FC2ブログ

議員さん繋がり

昨日は豊橋にある市民文化会館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


いつもは朝イチとか、昼間にやる事がほとんどなんですが、
昨日は珍しく、夜7時半からの出前講座となりました。


以前、某政党の女性市会議員の方から呼んでいただいたんですが、
その噂を聞きつけてなのかどうか判りませんが、
昨日も同じ政党の男性市会議員の方から呼んでいただきました。
支援者の方々を前にしての高座です。


40名くらいの方々がおみえになりましたが、
大変よく笑って下さいましたので、
女性議員さんに呼んでいただいた時と同様、
とてもやりやすかったです。


他の政党の議員の方々も
是非呼んでいただきたいと思います。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



宴会高座

昨日は豊橋にある【富士屋グリル&バー】というお店に行ってきました。
会社を経営されている方々の集まりにて喋ってきました。


富士屋グリル&バーというのは、
豊橋の繁華街にある、とてもお洒落なお店で、入るのは初めてです。


呼んで下さったのは会社の経営者の方々の集まりで、
かなりお若い経営者の方が多いのが印象的でした。
30名弱の懇親会という場での高座です。


夜の7時からの会ですから、
当然飲食ありの会でして、皆さんお酒を飲まれるわけです。
その前で1時間、通し高座という事ですので、
かなり厳しい状況を覚悟して上がりました。


常に目の前を店員さんが飲食物を運んでますし、
雑談をされてる方もいましたので、
お世辞にも良い状況ではないですが、
興味を持って聞いて笑って下さる方々もいましたので、
何とか無事にやりきる事ができました。


終演後は懇親会にも少しお付き合いさせていただき
美味しいお料理もいただく事ができましたので、
とりあえず良しと致しましょう。


お声がけいただきましたIさん、ありがとうございました。
また、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

君の瞳に完売

買った商品にオマケが付いていたら嬉しいものですが、
【ダイドー】が発売している【大人のカロリミット・はとむぎブレンド茶】
という商品がありましてね。


食事の糖や脂肪の吸収を抑える
【機能性表示食品】なんですが、先日行われたキャンペーンにおいて、
【エンゼルフレンチなどが必ずもらえる!】と書かれたシールが貼られ、
もれなくドーナツがもらえるというというオマケが付いていたんですね。


痩せたい人間が買う商品に、高カロリーのドーナツが付くという、
これはかなり矛盾したキャンペーンと言えますよね。
「これは、カロリー高めのドーナツを食べても大丈夫というアピールなのかな?」
「いやいや、これを飲んで痩せて、ドーナツを食べて太って、
そしてこれを飲んで痩せて、またドーナツを食べて太ってこれを買うという、
スパイラルに陥らせて永遠に買わせる作戦だよ」
様々な憶測が飛び交ってたようですけど、
こういう商売のやり方もあるんですね。


「この理屈でいったらさ、
【アイドルとの握手券】に【CD】をオマケに付けて売ったら、
売れるんじゃないかな?」
本末転倒とはこの事ですけどね。


テレビショッピングなどを見ていると、商品を紹介した後
『放送終了後三十分以内にお電話いただいた方のみ、五千円キャッシュバック!』とか
『大変お値打ちな商品ですので、おひとり様三箱までとさせていただきます』といった、
購買意欲を煽るような文句が、漏れなく付いてきますよね。


人間そう言われると『早く買わなきゃ!』と思って、
商品の良さをあまり吟味せずに買ってしまうわけですね。
『素早く買って、ゆっくり後悔』というのが
テレビショッピングの定番だったりしますが、
まんまと業者の術中にハマってるという事なんでしょうね。


お店に行って商品が置かれているスペースが空になっていて
【完売御礼!】などという札があったりすると
『この商品は、そんなに売れてるのか・・・
自分も欲しかったな』なんてな事を思ったりしますよね。


【完売御礼】、実に良い響きの言葉に聞こえますが、
セブンイレブン最年少取締役、ampmジャパン社長、ファミリーマート商品本部長を歴任し、
大ヒット商品を作り続けてきた本多利範氏という方は
『完売というのは成功ではなく、失敗だ』と仰ってるんですね。


例えばコンビニの弁当の発注数と販売数が、
ほぼ一致している店があるとすると、これは一見すると、
常に発注した分だけ販売しているため、
【売り切る力】を持った優秀な店のように思えますよね。


しかし真実は【売り切った店】ではなく、
【本当はもっと売れたのに、
発注が足りなかったために売り逃した店】だと言うんですね。
仮に『十個売れるだろう』と予測する弁当があるとしたら、
発注すべき個数は十個ではなく十二個なんだそうですね。
人の心理というものは不思議なもので、
一個だけぽつんと置かれている商品を見ても、
欲しいとは思わないんですね。


ある程度の量で陳列している商品を目にして初めて、
人は欲しいと感じるので、余分に頼む二個は
【必要な廃棄】という事になるんだそうですね。
「商品というのは、ある程度の数があった方が、お客さんが欲しがるんだってさ」
「という事は結婚したい独身女性は、
常に何人かで群れていた方が、もらい手が出やすいという事だよね」
・・・果たしてそういう事なんでしょうかね?


微笑亭さん太

お呼びでない?

昨日は豊川市伊奈町にある茶屋集会所に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


またまた暑さがぶり返してきた感じで
昨日も日差しが強く、大変に暑い一日となりました。


この出前講座は落語と漫談があり
落語の担当が私で、漫談の担当が経大亭勝笑さんです。


楽屋でスタンバっていると、
呼んで下さった老人会の女性の方が、
出前講座の役所スタッフの方に話しかけてました。


「今度こそ、漫談の方を是非呼びたいんですけどね」
「ああ、なるほど。
勝笑さんはお忙しいので、早めに予約を入れないと
都合がつかなかったりするんですよ」
「判りました。
じゃあ、早めに予約を入れますから」
・・要するに昨日は
勝笑さんの都合が悪かったので、仕方なく・・仕方なく・・仕方なく、私を呼んだと
そういう事なんでしょうね(笑)


お客さんは15名ほどでしたが、
代役の落語に沢山笑って下さったと思います。


微笑亭さん太

怪談噺の独演会

昨日は豊橋の東田にある
【ぬくもりカフェ】に行ってきました。


この【ぬくもりカフェ】というのは
整体師をやってらっしゃるご夫婦が
医院の横に離れとして建てられたお店で
その中での独演会でした。


一昨年4月に初めて呼んでいただいて以来、
何回も呼んでいただき、今回が7回目という事になります。
しかも今回は【怪談噺の会】です。


お店は20人入れるか入れないかくらいの広さですが、
二千円という木戸銭を考えると、毎回よく入ってくださっています。


『おすわどん』微笑亭さん太

『死神橋』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『お札はがし』微笑亭さん太


怪談噺の会とはいっても、
やはり皆さんには笑っていただきたいので、
沢山笑っていただいて、少しだけ怖がっていただければという感じで臨みました。


普段、あまりやってないネタばかり3本やりましたが、
自分の中で自信が持てず、とても不安でした。
初めて来た方、常連さん、入り混じっての会でしたが、
皆さん反応もよく、相変わらず『いい会だな~』と実感させてもらいました。


9/29(土)には、ぬくもりカフェ主催の
プラットでの独演会もございますので、
よろしければお越しいただきたいと思います。


●9/29(土) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会』
プラット(豊橋駅前)アートスペース
木戸銭¥3500(木戸銭+入会金)
出演 微笑亭さん太

豊橋駅前のプラットにて、昨年に続いて独演会をさせていただきます。
本来は会員制の会なのですが、席亭の方から特別に、単発入場もOKをいただきました。
木戸銭に入会金が加わるため、ちょっと高額になってしまいますが、
プラットでの独演会はなかなか無い機会ですので、
お財布が許せば、是非ともお越しいただきたいと思います。
お問い合わせは、サロンぬくもり(0532-52-7399)まで。


微笑亭さん太

豪華版

昨日は春日井にある喫茶ソフィアンにて、
ソフィアン寄席に出演してきました。


年に数回、土曜日の夜に行われている定期公演ですが、
いつもは演者は4人なんですが、この日は一人多い5人となりました。
しかも遠方からのゲストが3人という、豪華な会となりました。


『つる』若鯱亭笑天

『船徳』夢見家春木

『(ネタ非公開)』立の家猿之助

ー仲入りー

『居酒屋にアレが』(小遊作)参遊亭小遊

『受難刑事』(さん太作)微笑亭さん太


小遊さんが艶やかな着物で、
落語の後にかっぽれを踊られましたが、見に来られていたお客さんも
ボーナスステージみたいで、喜ばれた事と思います。


笑天さん、春木さんも、とても面白かったんですが、
特筆すべきは、猿之助さんの『(ネタ非公開)』ですね。
大変面白い『(ネタ非公開)』でした。
また是非『(ネタ非公開)』を聞かせていただきたいものです。


微笑亭さん太

窓を開ければ

今年の夏は災害レベルの猛暑ですから、
とてもエアコンなしでは寝られないという方も多いでしょうが、
冷房が苦手で、窓を開けて寝るなんて方もいらっしゃいます。
窓を開けると、どうしても騒音なんかが、気になったりしますよね。


騒音トラブルから事件に発展したりなんて事がありますが、
最近は保育園などの子供関連の施設を建設しようとすると
近所の住民から猛反対されるなんて事があるようですね。


昔は子供と言えば『子宝』と言って、
誰にとっても宝物だったわけですが、
最近は『子供の声がうるさい』という事で、
ご近所のトラブルになるという事が増えてきているそうですね。
保育園の建設に反対される方々も、要はそういう事です。


子供が減るという事は、
近隣関係も希薄化する要因にもなりますから悪循環ですよ。
学童保育所や児童館といった、子供が集まる施設では、
厳重な防音対策を講じるというのが、
最近の常識になりつつあるようですね。


壁の薄いアパートなんかで、
隣室に子供連れの家族がいたりなんかすると、
うるさいなんて事もありますよね。


ある男性の隣の部屋に、
小さな子供が3人もいる夫婦が越してきましてね。
『これはうるさくなるな~』と思ってたら、予想外に毎日静かなんですね。
不思議に思って、壁に耳をつけて
隣の音を聞いてみようとするんですが、物音ひとつしない。
これはひょっとして、何かあったんじゃないかと思って、
ベランダ越しに身を乗り出して隣の部屋を覗いてみたら、
家族5人が全員、こちら側の壁に耳をつけて
物音を聞こうとしてたって話がありましてね。


音というのは、
隣同士だけじゃなくて、上下にも響きますよね。
土曜日の夜になると、必ず上の部屋で麻雀が始まって、
そのジャラジャラという音が下の部屋に響いて
うるさくてかなわないなんて部屋がありましてね。


ですから、抗議の意味を込めて、
天井をほうきの柄でドンドンつっついたりするんですね。
「おい、麻雀牌の音が下に響いて迷惑かけてるんじゃないか?」
「大丈夫だよ。下の部屋の奴だって、何だかドンドンやってるから、お互い様だよ」
なんてんで、全く通じてなかったりしてね。


知らず知らずのうちに他人様に迷惑をかけないよう、
気をつけたいものですね~。


微笑亭さん太

動け、動け、動け・・暴走モード突入せず

昨日は江南市にある村久野会館に行ってきました。
老人会の集まりにて1時間ほど喋ってきました。


とにかく行きは道がダラダラと混んでいて、
村久野会館まで1時間50分ほどで着けるはずが、
3時間近くかかってしまいました。
江南に着いた時には、すでにグッタリしてました(笑)


落語会自体はとても良かったので、上機嫌で引き上げてきたんですが、
途中、名古屋市内で車が止まってしまいました。


バッテリーのランプが点いたかと思うと
信号待ちの状態でエンジンが止まってしまい、二度とかかりません。
ハッキリ言って、ド顰蹙の状態です。


後続車の親切な方々が押してくれて、
何とか近くの牛丼屋さんの駐車場まで移動させて停めました。
すぐにJAFを呼んで、車を豊田の修理工場まで運んでもらう事になりました。


もういつ壊れてもおかしくないボロ車なので、
ダイナモがイカれてしまったようですが、
名古屋市内の道路で一歩も動けずは、本当に焦りました。
営業に行く前じゃなかったのは、不幸中の幸いでしたが。
長年、JAFに入っていて良かったです(笑)


微笑亭さん太

再遊記

昨日は豊川市にある三蔵子公会堂に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


三蔵子公会堂というと、何だか猿、豚、河童を連れて、
天竺まで経文を取りに行きそうな名前の施設ですが、
これで伺うのは3回目です。


4年前に一度、そして昨年にも、やはり出前講座で伺いましたが、
同じところから何度もお呼びがかかるのは嬉しい事ですね。


一時よりは気温が下がってきたとはいえ
昨日も普通に真夏という感じの暑さで、
会場にクーラーがあるのを見るとホッとしますね(笑)


今年はクーラーのない集会所でやらされた事もありましたが、
他の方の話で、集会所にクーラーがないために
営業が中止になったという話を聞きましたので、
今年の夏はいかに異常かという事が判りますよね。


お客さんは30人ほどでしたが、
よく笑っていただけたかと思います。


微笑亭さん太

ぬか漬けよりさん付け

「なっちゃん、みーちゃん、久しぶり」
「・・・え?ひょっとして、宮田さん?ミヤっちなの?」
同窓会などで久しぶりに会った友達を、当時の仇名で呼んだりすると、
一瞬にして学生時代にタイムスリップしたような気がして
昔話に花が咲くなんて事は、よくありますよね。


【仇名】というのは、
人と人とを繋ぐアイテムのような側面があったりしますが、
今時の小学生は、そんな経験を味わえなくなる可能性があるようですね。


というのも今、
同級生や友達の名前を呼び捨てにしたり仇名で呼ぶ事をせず、
名字に【さん】を付けて呼ぶよう
指導される小学生が増えているんですね。


仇名で呼ぶというのは、
今の小学校では非常にイメージが悪いそうでして、
仇名で呼ぶ事で【いじめ】と捉えられる可能性があるからというのが
その理由なんですね。


各小学校では【仇名の禁止】や
【さん付け】などの丁寧な呼び方をするよう規則に定める事で、
いじめを防止しようとする動きがあるんですね。


実際に広島県のある公立小学校では【生徒指導規程】において
『人の名前は呼び捨てにしない。
仇名等で呼ばない』と定めている事を、
ホームページ上で公開してましてね。


仇名禁止の要因として二〇〇〇年代に、
いじめによる悲惨な事件が多発して、文科省による
【いじめの定義】が変わっていったからなんですね。
今のいじめの定義というのは
【心身の苦痛を感じているもの】とされていて、
仇名は体の特徴を捉えたものも多いため、
仇名禁止などの校則を定める学校が増えているんですね。


確かに昔の仇名というのは、
容赦ないところがあったりしましたよね。
「昔は、ひどい仇名を付けられる奴がいたよな。
俺の友達なんか、休み時間にいつも寝てたら、
仇名が【孤独死】になったからね」
「私なんか、髪の毛が剛毛で癖毛の上、量が多いでしょう?
学生時代、校則で三つ編みにしなきゃいけなかったから三つ編みにしてたら、
【しめ縄】って仇名付けられたのよ」
「何か失敗をしたりすると、
それをきっかけに仇名にされるって事もあるだろ?
俺のクラスに漢字が苦手な奴がいたんだけど、
国語の時間に教科書を読まされて、
その時【困った様子】ってのを【こまったざます】と読んじゃってさ・・・
それ以来、男なのに仇名が【貴婦人】になったよ」
「あ~そういう失敗きっかけってあるよね。
私のクラスにいた男の子は、体育の着替えの時、ジャージに袖を通したら、
洗濯の時にお母さんの下着が入りこんでたらしくて、
それが勢いよくポ~ンって飛び出したのよ。
次の日から彼の仇名は【パンティーマジシャン】になったわ」
「それは恥ずかしいね。
でもまだ学生時代ならいいよ。
俺、このところ会社に毎日、水筒を持っていってたら同僚に
【日本兵】って仇名付けられちゃったよ」
周りがほっこりするするような仇名だったら、
付けても構わない気はするんですけどね。


微笑亭さん太

新顔続々

昨日は豊橋のハナコヤにて
天狗連の月例寄席に出演してきました。


今回は現役の高校生、分笑亭云々君のデビュー高座という事で
ティーンエイジャーの噺家デビューというのは、
なかなかない事です。


そしてさらに犬山からは
普段お世話になっている古都家雄助さんもゲストで出てくださいまして
かなり珍しい顔ぶれとなりました。


『道具屋』分笑亭云々

『骨つり』鶴橋減滅渡

ー仲入りー

『受難刑事』(さん太作)微笑亭さん太

『ちりとてちん』古都家雄助


云々君は16歳とは思えない堂々とした高座で
きっちり笑いも取ってました。
末恐ろしいので、今のうちにつぶしておかないと・・(笑)


雄助さんも相変わらずのパワフルな落語で
豊橋のお客さんも満足されたのではないかと思います。
また是非、出ていただきたいものですね。


微笑亭さん太

大当たりの寄席

昨日は大府にて
大府駅前寄席に出演してきました。


偶数月の第3日曜日に行われてる寄席で、
私はかなりの頻度で出させていただいてます。


『花色木綿』つつじ家とっQ

『紙入れ』お好味家喜楽

『豆腐小僧』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『そば清』黄昏亭駄らく

『やかんなめ』槍田家志ょ朝


常連さんに支えられているこの寄席ですが、
昨日も常連さんを中心に40名くらいの方がおみえになりました。
夏休みという事もあって、子供さんもいらっしゃいました。
お客さん方に助けられて
笑いの多い、良い会になったと思います。


打ち上げでガストに行ったのですが、
当たると勘定が無料になるクジを志ょ朝さんが当てて
何と9人分の飲み食い代がタダになりました。
志ょ朝さん、ありがとうございます!
事故などに遭わないように、それだけ気をつけてください(笑)


微笑亭さん太

豊橋から犬山

昨日は豊橋市にある小浜町集会所に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


昼間は相変わらず暑いですが、
朝夕などは、このところ少し手加減してくれてるかな~という感じの
気温になってくれてる気がします。


私は明け方に寝るような生活をしているので、
一昨日、昨日と、寝る時には若干肌寒くて窓を閉めたりしました。
このまま涼しくなってくれるといいですが、
まだまだこれからも暑さがぶり返してくるんでしょうね。


小浜町集会所というのは、小浜神社の中にある集会所です。
お客さんは40名ほど、よく笑っていただけたと思います。


昨日はかけもちでして、豊橋での高座を終えた後、犬山へ移動して、
【犬山城下町寄席】に出演してきました。
犬山城近くの余遊亭にて、隔月で行われている定例公演です。


『漫才』シンポジウムR

『化物使い』古都家雄助

ー仲入りー

『漫才』ウェイウェイズ

『誓いのホームラン』(さん太作)微笑亭さん太


このところ毎回、プロの若手芸人さんが出ていて、
昨日も二組の芸人さんが出られました。


私はトリを任されましたが、出来もウケも今ひとつで
反省の多い高座となりました。
次回の余遊亭(10/20)も出番となりましたので、
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

全面幸福します

年齢の離れた【年の差カップル】というのはよくありますが、
若い女性のパートナーがいる男性は羨ましがられたりしますよね。


「お前、若い彼女がいるんだってな。
相手はいくつなんだ?」
「俺が36歳で、彼女が16歳」
「16歳!?20も離れてるのか?
羨ましいな~、幸せ者だな」
「いやいや、それがいい事ばかりじゃないんだよね。
ケンカをすると16歳の彼女が、
『言い残す事、ある?』って言いながら、ニヤッと笑って
スマホに【110】って番号を打ち込むんだよね・・・」
男性にとっては【淫行】という名の、怖いホラーですよね。


幸せがなかなか見つからなくて困っている人もいるでしょうが、
『人は幸せを強く感じている時ほど、
視覚的に目標を速く見つけられる』という研究結果が
最近明らかになったそうですね。


脳情報通信融合研究センターというところの研究チームが、
独自にスマホのアプリを開発し、二週間に渡り朝昼晩の毎日三回、
被験者三十三人に【その時の幸福度】などを入力してもらい数値化したんですね。


併せて画面に複数の似たマークを表示して、
その中からなるべく素早く
異なるものを探し出すといった操作もしてもらいましてね。


その結果、幸福度が高い時ほど、
ターゲットを速く見つけられる事が判ったんですね。
「幸せな人ほど、探し物をすぐに見つけられるらしいよ」
「それってさ、単に不幸だとやる気が起こらないだけなんじゃないの?」
確かにそれは一理ありますよね。


「幸せってのはさ、気づかないくらい身近にあるものなんだよ。
CMでもやってたけど、手のシワとシワを合わせるだけで、
幸せ~ってくらいだからね」
「俺の場合、手のシワじゃなくて関節を合わせちゃうからダメなんだよな」
「関節?どういう事?」
「節と節を合わせて、不幸せ」


幸せの価値観は男女で違ったりしますよね。
女性の幸せは行きつくところ【結婚】などと言われますが、
贅沢な暮らしを望む人もいれば、
質素な幸せで十分という人もいますよね。


「私はね結婚して主婦になれれば、そんなに高望みはしないわ。
旦那になる人は、私に一切口答えしない人で、
収入は一千万もあれば十分。
寝たい時に寝られて、起きてから友達とランチして、
ヨガやエステに通って・・・そんな質素な暮らしがしてみたいわ」
・・・男性にとっての幸せは、こういう女性に関わらない事でしょうね。


「幸せってさ、要は規則正しい生活を送れる事なんだよ」
「そういうものかね?」
「うん。俺は半年前まで、とても幸せな状況で暮らしてたな」
「へえ~、どこで暮らしてたの?」
「刑務所」
これはかなり、幸せを感じられたでしょうね。


微笑亭さん太

罪と体罰

今は夏休み中の学校ですが、
学校には様々な問題というものが存在します。
その中のひとつに体罰問題というのがありますよね。


体罰問題というのは、どこかの学校で明らかになると、
それをきっかけに、他の学校でも体罰の事例が明らかになったりしています。
特に、スポーツ系のクラブ活動において、体罰問題は発生しやすいですね。


ここは各学校の校長先生が、顧問の先生たちに厳しく言うべきですよね。
「先生方、いいですか。くれぐれも体罰だけは止めてください。
生徒に暴力をふるう先生は、私が殴りますよ!」
これくらいの事は言わないといけませんよね。


とは言うものの、
【体罰】と【指導】の線引きというのが非常に難しいですよね。


『殴る、蹴るといった暴力』や『パワハラ、セクハラ』、
『身体や容姿、人格を否定する発言』などが
『許されない体罰』のカテゴリーに入るのは誰しも納得いくところでしょうが、
『炎天下で水を飲ませずに長時間ランニングさせる事』などになると、
もう判断が怪しくなったりします。


これは
『水さえ飲ませれば、炎天下でランニングさせてもいい』とも取れますよね。
しかも暑い方の制限はありますが、寒い方の制限は設けられていないので、
北海道の学校が真冬に裸で外をランニングさせても、
これは体罰ではないという事になるのもおかしな話ですね。


第一スポーツというのは過酷な状況下で行われる事が多いですから、
ある程度鍛える事は必要です。
炎天下でのランニングを禁止しておきながら、
真夏の炎天下で行われる甲子園大会に出場させるのは、
矛盾以外の何物でもありませんよね。


マウンドの気温が30度を超えた時点で体罰になるとか、
選手たちは日傘をさして試合をしてみるとか、
ややこしい話になりそうです。


今年の猛暑で、甲子園大会の場所を変更する議論も出ていますが、
日程を陽気のいい時期にずらして、
『秋の甲子園』にしてみた方がいいですよね。
そうなれば甲子園名物も【かち割り】から
【栗きんとん】か何かに変わるんでしょうかね。


今後、新たな体罰の基準というのも生まれてくるかもしれませんね。
剣道部で防具なしで剣道をやらせたら体罰になるんでしょうが、
この世の物とは思えない臭いのする防具を装着させるというのも、
逆の意味で体罰になるかもしれませんよね。


そして『巨人の星』や『エースを狙え』、『アタックNO・1』といった、
昭和のスポ根アニメを見せるのも禁止されるでしょうね。
体罰推奨とも取られかねませんからね。


これからは朝礼なんかでも、やりにくくなるでしょうね。
校長先生の話が3分以上に及んだら、
即体罰認定なんて事になるでしょうからね。


微笑亭さん太

ほめてお名前を・・

「俺ってさ、褒められて伸びるタイプなんだよね~」
てな事を仰る方が結構いますよね。
いつも称賛という名のシャワーを浴びてないと、
成長できない方なんでしょうが、こういう方というのは
【褒められて伸びるタイプ】というよりも
【叱られると死ぬタイプ】という事なんだそうですね。


ですから自分がそういうタイプだと思う方は、
できるだけ叱られない環境で
伸び伸びと生きていくのがいいみたいですね。
誰かに叱られるような環境で、
常にビクビクしながら生きるというのは、オススメできないようですね。


特別、褒められて伸びるタイプではないとしても、
人間誰しも他人から褒められるのは嬉しい事ですよね。
そしてそれは、人間ばかりではないようですね。


草木や花も人間と同じく、
日々声をかけて可愛がってあげると、
よく育つという話を聞きますよね。
逆に、けなされたりバカにされたりすると、シュンとして
元気がなくなってしまうようです。


家具量販店の【ⅠKEA】が、
店内で販売しているプランターの植物を使い、ある実験を行ったんですね。


二つの同じ種類の鉢植えを用意して、
一ヶ月間、ある学校の片隅に同じ条件下で並んで置いたんですね。
片方の鉢植えには、日々子供達から褒められたり励まされたり、
ポジティブな言葉をかけられるんですね。


【キレイだよ】とか【元気に育ってね】とか
【君が光合成してる時の葉っぱが大好きだ】とか言われるんでしょうね。
一方、もう片方には、【枯れちゃえ】とか【目ざわり】とか
【悔しかったら動いてみろ】なんてんでネガティブな言葉を投げつけてもらい、
いじめの対象になってもらったんですね。


一ヶ月後、日々褒められ続けた方はピンピンとしていて元気なんですが、
毎日毎日怒鳴られ、けなされ、いじめられていた方は、
見るからに元気がなくしょんぼりとしていて、
肩を落としたくても肩がないので、
葉っぱを落としていたそうですね。


子供たちにも両者の差は一目瞭然ですので、
『いじめが与える影響というのは、植物だってこうなのだから、
人であったらもっと大変なんだ』という事を心に刻んだようですね。
こんな実験が、いじめ撲滅に繋がるといいですよね。


この理屈を応用すれば、
庭の草取りに苦労されてる方は、
生えている雑草に向かって罵声を浴びせ続ければ、
自然と枯れるという事になりますよね。
「そう思って庭の草をいじめてるけど、
全然枯れなくてピンピンしてるんだよね」
「その草はきっと、雑草魂があるんだよ」
よ~く調べてみたら、雑草というのは全て
【ドM】だという事が判ったって話がありましてね。


褒めて伸ばすというのは、人間の体に対しても可能かもしれませんね。
「俺、最近髪の毛が寂しくなってきたから、
髪の毛を褒めつづければフサフサになるかもしれないと思ってやってみたら、
フサフサになるどころか、
どんどん薄くなっていくんだよ・・・どうしてかな?」
「あ~それはきっと、【褒めてる】んじゃなくて【ハゲ増してる】んだろうね」
なかなかうまくいかないものですね。


微笑亭さん太

穴があっても入りたくない

少年の頃、
洞窟探検に憧れたなんて方もいるでしょうが、
自然界にある洞窟というのは、
どんな危険が潜んでいるか判りませんから、
実際入るには、かなりの勇気がいりますよね。


とある大学の教授と助手が、学術調査のために洞窟に入りましてね。
「教授、私はコウモリが苦手なんです。
この洞窟にはコウモリがいっぱい居るんじゃないんですか?」
「心配する事はないよ。
無数の毒ヘビがコウモリを食べてくれるから」
「ちょっと勘弁してくださいよ。
ここには獰猛な大トカゲもいると聞きましたが」
「そうだ。だから、この懐中電灯を持っているといい」
「ありがとうございます。
懐中電灯を持ってると、大トカゲに襲われないんですか?」
「いや、襲われないかどうかは、懐中電灯を持った君が、
どのくらいの速さで逃げられるかにかかっている」
懐中電灯、全く関係ないですけどね。


先日タイ北部のタムルアン洞窟で、
少年十二人とサッカー・コーチの計十三人が中に閉じ込められ、
世界中が大騒ぎになったという事がありましたよね。


生存している事が判明した後も、
救出するのはかなり厳しい状況かと思われていたんですが、
無事に全員助け出されて本当に良かったですよね。


出口までは何ヶ所か、
水中を潜って進まなければいけないところがあったため、
潜水経験のない少年たちは複数のダイバーたちに前後を支えられ、
水路内に張り巡らされたガイドロープをたどりながら脱出したわけですね。


少年たちは、二週間以上洞窟に閉じ込められていたにもかかわらず、
全員驚くほど心身ともに元気だそうですが、
引率していたコーチは責任を感じてるんじゃないでしょうかね。
元僧侶だという話ですが、この一件を機に、
もう一度出家しちゃうかもしれませんよね。


しかしサッカーをやっている少年たちが、
まさかスキューバダイビングをさせられるとは、
夢にも思ってなかったでしょうね。
一年後、彼らの様子を見に行ったら、
そこには【水球】を楽しむ少年たちの姿が・・・
なんて事もあるかもしれませんよね。


洞窟に閉じ込められて希望を失い、
将来の夢をあきらめかけていた子もいるかもしれませんが、
これでまた夢を追いかける事ができますよね。
「将来の夢はやはり、サッカー選手になる事?」
「いえ、ダイバーになります」
プロのダイバーの方々の
カッコよさを目の当たりにしてしまうと、
夢も路線変更なんて事があるかもしれませんね。


この一件、映画化もされるという話ですから、
彼らもすっかり地元では有名人ですよね。
将来、就職活動の面接で、
「私がかつて、洞窟の中で学んだ経験を生かして・・・」
「君、採用!」
なんてんで、秒速で採用されちゃうんじゃないですかね。


微笑亭さん太

犬も歩けば銃があたる

大阪の富田林で容疑者が警察署から逃走して、大変な騒ぎになってますよね。
住民の方々の安全のためにも、早く捕まってほしいものですよね。


日本で唯一、
拳銃の携帯が許可されている職業といえば、
言うまでもなく警察官です。


とは言っても、
かつての舘ひろしさんや柴田恭兵さんみたいに、
何かというと拳銃をぶっ放すような、あぶない刑事はいません。


拳銃の使用は慎重の上にも慎重で、
やむなく発砲してしまった時には犯人の体に当たらなくても、
発砲したという事実が新聞に載るほど、
警察官の発砲は珍しい事です。
多分捕まえる側の警察官より、
捕まる側の暴力団の方々の方が発砲の回数が多いでしょうね。


よく世間一般には
『警察官の拳銃は、一発目は弾が入ってない』とか
『一発目は空砲』などという事が言われてますよね。
でも実際は、一発目から実弾が出るそうですね。


ではなぜ【一発目は空砲】という噂が信じられているのかというと、
その昔、警察官は弾丸の支給が五発セットでされていたんですが、
拳銃の弾倉の仕様が六発だったため、
一つは空だったんですね。


そこで暴発防止のために、
空の弾倉を一発目としてセットするのが
警官のスタンダードだったそうで、その話が勘違いされて伝わり
【一発目は空砲】という話ができあがったそうですね。


「そうなんだ~。それを早く言ってくれよ。
一発目は空砲だと思って油断してたら、
思いっきり眉間を撃たれちゃってさ・・・痛かったな~」
てな事を言っている犯罪者がいたそうですけどね。


そもそも弾は込めずに、
ポケットにでも入れておいた方がいいんじゃないですかね?
万が一奪われた時でも、弾が入ってなければ犯罪に使われる事もないでしょうし、
使う時に、犯人の前で弾を込め始めた方が、
『あ、こいつ、マジで撃つ気だ』ってのが伝わって、
向こうはリアルにビビちゃうと思うんですけどね。


銃社会と言われているアメリカでは、
警官たちは何の躊躇もなく引金を引くわけですが、
銃を撃つのは人間ばかりではないようですね。


先日、米アイオワ州在住のリチャード・リメさんという男性が
愛犬に撃たれて大怪我をしたって事がありましてね。
事件当時、男性はソファで飼い犬と遊んでいたんですね。
その時、銃をケースに入れてズボンのベルトに携帯していたんですが、
何かの拍子に犬が銃を取り出しセーフティレバーを外して、
その上で飛び跳ねたため、引き金に引っかかってしまったようですね。


引っかかった拍子に引き金がひかれ、
弾は男性の足に命中したそうでして、
まさに【お気のドッグ】としか言いようのない事故ですよね。
アメリカでは銃が地面に落ちて発射された例はあるそうですが、
犬が原因というのは初めてのケースだそうですね。


これはまあ
アンラッキーな事故である事は明白なんですが、
犬が意図的に飼い主を殺そうとして撃ったとしたら怖いですよね。
犬とはいえ犯罪者ですから、
すぐに【犬のおまわりさん】に逮捕されちゃうんでしょうね。


取調室で動機を聞かれ、その犬は涙ながらに、
「・・・飼い主が安いエサばかり与えてくる事に、もう耐えきれなかったんです」
なんてんで嗚咽する代わりに、遠吠えするんでしょうね。


そしてこの一件を受けて、全米ライフル協会が、
「あらかじめ犬を射殺しておけば、この悲劇は起きなかった」
なんてなコメントを出すんでしょうね、きっと。


微笑亭さん太

生き人形

先日、近くの電気屋さんに買い物に行きました。
お値打ち品の冷蔵庫が展示されてたんですが、
その中を見ている人に、一瞬話しかけようとしてしまいました。
2018081221503018a.jpg


ネタじゃなくて本当に
一瞬本物の人間だと思ってしまつたんですよね。
昔からたまに・・いや、結構頻繁に大ボケをかます事があるんですね。


まわりのお客さんには気づかれなかったと思いますが
これはさすがに、自分でも恥ずかしかったですね。


ただ人形だと気づいてから、
よく見ると、この後ろ姿がちょっと怖いなと思ってしまいました。
正面へ回って顔を見る勇気が・・


躊躇しながらも正面へ回ると、
髪の毛が彼女の顔全体にかかっていて、マジで不気味な感じになっています。


こうなると是非とも顔が見たいという衝動を抑えきれずに
近寄って髪の毛をどけてみると・・顔はのっぺらぼうでした。
怖っ!


ふと気づくと、少し離れたところにいた
お母さんと一緒に買い物に来ていた小さな女の子と目が合ってしまいました。


このおっさん、何しとんねん?的な視線を浴びせられて、
私はそそくさと、その場を離れて行きました。
ちょっとした、真夏のホラー(?)を体験した私です。


微笑亭さん太

今年も音羽

昨日は豊川市にある、
音羽文化ホールに行ってきました。
『RAKUーGO de わーいわーいDAY』と題された
イベントにて2回公演をしてきました。


これは四年前から出させていただいている
【東三河演劇フェスティバル】のイベントで
昨日と同様、ヘルさんとの二人会でした。
前回は、ロビーでの落語会でしたが、
今回はホールの中での会となりました。


●午前の部

『隣の男』(さん太作)微笑亭さん太

『手水廻し』鶴橋減滅渡


●午後の部

『お達者バイト』(さん太作)微笑亭さん太

『鷺とり』鶴橋減滅渡


お客さんは午前は30名、午後は40名くらいでした。
毎年ここは、聞きなれてないお客さんが多い感じですが、
昨日もそんな感じで、なかなか苦戦しました。


毎年の定番ともなりつつあるこのイベント、
また来年もあるといいですね。


微笑亭さん太

告知お見舞い申し上げます

※冷やし告知はじめました!

↓今日です!
●8/11(土)
①午前9時45分~(映画)午前11時30分~(落語)
②午後1時~(映画)午後2時45分~(落語)
『東三河演劇フェスティバル』
音羽文化ホール
木戸銭¥1000(当日¥1200)
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

このところ毎年出させていただいているイベントです。
例年はお芝居とのコラボでしたが、今年は映画とのコラボとなりました。
木戸銭は映画&落語のセット料金です。
午前と午後に行われますので、ご都合よろしい方に来ていただければと思います。


●8/18(土) 午後6時~
『犬山城下町寄席』
余遊亭(愛知県犬山市犬山東古券363−3) 木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太 古都家雄助 他

年に数回行われている定例公演です。
会場も、とても素敵なスペースですし
お客さんも激増しておりますので
是非ともお越しください。


●8/19(日) 午後6時半~
『大府駅前寄席』愛恵不動産2階事務所(大府市中央町4丁目77)
木戸銭¥500
出演 黄昏亭駄らく 微笑亭さん太 お好味家喜楽 槍田家志ょ朝 他

お馴染みの大府での定例公演ですが、
私も大好きな寄席の一つです。
皆さん、お誘い合わせの上、お越しくださいませ。


●8/20(月) 午後7時~
『月例寄席』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて) 木戸銭¥100
出演 分笑亭云々 古都家雄助 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

毎月第3月曜日に行われている定例公演です。
今回は何と、ティーンエージャーの新人・分笑亭云々君が初お目見えです。
そして犬山からは、【楽語の会】所属の古都家雄助さんも参戦!
なかなかレアな顔付けとなっていますので、お見逃しなく!
私は創作のネタ下ろしの予定です。


●8/25(土) 午後6時~
『ソフィアン寄席』 木戸銭¥1000(ドリンク付・要予約)
カフェテラス・ソフィアン
春日井市上条町6丁目2508-2 (0568-84-2835)
出演 参遊亭小遊 夢見家春木 立の家猿之助 微笑亭さん太 若鯱亭笑天

春日井の喫茶店で行われている定例公演です。
土曜の夜に、美味しいコーヒーを味わいながら
ゆったりと落語を楽しんでいただける寄席です。


●8/26(日) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会(怪談噺の会)』
ぬくもりカフェ(豊橋市東田町字西脇29)
出演 微笑亭さん太

いつもお世話になっている【ぬくもりカフェ】での独演会です。
今回は、ちょっと趣向を変えて怪談噺の会です。
笑っていただいたり、怖がっていただいたり、楽しい会にしたいと思いますので、
是非お越しくださいませ。
予約が必要ですので、0532527399(ぬくもりカフェ)まで
お電話をいただければと思います。
過去の会は全て満席になっておりますので、
お早めに予約をいただければと思います。


●9/1(土) 午後6時半~ ※雨天中止!
『月見の夕べ』
みよし市文化センター サンアート ふるさと会館(みよし市三好町大慈山1-1)
木戸銭¥300(お茶お菓子付き)
出演 響鼓 微笑亭さん太

7年連続で、サンアートみよしからお話をいただきました。
情緒あふれる日本庭園を眺めながらの独演会です。
【雨天中止】のイベントですので、ご了承ください!
お問い合わせは、
0561-32-2000(サンアートみよし)まで。


●9/29(土) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会』
プラット(豊橋駅前)アートスペース
木戸銭¥3500(木戸銭+入会金)
出演 微笑亭さん太

豊橋駅前のプラットにて、昨年に続いて独演会をさせていただきます。
本来は会員制の会なのですが、席亭の方から特別に、単発入場もOKをいただきました。
木戸銭に入会金が加わるため、ちょっと高額になってしまいますが、
プラットでの独演会はなかなか無い機会ですので、
お財布が許せば、是非ともお越しいただきたいと思います。
お問い合わせは、サロンぬくもり(0532-52-7399)まで。



●なお、東三河広域連合の出前講座【落語で学ぶ悪質商法】は、
豊橋、豊川、新城、蒲郡、田原、設楽町、東栄町、豊根村の
5市3町村にお住まいの方々でしたら、どなたでも呼ぶ事ができます。
しかも無料です(笑)
豊橋市役所内にあります東三河広域連合の方まで申し込みいただければ
さん太が落語をやりに参りますので、老人会、町内会など、ご依頼いただければと思います。
東三河広域連合(0532269078)まで、どうぞ!


落語会やイベント出演のご依頼も
24時間受け付けておりますので、よろしくお願い致します!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp


微笑亭さん太

犯罪という名の娯楽

夏場というのは犯罪が増えたりしますよね。
夏休み中の青少年が非行に走ったりと、いけない誘惑も多いようです。


犯罪行為はもちろんいけない事ですが、
『なんちゃって犯罪』をビジネスにしている人達もいるようです。


以前フランスで『誘拐サービス』というのを
始めた会社がりましてね。
約11万円を払うと、突然誘拐をして、
縛るなどして4時間拘束をしてくれるんですね。
世の中にはスリルを求めて、
『バンジージャンプ』や『スカイダイビング』に挑む方もいらっしゃいますが、
そういう人間の『スリルを求める感覚』が、
こういう商売を生み出したんですかね。


究極の恐怖心を求める企業幹部などから依頼が相次いでいるそうでして、
妙な事がビジネスになるものなんですね。
基本的に『何でもアリ』だそうですから、
『ヘリコプターで追跡をしてくれ』とか
『死体置き場で一夜を過ごさせてくれ』なんという
要望にもお応えするそうですね。


中には『生き埋めにされたい』なんという
過激なリクエストもありましてね。
きっと死なない程度に地面に埋めるんだろうと思ってたら、
どんどん土をかぶせてくるもんですから、
「・・ちょっと待ってくれ!
おい、これはやりすぎじゃないの?
俺はここまでやってくれとは頼んでないよ」
「いえ、この『生き埋めサービス』は、あなたの奥さんからのご依頼です」
・・これは本当にゾッとするでしょうね。


「俺、一度でいいからさ、爆弾を仕掛けられて、爆発一秒前で
コードを切って爆弾を止めるってシチュエーションを経験してみたいんだよね~」
なんてんで依頼した方がいましてね。


偽物じゃスリルがないからと本物の爆弾を使って、爆発寸前で、
「どの色のコードを切ればいいのか指示して下さい!」
「はい、木賊色(とくさいろ)と
空五倍子色(うつぶしいろ)のコードを切って下さい」と言われて、
どの色だか判らなくて爆発しちゃったって話もあったりしてね。
そこまでのスリルは望んでないでしょうけどね。


微笑亭さん太

母の恩より、チチの恩

暑さというのは度をこえると、様々な弊害が出てきますよね。
あまりの暑さに乳牛が体調を崩し、
搾乳の量が減ってしまうなんて事があるそうでして、
酪農家の方々にとっては、困った問題ですよね。


人というのは、素敵な音楽を聞いていると
作業効率が上がったりなんて事があるわけですが、
イギリスのとある農場で、
地元の劇団がシェイクスピアの喜劇を上演したところ、
この農場の牛たちの牛乳生産量が
4%増えたという事があったそうですね。


ゆったりとした音楽が、
牛の乳の出を促進する効果があるというのは、
判っていた事らしいので、
演劇についても試してみたところ、
こういう結果が出たという事らしいですね。


ただこれ、喜劇だったからよかったんですが、
悲劇の方だったらマズかったかも知れませんよね。
『ハムレット』なんて演ったら、
『乳を出すべきか出さぬべきが、それが問題だ』なんて、
牛が悩んじゃったりしてね。


このシェイクスピアは、
他の動物にも使えるかもしれませんね。
やたら暴れる馬の前で、
『じゃじゃ馬ならし』を演るとおとなしくなったりとか、
生後なかなか性別が判らないパンダの前で
『オセロ』を演れば、
すぐにオスかメスかの白黒がついたりって事も、きっとありますよ。


牛に落語を聞かせてみたらどうなるんでしょうね?
面白い落語だったら、乳の出はよくなるかもしれませんが、
つまらない落語の場合は、
『オチつかなくなるだけ』だったりしてね。


こういう人間に近い感覚というのはマウスにもあるようでして、
オスのマウスの涙に、メスのマウスの鼻に作用して、
交尾を受け入れるよう促す
性ホルモンが含まれている事が判ったようですね。
要するに涙でメスを誘ってるようなものでして、人間でも、
「どうか一回だけ、お願いします!」って、
泣きながらメスに対して土下座している、
人間のオスを、時々見かけたりしますよね。


ただ人間の場合は、
あまり成果が上がってないようですけどね。


微笑亭さん太

カウンター攻撃

8月といえば夏休みの真っ最中ですが、
特に大学生の皆さんなんかはお休みを満喫して、
連日、バイトに合コンに励んでいる方もいるでしょうね。


合コンといえば、
大衆居酒屋的なお店のテーブルやお座敷でやるのが普通ですが、
お酒の席で女性を口説くのに最適な場所というのは、
バーのカウンターだそうですね。


他の動物と同じように、
人間にも縄張りというものが存在するんですが、
相手との距離によって色々と名前がついてましてね。


相手との距離が、ゼロから45センチまでの場合を
『密接距離』といいまして、視覚や嗅覚、触覚などを通して、
相手と密接に関係している事を意識させる距離なんですね。
その中でも、ゼロから15センチまでを『近接相』といって、
愛撫、慰め、保護といった感覚を意味する距離なんですね。
バーのカウンターが、まさにこの近接相にあたります。


どこのお店でも大体がそうですが、バーのカウンターというのは、
隣の席とは肩が触れ合うほどの距離しかありません。
ですから、隣に座った相手を、自分と密接な関係があると錯覚しやすいんですね。
それが証拠に、あんまり隣の席に
パンチパーマのお兄さんに座ってほしいとは思いませんよね。
ですから、バーのカウンターというのは
女性を口説くのに最適な空間と言われるわけですよ。


ただ一つだけ気をつけなくちゃいけないのは、
この近接相の距離というのは、愛撫、慰め、保護といったものと並んで、
『格闘』を意味する距離でもあるんですね。


さほど親しくなってもいないのに言い寄って、
体を触ったりなんかすると、相手のヒジが飛んでくるなんて事があります。
それが見事に鼻の頭にヒットしましてね・・飲んでいたカクテルが自然と
ブラッディ・マリーに変わってしまっているなんて事になりかねませんからね。


やはりそういう場所では、優しくソフトに、
『君は美しい』とか『君ともっと仲良くなりたい』といった、
甘い言葉を囁き続けるというのがいいですね。
そのうちに彼女の、身も心もほぐれてきましてね・・


口説き落とした頃には、彼女が病気になっちゃったりしましてね。
何故かと思って聞いてみたら、
どうやら甘い言葉の聞きすぎで糖尿病になっちゃったという・・
それはある意味、大成功なのかもしれませんね。


微笑亭さん太

天空に咲く花

典型的な夏の風物詩といえば花火がありますが、
花火大会と呼ばれるものは、ほとんどが7月、8月に集中してますよね。
これから秋にかけても、やはりお祭りやイベントなどで
使われる機会も多いかと思います。


日本ではやはり『夏の風物詩』なんですが、
海外では、そうでもないようですね。
むしろ新年を迎える際のイベントなどで、
打ち上げ花火が好んで使われるため、多くの国では
意外な事に、冬の方が消費量が多かったりするんですね。


でもやっぱり、日本人的感覚からすると、
ドテラ着てマフラーして体にカイロ貼り付けて、
鍋焼きうどんを食べながら鼻水たらして
『たまや~!』って感じではないですよね。


花火の始まりというのは紀元前の中国だと言われてましてね。
その頃の花火というのは、現在のような観賞用ではなく、
完全に『武器』として使用されてたんですね。
敵陣に打ち込んで混乱を誘ったり、
火事を起こしたりする狙いのために使用されていたわけでして、
火矢に似た物だったわけです。
ですから今、夏場の公園なんかでヤンキーの皆さんが、
奇声を発しながらお互いにロケット花火を打ち合ったりしてるのは、
ある意味『正しい使い方』と言えなくもないわけですね。


花火が日本に伝わってきたのは意外に新しくて、
戦国時代から江戸時代にかけてだとされてますね。
記録に残っている最初の花火は、
1613年に外国人が駿府で打ち上げたものだという事でして、
これを見ていたのが、あの徳川家康なんですね。


この時、打ち上げた花火の火の粉が飛んできて、
家康の着物の裾についてしまったんですね。
家来が慌てて火を消そうとするのを手で制して、
『消えぬなら、消えるまで待とう、ほととぎす』と悠長な事を言っていて、
大火傷をしてしまったなんという話は、
どこの文献を探しても載ってませんけどね。


花火の色が鮮やかに見えるのは
『炎色反応』を利用しているからなんですね。
理科の実験で、ガスバーナーの火に
色んな物をかざしてみた時の反応と同じ物ですね。


鮮やかな赤色はストロンチウムの化合物、
黄色はナトリウム、緑色はバリウムを使うそうですので、
胃の検査直前のお父さんを打ち上げたら、
見事な緑色が出るんじゃないでしょうかね。


日本と西洋では花火に違いがありまして、
日本の打ち上げ花火は球形に広がりますが、
西洋の花火は平面的に広がるんですね。
これは日本の花火が庶民の楽しみだったのに対して、
西洋の花火の観客は少数の貴族だったので、
その館から綺麗に見えればそれでよかったからなんですね。


ですから日本の花火大会に行く場合には、
どの角度から見ても同じように見えますが、
重要なのは風上側に陣取る事なんですね。
風下では煙が流れてきて綺麗に見えないですからね。


打上花火の玉の大きさは寸、尺で表されますが、
直径約6・06センチの2寸玉(2号玉)から、
60・6センチの2尺玉(20号玉)、さらに3尺玉、4尺玉まであるんですね。
世界最大といわれている4尺玉は、800メートル程度まで広がるそうですね。


世界最小の打ち上げ花火は、
玉の直径が1センチ、打ちあげる距離は2メートルだそうですね。
これが、ロウソクと一緒に、
ケーキの上に立てられるようになったら面白いですよね。
ロウソクの火を消そうと顔をケーキの上に持っていったら、
花火が顔面を直撃なんて事になって、
それなりに誕生日パーティーは盛り上がるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

灼熱の寄席

昨日は豊橋の有楽町にある富久有に行ってきました。
【第2回 富久有寄席】に出演するためです。


富久有は天狗連の彈家呈茶さんのご実家で、その昔、遊郭が栄えた町並みに建つ
とても風情のある建物です。
長らく使ってなかったものを改築して、寄席のできる小屋として
リニューアルオープンしたわけです。


その口開けの寄席が5月に行われましたが、
それに続いての第2回目の寄席となります。
今回は東京から万年堂きさ馬さん、大阪から立の家猿之助さんをお招きして
私との三人会となりました。


前回は会場となった和室にエアコンがついてなかったため
今回の寄席までにはエアコンをつけるという事で、
会場にはエアコンがつきました。


『勘定板』微笑亭さん太

『読書の時間』立の家猿之助

『エアコン様』(きさ馬作)万年堂きさ馬

ー仲入りー

『ツッコミ老人』(さん太作)微笑亭さん太

『ごゆっくり』(きさ馬作)万年堂きさ馬

『仔猫』立の家猿之助


エアコンがついたのはいいんですが、
これがほとんど効かなくて、和室の中は気温が下がりません。
当然、おみえになった40名ほどのお客さんは、灼熱地獄状態です。


しかも猿之助さんがやっている最中にブレイカーが落ちて
エアコンが止まってしまいました。
これは打ち上げ用の料理を作っていたキッチンでオーブンを使ったためだったんですが、
一時はどうなる事かと思いました。


すぐに復活はしたのですが、相変わらずの全く効かない状態で
暑さのあまり耐えきれなくなって、仲入りで帰られるお客さんが数人。
昨日の場合、これは仕方のない状況でした。


仲入り後は演者一同、とにかく短く噺をまとめる流れになり、
もはや、お客さんから笑いを取る事より、
お客さんが熱中症で倒れる前に寄席を終わらせる事に
目的が変わってしまいました。


遠くから来てくださった猿之助さん、きさ馬さん、
これに懲りずに是非また、陽気のいい時に来ていただきたいと思います。
ありがとうございました。


微笑亭さん太

後輩たちにも感謝

昨日は名古屋の西区にある
西生涯学習センターに行ってきました。
【浄心寄席】に出演するためです。


この浄心寄席は【楽語の会】の定例公演で
毎年8月に行われているんですが、
私は一昨年、昨年に続いて三年連続で出させていただきました。


『真田小僧』持徒亭安之丞

『ツッコミ老人』(さん太作)微笑亭さん太

『へっつい幽霊』お好味家喜楽

ー仲入りー

『紙入れ』若鯱亭笑天

『宗論』若鯱亭夢輔


朝イチの寄席にもかかわらず
50名くらいのお客さんに来ていただき大入りでした。
ウケもよく、皆さんが楽しんでらっしゃるのが、よく判りました。


こういうご近所にお住まいの方々に支えられた
お馴染みの寄席というのは、
大切にしていかなければいけませんね。


この日はかけもちでして、
名古屋での高座を済ませた後、
碧南にある【哲学たいけん村無我苑】に行きました。


一昨年、ここのスタッフの方からオファーをいただいて
怪談噺の会をやったのが始まりでしたが、
昨年、今年と三年連続でオファーをいただきました。
1時間半ほどの独演会です。


無我苑というのは、
素晴らしい日本庭園を臨む和室でして、
落語会をやるには、うってつけの会場です。


一昨年は完全に怪談噺の会でしたが、
昨年も今回も怪談調の噺もありの
【納涼落語会】というコンセプトとなっていました。


チケットは60席限定という事で発売したんですが、
発売してすぐに完売したそうですから驚きです。
碧南では、ほとんど無名の私の会のチケットを
どなたが買ってくれるのか、毎回不思議です。


ただ昨日は、微笑亭どりあ、笑風亭風らっと、という落研の一つ下の女の子二人と
夫婦でもある艶目家れいん坊、笑風亭風娘という
二つ下の後輩も来てくれたので嬉しかったです。
もちろん、豊橋方面から来てくれた方々にも感謝です。


『豆腐小僧』(さん太作)『アリとキリギリス』(さん太作)『オトナの試験』(さん太作)と
自作ばかり3席やりましたが、
前売りチケットを買ってくださるお客さんだけに、
よく笑ってくたさいました。


大好きな会場ですので、
また来年もオファーをいただけるといいなと思います。


微笑亭さん太

うち、あんたの事吸い取るよ

このところ当たり前のように熱帯夜が続いていて、
夜、なかなか寝つけないという方もいらっしゃると思います。


真夜中にテレビのスイッチをつけると、
様々な通販番組というのがやっていたりします。
実に巧みに宣伝するので、ついつい電話をしてしまう方も多いようですが、
その通販番組の定番商品のひとつに【掃除機】というのがあります。


何だか家中のゴミを一瞬にして吸い込むほどの
勢いがありそうで買ってしまうんですが、確かに吸引力は凄くても、
意外とすぐに壊れてしまったりなんかしましてね。
通販の謳い文句を信じてしまったがために損をするという、
これがいわゆる【掃除機ものがバカを見る】という事なんでしょうね。


今【ルンバ】というお掃除ロボットがありますよね。
自分で勝手に床の掃除をしてくれるというので大変に人気があり、
販売台数も右肩上りです。
それなりに綺麗にされているお家でも、
直径30数センチのルンバがホコリを探知しながら室内を動けば、
結構小さなゴミや髪の毛が取れたりして感動したりします。


床を自走して仕事をしてくれるルンバではありますが、
これを作動させるためには、まず床の上の物を
片付けなければならないわけですね。
大きな物が置かれてあれば、ぶつかって動けませんし、
紙やハンカチが落っこちてたりすると、
巻き込んで止まってしまいますからね。
脱ぎっぱなしのパンツなんか巻き込んだりすると、
電気系統から発火して【ショートパンツ】になってしまう恐れもあります。


ですから、ルンバの活躍が可能になる頃には、
結構部屋が片付いてスッキリしてるわけでして、
綺麗な部屋でないと掃除機が使えないという、
ちょっと矛盾した状況があったりするわけですね。


ルンバがホコリを吸い取っていく様子が面白いというので、
ほうきで部屋のチリを集めてルンバの前に持っていく方もいましてね。
ほうきでチリを集めたのだったら、
そのままゴミ箱へ捨てればよさそうなものですが、
そういう事ではないみたいですね。
何だか、遠くからゴミ箱に放ったゴミが外れたから、
それを拾って元の位置から放り直すみたいな感覚に似てますけどね。


大人ですらそんな感じですから、
子供たちが見ようものなら大変ですよ。
歓声を上げながらルンバの後をゾロゾロついていったりしましてね…
【平成版・ハーメルンの笛吹き】みたいな状況が訪れるわけですね。


あと自走するがゆえに気をつけなければいけないのが、
脱衣所などの狭い空間に入り扉を閉めて、その扉近くにある物を動かして、
ルンバが中に籠城する格好になる可能性があるという事ですね。
機械の立てこもり犯には、ネゴシエーターの説得も通じませんから、
目を離さないようにしないといけませんよね。
こうなるともう、ほぼ人間扱いに近いものがありますね。


こういう自分で判断する家電製品というのは、
今後も増えていくんじゃないかと思います。
スーパーから買ってきて、しまい忘れている【要冷蔵】の品物を、
勝手に中に入れてくれる冷蔵庫とかね。
さらに賞味期限切れの品物は、後ろから排出したりしましてね。


洗濯機なんかは、年頃の娘さんとお父さんの洗濯物を、
選別して別々に洗ってくれるとかね。
ファンヒーターなんかは、お父さんがさむ~いオヤジギャグを言った途端に
暖房のスイッチが入るとか、こういう思いやりのある家電は、
爆発的に売れるんじゃないですかね。


↓いよいよ明日です!

●8/5(日) 午後2時~
『第2回 富久有(ふくゆう)寄席』
冨久有(豊橋市有楽町21番地) 木戸銭¥500
出演 立の家猿之助 万年堂きさ馬 微笑亭さん太

天狗連の弾家呈茶さんのご実家でもある富久有さんでの寄席です。
元遊郭という地域だけあって、昭和の香りのする風情ある佇まいです。
5月に続いての2回目という事で、廓の専門用語で言うところの【裏をかえす】寄席となります。
今回は、毎年池田市で行われている社会人落語日本一決定戦で優勝された、名人お二人をお招きし、私を加えた三人会です。
それぞれ2席ずつやりますので、是非お越しくださいませ。


微笑亭さん太

白昼のシンデレラ?

昨日は田原市にある八王子公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


出前講座で田原には何回か伺ってますが、
相変わらず、風光明媚で
牧歌的な風景が広がってるところです。


行く途中2回、道を走るトラクターに出会いましたが、
何しろ道が一車線なので、前を塞がれると、なかなか車が
進まない感じになる事もしばしばでした。


八王子公民館には一昨年一度伺っていますが、
また再び、出前講座で呼んでいただいたという事になります。


会は11時からで、
いつものように1時間ほど、通しで喋りました。
お客さんは40名ほどだったかと思います。


よく笑っていただけてよかったのですが、
前回あと10秒ほどでサゲというところで
隣の施設で大きなファンファーレが鳴った事を思い出しました。


どうやらお昼時を知らせるものだったようですが、
あと数秒でも、こういうものは融通がきかないものですよね。
ですから、時計とにらめっこしながら、12時の数分前に終わらせました(笑)


微笑亭さん太

夏はこれから

昨日は豊橋市の東部地区市民館に行ってきました。
連日の悪質商法の出前講座です。


東部地区市民館には以前、
子育てに関する催しで呼ばれ、そういうネタをやった事もありますし、
一昨年には出前講座で呼んでいただいてますが、
今回は出前講座で再びという事になりました。


普段は老人会などの団体から
呼んでもらう事が多いのですが、
昨日も一昨年と同じく、市民館が主催の高齢者セミナーのひとつとして
出前講座を呼ぶという形でした。


週末に台風が来たのが信じられないくらい
この日も猛暑、酷暑、激暑(?)という感じで、
エアコンのない集会所にあたっていたら、
マジで命の危険を感じていたかもしれません(笑)


市民館には近隣の方々が
歩きで来られるのがほとんどですが、
たった数分の歩きでも、熱中症が心配されるくらいですので
来てくださった40名ほどの方々には大感謝でした。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後5時~5時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師

『熟女たちの宴』『聖夜の奇跡』『お達者バイト』桂右團治師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

⑨『なかったこと』&『オトナの試験』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード