広島への遠征

昨日は広島県広島市にある
佐伯区民文化センターに行ってきました。
『フルートコラボ寄席』に出演するためです。


このお話はそもそも、
昨年、葡萄亭わいんさんから、
『フルートのハメが入るネタを書いてほしい』
という依頼を受けた事がきっかけでした。


私はフルートの事など全く知らないので
どうしたものかと悩みましたが、
試行錯誤を繰り返しながら、
何とか1本書き上げました。


そのネタおろしの会に
演者としても呼んでいただいたというわけです。


『お菊の皿』葡萄亭こざくら

『恐怖の怪談社』葡萄亭わいん

『こうもり』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『ミニコンサート』井田美穂・西濱純治・西濱ちえこ

『離婚式』(さん太作)微笑亭さん太

『居酒屋 横笛』(さん太作)葡萄亭わいん


わいんさんは、
ネタおろしとは思えないほどの
堂々たる高座ぶりで、
フルート奏者の方との息もぴったりでした。
お客さんもよく笑って下さったと思います。


広島はプロ野球だけではなく
落語も絶好調な感じでした。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

二度やる事は三度やる

人間というのは
ルーティーン化した同じ行動を取っていると、
それに釣られて、結果的に
誤った行動をしてしまうなんて事もありますよね。


先日、インド北西部の
パンジャブ州パタンコートという所で、
拳銃を持って自撮り写真を撮ろうとしていた15歳の少年が、
誤って引き金を引いて自分の頭を撃ち、
死亡するなんという事件がありましてね。


これもきっと少年は、頭に銃を突きつけて
自殺するような自撮り写真撮ろうとして、
何回かシャッターを押しているうちに、
間違って銃の引き金の方を引いてしまったんでしょうね。
これがいわゆる【イノジドリ】というヤツですよね。


先日、埼玉県蕨市が設置する
【わらびネットワークステーション】という
地域活動支援施設に対し、
『蕨駅を爆破します』という爆破予告メールを送り、
業務を妨害したとして、威力業務妨害の疑いで、
32歳の無職の男性が逮捕されたんですね。


この男性、タブレット端末を使って
施設にメールを送信したんですが、
逮捕されたきっかけというのが、
そのメールの送信元に、ご丁寧に
自分の名前を入れていた事が原因なんですね。


多分、いつも友達や知り合いに
メールを送る時にやっているように、
思わず名前を入れてしまったんでしょうが、
これは確実に捕まりますよね。


海外で大きな事件が起こった時に、よくテロ組織などが、
『これは自分たちが行なった犯行だ』と
カミングアウトする事がありますが、
名乗る場合でも【犯行声明】ならカッコいい部分もあるのに、
【誤って】だとカッコ悪すぎる事がよく判る事件ですよね。


もはやこれ【自首】として扱っても
いいんじゃないかというくらいのレベルですが、
当人も送ったメールをほくそ笑みながら見返した時、
間違いに気付いて思わず二度見しちゃたんでしょうね。


捜査に当たった警察の方も、
「蕨駅を爆破するとの予告メールが届いてます」
「爆破予告!?それは大変じゃないか!
一刻も早く犯人を特定しないと」
「・・・えっと、メールに本名が書かれてます」
「ハハハ・・・
そんな間抜けな犯人がいるわけ・・・マジで!?」
みたいな会話が確実に交されてるでしょうね。


駅の爆破には失敗した犯人ですが、
当人は正に【爆死】しちゃいましたよね。


※告知をひとつ!

●8/6(土) 午後7時~
『納涼落語会』
碧南市哲学たいけん村無我苑(愛知県碧南市坂口町3丁目100番地)
(問合せ)0566-41-8522
木戸銭¥500(呈茶券付き)
出演 微笑亭さん太

昨年もやらせていただいた会ですが、
怪談調の噺をおりまぜつつ、
1時間半ほどの独演会となります。
夏の夜には、うってつけの会です。


微笑亭さん太

禁じられたランチ

昨日は豊橋にある
つつじヶ丘地域福祉センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


いつものように
老人会の方々に呼んでいただきましたが
20名もいらっしゃらないような
ごく小規模の会となりました。


営業に行く時、ちょくちょく前を通る
うどん屋さんの入り口に貼られている
ランチの宣伝の貼り紙が気になっています。

20160728180816999.jpg

何度見ても
『ランチを食べるな!』と
怒られているような気がして仕方ないのです(笑)


なぜ【ら】まで一列で貼らなかったのか、
【ら】を貼るスペースはあるように見えますが
なぜ上へ持っていったんでしょうかね?
文章の区切りからいっても、
【ら】まで貼るべきだと思うのですが。


お店のご主人にはご主人の
何か深い思惑があったんでしょうかね~?


微笑亭さん太

家付き、飯付き、酸素なし

火星に放たれ、人類へと進化したゴキブリと、
それを駆除するために
特殊な手術を施された人間との戦いを描いた
【テラフォーマーズ】という漫画がヒットしていて、
実写映画化もされてますよね。


将来的には一般人の火星旅行や移住というのは、
昭和の頃から言われてましたが、今に至っても、
まだまだ道のりは遠いようですね。


現在、非営利企業【マーズ・ワン】という会社が、
人類初の【火星コロニー建設プロジェクト】を
進めているそうですね。
これは、テレビのリアリティー番組から
出資を受けて行なっているプロジェクトでして、
当初、世界140ヶ国から
約20万人の応募があったそうですね。


これは火星旅行ではなく、
あくまでもコロニーを建設して
住むという前提なわけですから、
相当なチャレンジャーの方々ですよね。


候補者はここから、百人に絞られたようでして、
その百人に対し、選考過程の新たな段階の一環として、
全五日間に渡る選抜試験を実施すると発表したんですね。


今回実施される第三段階の試験で、
さらに40人にまで絞られ、最終的には
そのうちの24人が、
2026年に火星に向けて出発するそうですね。


火星に向けて出発すると言っても、
これは【片道旅行】ですからね。
校長先生からの『家に帰るまでが火星旅行です』
という言葉もなく、火星に着いたらそれっきりなわけです。
二度と帰って来られない旅に
行きたいという、
奇特な方が沢山いるんですね。


ただ現在の技術でも、火星に到達するまでに
一ヵ月半くらいかかるそうですから、
「火星まで行く宇宙船の中には、
ちゃんと乗組員24人の
一ヵ月半分の食料は積めるんですか?」
「いえ、それだけの食料は積めませんが大丈夫ですよ。
何しろその24人は【乗組員兼、食料】ですから」
なんてな事言われたら嫌ですよね。


地球への帰還は予定されていないため、
メンバーは集団で生活して、水を探したり、酸素を作ったり、
自分の食べ物を自分で育てるなどの
能力が必要となってくるわけです。
これはもう無条件で【TOKIO】を
メンバーに加えた方がいいですよね。
彼らだったら、野菜から蕎麦から家から、
みんな作ってしまうでしょうからね。


「いいですか、皆さん。
これからこの火星で集団で暮らしていくわけですから、
自分たちで酸素も食料も作っていかなければなりません。
頑張って作ってください」
「・・・すみません、僕たち食料を作るより先に、
子供を作ってしまいました」
男女数人が一緒に暮らせば、
こういう事もあるんでしょうね。


これからは、
他の星で生活する人たちが出てくるとなれば、
そういう事態を想定した教育のあり方なんというのも
問われてくるでしょうね。
「高校に、宇宙空間で料理や裁縫が出来る女性を
養成する科を作りました」
「へえ~、それは何ですか?」
「【火星科】です」
なんてんでね。
そんな学校に通う生徒たちは、電車に乗る時などは
【惑星割引】がきいたりするんでしょうね。


微笑亭さん太

では、出血を取りま~す

昭和の昔、
『リンゴをかじると、歯茎から血が出ませんか?』
というフレーズでお馴染みの、
歯磨き粉のCMが流れていた事を ご記憶の方もいらっしゃるでしょう。


そのCMがヒットしてからというもの、
リンゴという果物は歯槽膿漏のテスターみたいな役割を
与えられてしまった感がありますよね。
リンゴをかじると必ず、そのかじった所を
チェックしてしまいますからね。


子供の頃、お父さんがかじったリンゴを見て
『リンゴから血が出た~!』と大泣きしていた男の子が、
今や歯茎の生理かと思うくらい
リンゴを真っ赤に染めているのを見ると、
時の移ろいを感じさせられますよね。


リンゴというのは、
アダムとイブを楽園から追放するきっかけを作ったり、 人類に万有引力を発見させたり、
白雪姫を暗殺したり、
日本人の歯の健康を見守り続けたり、
人類の歴史に要所要所で、
大きく関わっているんですね。


そんなリンゴの消費が落ち込んでいるそうなんですが、
長野県の農家の団体が、
りんごの消費の拡大につなげようと、
りんごをかじると歯の健康状態が分かるというアプリを
開発したそうですね。


このアプリは
長野県松本市のりんご農家で作る団体が開発したもので、
スマホにアプリをダウンロードして、
一個二百円の専用のりんごに貼られた
QRコードを読み取ると利用できる仕組みになってるそうですね。


「リンゴをかじって血が出るくらい何だよ。
俺なんかプリンを食べても血が出るからね」
てな事を自慢げに仰ってる方がいますけど、
ちゃんと健康状態をチェックして、
お医者さんに診てもらった方がいいですよね。


「あなたは歯茎から血は出ませんか?」
「血は出ないいんだけど、尿が少し出るんだよ」
こういう方は年齢的に仕方ないのかもしれませんけどね。


このように、口の中からは健康状態が判るようですが、
最近の研究で、目の色から性格が判る
なんて事があるようですね。


日本人の目の色は【黒】と表現されることが多いですが、
よく見ると【こげ茶】とか
【明るい茶色】など千差万別だったりするんですね。


真っ黒に近い瞳の色を持つ人は
ミステリアスなイメージを持たれがちですが、
実はおおらかで人当たりも良く、
心配性なんだそうですね。


一方、瞳が青い人は
内向的な性格である事が多いそうでして、
『目は口ほどに物を言う』とはよく言ったものですよね。


普通、目の色は変わらないわけですが、
状況などに応じて色が変化していったら面白いですよね。
機嫌のいい時は青色だった瞳が、
少し機嫌が悪くなると黄色に変わったりするわけですね。


飲んだ後、遅くにお父さんが帰宅した時なんか、
奥さんの目を見ると、
これ以上ないというくらいの真っ赤になってましてね。


「あなた、女の子のいる店へ行ってたんじゃないの?」
「そ、そんな事ないよ」
お父さんの目を見ると瞳がピンク色になっていて、
キャバクラに行ってた事が明白だったりするわけですね。


微笑亭さん太

確実な確率

世の中には【運のいい人】もいれば
【運の悪い人】もいます。
運の悪い人というのは滅多に遭わないような
確率の低い不運に見舞われる事が多いわけで、
人間は確率というものに踊らされているような、
そんな側面もありますよね。


滅多に起きない事というのは色々ありますが、
宝くじが当たる確率が1千万分の1で、
ホールインワンの確率は1万2千分の1。
それに対して【ガリガリ君】の当たる確率は
50分の1ですから、小さな幸せを求めたい方は、
毎日買い続ければ2ヶ月に1回くらいは
ラッキーな気分を味わえるという事になりますよね。


海外ですと、夫が浮気している確率50%に対して、
父親が実際の父親ではない確率は、
男性の27人に1人だそうですから結構高いですよね。


そして、人間がこの世に生まれる確率は
746兆分の1だそうでして、
どういう計算ではじき出されたんでしょうね・・・
ちなみに、人間の致死率は100%だそうですね。


今は【アイドル戦国時代】などと言われていて、
メジャーなアイドルから地下アイドルまで、
様々な女の子が活躍してますよね。


恋愛禁止なんてグループもある中、ファンと密会したり、
関係者と付き合ったりしている子もいるようですね。
アイドルと付き合うなんて夢のまた夢な気もしますが、
アイドルと付き合える確率が
どのくらいあるのかが気になりますよね。


まず日本にいるアイドルが、
どのくらいいるかという話ですが、
【AKB】や【モー娘】【ももクロ】といった
超メジャーなところからローカルアイドルまで数えると、
その総数は945組、
人数にして6993人と推定されるんですね。


その中には、付き合ってしまうと
【犯罪】になってしまう年齢の子たちもいますから、
恋愛対象として18歳以上の子に限定すると、
3860人という事になります。


これを元に計算してみると、アイドルと付き合える確率は、
【4049分の1】という事になるそうですね。


この確率で言うと、
それなりの大きな企業の社員には一人くらい、
アイドルの彼氏がいるという予測が立ちますよね。
ただこれは、小惑星が地球に衝突する確率と
ほぼ同じですから、ハードルが高い事も事実です。


むしろ一般の女の子と付き合って、
その彼女をアイドルにした方が話は早いかもしれませんね。
「そうか。よし!
4049人に告白すればいいんだな!」
なんてな事を言ってる方がいますが、
恋愛対象のアイドルが4049人もいないという事が
最大のネックですね。


最近は【お祭り系アイドル】とか
【アーミー系アイドル】【気象アイドル】といった
変り種のアイドルがいますが、
剣道が大好きな【剣道系アイドル】にコクった人がいましてね。
「どう(胴)?俺と付き合ったり竹刀(しない)?」
って言ったら
「面!胴!」
なんてんで、
小手小手のシャレで返されたそうですけどね。


微笑亭さん太

NG系

土曜日はかけもちでして、
豊川での高座を終えた後、犬山の余遊亭へ移動して
犬山城下町寄席に出演してきました。


雄助さんがやってらっしゃる寄席で
隔月で開催されているという、人気の定例公演です。
私は今年、初めて出させていただきます。


『二人癖』古都家雄助

『愛しの野球部』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『船弁慶』古都家研多


数日前に雄助さんからネタを聞かれて
『愛しの野球部』とお答えしたのですが、
このネタは【NGワード】というのが
テーマになっている創作です。


よく考えてみると、
『二人癖』と思いっきりつくな~と思い
ネタを変更しようとすると雄助さんが
「『船弁慶』も、そういう禁句的なネタですから
いっその事、そういうテーマの落語会にしますか?」
その一言で、
【禁句落語会】という事になりました。
なかなか珍しいテーマじゃないかと思います。


お客さんは38名ほどおみえになり
大入り満員でした。
次回、9/24も出演する予定ですので
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

とっておきのネタ

昨日は豊川にある
御津生涯学習会館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


朝イチの高座だったのですが、
道路が空いていた事もあり、
かなり早く現場に着いてしまいました。


昨日は比較的涼しかったので、
会館の駐車場に車を停めて時間をつぶしていたら、
年配男性が赤いコーンを持って近づいてこられて、
「すみませんが、ここは講師の方に
車を停めてもらうようになっているため
空けてもらいませんか?」
「あ・・・あの~今日、落語をやらせてもらう者ですけど」
「えっ、微笑亭さん太さんですか?」
「はい、そうです」
呼んでくださった、老人会の会長さんでした。


それから楽屋に通されて、
いつものように1時間の高座をやったわけですが、
終わった後、会長さんからのお礼の言葉がありました。


会長さんが出てこられて、客席に向かって
「今日、微笑亭さん太さんは豊田市から
お越しくださってるんですよ。
私ね、朝、駐車場を確保しなければと思って
コーンを置きに行ったら、
既に車が停まってたんですよ。
これはどいてもらわなきゃいけないと思って
運転席の人に声をかけたんですが、
これが誰だと思います?」


・・・誰だと思いますって、
登場人物ひとりしかいないし(笑)


「これが何と、微笑亭さん太さんだったんです。
ビックリですよね~!」


・・・客席に漂う『そうでもないんじゃね?』的空気。


会長さん的には、
お礼の言葉の時に、いいネタができたと
ほくそ笑んでいたのかもしれませんが、
思ったより薄い客席の反応に、不満げな表情でした。


微笑亭さん太

錆びつく観光地

誰でも長生きはしたいと思うわけですが、
今現在、日本で最も平均寿命の長い県は、
男女共に長野県でしてね。


逆に最も短い県というのが、
男女共に青森県なんですね。
その理由としては
『高度医療を受けられる病院が少ないから』とか
『塩分の取り過ぎ』とか言われています。


青森県的には、何とかその不名誉な最下位を
返上したいと思っているのでしょうが、
それを逆手にとった企画なんてのもありましてね。


今年の二月に青森県で
【全国最下位 短命県体験ツアー】という名の
パックツアーが企画されましてね。
内容は一泊二日のプランで、朝から日本酒を飲み、
津軽のソウルフードである
【どろどろの煮干しラーメン】を食べ、
極寒の弘前で【雪かき検定】に挑戦するというものですが、
これはツアーという名のもとに、
雪かきしてくれる人を
募ってるだけじゃないかという気も若干しますね。


ツアーのポスターには
『ウマい食・酒、凄まじい豪雪、そして誇り高い津軽人。
彼らなりの太く短い人生、
あなたも一度体験してみませんか?』
というコピーの下に『危険なツアーではありません』
という注意書きが真っ赤な文字で書かれているのが、
逆にデンジャラスな感じを煽ってるんですね。
参加した人は確実に寿命を縮める内容ですよね。


人を集めるというのは大変な事ですが、
かつては人気の観光地と呼ばれていたのに、
すっかり寂れてしまったところなんてのも結構あります。
そういうところには共通の
【ありがちな風景】というのがありますね。


例えば、メインの駅前には
【歓迎】と書かれたアーチ状の鉄柱が立ってるんですが、
錆びがひどかったりしましてね。
駅前商店街はシャッター通りと化しているんですが、
なぜかBGMだけは流れていて、
その楽しげな曲が、逆に寂寥感を
浮きぼりにしてたりするんですね。


くたびれた感じの土産物屋には、
どこにでもありそうなクッキーや
【努力】【根性】なんて書かれた
色褪せた置物が置かれてましてね。
「地元の名産品とかはないんですか?」
「そこにありますよ」
言われて見てみると、地元の名産のはずが、
産地をよく見ると【中国産】と
書かれてたりするわけですね。


色々と迷走した痕跡も伺えましてね。
お客さんを呼び込もうと、藁にもすがる思いで
ライトアップショーを始めるんですが、
市販のLED電球巻きつけただけだったりしましてね・・・
確実にその観光地の方が、
電球の寿命より先に滅びるでしょうね。


【昭和な町並み】とか【レトロな雰囲気】なんてのを
前面に押し出したりしますが、
ただ建物が老朽化しただけって話もありましてね。


それでも、どこからか補助金的な物が出て、
それで町おこしをしようとするんですが、
ベクトルを間違えてしまうんですね。


『アートで町おこし』なんて
看板を掲げるのはいいんですが、
有名デザイナーとかに頼んで
アートなトイレとかを作っちゃうんですね。
田園風景の中に一千万円のトイレがあるなんてのは、
シュールな光景ですよ。
そんなので観光客が来るわけもなく、
【アートの祭り】となってしまうわけですね。


町で唯一の駅は、
無人駅かヨボヨボの駅長さんが一人いるだけでして・・・
いっその事、猫を駅長にした方が、
それなりに人は集まってくると思うんですけどね。


微笑亭さん太

性・イエス

男性というのは愚かなもので、
Hな本や動画が大好きだったりするわけですが、
女性からしてみると、恋人や奥さんがいない人が
そういうのを見るのは判るけれども、
いる人まで熱心に見る理由というのが
理解できないようですね。


恋人のいる女性の中には、
彼にアダルト動画を見てほしくないと思う人がいましてね。
自分の彼氏が、他の女性の裸に
興奮しているところを想像すると、
複雑な気分になってしまうようですね。


恋人のパソコンをちょっと覗いた時に、
履歴にアダルトサイトがあったりしたら、
自分の魅力が不十分だからではないかと
心配になっちゃうそうですね。


そもそも、男性が
アダルト動画に費やす時間がどのくらいかというと、
シングルの男性は週平均三回、
一回につき四十分も鑑賞に費やすとの事で、
週に二時間もH動画に
時間を割いている事になりますね。


一方でパートナーがいる男性は、平均週一・五回で
トータル二十分との結果が出ていますから、
やはり相手がいる人といない人では、
アダルト動画の必要性にかなりの差があるわけですね。


「AVはね、選ぶのに一時間、出すのに三分、
合計一時間ちょっとの散歩道だよ」
なんてな事を言ってる男性がいますが、
遠足も前日が楽しいのと同じように、
選んでる時が一番楽しいのかもしれませんね。


では、男性がアダルト動画を見る理由ですが、
ラットを使った実験がありましてね。
ケージにオスとメスのラットを一匹ずつ入れたところ、
オスはメスと交尾をした後、
そのメスには興味を示さなくなるんですね。


ところが、その直後に他のメスをケージに投入すると、
すぐに興味を示して交尾を始めたんですね。
哺乳類のオスには『できるだけ多くの種を植え付けて、
子孫を繁栄させたい』という本能があるので、
同じ女性やメスが相手では性欲を
回復させにくい現象が起こります。


これを【クーリッジ効果】と呼ぶのですが、
すでに馴染みのパートナーとは
性交する意欲がわかなくても、
新しい性的パートナーと出会うと
性欲を回復できてしまうのです。


パートナーがいる男性は、
次々と新しい相手とHするわけにはいかないので、
アダルト動画を見る事で、
本能的に起こるクーリッジ効果を
解消させているわけですね。


他にも、囲いに入れたヤギのメスとオスは
一回交尾をしたら、オスが再びメスを求める事はなかったのに、
同じメスの頭に赤い袋を被せたら
再び交尾を始めたそうでしてね。
それを聞いて、大きめの袋を買い求める男性が
殺到したそうですけどね。


ですから、男性がH動画や画像を見てしまうのは、
パートナーに魅力を感じていないとか、
浮気願望からではなく、もっと本能的な物のわけですね。


だからこれからは彼女に
H動画を見てる事を咎められても、
「だからさ、俺がアダルト動画を見るのは、
君に魅力を感じてないわけじゃなくて、
生理現象みたいなもんなんだよ。
・・・あ、そうそう【男の生理】だと思えばいいだろ?」
それを聞いた彼女に殴られ出血して、
傷口に生理用品をあてられたって話もあったりしましてね。


微笑亭さん太

『子ほめ』改訂版?

昨日は豊川にある
音羽生涯学習会館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


いつものように
老人会の方々に呼んでいただいたんですが、
着替えてスタンバっていると、
落研時代の後輩が訪ねてきてくれました。


徒然亭逢夢(おうむ)君という、その彼は
私の一つ下の後輩にあたり、
現在は某役所に勤めているという管理職です。


最近、電話では何度か話したのですが、
実際に顔を合わせるのは、
十数年ぶりではなかろうかと思います。


落研時代、よく彼の実家へ
みんなで押しかけていって、徹夜麻雀をしていました。
親御さんたちには、随分ご迷惑をおかけしたと思います。


私が2年生、彼が1年生の時、
ある寄席に一緒に出たのですが、
そこで彼は『子ほめ』をやったんですね。


途中、道端で会った番頭さんに年齢を聞く場面で
「番頭さんのお年はお幾つで?」
「あたしゃ四十だよ」
「四十とはお若く見えますな。
どう見ても厄(42)そこそこでございます」
とやってしくじるというのが、お約束なわけです。


ところが彼はその時、
「番頭さんのお年はお幾つで?」
「あたしゃ四十五だよ」
「四十五とはお若く見えますな。
どう見ても厄そこそこでございます」

・・・あ!間違えた!
逢夢君、どうするんだ!?

すると彼は
「・・・てな具合にうまくいきまして、
その場を立ち去ります」

・・・うまくいっちゃったよ!
うまくいっちゃうんだ!

私は後にも先にも、
【うまくいった子ほめ】というのを聞いたのは
その時だけでしたね(笑)


そんな逢夢君と
少しでしたが、顔を見てお話できて、
久々に、あの時の驚愕が甦った昨日でした。


微笑亭さん太

向かうところ寄席あり

一昨日は豊橋の市民文化会館に行ってきました。
【向山寄席】に出演するためです。


この寄席は年に一度行われてる定例公演ですが、
もうかれこれ15年くらいは
続いているのではないかという
老舗の寄席となりました。
・・・何年続いているのか、
誰も正確に覚えてないのが凄いですが(笑)


昨年も出させていただきましたが、
寄席は夜の7時からなので、
6時過ぎに現場に到着しましたが、
お客さんはもちろんの事、
スタッフすら誰もいなかったのを覚えています。


今年は6時過ぎに沢山のスタッフがおみえになり
準備も実にスムーズに進みました。


例年は演者3人というパターンが多いのですが
今回はヘルさんとの二人会でした。


『河童』鶴橋減滅渡

『茂造の恋』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『紙入れ』微笑亭さん太

『八五郎坊主』鶴橋減滅渡


お客さんは向山にお住まいの方々中心に
140名もおみえになりました。
毎年、人が増えている感じで、
出演するこちらも、嬉しい限りです。
また来年も出られたらいいですね。


微笑亭さん太

活気も楽器もある店

土曜日は豊橋にある
ミヤケ楽器店というお店に行ってきました。
お店の中での1時間半ほどの独演会です。


この会は、そこのご主人から
飛び込みの依頼をいただいたのですが、
私は全く面識のない方ですし、
楽器が全く出来ない私にとっては
楽器店にすら足を踏み入れた事がありません。


なぜ、そんなお話がまとまったのかというと、
ここ数年お世話になっていて、
4年連続で独演会をやらせていただいている
三好市のサンアートにいた方が、
楽器店のご主人とお友達で、
そういう方面からのオファーでした。
そうやってつながる事は嬉しいですね。


楽器店ですから、
お客さんは全身タトゥーの入った人とか、
鼻と舌にピアスをした人とかが来るのかと思いましたが、
皆さん、普通の方々でした。
・・・ミュージシャンに、
どんなイメージ持ってんだよって話ですね(笑)
ご主人のお知り合いや、
ご近所の方々を中心に20名ほどおみえになりました。


もろに聞き慣れてない感が満載のお客さんでしたが、
その割には、よく笑っていただけて、
私もやりやすかったです。


ギターやキーボード、フルート、トランペットなどに
囲まれての落語会は初めてでしたが、
是非次回もあるといいですね。


微笑亭さん太

一目おかれる高座

金曜日は豊橋にある
仁連木老人福祉センターに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


仁連木老人福祉センターには
昨年の12月にも出前講座で訪れているのですが
今回は違う団体の方々に呼んでいただきました。


会場は大きな和室だったのですが、
後ろの1/4くらいのスペースが
カーテンで仕切られていて、
別室のようになっていました。


私の落語が始まって暫くすると
そのスペースに、お爺ちゃんたちが何人か入って
碁を打ち始めました。


カーテンで仕切られているだけなので
お爺ちゃんたちが渾身の力で石を打ちつける
『バシッ!』という音が、よく聞こえてきます。


落語の合いの手のように、
バシッバシッと聞こえてきたかと思うと、
勝負がついた後は、
「ここの石が死ぬとはな~」と
感想戦も始まりました。
基本、こちらの落語にはお構いなしです(笑)


それでも皆さん、集中して聞いてくださってたので、
よく笑って楽しんでいただけようではありますが、
落語をやっている同じ部屋で碁を打つのがアリかナシか
白黒つけないといけませんね~。


微笑亭さん太

私だけ?

木曜日は豊橋にある【あいトピア】に行ってきました。
【カレッジワン】という高齢者の方々の集まりにて
1時間半の独演会です。


このカレッジワンには、
以前にも二度ほど呼んでいただいているんですが、
私以外にも、ヘルさんやみるくさんも
過去に何回か出演されています。


50名ほどの高齢者の方々を前に
『優しく見守る認知症』『町内の若い衆』『竹の水仙』と
3席やりましたが、
前日に創造大学で19歳の前でやってますので
たった一日で凄いギャップを感じさせられました。


帰り道にちょっと買い物をしたんですが、
私はレジ袋や紙袋などの真ん中を
テープでとめられるのが凄く嫌なんですね。


店員さんはもちろん、
そうするように言われてるでしょうから仕方ないんですが、
中の物がパッと取り出せなくて
非常にイライラするんですよね(笑)


そんな風に思うのは
私だけでしょうかね?


微笑亭さん太

落語を知らない子供たち

水曜日は豊橋にある創造大学に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


創造大学には数年前
認知症のイベントで呼んでいただいて
落語をやらせてもらった事があるので
お邪魔するのは2回目という事になります。


前回は認知症のイベントたけに
年配のお客さんが中心で、学生はほぼいなかったのですが、
この日はお客さん全員が学生でした。
しかもほとんどが女の子で、120名ほどいました。


普段は平均年齢70~80歳くらいの前でやっているので
平均年齢19歳という前でやるのは
なかなか経験のない事です。


相談員さんのお話が45分あった後、
私の落語が45分で、計1時間半の授業という事になります。


開始時間がランチの直後で
しかも真面目なお話を45分聞いた後、
休憩もなく落語ですから、
なかなか厳しい状況だなとは思ってました。


当然、落語なんて聞いた事のない子ばかりで、
ウケたところもあったんですが、全体的には
【全くルールを知らないスポーツの試合を見ている子たち】
みたいな空気になってました。


その年齢層に落語を聞かせるのは
なかなか難しいですね。


微笑亭さん太

まんじゅうこわい

火曜日は豊橋にあるカリオンビルに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


5日前にも、
カリオンビルにて出前講座があったんですが、
前回とは違う団体に呼んでいただいたという事になります。


5日前の時には着替えの部屋がなく
会場横の掃除道具入れのスペースの中で
モップに気を遣いながら着替えをしましたが、
この日はちゃんと、クーラーのきいた別室を
楽屋として与えていただきました。


これだけでも
『5日前よりもしっかりやらねば!』と
心に誓った私でした(笑)


楽屋にはお茶と、お饅頭が用意されていましたが、
すぐに着替えなければいけなかったので、
お茶だけいただいて、お饅頭はそのままにして
終わったらいただこうと思っていました。


高座が終わって洋服に着替えていたら、
お世話をしてくださった年配のご婦人が入ってみえて
私が残しておいたお饅頭を見ると
「・・・何で饅頭を食べてくださらなかったのですか!?」
「あ、いや・・・」
「お気に召しませんでしたか?」
「いえ、終わったらいただこうかと・・・」
「判りました」
そう言ってご婦人は、別の和菓子を出してこられました。
あ~別のも用意してあるんだ・・・


「これでしたら、お気に召すと思いますよ」
「いえ、決してそのようなつもりでは・・・」
「とうぞ、遠慮なく」
そう言って、和菓子と私を交互に見て、
プレッシャーをかけてくるご婦人。


しかし今、この和菓子を食べると
さっきのお饅頭が気に入らなかったと
暗に認めるような気がして、非常に困りました。


スィーツ好きの私が
こういうパターンで苦境に立たされるとは
夢にも思いませんでした(笑)


微笑亭さん太

全ての道は厠へ続く

日曜日は、かけもちでして、
豊橋での高座を済ませた後、新城へ移動して
新城本町公民館に行ってきました。


前日も豊橋から新城というルートでかけもちでしたが、
この日は、近所の方々の七夕の会という事で
高齢者の方々を中心に
50名ほどおみえになっていました。


『再就職は楽し』『竹の水仙』で
1時間ほど喋りましたが、非常に蒸し暑い感じで
室内は、よくクーラーが聞いてました。


そのせいもあると思いますが、
30分を過ぎたあたりから、トイレに立つお年寄りが続出。


しかも出入り口が高座の両脇にあるので、
落語をやっている私の横を
お年寄りたちが盛んに行き交うという
ちょっとした【繁華街】になっておりました。


お客さん自体は、
とてもよく笑っていただいて、
楽しんでいただけたと思いますので
また是非呼んでいただきたいと思いますね。


これで、土日2日間で5高座という
ハードスケジュールが終わって
とりあえず、ひと安心です。


微笑亭さん太

復活

日曜日は豊橋にある舟原町公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


ずっと出前講座をやっていただいていた
市役所のスタッフのTさんが、数日前に
病気で倒れられて入院されていたんですね。


心配していたら、
この日、ひょっこり顔を出されたもんですから思わず、
「生きてたんですか!?」
・・・あ、いやいや、
「大丈夫でしたか!?」


来週からは出前講座の方にも復帰されるとの事で、
とりあえず大事に至らなくてよかったです。


Tさんは、とてもいい方なので、
まだまだお元気で、出前講座の方でも
お世話になりたいと思います。
よろしくお願いします!


微笑亭さん太

夜は春日井

土曜日は3連チャンでして、
豊橋、新城の高座を済ませた後、春日井に移動して
『ソフィアン寄席』に出演してきました。


豊田→豊橋→新城→春日井という移動でしたので
ソフィアンに着いた時には、結構ヘロヘロになってました。


『ぞろぞろ』徒然亭若蔵

『地球最後の日』(さん太作)微笑亭さん太

『ストレスの海』若鯱亭笑天

『青菜』竜宮亭無眠


お客さんは20数名と、やや少な目でしたが
とても笑いの多い、楽しい会となりました。


この日の3連チャンの高座で、
喋った時間の合計は、約2時間半でした。
とりあえず、疲れました(笑)


微笑亭さん太

ネタの変

土曜日はかけもちでして、
豊橋での高座を終えた後、すぐに新城に移動して
入船公民館に行ってきました。
午前中に続いて、悪質商法の出前講座です。


この入船公民館というところには
5月29日にも出前講座でお邪魔していて
一ヶ月ちょっとという、超短いインターバルで
再び呼ばれた事になります。


従って主催者である館長さんから
『前回とは違うネタをやってください』と言われてました。
同じ公民館での出前講座ですから、
お客さんがカブりまくるのは当たり前です。


マクラも本ネタも、
いつもの出前講座とは違うものをやりましたが、
こういう、ジャンルがしぼられている高座で
1時間通しのネタ変えを要求されると
結構しんどいものがありますね。


とりあえず、
皆さん、喜んで下さったようなので
苦労した甲斐がありました。


微笑亭さん太

雨イジング

昨日は豊橋にある外神公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


朝イチの高座でしたが、
天気予報通り、本格的な雨降りとなりました。
高齢者対象の会というのは、
雨が降ってしまうと出足が悪くなるのは否めません。


思いきり、出鼻をくじくような雨でしたが、
それでも予定通り、20数人のお年寄りが
集まってくれたのは、ありがたかったです。


ただ、落語をやっている途中、
どんどん降りがひどくなっていき
風も強まってきて、完全に嵐の中での出前講座となりました。


聞いている方々も、私の落語を見るより、
窓の外の豪雨に目を奪われ、
完全に、うわの空になってました。
こればかりはどうしようもないので
致し方ないですね。


●私がパーソナリティを務めます
【ラブィート演芸 楽市・落語】本日第7回目の放送です。
午後6時~6時半までエフエムとよた(78.6MHZ)にて。
スマホのアプリなどでお聞きいただければ嬉しいです。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

密室はいかにして作られたか?

昨日は豊川にある三上地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


楽屋に通されると、
年配女性の方がお茶を持ってきてくれたんですが、
私の事を見るなり、
「・・・あ、あなた、前に見た事があるわ」
「あ、そうですか。ありがとうございます」
「顔見た瞬間、ピンときたわよ」
指名手配犯のように言われてしまいました。


楽屋は2階で会場は1階でしたが
着替えて降りていくと、お客さんが扉の前で
盛んにドアノブをガチャガチャやっています。


よく見ると中からもガチャガチャやってるのですが、
どうやら、ドアノブは回っても扉が開かなくなったようで
50人ほどの老人会の方々が、
密室に閉じ込められた格好になっています。


このまま会場に入れずに高座終了という
前代未聞のアクシデントにみまわれるかと思いましたが
何とか扉が開き、中に入る事が出来ました。


見事にドアを開ける事に成功したお爺ちゃんは
『どうだ!』と言わんばかりに
私の方を向いて誇らしげにニッコリ笑いました。


これがいわゆる、
『ドア顔』というやつなんでしょうね。


微笑亭さん太

エヴァンカリオン

昨日は豊橋にあるカリオンビルに行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


落語が始まるのが11時からだったのですが、
市役所のスタッフの方から電話があり
「さん太さん、実は直前まで別の行事があって
会場が11時からしか使えないそうなんですよ」
「ああ、そうなんですか。・・・会は11時からなんですよね?」
「はい、11時からです」
「準備を始めるのは何時からですか?」
「11時からです」
「着替えをしたいんですが、
着替えは何時からさせてもらえますか?」
「11時からです」
「・・・会が始まるのは?」
「11時からです」
「準備は?」
「11時からです」
「着替えは?」
「11時からです」
こういうのを【不毛な会話】というんでしょうか?(笑)


大急ぎで着替えて高座に上がったのですが、
いつもお客さんに
『携帯をマナーモードにしてください』というのを
言い忘れる事が多い私が、
この日はちゃんと冒頭で言いました。


その甲斐あって、お客さんの携帯は鳴らず
とてもいい感じでウケていたんですが、
突如大きな電話の音が!


ふと見ると、部屋に備え付けの電話が鳴っていて
これは止めようがありません。
完全にノーマークだったんですが、
ご丁寧に、落語の最中に3回も鳴りました。


皆さんも、部屋に備え付けの電話にだけは
お気をつけくださいませ。


微笑亭さん太

贅肉以外に要らないもの

先日、自称アーティストの
18歳のモロッコ人男性が、
ツイッター上で自らの乳首を切除し、
それをオークションにかけて
販売するなんて事があったそうですね。


この件は、実際に
乳首がないツルツルの胸を披露する本人の写真と共に、
瞬く間に各国へと広まり、数々のニュースで
取り上げられる事態に発展したようですが、
医学的にも【男性の乳首】というのは、
必要のないパーツなんだそうですね。


じゃあ、なぜ男性にも乳首があるのかという話ですが、
そもそも人は、生物学的には、
女性になるべくして発生を始めるんですね。


それが途中で、Y染色体にある遺伝子の働きによって
男性器などが形成されるわけでして、
男性の乳首は、女性になるように設計されていた
発生初期の名残なんですね。


今でも男性にオッパイがあって、
ミルクが出るようになってたらややこしいですよね。
会社の上司が部下に、
「西田君、乳が張って仕方ないから、
少し吸ってくれんか」
なんて命令されたら嫌ですよね。
これは【ミルハラ】と呼ばれたりするんでしょうね。


人体に不要なパーツというのは他にもあって、
虫垂、【盲腸】なんてのもそうですね。


草食動物にとって虫垂というのは、
草の繊維を分解する細菌が詰まっているため、
生きていくのには欠かせない器官なんですが、
人間にとって同様の役割は大腸が果たしているから、
必要ないんだそうですね。


「ウチの子、寄り道ばかりしてたんですけど、
盲腸の手術をしてからというもの、
学校から真っ直ぐ帰ってくるようになったんですよ」
これはきっと、
道草を食わなくなったからなんでしょうね。


あと不要なパーツとして意外なのが
【耳たぶ】ですね。
耳で受けた音を反響させたり、
音の方向を判断するためなどの存在意義が
唱えられる事もありますが、それならば、
人によって耳たぶの大きさが異なるのは
おかしいそうですね。


ですから現在では、
『存在意義はない』とする説が有力なんですが、
恐らく人類創造の神は【ピアス】の出現を予見していて、
人に耳たぶを与えたもうたのではないかと思いますね。


人の体に関しての疑問というのは
数多くあったりしますよね。


夏場になると、
水の事故というのが起こったりしますが、
人間というのは溺れると沈むのに、
死んでしまうと浮いてくるのが疑問だと
仰ってた方がいましてね。
確かに不思議と言えば不思議ですよね。


「人間は溺れると沈むのに、
水死体になると浮かんでくるのはどうしてですか?」
「それはですね、沈んでると探すのが面倒だから」
「人間の体は、そんなに
親切設計に出来てないでしょう・・・
あなたはどう思いますか?」
「簡単ですよ。
人が死ぬと、魂が抜けた分軽くなるから浮くんです」
「何だか説得力があるのか無いのか
判らないような答えですね。・・・あなたはどう思います?」
「人の体というのは、
死ぬとどんどん浮かんでくるんだよ。
そのまま放置してると、空まで浮かんでいくからね・・・
昔は上空に、たくさん死体が浮かんでたよ」
「それは嘘でしょう。
そんな、死体のアドバルーンみたいな光景は
怖すぎますよ。
・・・あなたはどう思われます」
「それはですね、
天国は空の上にあるから浮かんでくるんです。
だから、地獄に落ちる人は浮かんでこないんですよ」
案外、これが正解なのかもしれませんね。


微笑亭さん太

真夏日

昨日は豊橋の豊岡地区市民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


会は午後からでしたが、
とにかくめちゃめちゃ暑い一日でした。
道路沿いの温度計の35℃という数字を見て
本当に暑いんだと実感できました。


いつもは老人会などに呼んでいただく出前講座ですが、
昨日は市民館主催の高齢者セミナーのひとコマとして
やらせていただきました。


お客さんは100名近くという、
結構な大人数でしたが、
その中に、みるくさんのお母さんもいらっしゃいました。


皆さんはよく笑ってらっしゃいましたが、
クーラーの冷気は高座まで届かず
とにかく暑かったな~という印象の出前講座でした。


微笑亭さん太

来年の告知!?

■梅雨が明けたら、落語三昧!告知です!

●7/9(土) 午後7時~
『ソフィアン寄席』 木戸銭¥1000(ドリンク付・要予約)
カフェテラス・ソフィアン
春日井市上条町6丁目2508-2 (0568-84-2835)
出演 徒然亭若蔵 若鯱亭笑天 微笑亭さん太 竜宮亭無眠

春日井の喫茶店で行われている定例公演ですが、
私は久々に出させていただきます。


●7/18(月・祝) 午後7時~
『向山寄席』
豊橋・市民文化会館 木戸銭無料
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

毎年夏に行われている定例公演です。
一応、向山地区の方対象の寄席ですが、
どなたでも入れますので、是非お越しください。
今回はヘルさんとの二人会となっています。


●7/23(土) 午後6時~
『犬山城下町寄席』
犬山市・余遊亭 木戸銭¥500
出演 古都家研多 微笑亭さん太 古都家雄助

年に数回行われている定例公演ですが、
私は久々に出させていただきます。
会場も、とても素敵なスペースですし
お客さんも激増しておりますので
是非ともお越しください。


●7/30(土) 午後1時~
『フルートコラボ寄席』
佐伯区民センター(広島県広島市佐伯区五日市中央6丁目1−10)
木戸銭¥500
出演 葡萄亭わいん(落語)
微笑亭さん太(落語)
井田美穂(フルート)
西濱純治(オーボエ)
西濱ちえこ(ピアノ)
葡萄亭こざくら(落語)
甲便友己(十七絃箏)

葡萄亭わいんさんに呼んでいただき
広島で落語をやらせていただきます。
当日は、私がわいんさんのために書き下ろした
創作落語が披露されます。
そちらを楽しみにお越しいただければと思います。
お問い合わせは佐伯区民文化センター(082-921-7550)まで。


●8/6(土) 午後7時~
『納涼落語会』
碧南市哲学たいけん村無我苑(愛知県碧南市坂口町3丁目100番地)
(問合せ)0566-41-8522
木戸銭¥500(呈茶券付き)
出演 微笑亭さん太

昨年もやらせていただいた会ですが、
怪談調の噺をおりまぜつつ、
1時間半ほどの独演会となります。
夏の夜には、うってつけの会です。


それから、かなり先の告知をひとつ!

●平成29年 1/15(日)
(昼席)午後0時~
(夜席)午後4時~
『天狗連名人会』
ほの国とよはし芸術劇場
プラット・アートスペース
木戸銭¥1500(前売)
(問合)0532532710(小林理容館)

毎年お正月恒例となりました名人会ですが、
来年の会は【豊橋市制110周年記念寄席】という事で
夜席にて、豊橋をテーマにした
創作落語の新ネタが披露されます。
『ええじゃないか顛末記』
『手筒花火は豊橋の華』
『豊橋カレーうどん誕生秘話』
『のんほいパークは良いところ』
その数、何と4本!
一挙公開!
全て、微笑亭さん太の書き下ろし作品です!
・・・という予告が出回っているのですが、
ネタはこれから書くので、かなり焦っております。
何とか当日までには仕上げます(汗)



落語会やイベント出演のご依頼も
24時間受け付けておりますので、よろしくお願い致します!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp


微笑亭さん太

小市民寄席・二日目

昨日は一昨日に引き続き、豊橋市公会堂にて
【第37回 小市民寄席】に出演してきました。


いつも2日公演で行われている小市民寄席ですが、
年々老朽化が心配される天狗連ですから、
2日目になると、ぐったりした状態になってきます(笑)


『やかんなめ』望々亭みるく

『漫才』減滅渡&和音

『雑俳』那古家攻

『歌謡ショー』紫蝶&マウス

『コント』(さん太作)天狗連総出演

『転宅』髪家三代 

ー仲入りー

『寄席踊り』のの字&馬笑

『エンディングノート』(さん太作)微笑亭さん太

『曲独楽』小呂比家念挫

『人情八百屋』駒久家南朝


例年は日曜日の方が、よく入るのですが、
今回は、土曜日の方がよく入りました。


とは言いましても、
この日も550名のお客さんがおみえになりましたので、
両日合わせて1240名のお客さんが
来て下さった事になります。


改めて天狗連のパワーの凄さを
実感させていただきましたし、
自分自身も、まだまだ勉強が足りないと
思い知らされました。
また来年の小市民寄席に向けて、明日から始動ですね。


微笑亭さん太

小市民寄席・初日

昨日は豊橋市公会堂にて
【第37回 小市民寄席】に出演してきました。


毎年この時期に行われている
天狗連のビッグイベントで、
普段は舞台に上がらない方々も、
この日ばかりは何らかの形で出演するという
メンバー総出演の寄席です。


昨年までは土曜日が夜公演、
日曜日が昼公演という事だったのですが、
今回初めて、両日共に昼公演となりました。


『太神楽』今いち座

『ハナコ』橘亭郵便箱

『歌謡ショー』ロック&マウス

『市民病院物語』成田家虚生

『寄席踊り』のの字&馬笑

『お伽村』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『コント』(さん太作)天狗連総出演

『骨つり』鶴橋減滅渡

『漫才』三代&和音

『長篠合戦』成田家紫蝶


土曜日の昼公演に、
お客さんがどのくらいおみえになるか心配でしたが、
キャパ600人の会場に690人がおみえになり
超大入りという事になりました。


私の書いた天狗連コントも何とか笑っていただけて
大変盛り上がった初日となりました。
今日も引き続き、公演がありますので頑張ります。


微笑亭さん太

名もなき現象

「俺、肩こりがひどくてさ、困っちゃうんだよね~」
なんてボヤいてる方もいると思いますが、
外国人が同じような事を言ってるのは、
あまり聞いた事がないですよね。


『西洋人は肩こりをしない』と言われているんですが、
西洋人が日本に来て肩こりの話を聞いて、
『ああ、これは【KATAKORI】というのか!』と
気がつく人が結構いるそうですね。


要するに肩こり自体は西洋にもあったけど、
【肩こり】という名称がなかっただけだった
という事なんですね。


世の中には、誰もが一度は経験した事があっても、
正式名称が何なのかは判らない現象というのが
幾つかありましてね。


火災報知機を見ると無性に押したくなったり、
綺麗に盛り付けられた料理を見ると
引っくり返したくなったりといった、
やってはいけない事を
やってみたくなる人というのがいますよね。
こういった『絶対にやらないでくださいと
禁止されると、やりたくなる』という心理の事を
【カリギュラ効果】というそうですね。


由来はローマ帝国の皇帝をモデルにした
一九八〇年の映画『カリギュラ』が、
過激な内容だったため一部で公開禁止になったんですが、
それがかえって関心を呼んだという事から来てましてね。


確かに『押すなよ、押すなよ!』と言われると
押したくなるわけですから、
【ダチョウ倶楽部効果】と名付けた方が
いいかもしれませんね。


この【カリギュラ効果】を利用して、
お年寄りや子供に優しくする映像に、
『絶対にマネしないでください』の
テロップを付けたテレビCMを流せば、
優しい行動を取る人が増えていくんじゃないでしょうかね。


年を取ると、
そんなに食べていないのに太ってしまう現象を
【モナリザ症候群】というそうですね。
これは日中の交感神経活動が落ちている事が原因とされ、
『Most Obesities kNown Are Low In Sympathetic Activity
(たいていの肥満は交感神経のはたらきの低下による)』の
頭文字をとったもので、
レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザとは
関係ないんですね。


「ウチのかみさん、どんどん太っていって、
モナリザ症候群らしいんだよね~」
なんてんで奥さんを見てみると、
顔は【ゲルニカ】だったりしましてね。


これからも名前の付いていない現象に、
新たな名前が付けられていくんでしょうね。
「臭いと判ってるのについ嗅いでしまう現象は、
何と言いますか?」
「【嗅ぐや悲鳴現象】ですね」
「なるほど。
ずる休みしたい時に極端な言い訳を重ねる現象は?」
「【お婆ちゃんは二度死ぬ現象】ですね」
「オナラかと思って出したら暴発して、
実が出てしまう現象は何と?」
「【校門番のうたたね】ですね」
なんてんで、
なかなか粋な名前が付くんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード