FC2ブログ

どこまでも続く美味

年末にはクリスマスがありましたが、クリスマスというのは、
一体いつ頃日本に入ってきたのかな~という素朴な疑問があります。


資料によると思ったより古くて、
1552年に山口県でキリスト教の宣教師の方が、
日本人を集めてクリスマスのミサを行なったのが最初とされています。


1552年という事は戦国時代ですよ。
あの織田信長が生まれたのが1534年ですから、信長が18歳の時という事になります。
信長というのはちょっと変わった方だというのは、よく知られてますが、
クリスマスにはすぐに飛びついたんじゃないでしょうかね。


自分がサンタクロースのコスプレをして、家来に向かって、
「おい光秀、お前、トナカイになれよ」
なんてな事言ってたかもしれませんね・・・
それが【本能寺の変】の本当の原因だったりしましてね。


クリスマスも昔に比べると幾分トーンダウンした感じがありますよね。
バブルの頃というのは、カップルでもって高級ホテルを予約して、
豪華なディナーを味わうというのがクリスマスの定番でしたが、
今は家族で過ごすとか、普通に仕事をしているという人も珍しくありません。


それでも付き合い始めたばかりのカップルだったりすると、
初めてのクリスマスは高級レストランに行きたいという、
ちょっと背伸びした感覚もあるでしょうね。


大好きな彼女を目の前にしてディナーを楽しむという、
そのシチュエーションだけで、男性はドキドキしちゃいますよね。
そんな中、ワインのボトルを運んできたのが
【日馬富士】だったりしたら、
尋常じゃないドキドキ感が味わえるんじゃないですかね。
思わず頭をガードしたりしましてね・・・。


食品管理にうるさい昨今、
食品の賞味期限というものは必ずチェックされますよね。
ところがワインには賞味期限の表示というのがありません。


というのも、普通の食品というのは
製造直後からドンドン劣化していきますが、
ワインは瓶詰めされた後も十年以上に渡り熟成を続けるからなんですね。
このような商品に一律に賞味期限表示を行なう事は、
食品衛生法の賞味期限表示の考え方とも合致していないという事で、
賞味期限が設けられていないわけです。


ですから女性と一緒にレストランに行って、
「私、このワインが飲みたいわ」
「1983年のボルドー?
そんな古いもの、賞味期限が切れてるからダメだよ」
値段を横目で見ながらそんな事を言っても、全く説得力がないという事ですね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



放送エリア

昨日はみよし市にある明知下老人憩いの家に行ってきました。
老人会の方々の前で一席やってきました。


悪質商法の出前講座なんですが、
いつもやっている東三河広域連合からの依頼ではなく
みよし市役所からの依頼で行ったというもので
一昨年からやらせていただいています。
今年度は昨年11月に1回、今月に1回やっていて、
それに続いて3回目という事になります。


前回に続き今回も、この話を取り持ってくれたのが、
私がラジオ番組でお世話になっている
エフエムとよたです。
そうやって横に広がるというのは
ありがたいものです。


地域の老人会の方々の合同イベントのようで
60名ぐらいの方々が集まってくださいました。


昨年とは違うネタをという事でしたので、ネタは全て変えました。
さらにみよし市役所の方から悪質商法の手口6項目ほど、
ネタに入れ込んでほしいというリクエストを受けていたので、
それらを入れて、1時間ちょっと通しで喋りました。
お客さんは、よく笑っていただけたので、やりやすかったです。


私のやっているラジオ番組、【ラブィート演芸】の放送エリアでもありますので、
そちらの方の宣伝も、しっかりさせていただきました。


微笑亭さん太

切手貼ったの世界

昨日は豊橋にある高千穂会館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


高千穂というのは、法事や宴会などに使われるお店で
4、5年前に二度、営業の高座で伺った事があります。


昨日は郵政関係のOBの方々の新年会で、
ほとんどの方が年配男性ばかりでした。
落語の後に食事があるという事で、
座席も円テーブルでしたので、どんな感じになるかと心配でした。


年配男性ばかりだとウケが薄くなる事もしばしばなんですが、
昨日のオジサマ達は、本当によく笑ってくださいました。


恩返しというわけではありませんが、
来年の年賀状は沢山買いますので、それでご勘弁いただきたいと思います(笑)


微笑亭さん太

仲居越しの高座

昨日は豊橋にあるホテル、シーパレスに行ってきました。
新年会の席で一席やってきました。


小市民寄席のパンフの広告主でもあります
寿酒販さんからお話をいただいたもので
このところ毎年この会に、減滅渡さんや念挫さんといった
天狗連メンバーが伺っているようです。


ホテルでの新年会ですから、当然【飲み食いあり】という事になります。
私が楽屋入りした時には、40名くらいのお客さんが
お膳を前に座っておられました。


まあ、残念な感じの高座になるのかな~と思いつつ上がると
皆さん、飲み食いをされながらでも結構聞いてくださいました。


常に料理を持った仲居さんが前を横切る状態でしたので
どうしても散漫にはなってしまうものの
思った以上に笑っていただけたのは嬉しい誤算でした。


お世話になっている寿酒販さんですから、
また機会があれば、是非呼んでいただきたいものです。


微笑亭さん太

女の又の力

中国の古い言葉に『人事を尽くして天命を待つ』という言葉があります。
できるだけの事はやって、後は運に任せるという、
いわば最後まで努力する事の大切さを説いたような言葉ですよね。


ただ確かに努力は大切ですが、
間違った努力の仕方というのはいただけないようですね。
「全く同じ練習をして他の人より努力しても、伸びない奴は伸びないですよ。
僕がそうでした」
元陸上十種競技の日本チャンピオンであり、
現在はタレントとして活動している武井壮さんは、
以前ある人からこう言われたそうですね。


まるで努力を真っ向から否定するような言葉ですが、そういう人に限って
『じゃあ見せてよ』と実技させたりすると、技術的にも物理的にも、
まるで間違えている事が多くて、一言指摘しただけで
あっさり伸びるなんて事がよくあるんだそうですね。


『努力というのは、ただ闇雲にやる事ではない』と語る武井さんは、
間違った努力を【焼きそばの販売】に例えてましてね。
『僕は日本一の飲食店を作ります』という夢を持った人が、
人気の無い場所で全然美味しくない焼きそばを売ろうと、
毎日十時間大声出して頑張った結果、少ししか売れなくて
『俺は頑張ってるのに儲からない』と嘆くのと同じだと言うんですね。


まず焼きそばをより美味しく作れるスパイスや具材、
麺を探したり焼き方を学んだり、より多く売れる場所や方法を選んだり学んだり、
お店を綺麗にしたり、パッケージを工夫するとか、できることは山ほどある。
まだできる事が残ってるのに、才能を嘆く事ほど無駄な事はないと仰ってるんですね。


努力を『ただ頑張る事』だと考える人もいますが、
武井さんは頑張るだけの努力を
『焼きそばが美味しくなる方法やうまく売る方法を考えずに、
売れない場所で呼び込みをする行為』つまり【間違った努力】であると断じてるわけですね。


「なるほど、武井さんはいい事言うね~。
これってつまり、間違った努力をするより、ペヤングを食えって事でしょう?」
「違うよ。同じペヤングでも、人気のない店で買えって事だろ?」
「バカだな~お前たち。
ペヤングには納豆を混ぜて食えって事だよ」
これはみんなバカですけどね。


彼は『才能がない、と嘆く人を否定しているわけではない』とした上で、
『方法さえ間違えなければ、努力は実を結ぶ事を自分が証明する』とも仰ってましてね。
「そうか、才能がなくても正しい努力さえすれば、実力はアップするんだな。
俺は精一杯努力してるから、いつかは実力が開花するに違いないな」
「果たしてそうかな~?
【実力】ってさ【才能×努力】という公式で出せるんだってさ」
「才能×努力?」
「そう。例えば【10】の才能の人が【10】の努力をすれば、
10×10=100、【100】の実力を生み出す事ができるんだよ。
お前の場合、努力は【10】でも、才能は【1】しかないから、
1×10=10・・・結局、変わらないんだよ」
・・・やはり最低限の才能というのは、必要になってくるんでしょうかね?


微笑亭さん太

シリすぎた女

昨日は豊橋市にある
ロワジールホテルに行ってきました。


前日の夜から朝にかけて雪の予報でしたので
道路状況などが心配でしたが、結果的に雪はそれほどでもなく
豊橋に向かう時には、よく晴れていて、道も乾いていました。


毎年1月に行われている銀行の新春寄席で
年金受給者の方々対象の落語会です。
蒲郡、岡崎に続いて3ヶ所目ですが、今回は成田家紫蝶さんとの二人会です。
毎回大入り確実の新春寄席ですが、
昨日も580人くらいの方々がおみえになり大盛況でした。


この会を仕切っているのが、天狗連の猫好きセレブ・夢見亭初音さんです。


来週、この会は名古屋の金山にて、もう一度あります。
「初音さん、来週の場所は金山のグランコート名古屋でしたよね?」
「前回と同じところよ」
「ですから前回が、グランコート名古屋ですよね?」
「わかんない」
「判らないんですか?」
「私に場所の事とか聞かないでよ。
この間もね、聞いた事に答えてくれるスマホの【シュリ】ってあるでしょう?」
「・・・【Siri】ですか?」
「そうそう、シュリね。
道に迷っちゃったから、そのシュリに【私のおうちを教えて】って聞いたら、
【ワタシはあなたの家を知りません】って言われちゃったのよ」


初音さんのボケには、Siriもツッコミ役に回るしかないようです。
来週の名古屋の会もまた、
初音さんの【新ネタ】が期待されますね。


微笑亭さん太

割増でも割に合わない職業

記録的な寒波が日本に来ていますが、
雪の日というのは、なかなかタクシーが捕まらなくて
帰宅できないなんて方もいますよね。

 
タクシーの運転手さんというのは、常に犯罪に巻き込まれたり、
暴力の被害者になる危険性をはらんでいる職業ですから、大変ですよね。
昨年、札幌の繁華街・薄野からタクシーに乗った男性と運転手が、
道順を巡ってトラブルになったという事件がありましたよね。


ドライブレコーダーには男性が怒鳴りつけながら防犯ボードを蹴破り、
料金も払わずタクシーを降り、さらに車に向かって
物を投げつける様子なども残っていましてね。
やったのは暴力団の組員か何かと思っていたら、
これが弁護士だって事が判って、余計にビックリなんて事になりました。
防犯ボードと一緒に法も破ったという感じなんですが、
この弁護士の行動自体が、
弁護の余地がないというのも皮肉なものですよね。


こんな事をされては運転手さんも、おちおち仕事ができないと思いますが、
外国では、タクシーで防犯ボード蹴ると後部座席のエアバッグが膨らんで、
逃げられなくなるという車があるそうですね。
これは日本でも導入すべきですよね。
【タカタのエアバッグ】なら確実に仕留めてくれるでしょうからね。


ある男性が旅先で泥棒に遭い、
旅行カバンと財布入りのバッグを盗まれてしまったんですね。
帰りの航空チケットは運良く背広の内ポケットに入っていたんですが、
空港までタクシーに乗るお金がなかったんですね。


男性はホテルの前で
客待ちをしていたタクシーに乗り込み、運転手に事情を話しましてね。
「泥棒に遭ってしまって、とても困ってるんです。
自宅に戻ったらすぐに倍の料金を送るから、空港まで乗せていってくれませんか?」
「冗談じゃありませんよ、そんな保証のない話。
こちらは商売なんですから、お金がないなら降りてくださいよ」
男性は何度も頼んだんですが、
運転手は頼みを聞いてくれなかったんですね。
仕方がないので男性は、止むなくヒッチハイクをして、
どうにか空港にたどり着いたんですね。


一年後、男性は同じ土地を訪れ、
今度は無事に旅行を楽しんでから帰ろうとしたんですね。
ホテルの前で客待ちをしているタクシーの列を見つけ
先頭のタクシーに乗り込もうとした時、男性は一年前の乗せてくれなかった運転手が
列の最後尾にいるのに気付いたんですね。


一年前の件を根に持っていた男性は運転手に仕返しをしてやろうと考え、
まず先頭のタクシーに乗って運転手に尋ねましてね。
「空港まではいくらかかるのかな?」
「二千円くらいですね」
「じゃあ五千円払うから、途中で俺に尻を貸してくれないか?」
「バカな事言わないでください! 私には、そういう趣味はありませんから!」
男性は先頭のタクシーから降り、
二台目のタクシーに乗って同じ質問をしたんですが、当然拒否されます。


男性は同じ質問を三台目、四台目と、
次々に繰り返しては、車から降ろされましてね。
そして最後に、例の運転手のタクシーに乗り込み、
「空港まではいくらかかるのかな?」
「二千円くらいですね」
「じゃあ、空港までお願いします」
それを聞いて運転手は普通にタクシーを出したんですが、
前に並んでいるタクシーの横を通り過ぎる時、
後部座席の男性は、それぞれの運転手に笑顔を向けながら
親指を立てたって話がありましてね・・・
その後、運転手に関してどんな噂が流れたのか、
知りたいものですよね。


微笑亭さん太

囁き、そして決断

コンビニなどで少額の買い物をして一万円札を出した時に、店員さんが
「お先に大きい方、九千円お返しします・・・五千円、六、七、八、九」
などという具合に、目の前でお札を数えられたりする事が増えてきました。


何だかお金を数えられない子供みたいな扱いをされ、
バカにされているように感じる人もあるようですが、
あれにはちゃんとした理由があるんですね。


というのも以前は『お先に九千円をお返しします』と言って、
普通にお客さんに渡してたんですが、その後、店員さんが小銭を揃えている間に、
お客が五千円札を素早く千円札にすり替えて、
「あれ?千円札五枚だったけど」
などと言って四千円分を騙し取る釣り銭詐欺が横行したからなんですね。


ですから詐欺防止のために、お客さんの目の前でお札を数えますし、
一番上に五千円札を乗せるようになったんだそうですね。
お店の側も、なかなか大変ですよね。


人間誰しも、心の中に【天使】と【悪魔】が住んでいるなんて事を言いますが、
その天使と悪魔が同時に囁く瞬間というのがありますよね。
お店で買い物をした時に、
お釣りが多い事に気付いた時なんというのが、まさにそうですよね。


以前、誤って多く渡された釣り銭を騙し取ったとして、
詐欺容疑で奈良県の四十三歳の消防士が逮捕されたなんて事がありました。
この方、お店で約一万三千円の買い物をして一万五千円を支払ったんですが、
定員さんがお釣りとして約四万六千円を渡してきたんですね。


この時点でかなりおかしい話なんですが、その店員さん、
貰った金額を【六万円】だと思っていたらしいんですね。
しかし一万三千円の買い物に対して六万円を出す人はいないでしょうし、
過去日本において、万札がお釣りに使われたという例は存在しないはずです。
受け取ったのは十六歳のアルバイトの子だったようですが、
その時お店がかなり忙しくて、パニックになっていたようですね。


後でお店側が気付いて被害届を出し、
防犯カメラの映像が残っていた事で逮捕に至ったようですね。
この事件を聞いた大多数の一般の方々は、恐らく
『千円くらいならともかく、四万六千円はやり過ぎだ』と
思われたんじゃないですかね。


でも『千円くらいならともかく』というその感覚も、
道徳的には正しくないわけですが、
多分【やった行為】ではなく【金額の大きさ】で
判断される方が大多数なんでしょうね。


その消防士の方も、本来二千円を渡されるところを、
予想外の四万六千円も渡されてしまい、驚いたでしょうね。
『ひょっとしてこれ、正直者かどうか見るために、
どっかでモニタリングされてんじゃないのか?』なんてんで
テレビカメラを探したかもしれませんね。


そんな最中、頭の中にはきっと、天使と悪魔が出現した事でしょうね。
「ラッキー!やったな、お前。そんなの当然、みんな貰っちゃえよ」
「何を言うのですか!いけません、そんな事。
みんな貰うなんてありえません」
「いいじゃねえかよ。
間違えた向こうが悪いんだから、みんな貰えばいいんだよ」
「ですからいけません!せめて二万円は返しなさい」
・・・結構天使も、腹黒かったりしましてね。


微笑亭さん太

小学生のツボ

昨日は田原市にある赤羽根小学校に行ってきました。
全校生徒と、一部の保護者の前で落語をやってきました。


ここの先生とは面識はありませんが、
以前にメールをいただいてオファーを受けたものです。
全く見ず知らずの素人にお話をくださるとは
赤羽根小学校の先生も、なかなかのチャレンジャーです(笑)


小学校ですから、体育館高座を覚悟してたんですが
体育館ではなく、広い教室が会場でして
そこに全校生徒130名ほどが集まってました。


果たして1、2年生に落語が通じるのかというのが
最大の懸念でしたので、判りやすい噺をと思い
『親の顔』『転失気』『元犬』をやりました。


学年順に前から座ってましたが、
最前列の1年生が予想以上にハマってくれたようで
なかなか、笑いの間を取るのが大変でした。
子供たちは、ハマった時の爆裂具合は尋常じゃないですね。


笑いの間の取り過ぎで時間が延び
落語3席が授業時間に収まるかどうかが心配でしたが、
何とか持ち時間内に終わらせる事ができました。


小学校で落語をやるたびに、子供たちの素直な感性に驚かされますが、
また是非やらせていただければな~と思います。


微笑亭さん太

大須演芸場

昨日は名古屋大須にある
大須演芸場に行ってきました。
毎年この時期に行われている、
『日本笑い学会』主催の
『新春笑例会』に出演するためです。


ありがたい事に、ここ数年、
毎回のように出させていただいてるんですが、
今回は赤福君、減滅渡さん、紫蝶さんとの共演となりました。


以前はこの会を大須演芸場でやっていたのですが、
一旦閉館したため、一昨年までは
産業労働センターでやっていました。
それが昨年、ホームグラウンドともいうべき
大須演芸場に戻ってきて、今年も引き続き大須での会でした。


午後1時から4時過ぎまでという
なかなか長丁場のイベントですが、
笑いに関する講演などが色々あって
最後に天狗連の落語が4席あります。


お客さんは満員でして、
積極的に笑ってくれる方ばかりですので、
とても、やりやすかったです。
さすがは【笑い学会】のイベントです。


阪南市からお越しになったマイミクのサンキス亭レモンさんも出演なさっていて、
初共演となりましたが、しっかりウケを取っていて堂々たる高座でした。


是非また来年も
出させていただきたいイベントですね。


微笑亭さん太

謎タイトル

昨日は、千種区にある乗西寺というお寺に行ってきました。
年に一度行われている『みんぐるまんぐる寄席』に出演するためです。


お寺に着くとご住職が出迎えてくださいましてね。
「あ、どうもご苦労様です」
「お世話になります」
「ウチには、初めて来られた方ですね」
「え?あ、はい」
一度出てるんですけどね(笑)
まあ5年前に一度きりですから、ご住職が覚えてないのも無理ありません。


【みんぐるまんぐる】という言葉の意味が気になるところですが、
英語のミックス、ごちゃ混ぜという意味だそうです。
何となく語呂がいいので付けたとご住職。
私はてっきり、仏教用語か何かと思ってました。


『から抜け』若鯱亭笑天

『ツッコミ老人』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『禁酒番屋』若鯱亭笑天

『風の神送り』川の家河太朗


お客さんは年配の方を中心に30名ほどでしたが、
よく笑っていただけたと思います。


打ち上げでは、美味しい料理を出してくださって、
スタッフの皆さんにも大変お世話になりました。
次回も是非、出していただきたいですね。


微笑亭さん太

電子書籍デビュー?

高座に上がるだけではなく、様々な方からご依頼をいただいて、
落語の台本を書かせていただいている私ですが、
ネタ依頼は、噺家の師匠からだけではなかったりします。


数年前、
作家の藤尾潔さんという方から『私の本を落語にしてほしい』という依頼を受け、
藤尾さんの著作【大震災名語録】を
落語化するというお仕事をやらせていただきました。


その本は、阪神大震災を経験された方々の証言を集め
今だからこそ笑えるようなエピソードが満載された作品でして
それを一本の上方落語として書かせていただきました。


その台本が最近、電子書籍として発売されたようです。

https://bookwalker.jp/deb53e559f-5a13-43d2-835f-04722430161b/

気が向かれましたら、
是非とも読んでいただきたいと思います。


微笑亭さん太

捨てられた男

昨日は大府市にある
大府東山公民館に行ってきました。
高齢者の方々対象の寿大学にて一席やってきました。


このお話は経大亭勝笑さんから声をかけていただき
勝笑さん、喜楽さんとの三人会でした。


『ツッコミ老人』(さん太作)微笑亭さん太

『阿武松』お好味家喜楽

『漫談』経大亭勝笑


お客さんは50人くらいでしたが、
朝早いにもかかわらず、よく笑ってらっしゃいました。


この日はかけもちでして、大府での高座を終えた後
岡崎に移動して、岡崎ニューグランドホテルに行ってきました。


毎年1月に行われている銀行の新春寄席で
年金受給者の方々対象の落語会です。
先週の蒲郡に続いて2ヶ所目ですが、今回は成田家紫蝶さんとの二人会となりました。
毎回大入り確実の新春寄席ですが、
昨日も  人くらいの方々がおみえになり大盛況でした。


この会を仕切っているのが、天狗連の猫好きセレブ・夢見亭初音さんです。


年末の東海日日新聞に、
私の台本コンクール受賞に関しての記事が載りましたが、
それは初音さんが、顔のきく東海日日新聞に
働きかけてくださったお陰でもあります。


「さん太、東海日日新聞の記事、見た?」
「あ、チラッとは見ましたが」
「さん太にね、見せてあげようと思って、記事を撮影した写真を取っておいたのよ。ほら、見て見て」
「あ~そうなんですか。ありがとうございます」
「さん太の住んでる豊田では、東海日日は手に入らないのよね?」
「はい、豊橋ローカルですからね」
「ウチはね、東海日日新聞、とってるのよ」
「あ、そうなんですか?じゃあ、私の記事が載ってる新聞、いただけますか?」
「あ、捨てちゃった」
・・・記事の写真は保存していても、現物を捨ててしまうという、
まさに、初音ワールド(笑)


この新春寄席も、今月あと2回ありますので、
また初音さんの【新ネタ】が期待されますね。


微笑亭さん太

豪雨の出前講座

昨日は豊川市にある菅原会館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


このところずっと寒い日が続いてましたが、
昨日はいきなり春がやってきたのかと思うほどの気温で
しかもガッツリ、かなりの雨降りでした。


車を降りて会場の入り口まで数メートルだったので
傘をささなくてもいいだろうと荷物を持って走ったら
着いた時には、滝に打たれた修行僧みたく
ずぶ濡れになってしまいました。
雨をなめてはいけませんね。


お客さんは高齢者の方20名ほどで、ほとんど女性ばかりでしたので
笑いの量も多く、とてもやりやすかったです。


この出前講座、もう4月以降の新年度の受け付けが始まってます。
豊橋市内の市民館からは、高齢者セミナーのひとコマとして
既に依頼を12件ほどいただいてます。


高齢者セミナー枠での出前講座も年々増えていて
しかも2年、3年と連続で、お話をいただくところが多いです。
4月以降も頑張らないといけませんね。


微笑亭さん太

みよし市での出前講座

昨日はみよし市にある
新屋老人憩いの家へ行ってきました。
老人会の方々の前で一席やってきました。


悪質商法の出前講座なんですが、
いつもやっている東三河広域連合からの依頼ではなく
みよし市役所からの依頼で行ったというもので
一昨年からやらせていただいています。
今年度は昨年11月に1回やっていて、それに続いて2回目という事になります。


前回に続き今回も、この話を取り持ってくれたのが、
私がラジオ番組でお世話になっている
エフエムとよたです。
そうやって横に広がるというのは
ありがたいものです。


地域の老人会の方々の合同イベントのようで
50名近い方々が集まってくださいました。


昨年とは違うネタをという事でしたので、ネタは全て変えました。
さらにみよし市役所の方から悪質商法の手口6項目ほど、
ネタに入れ込んでほしいというリクエストを受けていたので、
それらを入れて、1時間ほど通しで喋りました。
お客さんは、よく笑っていただけたので、やりやすかったです。


みよし市内であと1回
出前講座が予定されているそうなので
そちらも頑張りたいと思います。


微笑亭さん太

今年初の月例寄席

昨日は丹羽郡扶桑町にある
高木西公民館に行ってきました。
町内の高齢者の方々対象の落語会です。


扶桑町では年に2回ほど
臥龍庵寄席というお寺での寄席があるのですが
その寄席の責任者の方経由で、いただいたお話です。
一昨年の1月に初めて呼んでいただき、
今回再び呼んでいただきました。


今回のお話は最初、前日の日曜日にオファーをいただいたのですが
日曜日は名古屋での寄席があり『残念ながら』と、
一旦はお断りしたのです。


ところが数日後、責任者の方から再びお電話をいただき、
「日にちを変更するので来てもらえませんか?」という事で
翌日の月曜日にお伺いする事になったのです。
わざわざ日にちを変更してまで呼んでいただけるというのは感涙ものです。


50名くらいの方にお集まりいただき
『お達者バイト』と『ツッコミ老人』で
1時間ほどの独演会です。
よく笑っていただけました。


この日はかけもちでして、扶桑町での高座を済ませると
豊橋に移動して、月例寄席に出演してきました。


『初天神』何逸亭長久

『延陽伯』鶴橋減滅渡

ー仲入りー

『死にたい男』(さん太作)微笑亭さん太


先週の名人会に続いて、2週連続の寄席という事で
お客さんは少ないだろうという予想をしてましたが、
嬉しい誤算というやつでら40名以上おみえになり
いつも以上の大入りとなりました。


私は創作のネタおろしで臨みましたが
決して出来は良くなく、ミスも多かったんですが
お客さんに助けられたという感じでした。


微笑亭さん太

東区の寄席

日曜日は名古屋市東区の
東生涯学習センターに行ってきました。
『新春 東お笑い寄席』に出演するためです。


年に一度、定期的に行われている寄席で
私が出させていただくのは三年ぶり二度目です。


『禁酒番屋』黄昏亭駄らく

『井戸の茶碗』お好味家喜楽

『お達者バイト』(さん太作)微笑亭さん太

『鹿政談』川の家河太朗


大変にお寒い中、早くから来られるお客さんもいらっしゃり
35名くらいの方がおみえになりました。
よく笑っていただけたので、良い会になったと思います。


※告知です!

●1/15(月) 午後7時~
『月例寄席』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて) 木戸銭¥100
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 何逸亭長久

例年、名人会が行われる1月の月例寄席はお休みなんですが、
お客様方からのアツいニーズにお答えして(?)
月例寄席を行う事になりました。
新年最初の月例となりますが、私は創作のネタ下ろしの予定です。
こちらも、よろしくお願い致します。


●1/21(日) 午後1時~(落語は2時半より)
『新春笑例会』
大須演芸場 木戸銭¥1000
出演 三流亭赤福 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 成田家紫蝶 他

毎年恒例、日本笑い学会主催のイベントです。
笑いに関する様々な出し物がありますが、
落語は2時半頃から始まります。
会場が大須演芸場という事もあり、
私も非常に楽しみにしております。


●2/18(日) 午後1時~
『昭林落語会』 木戸銭無料
昭林公民館(安城市安城町広美10-1)
出演 黄昏亭駄らく 微笑亭さん太 夢ノ家くっか 槍田家志ょ朝 お好味家喜楽

安城市の公民館で
年2回行われている定期公演です。
どなたでも入れますので、
安城市民ではない方も、是非お越しください。


●2/18(日) 午後6時半~
『大府駅前寄席』愛恵不動産2階事務所(大府市中央町4丁目77) 木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太 お好家喜楽 槍田家志ょ朝 南遊亭栄歌 他

お馴染みの大府での定例公演ですが、
私も大好きな寄席の一つです。
安城の昭林落語会とかけもちで出演しますので、
こちらも、よろしくお願い致します。


●2/25(日) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会』
ぬくもりカフェ(豊橋市東田町字西脇29)
出演 微笑亭さん太

昨年からお世話になっている【ぬくもりカフェ】での独演会です。
予約が必要ですので、0532527399(ぬくもりカフェ)まで
お電話をいただければと思います。
過去の会は全て満席になっておりますので、
お早めに予約をいただければと思います。



落語会やイベント出演のご依頼も
24時間受け付けておりますので、よろしくお願い致します!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp


微笑亭さん太

それは五回です

昨日は安城市の安祥福祉センターに行ってきました。
センターのお祭りにて、1時間ちょっとの独演会です。


安祥福祉センターには4年前から
いつもこの時期にも呼んでいただいていて、
今回で何と5年連続でお邪魔する事となりました。
ありがたい事です。


昨年はこの会の時に大変な寒さになり
帰りは雪のつもった中、ヒヤヒヤで車を運転した覚えがあります。
昨日は思ったほど寒くはなくて、天気もよかったです。


そのせいか、昨年を上回る140名を超えるお客さんがおみえになりました。
高齢者がテーマの落語会でしたので、
『エンディングノート』と『茂造の恋』をやりましたが、
とてもよく笑ってくださいました。


私にとっても、非常にやりがいのある会ですので、
また来年も伺う事ができるといいな~と思います。


微笑亭さん太

隠蔽すべき問題

雪で電車が長時間立ち往生したりと、
大変な寒さになってますよね。
閉じ込められてしまった乗客の方々は、本当に大変だったと思います。

 
寒い時期になりますと、熱いお風呂にゆっくりと浸かって
『極楽、極楽』なんてな事を言ってみたいと思うのが人情です。


温泉なども賑わう季節ではありますが、学生時代、修学旅行での入浴で、
同級生に前を見られるのが恥ずかしくて、
必死でタオルで隠したなんて思い出のある方もいるんじゃないでしょうか。
そういう方に限って、大人になると堂々とモノを出して、
その存在感を誇示するようなタイプになったりしましてね。


銭湯や温泉に行って裸になった際、
タオルや手で局部を隠すべきかどうかというのが議論になってるそうですね。


当然【隠す派】【隠さない派】の主張というものがあるわけですが、
そもそも、隠す人と隠さない人は、
どのくらいの割合で存在するのかという疑問があります。


こんなくだらないデータ、どこにも存在しないだろうと思ったら、
暇にまかせて銭湯でねばって、統計を取ったという男性がいらっしゃいましてね。


この方、【大型の温泉】と【町の銭湯】で、それぞれデータを取ったんですが、
大型の温泉では、隠す人・隠さない人の割合は約6対4、
町の銭湯では約7対3だったそうですね。
この微妙な差は、大型の温泉では顔見知りがほとんどいない分大胆になり、
町の銭湯では常連が多いために【公開】が控えめになるとでも
解釈すべきなんでしょうかね。


ただデータを取っていて実感した事というのが、
数字の上では隠している人の方が少数派であるにもかかわらず、
実感としては『ほとんど誰も隠してない』という印象があるそうですね。


というのは【隠す人】がどうしても猫背がちで行動するのに対して、
【隠さない人】は大股でゆっくりと歩く傾向があって、
結果的に【隠さない人】の方が存在感があるためなんですね。
【オードリー】の春日さんと若林さんが全裸で歩いてるところを想像していただければ、
その感覚は理解できるんじゃないですかね。


そういった現実を踏まえて、隠す隠さないという話になるわけですが、
【隠す派】の人が【隠さない派】に対して一番言いたい事は、
『そんなにあなたは自分のモノに自信があるのか?』という事でしてね。
確かに自信がなければ、人目に晒すという事はしないでしょうからね。


「いやいや、自信があろうがなかろうが、堂々としてる方が自然でいいよ。
隠してる方が、逆に恥ずかしい気がするよ」
「何を言ってんだ。一日の疲れを癒そうとお湯に浸かって一息ついてる時、
ちょうど目線の高さあたりに、歩いてる人のモノが
ツ~ッと横切っていった時の絶望感を、経験した事があるか!?」
これはひとつ【朝まで生テレビ】か何かで、
徹底的に取り上げてほしい話題ですよね。


「俺が前を隠すのは、恥ずかしいとか自信がないとかじゃないんだよ」
「じゃあ何で隠すんだよ?」
「ほら、銭湯にだって、男が好きな男も入ってくるかもしれないだろ?
そういう人に対する対策として前を隠してるんだよ」
「あ~それだったら心配いらないよ。
彼らが狙ってるのは、前の方じゃなくて、後ろの穴の方だから」
確かにそうなのかもしれませんね。


微笑亭さん太

初音の出

昨日は豊橋にある公会堂に行ってきました。
豊橋警察署感謝状贈呈式という、豊橋警察署のイベントにて一席やってきました。


昨年、私の携帯に見慣れぬ電話番号から電話がかかってきました。
私がそれに出ると、
「あ、もしもし。こちら豊橋警察署の者ですが」
物凄くドキッとしました。
何か豊橋で悪い事やったのがバレたのかなと
それまでの自分の行動を頭の中で検索しちゃいましたね。


結局は、このイベントへの出演依頼だったわけですが、
普段、警察に協力されている方々への感謝状が贈られる会でした。


公会堂はいつも、7月に行われている
小市民寄席で使わせていただいているお馴染みの会場です。
しかし天狗連が使っている時の緩~い雰囲気とは全く違い、
この日は至るところに制服の警察官の方々が立っておられて
ちょっと物々しい雰囲気でもありました。


客席にも警察官の方が何人もいて、独特の緊張感がありましたが、
お客さんが少ない割には、
まあまあ笑っていただけたのではないかと思います。


この日はかけもちでして、豊橋での高座を終えた後
蒲郡に移動して、蒲郡クラシックホテルに行ってきました。


毎年1月に行われている銀行の新春寄席で
年金受給者の方々対象の落語会です。
今回は成田家紫蝶さんとの二人会となりました。
毎回大入り確実の新春寄席ですが、
昨日も300人くらいの方々がおみえになり大盛況でした。


この会を仕切っているのが、天狗連の猫好きセレブ・夢見亭初音さんです。


「さん太、座布団ないから、座布団だけ持ってきてくれる?」
初音さんからそう言われていた私は、自分の座布団を持参しました。


私の座布団は以前、
きよきよさんに作っていただいた座布団袋に入っています。
きよきよさんは、先日の天狗連名人会にも、
お客さんとして来てくださいました。


その座布団袋を見た初音さんは、
「それ、いい座布団袋だね」
「ええ、ありがたい事に手作りなんですよ」
「誰に作ってもらったの?」
「ほら、この間、名人会にも来てくれて、打ち上げにも参加されていった方にです」
「名人会に来てくれたって・・
あ~!【ぴよぴよさん】ね」
・・ヒヨコじゃないんだから(笑)


今年も相変わらず、天然エンジン全開で
ぶっちぎりのチェッカーフラッグを受ける初音さんでした。


微笑亭さん太

過去を知る者

昨日は向草間町公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


現場に着くと、公民館は古い建物で、大きな広間しかなく
着替えるところがありませんでした。


仕方がないので、広間横の廊下で着替える事になったのですが
さえぎる物が、すりガラスの戸しかなく
ハッキリ言って、お客さんたちから丸見え状態で着替える事に。
その手の風俗店みたいでした(笑)


年配の女性のお客さんから、
「さん太さんですよね?」
「はい、そうです」
「私ね、あなたが落研の頃、喫茶店の寄席によく行ってたのよ」
「あ、三愛寄席に来てくださってたんですね」


私が落研時代に毎月出ていた三愛という喫茶店での寄席に
みえていた方のようでした。
「私も随分、年を取っちゃったけど、
あなたも昔はかなりぽっちゃりしてたのに痩せたのね」
「あ~あの頃の私をご存知なのですね」


その頃の私は、今よりも25キロ以上太っていたので
それ以来お目にかかった方でしたら、
確かにそのギャップに驚かれる事でしょう。
・・私の【黒歴史体型】を知る、貴重な証言者にお会いした出前講座でした(笑)


微笑亭さん太

出前講座はじめ

昨日は豊橋市にある県営前田南住宅に行ってきました。
集会室にて悪質商法の出前講座です。


昨年も呼んでいただいているところに、
また今年も再び呼んでいただいたわけですが
これが今年の初出前講座となりました。


住宅の集会室が会場なので、住宅の住民の方々が対象の会かと思ったら
ご近所に住まわれている方々なら誰でも参加できるという
認知症予防などを目的とした集まりでした。


20名ほどの高齢者の方々の前でやりましたが、
昨年同様、よく笑っていただけたかと思います。


年末年始に高座がなくて、完全に体も脳もなまっていましたが、
徐々に感覚が戻ってきている感じはしています。


微笑亭さん太

第4回 天狗連名人会

昨日は豊橋駅前にあるプラットにて
【第4回 天狗連名人会】に出演してきました。


夏の小市民寄席に対して始まった
冬の落語会である名人会も、これで4年目という事になりました。
昨年に引き続き、2回公演となりました。

■一の席(午前11時半~)

『楽しい動物園』(さん太作)微笑亭さん太

『新版・三十石』髪家三代

『太神楽』念挫&喜苦

『パック・トゥ・ザ・フューチャー』成田家虚生

ー仲入りー

『八五郎坊主』鶴橋減滅渡

『あくび指南』橘亭郵便箱

『玉の海物語』駒久家南朝


■二の席(午後3時~)

『紀州』駒久家南朝

『阿弥陀池』鶴橋減滅渡

『コント』弾家六区

『茂造の恋』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『だくだく』髪家三代

『権助提灯』望々亭みるく

『掛け取り』成田家紫蝶


260席あるチケットは、前売りで完売。
生憎の雨降りとなりましたが、客席は2回とも満席となりました。


一の席、二の席、両方とも見てくれた方が結構多くて
年々増えていく感じがします。
来年も1/14に行われるようですので、
是非お越しいただきたいと思います。


微笑亭さん太

中日寄席ファイナル

昨日は名古屋栄にある中日ビルにて
中日寄席に出演してきました。
今年の初高座です。


20年近くに渡って行われてきた中日寄席ですが、
中日ビルの建て替えによる諸事情から、
この日の第235回をもって、終了という事になりました。
寂しい事ですが、こればかりは仕方ないですね。


最後という事もあり、メンバー総出演という感じで
一回では納まらず、午前午後の二回公演という事になりました。


●第1部

『子ほめ』お好味家喜楽

『手紙無筆』夢ノ家くっか

『五光』川の家河太朗

『帝王にエプロン』(写碌作)米花家写碌

『鼠穴』若鯱亭夢輔


●第2部 

『味噌豆』若鯱亭笑天

『代書屋』道楽亭かね平

『ブラック病院』(栄歌作)南遊亭栄歌

『旅行日記』槍田家志ょ朝

『熟女たちの宴』(さん太作)微笑亭さん太

『徳兵衛炬燵』竜宮亭無眠


私が初めて中日寄席に出させていただいたのは
十年近く前になると思いますが、
その時にやった『熟女たちの宴』をかけました。


お客さんは、午前午後ともに大入りで
本当に盛り上がったフィナーレとなりました。
お越しくださった方々、本当にありがとうございました。


微笑亭さん太

その会社、クロだ

仕事で会社などを訪問して中に入った時に、
熱帯魚や大型魚が優雅に泳ぎ回っている巨大な水槽が置かれていると、
何となく『この会社は、さぞや儲かってるんだろうな~』なんて思ってしまいますよね。


飼うのにコストがかかるような生き物を飼っているというのは、
余裕の表れのように思えますからね。
「ウチの会社はね、馬と雀を飼ってるんだよ」
「馬と雀?本当に?」
「ああ。朝早くから夜遅くまで働かされる社員は【馬車馬】だけど、
給料は【雀の涙】なんだよ」


安い給料で休みもなく、
死ぬほど働かされる会社を【ブラック企業】などといって、
今や社会問題となってますよね。
入社してしまってから、ブラック企業だと気づく方がほとんどのようですが、
入社前に判る方法があるといいですよね。


就活をしている大学生なんかが試している
【ブラック企業を見分ける方法】なんですが、志望している企業に、
夜の11時過ぎに電話をかけるんだそうですね。


この時、ワンコールで
「はい、○○株式会社でございます」
なんてんで出られたりすると、
そこはブラック企業である可能性が高いんだそうですね。
電話に出られるという事は、そんな時間まで社員が残業しているって事ですからね。


日曜日に電話をして、社員が出た場合も同様だそうですね。
さらに夜中に、実際にその会社の前に行って窓を見て、
電気が消えてるかどうかをチェックすれば、
より判断の確度が上がるそうですね。
いくら【残業ゼロ!】なんて謳っていても、
実態はかけ離れている事がよく判るという事ですね。


「この会社は深夜に電話しても誰も出なかったから、
ブラック企業じゃないみたいだ」
なんてんで入社してみてら、初日に社長が寄ってきて満面の笑みで、
「ウチの会社で、ひとつだけ守ってもらいたい事があるんだよ」
「何でしょうか?」
「5時以降は、電話に出ない事」
向こうの方が一枚上手だったりしましてね。


若者が、そういったブラック企業に勤めざるをえない状況を
作っている物のひとつと言われているのが【奨学金】でしてね。
奨学金は経済的に苦しい学生たちに学費などを貸し付ける制度ですが、
現在の大学生のうち、二人に一人が奨学金を借り、
その平均額が三百万円だそうですね。


これは当然、返さなければいけないわけなんですが、
返済に関しては返済開始直前に説明会に呼ばれるまで 、ほとんど説明がないため、
あまり理解せずに多額の借金を背負った状態になってる子が結構いるわけです。


ですから返すために、背に腹はかえられぬとばかりに、
ブラックな会社にも入ってしまうわけですね。
「俺もさ、奨学金を返さなきゃいけなかったから、
激務の清掃会社に入ったんだよ。
毎日、毎日色んなところの消毒作業ばかりやらされてるよ」
これがいわゆる【借金消毒】というやつですね。


奨学金を貰いながら大学に通う苦学生の人たちには
頑張ってほしいものですが、女子大生が、
「私、夜はキャバクラでバイトしてるの」
と言うと、不真面目な子に思えますが、キャバクラ嬢の女の子が
「私、昼間は大学へ通ってるの」
と言うと、凄く真面目な子に思えますよね。
状況は全く同じなんですけどね。


微笑亭さん太

御用ハンター

角のある生き物というのは、その角が強さの象徴であったりするので、
長くて立派な方がいいという事がほとんどでしょうが、
中には、そうでない場合もあるようですね。


子供たちに人気のある昆虫【カブトムシ】は、オスには立派な角があります。
その角はオス同士の争いでは長い方がいいんですが、
天敵から食べられるのを避けるには短い方がいいという深刻な
【ジレンマ】を抱え込んでいるんだそうですね。


長い角をもつオスは、
メスやエサの獲得などを巡ってのオス同士の闘争では有利なんですが、
その一方で目立ちすぎるため、タヌキやハシブトガラスといった天敵に
食べられやすくなるという不利な面があるんですね。


これは人間で言うと【イケメン】は、可愛い女の子と付き合える半面、
全くタイプではないブサイクな女の子にも、
執拗に追いかけられてしまうという事と同じでしょうかね?


角のある生き物と言うとシカがそうですが、
実はシカは【害獣】だったりするわけですね。
明治時代東京で、ネズミを駆除して持っていくと
役所がそれを買い取ってくれるという制度があったそうですが、
これはペストなどの伝染病対策だったわけです。


今の日本では、有害な鳥獣を駆除したハンターの方に、
お金が払われるという制度がありましてね。
農作物に深刻な影響を与える、
シカやイノシシを駆除していただけるのは非常にありがたいわけですが、
最近、そのハンターに交付される補助金の不正受給が
全国で相次いでいるそうですね。


補助金を貰うためには、駆除した証拠写真を提出したりするわけですが、
鹿児島県霧島市では、同じイノシシを異なる角度から撮影して
複数に見せるなどの手口の不正受給が、
2016年度までの4年間で252件、約240万円に上ることが判明しましてね。 


一方、北海道では、捕獲したエゾシカが一頭でも、
ある自治体には耳を提出し、別の自治体に尻尾を提出することで、
補助金を二重取りするハンターがいるそうですね。
これなんかは、そもそも何で自治体ごとに
確認する部位が違うのかという疑問があるわけですが、
そのあたりがお役所なんでしょうかね。


やはり持ってくる部位は、統一すべきですよね。
「ハンターの皆さん、これからはどこの自治体でも、
確認には駆除した動物の両耳を持ってきてください」
「耳を二つ持ってくるんですか?」
「そうすればお金は、耳を揃えて払いますから」
この方が話は早いですよね。


それでも誤魔化すようなハンターが出てくるようなら、最終的には、
役所へ動物を丸ごと持ち込むようにすればいいんじゃないですかね。
「すみません、市役所へはどう行ったらいいでしょうか?」
「市役所ですか?
この道を真っ直ぐ行くと右側に、
入り口に鹿の死体が積み上げてある建物がありますから、そこですよ」
これは判りやすくて、いいんじゃないかと思いますけどね。


微笑亭さん太

裸一貫で始めた店

彼女を連れてデートに行く時、素敵なレストランを知っていたりすると、
彼氏の株も上がりますよね。
ただ中には個性的であるがゆえに、
彼女を連れていってもいいのか迷うようなお店もあるようですね。


先日、パリ12区のグラベ通りに、
フランス初の【ヌーディストレストラン】がオープンしたそうですね。
平たく言えば【全裸レストラン】という事ですよ。


このレストランを訪れた人は入口で服を全て脱ぎ、
クロークに預けないといけないんですね。
生まれたままの姿になって、落ち着いて食事を取れるという触込みなんですが、
落ち着けるかどうかは、個人差が激しい気がしますね。


それにしても欧米の方々というのは、
やたら人前で裸になりたがる傾向がありますよね。
「入るのはちょっと出来ないけど、外から中の様子を見てみたいね~」
などと思う方もいるでしょうが、
建物には道路に面した窓がないため、街の風紀を乱す事は一切ないそうですね。
安心と同時に、ガッカリという感じでしょうか。


「素っ裸で食事するってさ、何のメリットがあるんだよ?」
「そりゃもちろん、【カレーうどん】が安心して食べられるって事だろ」
絶対服に黄色いシミは付きませんからね・・・
ただ、熱々のステーキが出てきた時、油が跳ねたら、
それはそれで大変そうですよね。


「ちょっと君、料理の中に髪の毛が入ってたよ」
などというクレームを、お客さんから言われる光景というのがあったりしますが、
ここのレストランの場合、料理に入っていた毛は、果たして何の毛なのかは、
判断が難しいでしょうね・・・色んな部分の毛が混入する可能性がありますからね。


他にもモルディブには【イターアンダーシーレストラン】という、
水深5メートルのところに設置された、
全面ガラス張りの水中レストランがあるそうですね。
ここでは、まるで自分が魚になったかのような気分で
食事を楽しむ事ができるそうですが、日本人が入った場合、
自分が生け簀に入ってる感じがするかもしれませんね。


周りが食材だらけですから、仕入れの必要もないですし、
お客さんの水がなくなったら、
ガラスにパンチすれば、すぐに水が注ぎ足されますよね。


スイスのチューリッヒには、完全な暗闇で食事をする
【ブラインドレストラン】があるそうですね。
ここで働いているシェフやウェイターは、みな視覚障害者の方々でして、
彼らは暗闇の中でも視覚以外で店内を把握しているため、
問題なく客を座席まで案内したり、
料理をサーブしたりする事ができるそうですから大したものですよね。


お客さんの方も暗闇で料理を食べると、
視覚以外の感覚が普通以上に研ぎ澄まされ、香りや食感や味に、
より集中することができ美味しいという事で、大変に好評なんだそうですね。
「こんな暗闇で食事するなんて初めて。
どうしてここへ連れてきてくれたの?」
「君の顔を周りのお客さんに見られるのが恥ずかしいからさ」
是非とも、カップルで行っていただきたいお店ですよね。


微笑亭さん太

クスリと笑えない話

今年はオリンピックイヤーという事になるわけですが、
平昌オリンピックを前にして、
あまり良くない話題というのもあったりします。


先日、IOC・国際オリンピック委員会は、
組織的なドーピングが指摘されるロシアの選手団に
平昌オリンピックへの参加を認めないと発表しましてね。
ただその一方で、潔白を証明できる選手については、
ロシアの国歌や旗を使わない個人としての参加を認めるとしたんですね。


この決定は2014年のソチ冬季五輪で、国家ぐるみのドーピングが
行われたとされる問題への調査の結果を踏まえたものでして、
IOCのトーマス・バッハ会長は
『信用を損なった出来事にけじめをつける』と述べてましてね。


IOCはそれでいいかもしれませんが、ロシアは面白くないでしょうね。
きっと腹立ちまぎれの嫌がらせに、IOC会長の名前で
ピロシキの出前三十人前とか頼むんでしょうね。


オリンピックを始めとする世界的なスポーツの大会というのは、
常にドーピングの問題に直面していると言えますよね。


欧州陸上競技連盟が先日、パリで理事会を開き、
ドーピング問題への取り組みの一環として
『現存する欧州及び世界記録を抹消して白紙の状態にする』という、
急進的な提案を打ち出したんですね。
早い話『ここまでの記録、全部無しね!テヘッ』って言うのと同じ事ですから、
選手はもちろんの事、激怒する関係者も多数いるでしょうね。
ウサイン・ボルト選手なんか涙目確実ですよ。


ただ、そういう提案をせざるをえないような状況がある事も事実ですね。
過去にドーピングで摘発され抹消された記録以外にも、
発覚していないだけで、世界記録として残っている、
いわば【汚れた世界記録】というものが存在するであろうという事は、
容易に想像がつきますからね。


「スポーツ界浄化のため、
現存する欧州及び世界記録を抹消して白紙の状態に戻します!」
「・・・なるほど、判りました。
判りましたが、今後、ドーピングが起こらないという保証はあるんですか?」
これを言われてしまうと二の句が継げないですよね。


ドーピングの技術は日進月歩で、今までの検出方法では
暴く事ができない手口というのが続々登場してきますからね。
世界記録が、その大会から三年くらい経過してから取り消しになったりするのも、
検出に時間がかかったりするからなんですね。


とにかく一部の国のドーピングにかける熱意が尋常じゃないですからね。
しかし何をどう正当化しても、ドーピングが【インチキ】である事は事実ですからね。
これでは大事な試験を前にして、勉強する時間を惜しんで、
せっせとカンニングペーパーを作ってるのと同じ事ですからね。
努力のベクトルが完全に間違ってますよね。


やはりドーピングを100%無くす事は、なかなか難しい事なんでしょうね。
「ドーピングを無くす事が無理だったらさ、
開き直って、オリンピックをやる時に
【ドーピングあり部門】と【なし部門】に分けて開催したらどうだろうね?」
「あ~それは面白いね~。
でもそれ絶対【ドーピングあり部門】の方が
お客さんの関心が高いんじゃないの?」
なんてんで、実際に【ドーピングあり部門】を見に行ったら、
女子選手にみんなヒゲが生えてたなんて事もあるんじゃないですかね。


微笑亭さん太

10大ニュース 番外編!

昨日、昨年の10大ニュースを書きましたが、
その【番外編】とも言える出来事がありましたので、それをひとつ。


昨年の8月の終わり頃、知らない番号から電話がかかってきました。
「あ、もしもし。私、TBSの者ですが」
「TBSって、テレビ局のTBSですか?」
「はい、そうです。【モニタリング】という番組はご存知ですか?」
「ええ、何回か見た事はあります」
「実はですね、その【モニタリング】の企画で、
【有名人のそっくりさんが海の家で働いてたらどうなるか?】
というのをやるんですよ」
「はあ、はあ」
「それで、レギュラーメンバーのそっくりさんは全員見つけてあるんですが、
笹野高史さんのそっくりさんだけが見つかってないんですよ」
「はあ・・」
「それでですね、微笑亭さん太さんに、笹野高史さんのそっくりさんとして
モニタリングに参加していただけないかと思いまして、お電話させていただきました」

どうやらスタッフの方は、
私と笹野さんが似てるというサイトで、私を見つけたようなんですね↓

http://sokkuri.net/alike/%E5%BE%AE%E7%AC%91%E4%BA%AD%E3%81%95%E3%82%93%E5%A4%AA/%E7%AC%B9%E9%87%8E%E9%AB%98%E5%8F%B2

「え~でも、自分としては、
そんなに笹野さんに似てるとは思えないんですよね」
「そうですか?写真で拝見すると、結構似てらっしゃいますけど」
「そう・・ですかね・・?」
「それで、もしご都合がよろしければ、
湘南海岸の方に来て、ロケに参加していただきたいんですけど」


ところがスタッフの方から指定された日というのが
それからわずか三日後の日にちでして、
しかもその日には落語の営業が入ってたんですね。
さすがに、この土壇場で高座を断るのは大顰蹙です。


「すみません、その日にはちょっと落語の予定が入ってまして
そちらに伺うのは無理っぽいです」
「そうなんですか。それは残念です」
そう言って電話を切ったんですが、予定さえ空いていたら、
ゴールデンタイムの全国ネットのテレビ出演ができてたのかと思うと
ちょっと惜しい感じがします(笑)


ぶっちゃけ、【大山鳴動鼠一匹】みたいな話なんですが、
10大ニュースの番外編として、書かせていただきました。
・・テレビ局の方々、笹野さん絡みのオファー、待ってま~す!(笑)


微笑亭さん太

昨年の10大ニュース

昨年も色々な事が起こりましたが、
私の中での【10大ニュース】を発表したいと思います。


●第10位 リニューアル後、初の大須演芸場出演

毎年1月に行われている、日本笑い学会の【笑例会】というイベントにて
リニューアルしてから初めて、大須の舞台に上がりました。
リニューアル前は何度か出演しているんですが、
綺麗になってからは初めてで、感激しました。
今年もまた、1/21(日)に笑例会で出演しますので、
よろしければお越しいただきたいと思います。


●第9位 落語会の場所が判らない!

10月に行った出前講座の営業でしたが、
申し込みをされた団体の代表者の方が建物名を勘違いされていたため
場所が判らずに焦りまくるという事がありました。
代表者に連絡がついて場所が判明したのが、高座が始まる15分前で
現場に着いたのが5分前という冷や汗ものの経験をしました。


●第8位 豊橋ネタ4本上演

昨年1月、豊橋が市制110年を迎え、
その記念の寄席を天狗連名人会にて行う事になり、
そこで豊橋に関するネタが
4本ネタ下ろしされました。
全てのネタを私が書かせていただきましたが、
実際にある豊橋の名物や行事を
扱ったネタという事になりますので、
なかなか4本書くのは難しかったです。


●第7位 プラットにて独演会

いつも独演会をやらせていただきお世話になっている
豊橋の東田にある【ぬくもりカフェ】から声をかけていただき、
駅前のプラットにて9月に独演会をやらせていただきました。
調子に乗って5席もやってしまいましたが、
今年も9/29(土)には、同じくプラットにて独演会が予定されております。
また来月2/26(日)には【ぬくもりカフェ】にて独演会があります。
午後1時半からですので、是非お越しいただきたいと思います。
お問い合わせは0532527399(ぬくもりカフェ)


●第6位 青森での初高座

昨年のバレンタインデーの日でしたが、
初めて青森県まで遠征させていただき落語をやってきました。
健康に関するイベント出演のオファーを受けたものですが、
東は千葉までしか行った事がない出不精の私が
一気に記録更新という事になりました。
良い経験をさせていただき、ありがとうございました。


●第5位 悪質商法の出前講座は好調

豊川市内限定で行っていた悪質商法の出前講座が
東三河広域連合という組織が出来たのをきっかけに
豊橋、新城、蒲郡、田原といった
東三河全域に伺える事になりました。
昨年の出前講座は79件でして、色々なところに伺わせていただきました。
皆さん、くれぐれも詐欺や悪質商法にはお気をつけください。


●第4位 ラジオ番組のパーソナリティ、1年半を超える

2016年4月からエフエムとよたにて始まった
【ラブィート演芸 楽市落語】という番組を担当させていただいてますが、
その番組が奇跡的に続いており(笑)1年10ヶ月目に入りました。
雷門幸福師匠と隔週での担当ですが、良い経験をさせていただいてます。
毎週日曜日の午後6時からでして(再放送は土曜日午後11時から)
毎回、10分程度の落語もやっておりますので、
是非お聞きいただければと思います。
・・・打ち切りになる前に(笑)
次回の放送は1/7の午後6時からが、私の担当日となっています。


●第3位 小市民寄席、大入り満員!

昨年も、豊橋の【夏の風物詩】と言っても過言ではない
【小市民寄席】が2日公演で行われました。
両日で1194名のお客さんが来てくださり
寄席を盛り上げてくださいました。
また今年も当然の事ながら行われますので、
皆さん、お誘い合わせの上、お越しいただければと思います。


●第2位 高座数、記録更新

昨年の高座数が前年の258席から増えて
【307席】と、最高記録になりました。
9月には、1ヶ月で49席という月間最高も記録しました。
我々は基本的にはオファーをいただかなければ高座に上がる事はできません。
それだけ請われて落語をやらせていただくというのは
感謝の一言に尽きます。
これ以上は増えないとは思いますが、
来年もできる限り頑張りたいと思います。


●第1位 台本コンクールにて、最優秀賞受賞

今回の落語協会の台本コンクールにて最優秀賞をいただきました。
これで、台本で賞をいただくのは9回目となりましたが、
前々回の最優秀賞、前回の優秀賞に続いて最優秀賞という事で
3年連続の上位入賞は、本当に嬉しかったです。
連続入賞はラッキーの一言に尽きますが、
来年も面白いネタを書きたいと思います。


今年も引き続き、
様々な高座に呼んでいただけたらな~と思います。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード