伸二られない出来事

ウクレレ漫談の牧伸二さんがお亡くなりになりましたよね。
自殺の可能性が高いと報道されてますが、非常にショックです。


私の中での【漫談家四天王】というのがありまして、
それは、ケーシー高峰さん、堺すすむさん、故・ローカル岡さん、
そしてこの、牧伸二さんだったんですね。


この4人の師匠方というのは、
話術もさる事ながら、ネタのクオリティが高く、
私好みの持っていき方をする師匠ばかりなんですね。
聞いていて、非常に勉強になりましたし、
師匠方ご自身も、貪欲にネタ作りをされている事がよく判りました。


その昔【大正テレビ寄席】という
冠番組を持っていらっしゃった頃の牧さんは
それほど好きな芸人さんではなかったんですが、
テレビ的な全盛期を過ぎられてから、私は好きになりましたね。


いわゆる【やんなっちゃった節】は、あまりにも有名ですが、
ブラックな事も下ネタも、ウクレレの旋律に乗せてしまえば、
サラッとマイルドに聞けるというメリットを、非常にうまく使われてました。


そして、ハワイ民謡という陽気な曲を使っているにもかかわらず、
そのネタの中には、どことなく哀愁が漂ってる感があり、
そこに何とも言えず惹かれましたね。


体を悪くされたりして、
色々とお辛い事もあったんでしょうが、
まだまだ【やんなっちゃった節】を聞かせてほしかったですね。
ファンの一人として。


きっと今も、あの世に行かれる道中で
【やんなっちゃった節】を作っておられるんじゃないですかね。
それが、聞こえてくる気がします………


♪あ~あ~あ~ やんなっちゃった  あ~あ~あ~ 驚いた

パソコン全盛 デジタル社会

独り言でも ネット上

悲しい気持ちは つぶやいてよね

天国ツイッター(着いた)ら ツイート(追悼)ね~

あ~あ~あ~ やんなっちゃった  あ~あ~あ~ 驚いた…



……牧伸二さん、安らかにお眠りください。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

尋常じゃない小学校

昨日は幸田町大草の正楽寺というお寺に行ってきました。
『大草尋常笑楽校』という
イベントに出演するためなんですが、
年3回行われている定期公演です。


私は初めて出させていただきましたが、
落語は私だけで、あとは講演や演奏でした。


大草尋常笑楽校というタイトルからも判るように、
学校の授業を模した番組になっていて、
講演の方は『社会』、演奏の方は『音楽』、
私は『国語』といったように、担当教科が割り振られてました。
席亭の事はもちろん、『校長先生』とお呼びしなければいけません。


どのくらいお客さんが入るのかと思っていたら、
お寺の本堂には130名を越える人が集まり、
立錐の余地もありません。


またそのお客さんたちが笑う、笑う…
非常にテンションの高い方々でした。


幸田町では2008年から、毎年秋に幸田町民会館で、
『こうた寄席』という落語会をやらせていただいています。
今年も10月に『第6回 こうた寄席』のオファーを受けましたので
そちらの方も楽しみです。


そしてまた、
この大草尋常笑楽校にも、呼んでいただきたいですね。


微笑亭さん太

風邪のマスクはOKですか?

ちょっと前に、大分県大分市の定例議会が、
騒ぎになった事がありましたよね。


というのも2月の市議選で、
『スカルリーパー・エイジ』という覆面レスラーの方が初当選されたんですが、
そのままの覆面姿で本会議に出席しようとしたら、
議会事務局に止められてしまい、議場に入れなかったんですね。


元々大分市議会には
『議場などに入る者は、帽子やつえの類いを 着用、携帯してはならない』
という規則があるもんですから、これに反するとして、
圧倒的多数で覆面の着用を認めないという議決がされていたんですね。


事務局は議会の開会直前までエイジ氏に
素顔で出席するよう説得を続けたんですけど、当人がそれを聞かずに、
このような騒ぎになったわけですね。


エイジ氏は記者団に
『悔しい。覆面を取れば全く別人になってしまう。今後も取らない』と
強調していたそうですが、立候補した時点で覆面姿だったわけですから、
選挙管理委員会あたりが『当選したら覆面はダメよ』と、
一言言っておくべきだったんじゃないかなとは思いますね。


議会では、自民、公明、社民などの主要会派が
覆面を認めない方針を貫いてましてね。
結局42人の市議のうち41人が
『覆面着用を認めない』という決定を下したようでして、
エイジ氏も覆面を取りましてね。
『ジャーマンスープレック』や『卍固め』といった技よりも、
『権力』という一撃必殺の技には勝てなかったという事なんでしょうかね。


「覆面のように、本来の体の一部ではない物を着用しての議会出席は認められません」
「じゃあ、カツラや入れ歯の方も、
全部外してから入室しなければいけないという事ですよね?」
エイジ氏に、こう反論された場合、
議会の大御所の方々の中には目を伏せてしまう方も、
何人かいらっしゃるでしょうね。どうかすると、
「覆面と違って整形は、『着用』してるわけではありませんからOKですよね?」
なんてんで、自爆するような質問をしてしまう女性議員の方もいたりしましてね。


こうなってみるとエイジ氏も、最初から『覆面は素顔だ』と、
デーモン小暮的主張をすればよかったかもしれませんよね。
あるいは本来の覆面ではなく、赤ちゃんの紙おむつで顔を覆いましてね。
覆面レスラーではなく、『イクメンレスラー』とすれば
好感度も上がるかも知れませんよね。


しかし考えてみると、覆面というのは便利なものですよね。
素顔を隠す事によって自分とはまた違うキャラになれますし、
女性なんかは『スッピンでも判らない』という
大きなメリットがありますよね。


子供は、生まれた時からず~っと、
覆面をかぶった両親に育てられてたら面白いですよね。
お父さん、お母さんの素顔を見た事がないので、
時々友達のアキラ君の両親と入れ替わってても、当然気付かないんでしょうね。


微笑亭さん太

本当に話し合いは行われたのか?

一昨日は金山での営業を終えた後、
豊橋まで移動して、天狗連の集まりに参加してきました。
集まりの目的は、7月に行われる天狗連の一大イベント、
『第34回 小市民寄席』に関してです。


毎年この時期はいつも、
小市民に関する話し合いが頻繁に行われるんですが、
主だったメンバーが集まって何を決めるかというと、
『次の話し合いは、何日に行われるか?』という事ですね。
それさえ決めてしまえば、目的の9割は達成したようなものです(笑)


例年、小市民寄席のチケットには【豪華な景品】がついてくるんですが、
今年ももちろん、漏れなくついてきます。
それは天狗連のロゴ入り、
特製の……あ~、それはチケット発売後のお楽しみという事で。
でも、とても素敵な景品ですよ。
何しろ、チケット料金の95%は景品代と言われてますからね(笑)


今年も、小市民寄席の目玉企画は色々ありますが、
そのひとつは、メンバーほぼ総出演の『天狗連コント』です。
私が台本を担当させていただきましたが、
今回は、どんなメンバーのどんなコスプレ(?)が見られるか
乞うご期待!というところですね。


さらに、今年は【太神楽30周年】の記念イヤーとなります。
毎回小市民で、傘廻しや皿回し、曲独楽など、
色んな意味でハラハラドキドキのステージをお送りしている太神楽が
30周年を迎えるという事で、
お馴染みの【今いち座】の皆さんが張り切っております。
こちらにもご期待ください。


もちろん、落語、漫才、寄席踊りなど、
従来の演目も充実しています。
どこを切っても楽しさ満載という、金太郎飴状態の寄席です。


そんな小市民寄席は、今年も2日公演です。
下座では、無眠さん、栄歌さん、志ょ朝さん、
まきぞうさん、きよきよさん、といった豪華メンバーが
協力して下さいます(感謝!)


7/6(土) 午後5時~
    (日) 午後2時~
『第34回 小市民寄席』  木戸銭¥1500(景品付)
豊橋市公会堂
出演 天狗連メンバー


5月下旬くらいからチケット販売が始まると思いますので
7/6、7の予定を空けておいてくださ~い!


微笑亭さん太

金山のパー王(キング)

昨日は金山駅近くにある施設に行ってきました。
コープ関連の婦人部の集まりで呼ばれ、
総会のアトラクションとして落語を演ってきました。


以前も豊橋や安城の会で
呼んでいただいた事はあるんですが、
名古屋に行くのは初めてです。


現場には車で伺う事になってたんですが、
前日に責任者の方からお電話をいただいて、
駐車場に停める許可を取るために、
私の車のナンバーを教えてほしいという事でしたので、お知らせしました。


現場に着くと、
建物の真ん前に利用者の駐車場がありましたので、
そこに停めるのかな~と思いつつ、とりあえず車を停めました。


すると建物の中にいた駐車場係の年配男性が、
物凄い勢いで出てきて、
「そこには停められませんから!」
まるで、容疑者宅を張り込んでいた刑事の前に、
容疑者が現れた時のようなリアクションです。


「いえ…あの…コープ関連の利用者なんですけど」
「それでも、停めてもらっちゃ困りますから!」
…何だか非常にエラそう…いや、威厳のありそうな口調の年配男性です。


「あの…ナンバーを申告してあるんですけど」
「…何番?」【さっさと言えよ】
「○○○○です」
「○○○○?…その車がそうなの?」【ウソついてんじゃねえだろうな】
「一応、講師という立場で来たんですけど」
「講師でも、ここには停められませんから」【講師って柄じゃないだろ】
「どこに停めればいいんですか?」
「立体駐車場の方に入れますから」【あんたに停めさせる駐車場はねえよ!】
…ちなみに【】の中は、
私が勝手に駐車場係の方の本音を予想した『フィクション』です(笑)


何とか車を停めさせていただいて会場に向かいました。
既に総会は始まっていたんですが、プログラムを見ると、
1時間と聞いていた私の持ち時間が、1時間半になってました。


急遽ネタを追加したんですが、仲入りなしの長丁場で、
果たしてお客さんの方が大丈夫かと心配でしたが、
最後までよくついてきていただいて笑って下さいました。
また是非、呼んで下さいね。


微笑亭さん太

マクラの創始

日本には『始めが大事』に対して
『終わり良ければ全て良し』という、
一見矛盾するような二つの諺があります。


もちろんどちらも大切なのは言うまでもない事で、
落語の場合、『終わり』は『サゲ』であり、
『始め』は『マクラ』という事になるのでしょうね。


私はマクラをふるのが好きなんですが、
よく寄席直前にマクラを考えてらっしゃる方がいます。
ああいう方を見ると、羨ましく思うと同時に、
凄いな~と感心しちゃいますね。


私の場合、
前もって考えておかないと、不安で不安で仕方ないのです。
ですからマクラの段階から、作り込んだネタを演ってしまいます。
要は『アドリブの利かなさ』を
『事前の仕込み』でごまかそうとしているわけですね。


普段から『稽古嫌い』を自認している私ですが、
実はマクラだけは、そこそこ稽古するんですよね…本題よりはるかに(笑)
だからといって、それがウケに結び付くわけでも何でもありませんので、
徒労に終わる事が日常茶飯事です(涙)


ただ、『そこそこ稽古したマクラ』で笑いを取り、良い空気が作れれば、
その後に続く『全く稽古されてない本題』を聞いても、
ごまかされて笑ってくれるのではないかという姑息な計算ですね(笑)


それから、私がマクラで、
なるべくしないようにしている事があります。
それは『自分の家族ネタ的な物をふらないようにしている』という事ですね。


時々、自分の奥さんや御両親、
御兄弟の事をイジってネタにされる方がいます。
もちろんそれで笑いが取れれば問題ないわけで、
そのやり方を否定するものではありません。
あくまでも好みの問題であり、私の場合は、
極力それは避けるようにしてるという事ですね。


というのは、お客さん方は『面白い話』には興味津々でも、
『私の家族』や『私のプライベート』には全く興味がないわけですから、
それを高座で語られてもつまらないだろうな~と思うからです。
その上、自分の家族を面白おかしくイジる腕もないですし、
私には、奥さん自体がいません(単なるやっかみか?笑)


あと『自分語り』みたいな事や、
『私見を延々と述べる』という事も避けるようにしてますね。
それらは、お客さんの共感を得るためには、
マイナス要素になる可能性が高いですからね。


まあ、そんな事を何とな~く考えながら、
マクラのネタ作りをしている私です。


微笑亭さん太

快作を生む改作となれるか?

プロの師匠や社会人の方々から依頼をいただいて、
新作落語を書くという作家活動もどきをしておりますが、
時には『古典落語の改作』というのも手掛ける事があります。
新作落語を、さらに改作するなんて場合もあります。


どなたもご存知ないでしょうが、
林家木久蔵師の『火焔太鼓』『新聞記事』、
林家三平師の『ざる屋』『有馬の秀吉』、
桂かい枝師の『壺算』『豊竹屋』『天神山』『丑三つタクシー』、
春風亭小朝師の『ぼやき酒屋』などは
【さん太改作バージョン】でかけて下さっています。


改作というのは、
従来の古典落語にギャグを入れたり、展開を変えたりして、
オリジナリティを出す作業ですが、これがなかなか難しいです。


もちろん、新作を1本書くのも難しいんですが、
新作の場合は無から有を作り出しているので、
とりあえず作業のあとが判りやすいです。
【平地】だったところに【家】が建てば、
たとえあまりいい家じゃなくても【建てた】という事は一目瞭然です。


ところが古典の改作というのは、
元々建っている家の【内装工事】のみをするわけですから、
一見したところ作業のあとが判りにくいです。
早い話が『ギャグを沢山盛ってナンボ』という事になりますので、
非常に【手数(てかず)】が必要となります。


オリジナルの新作の場合は、依頼者の方に
『ギャグはさほど気に入らなくても、噺の展開が好き』と思ってもらえたら、
それはそれでありなんですが、
改作の場合は、既にストーリーは存在していますから、
ギャグのみで勝負するようなものです。


下手すると変なギャグを入れたために、
普通に演れば面白い噺を、ぶち壊してしまう可能性まであります。
ある意味、新作を書くよりセンスを問われ、
大変な作業と言えるかもしれません。


改作には、ギャグを入れる作業の他に、
『展開を変える』という作業をする場合もあります。
これは本来のストーリーを変えてしまうわけですが…
非常に勇気のいる事ですね。


ともすれば古典落語という、畏敬の念を持つべき存在を、
根幹から否定するような事になりかねませんからね。
自分で高座にかけるためだけならまだいいんですが、
お仕事として依頼を受けた時、
『これを演ってみてください』と言って依頼者に渡すのは度胸が要ります。


ギャグを入れる場合は増量するわけですから、
大体『+α的感覚』でいいんですが、展開を変えるのは、
『従来の物を捨てる』という事になります。
だから、よほどその着想に自信がない限りは、
思いついても二の足を踏んでしまいますね。
非常に悩ましいです…まだまだ勉強不足ですね。


新作の執筆だけではなく、
古典の改作もやらせていただいておりますので、
もしも気が向かれましたら、アマプロ問わず御依頼ください。


微笑亭さん太

自治ネタ漫談

1道1都2府43県と言われるように、
日本には実に多くのが存在します。


中には、意外な共通点のある県というのがありましてね。
岩手県、茨城県、栃木県、山梨県、沖縄県、
この全く関係のなさそうな五つの県にも、意外な共通点があります。
それは、『県名と同じ市町村があるにもかかわらず、
そこが県庁所在地ではない』という事なんですね。
それぞれ、岩手町、茨城町、栃木市、山梨市、沖縄市がありますからね。


唯一の『都』である東京都ですが、
都と他の道府県の最大の違いは『特別区』、いわゆる23区の存在ですね。


特別区は普通の市町村と違って、
上下水道の業務や消防などを都に任せているもんですから、
全体的に独立性が低くて、都の権限が大きく設定されてるんですね。
ですから東京都知事は『プチ国王』みたいなもんですから、
良い知事か悪い知事かというのが都民の暮らしに大きく反映してきます。
『いい知事が万事』とはよく言ったものですよね。


東京都内でも不思議な町というのがありまして、
東京都練馬区にある西大泉町は、東京都の一部でありながら
埼玉県新座市に囲まれて存在するという、
いわゆる『飛び地』なんですね。


広さも0・002平方キロで、
住んでいるのも僅か6世帯、13人だけなんですね。
どうしてこのような飛び地が出来たのかは不明らしいのですが、
これはまだ近場でよかったですよね。
所属が東京じゃなくて沖縄だったら、
市役所に行くのに飛行機で行かなくちゃいけませんからね。


47都道府県の中で、もっとも島が多いのは長崎県でして、
実に971もの島があるんですね。
長崎県の面積は全国で37位なんですが、
その島の数とリアス式海岸の複雑さから、
海岸線の長さは4137キロもあり、これは北海道よりも長いそうです。


これだけ数がありますから、島同士が仲良くやってもらいたいですよね。
もしも島同士がもめてバラバラになってしまうような事があれば、
『島バラバラの乱』とでも言われちゃうでしょうからね。


最も大きいのが北海道だというのは一目瞭然ですが、
意外に判らないのが『最も小さい県』ですね。
これは香川県なんですが、
実は1988年までは大阪府の方が小さかったんですね。
その後、香川県の一部に県境が確定していない地域がある事が判り、
そこが面積の算定から外されて、最小の県となったんですね。


これから何十年か後には、もっともっと極小サイズの県、
例えば3メートル四方くらいしかない県ができるかもしれませんね。
そうなりますと、一世帯しか住めませんから、
そこの家のお父さんが『県知事』という事になりますよ。


お母さんも子供たちも『公務員』扱いで、
ちょっとボケてきたお爺ちゃんだけが
『痴呆公務員』だったりするわけですね。
庭は『県道』と見なされ、テレビや冷蔵庫はもちろん、
ボールペンや消しゴムに至るまで全て『備品』になりますから、
いちいち予算申請して許可が下りないと買えないという、
それも結構面倒臭い感じになるでしょうね。


微笑亭さん太

四半世紀ぶりの再会

昨日は豊橋市小池町の大黒屋旅館にて、
大黒屋寄席に出演してきました。
年2回行われている定例公演ですが、
私は久々の出演となります。


大黒屋さんに着くと、見慣れぬ年配男性から、
「おう、横井、久しぶりだな~」
…あれ?誰だっけ?…
てゆーか、私の事を本名で呼ぶ知り合いには、
ここ数年会った事がありません。


「お前、随分痩せたな~」
さらに、私のMAXで太っていた時代を知ってると?
一体誰……
「あっ、マスターですか!?」
私が現役の落研部員だった頃、
よく通っていた大学近くのパスタ屋さんのマスターでした。


とても美味しいお店で、
友達たちと毎日のように通ったものです。
さらに閉店後にはマスターを交え、
翌朝まで徹夜麻雀なんて事もよくありました。


「いや~久しぶりですね~」
「そうだな。25年ぶりくらいかな」
聞けば昨年、お店をやめられ、
先々月から大黒屋さんで住み込みのような形で働いてらっしゃるとの事。


「今日は横井が来ると聞いてたんで楽しみにしてたんだよ」
…う~ん、本名で呼ばれる事に物凄く違和感を感じる(笑)
「あいつにも来るように言っておいたから」
当時の麻雀仲間であった友達も顔を見せてくれ、
高座前にこんな劇的な再会があるとは夢にも思いませんでした。


『そば清』                    橘亭郵便箱

『貧乏神』                    鶴橋減滅渡

『井戸の茶碗』                 微笑亭さん太


最近、お客さんが少なめだった大黒屋寄席ですが、
この日はうめセンセ、ふりかけさん、こだまさん、はんどさん、
華さん母子、みるくさん、うさぎさんと、
身内総動員(?)の甲斐あって、54名の方が来てくださり、
まずまずの入りとなりました。


打ち上げでは、
久々にマスターのパスタをいただく事ができて、とても感激しました。
…マスター、また麻雀やりましょう。


微笑亭さん太

警察な行動は控えるように

俳優の大滝秀治さんがお亡くなりになって暫く経ちますが、
大滝さんといいますと、ある程度の年代の方にとっては、
『特捜最前線』というドラマでの刑事役が印象深い事と思います。


劇中で大滝さんはベテラン刑事を演じ、
仲間から『おやっさん』と呼ばれていたんですが、
今から考えると当時の大滝さんは40代そこそこでして、
結構若かったんですね。


それが、亡くなる直前くらいまで
変わらず俳優活動を続けてこられたという事で、
『やずや』の商品がいかに体にいいかという事を、
身をもって立証されたようなお方ですよね。


刑事ドラマに登場するような優秀な警察官ばかりでしたら、
迷宮入り事件なんて存在しなくなるんじゃないかと思いますが、
現実はなかなか大変ですよね。


大阪府警が採用試験において、
筆記試験の出題範囲を国語力などの基礎学力に絞って、
体力検査や志望動機をより重視すると発表したなんて事がありました。


というのもここ数年、
5人に1人が採用後3年以内に退職しちゃってるそうで、
『公務員なら何でも』的な動機で入った若者が、
厳しい訓練や規律になじめずに辞めていくケースが多かったんですね。
これは全国的にも珍しい試みで、凶悪犯にもひるまない、
覚悟と胆力がある若者を採用したいという意図があるようですね。
早い話、『体育会系の警察官』を増やしていきたいという事ですね。


ところが、実際に募集してみたら全然希望者が現れなかったりしてね。
「何でちっとも希望者が集まらんのかな?」
「やっぱり、この求人広告のコピーが良くないんじゃないですか。
……『求む、筋肉バカ』って」
これじゃ集まらないでしょうけどね。


いざ採用してみたら、容疑者を逮捕するたびに
「盗人に手錠(ワッパ)をかける秋の暮…」
なんてんで一句ひねってる警察官がいましてね。
よく聞いてみたら、『体育会系』じゃなくて『俳句会系』だったりしてね。


常に一般市民に愛される警察官を目指さなきゃいけませんから、
垣根を無くするためにも、色んな立場の人を
刑事にしてみるというのも、ひとつの手でしょうね。


新宿二丁目あたりを中心に採用する
『オネエデカ』なんてのがいましてね。
そういう方が取調室で男性の容疑者と二人きりになると、
「ちょっとアンタ、さっさと吐きなさいよ!
…あら、なかなかいい大胸筋してるじゃないの…
薬物とか持ってないか身体検査するわよ」
なんてんで、やたら股間ばかり触ってきたりしましてね。


あるいは華やかな感じも必要だという事で、
女子高生を採用した『JKデカ』とかね。
事件が起きるとツイッターで
『…つ~か、犯人見つけてほしいんだけど』なんてつぶやくと、
あっという間に情報が集まってくるんですね。
足を使った『捜査』ではなく、スマホの『操作』で犯人を捜すわけですね。


犯人を逮捕する際も、
「あんたが暴れるからネイルが剥がれてるし…マジありえないんだけど」
なんてんで文句を言いながらも、犯人とツーショットで記念撮影して、
すぐにブログに写真をアップしたりするという、
そんな刑事がいたら楽しいんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

赤い糸は復元できるか?

女性の婚活は今や常識ですが、
『玉の輿婚』とはいかなくても『できちゃった婚』でもいいから、
結婚したいと考えている女性は少なくありませんよね。


「私はさ、胸が小さいから男性にモテなくて結婚できないのよね~」
そうボヤいてた女性が一念発起して豊胸手術を受け、
見事意中の男性を射止めて結婚に至りましてね。
今後こういうパターンの結婚を『シリ婚』と呼ぶそうですね。


ブラジルのサンパウロ郊外の病院で、
女性医師がシリコーンで複製した同僚の指を使って指紋認証をすり抜け、
出勤を偽装していたなんて事件が発覚しましたよね。
言ってみれば、『新手の代返』みたいなもんですよ。


逮捕されたこの女性医師は、
30人以上の同僚の勤務を偽装した事は認めたんですが、
『他にも多くの医師や看護師が関わっていて、主犯は別にいる』
と話しているそうですね。


この手口によって、『指だけしか存在しない病院職員』
約300人もいるのではないかという話もありますから、
『指だけ職員』のみで、ちょっとしたリオのカーニバルが出来そうですよね。


中には3年間、一度も出勤してないのに
給料を受け取っていた人もいるそうでして、
そこまで目立つ事をしていても、判らなかったんでしょうかね?
病院はただ、『指』をくわえて見てたんでしょうかね。


人を騙すために人口の指を使うのはマズいですが、
中には人の役に立つ人口指もあるようですね。


暴力団対策法が施行された1992年以来、
組織を解散して社会復帰を目指す元暴力団員が急増し、
今は年間600~700人くらいいるそうですね。
ところが真面目に働こうとしても、小指がなくては就職もできない。
そこで欠けた小指の代わりになる人工義肢を専門に作ってらっしゃる、
女性のボディー技師さんが大阪にいらっしゃいましてね。


特殊シリコーンで作られた小指は、
指紋のシワや少し伸びた爪までも再現されている非常にリアルな物で、
小指にかぶせるようにして接着剤を使わずに装着できるそうですね。
ただ装着する時に注意しなければいけないわけでして、
間違えて小指に中指用の義肢をはめてしまうと、
端っこが一番長くなって、ぱっと見、
寿司桶に入っているバランみたいになっちゃいますからね。


小指を受け取った元暴力団員からは、
『就職先が見つかった』とか『別れた妻と再婚して、また子供にも会えた』とか、
『久しぶりに、指きりげんまんの約束が出来た』なんという
嬉しい報告が届くそうですから、本当に役に立ってますよね。


この場合は欠損してるところへ穴埋め的に義肢をつけるわけですが、
人間の体には、もう一本あったら便利だな~なんて事もあるでしょうね。


腕なんかでももう一本あれば、
車を運転する時、両腕でハンドルを持ったままジュースが飲めますし、
足がもう一本あったら、散歩していて疲れたら、足三本でもって体を支えて、
三脚みたいな状態で立ったまま休憩ができますから、便利じゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

ドラマチックなドラマ

続々と春の新ドラマが始まってますよね。
前クールで内野聖陽さん、佐藤健さんが出演した
TBSの『とんび』の最終回の平均視聴率が20・3%を記録し、
前回の連ドラの中では最高視聴率となったようですね。
高視聴率を取られた他局からしてみると、
とんびに油揚げをさらわれたような心持ちなんでしょうね。


今はもちろん、
録画した物を編集して一本のドラマにしているわけですが、
その昔、テレビ草創期の時代には、ドラマも生放送というのが常識でした。
当然、色んなハプニングや『迷場面』が続出したようですね。


当時、戸坂康二さん原作の
『尊像紛失』というドラマが生放送されたんですが、
この話は『床の間の仏像がなくなっているのを主人公が発見する』
という発端から始まるんですね。


ところが、
いざ本番が始まって床の間を見ると、仏像があるんですね。
スタッフのしまい忘れが原因らしいのですが、致命的すぎる失敗ですよね。
絵に描いたような『絶体絶命』です。


すると主人公の役者さんは、一瞬茫然とした後、
床の間から仏像を払い落としてから、
「…仏像がない!」と叫んだそうでして。
見ていた誰もが『いやいや、今あったし』と、
テレビの前でツッコんだ事でしょうね。
当時はそんなシャレにならないような事態が、
ちょくちょく起こっていたと予想されますよね。


ドラマの視聴率がひどく落ちている昨今ですから、
あえて生放送のドラマを作ってみるというのも、
有効なてこ入れ策じゃないかと思いますね。


病院が舞台のドラマでしたら、手術シーンなんかでも、
リアルタイムで本当に手術しちゃうんですね。
もちろん医者役の役者さんは素人ですから、
途中で患者役の役者さんが起き上がって、顔面蒼白で、
「痛い痛い痛い!そこ切っちゃ、ダメ!」
なんてダメ出ししましてね。


ドラマの後半で、手術を受けた患者さんが退院するシーンがあるんですが、
「先生、お陰さまで、この通りすっかり良くなりました」
なんてな事を言ってるんですが、
手術を受けてまだ数十分しか経ってないもんですから、
顔色真っ青でフラフラで、とても退院できる状態じゃなかったりするわけですよ。


逆に時代劇の立ち回りの場面では、
斬られて死んだはずの侍が再び元気に立ち上がって
主役にかかっていくところが映ってしまうという、
ゾンビ映画みたいなトーンになっちゃいましてね。
「やや時間が押しておるから、その方はもう立ち上がらんでもよい」
生放送ならではの指示が、悪代官から家来に出されるわけですね。


極めつけは、
「この紋所が目に入らぬか!」
水戸黄門が印籠を見せようとすると、
ドラマの途中でどこかに落としたらしくて見当たらないんですね。


これじゃ終われないので、助さん、格さんはもちろん、
悪代官から家来から、みんなで探し回ったりしましてね。
こういうハプニングを期待して、
視聴率はうなぎ上りになるんじゃないかと思いますね。


微笑亭さん太

友達の輪

昨日は、豊橋の『高千穂』というレストランに行ってきました。
ライオンズクラブの方々の例会で、1時間ほど喋ってきました。


会場は、広い和室だったんですが、責任者の方から、
「最初に会長さんの挨拶があって、その後すぐ、落語になりますから」
「高座の準備の方は?」
「ちゃんとしておきますから」


例会が始まると、
私はすぐ横の廊下でスタンバってました。
会長さんのご挨拶が終わり、出囃子が流れたので
扉を開け会場に入りました。


さあ、高座に上がろうとふと見ると、高座の真ん前に、
会長さんがご挨拶をされる際に使っていた演台が置かれています。
高座の方が低いので、そのまま座布団に座ったら、全く見えません。
…てゆ~か、座布団が置いてないし!
マイクは置かれてあっても座布団がないと…あ、マイクがない!
マイクスタンドだけで、マイクはないし!
しかもマイクスタンドの向きが、前後逆だし!
ツッコミ所が多すぎる高座です。
「…でも、水差しは置いてありますから」
…いや、それはむしろ、いらないんですよ。


会員の方々20名くらいを前に喋りましたが、
予想外によく聞いて笑ってくださいました。


終わった後はお食事会で、私もご一緒させていただきました。
最後に会長さんが、またご挨拶をされたので、
『これでお開きなんだな~』と着物のバッグに右手を伸ばすと、
その手を会員の方にガッ!とつかまれました。


『えっ!?』と思った途端、
今度は左手を別の会員の方にガッ!
一瞬拉致されるのかと身構えたら、
「最後はね、みんなで輪になって歌うんですよ」
全員手をつないで大きな輪になり、その手を上に上げ下げしながら、
ライオンズクラブの歌を歌いだしました。
…私は会員じゃないのに(汗)
色んな意味で、いい経験をさせていただきました。
ありがとうございました。


微笑亭さん太

ほんとにあった怨霊の館

ウチの店は深夜3時過ぎに閉店するんですが、
先日、閉店して2階に上がってネタ書きをしていたら、
突如、隣から大音量の音楽が聞こえてきました。
時間は午前4時です。


ウチの隣は
綺麗なママさんがやっておられるスナックでして、
2階には誰も住んでいないはずなんですが、
その2階から大音量の音楽が聞こえてくるのです。
深夜ですから、よく響きます。


時々、ママさんの息子さんが泊まられる事もあるようなので、
今日は息子さんがいるのかな~と思ってたんですが、
いつまで経っても音楽が鳴りやみません。
繰り返しますが、時間は午前4時です。


しかしよく考えてみると、
普段、隣の物音が聞こえてくる事などまずない中で
隣の私がうるさく感じるくらいの大音量で音楽をかけていたら、
その部屋にいる人物は、耐えられないくらいの爆音のはずです。


仮に息子さんが泊まってたとしても、息子さんは常識的な人で、
そんな非常識な時間帯に大音量で音楽をかけるとは思えません。
何となくベランダへ出て隣の様子を伺ってみましたが、
明かりもついてないようで、人の気配すらしません。

これはおかしいぞと、徐々に思い始めてきました。

下を見てみると、隣のスナックは、
看板の明かりは落としているものの、明かりはついていて、
ママさんはお店にいるようです。
その時、時間は午前4時40分になっていて、
私は既に40分も、
隣の部屋からの【コンサート】を聞かされていた状態でした。


意を決して下へ降り、隣のお店を訪ねると、
ママさんは、居残ってるお客さんの相手をされていました。
「ママさん、誠に申し訳ないんですが、
2階の音を、もう少しだけ小さくしていただけませんか?」
「…え?2階?…何もしてないよ」
「いえ、凄く大きな音で音楽が流れ続けてるんですが…」
「そんなはずないけど。だって、2階には誰もいないし」


やはり…やはり、そうでしたか…
誰もいない部屋から響き渡る音…
ひょっとして私は今、生まれて初めての【心霊体験】に遭ってるのかも…


「店の中には、2階の音は全く聞こえてこないので、
ちょっと外へ出て聞いてもらえますか?」
ママさんと一緒に外へ出ると、
2階からはやはり、大音量が辺り一面に響き渡っています。


「本当ね。おかしいわね…ちょっと待っててね」
ママさんはそう言って2階の様子を確かめに行かれましたが、
私だったら、とても怖くて一人では行けません。


暫くすると音が消え、ママさんが苦笑いしながら戻ってきて、
「ごめんね~、どうやら飼ってる猫がイタズラして
機械のスイッチを入れちゃったみたいで」


……猫かい!!
誰や、心霊現象てな事ゆうたんは!?……ワシかい!!


道理で、ママさんが2階に上がった時に
『こらっ!』とか『ダメでしょう!』という声が聞こえてましたが、
あれは幽霊を一喝してたのかと思ったら、猫を怒ってたんですね。


結果的に、私一人があたふたしていたという、
『大山鳴動、猫一匹』な事件簿でした。


微笑亭さん太

フラッシュ寄席

昨日は天狗連の月例寄席に行ってきました。
出番ではありませんでしたが、お手伝いに行きました。


寄席に行く前に、弾家呈茶さんのお店に伺いました。
というのも、今回の小市民寄席を前に、
天狗連の個々の写真を取り直そうという事になり、
撮影のために伺ったのです。


スタジオには高座が作られていて、
座布団に座って落語を喋っているところを、
カメラマンである呈茶さんの御主人に撮っていただきました。


撮影ですから、
まあ2、3分も喋れば止めてくださるだろうと思っていたら、
フラッシュが盛んに焚かれる中、
何分経っても『もう結構ですよ~』の声がかかりません。


…あれ?いつまで喋ればいいんだろ?
戸惑いながら喋り続ける私。
結局、15分ほどの噺を一席、サゲまで喋ってしまいました。


「こんなに喋る必要あったんでしょうか?」
「あ、ごめんなさい。ついつい、最後まで聞きたかったから」
あ~やはり最初の2、3分以降は、
【サービス残業】のようでした(笑)


肝心の寄席の方ですが、
この日は珍しくお客さんが少なくて17名ほどでした。


『松竹梅』             寿司家銀司

『そば清』             橘亭郵便箱

『太神楽』             古呂比家念挫

『時そば』             何逸亭やん泥


来月、5/20(月)の月例寄席は
出番になりましたので、またよろしくお願い致します。


今年の小市民寄席は、豊橋市公会堂にて、
7/6(土) 午後5時~
  7(日) 午後2時~

例年通り、二日公演で行われます。


今回は、落語や漫才、寄席踊り、太神楽などの他に、
私が台本を担当させていただく【天狗連総出演コント】も行われます。
盛り沢山の内容になる事請け合いですので、
どうぞ今のうちから、予定に入れておいていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

脱法へ行こう!

法律で禁じられている薬物を使用する事が
いけないのは言うまでもありませんが、
最近は脱法ハーブを使用する若者たちが増えていますよね。


脱法ハーブとは、『合成カンナビノイド』という、
大麻の薬理成分の効果を模倣した物で、
法律で取り締まりができない事から合法ハーブとも呼ばれてるんですね。
『お香』と称して売っていたりするんですが、
それを使用して事故や犯罪を起こしたりなんて事が
度々起こったりして、問題視されています。


色々な種類の脱法ハーブがあるわけですが、
中には痔の薬を吸ってトリップしている人もいたりしましてね。
「それも脱法ハーブですか?」ったら、
「いえ、脱肛ハーブです」と言ってましたけどね。


ドラッグというと海外のイメージが強いですが、
アメリカのコロラド州、ワシントン州、オレゴン州の三州が、
大統領選に合わせて嗜好用マリファナ、
乾燥大麻の合法化に関する住民投票を実施したそうでしてね。


そんな事が住民投票にかけられる事自体も凄いんですが、
何と、コロラド州とワシントン州では、
合法化案が賛成多数で可決されちゃったそうでしてね。
日本だったら、ドクター中松が東京都知事に当選しちゃうより、
ありえない事ですよね。


しかしこれにより、何だかコロラドやワシントンに、
意味もなく観光客が殺到しそうな予感はありますよね。
ただ行くのはいいんですが、その前に考えなくちゃいけない事は、
大麻も合法なんですが、『拳銃の所持』も合法な国だという事ですね。
大手を振って大麻を楽しめると同時に、
酩酊した中毒者から弾丸をプレゼントされる可能性も
高まってるという事は自覚しないといけませんね。


しかし住民投票で可決されたとはいえ、
連邦法ではマリファナは、『規制物質法』で違法薬物に指定されいるんですね。
DEA、米司法省麻薬取締局は、この規制物質法の執行について、
今後も変わらないというスタンスでして、
このあたりの『ねじれ』がどう解消されていくのかは、まだ判らないそうですね。


薬物が人の健康を脅かす存在である事はもちろんですが、
飲んだ後のラーメンも、メタボなお父さんを作り出す危険な物だという事で、
日本国内でのラーメン販売が禁止されたりしましてね。


そうしますと、各地のガード下なんかで違法なラーメンを売る、
ラーメンの売人が出没するようになるわけですね。
「…旦那、今日は上物が入ってますぜ。
麺は固ゆで、背脂たっぷり、煮卵にチャーシューも2枚乗ってます」
「なるほど…だが俺は、何も乗ってないのがいいな」
「さすがは旦那、純度が高いのがお好みなんですね。こちらにありますよ」
「いくらだ?」
「末端価格で、450円」
なんてんで取引されるんですが、
時々警察の手入れが入って、ラーメンの売人があげられちゃうんですね。


逃げ出した売人も、翌日には警察に出頭してきたんですが、
調べてみたら身代わり出頭だという事が判りましてね。
ラーメンの売人だけに、『かえ玉』だったという事ですね。


微笑亭さん太

とある冤罪の構図

昨日、ちょっとした買い物があって、
近くのスーパーへ買い物に行きました。


野菜類をカゴに入れレジに行くと比較的空いていて、
私は30代くらいの主婦らしきお客さんが、
精算をしているレジに並びました。


お金を払おうとして、その方が一万円札を出しました。
そこのレジは、お金を入れて金額を打ち込むと
自動的におつりが出てくるシステムのようなんですが、
パートらしき店員さんが、その一万円札を入れようとしても
お金が入りません。


どうやらそのお札が【機械に嫌われてしまってる】ようなんですが、
どうもその奥さん、現金は
その一万円札しか持ってらっしゃらなかったようなんですね。
お金を払いたくても払えない状態なわけです。


パートの店員さんも奥さんも
すっかり困ってしまっていたんですが、
その時私は、5千円札1枚と千円札を5枚持っていましたので、
「…よかったら、その一万円札を両替しましょうか?」
「いいんですか?ありがとうございます!」
奥さんから1万円札を受け取り、
5千円札1枚と千円札5枚を渡しました。


お札が変わりましたので、
今度はレジに嫌われる事もなく精算を済ませた奥さんは、
「ありがとうございました」と
私にお礼を言って帰っていかれました。


一件落着してよかったな~と
窮地を救った特撮ヒーローのような心持ちで、
今度は私が精算をする番です。


「…ありがとうございました、2135円です」
「あ、はい」
そう言ってお金を取り出そうとした私は、
そこで初めて気付きました。
私も、今日は【1万円しか】お金を持ってなかった事を。


私の手には、さきほど奥さんから受け取った1万円札。
これがレジに絶対入らない事は、火を見るより明らかです。
何という間抜け、何という大失態!


「…す、すみません…このお札しかないんですけど」
「えっ?…ああ…そうなんですか…」
「これ、レジに入りませんよね…」
「そうですね…じゃあ、暫くお待ちください。
仕方がないので、お札を交換してもらいに行ってきます」
…私の気のせいかもしれませんが、
パートの店員さんの口調には、若干私を責めるような響きが…


ふと見ると、さっきまで空いていたはずのレジなのに、
私の後ろに3人も並んでるじゃありませんか。
さきほどの奥さんとのやり取りを見ていないその方々にとっては、
レジを止めている元凶は、100%私という事になっています。


店員さんがお札を交換しに行っている間、その方々の
『…お金ぐらい、もうちょっと持ってなさいよ』
『よりによって、えらいところに並んじゃったわね…』
『全く、使えない客ね~』と言わんばかりの視線が
私に突き刺さってきます。

違うんです!私のせいじゃないんです!

そんな心の叫びが、その方々に届くはずもありません。
店員さんが帰ってくるまでのほんの2、3分が、
3時間くらいに感じたのは、言うまでもありません。


そんなわけで、思慮が浅くてポカの多い私ですが、
昨日は久々に【お間抜け全開】で、やらかしてしまいました(汗)


微笑亭さん太

君、ボクのタイプだよ

陽気がよくなってきますと、女性にとっては
防犯面で気をつけなければいけない事が増えてきますよね。
下着泥棒や露出狂はもちろんの事、
薄着になっていく事により、痴漢が増えてきます。
あれはやる側に、
あまり犯罪の実感が薄かったりしますから、始末に悪いですよね。


先日、滋賀県警が、痴漢などの性犯罪で逮捕した容疑者に、
『狙うのを避けるタイプ』などを
聞き取った調査結果を発表しましてね。


目的は、被害防止に向けて注意を促すためなんですが、
このデータを集めるのは、なかなか難しかったでしょうね。
これは彼らにとって、一種の『企業秘密』みたいなもんですからね。
中には教えるのを頑なに拒む犯人もいたでしょうね。
「俺はね、そういう事は言いたくないですね」
「そんな事言わないで教えてくれよ~…さわりだけでも」
そんな感じで説得したんでしょうかね?


彼らが言うには、『避けるタイプ』というのは、
『ズボン着用など露出が少ない子』だとか『複数で歩いている子』、
『傘などの反撃材料を持っている子』、あと『チーズ』だそうですね…
傘が有効だというのは朗報ですね。
自動で開くタイプを持ってたら、
ワンタッチでワンタッチを防ぐみたいな感じですよね。


逆に狙われやすいのは、音楽プレーヤーを聞いたり、
携帯電話を操作しながら歩いている女性だそうでして、
今はこういう無警戒な子は多いですよね。
せめて携帯の着信音をパトカーのサイレンの音にするとか、
それなりの防御策を取っておくべきですよね。


彼らに『好みのタイプ』を聞いてみると、
『女子中高生』がダントツの人気だったそうで、
狙う理由としては『制服姿だったから』という事だそうですね。
女子の制服姿は、性犯罪者の『征服欲』もそそるという事なんでしょうかね?


制服姿がきっかけになっているのだとすれば各学校も、
制服を婦人警官の制服と瓜二つにするなどの
対抗措置を取ってみたらどうかと思いますね。
あるいは『柔道着』にしてみるとか
『女子レスリングのコスチュ-ム』にしてみるとか…それはそれで、
今度はその手のマニアが喜びそうですから難しいですね。


電車における痴漢はなかなかなくなりませんから、
車両の床を取り払って、お客さんたちは全員、
両手で吊り革につかまって乗るようにすればいいですよね。
そうすれば、途中で力尽きる人はいるかもしれませんが、
痴漢は100%はなくなると思いますね。


微笑亭さん太

アイム・僧・ソーリー

誠に不謹慎ではありますが、
当人たちは真剣でも、傍から見ていると、
まるで『コント』のようにしか見えない事というのがあります。


昨年の10月に長崎県対馬市の観音寺から、
県指定有形文化財である『観世音菩薩坐像』という仏像が盗まれましてね。
それを盗んだ韓国人の男が逮捕され、仏像も発見されたんですが、
今度は韓国側が『14世紀に略奪された物であり、元々韓国の物』として
返還を拒否してましてね。


それだけでもおかしな話なんですが、
今度は突然、韓国の僧侶たちがアポなしで観音寺を訪れましてね。
『仏像の代わり』なのかどうか判りませんが、870円で売られているという、
公式マスコットを持ってきたんですね。
見た目は、グリコのオマケ以下ですよ。
あれだったら、デアゴスティーニの組み立てキッドの方が、
よほどクオリティが高いんじゃないかと思いますね。


訪問の目的は、
『盗難被害で苦しんでいる、日本側の関係者の心を慰めるため』
と仰ってるんですが、日本語の『慰める』という言葉と
『逆なで』という言葉を取り違えてるんじゃないかと心配ですね。
あれで観音寺側が納得すると思っている状況こそが、
まさにコントみたいですよね。


しかし向こうは『870円のマスコット=県指定有形文化財の仏像』
という価値観だという事が判ったわけですから、
観音寺も、仏像を返してもらう代わりに
『くまモン』の人形でも差し上げれば、
釣り合いは取れるという事になるんでしょうね。


この事件の場合は、お寺は完全な被害者という事になりますが、
時にはお寺自体が引き起こすスキャンダルというのもありましてね。


弘法大師が開創し、総本山である
金剛峯寺(こんごうぶじ)が世界遺産に登録されているという
宗教法人の『高野山真言宗』で、宗団の資金運用を巡って
約6億8千万円の損失が出ているとして、
宗派の議会に当たる『宗会』が、内閣に相当する『内局』のトップ、
庄野光昭宗務総長への不信任案を可決したなんて事がありました。


これを受けて庄野宗務総長は宗会を解散したもんですから、
50日以内に宗会議員を決める選挙が行われるそうでして、
まさにガチの『解散僧選挙』ですよ。


宗団では2003年から、お賽銭やお布施も含まれる資金の運用を始め、
現在約30億円を運用しているんですね。
従来は30年満期など長期のものが多かったんですが、
2007年ごろから早期償還された資金の再運用で、
4~5年満期の短期商品を購入しだしたんですね。


そのうち、昨年までに満期になった短期商品の運用損が
約6億8千万円になったそうですから、
『煩悩』というのは何を意味するのかを、
身をもって教えちゃったみたいなもんですよね。


お気の毒なのは、檀家さんや参拝客の皆さんでしてね。
ここのお寺に、お賽銭で『商売繁盛』や『金運向上』をお願いしても、
望み薄という感じですよね。


高野山真言宗は、総本山の名前が『金剛峰寺』なのにもかかわらず、
『今後無事』かどうかが判らない状態だというのが皮肉なものですよね。


微笑亭さん太

柔よく暴を制す

以前、大阪・桜宮高校のバスケットボール部で起こった、
顧問の体罰による自殺事件は悲劇という他はないんですが、
昭和の時代に青春を過ごされた方々は、
大なり小なり、先生から殴られたりビンタされたりという経験は、
お持ちじゃないかと思いますね。
その時代は、ある程度の体罰は必要なもの的空気が
漂っていた事も事実でしょう。


一口に体罰と言っても、地域による特色があるそうですね。
素手で殴るならまだ可愛い方でして、奈良県の一部の学校では、
重大な過ちを犯した生徒を仏像で殴るそうでしてね。
これを地元では、『奈良の体罰』と呼んでるそうでしてね。
…神奈川県の鎌倉市あたりでも、同様の事があるそうですけどね。


元々は高校の部活動から始まった体罰問題が、
その後完全に、柔道界に飛び火してしまいましたよね。


女子選手への暴力行為で、園田隆二監督や、
吉村和郎強化担当理事など3名が辞任に追い込まれたわけですが、
これは全世界の柔道界も驚く、前代未聞の不祥事となってしまいましたね。
全柔連といえば、かつての優秀な柔道選手の集まりのはずですが、
自分の『締め技』が、自分の首に入ってる事に気付かなかったんでしょうかね?


身体への直接的な暴力もさる事ながら、
昨年5月、ロンドン五輪代表発表の席で、
民放テレビの録画中継が終わるまで2時間近く選手を待機させた上、
落選確実の選手まで同席させ、発表時の表情を生中継させた行為が、
選手たちのプライドをズタズタにしたようですね。
これは手を出さなくても、精神的な暴力に等しい行為だと思います。


今回の体罰問題は
意外なところに影響を及ぼしているようでして、
このニュースを見てから星一徹さんが、飛雄馬に優しくなったそうですね。


日本の柔道界は、暴力行為や体罰が日常化していたわけですから、
代表監督には、絶対に暴力をふるわない方を選んでほしいですよね。
怠けている選手には相手を殴るんじゃなくて、
自らを殴らせる『逆体罰監督』とかね。


「そんな技で、オリンピックの金メダルが取れると思ってんのか!」
「すみません!」
「お前みたいな奴はな、俺を殴ってみろ!」
「そんな事…できません!」
「いいから殴ってみろ!」
「…失礼します!(バシッ!!)」
「…何だ、その体罰は?
そんな暴力しか加えられないから、柔道も弱いんだ。さあ、俺を罵ってみろ!」
「お…お前が無能だから、俺たちは強くなれないんだ…」
「言葉に遠慮があるぞ!力一杯、罵ってみろ!
でないと俺は、代表監督から外れるぞ!」
なんてんで、SなんだかMなんだかよく判らなかったりしましてね。


微笑亭さん太

是非お越しください!

※告知です。


4/21(日) 午後6時~
『大黒屋寄席』  木戸銭¥1000(お土産付)
豊橋市小池町 大黒屋旅館(0532-45-3958)
出演 橘亭郵便箱 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

年2回行われている定例公演です。
終演後は恒例の【じゃんけん大会】があり、
豪華賞品をゲットするチャンスです。
打ち上げは無料参加できますので、
お時間に余裕のある方は、是非とも参加していってください。



4/28(日) 正午~
『大草尋常笑楽校』木戸銭¥500  ※【給食】を希望される方は¥1000
正楽寺・額田郡幸田町大草寺西6(0564-62-0405)
出演 微笑亭さん太 田邊口幸麻呂 大川実音吏 他

定例公演のようですが、私は初めて出させていただくイベントです。
授業形式で、講演や歌が行われ、私は落語で出演という事になります。



5/3(金・祝) 午前10時~午後4時半頃
『6時間耐久 マラソン落語会』  木戸銭¥1000
瑞泉寺(津島市舟戸町)  (問)090-3256-0438(恒川さん)
出演 関大亭豆蔵 徒然亭若蔵 米花家写碌 丸芳楼宇ん鵲 隣乃玄張 若鯱亭笑天
微笑亭さん太 竜宮亭無眠 道楽亭かね平 槍田家志ょ朝 南遊亭栄歌
お好味家喜楽 川の家河太朗 津島家寿芸虫

毎年恒例、6時間耐久の落語会です。
今年も14名が出演するという、落語漬けの6時間です。
昼食のお弁当を予約する事もできます。【090-3256-0438 恒川さんまで】
さあ、あなたも、開口一番からトリまでたっぷり堪能して、
『…もう暫く落語は聞きたくない…』という悪夢の体験をしてみませんか?



5/11(土) 午後2時半~
『第9回 笑いの会』  木戸銭無料
鳴海商工会議所2階(名古屋市緑区鳴海町乙子山1-3)
(問)高橋ファミリークリニック 健康増進(052-622-1131)
出演 高橋院長 微笑亭さん太 他

高橋ファミリークリニック主催の『笑いの会』も、第9回となります。
今回の目玉は、院長先生が【落語】と【コント】に初挑戦するという、
どこから見ても無謀な企画です(笑)
私がネタを書かせていただき、一生懸命稽古されてると思いますので
その仕上がり具合を、是非とも確かめに来てください。



5/12(日) 午前10時~  午後1時半~
『半田末廣寄席』  木戸銭無料
半田末廣亭(料理旅館・末廣)
出演 (午前)若鯱亭笑天 南遊亭栄歌 槍田家志ょ朝 他
(午後)微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 竜宮亭無眠 川の家河太朗 他

年に2回行われている定例公演ですが、
午前&午後の2回公演と、ボリューム満点です。
今回は何と【歩く婚姻届】こと、鶴橋減滅渡さんがゲスト出演されます。
『楽語の会』の主要メンバーも総出演されますので、
お時間のある方は、よろしくお願い致します。



5/26(日) 午後2時~
『SKM48寄席(タメの会)』 木戸銭¥500
名古屋栄 朝日神社
出演 若鯱亭笑天 酔亭化枝 微笑亭さん太 竜宮亭無眠

S(さん太)K(化枝)M(無眠)という
同い年3人が、初めての落語会を行います。
なぜ『48』なのかは、ご想像ください(笑)
特に化枝さんは、わざわざ山梨県からお見えになります。
その爆笑高座は必見ですので、是非ともお越しください。
3人とも、物凄く気合いが入っている予定です(予定かい!)


お待ちしております!


微笑亭さん太

脱・赤点への道

最近は、高座で自分の作品をかける機会も増え、
『なんちゃって落語作家』として、
他の方々に作品を提供させていただく事もありますが、
創作落語を書くようになって15年くらいにしかならず、
まだまだ『ひょっこ』の私です。


よく他の方から
「どうやったら創作落語が書けますか?」とか
「どうやって面白いネタを思いつくんですか?」
という質問をされる事がありますが、
そんなコツがあれば、私の方が知りたいくらいです(マジで・笑)


私は自分の作品に対して、全く自信がありません。
何本かに一本、まぐれ当たりのように、
割と笑いの取れるネタが出来る事もありますが、
書き上げた作品全ての平均点を取ったら、
赤点ギリギリくらいかと思ってます。


当たり前の事ではありますが、
創作落語には、どうしても『自分』が出ます。
自分の感性、趣味趣向の集積が作品に表れます。


『面白いネタを書く』という意識より
『自分の書きたい事』が先行してしまうと、
どうしても踏み込み過ぎてしまうのです。


そこには『自己満足』という産物しか残らず、
『お客さんの意識』は置いてきぼりになってしまいます。
気がつくと、座布団の上で自分ひとり、みたいな状態です。
笑いを取るためには、お客さんの共感を得ないといけないのに
『マスターベーション』に走ってしまっては本末転倒も甚だしいです。
私の過去の作品には、そういう物がごまんとあります。
今以上に判ってなかったんでしょうね~。


しかし今でも気を抜くと、
その『ゾーン』に踏み込んでしまう事が多々あります。
創作落語は、お客さんに楽しんでもらうために作るものであって、
自分だけが気持ちよくなるための手段ではありません。
とは言うものの、私も一人の人間ですから、
自分が面白いと思う物しか書けない事も事実です。


ですから創作を書いている時というのは、
『自分の好み』と『お客さんの意識』の狭間において、
『今、筆がどこにあるのか?』
常に【位置検索】を行っていなければならないと思います。
…それが判っていてもなかなか出来ないところが、
私の能力の限界でもありますけどね…


微笑亭さん太

必要な外出?

昨日は、ぱんとまいむ寄席に出演してきました。
爆弾低気圧のせいで、全国的に荒れ模様となったこの日、
寄席の開催自体が危ぶまれてました。


何より心配だったのは、お客さんの数です。
気象庁が『必要のない外出は避けて下さい!』
再三再四呼びかける中、
22名もの命知らずのお客さんが来て下さいました(笑)


『後生鰻』                微笑亭さん太

『蔵丁稚』                竜宮亭無眠

『あの日の約束』(さん太作)     微笑亭さん太

『さじ加減』               若鯱亭笑天


昨日は私が『2席当番』だったんですが、
何年ぶりかでかける『後生鰻』と、
ネタ下ろししたばかりの創作でしたので、非常に不安でした。


しかし、お客さんはとても温かく、
笑い声にかなり助けられました。


結果的に名古屋は、
雨風ともにたいした事ありませんでしたので、
気象庁があんなに脅さなければ、
もう少しお客さんが来てくれたかもと、
クレームをつけたら…怒られますよね(笑)


微笑亭さん太

自販機に、カンバ~イ!

ウチの店から
歩いて数メートルのところに自動販売機があるんですが、
昨日、缶コーヒーを買おうと、自販機の前に立って愕然としました。


缶コーヒーはもちろんの事、
紅茶から、お茶、ジュースに至るまで
軒並みズ~ッと【売切れ】の赤いランプがついていて、
買える商品が、ほとんどないのです。
数えてみたら、36銘柄中、31銘柄が売り切れでした。
これはもう、【自動販売しない機】です。

自販機

そこそこ売れる自販機でありながら、
メーカーさんが滅多に補充に来ない印象はあったんですね。
しかし、ここまで品物がないのは初めて見ました。
少しも『スカッとさわやか』にならない自販機です。


逆にこうなると、
売り切れてない銘柄のプレッシャーはハンパないですよね。


早々と売り切れた人気商品たちから、
「…何、君はまだ売り切れてないの?
欲しい商品がなくて、妥協して別の商品を買っていくお客さんもある中、
まだ在庫があるとは、君は本当に人気がないんだね~」なんてんで
上から目線で馬鹿にされてたりしましてね。


自販機というのは観察してみると、
色んな工夫がされていて面白いですよね。


自販機のお金の投入口というのは必ず【右側】にありますが、
これは右利きの人が多いため、右側にあるそうですね。
と同時に、一番の売れ筋商品というのは【左端】にあって、
新製品や、売れ行きがイマイチの物は【右側】にあるそうです。


これは右側の方が目につきやすいためだそうですが、
最初は好調でも、売れ行きが落ちていくと
段々と右側に追いやられるんでしょうね。
自販機の商品にも【窓際族】というのが存在するんでしょうかね?


微笑亭さん太

涙のリクエスト

『ウチの子が勉強できないのは、遺伝かしら』とか
『私は、お母さんに似たから、太りやすいのよ』なんてんで、
人が『遺伝』という言葉を持ち出す時というのは、
必ずといっていいほど『ネガティヴな事』ですよね。


人の染色体というのは2本×23組=46本あり、
受精卵ができる時、両親の精子と卵子から半分ずつ受け継ぐわけですね。
ところがこの染色体の組み合わせは70兆通り以上もあるので、
同じ両親から生まれた子供でも、
かなりバラエティに富んだ子供が出来上がる可能性は十分あるわけですね。


中には、若干迷惑な遺伝というのもありまして、
日本人の祖先というのはシベリアの極寒の地に住んでいたため、
体温の放散を防ぐために、体の凹凸が少なかったんですね。
ですから日本人には、『胸の小さい人』や『胴が長い人』、
『足が短い人』なんてのが多いわけですね。
従ってスタイルに不満のある女性は、シベリアの大地に向かって、
「何で私の胸はAカップなのよ~!?」
と叫んでいただきたいですね。


これも遺伝のひとつとして、カウントしていいのかもしれませんが、
昔から男性というのは女性の涙に弱いですよね。


会社なんかでも、
明らかな失敗をした部下の女の子を怒っているうちに、その女の子が
「すみません課長…私が全部悪いんです…」なんてんで
顔を覆って泣きはじめると、途端にオロオロして
トーンダウンしてしまう方が多いですよね。
覆った手の下では、片方の目からは大粒の涙、もう片方の目では
『もうちょっと涙を増量した方がいいかしら?』なんてんで、
相手の様子を見ながら冷静に戦局を分析していたとしてもですよ。


中には涙の出が悪いな~と思うと、
お茶を目のところに付けて涙の代わりにする子もいましてね。
周りからは『カテキンみゆき』なんて仇名をつけられてたりしましてね。


最近、女性の涙に含まれる化学成分が、
文字通り男性を弱くしている可能性のある事が判り、
『男性は女性の涙に弱い』という事が科学的に証明されたようですね。
女性の涙を採取し、男性にこの涙を嗅がせたところ、
女性の涙によって男性の性的興奮が抑制される事が明らかになったんですね。


さらに被験者男性の脳をMRIで調べたところ、
性的興奮を感じる視床下部での脳の活動性や、
男性ホルモンである血中のテストステロンの濃度が低下していたそうでしてね。
男性の血液中のテストステロンは、
環境要因や女性の分泌物に敏感で影響を受けるため、
『男性』を強く保つためには、女性の涙はなるべく避けた方がいい事が、
科学的にも裏付けられた事になりますね。


しかし男性も、いつもいつもやられっぱなしじゃいけませんから、
たまには泣いてみるというのもいいかもしれませんよ。


浮気なんかが発覚した時でも、
「僕だって…僕だって…浮気したくてしてるんだ、ウワ~ン」とか
「二番手として付き合ってくれなきゃ泣いちゃう、ウワ~ン」
なんて号泣してみたらどうですかね。
多分、2分後には相手が目の前から消えてると思いますけどね。


微笑亭さん太

座布団の上の病巣?

高座というのはナマモノですから
アマプロ問わず、その日の体調やモチベーションに
左右されてしまう事があると思います。


ガンガンお客さんにウケている時というのは
当然気分もいいですから、
長いネタを演っていても、さほど苦にならないでしょうし、
もっと喋りたいと思ったりする事でしょう。


逆に全くウケてない時は、
どんどんとモチベーションが下っていって、
一刻も早く高座から下りたくなると思います。


ところが、お客さんもそれなりに笑ってくれているし、
演っていて、そういう意味で辛い状況ではないのに、
凄くしんどく感じる事が時々あるんですよね。


落語を演りながら、
『…あ~このネタ、まだ半分以上あるな~』なんてんで
サゲまでが物凄く遠く感じてしまうんですね。


単に体調が悪いとか、
疲れがたまってるとかそういう事とは関係なく
やる気がないというわけでもないんです。
『良い高座にしよう!』というつもりはあるのに、
何だかモチベーションが上がらない感じですね。
張り切って遠足に出発したのに、
集合場所の学校に行くまでに疲れてしまったみたいな感じでしょうか。


お客さんの笑い声が遠くに感じて、
噺家として高座に上がっている自分と、
素の自分がシンクロしてない感じで、
幽体離脱して、俯瞰(ふかん)で自分を見おろしているような心持ちです。
…病んでるのかな?(笑)


それが頻繁にあるわけではないですが、
これは私だけの事なんでしょうかね?
落語専門のカウンセラーの方がいたら、カウンセリングを受けてみます(笑)


微笑亭さん太

座・歌舞伎

約3年の工事期間を経て、
いよいよ新歌舞伎座が開場しましたね。
昨年から今年にかけて、中村勘三郎さん、市川團十郎さんという
超人気役者二人を失って、歌舞伎界も非常に厳しい状況にはありますが、
是非とも今いらっしゃる皆さんで、
盛り上げていっていただきたいと思いますね。


歌舞伎役者といえば、
必ず『屋号』というものを持っているわけですが、
歌舞伎に興味のない方だと『市川海老蔵は成田屋』くらいしか
ご存知ないんじゃないかと思います。


この屋号というのは、
歌舞伎が世間に広まった江戸時代から続いてるんですね。
当時、武士や中流階級のごく少数にしか、
『姓』を持つ事が許されていなかったわけでして、
他は農民なら『○○村の△△』とか、
職人なら『木挽町の○○』といったように、住所をあててましてね。


商人の場合は、時代劇でよく見かける
『伊勢屋』とか『近江屋』といった家の屋号を代用してました。
お陰で『越後屋』なんてのは、
みんなとびきりの悪徳商人のような印象を与えてますよね。


それで歌舞伎役者が、
姓の代わりに付けたのが『屋号』のわけですね。
生活のために副業として商いをしている事もあったため、
そこから屋号を付ける事もあったようで、
現在は代表的なもので10、全部で30余りの屋号があるんですね。


『成田屋』の場合は、初代の市川團十郎が千葉の成田出身で、
成田山を信仰していた事から付けられたわけです。
尾上菊五郎さんや松緑さんの『音羽屋』は、
初代・尾上菊五郎の父が、
清水寺のある音羽山の近くの出身だったからと言われています。


松本幸四郎さんや市川染五郎さんの『高麗屋』は、
別にトウモロコシを売っていたわけではなくて、
初代・松本幸四郎が若い頃、神田にある
『高麗屋』という商店に奉公していたからだそうですね。


香川照之さんが市川中車となられた事で話題になりました、
猿翁さんや猿之助さんがいらっしゃる『澤瀉屋』は、
初代の猿之助の生家が副業として、
薬草の澤瀉を扱う薬屋を商っていた事からきているそうです。
言われてみれば『中車』なんて、いかにも腕に薬を打ちそうな名前ですよね。


大向こうからの掛け声は、この屋号を呼ぶわけですが、
『女性はダメ』とか『桟敷席や一階席からはダメ』といったご法度があるんですね。
過去には屋号の他にも、二代目・尾上松緑の『紀尾井町!』とか、
七代目・中村芝翫の『神谷町!』など、
自宅のある土地を呼ぶ事もあったようですね。
今は、夜遊びしまくってる方なんかは
『歌舞伎町!』とか言われてしまうんでしょうかね。


これからは歌舞伎ファンを増やすために、
子供のうちから英才教育を受けさせるのがいいんじゃないかと思いますね。
歌舞伎学校みたいな物を作りましてね、
そこでは学年も、四年生、五年生とかではなくて、
四段目、五段目、六段目…と上がっていくんですね。


お昼の給食は、必ず『助六』が出て、
時々教室に『外郎売』が来たりしましてね。
体育の時間はひたすら『連獅子』の練習でフラフラになって、
フォークダンスでは、男子の半分が
ガッツリ作りこんだ女形姿で登場するという、
こんな学校があったら、歌舞伎ファンが急増する事間違いないですね。


微笑亭さん太

老々見合い

最近、飲み物なんかのCMを見ていると、ことさら『特定保健用食品』、
いわゆる『トクホ』を売りにした物が多いですよね。
その手のCMでは必ず、山盛りの料理を食べながら
『トクホさえ飲んでれば大丈夫』みたいな空気を作ってますが、
それで安心して三倍の量を食べてたら確実に太るわけですから、
気をつけなくちゃいけませんよ。


トクホを謳ってなくても、
それと同様の効果があるなんて物もありまして、
ロングセラー商品としてお馴染みのカルピスが、
短期的な記憶力や集中力を高める作用がある事が、
物忘れの自覚がある中高年者を対象にした実験で確認されたそうですね。


物忘れを自覚している45~70歳の男女20人に、
コップ一杯のカルピスを8週間に渡って毎日飲んでもらい、
野菜や動物の名前をできるだけ多く答えたり、
読み上げた数字を覚えて答えるなどのテストを行ったんですね。


すると、飲む前は世代平均を下回っていた実験参加者の得点が、
飲んだ後は平均を上回ったそうですね。
これは、カルピスに含まれるアミノ酸結合成分『ペプチド』が、
記憶力の改善に役立ったからだそうでして、
これで、忘れていた『初恋』も思い出す事ができるんじゃないでしょうかね。


「俺はさ、若い頃から記憶力がよくなかったんだよね~」
こういう方は恐らく、家でお母さんが作ってくれたカルピスが、
著しく薄かったからなんじゃないでしょうかね。
「カルピスで記憶力がよくなるのなら、ワシも毎日、飲む事にしよう」
「…お爺ちゃん、それは米の研ぎ汁ですよ」


カルピスは『初恋の味』と言われるわけですが、
恋をするのに『遅い』という事はないようでして、
最近は『40代でのお見合い』なんかも普通にあるようですね。
女性の社会進出が進んで、結婚年齢が上がっても
気にしない風潮になってきていて、年齢が結婚の動機になる事は、
男女ともに少なくなってきているそうですね。


このように『お見合いの高齢化』がどんどん進んでいけば、
80歳や90歳でお見合いをするなんて方も当然出てきますよ。
その年齢になってくると、
色んな意味でリミットがありますから決断も早いですよね。
席につく早々、お爺ちゃんが
「気に入った、ワシと結婚してくれ!」
と言った相手は、付き添いで来てたお孫さんだったりしましてね。


お互い気に入れば、即結婚という事になるわけですが、結婚式では神父さんが
「汝はこの人を、妻とする事を誓いますか?」
「………あんた、誰?」
新婦の顔を完全に忘れてましてね。
指輪を交換する代わりに『入れ歯』を交換して新婚旅行に出かけるわけですね。


当然、新婚初夜ですから一緒に布団に入るわけですが、
そのまま仲良く寝たきりになったりしたら、ちょっと困ってしまいますけどね。


微笑亭さん太

あかねの山も今宵限り…

昨日は津島市にて
『あかね寄席』に出演してきました。
毎年春に行われている定例の寄席で、
今回で16回目となるんですが、
残念ながら昨日がファイナルとなってしまいました。


というのも会場となっている喫茶店、あかね屋さんが、
2月いっぱいで辞められてしまったので、
今回は津島市商工会議所に場所を移しての『最終回』でした。


『やかんなめ』               微笑亭さん太

『備えあれば憂いなし』          槍田家志ょ朝

『堪忍袋』                 竜宮亭無眠

『初天神』                 若鯱亭笑天

『桜の宮』                 南遊亭栄歌


寄席は午後2時からだったんですが、
会場の入り口に貼られているビラを見ると、
『1時半開演』となっていました。


どうやらミスらしいのですが、
その上『12時半開場』となっていたため、
開演の1時間半も前から、お客さんが続々。


苦肉の策で、無眠さんや寿芸虫さんが、
あかね寄席の思い出話をするというフリートークで、
2時までつないでました。


場所が変わった事で、
お客さんの入りが心配されましたが、
フタを開けてみれば80名を越える超満員!
相変わらずよく笑ってくださるお客さんで、
大爆笑のフィナーレとなりました。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード