうかと心配でしたが、
蓋を開けてみたら、180名以上という超大入り!
もうこれ以上、広い会議室にイスが入らないという満員御礼状態となりました。


1時間半の独演会でしたが、
笑い声も爆発的に大きく、私も非常にやりやすかったです。
今月はもう一回
一宮市にお邪魔する予定ですので、そちらも頑張ります。


微笑亭さん太

白昼の憂鬱

いけない事ではありますが、
人というのは、ついつい出来心で物を盗んでしまうなんて事もあったりします。
学校の教室で盗難事件が起こったりすると、
それに対する先生の対処の仕方というのが問われたりしますよね。


「みんな聞いてくれ。実は山田の給食費が盗まれた。
もしも盗んだ人間がこの中にいるのなら、正直に名乗り出てほしいと思う。
みんな、目を閉じてくれ。山田の給食費を盗んだ者は正直に手を上げるんだ。
誰にも言わないから心配しなくていい・・・ 
こら!中村!ちゃんと目を閉じろと言っただろ!
・・・宮田、いったん手を下ろせ・・・
もう一度言うぞ。山田の給食費を盗んだ・・・中村!目を閉じろ!何度も言わせるな
・・・何度もすまんな宮田、手を下ろしてくれ。もう一度言う・・・」
これはもう、目を閉じる意味がないですね。


「小学校での一番楽しい時間は何ですか?」
こんな質問をしたら、
【休み時間】と並んで上位に来ると予想されるのは【給食】でしょうね。
誰でも、給食に出ると嬉しいメニューが幾つかあったんじゃないかと思います。
しかし、そんな楽しいはずの給食の時間に
苦しんでいる子供たちもいるんですね。


先生から『残さず食べなさい』と言われ、
無理に食べさせられたり、給食の時間が終わっているのに、
ひとりポツンと教室に居残りをさせられてる子がいたりします。
こうした【完食指導】の行き過ぎで、体調不良や不登校になるケースが相次ぎ、
中には、大人になっても苦しみが続いている人がいるんですね。


「俺は子供の頃、ピーマンが食べられなかったんだけど、
担任の先生は食べるまで絶対に許してくれなくて、ニヤニヤ見てたんだよな~」
その先生がピーマン以上に【食えないやつ】だったりするわけですね。


食育なんて言葉もありますが、
給食にも教育的な側面はあるんでしょうね。
「給食というのは、ただ食事をするだけではなく、給食を通して子供たちに、
大人になるための大切な教育をしているんですよ」
「そうなんですか?」
「例えば太ってる子には、『〇〇君、残ってるおかず食べる?』って、
先生が残り物を勧めてきたりするでしょう?
あれは、【ダイエットの必要性】をほのめかしてるんですよ」
「そうなんですか?
じゃあ午後の授業が始まっても、泣きながら食べさせられている子は?」
「【残業の辛さ】を教えてるんですよ」
「なるほど。給食当番をやっていると、友達に小声で
『俺の分、増やして』と頼まれたりする事もありますが」
「言われた通り量を増やしてあげれば、その子が給食当番になった時には、
今度は自分の分を増やしてもらえますから、
【世の中、持ちつ持たれつ】だという学習ですね。
そしてジャイアンみたいなガキ大将タイプには、
言われなくても、こちらで気をきかせて量を増やしてあげる・・・
これは【忖度の重要性】を学んでいるわけですね」
「はあ~なるほど。
人気のメニュー、特にプリンが余ったりすると、
クラスで取り合いになって大騒ぎになったりする事がありますよね?」
「ありますね。子供の時には【プリンで学級崩壊】、
大人になると【不倫で家庭崩壊】という事です」
本当かどうかは怪しいですけどね。


微笑亭さん太

ザ・タイソー

昨日は豊橋にある芦原校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


芦原校区市民館には一昨年、やはり出前講座で伺っています。
昨日も本当に真夏を思わせるような暑さで、
9月も半ばに入ってからの35℃越えは、こたえますね。


地元の老人会の方々に呼んでいただいたんですが、
高座の前に体操をやられてました。


この体操が結構ガチでハードな感じで
「いち!に!さん!し!」というかけ声が
会場の隣にある私の楽屋までしっかりと聞こえてきていて
皆さんが真剣に体操をやられている様子がよく判りました。


そうなると心配なのが、
『それだけハードな体操をやられた後に、
果たして1時間の落語を聞けるか?』という事です。
どう考えても、疲れ果てて、昼寝フラグが立ってるとしか思えません(笑)


途中で皆さん爆睡かな~と覚悟しながら上がりましたが、
25名ほどのお客さんは、皆さん最後までちゃんと聞いて笑ってくださいました。
ハードな体操をやり遂げる高齢者の方々は、
長丁場の落語も聞ける体力がある事が判りました。


微笑亭さん太

イジメのケジメ

悲しむべき事ではありますが、時代が令和に入っても、
学校における【イジメの問題】というのは、恐らくなくならないでしょうね。


イジメを受けている子というのは、
それを知られる事を恐れて誰にも相談できないという事が圧倒的に多く、
その結果追い詰められてしまい、悲しい結末になってしまったりします。


周りにいる人間が、
その子の発する【SOS】に気づいてあげられるといいですよね。
特に親御さんは、我が子の様子の変化を見逃さないようにしていただきたいですね。


「トモヤ、お前、最近様子がおかしいけど、どうかしたのか?」
「えっ?あ、父さん・・・いや、別に何でもないよ」
「何でもないわけがないだろ。
父さんはな、いつもお前の様子を気にかけてるんだぞ。学校で何かあったのか?」
「うん・・・実はイジメ問題が起きてね」
「何?イジメ?お前、誰かにイジメられてるのか!?」
「いや、イジメられてないから困ってるんだ」
「・・・はあ?イジメられてないから困ってる?どういう事だ?」
「実は先週、学校の上履きが古くなったから、教室のゴミ箱に捨てたんだよ。
そうしたらそれを先生が見つけて、誰かが俺に対するイジメとして
上履きを捨てたと思い込んでカンカンに怒っちゃってさ。
捨てた奴が名乗り出るまで徹底的に追及するって、
メチャメチャ鼻息が荒いんだよ・・・
俺も『自分で捨てました』って言えない雰囲気になっちゃってさ・・・
あ~誰か俺をイジメてくれないかな~」
これも、変則的なイジメ問題という事になるんでしょうかね。


アメリカ・ニューヨーク州西部の都市ノーストナワンダというところでは、
子供がイジメをすると、その親が刑務所行きになるという条例が施行されているそうですね。


究極の【監督不行き届きの罰則】と言えますが、
両親が子供の行動に対して責任を負う事で、
イジメが止む事が期待されて作られた条例のようですね。


子供が九十日間のうちに二回、イジメをしたり他の生徒を攻撃したりした場合、
その子供の両親は二百五十ドル、約二万八千円の罰金を払うか、
もしくは最大十五日間刑務所で過ごすか、
またはその両方が科されるという事ですから、ガチの処罰ですよ。


『犬が噛んだら飼い主の責任』を地でいくような条例ですが、
「この条例で、随分とイジメは減ったんじゃないですか?」
「いえ、あまり減らないですね」
「減らない?どうしてですか?」
「わざとイジメをする子供が出てきちゃったんですよ・・・
自分の親に対する嫌がらせ目的で」
中には、こういうひねくれた子もいるかもしれませんね。


将来的には日本でも、イジメをした子供の親が処罰される可能性もありますよね。
「日本でも、イジメをした子供の親が処罰される事になったそうですね。
何の法律違反ですか?」
「製造物責任法違反です」
そんな悲しい世の中が来ないといいんですけどね。


微笑亭さん太

豊田から安城

昨日は豊田市内にある
東梅坪町区民会館に行ってきました。


このお話は豊田市の劇団【笑劇派】さんからいただいたものです。
笑劇派さんは豊田市では、知らない人以外はみんな知っているという有名劇団で、
以前、営業でもご一緒させていただいた事があります。


最初、電話でお話をいただいた時に【梅坪町区民会館】と言われたと思っていて、
地図で検索するとちゃんと建物が出てきました。


数日前、笑劇派さんから確認の電話が入った時に
【梅坪町区民会館】ではなく【東梅坪町区民会館】だという事に気づき、
危うく会場を完全に間違えるところでした。
しかし【梅坪町区民会館】と【東梅坪町区民会館】って、
間違えさせようとしか思ってないような、紛らわしいネーミングですよね(笑)


敬老会での高座でしたが、お客さんは60数名ほどで、
よく笑って、楽しんでいただけたかと思います。


昨日はかけもちでして、
豊田での高座を済ませた後、安城の昭林公民館に移動して
【昭林落語会】に出演してきました。


『権助魚』京家あい愛

『蒟蒻問答』黄昏亭駄らく

『井戸の茶碗』若鯱亭笑天

ー仲入りー

『はんどたおる』お好味家喜楽

『身投げ橋』(さん太作)微笑亭さん太


年に2回行われている定期公演で、
私もよく出させていただきますが、今回はトリでした。


お客さんは100名に届こうかというような大入りで、
皆さん、よく笑ってらっしゃったと思います。


微笑亭さん太

性格無比

「どうしたんだよ、浮かない顔して。何かあったのか?」
「いや実はね、気になっている女の子からメールが来て、
『話を聞いてほしい』って言うから会ったんだよ。
どうも女友達とケンカしたみたいで、その経緯を聞いてたんだけど、
それで彼女を怒らせちゃってね」
「何で怒らせちゃったの?」
「話を最後まで聞いて、『これって、私が悪いのかな?』って聞くから、
ほら、女の子は共感を求める生き物だっていうだろ?
だから『そう、君が悪い』って言ったら、無言で帰られた」
これは完全に【共感】の意味を勘違いしてますよね。


こういう時はやはり、
「うん、そうだよね。そういう時って悩むよね~。わかる、わかる・・・」
というのが、正しい共感を得る方法なんでしょうね。


言うまでもない事ですが、男と女では、
考え方や行動が全く違ってくる時というのがあります。
例えば鏡に映ったポッチャリ系の自分の姿を見た時、
女の子は『あ~また太っちゃった』と思うんですけど、
男は『俺って、マッチョになったな』と思うんですね。


洋服を選ぶ時も、女の子は衣装ケースを見て、あれこれ悩みながら
『あ~着たい服がないわ~』と思うんですけど、
男は一週間前から同じ服を着続けてるので悩む必要がないんですね。


その服を着て出かけて、街中で同じ服を着た人を見かけた時、
『うわっ!カブった!最悪~』って思うのが女の子で、
『うわっ!友達じゃん!』って喜ぶのが男なんですね。


「私、ケイちゃんの事大好き!ずっと友達でいようね~」
などと言っていても、女の子の友情はもって二、三年ですが、
「お前の顔なんて見たくもねえよ。うせろ!」
「それはこっちの台詞だ、このクソ野郎!」
なんてな事を言ってても、
年金もらうようになっても、ずっと友達なのが男同士なんですね。


そういう友達に対して、
本人がいる時にはけなして、いない時に褒めるのが男で、
本人がいる時には褒めて、いない時にけなすのが女の子ですね。


恋人の条件を聞かれて、
「そうね~。イケメンでカッコよくて、優しくてお金持ちで・・・」
様々な条件を挙げてくるのが女の子ですが、男の場合は全員が口を揃えて
「オッパイの大きい人!」
これしか言わなかったりするんですね。


デートをする時も、
女の子は【ハート】が熱くなるんですが、
【下半身】が熱くなるのが男ですね。
付き合った後、浮気なんかがバレて相手に問い詰められた時、
男の最終手段は【黙る】で、
女の子の最終手段は【泣く】という事になるんでしょうね。


微笑亭さん太

男なんてシャボン玉

小さなお子さんが
ママと一緒にシャボン玉遊びをしている光景を見ると、
微笑ましい感じがしますよね。

シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ  屋根まで飛んで こわれて消えた
風 風 吹くな シャボン玉飛ばそ
シャボン玉消えた 飛ばずに消えた  生まれてすぐに こわれて消えた
風 風 吹くな シャボン玉飛ばそ

誰もが知っている有名な童謡ですが、
この歌の作詞者、野口雨情はこの歌に、
亡くなった我が子への思いを込めて作ったと言われてましてね。


この歌詞の意味するところは、
『屋根まで飛んだ』というのが【一人目の娘は成人まで生きた】という意味で、
『壊れて消えた』というのが【その後すぐに死んでしまった】という事だそうですね。


そして二番の『飛ばずに消えた』というのが
【二人目の娘は立つこともなく】という事で、
『生まれてすぐに 壊れて消えた』というのが
【生まれてすぐに死んでしまった】という意味なんだそうですね。


野口雨情は、実際に成人後の娘さんと、
生まれて間もない娘さんの二人を亡くしており、
この歌詞の裏側の都市伝説的な解釈に信憑性を与えてるんですね。
子供のまま大人になる事もなく逝ってしまった我が子を、
シャボン玉に例えているというのが真実であるとするなら、
どことなく物悲しい歌に思えますよね。


そんな野口雨情が悲しみそうな
【シャボン玉論争】というのが、今起こってましてね。
きっかけとなったのは『シャボン玉が近所迷惑にならないか不安』という、
恐らくお子さんを持つ親御さんからのSNSの投稿なんですが、
あらゆる事柄のクレームを心配しなくってはいけないという、
世知辛い世の中になったものですよね。


『全く気にしない』という方も多いんですが
『洗濯物につくから迷惑』とか『飲食する場所では迷惑』といった
【シャボン玉NG派】の方も少なからずいるんですね。
昔は普通に許されていたシャボン玉が許されないとは、
ちょっとした【バブル崩壊】ですよね。


結構年配の方がクレームをつけてこられるパターンが多いみたいですね。
「子供にシャボン玉なんかやらせるんじゃない!」
「何か実害がありましたか?」
「シャボン玉が車まで飛んできて、ワシの車が汚れた。これは実害だ!」
なんてんで怒ってる方に限って、コンビニの中まで車で入っていっちゃったりしてね・・・
こちらの方が明らかな実害ですけどね。


「今時の子供は家でゲームばかりしておって、ちっとも表で遊ばない。
子供は風の子、表で元気に遊ばせろ!」
なんて言ってた方々が『シャボン玉を飛ばすな!近所迷惑だ!』とか
『子供は公園で遊ぶな!ボール遊びは止めろ!』とか
『園児がうるさいから、保育園や幼稚園を潰せ!』とか言い出してるわけですから、
これは子供を産む人が減っても仕方ないですよね。


「シャボン玉もダメ、公園もダメ、ボール遊びもダメという事なら、
子供はどうすればいいんですか?」
「家で大人しく、ゲームでもしておれ!」
これを矛盾と言わずして何と言うのかという感じですよね。


微笑亭さん太

ゴーヤ良い子だねんねしな

昨日は豊橋市にある松葉校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


昨日、豊城校区市民館にて出前講座があったのですが、
毎年、この二つのセミナーの講師はセットで依頼されるとの事で、
また今回も、セットでお邪魔する事になりました。


前日とはうってかわっての雨模様で
気温の方も、かなり低めだったと思います。
ただ湿度が高いので、体感的な蒸し暑さは結構あったような気がします。


お客さんは前日と同じく20数名ほどでしたが、
昨日のお客さんも、よく笑ってくださいました。


聞きにみえていた年配男性の方が
ゴーヤを沢山持ってこられていて、私もお裾分けを頂戴しました。


しかしゴーヤというのは
ゴーヤチャンプルー以外、私は食べ方を知らない事に気づき、
思わず、ニガウリを噛み潰したような顔になってしまったとさ。


微笑亭さん太

気づいてもらえない

昨日は豊橋にある豊城地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


9月に入ったというのに
昨日は真夏が戻ってきたような陽気で、
熱中症にも要警戒という感じでした。


豊城地区市民館は、公会堂のすぐ近くなので、
きっと『小市民寄席を見た事ある率』が
高いお客さんがおみえになるんだろうな~てな事を考えながら現場に向かいました。


お客さんは20数名くらいでしたが、
とてもよく笑っていただけて良かったです。
終わった後、洋服に着替えてお見送りをしている時も
お客さんから声をかけていただきました。


結構年配の女性がニコニコしながら寄ってこられて、
「良かったよ~」
「ありがとうございます」
「とっても面白かったよって、落語やった人に伝えといてね」

・・私は誰?(笑)

相変わらず、
着替えてしまうと全く気づいてもらえない率の高い私でした。


微笑亭さん太

事実はコントより奇なり

暑い時というのは当然、ビールの消費量が伸びます。
猛暑日続きの今年の夏、お酒の好きな方は、
ビヤガーデンなんかに出かける機会も多かったんじゃないかと思います。


帰りは当然、タクシーのお世話になるって方も多いわけですが、
タクシー乗り場というのも、トラブルの起きやすい場所の一つですよね。
何しろ遅い時間帯になりますと、お酒が入ってる方が多いですから、
順番争いなんかの些細な事でマジゲンカになるなんて事もありますよ。


数年前の出来事なんですが、タクシーの乗車を巡って、
三人の男性が口論の末、殴りあいになり、逮捕されたという事件がありましてね。


54歳の男性会社員が『どうぞ先に行ってください』などと順番を譲ったところ、
34歳の男性二人が『いえいえ、あなたこそどうぞ』と、
乗車を譲り合って話がまとまらず口論となり、
最終的に殴り合いのケンカになったらしいんですね。


普通、先を争ってケンカになるものですが、
全く真逆のパターンでケンカになるというのは珍しいですよね。
ケンカする前に、
「・・・ショートコント、タクシー乗り場にて」
とでも言っておいたら、『ダチョウ倶楽部』の新ネタみたいですよね。
「どうぞ、どうぞ、どうぞ!」
「いやいや、そちらこそ、どうぞ、どうぞ、どうぞ・・・」
譲り合ってケンカになって、最後は、
「ダメだ、こりゃ!」と、
ドリフ風に落とすという、コントの王道パターンですよ。


しかし、我先にではなく、相手に譲るという優しい心を持った三人のケンカですから、
リアルに見てみたかった気がしますね。
「だから、お先にどうぞって言ってんだろ、コラァ!」
「遠慮なくお乗り下さいって言ってんのが、聞こえねえのか、ああん?」
「下手に出てりゃいい気になりゃがって、
『お譲りします』とか、調子こいてんじゃねえぞ、このボケ!」
なんてんで、非常に『紳士的なケンカ』が繰り広げられたと予想できますね。


あと、ケンカの結末も見てみたかったですね。
殴り合いのケンカの末、勝った人が、
「二度とタクシーの順番を譲ろうとするんじゃねえぞ」と、
グッタリした相手をタクシーに乗せるなんというのは、実にシュールな光景ですよね。


この三人、幸か不幸か、
留置場で一晩、仲良くお泊りという事になったわけですが、
翌日帰るためにタクシーを呼んでもらったら、
『俺が先に乗る!』ってケンカを始めたそうでして・・・
恐らく、本当にこの三人を殴りたいのは、タクシーの運転手さんなんでしょうね。


微笑亭さん太

秋告知

※飽きのこない、秋の告知です!


●9/8(日) 午後2時~
『昭林落語会』 木戸銭無料
昭林公民館(安城市安城町広美10-1)
出演 京家あい愛 黄昏亭駄らく 若鯱亭笑天 微笑亭さん太 お好味家喜楽

安城市の公民館で
年2回行われている定期公演です。
どなたでも入れますので、
安城市民ではない方も、是非お越しください。
今回はトリをやらせていただきます。


●9/13(金) 午後7時~8時半
『しんしろ寄席』
コーポテラ(新城市平井字若杉1-3) 木戸銭¥1500(缶詰バーあり)
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

お馴染みの月イチの寄席で、
いつも第2金曜日に行われています。
駐車場もございますので、是非お越しいただければと思います。


●9/15(日) 午後12時~
『イズモホール西幸店の会』
豊橋市西幸町幸88−1
木戸銭無料
出演 微笑亭さん太

豊橋のイズモ葬祭で落語をやらせていただきます。
詳細が判ってなくて申し訳ありませんが、12時から落語をやらせていただきます。


●9/17(火) 午前10時~
『イズモ葬祭 豊田 貴賓館の会』
豊田市小坂本町2丁目43−1
木戸銭無料
出演 微笑亭さん太

その翌々日には、豊田のイズモ葬祭で落語をやらせていただきます。
こちらも詳細が判ってなくて申し訳ありませんが、10時から落語をやらせていただきます。


●9/17(火) 午後2時~
『万松寺・白龍ホールの会』
白龍ホール(名古屋市中区大須3丁目29−12)
木戸銭無料
出演 微笑亭さん太

いつもお世話になっている、
中区いきいき支援センターさんのイベントで、
認知症に関する落語をやらせていただきます。


●9/22(日) 午後2時~
『寳榮座寄席』
寳榮座(豊田市怒田沢町平岩5)
木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太

豊田にある農村舞台で、初の落語会をやらせていただきます。
とても素敵な舞台なのですが、とにかく周りに何もありません!(マジで・笑)
ぶっちゃけ山の中ですので、覚悟しておみえになっていただければと思います。


●9/23(月・祝) 午後6時半~
『月見の夕べ』
みよし市文化センター サンアート ふるさと会館(みよし市三好町大慈山1-1)
木戸銭¥300(お茶お菓子付き)
出演 微笑亭さん太 他

8年連続で、サンアートみよしからお話をいただきました。
情緒あふれる日本庭園を眺めながらの独演会です。
以前は【雨天中止】のイベントでしたが、雨天でもやりますので、安心してお越しください(笑)
お問い合わせは、
0561-32-2000(サンアートみよし)まで。


●9/29(日) 午後2時~
『萬徳寺寄席』
岡崎・萬徳寺(東岡崎駅から徒歩5分) 木戸銭無料
出演 経大亭勝笑 古都家雄助 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 他

年に2回行われている定例公演ですが、
【楽語の会】と【天狗連】のコラボ寄席となります。
東岡崎駅から徒歩数分、交通の便もいいですので、是非お越しください。


●10/24(木) 午後2時~
『楽しく学ぶ成年後見制度』
大須演芸場
木戸銭無料(先着150名)
出演 微笑亭さん太 他

こちらも、いつもお世話になっている、
中区いきいき支援センターさんのイベントで、
成年後見制度に関する落語をやらせていただきます。
是非、大須演芸場にお越しください。


●10/25(金) 午後1時半(落語は2時半~)
『笑ってのばそう!健康寿命』
熱田区役所・7階講堂
木戸銭無料
出演 微笑亭さん太 他

熱田区役所にて、
健康に関するイベントで落語をやらせていただきます。
どなたでも入れますので、是非お越しください。



●なお、東三河広域連合の出前講座【落語で学ぶ悪質商法】は、
豊橋、豊川、新城、蒲郡、田原、設楽町、東栄町、豊根村の
5市3町村にお住まいの方々でしたら、どなたでも呼ぶ事ができます。
しかも無料です(笑)
豊橋市役所内にあります東三河広域連合の方まで申し込みいただければ
さん太が落語をやりに参りますので、老人会、町内会など、ご依頼いただければと思います。
東三河広域連合(0532269078)まで、どうぞ!


落語会やイベント出演のご依頼も
24時間受け付けておりますので、よろしくお願い致します!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp


微笑亭さん太

火の酒

先日、数々の名作アニメを作り続けてきた京都アニメーションが放火され、
多くの人命が奪われるという悲しい事件が起きましたが、
火災というのは本当に恐ろしいですよね。


火災の被害というのは、建物が焼けてしまうのはもちろんの事、
それによって思わぬ二次的被害が出てしまうなんて事もあります。


アメリカ・ケンタッキー州で先月、
蒸留酒大手【ビームサントリー】が所有する貯蔵庫が火災で燃え、
大量のウイスキーが近くの川に流れ出してしまったなんて事がありましてね。


貯蔵庫にあったバーボンウイスキー【ジムビーム】の樽、約四万五千個が焼失し、
そのお酒が川に流れだしたわけですから、ローラもビックリですよね。
「ローラだよ~。ウフフフフ・・・これで【水割り】飲み放題だね~」
なんてな事を言ってる場合じゃありません。


流れ出したお酒により
川の水のアルコール濃度が上がって酸素が減った事により、
魚が大量に死んでしまったり、
酔っぱらったカニが真っ直ぐ歩いたりなどの被害が出たんですね。


汚染はケンタッキー川の約三十七キロ以上に渡っていて、
そのまま流れ続けると、海の生き物にも影響が出そうですよね。
「貯蔵庫の火災の影響で、海の生き物まで苦しんでるんです」
これが【海(産み)の苦しみ】というやつですね。


当局は水中の酸素レベルを上げるため、
川の中に通気装置を設置するなどの対策を取ったそうですが、
放っておいたら、川の魚がみんな【サケ】になってしまうかもしれませんよね。


「うん、これは新しい漁法になるかもしれないぞ!
川に酒を流し込めば、大量に魚が獲れそうだ。
獲り終わった後は川に火をつければ、アルコール分も飛ばせるしな」
そんな荒っぽい事を考える漁師さんがいたら怖いですよね。


お酒の好きな方にとっては、
これだけの美味しいお酒が焼失して無駄になってしまったのは面白くないでしょうが、
飲み会の席での酔っぱらった方同士の会話を聞いてると、
普段は隠している本音が垣間見えて、かなり面白かったりしますよね。


ある会社の飲み会で、ベロンベロンに酔っぱらった女子社員が、
「課長、聞いてくださいよ!男はずるいです!」
「何がずるいんだ?」
「私たち女子は、お腹の贅肉を見て
『お願いだからこの肉が、胸についてよ~』って日々悲しんでるんですよ。
そういう思いをしなくてもいい男子はずるいです!」
「何を言ってんだ。俺に言わせれば、女の方がずるい!」
「何がずるいんですか?」
「毎日『どうして頭に生えなかったんだ?』と言いながら、
涙をこらえてヒゲを剃っている俺の気持ちが、女のお前に判るか!?」
その後二人で、抱き合って泣いてたそうですが・・・
こういう意気投合の仕方もあるんですね。


微笑亭さん太

容量オーバー

昨日は名古屋にある
守山福祉会館に行ってきました。


もう何度もやっている
福祉用具を販売する会社からの依頼で、
福祉用具の実演販売と落語がセットになっている会です。


最初に福祉用具の説明があり、
その後、私の落語というのが、いつものパターンです。


今年2月に一度呼んでいただいているので、
半年後にまた呼んでいただいた事になります。
前回は50名ほどの高齢者の方々がおみえになりましたが、
今回は、お客さんが続々とおみえに。


80名も入ればぎゅうぎゅう詰めの広さに
100名を超える方がおみえになり、大変な状況に。
お客さんが入り過ぎて、館長さんが半ギレ状態になってました(笑)


結局、入りきらなかったお客さんは、
扉を外して廊下から見ていただく事になりましたが、
大変申し訳ありませんでした。


1時間15分という、長丁場の通し高座でしたが、
最後までテンションが落ちずに、たくさん笑ってくださいました。


この福祉用具の会は、
いつもとても良い会になるので、新たな依頼もお寄せいただきたいと思います。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード