FC2ブログ

膝が笑いそう

子供の頃、夢中になってテレビを見ていると、
「テレビばかり見てると、バカになっちゃうわよ」
てな事を、母親から言われた経験のある方も
いらっしゃると思います。


その後、自分が成長していい大人になった時、
お婆ちゃんと呼ばれるくらいの年齢になった母親が
一日中テレビを見ていて、
「・・・この健康食品は効きそうだね~」
などと言いながら、ありとあらゆる健康食品を買い漁ってる姿を見ると、
母親も小さい頃テレビばっかり見ていて、
とうとうバカになっちゃったのかな~?
などと思ってしまいますよね。


サプリメントの中で最もポピュラーと言っても過言ではない、
【グルコサミン】という栄養補助食品があります。
【関節の軟骨の維持】や
【膝関節の悩みを改善する効果】があると言われているわけですが、
最近その効用に重大な疑義が生じているようですね。


グルコサミンは機能性表示食品制度に基づくもので、
事業者は科学的根拠の研究データを消費者庁に届け出た上で、
健康効果を表示して売る事ができるんですね。


ところがオランダをはじめとする学者たちが昨年夏、
グルコサミン製品の有効性を総合的に評価した研究報告によると、
膝の痛みや機能の改善に効果があるという
科学的な証拠はなかったんですね。


このため昨年来、
消費者庁への届け出を撤回する業者が続出したんですが、
その撤回の動きを知る消費者は、ほとんどいません。
というのも、大手の食品メーカーがその名称と効果を
いまだ喧伝し続けているので、ネガティブな記事は出しにくいようですね。


「でもさ、うちのお爺ちゃん、
グルコサミンでで膝の痛みが消えて、足が良くなったって言ってるんだよ」
「ああ、ウチのお婆ちゃんも、足が楽になったって言ってるんだよね」
こういう風に、足が良くなると
盲目的に信じてしまう人がいるというのを表しているのが
【人間は考えない足である】という言葉でしょうね。


グルコサミンは、大手の製薬会社が全く手がけてはいません。
「そんなに効果があるんだったら、
ちゃんとした製薬会社が放っておくはずがないよ。
お金になるんだから。
製薬会社の出している物が全て効くわけじゃないけど、
製薬会社が出してすらいない物は、自ずと察しがつくよね」
これは某病理学の先生が言った言葉だそうですけど、
言い得て妙ですよね。


こういう問題のややこしいのは
【効果がある】という断定はできないんですが、
【効果は全くない】とも断定できないグレーゾーンだという事なんでしょうね。
「この間、グルコサミンの売り場を見たら、
『効果があると感じる方は、お買い求めください』って書かれてあったよ」
これが一番妥当な対応なのかもしれませんね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



寺から寺

昨日は豊橋にある紫雲寺というお寺に行ってきました。
檀家さんたちの集まりにて一席やってきました。


お寺で呼んでいただくというのは、しばしばありますが
この紫雲寺さんには昨年、初めて呼んでいただき、
また今年も連続で声をかけていただきました。


前日には台風がやってきたわけですが、
前代未聞のコースを通るという事もあって、前日の高座が一つ中止になりました。
お昼の高座だったので、全く雨も風もなくて、
結果的にはできた感じではあったんですが。


豊橋は夜中にかなり風が吹いたらしく、
あちこちには折れた木の枝が飛び散り、ゴミ箱や看板も飛ばされていたりして
台風の爪痕がしっかりと残っていました。
停電までしたようですので、大変だった事と思います。


会場はお寺の本堂だったんですが、
お寺で落語をやる場合、どうしても仏様にお尻を向けて
喋らなければならない事が多いので
かなりの罪悪感を感じますね。
構造上、仕方ない事ですけどね。


お客さんは80名くらいはみえたでしょうか、
かなりギッシリ入っていただいて、
結構笑ってくださったので、大変やりやすかったです。


昨日はかけもちでして、
豊橋での高座を終えた後、名古屋へ移動して、
昭和区にある一般のご家庭にて、納涼落語会でした。


ここのお宅は、
普段からお世話になっている奥様のご自宅で
年に数回呼んでいただき、
落語会を開いていただいてます。
昨日もお寺関係の友人知人の方々を中心に
20数名ほどおみえになりました。


奥様自らも【満丸亭ゆき寧】という高座名で
落語をやられていて、
いつも開口一番として一席やられるんですが、
昨日は前回に続いて息子さんが作られたという創作落語をやられ
なかなか堂々とした高座で、笑いも沢山取ってられました。


私は『アリとキリギリス』『勘定板』『オトナの試験』をやりましたが、
いつも通り、よく笑っていただけたので良かったです。
また年末あたりに伺えたらいいな~と思います。


微笑亭さん太

警報の恐怖

気象庁が【災害レベル】と認めたように、
今年の夏というのは本当に暑いですよね。


台風がやってきてますが、
今は台風ではなくても超がつくほどのゲリラ豪雨や突風、
竜巻など【天変地異】と呼ぶに相応しいほどの災厄が、
次々と日本列島を襲ったりします。
【かつて経験した事のない】とか【50年に一度】と表現される豪雨が、
頻繁に起こったりする印象がありますよね。


数年前から従来の【警報】の上にあたる【特別警報】の運用が始まりましたよね。
過去に経験した事のない大雨や大雪を想定し、
最大級の警戒を呼びかけるものです。


過去の災害で、特別警報の対象となる例としては、
東日本大震災における大津波や、
伊勢湾台風の高潮などが挙げられるそうですから、
これは尋常じゃない注意喚起ですよね。


気象庁では、
『特別警報が発表されたら、ただちに身を守るための行動を取ってください』
と呼びかけますが、具体的にどうしたらいいのかが判りにくいですよね。
大雨が来るからと、とりあえず水着を着て浮き輪を身に付けても、
それはアサッテの方向と言いますか、ベクトルが違う気がします。


特別警報のように、強大な脅威に対して
前もって警戒を呼びかけてくれる警報が、
他のジャンルでも生かされるとありがたいですよね。


奥さんが超不機嫌な時を知らせてくれる【妻警報】とかね。
旦那さんの浮気がバレたり、仕事で左遷されたなんて事が判った時に
発令されるわけですね。


「・・あ!お前たち、【妻警報】が発表されたぞ」
「お父さん、どうすればいいの?」
「何しろ【かつて経験した事のない怒り】を帯びているようだから、
お前たちも、ただちに【命を守る行動】を取らなければいけないぞ」
「お母さん、最近また太ったらしいから、怒ると迫力あるよね」
「相変わらず【発達を続けている】ようだな」
「何か、鼻息も荒らそうだね」
「うん、【暴風域】を伴っているようだな」
「うわ~、メイクも【地滑り】起こしてるみたいだね」
「これは、未曾有の災害になりそうだな…
お父さんも、命を守る行動を取らないとな」
「どうするの?」
「指輪やバッグを買ってあげる約束をすれば、確実に勢いが衰える」
こんな警報があったら便利なんじゃないでしょうか。


微笑亭さん太

頼むから、おろしてくれよ

日本の鉄道会社や航空会社というのは、
安全に対する意識が非常に高いですから、
事故は滅多に起こらないですが、
諸外国には【事故が起こらない方が不思議】みたいな状況で
運行されている交通機関もありますよね。


乗客が電車の屋根の上に乗っていたり、
窓にぶら下がった状態で走る事で有名なのが、
インドネシアのジャカルタを走る電車でして、
衝撃的な写真や映像をご覧になった方も多いんじゃないですかね。


何であんな乗り方をするのかと思うんですが、
無賃乗車が目的かというと、
中には【スリルを求めて】なんという、心底迷惑な乗客もいるようでしてね。


鉄道会社も、あれを良しとしているわけではなくて、
何とか止めさせようと様々な手を打ってはいるんですね。
「何とか屋根に上るのを止めさせる手はないか?」
「社長、水をかけてみてはいかがでしょう?」
なんてんで最初は【放水】を試みたそうですね。


屋根に上る乗客に向かって水をかけたんですが、最初は効果があったんですね。
「どうだ?放水作戦の成果は?」
「ダメです、社長。レインコートを着てくる乗客が続出して、効果がありません」
「何て奴らだ・・・他に手はないのか?」
「では社長、滑って上れないよう、電車の屋根に油を塗ってみてはどうでしょう?」
今度は油を塗って、ヌルヌル作戦に出たんですね。


「どうだ?今度は効果があったか?」
「それが社長、乗客に対する効果はあったんですが、
車両管理部から電気系統がショートして火事になると怒られました」
「あ~そっちからのダメ出しか~。
もう打つ手はないのか・・・」
「社長、あきらめるのは早いです。
【ゴール・ボール作戦】というのはどうでしょう?」
「ゴール・ボール作戦?何だそれは?」
「線路にサッカーゴールのような枠を設けて、
屋根ギリギリの高さに、重いコンクリートの球を幾つも吊るすんです」
「コンクリートの球を吊るす?
そんな事して、もし当たったら死んじゃうだろ?可哀想じゃないか」
「社長、向こうの心配をしている場合ではありません。
そもそも無賃乗車などのルール違反をしているのは乗客の方なんですから」
「それもそうだな。よし、やってみてくれ」
これも実際にやってみたんですね。


「作戦の成果はどうだった?」
「それが社長、ヘルメットをかぶって乗り続ける猛者が現れまして・・・」
どうしても上がりたい乗客と、下ろしたい鉄道会社との
攻防戦の様相を呈しているわけですが、
これらの出来事がネタではなく、本当に行われたドキュメンタリーだというのが、
インドネシアならではという事なんでしょうね。


微笑亭さん太

時間差

昨日は豊橋にある
下地校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


このところ猛暑続きでしたが、
昨日は夏が手加減してくれたようで、雲も多かった事から日差しも強くなく、
幾分過ごしやすい気温だと感じました。
過ごしやすいといったって、30℃だったりするので、
やはり最近、暑さに対する感覚がおかしくなってるな~と思いました。


夜7時からの出前講座という事で
ご近所の方々を中心に、高齢者の方が多いものの、
様々な年齢層の方が集まられていました。


最前列に妙齢の女性お二人が座られてたんですが、
私がマクラで小ネタを言うと、片方の方は即お笑いになるんですが、
もう片方の方は、その方に【今のはどういう意味?】みたいに聞かれて
その解説を聞いてからお笑いになるという
時間差ウケをされてました。


そんな事が頻繁に続いていたので、
遠くで打ち上げ花火を見ていると、花火が花開いてから
ドンという音がするまでに、少しズレがあるみたいな
そんな光景を目の当たりにしているようでした。


皆さん、とてもよく笑ってくださいましたし、
ちゃんとクーラーのある会場でしたので、
私的には言うこと無しの会でした(笑)


微笑亭さん太

新聞カンプン

ネットでニュースが配信されるというのは今や常識でして、
何といってもスピーディーだという事が最大の武器ですよね。


事件などの報道があったら、
数分後には情報として流れいると言っても過言ではありません。
その影響で、新聞を始めとする紙媒体は苦戦を強いられてますよね。


ただネットには、
ウソや勘違いの情報も沢山溢れています。
高齢者層にとって、信頼度においては
新聞の方が上なわけでして、
スピードでは敵わない新聞が生き残っていくには、
ニュースの信頼度で勝負するのが大事でしょうね。


新聞業界も、このまま先細りするのは避けたいですから、
部数を増やそうと必死ですよね。
独り暮らしを始めた時、不安になる出来事の一つに
【新聞の勧誘】があげられますよね。


世間的にも評判が芳しくない新聞の勧誘員ですが、
向こうも仕事とはいえ、中には強引に契約を迫る勧誘員もいて、
断るのが苦手な人はうまく断れずに、
契約させられてしまう事もあるでしょうね。


そもそも日本人というのは【断り下手】なんですね。
新聞に限らず、他の訪問販売なんかでも冒頭に『いらない』とハッキリ言えば、
大抵のセールスマンは帰るんですね。


ところがその『いらない』が言えないため、
明らかに嫌そうな顔をしながらも、
相手の話をダラダラと聞いてしまう人が多いんですね。
そこをつけ込まれるわけです。
ですから、勧誘を受けた時には、
ハッキリと断る事が大切ですね。


ただ、
「三ヶ月だけでいいですから、ウチの新聞とってもらえませんかね?」
「・・・結構です」
「ありがとうございます!」
てな事になっちゃいますから、【結構です】という言い回しはダメですね。
【NO】のつもりで言っても【YES】の意味で取られちゃいますから、
【いりません】と言わないといけないですね。


中には
「今、サービス期間で無料になってますから、
一ヶ月無料で入れさせていただきます」
なんてな事を言って新聞を勝手に入れ始め、
一ヶ月が過ぎても引き続き新聞が入ってるんですね。
知らないうちに契約が自動更新されて
料金を要求してくるなんという悪質なところもあります。


新聞の勧誘を断るためには、
ドアを開けないというのが一番ですが、
相手に契約する気を無くさせるというのもいいですね。
「新聞?あ、そう・・・とってあげてもいいけど、俺、無職なんだけど、いい?」
これは効き目があるようですね。


新聞の勧誘を断るために、
玄関のところにマスクを常備されてる方がいましてね。
チャイムが鳴って『これは新聞の勧誘だな』と思ったら、
マスクをして大袈裟に咳をしながらドアを開け、
「ゴホゴホゴホ・・・すいません、今インフルエンザなんですが、
ゴホゴホゴホ・・・伝染るかもしれませんがいいですか?」
これはかなりの確率で、すぐに帰ってもらえるそうですから、
是非お試しいただきたいと思いますね。


微笑亭さん太

氷の微笑亭

昨日は豊川市御津町にある
御津福祉保健センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


御津福祉保健センターには四年ほど前に一度、
出前講座ではなく、老人会の余興で伺った事があります。
そして今年の2月に出前講座で伺ってますので、
3回目という事になります。


現場に着くと、入り口のところに貼り紙がしてありました。
手動で開け閉めする扉なので、多分開けっ放しにしてしまう人がいるんでしょう、
扉をちゃんと閉めるようにという注意喚起の貼り紙です。

【虫やヘビが入ってくるので、扉をきちんと閉めてください】

・・ヘ、ヘビ!?
これは即行で扉を閉めたくなりますよね。
効果てきめんの貼り紙だと思いました。


昨日はかけもちでして、
御津での高座を済ませた後、豊橋に移動して、
羽田町公民館に行ってきました。
こちらも、悪質商法の出前講座です。


羽田町公民館というのは古い木造の建物で、
現場に着くと、呼んでくださった会長さんが、
首にはタオル、額には玉のような汗、満面の笑みで出迎えてくださいました。
開け放たれた扉と窓、中にはフル稼働する数台の扇風機群・・・
イヤな予感しかしない・・・

「暑い中、ご苦労様です。
すみませんね、エアコンが無くて」

キターーーーーーーッ!!
ひと夏に一、二度あたる、エアコンのない古い集会所!
しかも、この殺人的な暑さ!


建物の中に入ると、あちこちに氷柱が立っていました。
「いや~少しでも涼しさを感じてもらおうと思って用意したんですよ」
会長さん、この暑さに氷で対抗しようというのは、
核兵器を竹槍で迎え撃つが如くの無謀さではないでしょうか?(笑)


気を遣っていただいて、高座横にも氷柱が用意されてました。
何だか氷柱のプレゼントで大喜びのシロクマ・さん太君みたくなってしまいました。
201807241757291ba.jpg


気温37℃という中での一時間の通し高座は、本当に大変でした。
あまり汗をかかないタイプの私ですが、さすがに額からボタボタこぼれ落ちます。
長襦袢は水着かと思うくらいビッショリで、
途中二度ほど、意識を失いかけました。
『このまま死んだら、労災は適用されるのかな・・』
色んな事を考えてました。(笑)


高座を終えた後は、少し痩せたんじゃないかと思いました。
この手の高座が毎日続いたら、ライザップいらずですね。


微笑亭さん太

普通、わかる事

横並びの意識が強い日本人は
【普通】という言葉を好む傾向がありますよね。
決して高望みはせず、普通の収入、
普通の暮らしができれば幸せだと感じる方が【普通】ですよね。


日常会話の中で頻繁に使われる【普通】という言葉ですが、
一見当たり障りのない表現としてとらえ頻繁に使う方もいるでしょうが、
結構多様性のある言葉とも言えますね。


例えば人を責めたりする時にも、普通という言葉を使いますよね。
『普通そんな事言う?』とか『普通そんな事する?』などと言う時、
この【普通】は相手の言動への不平不満を表してますよね。


【普通イコール、多くの人が当たり前と感じている事】という意味合いで使い、
自分の思惑どおりでない相手の言動に対し
【普通】という言葉を使う事によって、
自分の立場の正当性を主張しているわけです。
相手への非難をより強める言い方ですから、
普通どころか、かなり攻撃的な意味合いを含んでるわけですね。


そしてまた【普通】と言われると相手は反論しづらいものですね。
その言葉に反発する事によって、
自分の考えが【普通でない事】を認める形になってしまうからですね。
自分が普通だと思うのなら、黙っていなければいけないわけです。
【ノーマル鷹は爪隠す】ってのは、ここから始まったそうですけどね。


あと本来の意味に近いんですが、
今ひとつ感を露呈する【普通】もありますね。
「超面白い映画見に行くって言ってたけど、どうだった?」
「・・・普通だったよ」
この場合、ダメと言っているわけではないんですが、
可もなく不可もなくといった感じを表しているわけですよね。
【受け入れられる範囲だった】と、
相手が好意的にとらえてくれる場合もあるでしょうが、
ともすると【答える気がない】とか【投げやり】と思われるリスクもありますよね。


ご飯をおごってあげた相手に、
「ここの食事、どうだった?」
「・・・普通だね」
なんて言われると、おごった方としては
ちょっと気分を害したりするわけですが、
同じ【普通】という言葉を使っても、全くニュアンスが違う場合がありますね。


「ここの食事どうだった?」
「普通に美味しかったです」
これは今時の若者たちが使う言い回しですが、
この場合は完全に【誉め言葉】として使ってるわけですね。
上司や先輩が下の者に食事をご馳走してこれを言われると、
不機嫌になる方もいますが、この場合の【普通】は
上・中・下の【中】の意味ではなく
【誇張でも何でもなく素直に】の意味で言っているわけですね。
ですから感想を聞いた側も、普通に喜んでいいわけですよ。


ただ人間というのは、ポロッと本音が出てしまうという事があります。
嫌な上司に食事に誘われて仕方なく付き合って、その後、
「ここの食事どうだった?」と聞かれて
「苦痛に美味しかったです」
と答えちゃったという話がありますが・・・言葉というのは怖いものですよね。


微笑亭さん太

イエスか能か

昨日は豊田の駅前にある能楽堂に行ってきました。
医療関係の方々の集まりにて喋ってきました。


このお話は豊田を始めとして、
愛知県内の臨床検査技師の方々の親睦会的なもので、
能楽堂を見学しつつ、落語に触れようという企画のようです。


私は豊田市民でありながら、一度も能楽堂には入った事はないんですが、
まさか舞台に上がれるとは夢にも思いませんでした。


会場に着くと能楽堂付きのスタッフの方々は、
皆さん、スーツ姿に足袋を履いてらっしゃいました。
20180723000354991.jpg


「舞台へは必ず、足袋を履いて上がっていただきます」
「そうなんですね」
「はい。人間の足の油が付いてしまうと、滑りにくくなってしまいますので、
スベりやすいようにするためです」
・・あまり、落語をやる前に聞きたくないセリフですよね。


「それにしても、すばらしい舞台ですね」
「はい、何しろ人間国宝の方も上がる舞台ですので」
・・【お前ごときが上がる舞台ではない】と
言外に言われている気がして仕方ありませんでした(笑)


お客さんは100名以上いらっしゃいましたが
ほとんどの方が、落語初体験という感じでしたが、
聞きなれてない割には、よく笑っていただけたと思います。


昨日はかけもちでして、
能楽堂での高座を終えた後、豊橋に移動して、
天伯団地公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


出前講座は大体、昼間にやる事がほとんどですが、
ごくまれに、夜の出前講座というのがあります。
昨日の出前講座も、夜の7時からでした。


団地の方々の集まりでしたので、
高齢者の方もいらっしゃいましたが、若い方も結構いらっしゃいました。


夜になって、
少し暑さが和らいだのかなと思って気温を見ると31℃ありました。
この気温を涼しいと感じてしまうのは、本当に暑さに対する感覚が
マヒしてきてるな~と思いました。


微笑亭さん太

アツイ告知

※猛暑告知です!

●私の担当するラジオ番組【ラブィート演芸・楽市落語】を聞いてくださっている方々、
今日、22日の放送は午後6時からではなく
午後10時半からの放送となりますので、
お間違えのないよう、よろしくお願い致します。


●8/4(土) 午前10時~
『浄心寄席』
名古屋市西生涯学習センター
木戸銭無料
出演 持徒亭安之丞 若鯱亭笑天 若鯱亭夢輔 微笑亭さん太 お好味家喜楽

毎年この時期に行われている定例公演です。
暑気笑いに、是非ともお越しください。


●8/4(土) 午後7時~
『納涼落語会』
碧南市哲学たいけん村無我苑(愛知県碧南市坂口町3丁目100番地)
(問合せ)0566-41-8522
木戸銭¥500(呈茶券付き)
出演 微笑亭さん太

三年前からやらせていただいている会ですが、
怪談調の噺をおりまぜつつ、
1時間半ほどの独演会となります。
夏の夜には、うってつけの会ですが、
毎年前売り券が、早期に完売しております。
行かれる方は、早目のチケット入手をオススメ致します!


●8/5(日) 午後2時~
『第2回 富久有(ふくゆう)寄席』
冨久有(豊橋市有楽町21番地) 木戸銭¥500
出演 立の家猿之助 万年堂きさ馬 微笑亭さん太

天狗連の弾家呈茶さんのご実家でもある富久有さんでの寄席です。
元遊郭という地域だけあって、昭和の香りのする風情ある佇まいです。
5月に続いての2回目という事で、廓の専門用語で言うところの【裏をかえす】寄席となります。
今回は、毎年池田市で行われている社会人落語日本一決定戦で優勝された、名人お二人をお招きし、私を加えた三人会です。
それぞれ2席ずつやりますので、是非お越しくださいませ。


●8/11(土)
①午前9時45分~(映画)午前11時30分~(落語)
②午後1時~(映画)午後2時45分~(落語)
『東三河演劇フェスティバル』
音羽文化ホール
木戸銭¥1000(当日¥1200)
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

このところ毎年出させていただいているイベントです。
例年はお芝居とのコラボでしたが、今年は映画とのコラボとなりました。
木戸銭は映画&落語のセット料金です。
午前と午後に行われますので、ご都合よろしい方に来ていただければと思います。


●8/18(土) 午後6時~
『犬山城下町寄席』
余遊亭(愛知県犬山市犬山東古券363−3) 木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太 古都家雄助 他

年に数回行われている定例公演です。
会場も、とても素敵なスペースですし
お客さんも激増しておりますので
是非ともお越しください。


●8/19(日) 午後6時半~
『大府駅前寄席』愛恵不動産2階事務所(大府市中央町4丁目77)
木戸銭¥500
出演 黄昏亭駄らく 微笑亭さん太 お好味家喜楽 槍田家志ょ朝 他

お馴染みの大府での定例公演ですが、
私も大好きな寄席の一つです。
皆さん、お誘い合わせの上、お越しくださいませ。


●8/20(月) 午後7時~
『月例寄席』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて) 木戸銭¥100
出演 分笑亭云々 古都家雄助 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

毎月第3月曜日に行われている定例公演です。
今回は何と、ティーンエージャーの新人・分笑亭云々君が初お目見えです。
そして犬山からは、【楽語の会】所属の古都家雄助さんも参戦!
なかなかレアな顔付けとなっていますので、お見逃しなく!


●8/26(日) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会(怪談噺の会)』
ぬくもりカフェ(豊橋市東田町字西脇29)
出演 微笑亭さん太

いつもお世話になっている【ぬくもりカフェ】での独演会です。
今回は、ちょっと趣向を変えて怪談噺の会です。
笑っていただいたり、怖がっていただいたり、楽しい会にしたいと思いますので、
是非お越しくださいませ。
予約が必要ですので、0532527399(ぬくもりカフェ)まで
お電話をいただければと思います。
過去の会は全て満席になっておりますので、
お早めに予約をいただければと思います。



●なお、東三河広域連合の出前講座【落語で学ぶ悪質商法】は、
豊橋、豊川、新城、蒲郡、田原、設楽町、東栄町、豊根村の
5市3町村にお住まいの方々でしたら、どなたでも呼ぶ事ができます。
しかも無料です(笑)
豊橋市役所内にあります東三河広域連合の方まで申し込みいただければ
さん太が落語をやりに参りますので、老人会、町内会など、ご依頼いただければと思います。
東三河広域連合(0532269078)まで、どうぞ!


落語会やイベント出演のご依頼も
24時間受け付けておりますので、よろしくお願い致します!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp


微笑亭さん太

やはり暑い

昨日は豊橋にある
仁連木老人福祉センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


仁連木老人福祉センターには
三年前の12月と一昨年7月、8月、そして昨年8月にも出前講座で訪れていて
かなり頻繁にお邪魔している印象があります。
とは言っても、呼んでいただいているのは、
毎回違う団体の方々に呼んでいただいてます。


またまた昨日も【命にかかわるような暑さ】というやつでして
まるで呪文のように『暑い、暑い』を繰り返す日々になっています。


出前講座では時々、
クーラーのない集会所なんかに呼ばれる事がありますが、
さすがにこのところの気温だと、マジで命にかかわるような事態になりそうですね。


以前こちらに伺った時には
着替えのスペースが舞台袖のクーラーのない密閉空間で
着替えてるだけで汗ばんできてメチャメチャ暑かった覚えがありますが、
昨日はクーラーのきいたところでホッとしました。


自分が子供の頃の夏に比べて
感覚が5℃くらい高くなっている気がしますが、
この暑さは一体、いつまで続くんでしょうかね?


・・あ、そうそう。
私の担当するラジオ番組【ラブィート演芸・楽市落語】を聞いてくださっている方々、
今度の日曜日、22日の放送は午後6時からではなく
午後10時半からの放送となりますので、
お間違えのないよう、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

灼熱大陸

昨日は豊橋の東三河総合庁舎に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


昨日も、うんざりするような暑さで、
今の日本は湿度も加味すると、アフリカよりも暑いんだそうですね。
この異常な高温状態は、果たしていつまで続くんでしょうかね。


そんな中、1時15分からの高座のために、12時15分頃、現場に着きました。
「出前講座で伺いました」
「ご苦労様です。随分、お早いおつきですね」
「そうですかね?」
「ええ、何しろまだ、出前講座の始まりまで2時間ありますからね」
・・えっ、2時間!?


どうやら私は
完全に始まりの時間を1時間早く間違えていたようで、
めちゃめちゃ早く着いてしまったようです。


当然、待ってなくてはいけないわけですが
一人であまりにもする事がなくて、楽屋でウトウトしてしまいました(笑)


間違いは間違いでも、早く間違えていたからまだ良かったんですが、
これも、暑さボケという事になるんでしょうかね?


微笑亭さん太

石野上にも二年

昨日は豊田市内にある石野交流館に行ってきました。
高齢者セミナーの集まりで喋ってきました。


私が営業で呼んでいただく高座というのは
豊橋、豊川といった東三河方面か
名古屋を中心とした尾張方面がほとんどで
地元である豊田市での高座は、実は格段に少なかったりします。


そんな中、豊田市の交流館から依頼をいただくのは
私にとっては、ある意味貴重と言えるかもしれません。
石野交流館には昨年、初めて呼んでいただいて、
今年また【おかわり】という事で呼んでいただきました。


このところ異常な高温が続いていて、豊田市内でも、
小学一年生の子が熱中症で亡くなってしまうという、
痛ましい事故が起こったばかりです。


昨日も真夏の太陽が照りつけ、熱中症警戒レベルマックスという気温の中、
50名くらいの方がおみえになりました。
『再就職は楽し』(さん太作)『竹の水仙』『ツッコミ老人』(さん太作)で
1時間半ちょっとの独演会でした。


前半は、やや固めだったんですが、
後半はかなりほぐれて、よく笑っていただけて
良かったな~と思います。


微笑亭さん太

霊を昇天させるテクニック

暑い季節になると活動し始めるのが、
カブトムシと稲川淳二さんですよね。
これから怪談噺やホラーの特集が多くなるでしょうが、
幽霊が写っていると言われる【心霊写真】という物があります。


明らかなインチキ写真もありますが、
中にはもっぱら本物が写っていると言われる信憑性の高いものもあります。
その心霊写真に対して、セクシー男優の第一人者である加藤鷹さんが
『心霊写真は全てウソだ』と仰ってましてね。


彼はその理由を
『僕が幽霊だったら確実に女子更衣室とか女湯に行くけど、
そういう場では、ほとんど出ない。
あと裸の幽霊がいない理由は、
テレビの放送コードにかからないようにしていると予想されるので、
その時点で捏造なんですよね』と言ってましてね。
確かに言われてみたら、そういう感じはしますよね。


「何言ってんだよ。
幽霊として女子更衣室に出たら、
怖がって着替えを止めてしまって裸が見られなくなっちゃうから、
幽霊はいても隠れてるに決まってるよ」
「でも幽霊って見えないんだから、隠れなくていいんじゃないの?」
「・・・いやいやきっとね、
着替えを見られた時点で、この世への未練が無くなって
昇天しちゃうから写らないんじゃないの?」
「そもそもそれ以前に、
女子更衣室で写真を撮ったら、そっちの方が問題だろ」
議論は朝まで続きそうですよね。


心霊写真には、いまだに白い着物を着た女性が写ったりしますが、
原始人の霊とかは写った試しがないですよね。
そうやって考えてみると、
霊にも【賞味期限】が存在するという事なんでしょうかね?


「心霊写真の真偽はともかく、絶対的な矛盾点があるよね」
「矛盾点?何?」
「腕だけとか足だけ写ってる心霊写真はあるけど、
男性器だけとか、オッパイだけとかの心霊写真がないところだよ」
やはり心霊の世界にも放送コードは存在してるという事なんですかね。


アダルトビデオ業界で最近
【適正AV】と称する取り組みが続いてましてね。
AVへの出演強要が問題化し、それに対応する動きでして、
大学教授や弁護士を理事に迎えて作った第三者委員会が認めた物が
【適正AV】という事になるんですね。


しかし、この【適正AV】という言葉自体が
究極の矛盾をはらんでいる気がしますよね。
適正AVに対して、一部のファンにウケるようなマニア向けの物が
【不適正AV】となるわけです。
適正AVと不適正AVを審議する様子を、ちょっと見てみたいですよね。
「これは合格しましたから、適正AVです」
「なるほど。適正だったら、子供に見せても大丈夫ですね」
こんな勘違いが起きそうですよね。
そして最大の問題は【不適正な物の方が売れる】という事に
尽きるんじゃないですかね。


微笑亭さん太

ラジオから向山

昨日は豊橋の市民文化会館に行ってきました。
【向山寄席】に出演するためです。


その前にエフエム豊橋に行って
弾家うさぎさんがやっている生放送のラジオ番組
【ここらぶ】に出演してきました。


先月、初めて出させてもらいましたが、
それに続いて2回目の出演となりました。
小市民寄席の話とか、寄席の告知をさせてもらいましたが、
自分の担当ではない番組でお喋りするのは、気が楽で楽しいですね。


向山寄席は年に一度行われてる定例公演ですが、
もうかれこれ15年くらいは
続いているのではないかという
老舗の寄席となりました。
・・・何年続いているのか、
誰も正確に覚えてないのが凄いですが(笑)


このところ毎回出させていただいてますが、
以前、夜の7時からの寄席なので、
6時過ぎに現場に到着したら、
お客さんはもちろんの事、
スタッフすら誰もいなかった事があったのを覚えています。


昨日は沢山のスタッフがおみえになり
準備も実にスムーズに進みました。
昨年に引き続き、ヘルさんとの二人会でした。


『誓いのホームラン』(さん太作)微笑亭さん太

『高津の富』鶴橋減滅渡


お客さんは向山にお住まいの方々中心に
100名以上おみえになりました。
毎年、人が増えている感じで、
出演するこちらも、嬉しい限りです。
また来年も出られたらいいですね。


微笑亭さん太

結びの神?

昨日は田原市にある
田原福祉センターに行ってきました。
【寺コン 恋の縁結び】という婚活イベントの司会をしてきました。


これは田原市の社協主催のもので、
年に何回か行われている婚活イベントです。


今回、司会をやられる予定だった方が急用で来られなくなったため
数日前に飛び込みのオファーをいただき、伺う事となりました。
イベントの進行役が私の仕事です。


田原福祉センターに集まった方々は、男性12名、女性7名と
ちょっと女性が少なかったんですが、最初に一人3分ずつで
順番に相手が変わっていくローテーショントークをしました。


3分というのは短いと思ったんですが、12人という人数を考えると
36分以上、休憩なしの連続で初対面の方々と集中的にお話するのは
かなり大変だな~と思いました。


その後、昼食を取った後、法華寺というお寺に移動して、
そこで皆さんは、ご祈祷を受けられました。
ほうろく灸という、頭の上で山盛りのもぐさに火をつけるもので
まさに【実写版・強情灸】みたいな光景でした。


それが終わると【お笑いタイム】と名付けられた私の高座です。
男女関係にまつわるネタをと言われていたので、
そのカテゴリーのマクラネタをみつくろって、20分ほど喋りました。


落語の後は、もう一度ローテーショントークがあって締めとなり
意中の人を紙に書いて提出していただき、それを集計して発表させていただきました。


その結果、3組のカップルが成立し、
参加人数から考えたら、なかなかの好成績だったと思います。
おっさんキューピッド・さん太の、面目躍如というところでしょうか(笑)


今回は緊急事態での依頼という事で
私も手探りでの司会という事になりましたが、
何とか無事に終えられたのではないかと思います。
・・いまだに独身の私が、人の世話を焼いてる場合じゃないんですけどね(笑)


微笑亭さん太

決して動かない厄介なもの

何はともあれ
住む家がないと人の生活は成り立たないわけですが、
不動産屋で物件を探している時、
魅力的なキャッチコピーに心惹かれて契約してしまうなんて事も
あったりするんでしょうね。


「この物件、よほど日当たりがいいみたいだね。
何しろキャッチコピーが【ドラキュラが一瞬で蒸発する家】だからね」
「なるほど、ドラキュラは日光に弱いから、
入った途端にやられちゃうんだね。
こっちの物件は駅からの近さをアピールしてるみたいだね。
【駅から徒歩6分、ウサイン・ボルトなら55秒】だってさ」
「ボルトを尺度にされても困るけどね・・・
こっちはカップル向けの物件なんだね。
【プロポーズしないで、OKしてしまうから】だってさ」
これはみんな、実在したコピーのようですね。


昔から、
【広い土地を持ってる】とか【家を幾つも持っている】なんというのは、
お金持ちの代名詞のように言われてきましたが、
従来日本人が持っていた不動産に対する価値観が、
最近崩壊しつつあるようですね。


全国を見渡すと、大幅値下げどころかタダでも売れない空き家や、
無価値となったマンションなどがあふれてるんですね。
つまり、不動産に価値が見出されなくなった【無価値化】というのが、
どんどん進んでるわけです。


「タダだったら、とりあえずもらっておけばいいんじゃないの?」
「バカ、値段はタダでも、高い税金だけは取られるから、
どんどんマイナスになっていくんだよ」
「なるほど、不動産じゃなくて、
マイナスの【負動産】になっちゃってるんだね。
でも親から受け継いだ土地だったりすると、
守っていかなきゃいけないから大変だよね」
「そうそう。
そういう人は、ぞうさんの歌でも歌いたくなるだろうね・・・
♪不動~産、不動~産、始末に悪いのね 贈~与、母さんからもらったの~」


今ネットを見ると
『タダでいいから、この不動産をもらってください』という情報を
いくらでも見つける事ができますし、
ほぼタダ同然の価格で不動産を譲りたいという
物件を集めたサイトもあるんですね。


昔は三十五年ローンでマイホームを購入したりする方も珍しくなかったですが、
その後、人口が減り、少子高齢化が進んでいった事により、
不動産の無価値化が進んでいったわけですね。


とは言うものの、
そういった持て余している物件の所有者を確保しなければいけないわけですから、
今後、不動産をもらってくれる人を作るシステムが確立していくんじゃないですかね。


例えばゲームセンターのユーフォーキャッチャーで景品をゲットして、
何かと思って見たら【登記書類】だったりとか、
春のお花見の場所取りをしたら、そのまま土地を購入させられたりしましてね。


コンパでの王様ゲームでは、
「一番の人が五番の人の物件を買い取る!」
なんて指示が出されたりして、
あの手この手で不動産の引き取り手を探していく事になりそうですね。


微笑亭さん太

ジェイソン御用達

昨日は新城にあるコーポテラにて
【しんしろ寄席】に出演してきました。


この寄席は、以前新城で寄席をやられていた方から、また寄席を再開したいという事で
声をかけていただいたもので、以前とは場所を移しての寄席です。


しかも以前は年に数回だったものが、再開するにあたって月例にしたいという事で
毎月第2金曜日の7時から行われる月イチの寄席として4月から始まりました。


4月、5月と連続で出させていただきましたが、
その時も、ヘルさんとの二人会でしたが、
昨日も私とヘルさんの二人会でした。


初回の4/13も【13日の金曜日】でしたが、
昨日もまた、13日の金曜日でした。
4回中半分が13日の金曜日という、非常にジェイソン率が高い寄席です。


お客さんの数が心配な寄席ですが、いつもと同じく15名くらいお越しになられました。
男性の比率が高かったですが、よく笑っていただけたと思います。
このまま月例の寄席として定着してほしいものです。


微笑亭さん太

落語に熱中

昨日は豊橋市にある福岡校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


福岡校区市民館は母校である愛知大学からすぐ近くで、
学生時代には、その周りを何度となく通りました。
この日も、とても暑く、気温は30℃を超えていました。


現場に着くとスタッフの方が
「すみません、こちらがお着替えの部屋です」
と言って通されたのが、物置的なスペースになっている小部屋です。
「ごめんなさいね、こんな部屋しかなくて」
「いえ、構いませんよ」


そうは言ったものの、
その部屋にはクーラーはおろか、扇風機すらありません。
風通しも悪く、中は良質のサウナ状態。


待っている間、
落語もやってないのに、汗がダラダラ流れてきます。
やっと出番が来て座布団に座った時には、熱中症一歩手前でした(笑)


老人会の方々にはよく笑っていただけたのでよかったのですが、
終わってサウナ楽屋に戻ると、最初に出していただいた冷たいお茶は温かくなり
飴が完全に溶けていました。
あのまま楽屋に居続けたら、命が危なかったかも?(笑)


微笑亭さん太

品定め?

昨日は豊川市にある平尾地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


梅雨も明けて、
真夏モード全開という気温の高さになりましたが、
まだ豪雨の影響に苦しんでいる地域の方々には、
申し訳ないような感じがしました。


いつも出前講座に同行される市役所スタッフの方が、
土曜日の小市民寄席を見に来てくださったので、お礼を申し上げました。
昨年に続いて連続で来ていただいたので、嬉しい限りです。


昨日はかけもちでして、
平尾地区市民館の高座を済ませた後、豊橋へ移動して
南部地区市民館に行ってきました。
やはり、悪質商法の出前講座です。


こちらは市民館主催の高齢者セミナーのひとコマとして開催されたものですが、
来月、依頼を受けて伺う事になっている営業の依頼主の方が
事前に私の落語を見たいという事で、見学に来られてました。


これから伺うところの関係者に見られるというのは
出来が悪かったら断られるんじゃないかと、非常に緊張しますね(笑)


とりあえず、
セミナーのお客さんにも笑っていただけましたし、
依頼主の方も満足されていたようなので、ホッと一息でした。


微笑亭さん太

目を瞑った先にあるもの

その時には
死んでしまいたいくらい深刻に悩んでいた事も、時が経って振り返ってみると
『何で私、あんなに悩んでたんだろう?』と思う事はありますよね。


大抵の事は、後々笑って済むような事が多いですから、
やはり意識して笑うようにするというのが大切なんでしょうね。
笑うという行為には精神面を強くする効果があるという研究結果が出ていて、
その効果は【瞑想】に匹敵するそうですね。


被験者である三十人の大学生に
【面白いもの】【ストレスを感じさせるもの】【スピリチュアルなもの】など、
各ジャンルにまつわる映像を見てもらい、
その間、脳がどのような反応をみせるのか、
脳波を測定したんですね。


またそれとは別に、瞑想体験もしてもらい、
その間の脳波の動きも測定しましてね。
その結果、面白い映像を観ている時と瞑想をしている時の脳のガンマ波が、
全く同じ動きを見せたんですね。
ガンマ波は知覚や意識に関連付けられた脳波パターンで、
高次精神活動に関連しているとされていましてね。
笑う際に生まれるこの脳波が、満足感を生み、
考えをよりいっそうクリアにしてくれるんですね。


定期的に笑う事で脳をより良い状態に保つというのは、
定期的な運動で体の状態を整えるのと同じ事でして、
笑いが生む効果は抗うつ薬が持つそれと同等であり、
それどころか心臓病や体の炎症反応リスクをも
減らす効果さえ持ち合わせているんですね。


笑いが大切だという事が証明されたわけですから、
「将来的には寄席が、厚生労働省から保護される対象になるかもしれませんよね」
「そうですね・・・【面白い寄席】に限ってでしょうが」


雑念を払って意識を落ち着かせる【瞑想】というのは、
多くの効用があるとされていますが、宗教的な雰囲気も相まって、
それを実感できるまでには何年もの修行が必要だと言われています。


しかし、イタリアのボローニャ大学の教授らが行った研究によると、
わずか八週間の瞑想を続けるだけで、被験者の認知機能が向上し、
脳の構造が目に見えて変化した事が報告されてるんですね。


では、短期間の瞑想には具体的にどのような効果があるのかというと、
まず【自己中心性が和らぐ】という事がありましてね。
瞑想により脳の前頭前野腹内側部や前頭前野背外側部のバランスが保たれ、
不安が和らぎ、他者に対する共感が生まれやすくなるそうですね。


例えば目の前に食べたいプリンを置いて瞑想をした時、
目を開けるとそれが無くなっていても不安にならずに、
後で『美味しかった』と言っている弟を袋叩きにするだけで済んでしまうわけです。


それから【恐怖が和らぐ】という事がありましてね。
恐怖は脳の扁桃体と、そこから二つに分かれる神経系によって緩和されるんですね。
瞑想によってこれらの部位がリラックスすると、
不必要なストレスを感じなくなり、恐怖が和らぐそうですね。


「あなた、何してるの?」
「瞑想だよ。これをするとね、恐怖が和らいだりするんだよ」
「あ、そう・・・そんな事より、さっきから聞いてる、
このワイシャツに付いてる口紅の理由を説明してよ」
これはなかなか、恐怖が和らがないかもしれませんね。


「俺も瞑想を始めてからというもの
『早く働かなきゃ!』という欲が消えて、
無職の自分を誇れるようになってきたよ」
「・・・ああ、そう・・・その考え方が【迷走】してると思うよ」
こういう方は瞑想ついでに断食もし、
即身成仏になってみるのもいいんじゃないですかね。


微笑亭さん太

小市民ロス疑惑?

年に一度の一大イベント、
小市民寄席が終わった翌日というのは
天狗連のメンバーというのは、仮死状態になっていたりします。


基本的に天狗連メンバーは
そんなに頻繁に顔を合わせるわけではありませんが、
小市民の稽古期間である6月には、かなりの頻度で顔を合わせるようになり
寄席が終わると、またパタッと会わなくなります。


恐らく一年間で顔を合わせる回数の70%くらいを
この時期だけで占めているのではないかと思います。
色々と極端な団体です(笑)


そして普段はメチャメチャいい加減な団体が、
小市民寄席に向けてだけは一致団結し、ちゃんと稽古をするというのも
特筆すべき点だと思います。
要するに【この子は、やればできる子なんです!】みたいな感じでしょうか。
201807091501498da.jpeg


コントや歌謡ショーなどでの
衣装の凝り具合や、キャラの作り込みなど、
メンバーそれぞれのこだわりがあり、
見ているだけでも、飽きない感じがします。
20180709150147a85.jpg
20180709150148671.jpeg
20180709150148175.jpg
20180709150255920.jpg


弾家六区さんの分身であり
天狗連のトップスター【キャサリン】を始めとして、
美魔女軍団のコスプレなど、見た目にも楽しい事がいっぱいあります。


来年は40回記念となり
7/6、7と日にちも決定しておりますので、
今から予定を空けておいていただきたいと思います。


微笑亭さん太

第39回小市民寄席 2日日

昨日は一昨日に引き続き、豊橋市公会堂にて
【第39回 小市民寄席】に出演してきました。


いつも2日公演で行われている小市民寄席ですが、
年々老朽化が心配される天狗連ですから、
2日目になると、ぐったりした状態になってきます(笑)


『短命』笑風亭風笑

『太神楽』今いち座

『野ざらし』何逸亭長久

『コント』(さん太作)天狗連総出演

『スマチュー』橘亭郵便箱

『漫才』ヘル&和音

『石原裕次郎物語』成田家紫蝶

ー仲入りー

『昭和歌謡ショー』天狗スターズ

『千両みかん』駒久家南朝

『寄席踊り』のの字&馬笑

『過剰葬儀』成田家虚生


土日共に昼公演になってからは
両日バランスよく入っていただける感じになってきています。
昨日も610名のお客さんがおみえになりましたので、
両日合わせて1150名のお客さんが
来て下さった事になります。


改めて天狗連のパワーの凄さを
実感させていただきましたし、
自分自身も、まだまだ勉強が足りないと
思い知らされました。
また来年の小市民寄席に向けて、明日から始動ですね。


微笑亭さん太

第39回小市民寄席 初日

昨日は豊橋市公会堂にて
【第39回 小市民寄席】に出演してきました。


毎年この時期に行われている
天狗連のビッグイベントで、
普段は舞台に上がらない方々も、
この日ばかりは何らかの形で出演するという
メンバー総出演の寄席です。


以前は土曜日が夜公演、
日曜日が昼公演という事だったのですが、
一昨年、両日共に昼公演となり、
今年も引き続き、両日昼公演で行われました


『釜泥』微笑亭咲笑

『漫才』三代&和音

『壺算』弾家喜苦

『コント』(さん太作)天狗連総出演

『こうもり』(さん太作)望々亭みるく

『太神楽』小呂比家念挫

『寝床』髪家三代

ー仲入りー

『昭和歌謡ショー』天狗スターズ

『持参金』鶴橋減滅渡

『寄席踊り』のの字&馬笑

『オトナの試験』(さん太作)微笑亭さん太


雨の予報でしたが、予報に反して全くのお天気で
お客さんも570名の方が来てくださいました。


昨年に引き続き、落研時代のひとつ下の後輩の子たちがみんなで見に来てくれましたし、
二つ上の先輩方も来てくださいました。
遠路はるばる、東京、横浜、大阪からも見に来てくれたお客さん方にも感謝です。


私は久々のトリでしたが、暖かいお客さんに助けられました。
また、私の書いた天狗連コントも何とか笑っていただけて
大変盛り上がった初日となりました。
今日も引き続き、公演がありますので頑張ります。


微笑亭さん太

竹、うめぇ~!

大好きなおかずを前にして、炊き立ての美味しいお米を食べた時、
「あ~日本人に生まれてよかったな~」
てな事を実感したりしますよね。


一番好きな食べ物に【お米】を挙げる人もいらっしゃいますが、
「俺はね、この世で米が二番目に好きなんだよ」
「二番目?じゃあ、一番好きな物は何?」
「米から作られる透明な液体」
主食がお酒という方は、ほどほどにされた方がいいですよね。


人間の場合、ある特定の物しか食べないという偏食だと怒られますが、
動物には、そういう偏食の生き物というのがいたりします。
その中でも有名なのが【パンダ】でして、
『竹やササしか食べない』というイメージがありますよね。


実際には竹以外のニンジンやサツマイモ、リンゴ、カキなども食べない事はないんですが、
竹が主食である事は変わりないわけですね。
竹というのは栄養価が低いわけですが、パンダが巨体を持ちながら
栄養価の低い竹やササを愛する理由というのは、
パンダファンの間で【百万年の謎】とされてきたんですね。
これじゃあ【お新香しか食べない白鵬】みたいなもので、
どこからそのパワーは出てるのか不思議に思いますよね。


「パンダって、何で竹しか食べないんだろうね?」
「竹以外の物を食ったら、ただのクマと同じになっちゃうだろ?差別化のためだよ」
「そんなわけないだろ。確固とした理由があるはずだよ」
「他の物を食ったら強すぎちゃうからハンデだよ」
こんな調子でファンの間では、
喧々囂々、侃々諤々の議論が繰り広げられていたんでしょうね。


その百万年の謎がこのほど、
四川省の成都パンダ繁殖研究基地の研究員によって解明されたそうですね。
研究員がパンダのフンを分析したところ、パンダの腸内細菌群は
竹の繊維を分解する能力を持たない事が判ったそうでして、
パンダは食物繊維のセルロースではなく、
竹に含まれるでんぷんなどから必要なエネルギーを得ているんだそうですね。


分解する能力がないのに竹を食べるのは不可解な感じはしますが、
ちょうど日本人だけがゴボウを食べるみたいな感じでしょうかね。


竹を主食とする理由については、竹は他の食物よりも広く分布し、
竹を食べる動物がほとんどいないため、食物として竹を争う
【商売敵】の動物が少ないという事が挙げられますね。
人間で言えば【くさや】が主食みたいな人でしょうかね。


そして竹からは比較的高濃度のでんぷんが得られ、
四季により各部位のでんぷん含有量が変わるため、
パンダは季節に合わせて含有量の高い部位を食べる事ができるんですね。


でもまあ、こういった理由というのは、あくまでも人間の予想、推測ですから、
本当のところはパンダ自身に聞いてみないと判らないですよね。
「パンダさん、どうして竹を主食にしてるんですか?」
「座って竹を手で持って食べてる姿が【インスタ映え】するから」
真の理由は、意外なものかもしれませんね。


微笑亭さん太

もうすぐ夏休み告知

※告知です!


●7/7(土) 午後2時~
   8(日) 午後2時~
『第39回 豊橋小市民寄席』
豊橋市公会堂にて
木戸銭¥1500(天狗連トートバッグ付)
出演 天狗連メンバー総出演

両日とも番組は違います。
落語はもちろん、コント、漫才、太神楽、寄席踊り等々
バラエティに富んだ内容の二日間です。
私は土曜日のトリで落語、両日コントで出ますが、
天狗連コントの台本も書かせていただきました。


●7/13(金) 午後7時~
『しんしろ寄席』
コーポテラ1階東(新城市平井字若杉1-3) 木戸銭¥1000
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

4月から毎月第2金曜日に始まった月例の寄席です。
缶詰バーのおつまみを食べ、お酒を飲みながら見られる寄席ですので、
気軽にお越しいただければと思います。


●7/16(月・祝) 午後7時~
『向山寄席』
豊橋・市民文化会館 木戸銭無料
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

毎年夏に行われている定例公演です。
一応、向山地区の方対象の寄席ですが、
どなたでも入れますので、是非お越しください。


●8/4(土) 午後7時~
『納涼落語会』
碧南市哲学たいけん村無我苑(愛知県碧南市坂口町3丁目100番地)
(問合せ)0566-41-8522
木戸銭¥500(呈茶券付き)
出演 微笑亭さん太

三年前からやらせていただいている会ですが、
怪談調の噺をおりまぜつつ、
1時間半ほどの独演会となります。
夏の夜には、うってつけの会ですが、
毎年前売り券が、早期に完売しております。
行かれる方は、早目のチケット入手をオススメ致します!


●8/5(日) 午後2時~
『第2回 富久有(ふくゆう)寄席』
冨久有(豊橋市有楽町21番地) 木戸銭¥500
出演 立の家猿之助 万年堂きさ馬 微笑亭さん太

天狗連の弾家呈茶さんのご実家でもある富久有さんでの寄席です。
元遊郭という地域だけあって、昭和の香りのする風情ある佇まいです。
5月に続いての2回目という事で、廓の専門用語で言うところの【裏をかえす】寄席となります。
今回は、毎年池田市で行われている社会人落語日本一決定戦で優勝された、名人お二人をお招きし、私を加えた三人会です。
それぞれ2席ずつやりますので、是非お越しくださいませ。


●8/11(土)
①午前9時45分~(映画)午前11時30分~(落語)
②午後1時~(映画)午後2時45分~(落語)
『東三河演劇フェスティバル』
音羽文化ホール
木戸銭¥1000(当日¥1200)
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

このところ毎年出させていただいているイベントです。
例年はお芝居とのコラボでしたが、今年は映画とのコラボとなりました。
木戸銭は映画&落語のセット料金です。
午前と午後に行われますので、ご都合よろしい方に来ていただければと思います。


●8/26(日) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会(怪談噺の会)』
ぬくもりカフェ(豊橋市東田町字西脇29)
出演 微笑亭さん太

いつもお世話になっている【ぬくもりカフェ】での独演会です。
今回は、ちょっと趣向を変えて怪談噺の会です。
笑っていただいたり、怖がっていただいたり、楽しい会にしたいと思いますので、
是非お越しくださいませ。
予約が必要ですので、0532527399(ぬくもりカフェ)まで
お電話をいただければと思います。
過去の会は全て満席になっておりますので、
お早めに予約をいただければと思います。



●なお、東三河広域連合の出前講座【落語で学ぶ悪質商法】は、
豊橋、豊川、新城、蒲郡、田原、設楽町、東栄町、豊根村の
5市3町村にお住まいの方々でしたら、どなたでも呼ぶ事ができます。
しかも無料です(笑)
豊橋市役所内にあります東三河広域連合の方まで申し込みいただければ
さん太が落語をやりに参りますので、老人会、町内会など、ご依頼いただければと思います。
東三河広域連合(0532269078)まで、どうぞ!


落語会やイベント出演のご依頼も
24時間受け付けておりますので、よろしくお願い致します!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp


微笑亭さん太

母校の先生

昨日は豊橋市にある
二川地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


二川地区市民館には一昨年、
やはり出前講座で伺っていて、それ以来という事になります。
気温はさほど高くないものの、蒸し暑い陽気の中、現場へ向かいました。


高齢者セミナーのひとコマとして行われたので、
主催者は市民館の館長さんという事になります。
初対面の女性館長さんでしたが、
「二川地区市民館には、一昨年一度、出前講座で伺ってます」
「あ~そうなんですね~。
それで受講生の方が今回のお知らせを見て
『またさん太さん?』って言ってたんですね~」
・・それは完全に【もうたくさん】ってニュアンスですよね?


高齢者セミナーはセミナーの内容によって
出席者の増減があるようですが、昨日は60名近い方がおみえになったので
かなり大入りの方だと思います。


後から伺いましたが、館長さんは
私の母校である豊田市の崇化館中学校で先生をやられていたそうで
それにもビックリしました。


当時はクラスも13クラスぐらいあって、
その頃は現在の少子化の未来なんて、微塵も感じさせなかったでしょうね。


微笑亭さん太

信じる者は、たかられる

人間、大金を必要とする大きな買い物をしなければならない時、
『神様がポ~ンとお金を恵んでくれないかな~』なんてんで、
ありえない妄想をしたりします。
いわゆる【苦しい時の神頼み】というやつですが、
神に仕えるような方でも、そういう事を思ったりするようですね。


テレビに出演して神の福音を伝える事を職業としている、
ジェシー・デュプランティスさんという
米国のテレビ宣教師の方がいらっしゃるんですが、
この方、プライベートジェットを購入するために、
信者に寄付を呼びかけているそうですね。


ジェシー・デュプランティス宣教師は、
このほどキリストと神聖な対話を行った際、
信者から寄付を募り、新品の仏ダッソー製【ファルコン7X】という
ジェット機を購入するよう求められたと仰ってるんですね。


サンドウィッチマンでなくても
『ちょっと何言ってるか判らないんですけど』と言いたくなりますが、
イエス様がそう仰ってると言い張ってますから、そうなんでしょうね。


この方、既に三機のプライベートジェットを所有しているそうですから、
過去にこの手で成功しているという事ですよね。
【信者】という字を続けて書くと
【儲かる】という字になるとはよく言ったものですが、
宣教師の人間性はともかく、信者の方々はいい人たちばかりなんでしょうね。
日本で言えば【坊主丸儲け】、
英語では【スキンヘッド・オール・ゲット】でしょうか。・・・違いますかね?


デュプランティス宣教師は、
『プライベートジェットがあれば、キリストに文字通りの意味で近づける。
自分自身のために所有するのではなく、あくまでも聖職者として、
世界中で信者を増やすことを目的に使用するのだ』と仰ってるそうですから、
決して私利私欲のためではないようですね。


これはきっと【宣教師みたいな詐欺師】か
【詐欺師が宣教師をやっている】か、
どちらかでしょうね。


宣教師であれば、
【アーメン】と言わなければならないわけですが、この方の場合は、
「アーメンどくさい・・・よし、飛行機に乗って布教しよう」
なんてんで、ちょっと方向性が違っちゃったんでしょうね。


ちなみにこのプライベートジェットのお値段は
約五十九億円だそうですけど、それだけあったら、
何人の迷える子羊たちが救えるのかとかは考えないんでしょうかね?
「信者の皆さん、
私がプライベートジェットを購入するための資金を寄付しなさいと、
イエス様は仰っています」
「・・・宣教師様、今、我々にも神の啓示が下りました。
そういういかがわしい宣教師には、びた一文渡してはいけないと」


この一件で、信者の方々も
【この世に神はいない】という事が判ったんじゃないですかね。
何しろ、この宣教師が地獄に落ちてないわけですから、やはりいないんでしょうね。


微笑亭さん太

悪夢の変遷

夢をよく見られる方もいらっしゃると思いますが、
私はそんなに頻繁に見る方ではないと思います。
見たとしても、ほとんど忘れてるんでしょうね。


昔は高座前になると
全くネタが入ってない状態で高座に上がる夢を、よく見ました。
座布団に座るも、全然噺が出てこなくて、
ただただ過ぎる時間、大量の嫌な汗、お客さんたちの叱責する目・・


ハッと目が覚めて夢だと判った時、
泣きたくなるくらい安堵した事は数知れません。
さすがにそこまでひどい状態で高座に上がった事は一度もないのに、
なぜ繰り返しそういう夢を見るのか、今もって不思議ですね。


ただ最近、
見る悪夢が変わってきました。


ネタが入ってない状態で高座に上がる夢も見る事は見るんですが、
それよりも、高座前に着替えをしている時の夢を見る事が圧倒的に多くなりました。


前の演者が、もうサゲにかかって終わろうとしているのに
着物に着替えられてない自分。
早く着なければと気持ちばかり焦るんですが、
なぜか着物に手が通らなかったり、帯を巻けなかったり
物凄く手間取っているのです。
普段なら早く着られるのに、今日はどうした事だろう、
気持ちは焦っても、全く着物が着られないのです。
そんな悪夢をよく見ます。


私の中で、
いわば【悪夢の変遷】が起きているわけですが、
見る悪夢の質が、なぜ変わってきたのか考えてみると
昔より高座回数が増えたからかな~と思ったりします。


高座回数が増える事によって、かけもちも多くなりました。
中には3件かけもちなんて日もあったりします。
そんな時は当然、移動の時間的余裕はありません。


高座を下りたらさっさと着替えて
次の会場に移動して、着いたらまた素早く着替える。
この状況を何度も経験するようになりました。
時には本当にギリギリで会場入りする事もありますから、
そういう時の心理状態が、
今見る悪夢の内容に影響を及ぼしているのではないかと思いますね。


・・てな事を書いてると
今夜もこの悪夢を見そうで、ちょっと怖いですね(笑)


微笑亭さん太

田原の恵み

昨日は田原市にある堀切市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


堀切市民館は、ほぼほぼ伊良湖岬と言ってもいいくらい
渥美半島の先端に近く、距離もあります。
しかも朝イチの会でしたので、かなり早く出て現場に向かいました。


しかし日曜日の早朝という事もあって、
道が思いっきり空いていたので、逆に早く着き過ぎてしまって、
時間をつぶすのに苦労しました。


お客さんは50名ほどで、おとなしい感じの方が多かったですが、
それなりに楽しんでいただけたのではないかと思います。


帰りには大きなスイカをいただきました。
田原に営業に来ると、キャベツとかトマトとか
農作物を余禄としていただく事が多くて、これがとてもありがたいです。


・・田原の皆様方、
まだ私はお土産として【メロン】をもらった事がないという事を
一言書き添えておきます(笑)


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード