夏だ!落語だ!告知だ!

※夏休み告知です!

●7/23(日) 午後1時50分~
『中区認知症サポーター フォローアップ講座』
大須演芸場
木戸銭無料(オレンジリング持参が必要)
出演 微笑亭さん太 他

大須演芸場で行われる認知症のイベントに出演して
落語をやらせていただきます。
木戸銭は無料なのですが【認知症サポーター養成講座を受講された方】という
資格が必要です。
当日はオレンジリングの持参が入場資格となっています。
お問い合わせは、中区いきいき支援センター(052-331-9674)まで。


●8/5(土) 午前10時~
『浄心寄席』
名古屋市西生涯学習センター
木戸銭無料
出演 若鯱亭笑天 若鯱亭夢輔 微笑亭さん太 竜宮亭無眠 川の家河太朗

毎年この時期に行われている定例公演です。
暑気笑いに、是非ともお越しください。


●8/5(土) 午後7時~
『納涼落語会』
碧南市哲学たいけん村無我苑(愛知県碧南市坂口町3丁目100番地)
(問合せ)0566-41-8522
木戸銭¥500(呈茶券付き)
出演 微笑亭さん太

一昨年、昨年もやらせていただいた会ですが、
怪談調の噺をおりまぜつつ、
1時間半ほどの独演会となります。
夏の夜には、うってつけの会です。


●8/20(日) 午後6時半~
『大府駅前寄席』愛恵不動産2階事務所(大府市中央町4丁目77)
木戸銭¥500
出演 微笑亭さん太 南遊亭栄歌 槍田家志ょ朝 他

お馴染みの大府での定例公演ですが、
私も大好きな寄席の一つです。
いつものように開口一番で、子供さんが落語をされます。


●8/21(月) 午後7時~
『月例寄席』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて) 木戸銭¥100
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 髪家三代 他

毎月第3月曜日に行われている定例公演です。
小市民寄席で一月とびましたので、
6月以来となる月例寄席です。
私は創作のネタおろしで臨む予定です。
・・・間に合えば(笑)


●9/2(土) 午後1時半~
『微笑亭さん太独演会』
プラット(豊橋駅前)アートスペース
木戸銭¥3500(木戸銭+入会金)
出演 微笑亭さん太

豊橋駅前のプラットにて、独演会をさせていただきます。
本来は会員制の会なのですが、席亭の方から特別に、単発入場もOKをいただきました。
木戸銭に入会金が加わるため、ちょっと高額になってしまいますが、
プラットでの独演会はなかなか無い機会ですので、
お財布が許せば、是非ともお越しいただきたいと思います。
お問い合わせは、サロンぬくもり(0532-52-7399)まで。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

チルチル気ガチル

昨日は蒲郡にある栄町犬飼集会所に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


この集会所は、すぐ前が海で、
そこに流れ込む川のほとりにあります。
天気もよくて、川の中で泳ぐ小魚の群れを眺めていたら、
もう落語なんて、どうでもよく・・あ、失礼。


お客さんは20人ほどの高齢者の方々で
ちゃんと聞いて笑ってくれてはいたんですが、
途中でクーラーが止まりました。
というのも、100円玉を入れないと動かないタイプのもので
途中で時間切れになったんですね。
何人かの人がバタバタと動いてお金を入れに行ったため
お客さんの視線は、完全にそちらの方へ。


クーラーが再稼働し落ち着いたら、
今度は途中で入ってこられたお爺ちゃんがいて、
受付のところで、普通の音量で喋っていたので、
またお客さんの視線は、そちらの方へ。


そのお爺ちゃんが席について落ち着いたら、
今度はお婆ちゃんが立ち上がって、
皆さんにお茶を注いで回り始め、
またまたお客さんの視線は、そちらの方へ。


開演前に川の中で見た小魚の群れのように、
絶えずお客さんの視線が泳ぎまくっていた会でした。


微笑亭さん太

石野上にも三年

昨日は豊田市内にある石野交流館に行ってきました。
高齢者セミナーの集まりで喋ってきました。


私が営業で呼んでいただく高座というのは
豊橋、豊川といった東三河方面か
名古屋を中心とした尾張方面がほとんどで
地元である豊田市での高座は、実は格段に少なかったりします。


そんな中、豊田市の交流館から依頼をいただくのは
私にとっては、ある意味貴重と言えるかもしれません。


昨日も真夏の太陽が照りつける中、
50名くらいの方がおみえになりました。
『お達者バイト』(さん太作)『井戸の茶碗』『茂造の恋』(さん太作)で
1時間半ちょっとの独演会でした。


落語は初めてという方が多かったようですが
その割には、よく笑っていただけて
良かったな~と思います。


微笑亭さん太

愛大落研の宴

日曜日に愛大落研の16期~20期までのメンバーが集まり、
私の同期、艶目家てい坊君の出世祝いを行いました。


最初は同期だけで、こじんまりとやる予定だったのが
あれよあれよと先輩後輩に広がって
26人もの大宴会になってしまいました。


やはり同期の近眼亭酔治君が写真を送ってくれたので
ちょっとアップさせていただきます。
これで酔治君も草葉の陰で喜んでくれる・・いや、死んでないし!(笑)

20170718175429ec1.jpg

珍しい、微笑亭のスリーショットです。
一応、私の弟子(?)にあたる二人です。

20170718175431fe5.jpg

微笑亭銀太君とは卒業以来、30年ぶりに会いました。
相変わらず、空気の読めなさ加減は衰えてませんでした(笑)


学生落語のチャンピオンを決める【策伝大賞】で
私は予選の審査員を務めさせてもらってますが、
そこでお世話になっている、微笑亭じゅりあさん。
今は敏腕プロデューサーです。

20170718175432133.jpg

同じ思い出を共有している仲間たちと会えるのは
こんなにも楽しい事なのかと気づかせてくれた一夜でした。


微笑亭さん太

今年も向山

昨日は豊橋の市民文化会館に行ってきました。
【向山寄席】に出演するためです。


この寄席は年に一度行われてる定例公演ですが、
もうかれこれ15年くらいは
続いているのではないかという
老舗の寄席となりました。
・・・何年続いているのか、
誰も正確に覚えてないのが凄いですが(笑)


このところ毎回出させていただいてますが、
以前、夜の7時からの寄席なので、
6時過ぎに現場に到着したら、
お客さんはもちろんの事、
スタッフすら誰もいなかった事があったのを覚えています。


昨日はは6時過ぎに沢山のスタッフがおみえになり
準備も実にスムーズに進みました。


例年は演者3人というパターンが多いのですが
昨年に引き続き、ヘルさんとの二人会でした。


『ろくろ首』鶴橋減滅渡

『改訂版・寿限無』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『壺算』鶴橋減滅渡

『やかんなめ』微笑亭さん太


お客さんは向山にお住まいの方々中心に
100名以上おみえになりました。
毎年、人が増えている感じで、
出演するこちらも、嬉しい限りです。
また来年も出られたらいいですね。


微笑亭さん太

確認は大切

昨日は浜松市にある富塚協働センターに行ってきました。
社会福祉協議会が主催するイベントに出演してきました。


このお話は以前、営業でお世話になった
Yさんという女性の方からいただいたものなのですが、
今年の始め頃にYさんからお電話をいただいて
「さん太さん、私の知り合いの社協の人が
落語をやってほしいと言ってるんだけど
イベントに出演してもらえる?」
「ええ、結構ですよ」
「日にちは7/16なんだけど、大丈夫?」
「はい、その日は空いてますので大丈夫です」
「じゃあ、とりあえず、予定を空けておいてね」
そんな感じでお引き受けしました。


ところが、それからというもの全く連絡がきません。
3月が過ぎ、4月、5月、6月、7月に入っても
全く連絡が来ないのです。


仮予約みたいな話が飛ぶ事は時々あるので、
これはきっと、ポシャったんだろうな~と
今月半ばに差し掛かろうとする時には
さすがにそう思ってました。
7/16は浜松に行かなくていいと。


まあでも、もしかという事があるので、
念のためにYさんに連絡をとり、
「結局、7/16のお話は無くなったという事なんですよね?」
「・・・無くなった?何言ってるの?
もうビラまで作って大々的に宣伝してるわよ」
「えっ、そうなんですか!?
でも、時間も場所も何ひとつ知らないんですけど」
「・・・え?社協の方から連絡なかった?」
「ええ、ありませんけど」
「そうなの!?それは知らなかった。ごめんなさい」
どうやら、連絡ミスや勘違いが重なって
イベントのチラシはできているのに
出演者である私のところには一切お知らせが無かったという事なんですね。
いや~、確認の連絡をしてみてよかったです。
私は本当に、当日行くつもりはなかったですからね(汗)


会場となった富塚協働センターは、ちょうど今工事中で
エアコンが使えないという状況でした。
この暑い最中、扇風機が回る会場で
1時間ちょっとの通し高座は、なかなか大変でした。


私よりも、聞いていたお客さんが大変だったでしょうが、
皆さん、団扇をパタパタさせながらよく笑ってくださったので
汗をかいた甲斐がありました。


終演後は豊橋に移動して、
愛大落研OBの飲み会に参加してきました。


これは、私の代の教師をしている奴が
今度、校長先生になったという事で
そのお祝いの会として企画されたものです。


最初は同級生だけ数人が集まる予定でしたが、
その話が上下の代に広がって、結局26人ものOBが
一同に集結する事となりました。


二つ上の先輩から、二つ下の後輩まで
懐かしい顔を見る事ができて、とても楽しい会になりました。
今後も、この集まりは続けていくという事なので、
第2回目が楽しみです。


微笑亭さん太

可児道楽

昨日は岐阜県可児郡御嵩町にある上之郷公民館に行ってきました。
地元の皆さん対象の落語会で喋ってきました。


このお話は以前、
犬山城下町寄席に出た時にお客さんとしておみえになっていた
Kさんからオファーをいただいたものです。
Kさんは2年前から落語会を立ち上げて
プロの師匠を呼んだりされている方でして、
今回は微笑亭さん太独演会という事で呼んでいただきました。


御嵩町を訪れるのは初めてですから
当然、私を知るお客さんは皆無のはずです。
一応、木戸銭を取る落語会に、
果たして何人のお客さんが来てくれるのか心配でした。


Kさんを始めスタッフの方々の熱心な呼び掛けで
100人近いお客さんが入ってるのを見てビックリしましたが、
とてもモチベーションの高い方ばかりで
よく笑ってくださいましたので、本当にやりやすかったです。


また是非、伺いたいと思いますので、
Kさん、また呼んでくださいね。


微笑亭さん太

富士見になりたい

昨日は静岡県富士宮市にある
富士宮市役所に行ってきました。
男女共同参画に関するイベントにて
落語をやってきました。


一昨年末と昨年の始め、
三回に渡って磐田市において、
やはり男女共同参画のイベントに
出させていただいたのですが、
その時に見に来こられていた
富士宮市の男女共同参画課の方からオファーをいただき
昨年初めて伺う事となりましたが、
今回、二年連続で依頼をいただきました。


前回は高齢者の方が中心だったんですが、
今回は30代~40代の女性ばかりのお客さんでした。


上がった時から『聞き慣れてないな・・』という感じはあったんですが、
予想通り、なかなか笑い声に結びつかず、
苦戦続きの1時間半の独演会でした。


目の前に広がる富士山も、天候のせいなのか、ほとんど見えず
そちらも大変残念でした。


ちなみに、
どこへ出しても恥ずかしくないほどの方向音痴の私は
高速道路が大の苦手です。


昨年、富士宮市に行った時、高速道路を使ったんですが、
綿密にルートを調べて高速に乗り、
自信を持って一つ手前のインターで降りてしまいました。
しかも何か山奥みたいなとこで若干迷ってしまい
泣きそうになった経験があります。


ですから今回は、朝イチの講座に間に合うよう
夜中から出発し、全て下道で4時間半かけて行きました。


帰りも同じルートで帰ってきたので、
往復420キロ、9時間の運転は少々疲れました。


微笑亭さん太

技を串する

大人数の飲み会などで居酒屋に行く場合、
幹事さんは少しでも費用を抑えようと
苦労されるんじゃないかと思います。


飲み屋で最初に出される
【お通し】と呼ばれる物があります。
小鉢などに入った、ちょっとした料理ですが、
あれは黙っていても三百円くらい取られてしまうわけですね。
頼んでもないのに。
あのお通しを断れるのかが時々議論されますが、
断れるお店もあるようですね。


それによって費用も抑えられるわけですから、
そこが幹事さんの腕の見せどころなのかもしれませんね。
「店員さん、ウチの宴会、お通しカットしてもらえない?」
「いや~お客さん、それはできないんですよ」
「そんな事言わないで頼むよ。
そうしてくれたらさ、これから飲み会やる時には、
必ずここの店を利用するし、俺の友達や知り合いにも
『あの店は、いい店だよ』って宣伝しておくから、
みんな来るよ。
損して得取れって言うじゃない?お願いだからさ、ね?ね?」
「しょうがないですね~。
全くお客さんは口がうまいんだから」
こういう口のうまい方を
【お通し者】と呼んだりするわけですね。


居酒屋での飲み会に欠かせないおつまみの一つに
【焼き鳥】というのがありますが、
以前、東京都内の居酒屋のオーナーが、
ブログなどで焼き鳥の食べ方について苦言を呈して、
話題を呼んだという事がありましてね。


というのも最近は、飲み会で焼き鳥を頼むと、
肉を串から外して皆で分け合うというパターンが増えてきてるんですね。
この『焼き鳥を串から外してシェアする食べ方』
について意見を述べてましてね。


オーナーのブログには
『僕ら、一生懸命、一本一本刺してるんです!
一本一本丁寧に焼き上げているんです』という
焼き鳥への熱い思いと同時に、肉の刺し方や、
塩の振り方などについて詳細に書かれてましてね。


さらに、串から外して焼き鳥を食べる事については、
『切った肉をフライパンで焼いても同じであり、
それは焼き鳥では、ございません』と、
邪道の食べ方だと説いてましてね。
串から外された焼き鳥についても
『絶対に美味しくないし!』と一刀両断にしてるんですね。


串から外した焼き鳥が本当に美味しくないかどうかは、
意見の分かれるところではあると思いますが、
体育会系のサークルなどでは、
下級生は焼き鳥が来たら、
何も言われなくとも串から外す作業をするのが
礼儀だと教えられたりするようですね。
「・・・お客さん、焼き鳥を串から外さないでくださいよ」
「何言ってんだ、お客も一生懸命外してるんだよ!」
そう言いたい方もいるでしょうね。


実際、お店によっては焼き鳥を串から外すための
道具が置かれているところもあるようですね。
画鋲外す時に使うような形の道具ですね。
こうなってくると発想の転換で
【食べられる串】というのが発明されるかもしれませんね。
居酒屋で焼き鳥を頼んでふと見たら、
串が【プリッツ】だったりしましてね。


いずれにしても、どんな食べ方であれ、
出された焼き鳥は残さず綺麗に食べてあげるのが、
お店の人に対する気遣いじゃないですかね。
ことわざにも『焼き鳥、あとを濁さず』と
あるくらいですからね。


微笑亭さん太

ドア顔

昨日は豊橋にあるカリオンビルに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


カリオンビルというのは豊橋の中心地にある建物で
市民の皆さんに公民館や市民館的に使われている
豊橋市の公共施設です。


そういうわけで、
カリオンでの出前講座は何回もやってるんですが
その度に呼んで下さる団体が違っていたりします。


昨日はいつも同行して下さる市役所スタッフのSさんと
同時に現場に着いたのですが、会場となっている部屋に入ろうと
Sさんがドアを開けようとしても開きません。
「まだ誰も来てないみたいですね。
カギがかかってるみたいで、開きませんよ」
「そうなんですか」


しばらく待っていたのですが、
どうも中から人の声が聞こえてくる気がするので、
「Sさん、中にいるんじゃないですかね?」
「そんなはずありませんよ。
さっきからドアを何度押しても開かない・・・あ、すみません。
このドア、引っ張って開けるみたいです」
中には既に、皆さんお集まりでした。


30名くらいのお客さんでしたが、
いつものように、よく笑っていただけたと思います。


※プチ告知です!

●7/17(月・祝) 午後7時~
『向山寄席』
豊橋・市民文化会館 木戸銭無料
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

毎年夏に行われている定例公演です。
一応、向山地区の方対象の寄席ですが、
どなたでも入れますので、是非お越しください。


●8/5(土) 午後7時~
『納涼落語会』
碧南市哲学たいけん村無我苑(愛知県碧南市坂口町3丁目100番地)
(問合せ)0566-41-8522
木戸銭¥500(呈茶券付き)
出演 微笑亭さん太

一昨年、昨年もやらせていただいた会ですが、
怪談調の噺をおりまぜつつ、
1時間半ほどの独演会となります。
夏の夜には、うってつけの会です。


微笑亭さん太

それはシャリになんないよ

アルバイトが禁止されている学校というのがありますが、
とある高校では【A寿司屋】でのバイトはOKなんだけど
【B寿司屋】でのバイトは禁止されてましてね。


ある男子が、その校則を無視して
B寿司屋で、こっそりアルバイトをしていたんですね。
数日後、教頭先生が
若い女の子と腕を組んで入ってきたという話がありましてね・・・
その寿司屋でアルバイトが禁止されている理由が
瞬時に理解できたそうですけど、寿司を握るついでに、
弱味も握られちゃったというわけですね。


修業と名の付くもの、
どんなジャンルでも厳しい事は言うまでもありませんが、
中でも【寿司職人】となるための修業が大変だというのは有名ですよね。
一人前になるには十年以上の修業が必要だとも言われますが、
その熟練が必要とされた職人の世界に、近頃変化が起きているようですね。


テレビの報道番組が三ヶ月の養成期間で寿司職人になったという、
大阪市にある寿司店の女性店長を紹介したところ、
大変な物議を醸す事になりましてね。


というのも、映像を見るとその女店長は、
自分の髪を触った後に寿司を握ってるんですね。
女性店長は右手で自分の髪を後ろに掻き上げる仕草で髪に触り、
その手をまな板の上のタオルにチョンと置いた後に
寿司を握り始めたというカットがバッチリ映っちゃってたんですね。
これは判りやすく【衛生的に問題あり】という場面になるわけでして、
他にも、まな板の上の包丁の向きも違っていたなんて事も指摘されましてね。


そうしてみると、
確かに三ヶ月で技術を習得できるのかもしれませんが、
職人としてのマナーやルールを確立するには、
やはりそれなりの長時間の修業が必要なのかもしれませんね。
「髪の毛を触った後に寿司を握るなんて、ありえないよな?」
「そうかな・・・
その女性店長が好みのタイプだったら、むしろ【ご褒美】なんだけど」
まあ中には、そういうご趣味の方もいらっしゃるんでしょうけどね。


しかし目の前で、そういう行動を取られたら、
お客さんとしては黙っちゃいられないでしょうね。
「おい、君!今、髪の毛触った後に寿司を握っただろ?
不衛生極まりないじゃないか」
「大丈夫ですよ、お客さん。
髪に塗ってあるわさびを付けてるだけですから」
こう言われてしまったら納得する他はないでしょうね。


高級だったお寿司のイメージを、
庶民の食べ物のイメージに変えてくれたのは【回転寿司】ですよね。
その回転寿司の大手である【かっぱ寿司】が、
期間限定で【食べ放題】のサービスを行いましてね。


男性は1580円、女性は1380円で70分食べ放題という事なんですが、
大変な人気を集めましてね。
人気の店舗では十時間待ちなんてところもあったようでして、
『待ってるうちにお腹が空いちゃうから』という事で、
弁当持参で長蛇の列に並んでる人もいたようですが・・・
本末転倒とは、まさにこの事ですよね。


微笑亭さん太

さとりを開く若者たち

ゆとり教育を受けた人たちで、
世間的には【使えない】というようなネガティブなイメージがある
【ゆとり世代】というのは有名ですが、最近はその下の
【さとり世代】というのも有名になってきました。


淡々としていて、何を考えているかさっぱり判らず、
必死さが足りないと言われる【さとり世代】ですが、
こういう若者を部下にもった上司なんかは、
扱いに苦労されるんじゃないかと思いますね。


さとり世代の特徴としてよく言われるのは
【欲がない】という事ですが、欲がないわけではないんですね。
物欲とか性欲とか食欲とか、ちゃんと欲はあるんですが
『絶対これじゃなきゃ嫌だ!』といった感じで、
あるひとつの対象に情熱を燃やす事が少ないんですね。
ですから【欲がない】んじゃなくて【熱がない】わけですね。


という事は、
さとり世代の人たちは時々【エボラ出血熱】とか
【デング熱】とかにかかって、
熱を上げる努力をした方がいいという事でしょうね。


他にも【休日は家に引きこもっている】とか
【恋愛に振り回されない】とか【目立つのが苦手】【ブランドに興味なし】
といったような特徴を持っているのが、さとり世代なんですね。


職場で、この【さとり世代】を指示する側に求められるのは
【曖昧な指示を出さない】とか【常識を押し付けない】
【決して罵倒しない】といった注意が必要と言われてますが、
こうなるともう【さとり世代】と言うより【腫れ物世代】って感じですよね。


こういう【さとり世代】の若者たちというのは、
昭和生まれのお父さんたちにとっては味気ない感じに映るでしょうね。
「何だよ、お前たち。
さとり世代だか何だか知らないけど、つまらない奴らだな。
お前たちなんか、絶対飲み屋に誘わないからな」
「ええ、ボクたちも、
お酒ばかり飲んで無駄な時間浪費するだけの、
つまらないオジサンなんか関わりたくないと思ってますので」
こんな風に返されるのがオチでしょうね。


ゆとり世代、さとり世代に続いて、次世代の若者たちは、
どんな特徴を持った世代が登場してくるのか、
興味深いところはありますよね。
「・・・何だか社内が煙だらけになってるね」
「そうなんだよ。
今度入った新人たちは虫が嫌いとみえて、
蚊取り線香ばかり焚いてるからね」
「あ~、あいつらがよく言われる【蚊取り世代】というやつなんだね。
そこにいる連中は【さきいか】とか【チーズ鱈】とか、
そんなお菓子ばっかり食べてるね」
「あいつらは【なとり世代】ってやつだね」
「それに比べて、あっちにいる連中は、
給料安いのによく働いてくれるね」
「そうそう。
お値段以上の価値があるから【ニトリ世代】って呼ばれてるよ」
なんてんで、色んな世代が増殖していくんでしょうね。


微笑亭さん太

再び長浜へ

昨日は滋賀県長浜市にある
長浜市民交流センターに行ってきました。
【湖北・文化のつどい】というイベントにて
一席やってきました。


昨年、初めて呼んでいただいたんですが、
ありがたい事に、2年連続で声をかけていただきました。
再び、長浜市へ伺う事ができましたが、
往復240キロに及ぶ、遠征高座です。


このイベントは、
某有名政党の後援会の方々が主催されていて
腹話術や歌、寸劇などの出し物の間に挟まり
40分ほど喋ってきました。


誰でも入れるイベントですが
やはり、その某政党の支持者の方が多いわけで、
当然、議員さんもおみえになってました。
某政党が共産・・いや、協賛されてますからね。


マクラで随分と政治ネタをふったのですが
某政党とは関係ない政治家のネタばかりを
チョイスしましたので、よく笑ってくださいました(笑)


皆さん、楽しんで下さったと思いますので、
是非また三たび、来年のイベントにも連続で呼んでいただけるような
ウルトラ志位・・いや、ウルトラCがあると
いいな~なんて思ってます。


微笑亭さん太

そう設楽?

昨日は設楽町にある神田町民センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


まだ梅雨とは思えぬほどの晴天の中、設楽町に向かいましたが、
奥三河の山道は街中よりも遥かに気温が低く
とても爽やかで快適なドライブでした。


今年の1月に呼ばれて、
顔面蒼白になりながら雪道を運転していった時とは、えらい違いです。
出前講座でお世話になっている設楽町、東栄町、豊根村の皆さん
出来れば夏に集中的に呼んでください(笑)


現場に着くと呼んで下さった会長さんが、
「このあたりは野生動物も多いんですよ」
「そうなんですか」
「サル、イノシシ、あと一番多いのはシカですね」
「はあ・・・私も【ハナシカ】というシカですけどね」
「いえいえ、さん太さんはシカじゃないですよ」
「・・あ、そういう事じゃなくて・・」
「この土地は手作りコンニャクが有名でしてね。
よかったら、このコンニャク、持っていってください」
「ありがとうございます。
早速、今日の夜に食べてみます。
今夜食う(コンニャク)というくらいですから」
「あ、そんなに早く腐るものじゃありませんから、
急いで食べなくても大丈夫ですよ」
・・・セミの声が心なしか、大きく聞こえるように感じました・・・


落語自体は喜んでいただけたようなので、
次回までには、もう少しフリートークを磨きたいと思います。


微笑亭さん太

星に願いを

昨日は豊橋にある向山校区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


向山校区市民館に伺うのは初めてですが、
向山地区には毎年夏に行われている向山寄席でお世話になっていて
比較的、落語をやらせていただいている地域です。


今回も、7/17(月・祝)に向山市民文化会館で行われる
向山寄席に出演させていただきます。
減滅渡さんとの二人会でして、午後7時から
どなたでも入れますので、よろしければお越しください。


昨日は七夕という事もあり
市民館には七夕の飾り付けがされていました。
笹にぶら下げられていた短冊には
小学生たちの願い事が沢山書かれてました。


印象に残ったのが、恐らく1年生くらいの子の
『100さいまで生きられますように』
まだ年齢が一桁の子が、三桁まで生きたいという
壮大な野望を抱いてるようでした。


あと、女の子が書いていた短冊に
『来年の担任の先生が○○先生になりますように』
というのがありましたが、明らかに
『今年の担任とは折り合いが悪い』と言ってるようなものですよね(笑)


私もついでに
『伝説の秘薬【ラクゴオモシロクナール】が手に入りますように』と
短冊に書いてお願いしておきました。


微笑亭さん太

ゾ~ッとして眠れなくなる話

「ほら、ケンちゃん見てごらん。
このお鼻の長~い動物がゾウさんよ」
なんてんで、お母さんが小さなお子さんに説明してる光景を、
動物園で見かけたりしますよね。


ゾウといえば【鼻の長い動物】というのは、
誰もが持っている認識ですが、実はこれが大きな間違いなんですね。
というのも、あれは鼻ではなく【上唇】なんですね。


鼻というのは、先端の部分だけの事であって、
我々が鼻と呼んでいる部分は、上唇が伸びた物のわけです。
ですから童謡の『♪ゾウさん、ゾウさん、お鼻が長いのね』という歌詞は、
ゾウ的には凄く不満のある歌詞で
『鼻じゃね~よ!』とツッコミを入れたいというのが本音なんでしょうね。


当然の事ながら、動物も人間と同じく睡眠を取ります。
人間の睡眠時間は言うまでもなく、7~8時間といったところですが、
それに対して犬は3時間しか寝ないそうですから、
やはり番犬としては相応しい存在のようですね。


一方、猫は18時間も寝てるそうなので、
人間に可愛がられた上に、いいご身分ですよ。
凄いのはナマケモノでして、一日の睡眠時間は25時間だそうですね・・・
まさに全力で怠けている感じですよね。


アフリカ南部ボツワナで、
野生のアフリカゾウの睡眠時間を調べたところ、
一日平均約2時間だったという事が判ったそうですね。
調査は体の動きや姿勢の測定機器とGPS装置などを取り付け、
連続5分以上動かない場合に眠っているとみなして行なわれましてね。


その結果、
ライオンや密猟者などに追われて眠れなかったとみられる日を除くと、
毎日午前1時~6時を中心に5回程度の細切れで眠っていたそうですね。
大半は立ったまま眠り、横になった時間はほとんどなく、
二日間連続で眠れない事もあったそうですね。


哺乳類は体が大きいほど睡眠時間が短い傾向があり、
これまで調査された野生の陸上哺乳類の中では最も短いらしいですね。
「体が大きい動物ほど睡眠時間が短いって事は、
『寝る子は育つ』ってのは嘘だったんだな」
「だから肌が荒れっぱなしなんだろうな。
きっと起きてる間、筆箱を踏まされ続けるんだろうな」
「古いCMだな、それ。
ストレスがたまって、白髪も増えたりするから、
白髪染めとか使ってそうだな」
「ゾウの白髪染めって、どこのを使うんだよ?」
「そりゃもちろん、【パオ~ン】」


野生動物は寝ていると、その間に襲われて
食べられる危険性がありますから大変ですよね。
ゾウの場合は、密猟者の標的になる事も多いです。
密猟者たちというのは厄介な存在ではありますが、
ああ見えて先輩後輩のしきたりにうるさいそうですね。
『どうしてですか?』って聞いたら
『象牙(上下)関係に厳しいから』と言ってましたけどね。


微笑亭さん太

ヘルもんじゃなし

昨日は青陵地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


豊橋市内の地区市民館や校区市民館は
出前講座や高齢者セミナー等で随分回らせていただきましたが
青陵地区市民館に伺ったのは昨日が初めてでした。


会場となる和室に行くと
低めのテーブルで高座が作られていました。館長さんが、
「これでいいですかね?」
「ええ、いいですよ」
「ちょっと安定感がよくないんですよね。グラグラして」
「そうですか」
「以前、鶴橋減滅渡さんが来た時にも、これでやりましたけど」
「あ、じゃあ大丈夫です。
減滅渡さんは【ひとり運動会】くらいに動き回りますけど、
私は動きませんので」
どうやら高齢者セミナーで以前、ヘルさんが来ていたようです。


お客さんは40名ほどの高齢者の方々でしたが、高座に上がって
「青陵地区市民館には初めて伺いましたが、
何でも以前、天狗連の鶴橋減滅渡さんがみえたようですね。
あの関西弁でクド~い芸風の方ですよ」
そんなツカみで客席をほぐしてみました。


ヘルさんネタの甲斐あってか、とてもよく笑っていただけましたが、
終わった後、お見送りをしていたら、一人のご婦人が
「どうも、いつもお世話になってます」
「・・・はい?」
「減滅渡の母です」


よく考えたら青陵地区市民館は、
ヘルさんの御実家のすぐ近くなんですよね。
ちょっとヒャッとした私でした(笑)


微笑亭さん太

あたり前田

昨日は豊橋市にある県営前田南住宅に行ってきました。
集会室にて悪質商法の出前講座です。


住宅の集会室が会場なので、
てっきり住宅の住民の方々が対象の会かと思ったら
ご近所に住まわれている方々なら誰でも参加できるという
認知症予防などを目的とした集まりでした。


受付をやっておられた中年女性の方が
「小市民寄席、見に行きました」
「ありがとうございます」
「とても面白かったので、
新春の名人会のチケットも買っちゃいました」
徐々に【天狗連ウィルス】も広がりを見せているようです(笑)


30名ほどの高齢者の方々の前でやりましたが、
よく笑っていただけたかと思います。


受付の女性も買ってくださった【天狗連名人会】は
来年1/8(月・祝)にプラットにて昼夜2回公演で行われます。


そのプラットでは
9/2(土)に【微笑亭さん太独演会】も行われますので、
そちらの方も、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

コスプレ小市民

お陰様で【第38回小市民寄席】は両日満席という
大盛況のうちに幕を閉じました。


小市民寄席の翌日は毎年
天狗連の皆さんは、小市民ロスになり
ふぬけ状態になっている事と思います。


今回の小市民寄席は色物が多く、
例年以上にコスプレ色の強い会となりました。
コント台本はいつも通り、私が担当させていただきましたが、
例年3本のコントを、今年は4本書き下ろし
なかなか楽しい天狗連コントになったのではないかと思います。


和音さん、呈茶さん、初音さんが幽霊に扮した幽霊コントは、
初音さんの大ボケ全開で、クセになる仕上がりでした。
20170703170559671.jpg


今回のイチ押し、一休さんコントは
みるくさんが一休さん、虚生さんが将軍様という
完全なるあて書きで書きました。
トラの絵を破って舞台上に転がり出てくるロックさんに
お客さんは度肝を抜かれてました。
201707031706007a7.jpg


【歌謡ショー】でスクールメイツに扮した呈茶さん、ふりかけさん、
ポンポン片手にミニスカートで
激しいダンスを完璧にこなされてました。
20170703170601b1d.jpg


また来年も、楽しい寄席にしたいものです。


微笑亭さん太

第38回 小市民寄席2日目

昨日は一昨日に引き続き、豊橋市公会堂にて
【第38回 小市民寄席】に出演してきました。


いつも2日公演で行われている小市民寄席ですが、
年々老朽化が心配される天狗連ですから、
2日目になると、ぐったりした状態になってきます(笑)


『ちりとてちん』弾家喜苦

『漫才』ヘル&和音

『青菜』何逸亭長久

『天狗連コント③&④』天狗連メンバー

『太神楽』小呂比家念挫

『お見立て』成田家紫蝶

ー仲入りー

『寄席踊り』のの字&馬笑

『手筒花火は豊橋の華』(さん太作)成田家虚生

『昭和歌謡ショー』成田家紫蝶 他

『死神』髪家三代


土日共に昼公演になってからは
両日バランスよく入っていただける感じになってきています。
昨日も602名のお客さんがおみえになりましたので、
両日合わせて1194名のお客さんが
来て下さった事になります。


改めて天狗連のパワーの凄さを
実感させていただきましたし、
自分自身も、まだまだ勉強が足りないと
思い知らされました。
また来年の小市民寄席に向けて、明日から始動ですね。


微笑亭さん太

第38回 小市民寄席

昨日は豊橋市公会堂にて
【第38回 小市民寄席】に出演してきました。


毎年この時期に行われている
天狗連のビッグイベントで、
普段は舞台に上がらない方々も、
この日ばかりは何らかの形で出演するという
メンバー総出演の寄席です。


一昨年までは土曜日が夜公演、
日曜日が昼公演という事だったのですが、
昨年初めて、両日共に昼公演となり、
今年も引き続き、両日昼公演で行われました。


『太神楽』今いち座

『元犬』望々亭みるく

『天狗連コント①』天狗連メンバー

『風呂敷』橘亭郵便箱

『天狗連コント②』天狗連メンバー

『漫才』三代&和音

『離婚式』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『寄席踊り』のの字&馬笑

『鼓ヶ滝』駒久家南朝

『昭和歌謡ショー』成田家紫蝶 他

『崇徳院』鶴橋減滅渡


雨の予報でしたが、予報に反して全くのお天気で
お客さんも592名の方が来てくださいました。


この日、個人的に嬉しかったのが
落研時代のひとつ下の後輩の女の子たちが
みんなで見に来てくれた事です。
卒業以来、初めて会う子もいたりして
とても懐かしかったです。

20170701223117eda.jpg

私の書いた天狗連コントも何とか笑っていただけて
大変盛り上がった初日となりました。
今日も引き続き、公演がありますので頑張ります。


微笑亭さん太

あの植物、伸びるよ

我々の生活に密接に関係している植物のひとつに
【竹】というものがあります。
利用価値の高い植物であり、様々なところで
竹が利用されたグッズを見かける事ができます。


まず竹は横に切れば【グラス】代わりになりますよね。
飲み物を入れて普通に飲めますし、お酒なんか入れると美味しいですよね。
水筒にも使えます。


そして縦に切れば【お皿】になります。
和食の料理なんかが盛り付けられてたりすると、
いかにも上品で美味しそうですよね。
流しそうめんに使われるのも竹です。
あれはやはり、竹だからいいのであって、
プラスチックの雨どいなんか使われたら、一気に食欲が無くなりますよね。
「雨どいを使った流しそうめんなんて、ぞっとしないね。
第一そんなの、何をつけて食べるんだよ」
「甘だれ(雨垂れ)だろ」


竹は建材としての役割も果たします。
【竹小舞】といって、和風建築の塗り壁の素地として使われますし、
終戦後、鉄が不足していた時期には鉄の代わりに竹が代用された
【竹筋コンクリート】なんてのもあったようですね。
「このビルはね、その昔、竹筋コンクリートで作られたんですよ」
なんてんでふと見たら、ビルの上から竹が
どんどん伸びて出てたりなんかしましてね・・・
七夕の時には、そのまま短冊をぶら下げられるから便利ですよね。


武器として使えるのも竹の特徴ですね。
日本の武道である剣道の【竹刀】や弓道の【弓】も、
竹から作られる事は言うまでもありません。
竹は【槍】にもなりますが、その昔、
竹槍で戦闘機を落とそうとしていた時代もあったりしましたよね・・・
今、北朝鮮が盛んに竹を育てているなんて噂がありますが・・・
米軍の戦闘機も、ちょっと警戒した方がいいですよね。


「竹の用途の広さって凄いもんだね。
他にも【釣竿】にもなるし【イカダ】にもなるし、
竹を編んで【カゴ】を作ったりする事もできるよな」
「そうそう。
それに竹は【トンボ】にもなるし【コプター】にもなるよな」
「竹トンボはあるけど、タケコプターは実在してないからな」
「竹を切ってみると、時々女の子も入ってるしな~」
現実と虚構を混同してしまう人もいるみたいですね。


とにかく竹が非常に優秀な植物である事は確かですから、
そのうち政府の方でも『竹というのは素晴らしい植物であるから、
その価値を再認識しよう』なんてんで、竹の地位が向上するかもしれませんね。
「竹の地位が上がったと聞きましたが、具体的にはどうなったんですか?」
「ええ、あそこにある日本酒のラベルを見てください」
言われた通りラベルを見ると
【松竹梅】が【竹松梅】に変わってたりしましてね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード