FC2ブログ

学校の花月化?

一昨日は豊橋にある東部地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


老人会などに呼んでもらう事が多い出前講座ですが
この日は東部地区市民館が主催の高齢者セミナーの枠で
出前講座をするという事になってました。


市民館の隣には小学校があるのですが
現場に着いて荷物を下ろしていたら
小学校から大喧嘩をしているような怒鳴り声が聞こえてきました。


生徒同士が取っ組み合いのケンカをしているのか
それとも先生による体罰でも行われているのかと身構えましたが、
次に私の耳に届いた怒鳴り声というのは
「毛細血管がいっぱい詰まってるとこ、ワキ~!!」


・・・うん?
どっかで聞いた事があるぞ、このフレーズ。
そしてさらに
「乳首、ドリルすな~!!」
間違いなく、吉本新喜劇のすっちー&吉田君のネタですね。
学芸会なのか、お楽しみ会的なものなのかの
練習をしているようでした。

「ドリル、すな!すな!すな!すな!すな!すな!・・・」
地獄のような猛特訓が繰り広げられているようです。
「・・・今の『乳首、ドリルすな!』のセリフ、
聞こえ辛いから、もう少しハッキリ言って」
真剣にダメ出しする先生らしき人の声。
この様子自体が、コントにしか見えません(笑)


笑いをこらえながら市民館に入ると、館長さんが出迎えてくたさいましてので、
「邪魔するで~」
「邪魔すんのやってら、帰って」
「はいよ~・・・何でやねん!」
などという会話は、したくてもできません(笑)


出前講座の方は、50名くらいの方がおみえになりましたが、
これでもかというくらい、笑ってくださいました。
やはり、吉本新喜劇が根付く土壌があるんでしょうか(?)


※プチ告知です!

↓これは今日です。
●9/30(土) 午後6時半~ ※雨天中止!
『月見の夕べ』
みよし市文化センター サンアート ふるさと会館(みよし市三好町大慈山1-1)
木戸銭¥300(お茶お菓子付き)
出演 響鼓 微笑亭さん太

6年連続で、サンアートみよしからお話をいただきました。
情緒あふれる日本庭園を眺めながらの独演会です。
今回は法螺貝と太鼓を演奏される方々と共演させていただきます。
【雨天中止】のイベントですので、ご了承ください!
お問い合わせは、
0561-32-2000(サンアートみよし)まで。



●10/1(日) 午後1時半~3時
『笑っていきいき!プラザ寄席』  木戸銭無料
なごや福祉用具プラザ(名古屋市昭和区御器所通3丁目・御器所ステーションビル3F)
出演 微笑亭さん太

いつもお世話になっている福祉用具プラザでの独演会です。
お問い合わせは、
052-851-0051(なごや福祉用具プラザ)まで。



●10/2(月) 午後12時~午後1時
『微笑亭さん太独演会』
イズモ葬祭 豊田貴賓館(豊田市小坂本町2-43-1)
木戸銭無料
出演 微笑亭さん太

6月に呼んでいただいた豊田の斎場にて、再び落語会をやらせてもらいます。
『家族と共に笑って長生き!』と題された
どなたでも入れる1時間ほどの会ですので、
お越しいただければと思います。



●10/15(日) 午後6時半~
『大府駅前寄席』愛恵不動産2階事務所(大府市中央町4丁目77)
木戸銭¥500
出演 若鯱亭夢輔 経大亭勝笑 微笑亭さん太 南遊亭栄歌 槍田家志ょ朝 他

お馴染みの大府での定例公演ですが、
私も大好きな寄席の一つです。
今回は記念公演となりますので、お友達を2人連れて3人で来場すると
木戸銭が無料になるという大特典があります!
皆さん、お誘い合わせの上、お越しくださいませ。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



三度ある事は四度ある

一昨日は名古屋の中区丸の内にあるお店にて
『胡豆昆(ごずこん)寄席』に出演してきました。


これは南遊亭栄歌さんからいただいたお話ですが、
お店の店長さんと栄歌さんが大学の
先輩後輩にあたるという事で、
そういったご縁で落語会を企画され始まったものです。
昨年4月に初回、11月に第2回、今年の4月に3回目があり
一昨日が4回目という事になりました。


胡豆昆(ごずこん)という名前は
胡麻、大豆、昆布から来ているようで
素材にもこだわった、和食の素敵なお店です。


30名限定、昼夜2回公演で行われたんですが、
5400円(お食事付)という高額な会にもかかわらず
沢山のお客さんに入っていただけました。


【昼の部】

『楽しい動物園』(さん太作)微笑亭さん太

『ブラック病院』(栄歌作)南遊亭栄歌

ー仲入りー

『抜け雀』川の家河太朗


【夜の部】

『愛しの野球部』(さん太作)微笑亭さん太

『茶漬間男』川の家河太朗

ー仲入りー

『餅屋問答』南遊亭栄歌


いつもお客さんはお食事をされた後、
かなり狭い空間に詰め込まれる形になりますが、
よく笑って楽しんでいただいたようです。


とてもやりがいのある寄席ですので、是非また、
第5回があると嬉しいですね。


微笑亭さん太

老人と園児

一昨日は豊橋市にある岩田福祉会館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


岩田福祉会館は保育園の隣にあって、
現場に着くと、保育園の方からは常にテンションマックスの
元気な声が響いていました。


着替えてスタンバっていると、運動会的なものが始まったようで
小さな子たちがリレーをやってました。
こういうお子さんたちの集団の面倒をみなければいけない先生たちも
大変だな~とつくづく思いました。


そんな平均年齢一桁の園児たちを横目に高座に上がると
イッキに平均年齢が70歳くらい上がった方々が目の前に(笑)
皆さん、よく笑ってらっしゃいました。


一昨日はかけもちでして、岩田福祉会館での高座を済ませた後
豊川に移動して桜木地区市民館に行ってきました。
こちらも、悪質商法の出前講座です。


9月も最終週だというのに、真夏を思わせる暑さで
室内もガンガンにクーラーが効いてました。


比較的、汗をかかない私も、1時間の通し高座のかけもちは、
それなりに汗をかきましたね。
・・・あ、冷や汗かもしれませんが(笑)


微笑亭さん太

3年連続、賞をいただきました!

一昨年、最優秀賞を頂き、
昨年は優秀賞をいただいた、落語協会の台本募集で、
今年もまた、賞をいただく事となりました。


3年連続で賞を頂けるなんて、私の中では快挙です。
審査員の師匠方に選んでいただいたのはラッキーの一言に尽きますが、
ラッキーが3年連続で続くとはビックリです。


今年は営業の高座が先に入っていたため、
池田の大会エントリーを断念せざるをえなかったのですが、
それを不憫に思った落語の神様が、
プレゼントをくれたのかもしれません。


世之介師匠のブログに選考の様子などが載っておりますので、
よろしければご覧くださいませ。

https://ameblo.jp/yonosama/entry-12313816701.html


入賞者の作品をプロの師匠方が演じて、
当日、それを投票によって各賞が決まるというシステムになってます。
その発表会は、以下の通りです。
私の作品は、林家時蔵師匠がやってくださいます。


●11/25(土) 午後6時~
『落語協会の噺家が選ぶ
2016新作落語台本発表落語会』
お江戸日本橋亭にて 木戸銭¥1700

◆出演
『夢』(作・亀田幸枝)春風亭一之輔

『隣の男』(作・微笑亭さん太)林家時蔵

『かかあ天下』(作・広島哲也)柳家はん治

ー仲入りー

『水の女』(作・鈴木修久)三遊亭粋歌

『ギョウセイダイシッコウ』(作・鈴木光太郎)三遊亭円丈


特に関東方面の方々、
よろしかったら見に来ていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

最前列嫌い

昨日は豊橋市にある下地老人福祉センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


下地老人福祉センターには一昨年も出前講座で伺ってますが
また再び呼んでいただく事になりました。


会場に着くとイス席の前に
座布団席がか二列ありましたので、館長さんに
「すみませんが、高齢者の方々は座布団席を嫌いますので
出来れば最前列までイス席にしてもらえませんか?」
「そうですか、判りました」
最前列まで全てイス席にしてもらいました。


その後、30名ほどお客さんがおみえになりましたが、
結局、最前列のイス席は避けられたままでした(笑)
まあ、そんなもんですよね。


一昨年もよく笑っていただいた記憶がありますが、
昨日もたくさん笑っていただけたと思います。
また是非、呼んでいただきたいと思います。


微笑亭さん太

四年目の音羽 2日目

昨日は一昨日に続き、
音羽文化ホールに行ってきました。
『RAKUーGO de わーいわーいDAY』と題された
イベントにて2回公演をしてきました。


昨日も書きましたが、
三年前から出させていただいている
【東三河演劇フェスティバル】のイベントで
昨日と同様、ヘルさんとの二人会でした。
今回は、ロビーでの落語会となりました。


●午前の部

『女子会の姫』(さん太作)微笑亭さん太

『時うどん』鶴橋減滅渡


●午後の部

『ボクの小学校』(さん太作)微笑亭さん太

『阿弥陀池』鶴橋減滅渡


前日同様、お客さんがちょっと寂しくて
スタッフの方々などが聞きに来てくださって
ようやく10数名になるという感じでした。


午前、午後共に雰囲気は悪くなかったので、
少数精鋭のお客さんという感じで
笑っていただけたと思います。


秋の定番ともなりつつあるこのイベント、
また来年もあるといいですね。


微笑亭さん太

四年目の音羽

昨日は豊川市にある音羽文化ホールに行ってきました。
『RAKUーGO de わーいわーいDAY』と題された
イベントにて2回公演をしてきました。


三年前から出させていただいている
【東三河演劇フェスティバル】のイベントで
今年もヘルさんとの二人会でした。
公演は昨年までは、落語とお芝居のセット価格になっていましたが、
今回はホールの中ではなく、ロビーでの公演となりました。


●午前の部

『夏の医者』鶴橋減滅渡

『身投げ橋』(さん太作)微笑亭さん太

●午後の部

『愛しの野球部』(さん太作)微笑亭さん太

『八五郎坊主』鶴橋減滅渡


お客さんは午前は25名、午後は10名ちょっとと、
少し寂しい感じではありました。
やはり演劇関係のお客さんが多いようでした。
落語は聞き慣れてない方が多い印象でしたが
それなりに楽しんでいただけたかと思います。


日曜日も同じく2公演ありますので
頑張らないといけません。


微笑亭さん太

他人にミラーれてる

独り暮らしの方が一番寂しさを感じるのは、
部屋でひとりで食事を取る時じゃないでしょうかね。
たとえ美味しい料理を食べていたとしても、
その美味しさを共有できる相手がいないというのは寂しいものですよね。


近年【孤食】の問題という事がよく言われてましてね。
孤食というのは【独りで食事をする】という事ですが、
特に高齢者の方の孤食傾向は年々増加してるんですね。


高齢者の生活の質は、食事の楽しさと密接に関わるという報告や、
高齢者の高頻度の孤食は鬱との関連が指摘されている他、
孤食が食欲減退を招くとの報告もありますから、
できれば孤食の機会は少ないに越した事はないわけですね。


独り暮らしのお年寄りは、積極的に他人と食事をする機会を作るべきですよね。
「あなた、またお義母さんから電話があって、
マサトにオモチャを買ったから、取りにおいでって」
「そうやって孫をダシに使って、一緒にご飯食べようとしてるんだろ?
魂胆が見え見えなんだよな~」
こういうやり方の事を【孤食な手段】と呼んでるそうですけどね。


多くの動物や人は、
他人と一緒に活動をする方が単独でその活動を行うよりも、
その行為の遂行が増すそうでして、これを【社会的促進】と言いましてね。
食事においては、ひとりで食べるよりも誰かと食事をする方が多く食べ、
主観的に感じる美味しさも増すそうですね。


名古屋大学の研究グループが【鏡に映った自分の姿】を見ながら食事をすると、
鏡を見ないで食事をする時よりも、
美味しく感じる事が明らかになったと発表したんですね。


研究グループは、65歳以上の高齢者と大学生を対象に、
机の上に上半身が映る縦長の鏡を置いた小部屋と、
ほぼ同じ大きさの縦型のモニターを置いた小部屋を用意し、
それぞれの部屋で皿に盛ったポップコーンを食べてもらい、
その前後に、美味しさや好ましさなどを
点数で回答してもらうという実験を行ったんですね。


その結果、味や年齢に関わらず鏡の前で食べた方が、
人が映っていないモニターの前で食べるよりも美味しいと感じ、
実際に食べた量も増えたそうですね。
この実験結果から、味気ないと言われる個室の病室での食事なんかは、
鏡を用いる事で、少しでも美味しく感じられる可能性が
あると考えられるんだそうですね。


「最近さ、いつも女の子と二人で食事してるんだよ」
「えっ、マジで?お前独り暮らしだろ?彼女できたの?」
「いや、女装して、前に鏡を置いて食事してるんだ」
こんな【セルフデート】も可能かもしれませんね。


「鏡を置いて食事したら美味しくなるんだったら、私もやってみよっと」
独り暮らしの女の子がやってみたら、
自分の食べてる姿のあまりの醜さに嫌気がさして食欲がなくなり、
期せずしてダイエットに成功したって話がありましてね・・・
人間、何が幸いするのか判りませんよね。


微笑亭さん太

時は金なり

黙っていても毎日お金がたんまり入ってきて、
左団扇の暮らしをしたいというのは誰もが望むところじゃないかと思いますが、
そんな状況の方々も、ごく一部にはいらっしゃるようですね。


先日、貧困撲滅に取り組む【オックスファム】という国際NGOが
『世界で最も裕福な8人が保有する資産は、世界の人口のうち
経済的に恵まれない下から半分にあたる約36億人が保有する資産と、
ほぼ同じだった』とする報告書を発表したんですね。


その8人のうち1位は、
言わずと知れたマイクロソフト社創業者であるビル・ゲイツさんでして、
他にもフェイスブックの創業者のマーク・ザッカーバーグ氏だとか、
前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏といった
錚々たる名前が連なってましてね。
あるところにはあるものですよね。
そのうちブルゾンちえみが、
「世界のお金持ちトップエイトが持ってる資産は、世界の人口の何人分だと思う?
・・・36億」
なんてなネタをやり始めるんじゃないですかね。


そういったお金持ちの方々と一般人というのは
【時間の使い方】が異なっているそうでして、
年収一億の人たちが、どういう時間の使い方をしているのか調べてみたそうですね。


すると勉強の仕方でも違っていて、
『決まった時間に勉強する』という一般人に対して、年収一億の人は、
『起きている限り勉強している』そうですね。
勉強していない時間が存在しないというか、
常に知識や情報を得ようと努力しているという事でしょうね。


ランチの時間でも勉強する事は可能でして、お弁当屋さんで、
「この唐揚げ弁当、
ここから半径三キロ以内の弁当屋では二番目に高い値段設定だよ。
もう少し値引きしてもいいんじゃないかな?」
「いや~、社長さんには敵いませんな。
じゃあ値引きさせていただきます」
なんてんで、相手にも【勉強】させちゃうわけですね。


あと一般人は『自宅で勉強』するのが普通ですが、
年収1億の人は『ホテルで勉強』するんですね。
そういった日常と離れた、誘惑のない環境に身を置く事で、
まるで合宿のように徹底的に集中して勉強でき、
時間の無駄がないという事ですが・・・これは逆に年収一億ないと、
ホテルで勉強したりできないでしょうね。


休みともなると好きなだけ寝てしまって
『不規則な生活を送る』という方が多いでしょうが、年収1億の人は
『常に規則正しい生活を送っている』そうですね。


曜日の感覚がなくなるくらい、生活パターンや睡眠時間などを一定にしていれば、
パフォーマンスを安定させる事ができるんですね。
「俺も毎日、昼は睡眠を取り、夜はネットに明け暮れ、
食事は常にコンビニで購入するという規則正しい生活を送っているよ」
こういう方は安定して
【無職】というパフォーマンスを行える人なんでしょうね。


旦那さんが年収一億あったら、奥さんとしてもありがたいですよね。
「亭主が年収一億あってくれたら嬉しいわよね~。
どうやったら年収一億になってくれるのかしら?」
「私最近ね、年収一億の人がやらない事に気付いたわ」
「ホント?それは何?」
「ウチの旦那と同じ会社で働いてないって事ね」
これが言いえて妙というやつでしょうね。


微笑亭さん太

崩壊、先に立たず

昨日は豊川市にある弥生住宅集会所に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


弥生住宅というのは、昔ながらの団地という感じの佇まいで、
そこにお住まいの高齢者の方々対象の
敬老会での出前講座という事になりました。


お客さんたちはベタ座りで、高座として座卓が置かれていました。
出囃子が鳴って私が高座に足をかけた途端、座卓が崩壊しました。


高座が崩れるというのは、言ってみれば【社会人落語家あるある】みたいなものですが、
何度経験しても、いざ崩れると動揺しますね(笑)


高座を作り直して上がり喋りだすと、
今度はクーラーの直撃が!
ちょうど真横の壁にクーラーがあったのですが、
その強風がモロに私の頭に当たっているのです。


しかもファンが動いてないので、終始当たってる状況で、
上がって2分で、冷蔵庫のチルド室にいるような心持ちに。


さすがにこのまま1時間の通し高座はキツいなと思ったので、
また中断して、風向きを変えてもらう事にしました。


色々バタバタとありましたが、まあ、これも生の高座の醍醐味ですから
皆さんも楽しんでおられたので、よかったんじゃないかと思います。


微笑亭さん太

五日後

昨日は豊橋にある芦原校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


芦原校区市民館には
先週の14日に、やはり出前講座で伺ったばかりで、
5日後に同じ建物で出前講座をやるのは初めての経験です。
建物は同じでも、呼んでいただいた団体が違うので、
こういう事が起きるんですね。


・・・と思っていたら、上がる直前になって
ごく一部ではありますが、5日前のお客さんと
カブってる方がいると判りました。
ちょっとだけ焦りました。


出前講座の前に、高齢者の皆さん方、
入念に体操をされていたので、
燃え尽きて寝てしまうんじゃないかと心配しましたが、
皆さん、よく聞いて笑ってくださいました。


※ちょっと、告知をば!

●9/23(土)
午前12時半~&午後4時半~
『RAKUーGO de わーいわーいDAY』
音羽文化ホール(ウィンディアホール)ロビー特設会場
木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡


9/24(日)
午前11時半~&午後3時半~
『RAKUーGO de わーいわーいDAY』
音羽文化ホール(ウィンディアホール)ロビー特設会場
木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

3年前から出させていただいている
【東三河演劇フェスティバル】のイベントで
今年もヘルさんと二人会をやる事になりました。
音羽文化ホールにて2日連続で行われますので、
よろしければ、お越しくださいませ。
両日それぞれ2回公演で、開演時間が微妙に違ってますので、
決してお間違えなきように!



●9/27(水)
『胡豆昆寄席』
昼の部・午前11時半~午後2時半(落語は午後1時~)
夜の部・午後6時~9時(落語は午後7時半~)
『胡豆昆(ごずこん)寄席』  木戸銭¥5400(お食事付)
胡豆昆(名古屋市中区丸の内2丁目1番地19号)
出演 微笑亭さん太 川の家河太朗 南遊亭栄歌

お食事付の、ちょっとリッチな会です。
昼の部、夜の部とありますので、
どちらかに来ていただければと思います。
お問い合わせは、052-232-1088(胡豆昆)



●9/30(土) 午後6時半~ ※雨天中止!
『月見の夕べ』
みよし市文化センター サンアート ふるさと会館(みよし市三好町大慈山1-1)
木戸銭¥300(お茶お菓子付き)
出演 響鼓 微笑亭さん太

6年連続で、サンアートみよしからお話をいただきました。
情緒あふれる日本庭園を眺めながらの独演会です。
今回は法螺貝と太鼓を演奏される方々と共演させていただきます。
【雨天中止】のイベントですので、ご了承ください!
お問い合わせは、
0561-32-2000(サンアートみよし)まで。



●10/1(日) 午後1時半~3時
『笑っていきいき!プラザ寄席』  木戸銭無料
なごや福祉用具プラザ(名古屋市昭和区御器所通3丁目・御器所ステーションビル3F)
出演 微笑亭さん太

いつもお世話になっている福祉用具プラザでの独演会です。
木戸銭無料ですが、9/20までに申し込みが必要です。
お問い合わせは、
052-851-0051(なごや福祉用具プラザ)まで。



●10/16(月) 午後7時~
『月例寄席』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて) 木戸銭¥100
出演 経大亭勝笑 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 他

お馴染みの月例寄席ですが、
今回は、いつもお世話になっている
漫談の経大亭勝笑さんがゲストで出られます。
抱腹絶倒、空前絶後の爆笑漫談を聞きに来てください。



●10/26(木) 午後7時~
『第10回 こうた寄席』
幸田町民会館・あじさいホールにて
0564635181(問)
木戸銭¥800
出演 三流亭赤福 小呂比家念挫 鶴橋減滅渡 駒久家南朝 微笑亭さん太

毎年、この時期に開催されている寄席ですが、
今回で何と10回目を迎える事ができました。
私は初回からずっと出させていてだいている
非常に思い入れの強い寄席です。
毎年演者は3人なんですが、今回は10回記念という事で
5人に増量してお届け致します。
チケットは絶賛発売中ですので、
メモリアルな寄席に是非お越しくださいませ。


どこかの寄席でお目にかかれれば、嬉しい限りです。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

飛ばなかった高座

昨日は田原市にある片浜公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


一昨日も田原の敬老会にて出前講座があるはずだったんですが
台風のせいで飛んでしまいました。
実際は楽勝で開催出来た天候だっただけに
大変残念な思いをしました。


この日も敬老会での出前講座でしたが、
聞けば本当は日曜日の予定だったのが、
出前講座の先約が入っていただめ、
敬老会自体を月曜日に変更していただいたようでして
ありがたい限りです。


昨日はかけもちでして、田原の高座を終えた後、
豊橋へ移動して、天狗連の月例寄席に出演してきました。


台風が一日ずれていたら月例寄席も中止になるところでしたが、
申し分のない天気で良かったです。


『スマチュウ』橘亭郵便箱

『お見立て』成田家紫蝶

ー仲入りー

『姉さん女房』(さん太作)微笑亭さん太

『玉の海物語』(南朝作)駒久家南朝


4席中3席が新作というラインナップでしたが、
とてもよく笑っていただけたので
お客さんに助けられました。


今週末の演劇祭のスタッフの方がおみえになっていたので、
告知を載せておきま~す。


●9/23(土)
午前12時半~&午後4時半~
『RAKUーGO de わーいわーいDAY』
音羽文化ホール(ウィンディアホール)ロビー特設会場
木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡


9/24(日)
午前11時半~&午後3時半~
『RAKUーGO de わーいわーいDAY』
音羽文化ホール(ウィンディアホール)ロビー特設会場
木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

3年前から出させていただいている
【東三河演劇フェスティバル】のイベントで
今年もヘルさんと二人会をやる事になりました。
音羽文化ホールにて2日連続で行われますので、
よろしければ、お越しくださいませ。
両日それぞれ2回公演で、開演時間が微妙に違ってますので、
決してお間違えなきように!


微笑亭さん太

台風憎し

昨日は高座がかけもちで入っていたんですが、
両方とも飛びました。
もちろん、台風のせいで、です。


とは言っても昼間は全然、
雨も降ってなければ、風も吹いてない状態で
天候的に全く何も問題ないのに高座が飛ぶという
前代未聞の事態となりました。


9月は台風で高座が飛ぶ事は時々あるんですが、
かけもちが飛んだのも初めてですし、
一年で一番オファーをいただく日に落語をしなかったのも
初めてじゃないかと思います。


今年の場合、敬老会のピークは昨日だと思いますし、
実際私も、2件だけお受けして、4件お断りする事となってました。
お断りしてしまった方々には申し訳ないと思ってましたが、
皮肉なもので、どのお話を受けていたとしても
多分全て中止になっていたでしょうね。


まあこればかりは、
人の力ではどうする事も出来ないので、諦めるしかないですね。
気持ちを切り替えて、また今日から頑張りま~す。


微笑亭さん太

刈谷から半田

昨日は刈谷市にあるシマツ株式会社に行ってきました。
会議のアトラクションとして落語をやってきました。


このお話は、いつもお世話になっている
藤家宿六さんからいただいたお話なんですが、
宿六さんが勤めてらっしゃるのが、この会社なんですね。


以前、この会社の安全大会で、
職場の安全落語をやらせてもらった事があるのですが、
今回は普通の落語をという事で、お話をいただきました。


宿六さんご自身も出演されて、その後、
私が1時間ほど喋らせていただきました。


中高年男性ばかり30名ほどの前でしたので、
笑っていただけるかどうか心配だったんですが、
さすがは宿六さんの同僚、皆さん普通に笑っていただけました。


昨日はかけもちでして、刈谷での高座を終えた後
半田市に移動して『国盛酒の文化館』に行ってきました。
酒蔵寄席に出演するためです。


『国盛酒の文化館』というのは、
お酒作りの道具や様子が展示されている資料館でして
その広間で行われているのが酒蔵寄席です。
不定期ではありますが、
私はよく出させていただいてまして、
昨日が第9回という事になります。


お食事・お酒付で2000円という値段にもかかわらず
大変に人気の寄席でして、
回を追うごとに、お客さんの事前予約が殺到。
いつも早々とチケットが完売という盛況ぶりです。


『女子会の姫』(さん太作)微笑亭さん太

『星野屋』槍田家志ょ朝

『狸の化け寺』川の家河太朗


大変な雨降りでしたが、ご予約されたお客さんは
皆さんおみえになり、良い会になったと思います。


次回は12/23(土)に開催されます。
そちらへの出演も決まっておりますので、
よろしければお越しくださいませ。


微笑亭さん太

さん太の帰還

昨日は一宮市にある、丹陽老人いこいの家に行ってきました。
老人会の集まりの席での落語会です。


この施設には二年前に
やはり老人会の集まりで呼んでいただいていて
再び、声を書けていただいたものです。
前日にも一宮市の奥公民館に伺ってますので、
二日連続の一宮市という事になります。


会長さんも、二年前とは代わられていたんですが、
この会長さん、ご本人も仰ってましたが、
ややスピーチ的なものが苦手なタイプのようでした。


開演前に会長さんのご挨拶があったのですが、
100人近い老人会の方々を前に、少々上がり気味のようでした。
「今日は・・・微笑亭・・・さん太さんに・・・来ていただきました・・・
二年ぶりの・・・登場・・・という事に・・・なります・・・
さん太さんが・・・丹陽老人いこいの家に・・・帰ってきました・・・
皆さん、大きな声で言いましょう・・・
さん太さん、お帰りなさい!」
戸惑う、老人会の方々(笑)
そりゃそうでしょうね。
ちょっとテンパられてたんでしょうかね?


3席で1時間40分くらいの独演会でしたが、
二年前と同様、よく笑っていただけたと思います。


舞台袖のスペースが着替えの場所になっていて、
客席を通らないと外へ出られない構造になってました。
3席終えて、拍手をいただいて袖に入ると
会長さんの終演後のご挨拶が。


「とても楽しい・・・落語を・・・聞かせていただきました・・・
では・・・さん太さんが帰られますので・・・
皆さん・・・盛大な拍手で送り出してください」
「・・・すみません、会長さん!とりあえず、着替えだけさせてくださ~い」
このくだりが、昨日で一番ウケましたね(笑)


また機会がありましたら、
是非とも丹陽町の老人会に呼んでいただきたいと思います。
・・・現会長さんの任期中に(笑)


微笑亭さん太

久々のトリプル

昨日は豊橋にある芦原校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


9月も半ばに入り、朝晩は随分と涼しくなりました。
朝イチの高座でしたので、現場に向かう時には結構快適だったのですが
到着するくらいから気温が上がってきて
かなり暑い感じになってしまいました。


この地区で落語をやるのは恐らく初めてではないかと思いますが
出迎えてくださった老人会の方々が口々に
『天狗連の人だら~?』とか『小市民寄席で、あんたいつも見とるぞん』とか
結構、面が割れているようでした。


この日はかけもちでして、芦原の高座を終えた後、
同じく豊橋市内の、あいトピアに移動して
連チャンの出前講座でした。


あいトピアにはしばしば、出前講座でお邪魔するのですが、
呼ばれるたびに、依頼される団体は違ってたりします。


今回はカレッジワンという高齢者の方々の団体で
今まで何度か呼んでいただいていて、
会長さんの事も、よく存じ上げております。


実は昨日は3連チャンのかけもちでして、
あいトピアの高座を終えた後、一宮市に移動して
成人講座という、夜の会に出演してきました。


高齢者セミナーというのは大体、昼間に行われますが、
一宮市の成人講座というのは、お仕事されている年代の方々も
終わった後に参加してくださいという意図のもと
夜に開催されているものです。


一宮市の他の公民館では、成人講座に呼んでいただいた事はあるんですが、
奥公民館というのは初めてです。


50名くらいの方がおみえになりましたが、
『お達者バイト』(さん太作)『井戸の茶碗』『熟女たちの宴』(さん太作)で
1時間30分ちょっとの独演会となりました。
本当によく笑ってくれたので、やりやすかったです。


昨日一日で3ヶ所を回って
合計4時間くらい喋った事になりますが、
少々疲れました。


微笑亭さん太

セットでゲット

昨日は豊橋にある豊城地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


一昨日もやはり、松葉校区市民館にて
高齢者セミナー枠での出前講座があったのですが、
毎年、この二つのセミナーの講師はセットで依頼されるとの事で、
私は昨年に続いて、セットでお邪魔する事になりました。


豊城地区市民館は、公会堂のすぐ近くなので、
きっと『小市民寄席を見た事ある率』が
高いお客さんがおみえになるんだろうな~と
覚悟して臨みました。


30名ほどの方がおみえになりましたが、
やはり小市民で、私を見た事がある方も
結構いらっしゃったようです。


よく笑ってくれたのですが、
一昨日の松葉校区市民館でもお会いした館長さんにも
喜んでいただけたようで、良かったです。


微笑亭さん太

久々の再会

昨日は豊橋市にある松葉校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


松葉校区市民館には昨年の夏、
高齢者セミナーで一度伺っています。
今回は出前講座という事で伺いましたが、
要は高齢者セミナーのひとコマという事でした。


朝から生憎のどしゃ降りで、
お客さんの来る気を無くさせるような降り方でしたが、
10数名の方が来てくださいました。
とてもよく笑っていただけましたので、
人数の少なさは全く気になりませんでした。


嬉しかったのは、昨年まで私と組んで
出前講座を回ってくださっていたTさんが、顔を見せてくれた事です。


退職後、Tさんは畑仕事をされているようで
すっかり火に焼けて黒くなってらっしゃいました。
お元気そうな顔を見られましたし、差し入れまでいただいちゃいました。
ありがとうございました。


昨日はかけもちでしたので、豊橋の高座を終えた後、
名古屋に移動して、名古屋市中文化センターに行ってきました。


よくお世話になっている福祉用具を販売している会社からの依頼で
年配女性の方30名くらいの前での高座でした。


皆さん、聞き慣れてない感じで少しウケは薄かったんですが、
それなりに楽しんでいただけたかなと思います。


今月はかけもちが多いので、
頑張ってやらないといけません。


微笑亭さん太

野鳥の文豪

昔はエサを漁るスズメの声で目が覚めるなんて事がありましたが、
今はめっきりスズメも少なくなっちゃいましたよね。
可愛い鳴き声が目覚まし代わりというのは微笑ましく感じるものですが、
あれは遊んでるわけではなくて争ってる声なんですね。


朝からエサを巡って【縄張り争い】のバトルを繰り広げているわけで、
スズメにとっては【命がけ】の声だったりするわけですね。
その事実を知ってしまうと、一気に寝覚めが悪くなっちゃう気がしますよね。


日本全土に分布するシジュウカラという鳥がいますが、
このシジュウカラに、単語と単語をつなげて文を作る能力がある事が
最近の研究で明らかになったそうですね。


彼らは、周囲の危険を仲間に伝える際は【ピーッピ】、
つがい相手や群れの仲間を集める時は【ヂヂヂヂ】というように、
状況に応じて鳴き声を使い分けてるそうでしてね。
研究グループが、二種類の声を組み合わせた【ピーッピ・ヂヂヂヂ】を再生したところ、
周囲を警戒しながら音源に近づく事が判りましてね。


一方、順序を入れ替えた【ヂヂヂヂ・ピーッピ】への反応はなく、
語順を正確に認識し、音声の意味を読み解いていた事が
明らかになったという事らしいですね。


文章を作る能力があるのなら、
【文鳥】と名前を交換した方がいいかもしれませんね。
『作文の能力はヒト特有』という、
これまで信じられてきた考えを覆すかもしれない発見でして、
鳥というのも、なかなか興味深い生き物ですよね。


野鳥の数も減っていったりしてますから、
もっと鳥をフューチャーしていくべきじゃないかと思いますね。
国民的アニメの【サザエさん】は、登場人物の名前が魚介類になっていますが、
それにならって、登場人物の名前が全て鳥類の
【ヒバリさん】なんてアニメを作ったらどうですかね。


主人公はもちろん、能天気な主婦【ヒバリさん】で、
夜寝る時には、旦那さん、子供と三人で
【川の流れのように】なって寝るのが好きなんですね。


一家の大黒柱であるお父さんは【ツル平さん】でして、
髪がほとんど無くて頭もツルなんですね。
普段は会社と家の往復という【タンチョウ】な生活を繰り返してるんですが、
家族会議の時には、【鶴の一声】で決まっちゃうんですね。


和服の似合う優しい奥さんは【フクロウさん】で、料理が上手なんですね。
和食の煮物や味噌汁なんてのは【おフクロウの味】と言われたりしてね。


ヒバリさんの旦那さんは【クジャクさん】といって、婿養子なんですね。
普段は家族に気を遣ってますが、みんな出かけて留守の時には、
羽を伸ばしたりするんですね。


ヒバリさんの腕白な弟は【トンビ君】で、つまみ食いが大好きなんですね。
よくトンビ君が台所から油揚げをさらっていくので、
ヒバリさんに怒られてましてね。
妹の【スズメちゃん】は、
いつも同じ洋服を着ているという【着たきり雀】でしてね。


ヒバリさんの息子の【ニワトリちゃん】は走る時に変な音が出るんですが、
三歩歩くと聞いた事をみんな忘れちゃうという、
なかなか個性豊かな家族なんですね。


みんな楽しく暮らしているんですが、
ただ一つ、ヒバリさん一家の心配事というのが、
家族全員が常に、ペットのタマに狙われているという事でしてね・・・
心の休まらない日々だったりするわけですね。


微笑亭さん太

天敵の時間です

昨日は豊橋市にある二川南小学校に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


この日は地元の高齢者の方々の敬老会での出前講座だったんですが、
小学校、敬老会とくれば、場所は当然【体育館】という事になります。
我々落語をやる者にとっては、難攻不落の天敵です。


まず、エアコンのない体育館は、とにかく暑い!
そこにお年寄りを集めて軟禁状態にして落語を聞かせるなんて
ほとんど拷問に近いです(笑)


聞かれる方々も大変だったと思いますが、
反応はかなり薄いものの、ちゃんと聞いてくれて
皆さんが熱中症になる前に、何とか高座を終えました。


昨日もかけもちでしたので、豊橋の高座を終えた後、
安城の昭林公民館に移動して【昭林落語会】に出演してきました。


『浮世床』藤家宿六

『時そば』若鯱亭笑天

『漫談』経大亭勝笑

ー仲入りー

『お達者バイト』(さん太作)微笑亭さん太

『お札はがし』お好味家喜楽


年に2回行われている定例公演ですが、
いつも100人を超えるお客さんがおみえになります。


昨日はそこまでいかなかったんですが、
80名くらいの方にお越しいただき、
良い会になったのではないかと思います。


微笑亭さん太

泣く子と食事には勝てない

昨日は田原市にある
田原東部市民館に行ってきました。
敬老会にて一席やってきました。


このお話は昨年、田原市在住の天狗連メンバー
何駄亭騒貫さんからいただいたお話がきっかけでして
敬老会のアトラクションとして呼んでいただき
今年も連続でオファーを受けました。


敬老のお祝いの席ですから、
当然、飲み食いをしながら聞くという場になるわけです。
【死亡フラグ】ならぬ
【聞いてもらえないフラグ】が立ちました。


昨年は割と食事が一段落してからの出番でしたので、
思ったより聞いてもらえたのですが、今年は乾杯直後の高座となり、
皆さん、お食事に夢中で聞いてもらえないという
イメージトレーニング通りの場となりました(笑)
まあ、この時期の敬老会高座は仕方ないですね。


この日はかけもちでして、
田原の高座を済ませた後、豊橋の牟呂へ移動し
豊橋生協会館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


現場に着くと、年配女性の方が
「この間は、ありがとうございました」
見ると、先日のプラットでの独演会に来てくださってた方が
何人かいらっしゃるようでした。


「あの時は5席もやって、疲れたでしょう?」
「いえいえ、大丈夫ですよ」
なんてな事を言ってましたが、この方々も、
一週間の間に二度も私の落語を聞く事になるとは、とんだ災難です(笑)


プラットの時と変わらず笑っていただけたので
まあ、良かったのではないかと思います。
午前中の高座の、良いリハビリになりました(笑)


微笑亭さん太

欧米化!

英語教育の低年齢化というのは、
これからもドンドン進んでいくでしょうから、
日本人であったとしても最低限の英会話が出来るのが常識という世の中が、
近い将来やってくる事は間違いなさそうですね。


日本人が英語を学ぶ上で
最も苦手とするのが【発音】でしょうね。
英語には、日本語にはない発音があったりしますから、それに苦労します。


日本語には、海外から言葉を取り入れた【外来語】があり、
これはカタカナで表記される事がほとんどですよね。
しかし日本で何気なく使っているその単語は
【ネイティブの発音】と全く異なる事があるので、注意が必要ですね。


例えば日本語にすっかり馴染んでいる【チョコレート】という言葉がありますが、
これをネイティブが発音すると【チョックリット】となるそうですね。
あと【バナナ】の事は【ブナーナ】、
パンを表す【ブレッド】は【ブレェド】、
一杯の紅茶を表す【カップ・オブ・ティー】は【カッパティー】となるそうですね。
「今日の朝食は、ブナーナブレェドとチョックリットとカッパティーだったよ」
とか言われたら、妖怪の朝御飯かと思ってしまいますよね。


超有名ファーストフード店である【マクドナルド】も
【メクダネズ】と発音し、
【ポテト】も【プテイトウ】と発音するそうですね。
「お腹すいたから、メクダネズでプテイトウといこうか?」
これは謎の料理にしか聞こえませんよね。


言語的な印象としては、日本語は平坦で、
英語は大袈裟みたいなイメージがありますよね。
「アメリカだと、敷物に唾を吐くと暖かくなるんだよ」
「敷物にツバを吐くと暖かくなるって、どういう事だよ?」
「ハッ!カァァァッ!ペッ!」
これが【ホットカーペット】の発音になるんだそうですね。


英語を習得するためには、あまり判らなくても
外国人の方々に混じって会話に参加してみるのが一番のようですね。
そういう環境に置かれると、理屈ではなく、
何となく英語が理解できるようになるなんて事がありましてね。


ある方がやはり、外国人数人とのお喋りに参加したんですが、
相手の言ってる事が早口で判らないんですね。
そこで、
「please talk slowly(ゆっくり喋って下さい)」
とお願いしたら、
突然外人さんたちの野菜談議が始まったそうですね。


どうしてかな~と思ったら、
『please talk slowly』が『please talk celery(セロリについて喋って下さい)』
に聞こえていたという・・・
なかなか日本人英語というのは、
外国人には通用しないみたいですね。


微笑亭さん太

真実かどうかは尻ません

犬を飼っている方が散歩させる時に、
犬の首に【リード】を付けるのは常識ですよね。
犬が暴走したり、アサッテの方向に歩いて行くのを防ぐためには
必要不可欠な物ですが、リードを付けられるのは、
犬ばかりではないみたいですね。


この数年利用者が急増しているとされる
【子供用リード】というのがありましてね。
その形は、リュックに紐がついている物だとか、
背中に背負う縫いぐるみに紐がついている物、
ハーネスに紐がついている物と様々あり、
子供の飛び出しや迷子のトラブルなどが避けられるとして
人気になっているそうですね。


ただ安全面とは別に、その見た目について異を唱える人も多く、
世間で議論となる事がしばしばあるんですね。


主に子育て世代からの反応は賛成派が多いようですが
『犬の散歩みたい』とか『違和感がハンパない』、
『奴隷みたい』といった反対派の意見もあるんですね。
批判している人達の意見を見ていくと、批判する理由はほとんど
【安全性】ではなく【見た目】の方ですね。
『子供用リード=子供を動物のように扱っている』
という風に映っているようですね。


確かに子供用リードを使い続けていると帰る時、
今までは子供に『そろそろおうちに帰ろうか~』と言ってたのが、
思わず『ハウス!』と言ってしまいそうな気はしますよね。


子供のしつけというのはなかなか難しくて、
絶対的な答えは存在しないような感じですが、
子供が悪さをした時に【お尻を叩く】という親御さんがいらっしゃいますよね。


これもしつけの一つなんでしょうが、
悪い事をした時にお尻を叩くという幼児への体罰は、
約束を守れないなどの問題行動につながり、
しつけとして逆効果だという研究結果が発表されたそうですね。


研究チームは、平成13年生まれの人、約2万9千人を追跡調査して
3歳半の時にお尻を叩くなどの体罰の有無が、
5歳半に成長した時の行動にどう影響しているか分析したんですね。


その結果、3歳半の時に保護者からお尻を叩かれていた子供は、
全く受けていなかった子供に比べ、
5歳半の時に『落ち着いて話を聞けない』という行動のリスクが約1・6倍、
『約束を守れない』という行動のリスクが約1・5倍になるなど、
問題行動のリスクが高いことが判ったんですね。


研究チームは『お尻を叩く事は日本では社会的に許容されている部分があるが、
今回の結果からは、問題行動につながる行為だと言える』と語ってましてね。
『お尻を叩くのは愛情で、頬を張るのは嫉妬と憎しみ』と言った方がいますが、
たとえ愛情に基づく行為であったとしても、
悪影響が出る可能性はあるという事なんでしょうね。


ただ、そもそも【叩かれずに済んだ子】というのは、元々【聞き分けのいい子】で、
言えば判る子が多いのに対して、そうではない子は注意されても聞かず、
お尻を叩かれるという体罰に至るのではないかと言う方もいますね。
だからこの調査結果は、お尻を叩く叩かないの有無ではなく、
その子の元々の性格の問題かもしれないですね。


昭和の頃と違って体罰に厳しい世の中になりましたから、
『言う事聞かないと、お尻ペンペンするよ!』じゃなくて
『言う事聞かないと、お前のお尻の前に、
ホモのお兄さんを連れてくるよ!』とでも言った方が、
効果あるかもしれませんね。


微笑亭さん太

夭折の名人

昨日は豊川にある豊川市文化会館に行ってきました。
認知症に関するイベントにて一席やってきました。


豊川市文化会館には以前、
悪質商法の出前講座で伺った事がありますが、
なかなか立派なホールです。


認知症のイベントというのは、どこでやっても関心が高いですが、
この日もお客さんは200人ほどおみえになりました。
よく笑っていただけましたし、依頼主である社会福祉協議会の方々にも
喜んでいただけたようで良かったです。


昨日はかけもちでしたので、
豊川の高座を終えた後、豊橋にある松山校区市民館に移動しました。
悪質商法の出前講座です。


出前講座は大体、
朝イチか午後の早い時間に行われる事がほとんどですが、
昨日のように、夜の出前講座は珍しいです。
・・・何か【夜の】と付けるだけで、いかがわしい感じになりますね(笑)


こちらの方は、お客さんが女性ばかり20数名でしたが、
その中に、昔大変お世話になった社会人落語家の方の
奥さんがいらっしゃいました。


その社会人落語家の方は、江戸川金とんさんと仰って
私が20代の頃、本当にお世話になりました。
飲みに連れていっていただいた事も何回もありましたし、
その方自身も、飲み屋さんをやられていたので
お店の方にも頻繁にお邪魔してました。


金とんさんは、実は元プロでして、
先代の春風亭柳朝師匠のところに弟子入りされていて
小朝師の弟弟子にも当たられる方です。


事情があって豊橋に戻られてから
社会人落語家として活動されてましたが、
本当にお上手な方で、当時私が目標とした方でもありました。


人柄も優しくて面白い方だったんですが、
お酒が大好きで、それが元で体を壊され
若くして、帰らぬ人となってしまいました。
その未亡人が、客席にいらっしゃったわけです。
お会いするのは何年かぶりで、とても懐かしかったです。


金とんさんはあれからず~っと
あの世で落語会を開かれてるに違いありません。
まさに今は【雲の上の名人】になってしまいました。


『年齢だけは金とんさんの年を上回っちゃったな・・・』
そんな金とんさんに思いを馳せながら帰路についた、月夜の晩でした。


微笑亭さん太

悪しき予兆

毎日、ハンで押したように
平凡で単調な日々を送っていると感じてる方もいらっしゃるでしょうが、
その中で、ふとした違和感を覚える事がありますよね。


いつも通りの行動や作業なんですが、どういうわけか、
このまま続けてはいけないような予感にかられる時の事ですね。
一説によると、それは天からのメッセージを
敏感に受け取る事ができた証しだそうですね。


以前、多くの高校生たちが雪崩に巻き込まれて
命を落とすという大惨事が起こってしまいましたが、
ああいった致命的な失敗の多くは、
進行中の物事を中断して引き返せなかった事に起因すると言われています。


そしてそういった取り返しのつかない事態になる前に、いくつかの方法で
当人に警告が発せられていると主張されてる方もいましてね。
それが一般的に【虫の知らせ】と呼ばれたりするものですね。


日常生活で普通に起こり得る事が、
実は警告サインだという事があるようでして、
例えば【つま先をぶつける】なんてのが、そうらしいですね。


つま先を何かにぶつけてひどく痛い思いをしたり、
転びそうになったり、あるいは実際に転んでしまうなんて事もありますが、
これはその人に、誤った方向へ進んでいる事を警告するサインだそうですね。
「あ、イタタタタ・・・タンスの角につま先ぶつけちゃったよ」
これは【タンスにゴン】というやつでして・・・
まさに【ムシの知らせ】ですよね。


【ちょっとしたケガをする】というのもありましてね。
判りやすい警告でして、物事をこのまま進めると、
さらに痛い思いをする可能性があるので、
一旦中断して再検討する方がいいみたいですね。
「最近さ、パチンコに行って負けるたびに鼻血が出るんだよね」
「えっ、どうして?それは虫の知らせ?」
「いや、帰ってきてカミさんにひっぱたかれてるから」
それは完全に物理的な理由ですよね。


たまたま目が合った人が、
まるで嫌な物でも見るような目つきで自分を見ていたといった
【他者から悪い目つきで見られる】ってのは特に警戒が必要だそうですね。
危険がすぐ身近に迫っている可能性があるそうですね。


朝、寝坊しそうになって顔も洗わずに出勤すると、
やたら周りの人からジロジロ見られるんですね。
これは何か悪い事が起きるかもしれないと、
とりあえずトイレに駆け込んで鏡を見ると、子供から額に
【肉】ってイタズラ書きされてたって話がありましてね。


【車の運転中に妙な臭いを感じる】というのもよくないそうですね。
「この間、田舎道をドライブをしていたら、急に妙な臭いを感じてさ・・・
事故でも起こすといけないと思って、とりあえず車を停めたよ」
調べてみたら、近くに牧場がありましてね・・・
これは【牛の知らせ】というやつなんでしょうね。


微笑亭さん太

お前はゴミだ!

昨日は豊川にある八丁集会所に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


この集会所には以前にも、出前講座で伺った事があります。
私も随分、様々な公民館や集会所に伺ってますが、
この八丁集会所は忘れられません。


というのも、この集会所の駐車場はゴミ置場として使われていて、
以前伺った時、落語をやってる最中に、ゴミの収集車がやってきたんですね。


ところが、私の車が邪魔で収集車が入れないという事で
高座を一旦下りて、着物のまま、車を移動させられた事があったんですね。
後にも先にも、そんな経験はその時限りです。


今回はそうならないようにと思って現場に着くと
駐車場にはゴミ袋の山が。
もう落語を中断しての車移動は嫌ですから、
邪魔にならない場所を念入りに確認して、車を停めました。


会はとても良かったのですが、
もしも次回、呼んでいただく事があったら、
ゴミの収集日以外でお願い致します(笑)


微笑亭さん太

岩倉から中日寄席

昨日は岩倉市にある誓願寺というお寺に行ってきました。
法要の場にて一席やってきました。


毎年この時期にある会なんですが、
私が伺うのは今回初めてです。
志ょ朝さんとご一緒させていただきました。


私が『再就職は楽し』志ょ朝さんが『旅行日記』でしたが、
私は中日寄席とのかけもちでしたので、
まだ志ょ朝さんがやられている最中にお寺を後にして、
名古屋に移動しました。


『創作(タイトルを聞き忘れました)』米花家写碌

『八五郎坊主』竜宮亭無眠

『隣の男』(さん太作)微笑亭さん太

『悋気の独楽』立の家猿之助


今回の中日寄席は愛知県在住は私だけで、
無眠さんは兵庫県、猿之助さんは大阪府、写碌さんは奈良県と
多国籍(?)な寄席となりました。


お客さんは相変わらずの大入りで、
大変に笑いの多い会になったと思います。


微笑亭さん太

プラットでの独演会

昨日は豊橋駅前にあるプラットに行ってきました。
【笑いの学校】主催の落語会に出演するためです。


この笑いの学校は、普段とてもお世話になっている
【ぬくもりカフェ】のご夫婦が主催されているもので、
年に数回開催されていて、前回は6月に
三遊亭王楽師の独演会がありました。
今回はそれに続いて、私の独演会という事になります。


プラットのアートスペースは、いつも新春の
天狗連名人会で使わせていただいている、とても素敵な会場です。
昨日は、そこを私ひとりで使わせていただいたわけですから
とても贅沢なお話です。


前回の王楽師は、3席の予定のところ4席やられたそうで、
私も、それくらいやらなければと思っていました。
クオリティの低さは量でカバーです(笑)


『楽しい動物園』(さん太作)微笑亭さん太

『三者面談』(さん太作)微笑亭さん太

『井戸の茶碗』微笑亭さん太

ー仲入りー

『女子会の姫』(さん太作)微笑亭さん太

『茂造の恋』(さん太作)微笑亭さん太


お客さんは100名以上おみえになりましたが、
結局2時間弱の会で、5席もやってしまいました。
最後までお付き合いいただいた方々、本当にありがとうございました。


昨日の初回をやる前から、
来年9月の第2回の独演会のお話をいただいておりました。
まだまだ先の話ですが、来年の9/29(土)、プラットでお待ちしております。


微笑亭さん太

蜻蛉

昨日は新城市にある大海公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


会場である大海公民館は、海とは全く関係なく
新城市の山の中にある公民館です。


奥三河の山中は割と涼しいので、快適な運転で新城まで行けましたが
着いてから開演時間を間違えていた事に気づき
1時間ほど、現場近くで待つ事に。
トンボが物凄く飛んでいて
秋が足早に近づいてきている事を感じさせられました。


出前講座ではいつも、
落語が終わった後にアンケートを書いていただくのですが、
そのためにアンケート用紙と鉛筆を、
前もってお客さんにお配りしておきます。


ところが昨日は役所のスタッフの方が鉛筆を忘れてしまったため
アンケートは無しという事になりました。


要するに、
【トンボ】は沢山いたんですが
【鉛筆】は無かったという出前講座になりました。


※本日は、いよいよこれです。
当日券もありますので、どうぞお越しください。

●9/2(土) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会』
プラット(豊橋駅前)アートスペース
木戸銭¥3500(木戸銭+入会金)
出演 微笑亭さん太

豊橋駅前のプラットにて、独演会をさせていただきます。
本来は会員制の会なのですが、席亭の方から特別に、単発入場もOKをいただきました。
木戸銭に入会金が加わるため、ちょっと高額になってしまいますが、
プラットでの独演会はなかなか無い機会ですので、
お財布が許せば、是非ともお越しいただきたいと思います。
お問い合わせは、サロンぬくもり(0532-52-7399)まで。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師

『熟女たちの宴』『聖夜の奇跡』『お達者バイト』桂右團治師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

⑨『なかったこと』&『オトナの試験』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード