山の怒り

御嶽山の噴火は
大変な事になっちゃいましたね。


亡くなられた方は、
本当にお気の毒という他はないわけですが、
9月の下旬、土曜日の好天という
登山にとっては最良の条件が
結果的に被害者を増やしてしまう
【最悪の条件】になってしまった事、
皮肉と言うには、あまりに残酷すぎます。


やはりこうしてたびたび
自然の圧倒的な力を見せつけられると
我々人間がいかに小さくて
無力な存在であるかという啓示をされているような
そんな気さえしてしまいます。


社会人落語家の中にも、
山を愛されている方、
山の上で落語会をされる方とかいらっしゃいますから、
くれぐれもお気をつけくださいと
申し上げたくなりますね。


しかし、これはマジな疑問なんですが、
今、落語会をやるとしたら、
やはり『愛宕山』とか『富士詣り』なんてネタは
自粛すべきなんでしょうかね?
・・・『あたま山』もかな?


そんなの意識し過ぎだと言われれば
それまでなんですが、
そんな事がちょっと気になってしまいました。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

広島遠征

昨日は広島県福山市の
神辺文化会館に行ってきました。
【かんなべ福祉まつり】というイベントに
出演するためです。


広島県とは何の繋がりもない私ですが
主催者の方から飛び込みでオファーをいただいて
認知症のネタをやってほしいという事で
呼んでいただきました。

2014092816253691a.jpg

広島県といえば
私は高校の修学旅行で行った事がありますが、
その時は何故か、海上訓練でボートを漕がされるという
封印したいような黒歴史の思い出しかありません(笑)


健康や福祉に関するブースが並ぶ中、
大ホールでのアトラクションに出演させていただきました。


お客さんは
400人くらい入っていたのではないかと思いますが、
全くのアウェイ状態の私にも
よく笑っていただいて
とても温かい客席でした。


アトラクションのトリを取られたのが
あの、海原はるか・かなた師匠でした。


楽屋も隣同士でしたので
ご挨拶にも伺ったんですが、
大変気さくにお話して下さって
写真にも快く応じて下さいました。

20140928162536831.jpg

そして、はるか師匠は裏でも
常にクシを手離さないという事が判りました。
やはり、あの【絶妙な髪の毛】は
財産という事なんでしょうね(笑)


微笑亭さん太

世にも奇病な物語

世の中は時として、
信じられないような事が起こるものですよね。


二〇〇二年の冬に、
カナダで起こった不思議な事件なんですが、
ある男性が自動車事故を起こしたんですね。


ところがこの事故を起こした男性、
全裸で車から降りてきて、
突然ダンスを始めたんですね。
そして目撃者の車の前に立ち、自分の局部をこすりつけ始めたそうです。


これだけでも相当怖いんですが、
さらに道路に横たわると、
まるで腕立て伏せでもするかのように、
道路とHし始めたらしいんですね。


道路と性交とはワイルドすぎるんですが
これは【クリューバー・ビューシー症候群】という
病気なんだそうですね。
クリューバー・ビューシー症候群というのは、
無関心や過剰反応などの他に、異常性行動が見られ、
この男性のように、生物以外にも
性交を試みようとする事があるんだそうですね。


その後、目撃者の通報で警察が駆けつけ、
イクのが早かったため
【スピード違反】で捕まったそうですね。
そして十ヶ月後には、何故かその部分の道路が、
一車線から二車線に増えてたそうですけどね・・・
【子供】が出来たんでしょうね。


こういった事例の少ないレアケースの病気を
【奇病】と言ったりもしますが、病の事ですから、
著名人であっても例外ではありません。


ブラッド・ピットが告白した事で話題となった
【相貌失認(そうぼうしつにん)】という病気がありましてね。
一般には【失顔症】とも言われ、
人の顔の見分けがつかなかったり、
顔を覚える事ができなくなってしまうそうですね。
要は個人の識別が難しくなってしまうわけですから、 大変な病気ですよね。


浮気現場を奥さんに見つかった旦那さんが、
「あ、ごめん!
てっきりこの子が君だと思ったんだよ」と、
失顔症のフリをしたって話がありますが・・・
それはかなり無理がありますよね。


一方、【無機物しか愛せない】という
アメリカ人女性の例がありましてね。
彼女はフランスのエッフェル塔を愛するあまり、 二〇〇七年には、エッフェル塔と
【結婚】したそうですね。


もちろん正式に結婚はできないので、
誓約式という形だったそうですけどね。
塔と結婚しちゃうというのは凄いですけど、
これで十年くらい経ってしまうと、彼女の方が
【トウが立って】しまうんでしょうね。


他にも、全ての物が
逆さまに見える女性というのがいるそうですね。
この方、地方議員として働く方なんですが、
仕事場や家の中ではモニターを反対にして置いたりして
工夫しているそうですね。


でも、これは大変な症状ですよ。
上下が逆に見えるという事は、部下に敬語を使って、
上司にタメ口で話しちゃう可能性がありますよね。
ご苦労は計り知れないものがありますよね。


微笑亭さん太

宇宙に住むいとこ

遊園地の絶叫マシーンが
お好きな方がいらっしゃいますが、
【フリーフォール】という落下型の絶叫マシーンは、
ほんの一時【無重力体験】ができ、
ちょっとした、宇宙遊泳気分が味わえると言えます。


しかし絶叫マシーンに乗らずとも、
宇宙を感じる事はできるそうですね。
というのも、一枚の紙を103回折り畳むと、
宇宙と同じ厚さになるそうですね。


平均的な紙の厚さは、0・1ミリ程度で、
1回折り畳むと、厚さは2倍になります。
2回折り畳むと最初の4倍の厚さになります。
これを繰り返していくと、
あっと言う間に凄い事になるんですね。


10回折り畳むと手の幅と同じくらいの厚さになり、
23回折り畳むと厚さは1キロに、
30回折り畳むと厚さは100キロとなり、
宇宙に到達できる高さになるんですね。


さらに続けて42回折り畳むと月に到達し、
51回折り畳むと太陽に届きます。
そして103回目で、
観測可能な宇宙の大きさをしのぐ厚みになり、
その距離は約930億光年になるそうですね。


ですから、家事が忙しくて出かけられないお母さんは、
洗濯物を何回か畳めば
宇宙を体験できるという事ですね。
ちなみに、一枚の紙を折り畳んだ最高記録は
13回だそうですから、宇宙を感じたい方は
是非ともチャレンジしていただきたいですね。


宇宙には、まだまだ判らない事が沢山あるわけですが、
アメリカのNASAが、地球とほぼ同じ大きさで、
水が液体の状態で存在する可能性がある、
地球によく似た惑星を発見したそうですね。
生命が存在しうる惑星のわけです。


惑星は【ケプラー186f】と名付けられ、
地球からおよそ500光年離れた場所にあり、
地球でいえば太陽に当たる恒星の回りを、
およそ130日の周期で公転しているそうです。


地球に似た惑星は、これまでも見つかってるんですが、
恒星からの距離が近すぎたり
大きさが異なったりしていたそうで、
今回の惑星が地球に最もよく似ているんだそうですね。


NASAはこの惑星を
【地球のいとこ】のようなものだとした上で、
『地球外生命体の発見に向けた大きな一歩だ』
としていますから期待大ですよね。
今のうちに、アダムとイブとなる男女を冷凍して、
その星に向けて射出しておきたいですよね。


500光年という距離がピンときませんが、
太陽系の大きさを0・6ミリとすると
500メートル先だと言いますから相当な距離ですよ。


ですから、宇宙船でこの星に向かうとすると、
宇宙船で子孫を残しながら移動する事になりますね。
そういうところで生まれた子供たちは、
「ダメだな、【宇宙船世代】は。
あいつら、空気が読めないんだよ」
なんてんで、悪口言われたりしましてね。


しかもこの惑星の暦は
【130日で1年】となるわけですから、
地球の3倍近い速さで年を取る事になるのは、
ちょっと嫌ですよね。
ひょっとしたら向こうでも今、
『ケプラー186fに似た【地球】という星を発見した』
なんてな報道が流れてるかもしれませんよね。


「でもこれってさ、
雑誌のグラビアでいい女を見つけたようなもんだろ?
存在は確認できても、コンタクトのしようがない」
と言ってた方がいるそうですが、
言いえて妙ですよね。


微笑亭さん太

お~いしい、お茶

昨日は名古屋の
東区役所に行ってきました。
認知症に関するイベントで
一席やってきました。


温帯低気圧に変わったというものの
台風16号の影響で、中止になる可能性もありましたが、
何とか開催にこぎつけました。


楽屋入りすると
役所の女性職員の方がお茶を持ってきてくださいました。
「お茶、お持ちしましたので」
「ありがとうございます」
「役所のお茶ですから、美味しくないですけど」
「そうでしょうね・・・いやいやいや!!
とんでもない!!
そんな事ありませんよ!!」
危うく誘導尋問に引っかかるところでした(笑)
とても美味しいお茶でしたよ。


平日の真っ昼間、
果たしてどれくらいの方が
お越しになるのかと心配でしたが、
200名以上の方がおみえになり
超満員となりました。

2014092518163919e.jpg

専門家の先生の講演の後、
私の落語という事になっていましたが、
あまりによく笑ってくれたので、
持ち時間を40分のところ
50分以上喋ってしまいました。
とても良い会になりました。


見に来てくれた
満丸亭ゆき寧ご一行様、
差し入れ、ありがとうございました。


微笑亭さん太

笑ってはいけないことはない落語

昨日は幸田町にある、
正楽寺というお寺に行ってきました。
一昨日と同じように
檀家さんの集まりにて、喋ってきました。


この日は生憎の雨降りで
お客さんは20数名ほどだったのですが、
台風崩れの低気圧の影響では
致し方ありません。


このお寺には、
3月にも呼んでいただいたんですが、
その時、最前列のど真ん中で
腕組みしたまま、ニコリともせずに聞いてみえた
年配男性の事が印象的でした。


他のお客さんはよく笑ってくださるのに
その方だけが最後まで笑わなかった事が
脳裏に焼きついていました。


果たして今回もいらっしゃるのかと
ドキドキしながら上がりましたが、
残念ながら(?)最前列には座ってなかったので
とりあえず安心しました。


終わって後、ご住職に
「前回、全く笑わなかった方、
今日はいませんでしたね~」
「いや、一番後ろの席に座ってましたよ」


どうやら、最前列で聞くのは
【当たりが強い】と思われたのか
適度な距離を置かれたようです(笑)


お客さんの人数の割りには、
よく笑っていただけて、
早速ご住職から、来年の会のご予約も頂戴しました。
その時には是非、
腕組みお父さんを笑わせるミッションを
達成したいと思います。


微笑亭さん太


阿弥陀のリクエスト

昨日は新城にある、周昌院というお寺に行ってきました。
檀家さんの集まりにて、喋ってきました。


この周昌院は新城の山間にある歴史あるお寺で
山や川、田んぼなどに囲まれた、風光明媚な佇まいのお寺です。
このところ毎年、この時期に呼んでいただいていて、
これで、5年連続お邪魔する事になります。


それだけ同じところにお邪魔していれば、
今まで何回か、私の落語を聞いているという方も
当然出てくるわけでして、
そんな中のお一人から、数日前にメールをいただきました。


一昨年、この会で『竹の水仙』をかけたんですが、
その方は、その時にみえていたようで、
『是非とも、もう一度やってほしい』という
ネタのリクエストでした。


創作ネタはリクエストされた事はありますが、
古典をリクエストされるのは
初めてじゃないかと思います。
大変嬉しい事ではありますが、
『私の古典でいいの?』みたいな
若干の後ろめたさがあったりしました(笑)


一昨年やっているので
どうしたものかと迷ったんですが、
せっかくリクエストしていただいたので、
ご住職の許可をいただいて、やる事にしました。


リクエストネタだけでは何なので
『町内の若い衆』と『竹の水仙』で45分くらいは
喋ったと思います。


終わった後、その方にお礼を言われましたが、
私自身、なかなか貴重な体験をさせていただきました。
ありがとうございました。


微笑亭さん太

極上のサービス

焼肉屋さんがサービスとして、
帰るお客さんにガムをあげたりしますよね。


あれは【におい消し】が目的だと思ってる方が
多いと思いますが、実は
【消化を促進させる】という大きな目的があるんですね。


ガムを噛んで唾液を胃に落とす事で、
消化を助けるわけですね。
そして消化を助けた上、
【ロッテ】も助ける事になるわけです。
ガムの種類にミント系が多いのも、
より消化をよくするためなんですね。
こういう、ちょっとした心遣いのサービスは
嬉しいですよね。


そのお店独自のサービスで
お客さんを取り込もうと工夫しているところも多いですが、
ある居酒屋さんが、帰るお客さんに
【バナナ】を配ったなんてサービスで、
大成功したなんて事がありましてね。


その居酒屋さんは
「少しでもお客様の心に残りたい」と思い、
始めたサービスらしいんですが、
もらった方はこれ、当然驚きますよね。
『そんなバナナ!』という、
太古の昔から何万回も言われてきたダジャレを、
口走ってしまう事も必定ですよ。


この目的は、
『次の日カバンを開けて、バナナを見て
店を思い出して欲しい』という願いからだそうですが、 この【変なサービス】は当然、
友達同士の面白い話として話題になります。
話題になれば、行ってみたいと思うのが
人間の心理ですよね。


実際、話を聞いた人の80%が【一度行ってみたい】と思い、
ゴリラに至っては100%が行ってみたいと思ったそうですね。
これが【口コミ】の効能という事になるんでしょうね。
なかなかうまい方法と言えるんじゃないでしょうか。


商売繁盛のためには、
リピーターのお客さんを生む事が大事だからという事で、
男性のお客さんのシャツに、
女性従業員がそっと口紅のあとを付けるという
サービスをしたってお店がありましてね。


すると一旦帰った後、
鬼のような形相の奥さんを連れて、
必ずもう一度来るそうでして・・・
身の潔白を晴らすためとはいえ、
確実にリピーターを生みますよね。


変わったサービスをしている店というのは、
他にも色々ありまして、福島県の某しゃぶしゃぶ店では、
お客さんの誕生日会を開催するサービスがあるそうでして、
関係ない他のお客さんにまで、
手拍子やバースデーソングなどを強要するそうですね。
これは、アットホームでいい店だと思われると同時に、
【面倒くせ~】と思われるでしょうね。


同じ祝うなら、
もう少し刺激的な方がいいだろうという事で、
お客さん同士がケンカをしだして、
止めに入った途端、ケンカしてた二人が
バースディソングを歌いだし、
クラッカーが鳴り響いて、
仲裁者の誕生日を祝うなんてサプライズ演出も
いいですよね。


そして、さんざっぱら盛り上がった後、
帰る時に勘定書を見たら
【サプライズ料込み・5万円】となってたりして・・・
それが一番の【サプライズ】なんてのは、
ちょっと嫌ですよね。


都内の某バーでは、
ママが客の席を決める権限があるなんて
サービスをしているそうですね。
・・・サービスかどうかは微妙ですけどね。


「あなたはここの席、あなたはここ、
あなたはそっちの隅っこの席ね。
・・・そこのイケメン君の席は、
二階の私の寝室のベッドの中ね」
なんてんで、
これはちょっと怖いかもしれませんね。


微笑亭さん太

奥様のツボ

昨日は田原にある
願照寺というお寺に行ってきました。
檀家さん相手の落語会です。


減滅渡さん、みるくさんと一緒だったんですが、
ヘルさんは一件済ませてから駆けつけるという事で、
私とみるくさんが先に行って
ヘルさんが来るまで繋ぐという事になりました。


ここでの落語会は、
今まで何回か行われているようなのですが、
私が参加するのは初めてです。


従って私は、お寺の場所を知らなかったんですが、
みるくさんが、
「私は以前行ってるから、
私がナビするから任しておいて!」
そう言って胸を叩いたので、
その言葉を信じて、助手席に乗ってもらいました。


ところが途中まで行くと、
「・・・あれ?あの道路に入りたいのに」
と言って、上空を走る道路を指差しています。


「じゃあ、もっと早く言ってよ」
「大丈夫、そこを曲がったら入れるから。
ほら、ここを曲がって・・・あれ?
道がない」
「ないね・・・行き止まりだね・・・」
「え~、でも~、前来た時はあったのに~」
そんなはずはありません。


グルグル回って
やっとの思いで合流場所を見つけて上に乗りました。
「あ~やっと乗れた。
この道でいいんだよね?」
「・・・ごめ~ん!違うみた~い」
久々に、他人に殺意を覚えました(笑)
結局、スマホのナビを頼りにお寺に着きました。


落語会の方は
皆さん、しっかり聞いてくださって、
それなりに満足していただけたのではないかと思います。


出入りされてる仏具屋さんが、
境内でお客さん方に、
かき氷を作って、ふるまってらっしゃいました。


ご住職の奥様が、我々の楽屋にも、
かき氷を持ってきてくださいました。
「いつも、かき氷をふるまわれるんですか?」
「そうなんですよ。
仏具屋さんが、作ってくださるんです」
「やっぱり、ご遺体保存用の氷を使ってですか?」


これを聞いた奥様が、
尋常でない大爆笑をされていたのが、
非常に印象的でした(笑)


微笑亭さん太

繰り返される過ち

過ちは繰り返されると言いますが、
それは恋愛においても例外ではないですよね。
「あんなロクでもない男、やめなよ~。
もっといい男が他にいるって」
親友が何度も忠告しても、
ダメな男を選んでしまう女性というのはいます。


人が人を好きになるのに理由なんてないわけですが、
人が恋に落ちるシチュエーションというのは
多岐に渡ります。


友人関係からの恋だとか、
優しく仕事を指導してくれた事がきっかけの恋、
お互い広島カープファンだった事による鯉など、
男と女である以上、
恋はいつどのタイミングで落ちるか判りませんよね。


心理学においては、
人が恋に落ちる理由は、
主に四つだと言われてましてね。


まず一つ目は
【過去を再現している】という事ですね。
人は、昔の人間関係で、自分が演じた役割を
再現できる相手と恋をしやすいんだそうですね。
ですから、繰り返し虐待的な関係に陥ったり、
凝りもせずに大酒飲みと
何度も結婚したりしてしまうというのは、
このためなんだそうです。


「そうか。
じゃあ、暴力的な扱いを受けてきた女の子に対しては、
むしろ殴ってやった方がいいんだな」
なんてんで彼女を殴ったら、
しぼんだって話がありましてね・・・
その彼女は、空気で膨らますタイプだったんですね。
まさに【エア彼女】ですよ。


しかし、確かに男性から暴力を振るわれ、
ビンタなんかされると、ますますその男性に
惚れてしまうという女性はいますよね。
ただし、より一層惚れさせるためには、
ビンタするのは手の平より
【札束】の方が効果的なようですけどね。


二つ目は
【自分に足りないものを補っている】という事ですね。
世間一般的にありがちな傾向として、
清純な女の子ほどヤンキータイプに恋をして、
逆に遊んでる女の子は、
堅実な男に憧れたりしますよね。
男性も高給取りは意外にギャル好きが多くて、
オタクは黒髪の清純な処女を求めたりします。


そして三つ目は
【現実から回避している】という事です。
恋をすると仕事も手につかないくらい、
上の空になってしまう事がありますよ。


それだけ彼が好きということですが、
夢中になる恋ほど現実を疎かにしがちです。
もし彼の事で頭がいっぱいになっている時は、
現実から目を逸らしたい問題がある可能性がありますから、
よく我が身を振り返ってみた方がいいですね。


最後四つ目は
【性的な抑圧にさらされている】という事。
情熱的な恋愛というのは、
性を抑圧する社会のシステムの中でこそ、
最も熱く燃え上がるという事があります。


『ロミオとジュリエット』なんという
悲恋物語を見てみると判りますよね。
あれも禁じられた関係だったからこそ、
より燃え上がったという背景があります。


もしも親から車の鍵を渡され、
「週末には二人だけで別荘に行って遊んでおいで。
孫の顔、早く見たいな~」
なんてんで応援されたら、
ロミオとジュリエットは、あんなに猛スピードで
恋に落ちなかったでしょうね、きっと。


微笑亭さん太

病院、矢の如し

重大な病気を発見するためには、
定期的な健康診断を受ける事が重要ですよね。
かなり悪くなるまで
自覚症状のない病気もあったりしますから、
早期発見というのが一番です。


中には【医者嫌い】と言われる方々もいて、
こういう方というのは、
ちょっと体調がおかしくなっても決して、
医師の検査を受けようとしないんですね。
その理由というのが
【悪いところが見つかると嫌だから】
・・・これは大いなる矛盾なんですけどね。


そういう方々でも我慢できないのが
【歯の痛み】だと言いますね。
痛み止めを飲んだって収まるもんじゃありませんから、
即、歯医者さんへ行くという事になりますが、
待合室で待っている時間というのも嫌なもんですよ。


どのくらい痛い治療をされるのか、
ただでさえ不安なのに、
それを盛り上げる、歯を削る機械音と子供の絶叫・・・
大の大人でも憂鬱になります。


とある歯医者の診察室で、
看護師さんが持っていた荷物を手を滑らして、
自分の足の上に落としてしまい、
思わず『痛い!』って大声で叫んじゃったんですね。
そしたら待合室にいた人たちが
全員帰っちゃったって話がありましてね・・・
物凄く誤解されちゃったんでしょうね。


病院の待合室というのは、
どこでもお年寄りが多くて、そういう方々にとっては、
ちょっとした合コン会場みたいなものですよね。
毎日のように顔を出す方もいらっしゃって、
毎日歩いて通えるというのは健康な証拠でしょうね。


待合室を、ただ待たされるだけの場から、
医師や患者、住民、そして様々な情報が
交差する場へ発展させようという
【待合室から医療を変えようプロジェクト】
というのがあるそうですね。


これは医師の有志の方々が発起人となって、
無機質な待合室をサロンや栄養指導、健康教育の場などに
活用していこうという試みなんですね。


確かに待合室というのは退屈ですし、
大病院なんかだと、たった5分の診察を受けるために
何時間も待たされるなんて事もありますから、
何らかの形で有効利用できそうな気はしますよね。


待合室で待ってる方々を対象に、
クイズコーナーとかを設けてもいいですよね。
「斉藤病院名物、ドキドキクイズのコーナーで~す!
さあ、心臓が悪くて通ってらっしゃる、
こちらの山田トメさんの余命は、あと何年でしょ~か?
そちらの患者さん、お答えください。
・・・ざんね~ん!正解は、あと半年で~す」
なんてんでクイズをすれば、
盛り上がる事請け合いですよ。


あるいは先生がサングラスをかけて、
タモリさんみたいな格好で、
選ばれた患者さんと公開診察でトークをするという
【治っていいとも!】のコーナーとかね。


「・・・そういう事ですから、明日は手術をしますので。
明日も来てくれるかな?」
「いいとも!」
これは待ってる方々も、
退屈しないで済むんじゃないですかね。


微笑亭さん太

会社再建のネタ募集

昭和の頃というのは、深夜に向こうから、
鼻の頭を赤くした千鳥足のお父さんが歩いてくると、
手には必ず寿司折りなんてのが、
酔っ払いのデフォルトでしたが、
今はお持ち帰り専門の寿司屋さんなんてのがあります。


そんなお店のひとつであり、
持ち帰り寿司チェーンなどを展開する
【小僧寿し】という会社があります。


その小僧寿し、
業績不振に苦しんでいるそうでして、
そこから抜け出すために会社の中からだけではなく、
外からも経営改革案を募ると発表したそうですね。


株主や加盟店だけでなく、
利用客など一般の方々からも
幅広く意見を募るというのは異例の事でして、
もうなりふりかまっていられないという事なんでしょうね。


小僧寿しは全国で
540店舗を展開している有名企業ではありますが、
ホームページを見ると、一番上に記されている社名の色が
【赤字】だったりするんですね。
まずはそれから直した方がいいんじゃないでしょうかね。


会社再建のために、子会社を含む社員約90人のうち、
三分の一にあたる30人程度の
希望退職者も募るそうですね。
退職者には、退職金の他に
ボーナス的なものも出るようでして、
持ち帰り寿司店ですから、当然最終日には
寿司折りを貰って辞めるんでしょうね。


『長い間、ご苦労様』なんてんで、
家族と一緒にそのお寿司を食べましてね。
空になった容器を片付ける時に
『あ~自分は長いこと、小僧寿しに勤めてきたんだな~』と
脳裏に浮かぶわけでして。
これがいわゆる
【折りに触れて思い出す】という事なんでしょうね。


こうして広く再建案を公募するわけですから、
全国から様々な意見が寄せられるでしょうが、
会社内でも当然、
活発な意見交換がなされる事でしょうね。


「我が社を建て直すために、
社員みんなの意見を聞かせてもらいたい」
「社長、やはり経営再建には、
人件費のカットというのが重要だと思うんですよ」
「確かにそうだな」
「人間を雇うと人件費がかかっちゃいますから、
河童の子供を見つけてきて、
河童の小僧に働いてもらったらいいんじゃないですかね?
話題になる上、人件費も
キュウリ二、三本で済みますからね」
「それ、小僧のうちはいいけど、成長したら
【カッパ寿司】になっちゃうじゃないか」
「社長、若い女の子に働いてもらって、
社名も【小娘寿し】にしたらどうですかね?
何だったら寿司も、女の子の体に盛り付けて・・・」
「ウチは【女体盛り】とかやらないから。
ダメだよ、そんなんじゃ」
「社長!やはり店頭販売は笑顔が大切ですから、
いつも笑っているというイメージを作るために、
【ひざ小僧寿し】にしたらどうでしょう?」
「君ね、いつも膝が笑ってたら仕事できないだろ。
ロクな意見がないな。他に無いのか?」
「では社長、
斬新な寿司ネタを出すというのはどうでしょう?」
「なるほど、それはいいな」
「思い切って【ピラニア】とか
【ピラルク】とかの握りを出してみるんです。
そうすればきっと、
ネット販売で扱ってもらえると思いますよ、【アマゾン】で」
経営再建の道というのは、なかなか大変ですよね。


微笑亭さん太

西尾、アゲアゲ

一昨日は西尾に行き、
ロータリークラブの会合にて一席喋ってきました。


我々もロータリークラブや
ライオンズクラブの総会などに呼ばれ
落語をやる事が、しばしばありますが、
正直、あまり笑っていただけない事があります。


やはりそういう団体というのは、
基本、中高年の男性ばかりですので、
我々にとっては、最も難敵の集団になりがちです。


しかし、西尾ロータリークラブの方々は
とてもよく聞いて笑っていただき、
さん太CDまで買ってくださったという
良い方ばかりでした(笑)


原場に着いてから
『悪質商法関連のネタをやってほしい』とリクエストされ
当初は違うネタの予定だったんですが、急遽変更。
その影響も全くなくてよかったです。


数年前、西尾のライオンズクラブに
呼んでいただいた事があり
その時も結構笑っていただいたので、
西尾市の好感度、上がりまくりです(笑)


最近は、ロータリーやライオンズに入る方が
減っているという噂を聞きますが、
続けてらっしゃる団体の方々、
是非ともお声がけいただきたいと思います。


微笑亭さん太

ピンマイク芸人

月曜日はかけもちでして、
月例寄席に行く前に昼間、
豊川市の国府小学校に行ってきました。
敬老会での高座です。


【敬老の日】近辺というのは
敬老のお祝いで呼ばれる事があるわけですが、
この日は体育館での一席という事で
我々にとっては鬼門の高座です。


余興の時間が2時間半くらい取られていたんですが、
プログラムを見ると、ほとんどが歌と踊りで、
真ん中あたりに私ひとりだけ【落語】とあるのが
尋常じゃない浮き方をしてました。

20140915172352c9d.jpg

そこへもってきて、
余興の前に、議員さんなど、来賓の方々のありがたいお話を
さんざっぱら聞かされたお爺ちゃん、お婆ちゃんは
集中力も途切れ、体育館内は
完全に【サロン化】してました。

20140915172352bbb.jpg

体育館高座ですから、
さすがにマイクを使わなければ無理なのでスタッフの方に、
「マイクをお願いします」
「ショートスタンドマイクを使われますか?」
「はい、出来れば。
ちゃんと声を拾ってくれるかどうかが心配なんですが・・・」
「でしたら、ピンマイクもありますよ」
「あ、そうですか。
じゃあピンマイクの方が確実なので、そちらにします」
「でも、ピンマイクが壊れてるんですよね」
・・・なぜ提案したんですか?(笑)


結局、ショートスタンドマイクでやったんですが、
危惧した通り、拾いがよくありませんでした。
それでもまあ、声を張り気味にやればいいだろうと
声の小さい私が頑張って声を出してました。


マクラで、ちょっと長めの小噺をフッてたんですが、
ずっとネタフリの部分を喋ってて、
いよいよオチの一言にかかろうという時、
「・・・すみません、
後ろの方が聞こえないという話ですので、
マイクを交換しますね」
そう言いながら、おもむろに
私の前でマイクを交換しようとするスタッフの方・・・


なかなか、
波瀾に満ちた敬老会でした(笑)


微笑亭さん太

さあ、いい供養!

昨日は天狗連の月例寄席でした。
先月お亡くなりになった
何逸亭やん泥さんの追悼公演という
特別企画の寄席となりました。


生前、やん泥さんが得意にされていた
十八番のネタを、他のメンバーがかけるという試みで
古典落語が4席並びました。


『金明竹』那古家攻

『野ざらし』駒久家南朝

『厩火事』成田家紫蝶

『火焔太鼓』微笑亭さん太


このメンバーで
トリはないだろうと思っていたら
何故かトリにされてしまい焦りましたが、
やん泥さんを偲びつつ、
自分なりに、かなり手を入れた『火焔太鼓』を
やらせていただきました。


この企画を知ってか知らずか、
お客さんは50名くらいおみえになるという超大入りで、
会場に入りきれない方が
外にあふれていました。
とても良い会となりました。


やん泥さんもきっと、
雲の上で喜んでくださってる事でしょうね。


微笑亭さん太

おのれ、秘境だぞ!

昨日は新城市にある
蔵平公会堂に行ってきました。
敬老のお祝いの席で1時間ほど喋ってきました。


新城には時々呼んでいただく事があるんですが、
場所によっては、かなり【山中】という事があります。
昨日の蔵平が、まさにそうでした(笑)


驚いたのはネットもつながらなければ
メールの受信もできません。
新城、あなどれない町です(笑)


お客さんは、ご近所のお年寄りを中心に
20名ちょっとおみえになりましたが、
落語が終わった後、皆さんで記念撮影をされてました。


皆さんの表情が今いち固かったようで
撮影をされている男性が
「皆さん、もっと笑顔でお願いしますよ。
じゃあ、いつもの掛け声、
【1+1】いきますからね。
いいですか~?
1+1は2!」
・・・そこまで言っちゃうの!?
お年寄り全員、吉本新喜劇のようなコケ方を
したとかしなかったとか。


何だか、落語『青菜』のサゲを連想してしまうような
記念撮影でした。


微笑亭さん太

晴天高座

昨日はみよし市にある、
【サンアートみよし】に行ってきました。
サンアート内にある【ふるさと会館】で行われた
【月見の夕べ】に出演するためです。


【ふるさと会館】というのは
優美な日本庭園を一望できる和室の建物で
この【月見の夕べ】に呼んでいただくのは
3年連続となりました。

20140913212453221.jpg

ただ客席を野外に作るために
毎回、雨が降ると中止になってしまうという
非常に珍しい【雨天中止】の寄席なのです。


ここ最近、全国的に不安定な日が続き
開催も危ぶまれましたが、
昨日は朝から快晴で、
申し分のない寄席日和となりました。
3年連続で開催できたというのは
奇跡かもしれませんね。


琴の演奏が最初にあり
その後が私の落語という構成で
『愛しの野球部』(さん太作)『やかんなめ』『離婚式』(さん太作)と
3席やりました。

20140913212453397.jpg

お客さんは118名という超大入りで、
3年目にして最高の入りを記録しました。
ありがたいものです。


とても素敵な会場ですので、
また是非呼んでいただきたいと思います。


微笑亭さん太


道をとく悪魔

一昨日行われた
マツダスタジアムでの中日・広島戦で
デーモン小暮閣下が始球式をされてましたよね。


閣下は【カープ男子】だという事なんですが、
悪魔でも、贔屓の球団はあるんですね。


ちょっと前ですが、NHKのEテレの
『課外授業 ようこそ先輩』という番組に、
デーモン小暮閣下が講師として出演されましてね。


この方は20年、30年どころか、
10万年以上に渡って
活躍されてる方ですから凄いですよね。


ご本人だけではなく、
デーモン閣下のお母さんがご挨拶される時も
「デーモンの世を忍ぶ仮の母でございます」
と挨拶されるところが徹底してますよね。


閣下が訪問したのは、
かつて世を忍ぶ仮の姿の小学生として通っていた、
東京都中野区の緑野小学校というところなんですが、
まずこの小学校が、
10万年前から存在していたという事が驚きですよね。


10万歳以上年下の後輩たちを相手に、
見事な授業だったようですが、授業の最後には当然、
テストをする事になるわけですが、
テストの名前は【せいきまつテスト】と言うそうですね。


今、人手不足に陥っている林業や農家の方々は、
閣下にお願いして、そういった分野の仕事にも
進んでくれるように働きかけてもらうのも一つの手ですよね。
閣下が後輩たちに向かって、
「お前も、農林業にしてやろうか!」
と、ひと睨みすれば、
恐怖心から何人かは必ず進むと思うんですけどね。


悪魔である閣下は不老不死なんでしょうが、
もしも万が一、将来亡くなってしまった時には、
新聞に【享年・10万85歳】とか載るんでしょうかね?


●プチ告知です。

↓これは本日です!
↓晴れてたら
↓是非来てください!

9/13(土) 午後6時~
『月見の夕べ』
みよし市文化センター サンアート ふるさと会館(みよし市三好町大慈山1-1)
木戸銭¥300(お茶お菓子付き) ※雨天中止!
出演 きらり(琴トリオ) 微笑亭さん太

3年連続で、サンアートみよしからお話をいただきました。
情緒あふれる日本庭園を眺めながらの
野外の落語会です。
従いまして、【雨天中止】ですので、
そこだけご注意ください。
お問い合わせは、
0561-32-2000(サンアートみよし)まで。


9/15(月・祝) 午後7時~
『月例寄席・特別追善公演』
豊橋・花園商店街(HANACOYAにて) 木戸銭¥100
出演 那古家攻 微笑亭さん太 駒久家南朝 成田家紫蝶


今度の月例寄席は、
先日亡くなられた、何逸亭やん泥さんの
追善公演という事で、
やん泥さんが得意にされていたネタを
他の天狗連メンバーが演じるという事となりました。


果たしてどのネタが出るのか、
楽しみにしてお越しいただければと思います。
よろしくお願い致します。


9/25(木) 午後2時~3時半
『東区・健康のつどい 認知症講演会』 木戸銭無料
名古屋市東区役所(4階講堂)
出演 微笑亭さん太 山田堅一氏(長良医療センター院長)

認知症に関するイベントで
認知症のネタをやらせていただきます。
偉い先生の大変ためになるお話もあります。
予約不要、木戸銭無料ですので、
お暇な方は、お越しくださいませ。



落語会やイベント出演のご依頼も
24時間受け付けておりますので、よろしくお願い致します!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
 

微笑亭さん太 

超あるものは爪隠す

常人にないような特殊能力を
得たいと思ってる方は結構いらっしゃるでしょうが、
かつて1970年代に
【超能力ブーム】というのが訪れた事があります。


これは【ユリ・ゲラー】という超能力者の方が、
日本のテレビ番組で
【スプーン曲げ】を披露した事から起こったわけですが、
今やスプーン曲げは、あちこちの会社の
忘年会でやられるくらいのレベルですからね。


もう一つ、ユリ・ゲラーが
テレビの前の視聴者に呼びかけると、
止まっていた腕時計などが動き出したというのがありましたが、
これも時計を手の中で握りしめさせる事によって、
歯車を止めていた油などが溶けて
動き出しただけの事だという話ですね。
やはり超能力と呼ばれるものには、
何らかのトリックがあるという事なんですかね。


それでもやはり超能力に対する憧れはあるようで、
【自分に一つだけ特殊能力が貰えるとしたら、何がほしいですか?】
というアンケートを取った方がいて、
テレポーテーションやサイコメトリー、透視といった、
実に沢山の能力があげられたようですね。


ただ超能力というのは本来万能なものですから、
そこに何らかの【欠点】を合わせ持たないと、
バランスが取れませんよね。


例えば、【テレポーテーション】でも、
確かに思い通りの場所へ一瞬にして移動できるんですが、
いつも地面から3メートル浮いた場所にしか
移動できないとかね。
何だか、抜けた魂の心持ちが味わえそうですよね。


手を触れずに物を動かせる念動力、
【サイコキネシス】でも、そうです。
「サイコキネシスを手に入れたから、
これでお金も女の子も、自由に手に入れる事ができるぞ~!」
と喜んでたら、
自分から遠ざける方向にしか動かせなかったりしてね。
お金も好きな女の子も、
どんどん離れていっちゃうわけですね。


【時間を止める】なんて能力も魅力的ですが、
【いつ動き出すか判らない】という欠点がありましてね。
時を止めて、女の子のスカートの中を覗き込んだ瞬間に
動きだしちゃったりしてね・・・
そのまま留置所内に【テレポーテーション】ですよね。


どんな建物の中にも入れる【壁抜け】の場合は、
抜ける時には全速力で走って抜けなければならないんですね。
しかも3回に1回は失敗するって、これは怖いですよ。


【いつでも好きな食べ物を出せる】
なんて能力もありましてね。
「やった~!大好物の蕎麦がどんどん出てくるぞ!」
なんてんで喜んだ途端に、
【蕎麦アレルギー】になっちゃうとかね。


【何にでも変身できる】なんて能力は、
変身はできるんですけど、
力はそのままだったりするんですね。
ですから、めっちゃ弱い仮面ライダーとか、
病弱なウルトラマンにしかなれないわけですね。


「私もいっぺん、アイドルになりたいわ~」
なんてんで和田アキ子さんがこの能力を使うと、
大男を一撃で粉砕する橋本環奈ちゃんなんてのが
誕生するかもしれませんね。


微笑亭さん太

美少女戦士スーパームーン

昨夜は【スーパームーン】だったそうですが、
美しい満月をご覧になられたでしょうか。


あの『ガッチャマン』の歌にも
『地球はひとつ』と歌われているように、
地球というのは一つしかないので、
世界中の人々みんなで大切にしていかなければいけません。


ある国の人間が、生活レベルを維持するために必要な
農地や海、森林などの合計面積を示す
『エコロジカルフットプリント』という指標があるんですが、
それによると日本は、国土が本来供給できる量に比べて、
7倍近い自然資源を利用しているらしいですね。
人間だったら、確実に『カード破産』を起こすタイプですね。


もしも世界中の人々が日本人と同じ暮らしをしていたら、
地球が2・3個必要になるそうですね。
世界全体で考えると、地球が1・44個必要な生活になるそうです。


危ないのは地球ばかりじゃありません。
以前、米スミソニアン航空宇宙博物館の天文学者たちが、
わずかながら、月が縮んでいるというのを発見して、
科学誌『サイエンス』の中で発表したなんて事がありました。


月の表面の写真を分析したところ、
14の断崖が月の表面にできている事が判ったそうでして、
これは、月の地殻が冷えて月面が収縮した結果、
断崖ができたらしいんですね。
こんなひび割れが生じるのは、月の表面か、
夕方の八代亜紀さんのメイクくらいだそうですね。
月も誕生してから45億年ほど経つそうですから、
そろそろ『お肌の曲がり角』を迎えてるという事になるんでしょうかね。


このまま月が収縮し続けるとなると、
いつか無くなってしまうかも知れません。
月が無くなったら寂しいですよね。
ですから今のうちに、月の後継者というのを育てておくべきですよね。


「・・・あ、師匠、よろしくお願いします」
「アンタかいな、ワシの後釜として、2代目の月になりたい惑星ゆうんは?」
「はい、師匠のように、地球人に愛されるような立派な月になりたいと思います」
「なるほどな~。せやけど、お月様ゆうのんも、楽な仕事やないで。
一定周期で満月になったり三日月になったり、
ダイエット、リバウンド、ダイエット、リバウンドの繰り返しや。
これなかなかしんどいねん」
「大丈夫です。ボク、ちょっとアゴがしゃくれてるので、
比較的、三日月はやりやすいと思います」
「おもろい事言うな~、自分。
まあ、月ゆうのんは、お天道さんの光を受けて輝いてるちゅう、
いわば、人のフンドシで相撲を取ってる存在や。
せやのに『ロマンチックやな~』ゆうて、
地球人には妙にウケがええという、『オイシイ仕事』やからな。
ホンマ、地球人は月好きやで。十五夜の時なんか、めっちゃ見てくるで」
「あの~、ボクは何をしたらいいですか?」
「せやな~、とりあえず、ウサギを飼え。
月はな、ウサギ飼っとかなあかんねん。
あと、ウスと杵も用意したってな。あ、それからな、
ちょいちょい、かぐや姫が地球へ行きたがるさかい、それ止めたってな」
「はい。・・・あ、師匠、師匠の周りを何か飛んでますが」
「あ、これな~。うるさいハエやねん。
ワシに止まると勝手に旗とか立てるさかい迷惑してんねん。
このハエの事を地球では、『宇宙船』ゆうてるらしいけどな」
なんてんで、是非とも後継者を育てていただきたいですね。


微笑亭さん太

ギターは抱かない渡り鳥

携帯にカメラが付いてからというもの、
写真に撮って記録しておけるという点では
非常に便利になりましたよね。


『素敵な文章だな~』と思ったら、
その本の一文を撮っておくとか、
『美味しそうな料理だな~』と思ったら、
作り方のレシピを撮っておくとか、
『可愛い女子高生だな~』と思ったら、
スカートの中身を撮っておくとか、
気軽に撮影できるようになりましたよね。


昨今のカメラブームを受けて、中高年層を中心に、公園などに飛来する野鳥を
撮影する人たちが増えているようですね。


希少な渡り鳥の情報を得ると遠方から駆けつけ、
時にはその撮影の輪が、
百人単位に膨らむケースもあるそうです。
最近はインターネットで、
撮影した写真や場所を公開する人が多く、
情報の共有化が進んでるんですね。


ただ、それに伴う問題というのも出てきてまして、
シャッターチャンスを確実にモノにしようとして、
【餌付け】をする人がいるんですね。
撮影のために餌付けをすると、栄養が偏ったり、
繁殖に影響が出てくる可能性があるそうですね。
普通なら、もっと早くに移動しているところを、
美味しい餌で足止めされちゃうわけですよ。
これは、お父さんの会社から自宅への帰り道に、
美人のママがお店を開いちゃう行為に等しいわけですね。


ですから、野鳥の撮影は結構なんですが、
【餌付けやストロボを使った撮影は避ける】とか、
【むやみに巣に近づかない】といったマナーを
守る事が大切ですね。
さもないと、国の方でも野鳥を守るための新しい法律、
【鳥類憐みの令】なんてのを作るかもしれませんよ。


様々な鳥たちが、
人間界に社会進出してきたら面白いですよね。
きらびやかな羽根でお馴染みの【クジャク】なんかは、
ファッション雑誌などで取り上げられて、
たちまち若者のファッションリーダー的存在になりましてね。


その人気に目をつけたテレビ業界が、
クジャクをメインの番組を提案してくるわけですね。
まさに【冠番組】というやつですよ。
「クジャクさん、この番組の話、
受けてもらえませんか?」
「う~ん・・・どうしようかな~・・・
迷うな~・・・どうしようかな~・・・」
なかなか決められなかったりしましてね。
クジャクはクジャクでも、
【意志ハクジャク】というやつでしてね。


他にも【ハゲタカ】なんかは、
【リーブ21】の発毛サンプルのモニターを引き受けて、
CMに出ずっぱりになったり、
【文鳥】は不動産関係に進出して、
マンションを売ってたりするわけですね。
いわゆる【分譲(文鳥)マンション】というやつでして、
お客さんも薦められると必ず買っちゃうんですね。
文鳥が売ってるだけに、
すぐに手に乗っちゃうんでしょうね。


【ダチョウ】はお店の経営に乗り出しまして、
【ダチョウクラブ】なんて店をオープンするんですね。
ショータイムには【ヒバリ】の歌謡ショーや、
【ヒクイドリ】のリンボーダンスなんてのがありましてね。


最後には従業員が、
ダチョウのゆで卵で作った熱いおでんを
顔に押し付けられるなんという
【お約束の伝統芸】も見られるという、
なかなか楽しいお店になりそうですよね。


微笑亭さん太

安城よろしゅうに

日曜日はかけもちでして
豊田市での高座を終えた後
すぐに安城へ移動して
『昭林寄席』に出演してきました。


お好味家喜楽さんが仕切ってらっしゃる寄席で
年に2回行われている定期公演です。


『雑俳』藤家宿六

『振り込め』夢ノ家くっか

『竹の水仙』若鯱亭笑天

『楽しい動物園』(さん太作)微笑亭さん太

『へっつい幽霊』お好味家喜楽


お客さんの期待度が高い寄席なので
毎回沢山の方がおみえになるんですが、
今回も123名もの方に入っていただけました。


次回は
来年2月に予定されているようなので
今回以上にお客さんに入っていただけるといいですね。


微笑亭さん太

弁当高座

昨日は豊田市の
宮口一色区民会館に行ってきました。
敬老会の催しにて一席やってきました。


ここ数年、
豊田市内の敬老会で
呼んでいただける事も増えてきましたが、
この会場も車で十数分の近場です。


敬老会の催しですから、
様々なアトラクションがあり、
私は【幼稚園児たちの歌】と
【チンドン屋の演奏】の間に挟まれての高座でした。


出番が12時過ぎからという事で
思いっきり、お弁当タイムに当たりました。


高座に対して垂直にテーブルが並べられていたので、
皆さんは横向きで落語を見る事になります。
食事に夢中で聞いてもらえないだろうな~と思って
高座に上がりました。


確かに皆さん、お弁当に夢中だったんですが、
耳だけ聞いてらっしゃる方が結構いて、
小ネタのオチを言うたびに、
一瞬お弁当から顔を上げて
『フッ・・・』と笑う方が。


そんな情況でありながら
思ったより聞いていただけたので
私としては、嬉しい誤算でした。


微笑亭さん太

合わないはずの視線

昨日は大曽根にて
『ぱんとまいむ寄席』に出演してきました。
先月に続いて、連続の出演となります。


この寄席は、いつも演者3人で4席なので、
誰かが2席やらなければなりません。
昨日は私か河太朗さんが2席当番だったんですが、
病み上がりの河太朗さんが2席は辛いという事で、
私が当番となりました。


『町内の若い衆』微笑亭さん太

『胆つぶし』川の家河太朗

『九日目』竜宮亭無眠

『検問は大騒ぎ』(さん太作)微笑亭さん太


あいにくの雨にもかかわらず、
42名の超大入りとなりました。
補助イスも全て出しつくし
物理的に限界なくらい入っていたので、
高座で上手の下方向を見たら、
ほぼ真横に座る形になっていた
きよきよさんと目が合って焦りました(笑)


私は古典と創作を一つずつやりましたが、
沢山笑っていただき、助かりました。
遠くから来てくださった
ふりかけさん、華さん母子、アカネさん、Kさん、
ありがとうございました。


微笑亭さん太

タイム・イズ・マネー

いつの時代も、
発想の豊かな人というのは
【アイデア商売】を生み出すものですよね。


AKBの握手会での襲撃事件を受け、
持ち物検査などが厳しくなっていて、
ほとんど手ぶらじゃないと、
アイドルに近づけない状態となっています。


当然ファンは、荷物の置き場所に困るわけですが、
【乃木坂46】の握手会では、
お客さんの手荷物を預かるサービスを始めたそうで、
これが一日千円という、
結構な値段なんですね。


こういうところで商売にしてしまうというあたりが、
転んでもただ起きない秋元康という方は、
本当の意味での天才なんでしょうね。


【私の三十分、売りはじめます】をキャッチコピーに、
出品者が自分の【空き時間】を商品にして、
お客さんにそれを買っていただくという
【タイムチケット】と言われるサービスがありましてね。


要は【自分の時間】に値段をつけて、
それを買ってもらうわけですね。
そこで出た収益の一部を
指定の機関に寄付する事になっていて、
時間の値段も寄付する金額の割合も、
ホスト側が自由に決められるようになっているそうです。


一歩間違えると、
新手の出逢い系に思われてしまいますが、
決していかがわしいものではなく、
実に様々な【商品】が出品されてるんですね。


【雑談に付き合います・千円】とか
【一緒にランチに行きます・千円】、
【愚痴聞きます・五百円】なんというところが
一般的で多いんですが、
中には変わったユニークなものもありましてね。


【ムダ毛を処理します・二千五百円】とか
【ただ隣にいます・二千円】、
あるいは【全力で焼きそばパン買いに行きます・千円】
なんていうのが結構売れてるそうですね。
なぜ【全力】である必要があるのかは、
今いち不明なんですけどね。


ちなみに【全力で散歩に付き合います】
なんてのもあるんですが、
依頼者がウサイン・ボルト選手だったら、
ミッション達成は無理っぽいですよね。


【相槌をうちます・千円】なんというのは、
相方を探している漫才師の方に売れそうですし、
【下ネタを三個くらい話します・五百円】というのは、
飲み会に行く前の男子あたりに人気が出そうですよね。


中には、ちょっと考えてしまうものもありましてね。
【雨乞いします・二千五百円】なんてのは、
どう頑張っても、まず雨が降るとは思えませんからね。
「この野郎、金だけ取って、
ちっとも雨降らねえじゃねえか!」ってんで、
ボコボコにされたりしましてね・・・
【血の雨】が降る事は確実でしょうね。


若い女の子が
【夜、高い場所でお話しましょう・三千円】
なんてのを出品してますが、
突き落とす気まんまんだったら怖いですよね。
【代わりに筋トレします】なんという、
完全にネタだというのもありますが、
【一緒に樹海に付き合います】なんてのがあったら、
笑うに笑えないですよね。


微笑亭さん太

代用の季節

昨日は豊川の
小坂井生涯学習会館に行ってきました。
一昨日に続き、悪質商法の出前講座です。


会場入りすると、
ロビーに、創作折り紙の展示がしてありました。
今、大人気の【妖怪ウォッチ】の
【ジバニャン】の折り紙です。

201409041749232a4.jpg

私はこういう才能が全くないので、
創作折り紙を考える人というのは尊敬しますが、
この折り方の手順を見ていくと、
確かにジバニャンの顔みたくはなっていくんですが、
最後の【サインペン補正】の存在感が
ハンパない気がすると思うのは、私だけでしょうか(笑)


お客さんは高齢者の方ばかり
35名くらいで、
一昨日の会に劣らないくらい
よく笑ってくださいました。


この悪質商法の会は、
私の他に、先日の【おおがき寄席】でご一緒した
経大亭勝笑さんが、漫談の会を担当して、
やってらっしゃいます。
出前講座の申し込みをした団体は、その時に
落語がいいか漫談がいいか聞かれ
チョイスする事になっています。


私の控え室は、会場に隣接した倉庫だったんですが、
いい感じでウケたので、機嫌よく着替えをしていたら
老人会の会長さんが、お客さんたちに向かって
「今日は皆さん、お疲れ様でした。
本当は今日は漫談の方をお願いしたかったんですが
人気のある方で都合がつかなかったようです。
次回は是非、漫談の方を呼びたいと思います」


・・・全部聞こえてるんですけど(笑)
どうやら私を選んだのは
【仕方なく】のようでした。
まあ、これに懲りず、
漫談の次は、また落語を呼んでください。


微笑亭さん太

闇社会からの呼びかけ

昨日は豊川の
諏訪三部公民館に行ってきました。
悪質商法の出前講座です。


この会は、
呼んでいただくのが主に老人会という事もあり
ほぼ朝イチで行われるんですが、
昨日は珍しく午後1時半からでした。


現場には早めに着いていたんですが、
1時になっても、お客さんはおろか、
世話人の方も誰もこないし、
公民館の入り口も施錠されたままでした。


『会場、間違えてないよな・・・』
ちょっと不安になったところに
ようやく世話人の方がおみえになりました。


お暑い中、25名ほどの方が来てくださいましたが、
皆さん、笑い声も大きく、
大変やりやすかったです。


帰り道、豊川市内の道路を走ってると
沿道にプラカードを持った人たちが並び
ドライバーに交通安全を呼び掛けてました。


プラカードには【横断中は止まる】とか
【子供やお年寄りに注意】みたいな文句が書かれ
それを持って並んでいたわけですが、
どこから連れてきたんだろうという感じの
割と個性的なルックスの方が何人か混じってました。


銀縁メガネにアゴヒゲを生やし、ペンダントをした
パッと見、
【闇金ウシジマくん】にしか見えないお兄さんが
いらっしゃいましたが、
彼の持っていたプラカードの文句が
【命はお金じゃ買えない】でした。


そしてその隣には、ウシジマくんのところで
働いてるんじゃないかという感じの
チャラ男系の若者がいました。


彼が右手で持っていたプラカードの文句が
【運転中の携帯使用は止めましょう】だったんですが、
その彼、左手で【ながらスマホ】をしていたのが、
ちょっと笑えました。


もちろん、
暑い中で交通安全を呼び掛けてる方々ですから、
皆さん良い人である事は間違いないですよね。


微笑亭さん太

慈愛の虎

人のために何かしてあげる行為というのは、
賞賛されて当然なんですが、
それが子供たちに向けての行為の場合は、
好感度がより一層高いですよね。


2010年のクリスマスに
【伊達直人】を名乗る人物から、
群馬県中央児童相談所に十個のランドセルが送られた一件を
覚えてらっしゃる方も多いと思いますが、
それをきっかけに、この手の寄付行為を指して、
【タイガーマスク運動】なんて言葉も生まれたりしました。
そんなタイガーマスクを地でいくような方が、
世間にはいらっしゃいましてね。


総合格闘技やプロレスで得たファイトマネーなどを、
発展途上国の子供が打つ
ポリオワクチンの購入代金として
寄付する活動をしてらっしゃる、
歯医者さんがいらっしゃいましてね。


この甲斐さんという46歳の方、
普段は優しい笑顔で患者さんの歯を治す、
町の歯医者さんなんですが、
ひとたびリングに上がれば、
なりふり構わず突進していって、
相手の歯を二、三本折ろうかという
格闘家に変身しちゃうんですね。


プロ野球選手で、
一球ごとにワクチンを寄付するなんて事を
やってらっしゃる方がいますが、それに感化されて、
自らが出場するチャリティー格闘試合を計画したのが、
【歯科医兼格闘家】になるきっかけだそうですね。


格闘技の経験はほとんどなく、
知人の元レスラーの方から様々な事を教わり、
今まで5年間で40万円以上を
寄付してきたそうですね。
大好きな格闘技で人助けが出来る事に、
無上の喜びを感じてらっしゃるようですね。


この方を見習って、他のお医者さんも
寄付に貢献すべきですよね。
あまり腕に自信のないお医者さんの場合は、
医療ミスするたびに、
一万円ずつ寄付していくわけですね。
ヤブであればあるほど、
どんどんたまっていくわけです。
「あの先生は凄いね~。
医療ミスだけで、アフリカに
病院を建てちゃったらしいよ」
なんてんで、物凄い貢献の仕方が可能じゃないですかね。


お医者さんだけではなく、 他の職業の方にも広がっていくといいですよね。
舞台役者さんなんかは、感動的なお芝居で、
お客さんが流した涙の分だけ
ワクチンを寄付するわけでしてね。
従って求められるのは
【ワクチン(迫真)の演技】というやつですよ。


噺家さんでも貢献できますよ。
「寄席のお客さんが一回笑うごとに、
ワクチンの代金として五百円ずつ寄付していくよ」
なんて宣言して高座に上がったはいいんですが、
そういう時に限って、お客さんが
やたら大爆笑しちゃったりしましてね。


「・・・ごめん、ひと笑い五百円じゃなくて、
百円にします」
なんてんで金額が変更になりましてね。
オチはつかなくても、
金額が【サゲ】になったという事ですね。


微笑亭さん太

そんな大会、たまランナー

【24時間テレビ】のマラソンは
毎年、日本に感動を与えているようですね。
今年も城島さんの走りに
涙した人もいらっしゃるんじゃないでそょうか。


夏の観光シーズンも終わりますが、
特にこれといって売りがない地域は、
あの手この手で、自分たちの住む町を
アピールする事に余念がなかったりします。
いわゆる【町おこし】と呼ばれるような類のものですね。


長野県の飯島町というところの住民有志が、
米俵を使った地域活性化に取り組んでいるそうですね。
先日、米俵を担いで五キロを走る
【米俵マラソン】というのを開催しましてね。


何が悲しくてそんな重い物を
担いで走らなくちゃいけないのかと思うんですが、
飯島町は耕地面積の約八割が水田でして、
その地域の特性を踏まえて、
米どころをPRする目的で開かれたんですね。
かなり強引な企画ですが、
参加者は百人を超え大盛況だったそうですね。


沿道には当然、沢山の応援の人たちが駆けつけて、
米俵ランナーたちの勇姿に声援を送っていたわけですね。
当日、ランナーの男性たちは、
沿道で手を振る女の子たちがやたら可愛く見えて、
好きになっちゃったそうですね。
何でだろうな~と思って見たら、担いでたお米が
【ひとめぼれ】だったそうですね。


ただ、同じ米俵を担いで頑張っていても、
モテるのはイケメンなわけでして、
そうでない方は見向きもされないわけですね。
これがいわゆる【一俵の格差】というやつですね。


このマラソンにとって
欠かせないアイテムである米俵ですが、
手作りが必須でして、
作れる人というのが少なくなってきているようですね。


当然、わら一本から作るわけですから、
技術が要りますよね。
お年寄りが若い人に技術を伝えようとやらせても、
当人にやる気がなかったら身に付きません。
『・・・ったく、何でこんな事、
俺がやんなくちゃいけないんだよ』なんてんで
不満を持ちながら作っていて、
出来上がった物を見たら、米俵じゃなくて、
【わら人形】になってたりしましてね。


米俵マラソンというのは、かなり異色の試みですが、
今後も変わった企画のマラソンが出てくるんじゃないですかね。


米俵の代わりに
【おでん】を持って走るマラソンとかね。
さらに、そのおでんを複数のランナーで、つないでリレーしていく
【箱根おでん】なんて大会が企画されるわけですね。


箸で挟んで運ぶわけですが、
中にはズルをするランナーもいましてね。
「そこの選手、まぎらわしいから、
股間に【ごぼう巻き】一本と、
【もち巾着】を二つ入れて運ぶのは止めてください!」
なんてんで、当局から注意されたりしましてね。


「あの選手は、足取りが良くないですが、
足に練り物がついてますね」
「ええ、膝に【ばくだん】を抱えてますから」
途中の給水所には【だし汁】が置かれてまして、
ビリの選手がそれを取ろうとして、
持っていた【玉子】を落っことしてしまいましてね。
焦ってそれを追っかけているうちに、
トップになっちゃったりなどという
番狂わせもある大会なんですね。


他にも、第一走者が全裸で出発して、
第二走者がふんどし姿、
第三走者が長襦袢と、段々着物を着ていきましてね。
最終的にはアンカーが裃を着て、
ゴールとなるお白州で
『これにて、一件落着!』と宣言する
【大岡駅伝】なんてのも企画されるかもしれませんね。


微笑亭さん太

古典への第一歩?

昨日は、岐阜県大垣市にある
墨俣さくら会館に行ってきました。
『おおがき寄席 納涼女流演芸大会』に出演するためです。


お世話になっている
経大亭勝笑さんに声をかけていただいたんですが、
タイトルの通り、私と勝笑さんを除く全員が
女性という華やかな会です。


『お伽村』(さん太作)鵜飼家もなか

『オカリナ演奏』大矢みちよ

『南京玉すだれ』徳まる子

『勘定板』衣斐亭福来衣

『三味線放談』不二美

『熟女たちの宴』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『マジック』白木久美

『漫談』経大亭勝笑

『こうもり』(さん太作)鵜飼家志ゞみ


私自身、大垣で落語をするのは初めてだったんですが、
270名くらいお客さんがおみえになり
かなり盛況でした。


今回は、自分の出演もさることながら、
岐阜大学落研の女の子二人が
私の作品をやってくれるというので
それが非常に楽しみでした。


『お伽村』も『こうもり』も
二人とも自分なりに工夫して頑張ってました。
最近、この年代を見ると
完全に親目線で見てしまいますね。


創作落語は
色んな人の手に渡らないと残っていきません。
私の作品からも、百年後、二百年後に
【古典落語】と言われるような作品が出てくれると
嬉しいんですけどね。


微笑亭さん太

微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード