御津校門

昨日は、豊川市の御津(みと)高校に行ってきました。
お馴染み、悪質商法の出前講座です。


御津高校だからといって
生徒さんに聞かせるわけではなく、
親御さんたちに聞いていただくという催しでした。


現場に着いて校長室に通されたんですが、
校長先生とお話しているところへ、
満面の笑みで教頭先生が入ってこられました。


「初めまして、微笑亭さん太です」
「いえ、初めましてじゃなくて、
私は何度も、さん太さんの落語を聞かせていただいてるんですよ」
「えっ、そうなんですか!?」
「ええ、○○でも、△△でも聞いてますし、
公会堂の小市民寄席にも行ってます」
「あ、ありがとうございます」
……これは社交辞令ではなく、ガチで聞いてる方に会ってしまいました。
「それに、さん太さんのCDも持ってるんですよ」
ハードルを上げまくる教頭先生。


「今日は、PTAのお母さん方の前で、頑張ってお喋りさせていただきます」
「ええ、私も今日は、非常に楽しみにしております」
…聞くんかい!(笑)


会場となった図書室には、
30名くらいのお母さん方がおみえになりましたが、
お子さんからすると、年齢的には【アラフォー世代】が中心かと思われます。
いつもこの悪質商法の会は、
平均年齢75歳くらいの団体の前で演る事が多いので、
物凄く若い方々の前で演らせていただいた事になります。


この日は、普段演っている高齢者向けのネタではなく
携帯やパソコンといった、
ネット関連の悪質商法や詐欺を扱ったネタを演りました。
本当に久々だったので、ちゃんとできるかどうか心配でしたが、
お母さん方がよく笑ってくださいましたので、
何とか無事に終える事ができました。
…教頭先生も笑っていたので、とりあえず良かったです。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

空飛ぶお買い物

子供が聞いてくる質問に対して、
大人が答えに窮するなんて事がありますよね。
それが無邪気に聞いてこられるほど、余計答えにくいって事があります。


「お父さん、ボク、どうやって生まれてきたの?」
「そ、それは…コウノトリが運んできてくれたんだよ」
「へえ~。それじゃお父さんは?」
「お父さんも、コウノトリが運んできたんだよ」
「お爺ちゃんも、ひいお爺ちゃんもそうなの?」
「うん、みんなコウノトリが運んできたんだよ」
その翌日、子供が学校で作文を書きましてね。
『父の証言によれば、我が家では三代に渡って、性行為が行われてないらしい』
…子供は、親の思ってる以上に大人だったりしますけどね。



近い将来、コウノトリのように空を飛んで、
買った商品を運んできてくれる時代がやってきそうですね。
米インターネット通販大手の【アマゾン・コム】が、
小型無人機を商品配送に使用する計画を
進めている事が明らかになりましてね。


この無人機はヘリコプター型で、
小包を下部に抱え込んで運ぶようですね。
コンピューターで管理して、GPSで位置情報を把握し、
配送センターから顧客の元に30分以内に届ける予定だそうです。
ネット通販の最大のポイントというのは【配達のスピード】だそうですから、
空を飛ぶ事によって他社に差をつける事が出来れば、
『空見た事か!』とドヤ顔出来そうですね。


導入する無人機は、重量2キロまでの小包を運べるそうで、
アマゾンで扱う86%が、この重量内に収まるそうですね。
ですから、たまたま玄関先で隣の奥さんと世間話してる時に、
頼んだアダルトDVDが運ばれてきたりして、
【近未来ならではの気まずさ】を体験できるようになるでしょうね。


30分以内の配達という事であれば、
宅配ピザ屋さんが無人ヘリを導入する事も当然考えられます。


空を飛んでピザを届ける間に、
寄ってたかってカラスに食べられちゃったりして、
お客さんからクレームの電話がかかってきましてね。
「おい、届いたピザが所々食われて減ってるぞ!」
「それは仕方ありません。届けたのが、ヘリ(減り)ですから」
この無人ヘリの実用化には数年かかる見通しですが、
もしも実用化され、無人ヘリが頻繁に空を飛ぶようになれば、
若者たちがそのヘリをエアガンか何かで撃ち落として遊ぶという、
【無人ヘリ狩り】なんてのが出てくる可能性がありますよね。


「この商品もまた、若者たちに撃ち落されちゃうかもしれませんよ」
「大丈夫、大丈夫。それ、中身がプラスチック爆弾だから」
これなら若者の方を狩る事が出来ますよね。


微笑亭さん太

乾杯の後、完売

昨日は豊田市駅前にある、
名鉄トヨタホテルに行ってきました。
信用金庫主催の新年会にて一席演ってきました。


私は演者ですから、ラフな格好で行ってもよかったんですが、
場所が場所だけに、一応それっぽい格好はしていきました。


現場はパーティー会場でして、
お客さんも、フォーマルないでたちの紳士淑女、
地元の名士の方々が続々とおみえになりました。
ジーパンにトレーナーで行っていたら、
完全に浮いていたところでした。


最初、お食事会の席での高座かと思ったんですが、
主催者の方が気を遣ってくださって、
乾杯の前に落語をセッティングしてくださいました。
それ自体は非常にありがたい事なんですが、
お客さんを待たせているのは気が引けました。
しかし、さすがは銀行、
【おあずけ】は得意なんですね。


落語を聞きなれない方が多かったせいか、
ウケは大爆笑とはいかなかったんですが、
真剣に聞いていただき、それなりに笑ってくださいました。


終わった後は懇親会の食事となったんですが、
銀行の偉い方が私のところに来られて、
「いや~、良かったよ。CDとかないの?」
「CDですか?一応、生意気にも出しております」
「あ、そう。何種類あるの?」
「6種類です」
「じゃあ、全種類ちょうだい」
「えっ、いいんですか?ありがとうございます」
「……あと何枚持ってるの?」
「え~っと…あと12枚ですね。全部で18枚でしたから」
「あ、そう。じゃあ、18枚全部買うよ」
「えっ!?マジですか!?」
「うん、他の人にも回すから」
そう言って、その方が18枚も、
さん太CDを買ってくださいました。


…この話のポイントは、
その方が全部買われた事ではなく、
私がCDを18枚も持ち歩いているという驚きの事実ですね(笑)


明日から、
この信用金庫で、新規の定期預金など始められた方には、
粗品としてCDが付くとの噂が……


やはり落語も銀行も、
高座(口座)が大切という事なんでしょうね。


微笑亭さん太

007はアル中の番号

時間の感覚というのは人により個人差があったりするものですが、
時計大手のシチズンホールディングスが実施した、
現代人の時間感覚に関する調査によると、
【ちょっと打ち合わせ】というのは【30分】が41・3%と最多で、
平均は24分38秒だそうですね。
【折り返し電話します】と言われた場合は
【10分後】を想定する人が最も多く、平均は15分14秒だったそうですね。


そして上司から【ちょっと一杯】と言われて、
どれぐらいの時間を思い浮かべるか尋ねたところ
【2時間】と答えた人が38・5%と最も多く、平均で1時間38分を指し、
前回の2006年の調査より20分長くなってるそうですね。


同社の見方は
『飲む機会が減る中で、たまの一杯に時間をかけているのではないか』
と分析しているんですが、上司から誘われた場合ですから、
仕方なく行く場合が多いですよ。
【ちょっと一杯】が2時間弱というより、上司と飲むのは2時間弱が
【いっぱいいっぱい】という事になるんじゃないでしょうかね。


お酒はほどほどに飲むのが一番いいわけですが、
中には、のべつ幕なし飲んでる方もいますよね。
イギリスのスパイ小説、【007シリーズ】の主人公、
ジェームズ・ボンドは、お酒の飲み過ぎで、
任務遂行は不可能だという論文を、
英ノッティンガム大の医師らの研究チームが、
英医学誌に発表したそうですね。


研究チームは、原作者の故イアン・フレミング氏が書いた
シリーズ14作のうち、飲酒に関する詳しい記述がない2作を除く
12作について、ボンドの飲酒量を記録して調べたそうですから、
相当暇な研究チームなんでしょうね。


その結果、ケガや監禁などで飲酒が不可能な期間を除けば、
一週間の平均飲酒量は、適正量の4倍以上に達する事が判ったそうです。
この飲酒量からすると、作中で描かれるボンドの活躍は不可能だという事で、
手が震えたりする恐れがあるそうでからマズいですよね。


手の震えが止まらないボンドが、敵に向かって投げたナイフが、
女王陛下の額にグッサリなんて事態もありえるわけですよ。
事によったら、酒をどんどん飲ませて
ボンドを肝硬変にして抹殺しようという、敵対する組織による、
壮大な暗殺計画かもしれませんね。


「お前が生まれた理由は、酒の勢いだ」
なんて父親に言われてショックを受けたって方がいますが、
ボンドの場合は、『これだけ多量の酒を飲んだら、性的機能は働かない』
と指摘されてましてね。
ですから、彼は作中で美女と一夜をともにする事で有名ですが、
あれは単なる見栄かもしれませんね。


有名作品の主人公も、たまには健康診断を受けた方がいいですよね。
「ルパンさん、あなたちょっと、体質改善をされた方がいいですね」
「どうしてですか?」
酸性(三世)体質になってますから」
ファンを楽しませるためにも、長生きしてほしいですよね。


微笑亭さん太

そのカメラは反則

車を運転される方は、
飲みに行った帰りに飲酒運転で捕まるとか、
ちょっと急いでいる時にスピード違反で捕まるとか、
に関するトラブルには気をつけなければいけませんよね。


しかしそういった反則金というのは、
信号やガードレールを付けたり修理したりする時の
予算に使われたりするそうですから、違反者の皆さんが、
交通安全に貢献しているという言い方も出来るわけですよね。


街のあちこちに監視カメラがつけられ、
【監視社会】などと言われつつありますが、
米国のワシントンDCの主要道路には、
至る所に速度カメラや信号無視カメラといった、
交通違反を取り締まる警察のカメラが設置されているそうですね。


特にワシントン東部郊外からホワイトハウスのある中心部へ向かう
【ニューヨーク・アベニュー】という道路が、
ワシントンで最も罰金を稼ぐ道路として有名でしてね。
市民からは皮肉を込めて【ゴールド通り】などと呼ばれてるそうですね。


この区間、たった5キロの間に9台のカメラが設置されているそうでして、
2011年1月から昨年の4月までの間に、
24万3280枚の違反切符を発行し、
罰金として約27億円をゲットしているそうですから、
ゴールド通りと呼ばれるに相応しい荒稼ぎぶりですよね。


この通りだけでなく、
ワシントン全体でも81台のカメラを運用していて、
昨年度、予算の歳入全体の1・47%にあたる、
過去最高の87億円を生み出したそうですね。
今後、【一時停止違反カメラ】や【歩行者優先違反カメラ】なども
増設するそうですから、当局は笑いが止まらない状態になりそうですよね。


こういった流れが進んでいくと、
これからも多種多様なカメラが導入されてくる事は間違いないですよね。
「…どうして俺が罰金払わなきゃいけないんですか?」
「君、運転中車内で、制限速度を守って走っていた前の車に
『チンタラ走ってんじゃねえ、このノロマ野郎!』と言っただろ?
それを【暴言カメラ】がとらえてたんだよ」
なんてんで、うっかり独り言も言えなくなったりしましてね。


あと罰金を徴収するために、
色々と姑息に交通ルールを変えてきたりしましてね。
身に覚えがないのに警察官に止められて、
「…君、スピード出しすぎだよ。スピード違反だね」
「何言ってるんですか、お巡りさん。ここは50キロ制限でしょう?
ちゃんと50キロで走ってましたよ」
「君こそ何を言ってる。制限速度は日替わりで変化するんだよ。
今日は20キロ制限だから、30キロオーバーになるね」
「え~っ!?それはひどい!」
「あと、信号無視も加わるからね」
「信号無視?いやいや、ちゃんと青で進みましたよ」
「いや、今日は赤が進めで、青が止まれなんだよ」
これはほとんど、悪質商法に近いものがありますよね。


微笑亭さん太

追加、入りました~!

昨日は岡崎に行ってきました。
毎年この時期に呼んでいただいている
【ホスピス研究会OKAZAKI】主催の例会にて
1時間半ほど喋ってきました。


いつもは岡崎公園近くにある
主催者の方の自宅が会場となるんですが、
この日は気分を変えて、公園内にある城南亭という
和風情緒あふれる建物にて行われました。


この会のお客さんは日夜、
明るく前向きに、病と闘ってる方ばかりで
毎年ここへ来させていただくと、
私の方が、皆さん方からパワーをいただける気がします。


毎回、持ち時間は1時間くらいで、いつも2席演った後、
アンコール的にもう1席演るというのが、お馴染みのパターンです。
ところが昨日は、最初から1時間半近く時間が取られていたので、
3席演って、そんなもんだろうな~と思っていました。


『愛しの野球部』(さん太作)、『転失気』、『三者面談』(さん太作)と
3席演って高座を下りると、主催者の方が、
「どうでしょうか、皆さん。さん太さんがよろしければ、
もう1席、演っていただきたいと思うんですけど」

……えっ?
それは、マジで想定外(汗)

よく笑ってくださっていたお客さん方が、
皆さん満面の笑みで手を叩いているので、
ここで拒否できる空気ではありません(笑)
再び座布団に座り『改訂版・寿限無』(さん太作)を、もう1席。


想定外を含む4席は結構疲れましたが、
とても演りやすい会で、
是非来年も呼んでいただきたいと思います。


微笑亭さん太

厄介な物が出ータ

独り暮らしの人というのは、
外食やコンビニ弁当が中心の食生活になりがちですから、
『僕、自炊してるんですよ』なんと言えば
『偉いわね~』と褒められるでしょうが、最近は、
あまり褒められない【自炊】というのもあるようですね。


本を手に取る事なく、データで内容を読む
【電子書籍】が幅を利かせつつある昨今ですが、
小説やコミックを自分で電子データ化する行為の事を
【自炊】と言うんですね。
データを自分で吸い出す行為という事で、
【自吸い】という意味のようですね。


その手順は、本の背表紙を裁断し、ページをバラバラにした上で、
表裏同時に読み取れる高速スキャナーで読み取って電子化するんですね。
自炊行為が急速に拡大したのは、
iPadなど電子書籍が読める携帯端末が登場し、
【電子書籍元年】と言われた2010年以降で、
自宅の蔵書が増えて置き場所に困る人や、
本を電子端末で読みたい人たちにブームになったんですね。 


自炊をした人が、その人自身で楽しむ分には一向に構わないんですが、
電子データが横流しされれば、
本を無断でコピーしているのと同じ事ですから、
出版業界を大きく脅かす行為になりつつあるんですね。


そこへもってきて、利用者から本を送ってもらい、
一冊100円程度で電子データ化する
【自炊代行業者】というのも乱立していて、
その悪影響は日に日に増大してるんですね。


さらに昨年には、本を裁断しないでデータを取り込める
【非破壊型スキャナー】というのも発売され、
本を分解する事に抵抗を感じていた人たちも、
安心して電子データ化に踏み切れるようになったんですね。


こういった事から、書籍全体の売り上げというのは、
自炊ブーム前の2009年の8492億円から、
一昨年は8013億円にまで落ち込んでしまったわけですから、
これは由々しき事態ですよ。


もちろん出版業界も、
このまま手をこまねいて見ているわけはありませんから、
今後魅力ある斬新な本を発売していくでしょうね。


映画でも【3D】というのがあるくらいですから、
本から物が飛び出してくる【3D本】なんというのが出てきましてね。
いわば、新しい形の【飛び出す絵本】みたいなものですよ。


殺人鬼に襲われる場面なんかは、
本から血だらけのナイフがシュッと出てきますから油断できませんよ。
ヤクザの抗争シーンでは、本から銃弾が何発も放たれますから、
読みながら全てよけきるのは、なかなか大変ですよね。
毒ガスが撒かれる場面では、すぐに本を閉じないと命取りになるという、
非常に緊張感溢れる状態で読む事になりますから飽きませんよね。


あるいは絶対にコピーされないように、本一冊分の内容が頭に入った
【書籍人間】という形で発売されたりしましてね。
購入するとその人が、本の内容を全て語って聞かせてくれるわけですね。
途中で一旦止めたい場合には、口にしおりをくわえさせたりするんですね。


海外の重厚な文学作品は上下巻に分かれていますから、
【カラマーゾフの兄弟・上】と【カラマーゾフの兄弟・下】という風に、
2人購入してきて、リレーで話してもらうわけですね。
ところが、どうもストーリーが繋がらないな~と思って再び本屋に行くと、
【カラマーゾフの兄弟・中】というのがありましてね。
作中の兄弟だけでなく、書籍人間の方も
三兄弟だったんだな~という事が判ったりするわけですね。


微笑亭さん太

ボケの損失補填

昨日は豊橋のロワジールホテルに行ってきました。
信用金庫が企画された、新春落語会に出演するためです。


先週、蒲郡で行った会に続き、
2週連続で行われる年金受給者を対象とした落語会なんですが、
毎年、希望者が増えていて、昨年は180名くらいの
お客さんがお越しになりました。


今年は希望者が250名を突破したという事で、
いつもの会場では入りきらず、
ホテルのパーティー会場をお貸りしての、
贅沢な会となりました。


この会を仕切っているのが、
天狗連の天災芸人・夢見亭初音さんです。


開演前、私が楽屋でスタンバっていると入ってこられて、
「お客さん、沢山集まってきたよ~。
今度、この会で音楽を取り入れようという話出てるんだけど、
女性でバンドやってる人、いないかな」
「あ、じゃあ、小市民寄席にも何回か出てくださった
Kさんにお願いしてみたらどうでしょうか?」
「ああ、Kさんね。…でも、生きてるかしら?」
「…えっ、いきなり生死の心配ですか?
まだまだかなりお若い方だから、当然生きてらっしゃるでしょう」
「いや、判んないわよ。だって私、彼女に会ってないし」
「どんな基準ですか?別に一般の方々全て、
初音さんの検閲を受けながら生きてるわけじゃないですから」


昨日の初音さんは、この程度で、
彼女にしては【ボケの不完全燃焼】だったんですけど、
我が天狗連を侮るなかれ、そんな時は【エースの不調】を補うべく
【チームプレー】が出来る団体なのです。


先週と同じく、髪家三代さんとの共演となったわけですが、
私の『改訂版・寿限無』も、三代さんの『二番煎じ』も
お客さんは、大変よく笑ってくださいました。
落語の後は、福袋の抽選会なんですが、
昨日は史上最多の47本もの当たりがありました。


250名を前に、私と三代さんが司会進行を務めたんですが、
開口一番、三代さんが、
「いや~、今日はやりにくいな~。
というのもね、最前列に私の同級生の女性が座ってるんですよ~」
一同『ほおぉ~』という声が上がります。
「同級生だからってね、贔屓したりしませんから、
ちゃんと厳正に抽選しますから、ご心配なく!」
ひと笑い取りながら、抽選を進めていく三代さん。


ところが途中で、三代さんが引いた番号が見事、
その同級生の女性に当たってしまったのです。
「…当たっちゃった!?
いやいや、皆さん、決して私は、不正はしてませんからね~。
おめでとう、良かったね~」
一同が和む中、若干緊張した面持ちで福袋を受け取るその女性。
抽選会も、盛り上がりのうちに無事終了しました。


全て終わった後、
「三代さん、同級生の方に福袋が当たってよかったですね~」
「えっ?…あ~あれね……実はね、あの人、同級生じゃなかったみたい」

え~っ!!??
あんなにハッキリ言い切ってたのに!?

「終わってから、『違いますよ』って言われちゃった」
先方は、最初から気づいていたみたいで、
それがあの【緊張した面持ち】につながっていたんでしょうね。
『学生時代の思い出話とかフラれたらどうしよう…』とか
不安に思ってたのかもしれませんね。


初音さんがボケない時には、同い年の三代さんがボケる、
天狗連の懐の深さを見せつけられたような一日でした。


微笑亭さん太

童心にかえる味

大人が子供に算数を教える場合、
実際目の前に物を置いて考えさせた方が、判りやすいですよね。


お母さんが子供の目の前に、おやつのクッキーを並べて、
「ここにお菓子が5個あります。
お母さんが2個食べちゃうと、どうなるでしょう?」
「…お母さんの事、嫌いになる」
それはまあ、そうでしょうね…おやつが減っちゃうわけですからね。


お菓子が嫌いな子供というのは少ないでしょうが、
今は実に色々なお菓子が巷に溢れています。
物によっては結構高額のお菓子があったりしますが、
中で、【かりんとう】だとか【金平糖】、【麩菓子】といったような
【駄菓子】と呼ばれる安価なお菓子を見ると、
子供よりも大人の方が反応してしまうんじゃないでしょうかね。


駄菓子というのは元々、
江戸時代に雑穀や水飴などを材料に使って作り上げ、
庶民の間食として食べられていたので、
安さから一文菓子と呼ばれていたんですね。
駄菓子という名称は、高級な上菓子の対照として付けられた名称で、
この頃の駄菓子は製造に用いる材料が制限され、
高価な白砂糖などを用いることは許されなかったそうですね。


現在、駄菓子として売られている物は、
明治時代からの流れを受け戦後に発達した物がほとんどで、
パッケージに子供に人気のスポーツ選手やアニメキャラクターを使用したり、
クジが付いていて、当りが出ればおまけが貰えるなど、
子供たちを飽きさせない工夫がなされています。
しかし最近は少子化などで、駄菓子業界も淘汰の時代を迎えていて、
中小駄菓子メーカーの廃業が相次いだりしているようですね。


駄菓子は単価が安くて、儲けも微々たるものですが、
最近の子供たちはお金持ってたりしますから、
もうちょっと【ゴージャスな駄菓子】を作ってもいいんじゃないですかね。


ヒモを引っ張って大きな飴を当てる駄菓子でも、
ヒモを引っ張ると、飴の代わりに、
ブルーレイとかタブレット端末が上がってきたりですとか、
メンコでも、よ~く見たらクレジットカードで出来てたりとか、
粉末ジュースも成分はプロテインだったりといった
【セレブ駄菓子】があってもいいですよね。


駄菓子だけではなく、子供の頃にやっていた遊びを
大人が体験できる施設なんてのも出てきましてね。
入り口のところに『お一人様でも遊べます』なんて看板がかかっていて、
いい大人が一人で遊びを楽しみに行くわけですね。


【鬼ごっこ】のコーナーでは、一緒に遊ぶメンバーが
【借金取りから逃げている人】とか【指名手配犯】だったりするので、
なかなか捕まえられないんですね。


【花いちもんめ】のコーナーでは、スーツ姿の営業マンたちが二手に分かれて、
「買~って嬉しい、花いちもんめ~」
「契約が欲し~い」
「商談しましょ」
「そうしましょ」
などと大人テイストで子供の遊びが味わえるという、
なかなかビターな遊び場なんですね。


微笑亭さん太

特上よりナミダ

「この間行った寄席が面白くてさ、笑い過ぎて涙が出ちゃったよ~」
なんてな事を仰る方がいらっしゃいますが、
人間笑い過ぎるとが出るものなんですね。


しかし一方で、
「この間行った寄席、涙が出るほどつまらなかったよ~」
つまらなくても涙が出るんですね。
つまり、つまらないにしても面白いにしても、
ある一線を越えると涙が出るようでして、
笑いと涙は非常に近いところにあるんでしょうね。


落語家が、最初からお客さんを泣かせる事のみの目的で
高座に上がる事は、まず無いでしょうが、
最近、泣かせる話のみを専門に語る
【泣語家(なくごか)】と呼ばれる方がいらっしゃるようですね。


【泣石家芭蕉(なかしやばしょう)】という芸名を持つ葬儀屋さんの
30歳の男性なんですが、老人ホームなどを回って、
戦争体験などの悲しい話や人情話で、お年寄りに涙を流してもらい、
ストレス解消に役立てているようですね。
この方、葬儀屋さんをやってらっしゃるので、
遺族が涙を流す事で心の整理をつける姿を何度も見て、
涙の効用を認識されたそうですね。


やはり【実話】の持つポテンシャルは凄いわけですから、
世のお父さん方も泣語家にはなれるんじゃないですかね。
「この間、家で寿司の出前を頼んだらね、女房と子供たちは【特上】で、
私だけ【かんぴょう巻き】だったんですよ…この扱い、どう思われますか?」
なんて体験談を語れば、客席の号泣は間違いなしですよ。


さらに、
「だからね、もう家族に嫌気が差して、ちょっと浮気をしたら、
女房が浮気現場に乗り込んできて、包丁振り回して大変な事になりました」
なんてな事を語れば、別の意味での
【刃傷話】になるんじゃないでしょうかね。


思い切り泣きはらした後、
妙に気分がすっきりしたという経験をお持ちの方も多いんじゃないかと思います。
今、大人たちが集まって、泣ける映画などを見て人前で堂々と涙を流す、
【涙活】なんというイベントがあるそうですね。


実際に涙が心を癒す効果というのは医学的にも認められていて、
世間体、体裁などに構わず泣く事は、
打ちひしがれた状況から脱するには、とても大切だそうですね。


ですからもっと涙を出して、色々な事に活用すべきですよね。
物事をくじ引きで決める時には、まず誰かが泣いて、
その涙の跡を辿ってくじにするという
【ナミダくじ】なんてはいいですよね。


あと、バーなんかに入って、
「バーテンさん、そのカクテルは何?」
「これは、失恋したばかりの女性の涙入りカクテルです」
「じゃあ、それを貰おうかな」
なんてんで飲み干した途端、
「すみません、お客さん!今のカクテル、【失恋した女性の涙】じゃなくて、
【切れ痔で苦しむ親父の涙】入りでした」
これはもう、即行で全部吐き出しそうですね。


微笑亭さん太

天狗連の会長は、二枚目です

昨日は天狗連の月例寄席に行ってきました。
出番ではありませんでしたが、お手伝いのために。
今年初めての月例寄席となります。


この日はお客さんの出足が早く、
開演の1時間近く前から続々とお越しになり、
最終的には40名近い大入りとなりました。


『弥次郎』                槍太家一撥

『転失気』                望々亭みるく

『蜘蛛駕籠』               橘亭郵便箱

『崇徳院』                鶴橋減滅渡


今年最初の寄席という事もあり、
打ち上げで、年賀状の話が出ました。


呈茶さんが、
「私、誰に年賀状を出したのかが判らなくなっちゃって、
出してない人が何人かいるのよね。
届かなかった人、ごめんなさいね」
なんて言ってると、それを聞いていた喜苦君が、
「いやいや、それならまだいいですよ」


我が天狗連には、昭和9年生まれの
自裂亭ゝ助(じれっていちょんすけ)さんという会長がいらっしゃいます。
私がよくブログで、初音さんの事を【天災芸人】と呼んだりしてますが、
実は元祖・天災芸人というのは、この会長の事なのです。


喜苦君いわく、
「今年、会長から年賀状が2枚来たんですよ」
「そうなの?」
「しかも1枚目には【家族の皆さんはお元気ですか?】と
書かれてあったんですね」
「うんうん」
「そして2枚目を見たら
【私は元気です】って書いてあったんですよ」
…会話してる!
他人に送った年賀状で、会長おひとりで会話されてる!


さすが【元祖】は違います。
今年一発目から、腰の入ったボケを目の当たりにして、
私も負けないように頑張らねばと誓った次第です。


早々と来月の月例寄席の告知です。

2/17(月) 午後7時~
『月例寄席』 木戸銭¥100
出演 髪家三代 成田家紫蝶 酔亭化枝 他

来月は紫蝶さん、三代さんの大御所二人に加えて、
山梨の爆笑王・酔亭化枝(よってけし)さんがゲスト出演されます。
昨年の高座も大好評でしたが、2回目の出演となる今回も期待大です。
お時間のある方、是非お越しくださいませ。


微笑亭さん太

カブルの悲劇

昨日は、名古屋駅近くの産業労働センターに行ってきました。
毎年1月に行われている、日本笑い学会主催の
『新春笑例会』に出演するためです。


前半は、主にお医者さんの学会員の方々による、
笑いと健康に関するお話で、
後半は、私と減滅渡さんによる落語というプログラムです。


私の前に話されたのは、いつもお世話になっている、
豊橋の西田先生でして、先々月にも、創造大学でのイベントにて、
ご一緒させていただきました。


ここの楽屋というのは、モニターがあって、
会場の様子は判るのですが、なぜか音声が切られているため、
演者が何を喋っているのか一切判らないのです。
西田先生が何を喋ったのか全く判らないまま、
私は高座に上がりました。


お客さんは非常によく笑っていただいて良かったんですが、
降りた後、見に来ていたみるくさんから、
「さんちゃん、カブっちゃったね~」
「……えっ?」
聞けば、私がマクラでフッた、みのもんたさんのネタが、
西田先生が使ったのと全く同じだったようなのです。

あちゃ~!

それは先々月のイベントの際、西田先生に教えたものだったのです。
昨日使っているとは知らなかったので、思いっきりカブってしまいました。
私のネタを使っていただいても構わないんですが、
使っている事自体を知らなくて、ニアミスなんて事は、
今までにもありました。


「前にさ、私の営業用のマクラを喜苦君が使ってて驚いた事があったんだよ。
そしたら喜苦君が『ポスト君も使ってますよ』…えっ、いつの間に?
みたいな事があったからね」
と言ったら、みるくさんが、
「それ、私も使ってるよ」
…使ってるんかい!(笑)


打ち上げも楽しかったですし、
やはりこの会は何度出ても楽しい会ですね。


微笑亭さん太

見た目は子供、中身は大人?

昨日は安城市にある、
安祥福祉センターに行ってきました。
センターのお祭りにての落語会で、
1時間半ほど喋ってきました。


この安祥福祉センターというのは、
昨年できたばかりだそうで、まだ新しい建物でした。
このお祭りイベントも初回という事で、
当然、落語会を企画するのも初めてという事になります。


安城では全く無名の私ですから、
果たしてお客さんが来てくださるのかが心配でしたが、
スタッフの方々がしっかり告知してくださったようで、
170名くらいの方がおみえになりました。


この落語会には、
【福祉落語 笑って過ごそう、高齢社会】
などというタイトルがついてますので、
認知症や振り込め詐欺、悪質商法に関するネタをと、
リクエストを受けていました。


ところが高座に上がってみると、
最前列のど真ん中には、小学生が二人。
なぜ……?


「…ボクたち、落語は判るかな?」
「何を言っておる。ワシらこう見えても68じゃ」
……だったら納得しますけどね。
結局、二人とも最後まで聞いてましたけどね。


館長さんやスタッフの方々のご尽力で、
とても良い会になったと思います。
また是非、お声がけいただきたいと思います。


微笑亭さん太

氷柱、寒あり

木曜日はかけもちでして、
蒲郡の新春落語会に行く前に、豊川の宿集会所に行ってきました。
毎度おなじみ悪質商法の出前講座です。


とにかく寒い日で、
朝イチの高座がある時には車上生活となる私には、
寒くて寝られないという状況でした。


現場に着くと、会場まであと一歩のところで、
凍り付いて【氷柱】となってしまったお婆ちゃんが、
三体、見てとれました。


お客さんは30名くらいだったでしょうか、
反応も良くて、外の寒さとは対照的に、暖かい場となりました。
会の方はホールのイス席でやったんですが、
終演後、皆さんは和室の方に移動して、
お茶を飲みながら、楽しく雑談をされてました。


着替え終わった私は、
帰る前に皆さんに一言ご挨拶しようと、和室の襖を開けて、
「今日は本当に、ありがとうございました!」
その途端、談笑が止まり、私の顔を訝しげに見る一同。
明らかに『…この人、誰?』的空気が漂っています。


「…あ、あ、あの、今、落語やっていた者ですけど」
「あ~ほうかん。どっかで見た事ある人だと思ったわ」
…私は、着替えてしまうと認識されない率が本当に高いですね。


ご挨拶を済ませて表に出ると、
天気も良く、気温も上がってきていて、
氷柱となっていたお婆ちゃんたちが、
ちょうど溶けて、再び活動を始めたところでした。


微笑亭さん太

謎は全て解けた…天然の名にかけて!

昨日は蒲郡にある信用金庫にて、
新春落語会に出演してきました。
毎年1月に行われている、年金受給者対象の落語会で
2週に渡って、蒲郡と豊橋で、それぞれ行われます。
私はここ数年、ずっと出させていただいていますので、
非常に、ありがたい事です。


この落語会を仕切っているのが
天狗連の天災芸人・夢見亭初音さんです。


ありがたい事に、この新春落語会、
年々人気が高まっているようでして、
この日も事前の予約人数より20人以上多い、
110名超の方々がおみえになりました。


すると初音さん、
「来週の豊橋の会は、予約だけで250名くらい入ってて、
いつもの銀行の2階でやると、会場の床が抜けそうだから、
場所を変えて、ホテルでやる事になったのよ」
「そうなんですか。場所は、どこなんですか?」
「…え?」
「場所は、どこなんですか?」
「知りたい?…ウフッ、当ててみて」
合コンかよ!(笑)


昨日は髪家三代さんとご一緒させていただいたんですが、
三代さんといえば、旅行好きであるという事と、
『…それ、どこに売ってたんですか?』と聞きたくなるような、
【独創的ファッション】で有名な方です。


この日も、ジャケットを脱ぐと、
熟しきって落ちた銀杏色(失礼・笑)のような
目立つフリースを着てみえました。
『なぜ、その色をお選びになられたんですか?』といった質問は
聞きたくても聞けません(笑)


すると初音さんが、
「何で三代さんって、いつもそんな変な格好してるの?」
…天然過ぎる、直球ど真ん中ストレートです。
「いや、よく旅行に行くでしょう。
その時にかみさんが『人ごみの中でも、あんたを見つけやすいように』って
こういう目立つ格好をさせるんだよ」
えっ、そうだったんですか!?
三代ファッションの理由が、昨日初めて判りました。


高座の方もよく笑っていただき、無事に終わったんですが、
帰る段になり、三代さんが銀杏フリース(まだ言うか・笑)の上に
ジャケットを羽織り、ソフト帽をかぶったのを見た初音さんが、
「三代さん、その格好、何か怪しい人みたいだよ」
「そうかな?」
「そうよ。まるで、あれみたい…え~っと…あそうそう、
【歌うサラリーマン】!」
……【笑ウせえるすまん】です。
歌うサラリーマンって、単なるカラオケ好きの会社員じゃないですか。


相変わらず炸裂しっ放しの天然爆弾ですが、
来週の豊橋の会では、どんな弾けっぷりなのか
今から楽しみです。


微笑亭さん太

氷の微笑

昨日は豊田市内にある
青木小学校に行ってきました。
PTAの方が企画された講演会にて、
30分ほど喋ってきました。


最近、超寒い日が続きますが、
この日の朝も雪がちらつく空模様で、
風邪が治らない私には辛い陽気でした。


全校生徒800人の前で演るという事になれば
当然会場は【鬼門】である体育館になります。


校長室が楽屋となっていたんですが、
着く早々、校長先生から、
「最近、インフルエンザが流行りかけておりますので、
生徒全員にマスクをさせております。ご了承ください」
高座に上がってみると、本当に生徒一人残らずマスク姿でした。
800人のマスク姿というのは、なかなか壮観なものがありました。


体育館にはストーブが三つほど焚かれていましたが
焼け石に水でして、とにかく寒い!
何しろ噺の途中で脱いだ羽織を、また着たくらいですから。
……あ、すみません、ウソつきました。


子供たちは、当然落語なんか初めて聞くわけで、
最初は何ともいえない緊張感が漂っていました。
しかし、徐々にエンジンがかかってきた感じで、
そのうちに、笑いが収まらなくて、
なかなか次の台詞が言えないような状況に。


これは決して私の落語が超面白いというわけではなく、
『周りが笑ってるからボクも笑っておこう』みたいな感じで、
次から次へと連鎖していく【笑いのパンデミック状態】です。
インフルエンザが流行るのはマズいですが、
こういう【感染】なら大歓迎です。


小学生相手にダダスベリしたらどうしようと心配でしたが、
とりあえず、ノルマ分くらいは笑ってもらえたかもという事で
肩の荷が下りました。


微笑亭さん太

大は小をシャネル

有名人の使っていた物が、その死後、
高値で取り引きされるなんて事はよくありますよね。
その人が人気者であればあるほど、当然の事ながら値段は高くなります。


以前、ハリウッドスターゆかりの品々を一堂に集めたオークションが、
アメリカのロサンゼルスで開かれ、映画『七年目の浮気』で、
地下鉄の通風口の上に立ったマリリン・モンローのスカートが
大きくめくれ上がるという有名なシーンで使われた
白いホルターネックのドレスが、460万ドル、
約3億7千万円の高値で落札されたなんて事がありました。
高額になる事は予想されていましたが、
その予想金額を倍以上上回ったという事で、
彼女の人気の高さが伺えますよね。


他にも『紳士は金髪がお好き』の
真っ赤なスパンコールのドレスが約9600万円、
『帰らざる河』の酒場の衣装が約4000万円で落札されたという事ですから、
女子高生が一度履いた下着が1万円で売れるのとは次元が違いますよね。


それだけではなく、2010年の6月のラスベガスのオークションでは、
彼女の胸部を含むエックス線写真3枚が出品され、
胸部エックス線写真は25000ドル、横から写したものなど2枚は、
それぞれ1万ドルで落札されたといいますから、
モンローあたりになると、皮膚の表側だけではなく、
皮膚の裏側まで売り物になるんですね。


そんな風に、今でもカリスマ的人気を誇るマリリン・モンローの声が、
今度CMで使用される事になったようですね。
高級ブランドとして知られる【シャネル】が、
『シャネルの5番を着て寝る』と彼女が答えたインタビュー音声を、
テレビ広告で使うと発表したんですね。


このインタビューは1960年にマリー・クレール誌が行ったもので、
この中でモンローは、
「『眠る時は何を着るの?』と聞かれて、【シャネルの五番】と答えたの。
裸で寝てるとは言いたくなかったの。でも本当の事よ」
と答えてるんですね。
この一言だけを見ても、彼女がウイットに富んだ、
結構知的な女性である事が伺えますよね。
CMでその声が甦るというのは、
往年のファンにとっては涙ものじゃないかと思いますね。


過去の偉人や有名人がCMに出演してくれたら、
商品の売り上げも伸びるんじゃないでしょうかね。


たとえば、『マクベス』や『オセロー』で有名な文豪、
シェイクスピアが【日本ハム】のCMに出ましてね。
「お歳暮にハムを贈る喜び…日本列島、ハム列島(ハムレット)」
なんて言えば、そのインパクトは絶大ですよ。


あと池波正太郎さんは、ハンカチのCMに出ましてね。
出かけようとする池波さんに奥さんが、
「鬼平、ハンカチよ(鬼平犯科帳)…」
と差し出す、心温まるCMですね。


戦国時代からは、秀吉の側室・茶々と信長の妹・お市の方が
コンビで伊藤園のCMに出ましてね。
ペットボトルのお茶を飲んで、
「お~い、茶々!」
「おいち~(美味しい)!」
なんてやれば、爆発的に売れるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

私、お肌が民間なの

昨年、セクハラ行為で更迭された民間出身の大阪市立小学校の処分が、
減給から一転、自主退職で決着したなんて事がありました。


橋下市長の肝いりで今年度から始まった、
市立小中学校の校長の公募採用ですが、ここまで既に、
民間出身者11人のうち、過半数を超える6人が
トラブルを起こしてるんですね。
【校長】なのに【絶不調】なわけでして、
これでは校内一の問題児は、校長室にいるって事になっちゃいますよね。


この校長の処分が重くなった背景には、
本人が書いた顛末書の言い訳が、
あまりにひどかったからだと言われています。


PTAの親睦会で児童の母親を触り『僕と会えなかったら寂しい?』とか
『君の気持ちを聞かせて』なんてメールを送った行為については、
『情報収集のため』と書いてましてね。
母親を【女性スパイ】呼ばわりして
『情報が入ってくるように愛情表現で語りかけ、
気を引き成果を上げる、007のような行動だった』と
大真面目に釈明してるんですね。
ダメダメ感漂う釈明ですが、小学生でも、
もうちょっとマシな言い訳するような気がしますよね。


この件以外にも、元テレビディレクターの小学校校長は、
放送作家たちと無断で長時間外出しっぱなしだったとか、
別の小学校校長は、給料の額に不満を言い、
『私が力を発揮できる場所とは違う』と捨て台詞を残し、
就任から3ケ月で辞職したなんてのもあります。


元新聞記者の中学校校長に至っては、
口論の末、教頭先生に土下座をさせたらしいですが、
屈辱に耐えかねた教頭先生が刃物でも持ち出したら、
翌日から校長先生ではなく【包丁先生】とでも呼ばれるようになりますよ。


学校教育法施行規則の改正で、2000年度から、
教員免許がなくても校長になれるようになったんですね。
これには『学校は保守的』だとか『子供の立場で考えない』などの
批判が強まった事から、外部の目を取り入れ、
学校現場の体質を変えようとの狙いがあったわけですが、
こう不祥事が続くというのは、
制度自体に歪みが出てきているのかなという気がしますね。


保守的な部分を壊して子供の立場で考えるという事が目的なら、
生徒たちと同年代くらいの校長先生を
採用してみるのがいいんじゃないでしょうかね。


雨が降ったりすると、『マジ、だりぃ~』とか言って学校に出てこなかったり、
万引して捕まっても未成年ですから、
新聞には【校長A】とか仮名で載るわけですね。


挙句の果てには、ディズニーランドへの修学旅行には
『個人的に行きたい』という理由だけで勝手についてきたりするわけですね。
「…先生、あそこでミッキーの耳つけてはしゃいでるのは、校長先生ですよね?」
「見ちゃダメよ!他人のフリしてなさい」
なんてんで、そんな自由気ままな校長先生がいても、楽しいかもしれませんね。


微笑亭さん太

アッコちゃんかどうかは、秘密です

昨年後半、【特定秘密保護法】という
法律が話題になりましたよね。
十分な国会審議がされていない事に国民が怒り、
各地でデモが行われましたが、自民党は数に物を言わせて
強行採決をしてしまったのは記憶に新しいところです。
成立させた与党の方も、内容についてよく理解していない印象がある中、
何であんなに急いだのかは、今でも疑問に残るところですよね。


『おっさん政治に、愛とシャレでツッコミを入れる』を合言葉に、
一昨年から関西で活動を始め、今や全国に
約3300人の会員がいるという女性グループ
【全日本おばちゃん党】という団体がありましてね。


その団体がフェイスブックで、特定秘密保護法を風刺する
【秘密保護法・愛の劇場】という
ドラマ仕立ての動画を公開していて、話題になってましてね。


内容は、夫が帰宅すると訳も判らず妻に睨みつけられるので、
あれこれ理由を推測してみるんですが、どうしても判らないんですね。
「どうしよう、ヤバイ。あの事かもしらへん、この事かもしらへん…
頼む、教えてくれ!俺、何したんや?」と聞くと
『それは秘密です』というテロップが出るんですね。
特定秘密保護では『何が秘密なのかが秘密にされる』という事を
皮肉っているわけですね。


しかし、その解釈すら定まっていない感のある法律ですから、
それが暴走すると怖い事は事実ですよね。


学校のテストなんかでも、答案用紙が採点されずに、
そのまま子供達に返ってくるんですね。先生に理由を尋ねると、
「…正解かどうかは秘密です」
なんて言われちゃって、結局何点取ったんだか判らなかったりするわけですね。


一般の会社なんかでも、社員全員が覆面に手袋をした
銀行強盗の集団みたいなオフィスになりましてね。
企画会議の際も、声をボイスチェンジャーで変えて話し合いをするんですが、
そもそもその企画の内容自体が特定秘密になっているので、
誰一人、詳しい事を知らなかったりするわけですね。


街中を歩いていて、お巡りさんに職務質問されて名前を答えると、
「なぜ本名を言ったんだ!特定秘密だぞ!」
なんてんで怒られて逮捕されちゃうんですね。
取調室では、何が出されてるのか判らないように、
目隠ししてカツ丼を食べたりしてね。


やがて裁判にかけられた時も、
「判決を言い渡します。判決は……秘密です」
「えっ、それも秘密なんですか!?」
「とりあえず刑務所に入っていただいて、刑期を終えたらお知らせします」
なんてんで、こんな風になる可能性も、全くないわけではないんでしょうね。


微笑亭さん太

所詮お前は、ワシの踏み台や!

昨日は豊川の紋屋さんに行ってきました。
以前は年に数回落語会が行われていたんですが、
お店の事情で少し遠ざかっていて、
これが3年ぶりに行われる落語会です。
私と鶴橋減滅渡(へるめっと)さんとの二人会でした。


この紋屋さんは飲食店でありながら、
紋章などを作ってくれるお店で、
豊川でも比較的山沿いにある事もあり、
峠の茶屋と呼ぶに相応しい、味わいある風情のお店です。


店内には薪ストーブが焚かれ囲炉裏があり、
その囲炉裏が高座代わりとなります。
…あ、もちろん座布団の上に人が座っている時には、
その下で火を焚いたりはしません。


山がすぐそばにある事もあって、以前は庭で
【モンちゃん】という名のメスのシカを飼ってらっしゃいました。


モンちゃんはどうなったのか気になったもんですから、女将さんに、
「モンちゃんはどうなったんですか?」
「とっくに山へ帰っちゃったわよ」
「あ、そうなんですか」
「それでね、この間、猟師の人たちの寄り合いがあってね…」
……その時点でもう、かなりの【悪い予感】がします。


「猟師さんの…ですか?」
「知り合いの猟師さんにモンちゃんの事聞いてみたら、
『知らないけど、今でも山の中で暮らしてるんじゃないの?』って」
「ああ、そうなんですか!よかった!」
「そしたら別の猟師さんが、『とっくに撃って食っちゃったよ』って」
……あ~……やっぱり……


「知り合いの猟師さんはその人に、
『空気読め!』みたいな視線を、しきりに送ってたけどね」
「まあ…そうなんでしょうね…」
「ところでさん太さん、シカ肉があるんだけど、
帰りにお土産で持っていってね」
……女将さん、この流れで、そのお土産は辛い…
もはやその肉が、どのシカの肉なんだか聞く勇気もありません。
確かモンちゃんには【モンジロウ】という子供がいたんですよね……


『改訂版・寿限無』(さん太作)              微笑亭さん太

『ちりとてちん』                      鶴橋減滅渡

『熟女たちの宴』(さん太作)               微笑亭さん太

『高津の富』                        鶴橋減滅渡


今年初めて減滅渡さんと顔を合わせたんですが、
「ワシな、今日が今年の初高座やねん」
「そうなんですか」
「今年を占う意味でも、今日は頑張らんとな~」
気合の入るヘルさん。


私がトップで出て、
その後にヘルさんが上がったわけですが、お囃子の途中で、
ドンガラガッチャン!!!!!!!
物凄い爆音が。
明らかに【何かの崩壊】を告げる音です。

見ると、高座近辺に、ヘルさんの姿がありません。

次の瞬間、お客さんたちが慌てて高座に駆け寄り、
囲炉裏高座の真後ろに倒れこんでいるヘルさんが、助け起こされました。
その瞬間を見てなかったので、何が起こったのか判らなかったんですが、
踏み台にしていた木の板が、ヘルさんが足をかけた途端に真っ二つに割れ、
そのままヘッドスライディングの如く、倒れてしまったのです。


多少のコケ方だったら、つかみネタとして美味しいところですが、
頬を打って腫れ、脛には台の跡がクッキリとつき、
流血もしている状況では、とてもネタの範疇を越えています。
お客さんもドン引きするレベルです。


「だ、大丈夫ですか、ヘルさん!?」
あまりの事に、高座を降りた私も駆け寄りました。
「だ、大丈夫や…すまんのう…」
百戦錬磨の営業慣れ、滅多な事では動揺しないヘルさんが、
明らかに動揺していました。
あんなに動揺したヘルさんの顔を見たのは、
2回目の離婚が決定的になったという報告を受けた時以来です(笑)


それでも気丈に高座に上がろうとするヘルさんに、
「さあ!早く、これを食べなさい!」
グルコサミン入りのサプリメントを渡す一番前のお客さん。
…えっ、なぜこのタイミングで?
グルコサミンは即効性がないにもかかわらず、です。


「い、いや、すんまへんな…」
仕方なくグルコサミンを口に入れるヘルさん。
これから喋らなきゃいけないのに、
完全に、動揺に追い討ちをかけられてしまいました。


多少の怪我は負ったものの、
何とか高座を終え下りてきたヘルさんに、
「どうでしたか、高座の出来は?」
「コケたとこが、ウケのピークやったな…」
…お疲れ様でした。
踏み台


でも、顔を打ったものの、大怪我にならなくてよかったですよ。
やはり、いついかなる時も安全確保のため、
頭には【ヘルメット】が必要だという教訓なんでしょうね。


ヘルさんの今年一年は、
こんな【惨劇】と共に幕を開けたのでした。


微笑亭さん太

我が子の青写真

オーダーメイドで自分専用に物を作ってもらったり、
あるいは洋服などの私物を自分流にアレンジしたりするのは
オシャレでいいんですが、それが【生命】の分野にまで及んでくると、
話がややこしくなってくるようですね。


両親の唾液などに含まれる僅かな遺伝子情報を解析し、
生まれてくる子供の目の色だとか背の高さ、
がんなどの病気になるリスクを予測する手法の特許が、
米国で認められたそうですね。


これは依頼者が、自分とパートナー候補者の唾液サンプルを
遺伝子検査会社に送ると、生まれる子供の目の色や
運動能力に関わる筋肉のタイプ、乳がんや大腸がんの発症リスクなどを
確率的に予測してくれる技術に対してなんですね。


これに対し生命倫理の専門家たちは、
【デザイナーベビー】につながりかねないと批判してましてね。
デザイナーベビーというのは、受精卵を選別したり、
遺伝子操作を加えたりして、容姿や能力などで
親が望む特徴を持って生まれる赤ちゃんの事なんですね。


卵子と精子を体外で受精させる体外受精や、
遺伝子の異常を調べる遺伝子解析などの技術の進展で
現実味を帯びてきたものでして、生命を商品のように扱うのは
倫理的に問題があるという批判は、かねてからあったようですね。
いわばオーダーメイドの我が子を作るとか、
我が子をファッションのようにアレンジするという話ですからね。
そうなったら、ドン小西さんにだけは、
絶対にデザインしてほしくない気がしますよね。


もしもそれが一般的に実用化されてくると、
当然トラブルも予想されます。
外国人みたく、子供の目の色を青くしたいなんてお母さんがいましてね。
「ちょっと!生まれてくる子供の目の色は
青にしてくれって言ったのに、黒じゃないの。
一体どういう事なの!?責任取ってよね!!」
なんてんで、親の方が目の色を変えたりなんかしてね。


そうかと思うと、
「どんな感じのお子さんがご希望ですか?」
「そうね~。やっぱり、とびきり可愛い感じがいいから、
キュートな尻尾が欲しいわね。耳も頭の上にピンと立っていて、
ヒゲがあって、全身をフサフサの毛で覆われていたりすると、もっといいわ~」
「…それもう、猫を飼った方がいいですね」
本末転倒も甚だしいですけどね。


よく【究極の選択】なんて事を言ったりします。
【超貧乏なイケメン】と【超お金持ちのブサメン】、どちらがいいか?
なんという類のものですが、こういった遺伝子技術を使えば、
【顔は北川景子だけど、体は白鵬】と【顔は大久保佳代子だけど、体は壇蜜】、
どちらの彼女がほしい?なんという、【リアル究極の選択】も、
可能になってくるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

掃除機とのゴミュニケーション

真夜中にテレビのスイッチをつけると、
様々な通販番組というのがやっていたりします。
実に巧みに宣伝するので、ついつい電話をしてしまう方も多いようですが、
その通販番組の定番商品のひとつに【掃除機】があります。


何だか家中のゴミを一瞬にして吸い込むほどの
勢いがありそうで買ってしまうんですが、確かに吸引力は凄くても、
意外とすぐに壊れてしまったりなんかしましてね。
通販の謳い文句を信じてしまったがために損をするという、
これがいわゆる【掃除機ものがバカを見る】という事なんでしょうね。


【ルンバ】というお掃除ロボットがありますよね。
自分で勝手に床の掃除をしてくれるというので大変に人気があり、
販売台数も右肩上りです。
それなりに綺麗にされているお家でも、
直径30数センチのルンバがホコリを探知しながら室内を動けば、
結構小さなゴミや髪の毛が取れたりして感動するそうですね。


自走して仕事をしてくれるルンバではありますが、
これを作動させるためには、まず床の上の物を
片付けなければならないわけですね。
大きな物が置かれてあれば、ぶつかって動けませんし、
紙やハンカチが落っこちてたりすると、
巻き込んで止まってしまいますからね。
脱ぎっぱなしのパンツなんか巻き込んだ日には、
電気系統から発火して【ショートパンツ】になってしまう恐れもあります。


ですから、ルンバの活躍が可能になる頃には、
結構部屋が片付いてスッキリしてるわけでして、
綺麗な部屋でないと掃除機が使えないという、
ちょっと矛盾した状況があったりするわけですね。


ルンバがホコリを吸い取っていく様子が面白いというので、
ほうきで部屋のチリを集めてルンバの前に持っていく方もいましてね。
ほうきでチリを集めたのだったら、
そのままゴミ箱へ捨てればよさそうなものですが、
そういう事ではないようですね。
何だか、遠くからゴミ箱に放ったゴミが外れたから、
それを拾って元の位置から放り直すみたいな感覚に似てますけどね。


大人ですらそんな感じですから、
子供たちが見ようものなら大変ですよ。
歓声を上げながらルンバの後をゾロゾロついていったりしましてね…
【平成版・ハーメルンの笛吹き】みたいな状況が訪れるわけですね。


あと自走するがゆえに気をつけなければいけないのが、
脱衣所などの狭い空間に入り扉を閉めて、その扉近くにある物を動かして、
ルンバが中に籠城する格好になる可能性があるという事ですね。
機械の立てこもり犯には、ネゴシエーターの説得も通じませんから、
目を離さないようにしないといけませんよね。
こうなるともう、ほぼ人間扱いに近いものがありますが。


こういう自分で判断する家電製品というのは、
今後も増えていくでしょうね。
スーパーから買ってきて、しまい忘れている【要冷蔵】の品物を、
勝手に中に入れてくれる冷蔵庫とかね。
さらに賞味期限切れの品物は、後ろから排出したりしましてね。


洗濯機なんかは、年頃の娘さんとお父さんの洗濯物を、
選別して別々に洗ってくれるとかね。
ファンヒーターなんかは、お父さんがさむ~いオヤジギャグを言った途端に
暖房のスイッチが入るとか、こういう思いやりのある家電は、
爆発的に売れるんじゃないですかね。


微笑亭さん太

落語は【たがや】、名古屋は【だがや】

昨日は、名古屋栄にある
【セントライブ栄】に行ってきました。
この建物に入っている旅行会社が企画した
お得意さん相手の落語会に出演するためです。


駐車場がないという事で
電車で行かなければいけなかったんですが、
その上【座布団】もないという事で、
豊田から座布団持参で行く事となりました。


しかも、落語会は1時間ずつの2回公演で、
初回は朝イチという事もあって、
ちょうど電車に乗る時間が、平日の通勤ラッシュに大当たりなのです。
しかもしかも、この日は本格的な雨降り。
傘を持っていかないわけにはいきません。


混雑で身動きも取れないようなような車内で
着物バッグと傘と、大きな座布団を持った人間が乗ってたら、
こんなに迷惑な事はありません。


第一朝イチで紫の座布団を持って乗り込んでくる人間なんて、
意味が判りませんよ。
電車が揺れた拍子に座布団が他のお客さんに当たって、
不快な思いをさせてしまう事は十分に考えられます。


「…痛え!痛えな、こん畜生!
何だってそんなもん持って電車に入ってくんだ、この間抜けめ!
そっちへ行きやがれ!」
「…痛え!痛えな、こん畜生!向こうへ行きやがれ!」
あっちで押され、こっちで押され、
段々段々、車内の中ほどまでやってまいりまして、
最後にひとつ、ド~ンと突かれます。
この拍子に持っていた座布団袋を放り出しますと、
袋の口が開いて、中から座布団がポ~ンと跳ね上がります。
まさに【布団が吹っ飛んだ】状態です。
これが、馬上豊かにやってまいりましたお殿様の鼻ァかすめるってえと、
下から陣笠をパシッと跳ね上げたもんですから、
笠は輪を描くようにして、そのまま車外へ飛んでいってしまいます。
「おのれ、無礼者!それへなおれ!」
……そんな某有名古典落語のような展開が、頭をよぎります。


仕方なく私は、高座用の座布団は断念し、
普通の座布団を持っていく事にしました。
いわゆる【お茶の間座布団】を無理やりリュックの中に押し込め…
…本当に無理して入れました。
通販だったら【布団圧縮袋】として売れそうなレベルです。
それを持って、名古屋に向かいました。


お茶の間座布団の高座は、かなり貧相だったと思いますが、
2回の公演とも、それなりに
楽しんでいただけたのではないかと思いますので、
苦労した甲斐はあったかな~と思います。


座布団を運ぶというのは大変だと実感し、
【笑点】の山田さんの苦労が少し判った気がしました。


微笑亭さん太

稲川淳二さんでもないし、怖くもない話

昨日は豊川の伊奈集会所に行ってきました。
今年初めての、悪質商法の出前講座です。


この講座はいつも朝イチ高座なので、
早起きに自信のない私は、店が終わった深夜に前乗りして、
車中泊するのが、いつものパターンとなっています。


昨日も当然前乗りしたんですが、
-3℃という外気温の中の車中泊は超寒かったです。
会場の近くにある神社の駐車場に車を停めさせていただき
そこで数時間の仮眠を取ろうとしました。


あたりは真っ暗の上、車を停めたあたりは、
木がうっそうと茂ったところで、
暗闇の神社というのは、なかなか怖いものがありました。


霊感とかは一切ない私ですが、
眠りにつこうと目を瞑り、ウトウトとした瞬間、
ド~ン!
何かが車の上に落ちてきました。

…うわっ!な、な、何だ!?

稲川淳二さんの話だと、こういう時には大体、
大きな生首とかが落ちてくるのが相場と決まっています。
すわ、初の心霊体験かと思って身構えると、
フロントガラス越しに私を覗き込んで、
「ニャ~」と鳴く物体が……


どうやらトラ柄の野良猫が、
暖かいボンネットの上に上がってきたようです。
【大山鳴動して猫一匹】というところでしょうか。
その猫の物音の衝撃に、不覚にも、小さな悲鳴を上げてしまいました。


肝心の講座の方は、いい感じでできましたが、
終演後、スタッフの中のひとりの女性が、
「いつも娘がお世話になっております」
「……え?」
マイミクのmipoさんのお母様でした。


そういう知り合いの方がいらっしゃる場合は、
出来れば始まる前に言っていただきたいですね。
そうすれば手を抜かずに…あ、いや、決して手は抜いてませんでしたが。


これもかなり驚いたんですが、
やはり、猫ダイブのインパクトの方が遙かに勝った昨日でした。


微笑亭さん太

ラクゴ星人、襲来す!(ちょっとした心理テスト…かも?)

あなたの最も好きな落語家さん
ひとり、思い浮かべてください。
誰が何と言おうと、私はこの人が好きだと
自信を持って言える落語家さんを、です。


あなたは、その落語家さんが出演する会を見に行きました。
帰り道、『面白かったな~』などと余韻に浸りながら、
夜道を歩いています。


するとにわかに上空から、
オレンジ色の光を放つ円盤状の物体が現れたかと思うと、
怪しげなビームが発射され、あなたそのビームに捕らえられてしまいます。
意識を失ったあなたは、その円盤の中に収容されます。


再び目を覚ますと、あなたは丸い手術台のような上に寝かされ、
手足は鎖状の物で縛り付けられ、身動きができない状態です。
ある程度の年代以上には、ショッカーに改造された時の
本郷猛のような状況と言えば判りやすいでしょうか。
…そう、まだ【探検隊長】になる前の本郷猛です。


一体何をされるのかと不安になるあなたに、
呼びかける声がします。


「ワレワレハ、一般社団法人【ラクゴ星人】ダ」
「ら、ラクゴ星人…?」
「コノ地球ヲ征服スルタメニ、ハルバル2万光年ノ彼方カラ、ヤッテキタノダ」
「地球を征服するだって?そんな事は止めてくれ!」
「止メテホシイカ?デハオ前ニ、人類ヲ代表シテノ、チャンスヲヤロウ」
「…チャンス?」
ワレワレ【ラクゴ星人】ハ、落語ガ大好キダ。
オ前ガ好キナ地球上ノ落語家ヲ、一人アゲテミロ。
ワレワレガ、ソノ落語家ノ高座ヲ聞イテ、
モシモ面白イト感ジレバ、地球侵略ハ、アキラメヨウ」
「本当ですか?」
「シカシ面白クナケレバ、オ前ノ命ハモチロン、
全地球人ヲ、タダチニ抹殺スル!」
「そ、そんな……」
「案ズル事ハナイ。
オ前ノ推薦スル落語家ガ面白ケレバ、ミンナガ助カルノダ」
「いや、それはそうだけど……」


「ワレワレハ、イタッテ【ノーマルナ感覚】ノ持チ主ダ。
落語好キダカラトイッテ、
ヤタラ【マニアックナ芸風】ガ好キトイウワケデハナイ。
江戸落語モ上方落語モ、等シク好キダ。
古典デナケレバ聞カナイトカ、
自分ノ職業ヲ生カシタ創作落語デナケレバ評価シナイ
ナドトイウ事ハ、決シテ言ワナイ」
「……どこかで聞いたような話ですね…」
「サア、落語家ノ名前ヲ、一人アゲテミロ。
オ前ノ好キナ落語家デイイ。
オ前ノセンスニ、全地球人ノ未来ガカカッテイルノダ!
サア、アゲテミヨ!!」


…この時あなたは、
今夜、会を見に行った、【好きな落語家さん】の名前を
自信を持ってあげる事が出来ますか?


もしもここで、
違う落語家さんの名前をあげようと思った方、
あなたの【好きな落語家さん】の事、
本当に好きと言えますか?


ちょっとお考えいただくのも、面白いかもしれませんね~。


微笑亭さん太

え~っ!?扶桑~!?マジ~!?

昨日は丹羽郡扶桑(ふそう)町の悟渓寺に行ってきました。
昨年の9月に続いて行われた落語会に出演するためです。


昨年9月の第一回の時にも出させていただいたんですが、
今回は演者も一人増えて、4人となりました。
お客さんは近所の方々を中心に
60名以上おみえになりました。


『餅屋問答』                    南遊亭栄歌

『熟女たちの宴』(さん太作)            微笑亭さん太

『ふぐ鍋』                     古都家雄助

『一文笛』                     川の家河太朗


前回に続き、襖一枚隔てた
高座のすぐ横の和室が楽屋になっていたんですが、
世話人の方が入ってこられてドアから出て行かれたら、
鍵もないその扉が、何故か開かなくなってしまいました。


このままだと、寄席が始まってしまうと
演者一同、楽屋に閉じ込められた状態になってしまいますので、
客席側から回って、世話人の方に知らせに行きました。


「…すみません、扉が開かなくなってしまったんですが」
「あ~あれはね、コツがあるんですよ」
「コツですか?」
「ええ、体当たりすると開くんです」
「いやいやいや、そんなわけないでしょう」
「いやいやいや、そんなわけあるんですよ」
「そんな体当たりで開く扉なんて…(ドン!)開いた~!!」
…こんな力わざで開くドアは初めて見ました。


お客さんのウケもよく、前回同様、非常に良い寄席となりましたが、
この日のトリは、河太朗さんの十八番、『一文笛』。
私は前日の寄席で、無眠さんの『一文笛』を聞いているので、
このクオリティの『一文笛』を、連日違う演者で聞けるという事は
そうある事ではありません。
とても貴重な経験でした。


終演後の打ち上げも楽しかったんですが、
【この時期、仕事柄、超忙しいはずの雄助さんが、
何故この日の高座に上がれたか?】とか、
【噺家・南遊亭栄歌、誕生秘話!】など、
非常に面白い話がいっぱいあったにもかかわらず、
ここに詳しく書く事ができないのが、残念です(笑)


第3回目の寄席があったら、
是非また出させていただきたいと思います。


微笑亭さん太

一文笛の音色

昨日は『ぱんとまいむ寄席』に出演してきました。
私にとって、今年の初高座です。


三が日は終わったとはいえ、
まだまだ皆さん、お正月休みの方も多いでしょうから、
果たしてお客さんが来てくださるか心配でしたが、
出足も早く、36名くらいのお客さんが来てくださいました。


『池田の牛ほめ』                     竜宮亭無眠

『持参金』                         川の家河太朗

『改訂版・寿限無』(さん太作)              微笑亭さん太

『一文笛』                         竜宮亭無眠


私は久々の『改訂版・寿限無』でした。
久々の上、急遽かける事にしたので、
ちゃんと出来るかどう心配でしたが、
何とかお客さんに助けられて演りきる事ができました。


打ち上げでは、この日ネタ下ろしだった
無眠さんの『一文笛』を巡って
喧々囂々、侃々諤々の議論が交わされました。


特に『一文笛』を十八番にされている河太朗さんとは
演出方法の食い違いから、
無眠さんと殴り合いのケンカに……なりませんけどね(笑)


しかし、お二人の落語にかける
情熱やこだわりを聞かせていただき、非常に勉強になると同時に、
ほとんど何も考えていない自分が恥ずかしくなりました。


遠くから来てくださった、
ふりかけさん、こだまさん、はんどさん、華さん、
ありがとうございました。
また今年も、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

撃てるんです

三次元データを基に樹脂や金属で立体を作る
【3Dプリンター】という機械がありますが、米テキサス州の企業が、
それを使って市販品の拳銃のコピーを金属で製作し、
実弾を発射することに成功したと発表しましてね。


3Dプリンターを用いた樹脂製の銃の製造は最近、
米国などで問題視されているんですが、この企業によると、
金属を素材にした市販品の複製は世界初という事ですね。
これは高性能な拳銃が手軽に製造できる事を示しているわけで、
今後、議論を呼びそうですよね。


製作したソリッド・コンセプツという会社によると、
金属を加工できる特殊なプリンターを使用し、
弾倉など一部を除いて全部品を
合金やステンレスで複製して組み立てたそうで、
これまで50発以上の発射実験に成功したそうです。
約27メートル先の標的の中心部を狙えるといいますから、
精度も随分高いですよね。


ただ、通常の3Dプリンターは数十万円程度なんですが、
今回使ったプリンターは一台75万ドル、
約7440万円という高額だそうでして、これだけあれば、
本物の拳銃がめちゃめちゃ沢山買えますよね。
「3Dプリンターもこれだけ高くては、採算が合わないですよね」
「いえ、3Dプリンターで、3Dプリンターをコピーすればいいですから」
…なかなか考えますよね。


3Dプリンターの進化は凄まじいものがありますから、
そのうち生身の人間などもコピーできるようになっていくんでしょうね。
「ほら、生まれたんですよ。ウチの娘、可愛いでしょう?」
なんてんで、赤ちゃんの写真を見せて歩く人がいたりしますが、
これからは写真ではなく、
3Dプリンターでコピーした赤ちゃんを持参してきたりしてね。
「ほら、抱いてやってくださいよ。本物そっくりでしょう?」
ちょっとリアクションに困りますよね。


でもまだ赤ちゃんの時はいいですけど、生まれた娘さんが高校生くらいに成長して、
「ほら、成長したんですよ。ウチの娘、可愛いでしょう?抱いてやってくださいよ」
なんてんで娘さんのコピーを出されたら、これはもっと困ってしまいますよね。


「山田君、何で君は奥さんのコピーを背負わされてるんだい?」
「ええ、浮気防止のためと言われて…」
これも辛いですよね。


あるいは奥さんが、福山雅治のコピーを作って、
抱き枕代わりにしてたら嫌ですよ。
福山君を真ん中にして、三人で川の字になって寝なくちゃいけないお父さんは、
「……実に面白くない」
とか言うんでしょうね。


微笑亭さん太

ハーフは人気なのか?

今年の干支といえばですが、
人間にとっては、とても馴染みのある動物ですよね。


今現在も新たな種の動物というのが発見されたりしますが、
世界自然保護基金(WWF)の発表によると、
2010年以降、南米のアマゾンで
441種の新種の動植物が見つかったようですね。


猫のような鳴き声を出すサルがコロンビアで発見された他、
ブラジルの川では草食性のピラニアが見つかったそうですね。
ピラニアなのにベジタリアンという事ですから、
草食系男子が川に入ってきたら、さぞや群がってくるんでしょうね。


アマゾンには何百万種の生き物が住んでいますが、
その大半はまだ知られていないそうですね。
今後、珍しい生き物が見つかったら
ネットショップで売りに出されるかもしれませんね。
…もちろん【アマゾン】で。


シマウマという動物は、
白地に黒の縞なのか黒地に白の縞なのかというのは、よく言われる事ですが、
そもそも何故白黒の柄があるのかというのが疑問です。


これは非常に暑いアフリカの草原に住んでいますから、
暑さ対策だという話があります。
白い部分と黒い部分では光の吸収度が著しく違いますから、
そこに温度差が出来ます。
その温度差によって空気の対流が起こり、それが風となり、
シマウマの体の表面の温度を下げる効果があるという話は、
どう考えてもウソですけどね。


イタリアのフィレンツェにある動物保護施設で、
雄のシマウマと雌のロバの間に赤ちゃんが誕生したそうですね。
体は茶色だけど足はゼブラ柄という、いわば【ハーフ】ですが、
シマウマとロバの交雑種というのは非常に珍しいそうでして、
話題になっているらしいですね。


人間は時に、そういう交雑種を作り出してしまうわけですが、
うまくいかないものも多いですよね。
「【チーター】と【ナマケモノ】の交雑種を作ってみました」
「どうでしたか?」
「獲物を取る寸前で必ず面倒臭くなってしまうようで、
エサが取れずに餓死しちゃいました」
「それは残念。【ゾウ】と【ツル】の交雑種も作ったそうですね?」
「ええ、これも大変ですよ。ゾウに翼が生えてるもんですから、
地響き立てて下りてくるんですね。
湖なんかに群で舞い下りると、湖の水がなくなっちゃうんです」
「【渡りゾウ】ってのも困りますね。
【ハゲタカ】と【羊】の交雑種にも取り組んでると聞きましたが」
「完成したんですけどね、羊並みに毛が伸びるもんですから、
ハゲをキープするのが難しいんです」
やはり動物は、そのままが一番のようですね。


微笑亭さん太

お・と・し・だ・ま

あっという間に
元日も終わってしまいましたが、
皆さんは、どう過ごされた事でしょうか。


寝正月とばかりに、
一日中、テレビをご覧になっていた方もいらっしゃるかもしれませんが、
そんな方、夕方4時からの、
【笑点】の2時間SPをご覧になられましたでしょうか?


大喜利を中心に様々なコーナーがありましたが、
春風亭小朝師匠が、落語を演ってらっしゃいました。
落語といっても数分の尺しかありませんでしたので、
早い話が【漫談】でしたが、非常に面白く拝見しました。


ご覧になった方で、
ひょっとしたらご記憶の方もあるかと思いますが、
【オネエでも入れる】といった半沢直樹ネタや、
トップレス強盗団などの一連の全裸ネタ(笑)は、
私が提供させていただいたものを使ってらっしゃいました。


ネタの中のごく一部ですが、
そうやってメディアの中で、自分のネタの【消息】が判ると
非常に嬉しいと同時に、
少しはお役にたてているのかな~という実感がわいてきます。
思わぬところで
お年玉をいただいた心境です。


昨年はNHKの演芸番組で、
桂かい枝師匠が『受験生ぶるーす』というネタを演られたと思いますが、
これも、かい枝師がお書きになった物に、
私が大幅に手を入れて、改作のお手伝いさせていただいた作品です。
サゲなども、私が考えたものを使ってくださっているようで
自分の仕事の跡が残ってるのは嬉しいですね。


今年もアマプロ問わず、色んな噺家さんを
ネタ作りの面からサポートしていきたいですね。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード