FC2ブログ

今年のネタおろし

あっという間に
大晦日になってしまいましたが、
皆さん、高座納めは終わってる方がほとんどですよね。


私も本来なら終わってるはずだったんですが、
急遽というか、ひょっとしたら大晦日の今日も
落語をやるかもしれないので、
まだ高座のまとめができてません。


そんな中、
今年は創作落語のネタおろしを、8本やりました。


『死にたい男』『アリとキリギリス』『オトナの試験』『豆腐小僧』
『受難刑事』『じゃんけん指南』『タイムマシンで行こう』『採算妻子』
以上の8本ですが、この数の創作をおろした年は初めてだと思います。


これは自分がパーソナリティーを務める
【ラブィート演芸】というラジオ番組で、
毎週10分尺のネタをやらなければならない事情が大きく関係しています。


番組が始まって2年8ヶ月くらい経つわけですが、
ずっと違うネタをやらなければいけなかった上に
自分で【全て創作落語をやる】という縛りをかけてしまったために
ここ最近は、かなり追い込まれています(笑)


だから次から次へと創作を
ネタおろししなければいけないわけですが・・
いつまで続けられるんでしょうか?


番組は一応、来年も続くみたいですので、
創作のネタおろしを続ける日々は、まだまだ続きそうです。
力尽きるまでは頑張ります。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



忘年落語会

昨日は名古屋の昭和区にある
一般のご家庭にて、年忘れ落語会でした。


ここのお宅は、
普段からお世話になっている奥様のご自宅で
年に数回呼んでいただき、
落語会を開いていただいてます。
昨年の年末にも呼んでいただきましたし、夏にも呼んでいただきました。
昨日も友人知人の方々を中心に
20数名ほどおみえになりました。


奥様自らも【満丸亭ゆき寧】という高座名で
落語をやられていて、
いつも開口一番として一席やられるんですが、
このところ息子さんが作られた創作落語をやられいて
昨日も新ネタをやられていました。


私の方は『結びの神』(さん太作)『元犬』『じゃんけん指南』(さん太作)という
3本をやりましたが、皆さん、よく笑っていただけたと思います。


終わった後は、忘年会をかねた打ち上げで、
美味しい物をたくさんいただきました。
ゆき寧さんを始め、
【愉快な仲間たち】の皆さんには、
今年も大変お世話になりました。
また来年も、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

ウソから出たまこと

今年も様々な高座に上がらせていただきましたが、
終わった後、お客さんから
「さん太さん、マクラで話してたお友達の話は本当なんですか?」
などと聞かれる事があります。


結論から言えば、ほぼほぼ全部【ウソ】ですね(笑)
私がマクラで喋ってる体験談的な事は、まずウソですから、
決して本気にしないでいただきたいですね。


世の中、そんなに面白い事が起こるわけではないので捏造するわけですが、
本気にされてる方は、申し訳ございません(笑)


その人の真の人間性や考え方というものは、
他人からでは、なかなか判らないですよね。
他人どころか実は当人も、
自分の深層心理を理解してないという事はあるんじゃないですかね。


通りいっぺんの心理テストなどをしてみても、
芳しい結果は得られなかったりしますが、
割と簡単に判る方法があるそうですね。


「・・・ねえ、君のウソの生い立ちを語ってみてくれる?」
そう言ってウソの生い立ちのストーリーを語らせると、
そのストーリーには本人の願望や劣等感が大胆かつ如実に反映され、
結果的に事実を語らせるよりも明確に
その人の考え方や性格が露わになるそうですね。


皮肉な事に、偽りという解放感を持たせる事によって、
真実が明らかになるなんて事があるようですね。


「ウソの生い立ちを語ってみてください」
「はい・・・私はアラブの石油王の御曹司として生まれ、
東京ドーム十個分の家に住み、
数えきれないほどの美女をはべらせ、
お金は湯水の如く使いたい放題、
イケメンで頭脳明晰、スポーツ万能・・・」
「・・・言ってて、虚しくないですか?」
思わずツッコみたくなるストーリーもあるでしょうね。


微笑亭さん太

目の敵

『目は口程に物を言う』ということわざがありますが、
人の視線というのは、そちらの方を向いてなくても
感じたりする事がありますよね。


街中を歩いてる時でも、
「・・・あ、何だか、凄く見られてる気がする。
ひょっとしたら、可愛い女の子が俺に、
アツい視線を送ってきてるのかな・・・」
「・・・あの~すみません」
『キター!』と思って笑顔で振り向いたら、
お巡りさんに職務質問されたって話がありましてね・・・
大体、そんなもんですよね。


人の視線が苦手だという方もいらっしゃいますが、
その傾向は若者ほど強いようですね。
十代、二十代の男女のおよそ七割が、
他者の視線をストレスと感じている事が判ったそうですね。
これは化粧品メーカーの【マンダム】が
十五歳~五十九歳の男女千人以上を対象に、
ネット上で調査を実施した結果判った事でしてね。


【他者の視線にストレスを感じたことがありますか?】との質問に、
全世代の五十六・五%が【とてもある】【たまにある】と答えていて、
十代、二十代の若者は、それらの合計が六十七・六%に達したんですね。


また若者の六十一・八%が
【他者の視線が怖いと感じたことがある】と回答していて、
三十~五十代よりも、約二十五ポイントも上回ったんですね。
特に若い女性ほど怖いと感じる傾向にあり、
十代女性では約四割が【とてもよくある】と答えたそうですね。


この原因については、
直接対面しないインターネット交流サイト、
SNSを通じたコミュニケーションの浸透が
影響している可能性があると分析されていて、
最近の若者は【会った事もない親しい友達】が、
どんどん増えているんでしょうね。


「俺は人の視線が怖くてね。いつも見られてる気がするんだよ」
「何言ってんだよ。自分で思ってるほど、人はこちらの事を気にしてないよ」
「そんな事ないって!
それが証拠に、いつもいつも、他人と視線が合っちゃうんだよ」
「それはお前が他人を見ているから合うんだよ」
「中華料理屋に入っても、麻婆豆腐やエビチリが、こちらを見てくる気がするんだよ」
「どうして?」
「四川(視線)料理だから」
「くだらない事言ってんじゃないよ」
「もう俺明日から、目隠しして生活しよう」
こんな若者が増殖していくかもしれませんね。


そうなってくると、
顔を見られないようにという事で、
顔全体がスッポリ隠れるマスクを被って生活する人が増えてきましてね。
居酒屋に入ったら、全員タイガーマスクが飲んでるなんて光景も
ありえるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

湯、入っちゃいなよ!

昨日は名古屋にある
天神山福祉会館に行ってきました。


もう何度もやっている
福祉用具を販売する会社からの依頼で、
福祉用具の実演販売と落語がセットになっている会です。


会場に着くと館長さんから
「お囃子のCDをかけますよね?」
「はい、よろしくお願いします」
館長さんにCDをお預けしました。


会場は2階で、着替えの楽屋は1階だったんですが、
しばらくすると、2階から大音量のお囃子の音が。


様子を見に行くと、何人かのお客さんが既に座られている中、
かなり大音量でお囃子が流されてました。
「あの・・館長さん、これは?」
「あ、客引きのために流してます。
皆さんに来ていただくように」


確かに開演前、
雰囲気を出すために、会場にお囃子を流しておく事はありますが
どう考えても、普通に我々が高座に上がる時にかける音量よりも
大きいボリュームで流れてます。
お客さんが耳をふさぐんじゃないかと心配しました。


仲入りなしで、1時間15分の通し高座でしたが、
30名ほどの高齢者のお客さんはよく聞いて笑ってくださいました。


ただ落語が始まってすぐ、
何人かの方々が出て行かれたので、非常に気になってました。
そして終わる間際に、その出ていった方々が、また戻ってこられたりしてました。


一体どういう事なのかと館長さんに聞いてみると、
この施設にはお風呂があって、お風呂の利用時間が決められているので、
その利用時間が、私の高座時間とダブってたようなんですね。


ですから、少し落語を聞いてお風呂に入りにいって、
またお風呂から客席に戻ってきたようなんですね。
落語の途中に入浴されるという経験もあまりありませんが、
やはり寒い冬ですから、お風呂の【湯わく】には抗えなかったようですね。


微笑亭さん太

クリスマス告知

※クリスマスにさん太から告知のプレゼントです!

●1/3(木) 午後2時~
『新春寄席』
豊橋・ほの国百貨店(9階) 木戸銭無料
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

豊橋のほの国百貨店にて、新春寄席を行います。
ヘルさんとの二人会ですので、お節に飽きたら、
是非聞きに来てください。


●1/11(金) 午後7時~8時半
『しんしろ寄席』
コーポテラ(新城市平井字若杉1-3) 木戸銭¥1500(缶詰バーあり)
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

4月から新城で始まった月イチの寄席です。
ヘルさんとの二人会となります。
駐車場もございますので、是非お越しいただければと思います。


●1/12(土) 午後2時~
『福祉落語』
安城市・安祥福祉センター 木戸銭無料
出演 微笑亭さん太

前回に続いて6年連続で
オファーをいただいた落語会です。
どなたでも入れますので、よろしくお願い致します。


●1/14(月・祝) 午前11時半~&午後3時~
『第5回 天狗連名人会?』
穂の国とよはし芸術劇場(豊橋駅前・プラット)
木戸銭¥1500(当日¥1800)
出演(出演順)
■一の席(午前11時半~)

『孝行糖』笑風亭風笑

『竹島水族館の仲間たち』駒久家南朝

『コント』弾家六区

『不動坊』鶴橋減滅渡

ー仲入りー

『尻餅』微笑亭さん太

『人生が二度あれば』弾家喜苦

『たちきり』成田家紫蝶


■二の席(午後3時~) 

『寿限無』鶴橋減滅渡

『アリとキリギリス』(さん太作)微笑亭さん太

『太神楽』小呂比家念挫

『まんじゅうおそがい』(さん太作)成田家虚生

ー仲入りー

『大安売り』駒久家南朝

『バスストップ』橘亭郵便箱

『火焔太鼓』髪家三代


今回で5回目を迎え、新春の定番となりつつある寄席です。
今回も2回公演で行われますので、
是非お越しいただきたいと思います。
問い合わせ・0532532710(小林理容館)


●1/15(火) 午前10時~
『公開講座・微笑亭さん太独演会』
名古屋市中川生涯学習センター 木戸銭無料
出演 微笑亭さん太

どなたでも入れる公開講座です。
午前10時~正午までの2時間の
高齢者向けの独演会となってますので、
よろしければ、お越しください。


●1/16(水) 午後7時~
『第11回 こうた寄席』
幸田町民会館・あじさいホールにて
0564635181(問)
木戸銭¥800
出演 鶴橋減滅渡 白紅亭和音 微笑亭さん太

いつもは秋にやっているこうた寄席が、
今回は新春寄席として開催されます。
今回は初出演の白紅亭和音さんを迎えて、
落語あり漫才ありの内容となっていますので、よろしくお願い致します。


●1/20(日) 午前11時~
『微笑亭さん太独演会』
イズモホール豊橋
木戸銭無料
出演 微笑亭さん太

豊橋の斎場にて二回目の落語会をやらせてもらいます。
どなたでも入れる1時間ほどの会ですので、
お越しいただければと思います。


●1/20(日) 午後1時~(落語は2時半より)
『新春笑例会』
大須演芸場 木戸銭¥1000
出演 三流亭赤福 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 駒久家南朝 他

毎年恒例、日本笑い学会主催のイベントです。
笑いに関する様々な出し物がありますが、
落語は2時半頃から始まります。
会場が大須演芸場という事もあり、
私も非常に楽しみにしております。



●1/21(月) 午後7時~
『月例寄席』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて) 木戸銭¥100
出演 分笑亭云々 笑風亭風笑 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

例年、名人会が行われる1月の月例寄席はお休みなんですが、
お客様方からのアツいニーズにお答えして(?)
昨年から1月も月例寄席を行う事になりました。
新年最初の月例となりますが、高校生落語家の云々君も出ますので、
こちらも、よろしくお願い致します。


●2/2(土) 午後6時~(夜席です!)
『第3回 富久有(ふくゆう)寄席』
冨久有(豊橋市有楽町21番地) 木戸銭¥500
出演 笑風亭風笑 微笑亭さん太 駒久家南朝

天狗連の弾家呈茶さんのご実家でもある富久有さんでの寄席です。
元遊郭という地域だけあって、昭和の香りのする風情ある佇まいです。
5月、8月に続いての3回目という事で、廓の専門用語で言うところの
【馴染み】の寄席となります。
今回は、南朝さんとの二人会という事になりました。・・あ、風笑君も出ます(笑)
私は落語協会の台本コンクールで4年連続賞をいただいた作品の中から
2本セレクトして、かけさせていただきたいと思います。
受賞作品お披露目の会みたいな感じになりますので、是非お越しください。
夜席ですが、遠方からみえられた方、そのまま富久有さんで格安宿泊も可能です(マジ)


●2/17(日) 午後1時~
『昭林落語会』 木戸銭無料
昭林公民館(安城市安城町広美10-1)
出演 黄昏亭駄らく 微笑亭さん太 夢ノ家くっか 槍田家志ょ朝 お好味家喜楽

安城市の公民館で
年2回行われている定期公演です。
どなたでも入れますので、
安城市民ではない方も、是非お越しください。


●2/24(日) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会』
ぬくもりカフェ(豊橋市東田町字西脇29)
出演 微笑亭さん太

いつもお世話になっている【ぬくもりカフェ】での独演会です。
予約が必要ですので、0532527399(ぬくもりカフェ)まで
お電話をいただければと思います。
まだまだ先ですが、過去の会は全て満席になっておりますので、
お早めに予約をいただければと思います。


●大晦日には、弾家うさぎさんがパーソナリティーを務める
FM豊橋の【ここらぶ】に生出演します。
この日は天狗連スペシャル(?)という事で、私の他に
ポスト君、喜苦君、風笑君といったメンバーも
午後1時~5時まで、ほぼほぼ出ずっぱりという事になります。
天狗連のオフレコ話や、生落語、生大喜利もあるかも?
大掃除の片手間にでも、聞いてください。


●なお、東三河広域連合の出前講座【落語で学ぶ悪質商法】は、
豊橋、豊川、新城、蒲郡、田原、設楽町、東栄町、豊根村の
5市3町村にお住まいの方々でしたら、どなたでも呼ぶ事ができます。
しかも無料です(笑)
豊橋市役所内にあります東三河広域連合の方まで申し込みいただければ
さん太が落語をやりに参りますので、老人会、町内会など、ご依頼いただければと思います。
東三河広域連合(0532269078)まで、どうぞ!


落語会やイベント出演のご依頼も
24時間受け付けておりますので、よろしくお願い致します!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp


微笑亭さん太

聖夜のさん太

「・・えっ?おじさん、誰?」
「メリークリスマス!タカシ君、サンタのおじさんだよ」
「サンタ?・・サンタって架空の人物でしょう?」
「ハッハッハッ・・何を言ってるんだい、こうして実在してるじゃないか」
「でもさ、サンタって、赤と白の服着てるでしょう?何でおじさん、着物を着てるの?」
「いいじゃないか、着物だって。・・ちゃんと、このソリに乗ってきたし」
「ソリ?それ、座布団じゃん。しかも、紫色って・・」
「しきたり通り、縫い目のない所を前に出してあるぞ」
「えっ、何の話?意味判んない。本当にサンタなの?」
「ああ、本当に、さん太のおじさんだよ」
「・・最初と表記が変わったよね?サンタだったら、空を飛べるの?」
「もちろんだ。時々、仲間内でつまらない事を言って、浮いてしまう事があるからな」
「それ意味が違うよ。飛ぶってさ、夜空の星座の中を飛んでくる感じだよ」
「ああ、いつも正座ばかりだよ」
「また表記が変わってるよ。じゃあ、ここに何しに来たの?」
「タカシ君にプレゼントを届けに来たんだよ」
「プレゼント?何をくれるの?」
「お笑い大好きなタカシ君に、笑いをプレゼントしに来たんだ。
大いに笑っておくれ・・
『クリスマスが来ても、私たちみたいな
付き合って何年も経つマンネリカップルには、あまり意味がないわよね』
『そうだな・・じゃあチキンでも食べるか』
『何のチキン?』
『倦怠期ー・フライドチキン』・・・・・ほら、笑っていいんだよ」
「笑えないよ!何それ?全然つまんない」
「あ~、やはり子供には難しかったか~」
「そうじゃない、ネタのクオリティの問題だよ。
つまんないから、もうボク、寝ちゃおうっと」

「・・ちょいと、タカシ、起きとくれよ。タカシ、ちょいと起きとくれてんだよ」
「・・あ、ママ・・その微妙な江戸弁で起こすの止めてくれないかな。
・・あれ?サンタのおじさんは帰ったのかな?」
「サンタのおじさん?何言ってるの、タカシ。
サンタなんてね、この世にいないんだよ」
「・・ママ、もうちょっと子供に気ィ遣った発言しようか。
・・でもね、昨夜、本当にサンタのおじさんが来たんだよ。
ボクの前で、メチャメチャつまんない小噺を演っていったんだよ」
「そんなわけないでしょう。それはきっと夢よ」
「本当だよ。じゃあ、その小噺、演ってみようか?」
「うん、演ってみてよ」
「・・よそう、また現実になるといけない・・」


メリークリスマス!

皆さんのところにも、さん太クロースがやってきますように・・


微笑亭サンタ

清潔感の定義

物の売買というのは買い手さえいれば、
どんな物でも商品となりえるわけですが、
興味のない人からしてみたら『何でそんな物を買うの?』と
疑問に思えるような売買もあるようですね。


ロンドンに住むロキシー・サイクスさんという三十三歳の女性は、
インスタグラムで自分の足の写真を日々公開していたんですね。
すると一ヶ月でフォロワーが
一万人集まるほどの人気になったんですが、
そのフォロワーの中で、ロキシーさんが履いていた靴下が
欲しいというネットユーザーが現れたんですね。


それはいわゆる【足フェチ】のマニアの方だったんですが、
これをきっかけにロキシーさんは、
自分が履いた靴下をペアで二十ポンド、約二千九百円、
靴は二百ポンド、約二万九千円で販売し始めて、もう四年経つそうですね。


売れ行きは順調で、多い月には
ひと月で百万円以上の売り上げがあるそうなので、
世の中には女性の足に執着する方が結構いらっしゃるんですね。


「こういった靴下や靴の販売を止める気はないんですか?」って聞いたら、
「足を洗うつもりはない」
と言ってたそうですけど・・・マニアにとっては、
洗ってない足で履いた靴下の方が上物なんでしょうね、きっと。


女性の身につけていた物を欲しがる男性というのは、
それが使い込まれていて、若干においがするくらいの方が価値があるんでしょうが、
女性が男性に求めるのは、それとは真逆でしょうね。


「私はやっぱり、清潔感のある人が好きだな~」
こう仰る女性は多いですよね。
ではこの【清潔感】というのは何かという事なんですが、
『清潔感とは、イケメンを言い換えた言葉である』と仰る方もいましてね。


それはちょっと極論ではないかと思われがちですが、
清潔感=イケメン説を主張する方に言わせると、
「清潔感がある部屋といったら、ホコリがなくて整ってる部屋の事でしょう?
そして清潔感のあるキッチンといったら、
同じく汚れがなくて不必要な物がない、整ったキッチンの事だよね?
つまり【整っている】と【汚れてない】という
この二点が【清潔感】の根拠なんだよね。
それで、その【整っている】というのは人間を対象にした時、
服装や髪型だけでなく、体型や顔のパーツ、指の長さまでが判断材料になるんだよ。
その上で【汚れてない】、つまり脂ぎってないか、臭くないか、
フケが出てないか、爪が汚れてないかとか、
そういう事を全てクリアした人が清潔感があるという事になるわけ。
従って【清潔感=イケメン】という結論になるんだよ」
・・・論理的なんだかどうかは判りませんが、妙な説得力はありますよね。


男性はあれこれ理屈をつけてますが、
女性はもっと単純に考えてるかもしれませんね。
「ねえねえ、清潔じゃないブサメンってどう思う?」
「そんな人、そもそも関わる気がないから、どうでもいいわ」
「じゃあ、清潔なブサメンは?」
「そもそも関わる気がないから、どうでもいいわ」
「じゃあ、清潔じゃないイケメンは?」
「ワイルドじゃない!男らしい!」
「じゃあ、清潔なイケメンは?」
「内面もいいに決まってるわ!」
こんなところなんでしょうね。


微笑亭さん太

あくみ指南

昨日は豊橋にある飽海町集会所に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


天気予報通りの雨の中、
朝イチの高座に向かいましたが、結構な降りでした。
飽海町集会所は、飽海保育園の敷地内にある小さな集会所なんですが、
最初はこの飽海町(あくみちょう)という地名が読めませんでした。


高座は10時からだったんですが、
9時15分に現場に行くと、誰もいません。


仕方がないので車に戻り、
再び9時半に行くと、やはり誰もいません。
会場のセッティングらしきものはしてあるので、
忘れられているわけではないんでしょうが、
開始30分前になっても誰もいないわけです。


9時35分になって主催者の方がみえて安心したのですが、
さらなる不安は、どう見ても着替えの場所が存在しない事です。


狭~い集会所で一間のみですので、着替えのスペースは皆無です。
仕方ないので、客席の後ろ・・といっても、すぐ隣にお客さんが座っているレベルですが、
そこで公開着替えという事になりました。


お客さんは15名ほどでしたが、
楽しんでいただけたのではないかと思います。
地名は【あくみ】ですが【あくび】はされなかったようです。


昨日はかけもちでして、
豊橋の高座を終えた後、半田へ移動して
酒蔵寄席に出演してきました。


これは半田の国盛酒の文化館で行われている定期公演で
年に3回ほど開催されています。
美味しいお酒とお食事が付く事もあって、チケット売り出しすると
数日で完売するという人気の寄席です。


『天ぷら蕎麦』(さん太作)微笑亭さん太

『しじみ売り』川の家河太朗

『芝浜』槍田家志ょ朝


チケットがあまりにも早く完売してしまうため
わざと売り出しの時期を遅らせてるという
何とも贅沢な話の寄席ですが、今回も当然完売、満員御礼でした。


クリスマス直前の
さん太の【笑いのプレゼント】になってるといいのですが。


微笑亭さん太

論破ルーム

人と人が議論しているのを見ていると、
どちらの言い分が正しいかという事より、
最終的に声が大きい方が勝ち、
気が弱い方が負けるみたいなところがありますよね。


でもそれは【論破】しているのではなくて、
力でねじ伏せて黙らせている印象が強いです。
松岡修造さんとMr.オクレさんが議論したら、
どう考えても結果は見えてるでしょうからね。


議論して相手の説を破る事や
言い負かす事を【論破】と言いますが、
長々と喋らなくても、たった一言で
相手を黙らせるなんて事があるようですね。


よく【天然系の女の子】というのがいますよね。
男子ウケを狙った計算ずくの子もいますが、
マジで天然の子もいますよね。
そういう子が無邪気な笑顔で、
「私って、天然なのかな~?」って言ったら
「いや、単にものを知らないだけだよ」
一瞬で笑顔が消え去ったなんていうのも論破になるんでしょうね。


【プリキュア】や【セーラームーン】といった
アニメが好きな女の子は多いですが、
中には男の子が好むようなものが好きな子もいます。


【ウルトラマン】が大好きな女の子がいましてね。
周りの男の子たちに、
「女の子のくせに【ウルトラマン】が好きなんて、おかしくない?」
なんて言われて困ってたんですが、それを聞いてたおじさんが、
「女の子が強い男に惚れるのは当然なんだよ」
ニッコリ笑って男の子たちを沈黙させたらしいですけど、
なかなかシャレた論破の仕方ですよね。


日本人は、この論破というのが好きなようでして、
議論させると相手を論破しようとする人が多いようですね。
議論というのは本来、
違う意見を出し合って摺り寄せていく作業であって、
相手を論破するものではないんですけど、
負けず嫌いが多いという事なんでしょうかね?


「俺は議論で負けた事ないからね。
必ず相手を論破しちゃうから」
「俺だって議論で負けた事ないよ」
「よし、どちらが相手を論破できるか勝負しようじゃないか」
「いいとも。
明日のこの時間に、ここへ来て勝負だ!」
翌日、二人とも対決の場に来ませんでね・・・後で理由を聞いたら二人とも
「逃げるが勝ちだから。はい、論破」
と言ってたそうですが・・・もう意味が判りませんよね。


どんな女の子でも、
スネたり不機嫌だったりする時というものはあります。
付き合っている彼女だったとしても、
そんな時の扱い方で事態をこじらせたりケンカになってしまう事がありますよね。
そういう時には彼女に、
「・・・ホントに、君は可愛いね」
この一言の破壊力は想像以上だそうですね。


というのも、女の子というのは男性が想像する以上に
【可愛いって思われたい】と思っていて、
その一言で不機嫌の理由となっている苦労や悩みが紛れるし、
とても幸せな気分になれるものなんですね。


言う場合には【ホントに】がポイントですから、
このキーワードを抜かないように言ってあげてほしいですね。
こういう平和的な論破は、どんどん使っていただきたいものですね。


微笑亭さん太

回顧の夏

今年一年を振り返る季節になりましたが、
今年の夏は本当に暑かったな~という印象を
持たれてる方も多いんじゃないかと思いますね。


夏は暑いものと相場が決まってますが、
今年の夏の暑さは尋常ではなかったですよね。
毎日毎日、各地で四十度前後の気温を記録していたわけですが、
【気温のアラフォー】なんてのは勘弁してほしいですよね。


岐阜県多治見市で三十七度を記録した日がありましたが、
その日はエジプトのカイロの気温も同じく三十七度だったんですね。
湿度を考えると日本の方が暑く感じるわけでして、
【日本はアフリカよりも暑い】という事になるわけですね。
しかもカイロより暑いという事は、
【湯たんぽ】くらいの暑さはあるという事になるわけですね。


その数日後、やはり多治見で
四〇・七度という気温を記録した日がありましたが、
その日、世界で一番暑かったのがカタールのドーハで四十二度、
二位がクェートのクェートシティの四十一度、
そして次が多治見市の四〇・七度だったんですね。
つまり日本が世界第三位の暑さだったわけでして、こんな温帯にある島国が【暑さの銅メダル】というのは、
誰が考えても異常事態と言わざるを得ないですよね。


これで驚いていたら、
今度は埼玉県熊谷市で四十一・一度という、
観測史上最高気温が出てしまいましてね。
熊谷市民全員が、マラリアにでもかかっているかの如くの
温度になっちゃったるわけです。
「こう暑くちゃ汗が出て止まんないから、
ちょっと風呂にでも入ってさっぱりするか」
なんてんでお風呂に入ったら、
外気温よりお風呂の温度の方が低かったなんて事になったりするわけですね。


「最近の夏って、私に気を遣ってくれてるみたいなの」
「夏があんたに気を遣ってくれてる?どういう事?」
「私さ、恋人がいなくて人肌が恋しいなんて言ってたけど、
最近の夏は、人肌を感じられるような温度になってるから」
確かに、毎日三十六度とかありましたからね。


今年の暑さで、熱中症で担ぎ込まれる人や
亡くなる人が後を絶たなかったわけでして、
一週間で六十五人の方々が熱中症でお亡くなりになってしまったそうですね。
交通事故の一日平均の死者数は十一・三人だそうですから、
交通事故の死者に迫る勢いで、暑さによる死者が出ていた事になりますよね。


ただ、熱中症というのはいきなり即死するわけじゃありませんから、
なぜ気づかない間に熱中症になってしまって、
取り返しのつかない事になるのかという疑問がわきますよね。


カエルという生き物を沸騰したお湯の中に放り込んだら、
熱さにビックリして、すぐに飛び出して逃げますよね。
ところがカエルを水の中に入れて、ガスコンロにかけてトロ火で熱すると、
徐々に温度が上がっていく事に気づかずに、
カエルが茹でられて死んでしまうという事があるそうですね。
熱中症というのは、つまりそういう事なんですね。


冬の寒い時に、いきなり四十度の部屋に入れられたら
『何、この暑さは!』とビックリしますよね。


ところが夏の午前中、
まだ気温が低い状態から徐々に徐々に高くなっていくと、
その温度変化に気づかずに、手遅れになってしまうそうなんですね。
来年の夏も暑くなりそうですから、
皆さんも茹でられたカエルにならないように、
気をつけていただきたいものですね。


微笑亭さん太

人間は考える腸である

人間には五感の他に
【第六感】と呼ばれるものが存在すると言われますよね。
これといった明確な理由があるわけではないけれども、
何となくこうした方がいいような気がするというような勘ですよね。
特に【嫌な予感】というのは当たるなんて事を言いますよね。


大きな事故が起こる前などには、
人間に備わっている野性的な本能から、
機械の部品の変形による微かな摩擦音を感じたり、
コンロのガスの臭いが若干違うなど、
いつもと違うという事を無意識のうちに感じ取っているのが
【嫌な予感】となって感じられるわけですね。


実際、チェルノブイリ原発の爆発事故の時には
二日前から、一部の作業員で
『何か落ち着かない』と自覚していたそうですね。
「台所からカレーのにおいがしてくるな・・・
これは今日から三日間ほど、
ず~っとカレーが続くんじゃないかな・・・」
こういう奥さんの手抜きを思わせる嫌な予感も、ほぼほぼ当たりますよね。


こういった【第六感】というのは、
実は人の【腸】から来ているのではないかという研究があるそうですね。
摂食障害から糖尿病、関節炎、うつ病に至るまで、
あらゆる病気が腸から始まるかもしれないという事は、
今や多くの科学者が知るところなんだそうでして、
腸は【第二の脳】と呼ばれているようですね。


「今日のプレゼンには、ウチの会社の運命が
かかってると言っても過言じゃないから、しっかりやらないとな・・・
あ、何だか気持ち悪くなってきた・・・」
こんな風に、大事なプレゼンの前に吐き気がしたり、
体調が悪くなってきたなんて経験のある方は、
腸と脳の深い繋がりを実感してるんじゃないですかね。


人間の体というのは、
進化の歴史を考えてみると最初に腸ができて、
後から脳ができたそうですね。
そうやって考えてみると人間は腸が本体で、
脳やその他のパーツは後付けの派生品と言えなくもないですよね。


「生き物ってのは腸が本体なんだってね」
「なるほど、だからホルモンはうまいんだね」
そういう事ではないと思いますが、
我々の持っている第六感というのは、
腸からの命令が出ているのかもしれませんよね・・・
まさに【腸能力】と呼んでもいいんじゃないですかね。


考えてみると人間の体に関する言葉は、
腸の関与を思わせる言葉が多いですよね。
激怒した時に使う【腸(はらわた)が煮えくり返る】なんて言葉は、
腸(ちょう)と書きますから、
怒っているのは脳じゃなくて腸なんでしょうね。


【へそ曲がり】なんてのも、
へそを曲げるように腸が命令してるのかもしれませんし、
【へそが茶を沸かす】なんてのは、
腸がティータイムを取りたいと思って命令してるかもしれませんね。


「お互い、腹を割って話そう」
なんてのは、【腸の中身を見せ合おう】と言ってるのかもしれませんね。


微笑亭さん太

芝浜?

昨日は豊川市にある
ふれあいセンターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


ふれあいセンターには初めて伺いますが、
平尾町という、豊川市の中でも、かなり山の中の方にある施設でした。
お風呂などもある、高齢者専用施設です。


お客さんは60名ほどでしたが、
よく笑っていただけたと思います。
外は寒かったんですが、客席はとても暖かかったです。


朝イチ高座でしたので、
朝の渋滞を見越して早く出たんですが、
思ったより現場に早く着きました。
する事もないので、建物の周りを少し散歩してました。


前日、前々日と『芝浜』の名演を聞いたせいで、
ひょっとしたら大金の入った財布でも落ちてるんじゃないかと期待して
ずっと下を見て歩いてましたが、
残念ながら50両入った革財布は落ちてませんでした。


一度でいいから
大金の入った財布を拾ってみたいと思ってるんですが・・

よそう、また夢を見るといけねえ・・


微笑亭さん太

月例納会

昨日は豊橋のハナコヤにて
天狗連の月例寄席に行ってきました。
出演ではありませんが、お手伝いで行ってきました。


いつも演者は4人なんですが、
昨日は大御所ばかり3人の出演となりました。


『お血脈』髪家三代

『豊橋首都物語』成田家虚生

ー仲入りー

『芝浜』成田家紫蝶


この日のトリは、紫蝶さんによる『芝浜』でして、
私は前日にも『芝浜』を聞いてますので、連日『芝浜』の聞き比べとなりました。


前日の夢輔さんの高座も素晴らしかったんですが、
昨日の紫蝶さんも、さすがの貫禄で、
風邪を引かれた体調の悪さを感じさせない
素晴らしい出来となりました。


今年の月例寄席は、どの月も大入りで、
この盛況状態が、来年も続いてくれるといいですね。


微笑亭さん太

大府納め

昨日は大府にて
大府駅前寄席に出演してきました。


偶数月の第3日曜日に行われている定期公演ですので
年に6回ある事になりますが、
ありがたい事に今年は、6回全て出させていただきました。


『かぼちゃ屋』ももやま亭はろう

『元犬』お好味家喜楽

『茗荷宿』槍田家志ょ朝

『採算妻子』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『動物園』古都家雄助

『芝浜』若鯱亭夢輔


いつも出演者は5人なんですが、
この日は、ひとり多い6人の出演となりました。


お客さんは、ほぼ満席くらい入ってくれました。
最後は久々に登場の夢輔さん、渾身の『芝浜』で締めていただきました。
大府のお客様方、今年も本当にありがとうございました。


微笑亭さん太

犬山納会


昨日は犬山の余遊亭にて
犬山城下町寄席に出演してきました。


偶数月の第3土曜日に行われている定期公演で、
私もよく出させていただいてます。
今年は6回中、4回出させていただいた事になります。


『漫才』シンポジウムR

『除夜の雪』川の家河太朗

ー仲入りー

『聖夜の奇跡』(さん太作)微笑亭さん太

『不動坊』古都家雄助


最近、余遊亭には吉本のお笑い芸人の方が必ず出られます。
前回は3組も出られて、だんだん余遊亭が、若手のお笑いライブ化してますが、
今回は1組のみの出演となりました。


お客さんは30名ほどと、
最近にしてはちょっと少なめでしたが、
皆さん、楽しんでらっしゃったと思います。


クリスマスや大晦日を扱った噺が並び、
納会に相応しいネタのラインナップになったのではないかと思います。


微笑亭さん太

思い出話

昨日は名古屋市にある東区役所に行ってきました。
介護予防に関するイベントにて一席やってきました。


自分で作ったテーマ落語というのをやらせていただいてる私ですが、
認知症や悪質商法、子育て、交通安全、防犯など
様々なジャンルでのテーマ落語を依頼されます。


先月やはり、東区役所から
『男女共同参画に関する落語をやってほしい』という事で声をかけていただき
落語をやらせていただきましたが、
それに続いて2ヶ月連続で区役所に伺う事となりました。


介護予防という事で、認知症に関するネタをやりました。
100名ほどのお客さんでしたが、とても良いお客さんで、
客席までが遠い講堂なんですが、
よく笑っていただけたのではないかと思います。


落研時代の後輩の女の子たちが来てくれていて、
終演後は、控え室で1時間くらい、思い出話をしてしまいました。


まだキャピキャピ(死語?)の十代だった彼女たちも
孫ができる年になったのかと思うと、とても感慨深いものがありますね。
・・まず自分の独身を何とかせねば(笑)


微笑亭さん太

五年目

昨日は豊川市の国府上町集会所に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


この集会所には、5年前と一昨年に伺っていて、
これで3回目という事になりました。
ありがたい事です。


いつも一緒に回っている市役所スタッフの方の家がある町内という事で
35名くらい来られたお客さんのほとんどと、
コアなお知り合いという事だったと思います。
よく笑っていただけました。


昨日はかけもちでして、国府上町集会所での出前講座を終えた後、
同じく豊川市にある、豊川小学校に行ってきました。
落語もやったんですが、
一応生徒たちに落語を教える講師として行ってきました。


この小学校では数年前から、3年生の児童を対象として
【語りの授業】なるものが行われていて
子供たちに、地元に伝わる豊川の民話を
落語のスタイルで語らせるという
なかなかユニークな授業なんですね。
私はその落語口調を教えるという講師なんですが、
ちょっとした、先生気分ですよね。


4年前に初めてお話をいただいて、
これで5年連続で講師をやらせてもらう事になりましたが、
毎回月イチくらいのペースで計3回ほど、
豊川小学校にお邪魔するというのがいつものパターンです。
今年、またお話をいただけてのは嬉しい事です。


肝心の【授業】の方ですが、
落語の感覚を知ってもらうために
『転失気』と『元犬』を聞いてもらいました。


創作落語のイメージが強い微笑亭さん太が、
教科書通りに本寸法でやった古典2席を聞けるなんて
かなりレアな事なのかもしれません(笑)
物凄く笑ってくれたので、『あ、ひょっとして自分、古典落語でもイケるのかな?』と
勘違いさせてもらいました(笑)


その後、子供たちが実際に取り組む民話の中から
【馬方弁天】という、
豊川の山明寺に伝わる民話をチョイスして
落語化したものをやりました。
噺は5分程度ですが、興味津々で聞いてくれて
笑うべきところで笑ってくれたので
私としては非常にホッとしました。


次回は年明けに、
今度は子供たちの高座を見て、
具体的に指導するという事になりますので
生徒さんたちが、どう仕上げてくるのか
とても楽しみですね。


微笑亭さん太

太陽の対応

昨日は浜松市天竜区にある
光明ふれあいセンターに行ってきました。


数年前から天竜区の方々には大変お世話になっていて、
様々な地域で何回か呼んでいただいてるんですが、
この日も、往復220キロを運転して、お邪魔しました。


そちら方面に伺うたびに、浜松市というのは広いな~と実感させられます。
大体、本州の三分の一くらいが浜松市ですかね・・?


ご近所の高齢者の方々対象の落語会で、
仲入りを挟んで1時間半ほどの独演会となりました。


お客さんは70名余りでしたが、
本当によく笑ってくださいました。
芸人をダメにするレベルのお客さんでしたね(笑)


午後からの会でしたので、
帰りは西日の差す中、帰ってきました。
ちょうどお日様が真っ正面から照らしていて、
しかもずっと直線なので、お日様の位置もズレません。


信号が何色なのか、かなり判りにくくて苦労しました。
こういう事は当然、ちょくちょくあるわけですが、
その場合の対処方法は、どうしたらいいんでしょうかね?


微笑亭さん太

1381

自分にとっては、かなり衝撃的な事なんですが、
その場にいない人が後から話を聞いても、
『ふ~ん』みたいな事は、あるんじゃないかと思います。


昨日、近くのスーパーに
ちょっとした買い物に行ったんですが、
お会計の時、レジが二つあって、私は左側の列に並んでました。
右側の列には主婦らしき女性が
カゴを持って普通に並んでらっしゃいました。


私の番が来て、レジ打ちのおば様が順に品物を打っていきました。
そして全部打ち終えて、
「ありがとうございました、1381円になります」


その時、私の右側からも、
「ありがとうございました、1381円になります」という声が。


・・えっ、何で1381円がユニゾンで聞こえてくるの?


ふと右を見ると、
先ほどの主婦らしき女性のお会計が済んだところのようで、
レジの表示には【1381円】の表示が!


つまり、全く面識のない二人の客の買い物が、
全く同じタイミングで会計が終わり、
全く同じ金額になり、
全く同じタイミングでレジのおば様が金額を読み上げたという事です。
これって、凄くないですか!?


・・やっぱり『ふ~ん』ってなりますよね(笑)


読んでる方には全く伝わらないと思いますが、
私にとっては物凄く衝撃的な偶然で、ちょっと鳥肌が立ちました(大袈裟)


こんな偶然は多分、最初で最後かと思いますので、
私はその足ですぐに、
【子の1381番】の富くじを買いに行きました(古典落語『宿屋の富』参照)


こんな偶然、
経験された方って、結構いるんでしょうかね?


微笑亭さん太

柿食えば

昨日は新城市にある塩沢構造改善センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


このところ、やっと冬らしくなってきた感じですが、
朝イチの高座という事もあって、とても寒かったです。
途中、奥三河の山道を通りますが、道路脇に立っていた温度計は
-2℃を表示してました。


塩沢構造改善センターには
一昨年に二度、やはり出前講座でお邪魔しています。
何度お邪魔しても、何の構造を改善するセンターなのか
その名前の由来が疑問です。


お客さんは50名ほどでしたが、
笑いで暖を取れるほど、本当によく笑っていただけました。


帰りには老人会の会長さんから
美味しそうな柿をたくさんいただきました。
『柿の如く熟せるように、落語も精進しなさい』という
会長さんからのメッセージなんでしょうかね?


※プチ告知です!

●12/15(土) 午後6時~
『犬山城下町寄席』
余遊亭(愛知県犬山市犬山東古券363−3) 木戸銭¥500
出演 シンポジウムR 微笑亭さん太 古都家雄助 川の家河太朗

年に数回行われている定例公演です。
会場も、とても素敵なスペースですし
お客さんも激増しておりますので
是非ともお越しください。


●12/16(日) 午後6時半~
『大府駅前寄席』愛恵不動産2階事務所(大府市中央町4丁目77)
木戸銭¥500
出演 古都家雄助 若鯱亭夢輔 微笑亭さん太 お好味家喜楽 槍田家志ょ朝 他

お馴染みの大府での定例公演ですが、
私も大好きな寄席の一つです。
今回は納会となりますので、
皆さん、お誘い合わせの上、お越しくださいませ。


微笑亭さん太

相続落語

昨日は岐阜県各務原市にある
各務原市那加南福祉センターに行ってきました。


夏くらいに依頼があり
「相続に関する落語はできますか?」
「いえ、現時点では相続に関するネタはありませんが、
少しお時間をいただけるようなら相続落語を作りますが」
「では、12月に会がありますので、お願いできますか?」
そんな経緯でまとまったお話です。


お客さんは、ご近所にお住まいの高齢者の方ばかりで
60名くらいはみえていたのではないかと思います。


来年1月から40年ぶりに民法が改定され
配偶者居住権や特別寄与料などの、
相続に関する新しい権利やルールができる事などをからめマクラをふり、
この日のために作ったネタ、『採算妻子』をやりました。


1時間の通し高座でしたが、
終始よく笑っていただき、本当にやりやすかったです。
テーマ落語をやる時というのは、お客さんのウケもさることながら
依頼主の方の意図やイメージを汲み取り、
どのくらい具現化できてるかという事が最も気になりますが、
喜んでくださっていたようなので、肩の荷がおりました。


各務原というところは、
かつて無眠さんが住んでいた町ですので、
落語を聞く土壌が備わっている・・のかな?


微笑亭さん太

冬のマラソン

昨日は江南市にある永正寺というお寺に行ってきました。
『永正寺大落語会』に出演するためです。
20181208205850769.jpg


このお話は、
いつも永正寺で落語会をやられている古都家雄助さんからいただいたお話で
演者は10人、6時間以上に及ぶ、マラソン落語会です。


『ふぐ鍋』古都家雄助

『片棒』黄昏亭駄らく

『川柳は心の憂さの吹きだまり』槍田家志ょ朝

『紙入れ』ほっとい亭とり我楽

『ツッコミ老人』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『茗荷宿』槍田家志ょ朝

『鹿政談』お好味家喜楽

『大喜利』

『幽霊蕎麦』鳩吹亭小寿慶

『土橋萬歳』川の家河太朗

ー仲入りー

『はんどたおる』お好味家喜楽

『はてなの茶碗』古都家研多

『大喜利』

『漫談』経大亭勝笑

『七段目』古都家雄助


長丁場ですが、
お客さんは結構入ってくださって、前売りチケットだけで
100枚以上、売れていたようです。


出入り自由の会ですので、
一旦出られて、また戻ってみえる方も、かなりいらっしゃいました。
20181208230609bc9.jpeg


そもそもこの寄席は
『大喜利をやってほしい』という、ご住職のリクエストで開催されましたので、
落語の途中に、大喜利を2回挟む事になりました。

20181208230611407.jpeg

私は落語1回と、大喜利2回(うち1回は司会者)出させていただきましたが、
とても良いお客さんに助けられ、楽しい会になったと思います。
また来年もあったら嬉しいですね。


微笑亭さん太

一面トップ

昨日は大府市にある
大府公民館に行ってきました。
寿大学という高齢者セミナーでの高座です。


大府公民館は、いつも出演させていただいている
大府駅前寄席の会場のすぐ隣にある公民館で、
過去に2回、落語をさせていただいています。


その2回を含めて今回も、
経大亭勝笑さんからいただいたお話で、
今回は光家鶴太さんという、初めてご一緒する方との三人会でした。


『漫談』経大亭勝笑

『犬の目』光家鶴太

『ツッコミ老人』(さん太作)微笑亭さん太


お客さんは50名ほどでしたが、
勝笑さんと鶴太さんは、次の予定があるという事で
出番が終わると帰っていかれましたので、
終わった時には私ひとりで、お客さんのお見送りをしてました。


前日、東日新聞の取材を受けましたが、
早速記事にしてくださいました。
201812072212110e6.jpeg


何と一面トップで、
結構大きく扱ってくれていて驚きました。
豊橋方面にお住まいの方々、ご覧いただけたら嬉しく思います。


微笑亭さん太

載るか、そるか

昨日は豊橋にある長楽公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


長楽公民館は石巻山の近くにあり
豊橋でも結構外れの方に位置する公民館です。
朝から雨の予報でしたが、少しパラつく程度で、
現場に着くまでは、何とかもってくれた感じでした。


出前講座はいつも1時間の通し高座なんですが、
この日は40分という事で、短縮バージョンという事になりました。
お客さんは40名ほどでしたが、楽しんでいただけたと思います。


その後は、東海日日新聞社へ行き、取材を受けてきました。
先日、落語協会の台本コンクールで4年連続入賞させていただいたという事で、
昨年に引き続き、記事にしていただけるという事でした。


数日中には新聞沙汰(笑)になると思いますので、
豊橋方面の方々しか見られませんが、
もしも載りましたら、よろしくお願い致します。
・・今日、載るかも?


微笑亭さん太

立ってのお願い

ビジネスマンや一人旅の人がよく利用する
ビジネスホテル的な宿というのは昔からあったようですが、
日本のビジネスホテルに比べたら雲泥の差だったようですね。


中世イギリスのスラム街の最も安い宿なんというのは、
寝床など無くて、お客は上からぶら下げられた
紐につかまって寝ていたそうですね。
全くお金のない物乞いや逃亡犯などが
主に利用していたようですが、
さすがにその状態で寝るのは辛いですよね。


「・・・おや、久しぶりだな。俺の事、覚えてるか?」
「ああ、覚えてるよ。
以前、スラム街の安宿で一緒になった事があるだろ?」
「そうそう。
お前、あの時とは打って変わって、随分と上等な身なりしてるじゃねえか」
「うん、あれから金持ちの女と知り合って、いい仲になって、
今はその女に世話になってるんだよ」
「なるほど。
紐につかまって寝ていたのが、ヒモになって寝るようになったんだな」


旅行や出張で遠出をする場合、
飛行機を利用される方も多いと思いますが、
先日、ドイツのハンブルグで開催された【飛行機インテリアエキスポ】にて、
【アヴィオインテリアズ】というイタリアの航空会社の座席メーカーが、
新たな飛行機の座席を展示しましてね。


新しい座席の名前は【スカイライダー2・0】といって、
立って乗るタイプの座席なんですね。
この座席の最大のメリットは、飛行機に
より多くのお客を乗せることができる事ですね。


ただお客は、常に両足を床に支えてなくてはならず、
また座席の間の距離は五十八センチと非常に狭いんですね。
長距離飛行には不向きですが、数時間程度なら
我慢できるだろうという事ですが、
どこかスラム街の安宿を彷彿とさせる感じがしますよね。


このメーカーは、立って乗るタイプの椅子の設計図を
二〇一〇年に公開したんですが、
アメリカ連邦航空局の承認を得られなかったんですね。
それ以降音沙汰が無かったんですが、
ようやく実物が現れたんですね。


近い将来これを採用する航空メーカーも
現れそうだという事ですが、日本の会社の出張は、
この席がスタンダードになりそうですね。
「会社からの指示で、立ち乗りの席に乗らなきゃいけないんだよな・・・」
なんてんで渋々乗ってみたら、
立ち乗り席にいるのが自分だけだったら、
これはかなり恥ずかしい感じがするでしょうね。


この座席メーカーの会社、
さらなる新しい座席の形を模索して、会議をしてるんじゃないですかね。
「立ち乗りで乗る人数を増やせるんだったら、
横に寝かせてみたらどうだろう?」
「なるほど、上の空間も利用できますから、
積み上げれば四段くらいはいけそうですね」
「飛行機の中がカプセルホテル状態だよ。
あと立ち乗りの座席も、そのまま座席がせり上がって
機体上部から顔が出て、眺めを楽しめるようにしてもいいんじゃないか?」
「サンルーフみたいでいいですね」
「それから、女性の座席は無料にしてみたらどうかね?」
「えっ、無料にしちゃうんですか?
それでは損になってしまうのでは?」
「その代わり、【女性の膝の上に座る男性席】を三倍の値段で売るんだよ」
アイデアは、ドンドン出てきそうですね。


微笑亭さん太

暖かすぎる客席

昨日は豊川にある桜木地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


このところ、
妙に暖かい日が続いていて、例年この時期は
朝イチの高座に行く時は、かなり寒いんですが、
昨日はそんな事も全くなく、12月とは思えない陽気でした。


現場に着くと主催者の方が
「楽屋として和室が確保してありますので」
と言われたので入ってみると
暖房が入っていて『暑っ!』って感じでした。
即行で暖房を切りました。


会場を見させてもらうと、
そこにも暖房が入っていて、まだ誰も来ていないのに、
かなり暑い状態になっていました。
「・・これ、暖房は切った方がいいんじゃないですか?」
「そうですかね。皆さん、寒いかと思いまして」
そういう主催者の方が、若干汗ばんでる感じでした。


そのまま暖房を入れ続けていたら
恐らくお年寄りの方々が、暑さでバタバタ倒れる事態もありえました。
この12月に熱中症を出したら、笑うに笑えませんね。


この陽気、
数日後にはかなり寒くなるみたいですので、
皆さんも寒暖差で風邪を引かないように、お気をつけくださいませ。


微笑亭さん太

洗濯肢はたくさん

広い庭付きの一軒家に住んでいる方でしたら、
洗濯物を干すスペースにも困らないわけですが、
狭いアパート暮らしの方は洗濯物を干すのに
苦労されているんじゃないかと思いますね。
そもそも洗濯機が無いという方もいるでしょう。


そういう方々にとって、
洗濯から乾燥までできる【コインランドリー】というのは、
とても便利なお店ですよね。
赤やオレンジ、青といった外装で、ひときわ目を引く看板。
照明も明るくて清潔そうな店舗のコインランドリーは最近、
街のいたるところでやけに見かける印象があります。


実際、かなり増えているようでして、
この二十年で倍増していて、今現在、
国内に約二万店あるそうですね。


コインランドリーが増えている理由としては、
共働き家庭が増え、家事時間を短縮したいという
ニーズが高まったという事が挙げられます。
またアレルギー対策などから、布団や毛布を
丸洗いしたいという需要が高まってるんですね。


そして、洗濯中の待ち時間に、
自社のサービスや商品を消費してもらえる点に
企業が着目し始めているといった事が理由のようですね。
今、伸び盛りの業界という事になるんでしょうね。


そのうちに色々な特徴を持った
ユニークなコインランドリーが登場してくるんじゃないですかね。
「今、警察署御用達のコインランドリーがあるらしいね」
「警察署御用達?独り者の警察官とかが使うの?」
「いや、取り調べ中の容疑者の服を入れると、身元が洗えるらしいんだよ」
「それは便利だね~」
「人を脅していた事が判って【漂白剤】で逮捕されたらしいよ」
「なるほど。その犯人、反省して足を洗ってほしいものだね」
「あと、マラソンランナー御用達のコインランドリーもあってね。
大会で途中リタイアの多いランナーは、そこでユニフォームを洗うと、
完走(乾燥)できるらしいよ」
「でも、脱水症状にならないように気をつけないとね」
「噺家御用達のコインランドリーもあるんだけど、
そこで洗うと、どんな汚れも必ず落ちるらしいね」
「あ~でも中には、何度やっても落ちない噺家さんもいそうだね」
「女性に大好評のコインランドリーがあるんだけど、
そこは女性だったら無料で洗濯できるらしいんだよ」
「えっ、無料なの?それは太っ腹な店だね」
「ただ、洗濯し終わると、なぜか下着が少し減ってるらしいんだけどね」
知らないうちに利用代金を取られているという事になるんでしょうかね。


微笑亭さん太

余興マシマシ

昨日は天狗連の忘年会でした。
場所は、富久有寄席や小市民の稽古場としてお世話になっている富久有さんです。


お仕事などで来られなかった数名を除いて
天狗連メンバーが全員参加するという貴重な場ではありますが、
いつもはお店でやっているのが、今回は富久有さんという事で
アットホームな雰囲気になった気がします。


そのせいもあるのか、
いつもより余興の数が多くて、ちょっとした『寄席状態』になってしまいました。
20181203015749e5d.jpg

20181203015751472.jpg


『モン太君の腹話術』髪家三代

『コント』虚生&郵便箱&喜苦

『漫才』紫蝶&初音

『コント』和音&呈茶&初音&半玉&ふりかけ

『一人コント』駒久家南朝

『一人コント』微笑亭さん太


皆さん、宴会芸とは思えないほどの気合いの入れ方で、内容も盛り沢山、
特に虚生さんたちは30分以上やっていたと思います。


いつも以上に楽しい忘年会となったと思いますので、
また来年と、皆さんのネタを見たいものです。


微笑亭さん太

・・暇か?

自分が関わり合う全ての人とうまくやっていくというのが理想ではありますが、
なかなかそうはうまくいかないですよね。
どうしても【好きな人】、【嫌いな人】というのが存在します。


好きな人から遊びや食事に誘われたら、
予定を変更してでも行きたいと思うでしょうが、
逆に嫌いな人から誘われたら、無理矢理予定を入れてでも
行きたくないと思うのが人情ですよね。


「・・・お前さ、明日、暇?」
こういう聞き方をしてくる人がいますよね。
要件は言わずに、自分の予定だけを尋ねられるという質問ですが、
経験のある方ならお判りでしょうが、
この質問、悪い予感しかしないですよね。
何か面倒な事を頼まれたり、
押し付けられるんじゃないかというオーラが半端ないです。


こういう質問をしてくる人というのは、
部下や後輩には、あまりいません。
仮に部下や後輩に『先輩、明日、暇ですか?』と聞かれても、
『あ、悪い、明日は予定が入ってるんだ』とあっさり断っても、
さほど罪悪感はありませんよね。


この手の質問をしてくる人というのは、
上司や先輩、同輩の友達といったところが
主なユーザーですから始末に悪いです。
ですから、無下に断れないという雰囲気があるので、
ワンクッションおく質問をしてみるわけですね。


『う~ん、時間にもよるな』これはいいですよね。
仮に相手が『午後』とでも言ってきたら
『あ、ごめん。午前中だったら空いてたんだけど、午後は予定が入ってるんだ』
あまり角が立たずに断る事ができますからね。


「・・・お前さ、明日、暇?」
「う~ん、時間にもよるな」
「何時だったら暇?」
さらに追い打ちをかけるような質問をされちゃったりしましてね。


そもそもこの手の質問をしてくる人というのは、
あまり評判の良くない人が多かったりします。
普通の人だったら、
「明日の夜、飲み会があるんだけど、暇かな?」
ちゃんと要件と時間を言いいますからね。
「明日の夜、飲み会があるんだけど、暇かな?」
「おっ、いいね。どこで?」
「えっ、お前、来るの?」
「来るのって・・・誘ってるんじゃないの?」
「まあ、お前がどうしても来たいというのなら来てもいいけど」
何だかこちらが無理矢理
割り込んできているような設定を作ろうとしている友達とも、
あまり付き合いたくないですよね。


かといって、
「・・・お前さ、明日、暇?」
「うん、暇だけど」
「そうなんだ・・・俺も暇なんだけどね・・・」
・・・えっ、それだけ?みたいなのも寂しいですけどね。


「お前さ、明日、暇?」
「予定は入ってるけど、どうしたの?」
これが一番無難な返し方のような気がしますね。
要件を聞いた上で、行きたくなったら、
入っている予定をキャンセルした事にすればいいですからね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード