霊長類最強女子の憂鬱

レスリングという競技は、道具をほとんど必要とせず、
どんな貧しい国でも参加できるため、
国際試合では常に百ケ国以上が参加する人気スポーツなんですね。


己の体一つで誰でも始められ、練習次第で強くなれるという、
オリンピック精神に一番忠実な種目だと言っても過言ではありません。
そのレスリングが今、
オリンピックの競技から外されようとしているというのは、
信じられない感じですよね。


26ある中核競技の中から、ひとつ外す候補に入った事も驚きですが、
その中で断トツ最下位で決まってしまったのは、もっと驚きですよ。


『テコンドー』や『近代五種競技』は残ったわけですが、
近代五種の五つの種目を全て言える人は少ないと思うんですが、
それよりも優先的に、レスリングを外す必要があるんでしょうかね?
もっと言えば、次回のリオ五輪から正式競技となる
『ラグビー7人制』なんて競技、見た事ない気がするんですが…
優先順位の基準が今ひとつ判らない感じは拭えませんね。


過去の歴史を振り返ってみると、
水泳の鈴木大地選手がバサロ泳法で金メダルを取った直後、バサロが禁止され、
長野五輪で日本のスキージャンプ陣が金メダルを取った直後、
長身の外国人選手に有利になるように、
スキー板の規格が変えられるなんて事が起こりました。


単なる偶然と言ってしまえばそうなのかもしれませんが、
吉田選手や伊調選手が金メダルを量産しているレスリングが
こういう扱いを受けると、日本人としては、妙に勘繰りたくなりますよね。
このタイミングだったら、外すのはレスリングじゃなくて、
柔道じゃないかという気もするんですが…


外された原因が、今いちはっきりしないというのも不可解ですよね。
『ロビー活動の不備』が原因の一端だとされていますが、
陸上や水泳といったメイン競技の関係者が、
積極的なロビー活動をしてたとも思えませんよね。


そもそもロビー活動は、
そのスポーツの持つ素晴らしさとは何の関係もありません。
IOCは、全く選手の方を見てないんじゃないでしょうか。
これではオリンピックは『スポーツの祭典』ではなく
『ロビー活動の祭典』になってしまいます。


何となくIOCが、
廻船問屋に賂(まいない)を要求する悪代官にすら見えてきます。
事によったら次回から、新種目として
『ロビー活動』が加わるかもしれませんね。


まだ復活の望みはあるわけですが、
以前、同じように除外の憂目に遭った『野球』と『ソフトボール』は、
『野球&ソフト』として復活を狙っています。
ですからレスリングも、他の競技との合せ技で復活する手もありますよね。


例えば『陸上&レスリング』なんてんで、
ゴールに向かって走り出した選手たちが、
途中でおもむろにレスリングで対戦し、
勝った方だけがゴールテープを切ってもいいとかですね。


『馬術&レスリング』では、
馬に乗った選手たちが馬上をマット代わりにして試合をするという、
ある意味『騎馬戦』とも言える状態ですね。


あるいは、頬かむりをした泥棒を、レスリングの技でねじ伏せる
『アルソック』なんて新種目を作ってしまうのも、いいかもしれませんね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

極楽への近道

日本人であれば
温泉が嫌いという方は少ないんじゃないかと思いますが、
マニアになると各地の温泉を回って、
体がふやけるほど入りまくるなんて方もいらっしゃいますよね。


以前、香川県が
『うどん県』という名称を登録したなんて事がありましたが、
それに倣って別府や由布院といった有名な温泉地のある大分県が、
『おんせん県』の名称の商標登録を特許庁に申請したんですね。


もちろん観光PRを狙っての事だったわけですが、
同じく温泉が豊富な群馬県から
『他県は温泉県を名乗れなくなるのか』と反発の声が上がりましてね。


というのも群馬県は、
かねてから観光パンフレットなどで『温泉県』と名乗っているんですね。
同様の声は全国から相次ぎ、
大分県が釈明に追われる事態になっているそうですね。
温泉が出ずに、批判が湧き出てしまったというのも皮肉な話ですよね。


予想外の反響に大分県は
『第三者に営利目的で登録されるのを防ぐのが目的で、
他県の使用を妨げる意図は一切ない』との釈明をホームページに載せたほか、
全都道府県に同趣旨の文書を送ったようですね。


しかし大分県も、宿泊施設やお菓子の宣伝に
『おんせん県』の名称を使おうと思って申請したという事ですから、
これは営利目的ではないんでしょうかね?


『うどん県』に続いて『おんせん県』が誕生したとなると、
北斗晶さんの出身県である福岡県が『北斗の県』などと名乗って、
漫画の作者と揉めやしないかと心配になってしまいますね。


温泉は人の気持ちをリラックスさせて癒す効果がありますから、
カリカリした状況になりそうなシチュエーション、
例えば会社の会議なんかでも、温泉に浸かりながらやってみたら、
案外円滑に進んでいくんじゃないですかね。


上司も部下も、男性も女性も関係なく
『混浴露天風呂会議』みたいな感じでね。
心身共にリラックスして、小さな事にこだわってダメ出しするのが
バカバカしくなってきますよ。
「…君、今ブルブルっとしたよね?」
「すみません、会議の途中でトイレに行くのは失礼だと思ったもんですから」
そのまま済ませる方が、もっと失礼ですけどね。


企画がダメな場合には、盛んにタオルが投げられましてね。
十分に議論が尽くされるんですが、
時間が長引きすぎて気分が悪くなる社員が続出しましてね。
企画が当たらず、湯あたりするようじゃ意味がないですけどね。


微笑亭さん太

戦慄!廃病院に響く笑い声…

一昨日は豊橋の朝丘町に行ってきました。
ご近所の自治会の総会にて一席という事でした。


総会自体は午後2時から始まるんですが、
私の出番は2時半過ぎからという事でした。
会場は元医療施設で、今は使われていない建物を、
集会場として使用しているという感じのところでした。


私は1時半過ぎに着いたんですが、
中に入ってみると、お客さんはおろか、スタッフすら一人もいません。
開始時刻の25分前になっても誰もいないのです。


薄暗い廃病棟の廊下には無機質な静寂が存在するのみで、
青白い顔をした血まみれのナースが、
嫌な音をたてて軋む車椅子を押してこちらに歩いてきたら、
物凄く似合いそうな空気です。


背筋に冷たいものを感じながらも、
とりあえずトイレに行こうとトイレを借りました。
数分して出てきたら、誰もいなかったはずの受付には、
2人の年配男性がいらっしゃいました。

い、いつの間に…
私は思わず、その方々に足があるかどうか確認しました。


そうこうしてるうちにお客さんも集まってこられ、
7、80人はお見えになられたでしょうか。


総会に落語家を呼ぶのは初めてだったそうですが、
よく笑っていただきました。
…実は、落語が好き、とでも言うのだろうか?


微笑亭さん太

社長サン、気前イイネ!

昨日の続きになりますが、
瀬戸蔵での高座を済ませた私は、
瀬戸末廣寄席に出演すべく、末廣亭に移動しました。


瀬戸末廣寄席の開演時間は午後2時なんですが、
私は瀬戸蔵で2時10分の時点で落語を演ってましたから、
ちょっとした弾丸ツアーです。


末廣亭に着くと、
トップで上がられた河太朗さんが熱演中で、
とりあえず間に合ってよかったな~と一安心です。


ここは毎回お客さんが沢山来られますが、
今回は43名という超大入り!
小屋の物理的限界に近い状態でした。


『戒名書き』                  川の家河太朗

『火焔太鼓』                  若鯱亭笑天

『茂造の恋』(さん太作)            微笑亭さん太

『寝床』                     川の家河太朗


終演後はいつも、富くじ大会があり、
お客さん方に、瀬戸蔵ミュージアムのチケットなどが当たるんですが、
この日は河太朗さんが、
「私からも、皆さんにプレゼントがあります」
と仰って、何かを取りに行かれました。


河太朗さんの事ですから、
てっきり『キャバクラの優待券』かと思っていたら、
そうではなく、最後まで聞いていた子供さん4名に
手ぬぐいを差し上げてました。


河太朗さんが優しいのは、
フィリピン人に対してだけではないという事が、よく判りました。


微笑亭さん太

人形は顔が命です

昨日は瀬戸へ行ってきました。
瀬戸末廣寄席に出演するためなんですが、
実はその前に一席演ってきました。


瀬戸末廣亭から歩いて数分の所にある瀬戸蔵にて、
某政党の支持者の方々の集まりで、
アトラクションのひとつとして呼んでいただいたものです。


雛祭りが近いという事で、
瀬戸蔵の中には、『ひなミッド』なる物が飾られていました。

ひなミッド上

その名の通り、
高さ4メートルはある『お雛様のピラミッド』で、
雛人形やぼんぼりなどが
約千個は飾りつけられているという、なかなか壮観な物です。

ひなミッド横

かねてから、ひなミッドの存在は知ってましたが、
高座のお陰で間近で見る事が叶い感激しました。


高座の方は、
議員さんのお話などがある前の、前座的な出し物でしたが、
とてもよく笑ってくださったのでホッとしました。


高座を降りると
ご挨拶もそこそこに、着物を着たまま、
瀬戸末廣亭に向けて出発という、強行スケジュールでした。
明日に続く…


微笑亭さん太

はかり事に注意

ヒンズー教というとを神聖視する事で知られてますが、
そのヒンズー教徒が多数派のインドで、
2012年の牛肉輸出量が160万トンを超え、
初めて世界一となったそうですね。
『えっ、いいの?』と聞きたくなるような、
ちょっと信じられない感じのニュースですよね。


「おい、この牛乳、何か水っぽいね」
「ええ、水牛の乳ですから」
なんて話もありますが、輸出の大部分は『水牛』なんだそうでして、
普通の牛はダメでも水牛はOKなんですね。


水牛の肉は牛肉に比べて固く、味で劣るそうですけど、
『牛も女も【水】が付くと価値が下がる』と言った方がいらっしゃいますが、
そういう事なんでしょうかね?


ある男の子が街頭で、
二つの大きな容器に入ったジュースを売ってましてね。
両方とも全く同じジュースなのにもかかわらず、
片方は一杯200円で、もう片方は100円なんですね。
同じジュースなら安い方がいいだろうというので、
通りかかったお客さんが一杯100円の方を買って飲んだんですね。


飲み乾した後、男の子に
「同じジュースなのに、何でこっちの方は安いの?」と聞くと、
「…おじさん、誰にも言わないでくださいね。
実はさっき、こっちの容器に野良猫が落っこっちゃったんですよ。
だから同じ値段じゃ悪いと思って」
…もう、何を飲まされるんだか判ったもんじゃありませんけどね。


お店で出される物というのは、気をつけないと、
お客さんが随分損をしてるなんて事がありまして、
物凄く沢山入ってると思って食べ始めたら、
思った以上に早く器の底と対面してしまうなんて事がありますよね。


いわゆる『上げ底』というやつで、
「何だよ、上げ底かよ。これは詐欺だな~」
なんて怒ってらっしゃる方が、
シークレットブーツを履いてたりなんかしましてね…
まあ、同じようなものなんですけどね。


韓国のソウル市内の店で出される生ビールの量が、
注文よりも平均13~23%少ない事が
韓国消費者院の調べで判ったそうですね。


韓国では『生大』とか『生中』ではなく、
容量で注文するのが一般的なんだそうですが、
ソウル市内で生ビールを出す『ホプ』と呼ばれるビアホール90店で
調べたところによると、500ミリリットルを注文すると、
平均約13%少ない435ミリリットルが出されていたそうですね。


2000ミリリットルでは平均1544ミリリットル、
3000ミリリットルでは平均2309ミリリットルと、
それぞれ約23%少ない量しか出されていなかったんですね。
「500を注文したのに、435しか入ってないじゃないか」
お客さんが店員にクレームをつけたら、
『すみません』と言って、
65ミリリットルの水を足したって話がありましてね。


油断も隙もあったもんじゃないですけど、
消費者院は業界側に改善を要求したそうですから、
今後は各店ともビールをフラスコに入れて出して、
お客さんはビーカーに注いで、目盛りを確認しながら飲むんじゃないですかね。


微笑亭さん太

イエス・校区・イエス

昨日は豊田市内にある
崇化館交流館に行ってきました。
高齢者の方々の集まりで1時間ほど喋ってきました。


私が通っていた中学校の校区にある交流館でして、
昨年のこの時期にも呼んでいただいていて、
二年連続でお邪魔する事となりました。


90名ほどの高齢者の方々がお集まりになられたんですが、
年代的にいっても、私の同級生の親御さんが混じっている確率が高く、
実際、『息子の同級生だね』と
声をかけてくださった方もいらっしゃいました。


それどころか、
ここで働いている女性職員の方も同級生で、
その彼女の上司にあたるのも、
小中高校と一緒だった同級生でした。


その彼と、何十年ぶりに顔を合せる事になり
高座前に、思い切り動揺してました(笑)
ディープな地元は怖い。


『茂造の恋』と『井戸の茶碗』を演りましたが、
昨年同様、とても良い反応のお客さんで、
あっという間に1時間が過ぎた印象でした。


終演後、早速来年2月のオファーも受けました。
もちろん予定は大丈夫なんですが、
あまりにも先すぎて、逆に不安になりますね。
忘れないようにしなくては…


※プチ告知です

2/23(土) 午後2時~
『瀬戸末広寄席』 木戸銭¥500
瀬戸末広亭
出演 若鯱亭笑天 微笑亭さん太 川の家河太朗


3/10(日) 午後2時~
『昭林落語会』 木戸銭無料
安城市・昭林公民館
出演 若鯱亭笑天 微笑亭さん太 竜宮亭無眠 お好味家喜楽


微笑亭さん太

猫の災難

『忠犬ハチ公』といえば、
動物絡みの美談としてよく知られてますよね。
主を待ち続ける健気な犬として有名ですが、
今、イタリア南部のサンドチーナ市というところで、
飼い主の死後、毎日のように教会に通う犬がいるそうですね。


このトミーという犬は、
57歳で亡くなった飼い主の葬送の列に加わり、
教会でも棺のそばを離れなかったそうですね。
その後、ミサを知らせる午後5時の鐘が鳴ると教会に行き、
祭壇の前に陣取るようになったという、まさに『イタリア版ハチ公』ですよね。


同じくイタリア北東部の小さな町モンタニャーナでは、
一昨年死去した飼い主の墓を毎日のようにお参りし、
お供え物までする猫もいるそうですね。
実に真面目でしっかりした犬や猫でして、
ジローラモさんに爪の垢でも煎じて飲ませたいくらいですよね。


この猫は、2011年9月に飼い主の男性が死亡した後、
一年以上もの間、ほぼ毎日欠かさず、お墓に小枝や木の葉、
プラスチック製のコップなどの『お供え物』を置いていくんだそうですね。
まるで猫が恩返しをしているようだと話題になっているんですが、
何でこんなに通うんだろうとよ~く調べてみたら、
墓石がカツオブシで出来てたらしいですけどね…。


逆に災難に遭ってる猫もあるようでして、南米ブラジルの刑務所で、
ドリルの刃や携帯電話などを体に巻きつけられた猫が、
敷地内に入ろうとしていたところを見つかり、捕まったんですね。
警察が『ネズミ捕り』をやってたわけじゃないのに、
猫が捕まっちゃったんですね。


この猫、他にも小型のこぎりやバッテリー、充電器、
イヤホンといった道具を持たされていて、何者かがこの猫を使って
受刑者の脱走を助けようとしたのは明らかですよね。


マスコミが刑務所の報道官に、
「首謀者は誰だったんですか?」と尋ねると
「猫が話さないので判らない」と
マジで答えてらっしゃったようですけどね。


本来、猫という動物は賢いんですが、
基本的に忠誠心がないため、調教するのは難しいんですね。
この猫も、よしんば刑務所内に入れたとしても、
目的の人物のところに行けたのかどうか、かなり疑問ですよね。


ちなみにこの猫は白猫だったんですが、
『クロネコ』にしておけば確実に荷物を
先方に届けてくれたんじゃないかと思いますね。


微笑亭さん太

三つ目の勲章をいただきました!

昨日は東京に行ってきました。
目的地は国立演芸場です。


昨年、私が台本コンクール系に応募したのは三つでして、
一つは『優秀賞』をいただいた落語協会主催のもの、
二つ目は先月『佳作』をいただいた上方落語協会主催のものです。


残りの一つは、国立演芸場主催の
『漫才&コント台本コンクール』だったんですが、
そちらの方で、何と私の書いたコント台本が、
『最優秀賞』をいただく事になったのです。
東京に行ったのは、その表彰式に呼ばれていたためです。

表彰

上方落語協会の『佳作』を『銅メダル』、
落語協会の『優秀賞』を『銀メダル』とすると、
今回は『最優秀賞』という事で、
念願の『金メダル』をいただいた事になります。
まさかまさかの、トリプル受賞です。

受賞者4人

三ヶ月ほどの間に
三つの賞をいただくというのは、
本当にラッキーが重なったと思います。
…これも【三冠王】と言うんでしょうか?

受賞記念撮影

しかも、この国立演芸場主催の
『漫才&コント台本コンクール』は四年に一度の募集なんですが、
四年前の前回にも『最優秀賞』をいただいており、
『二回連続最優秀賞』という、私的には、かなりビックリです。
連続で私を選んでしまった審査員の方々は、
魔がさしてしまったんでしょうかね(笑)

こぼん師&球児師

表彰式は国立劇場の会議室で行われたんですが、
審査員である、青空球児師匠や、おぼんこぼん師匠、
有名な演芸作家の先生方もお見えになられていました。

おぼんこぼん師

表彰式の後の懇親会では、
そういった師匠方とも沢山お話をさせていただき、
とても楽しい会となりました。


アマプロ問わず、噺家の方々、漫才師の方々、
こんな私でよかったらネタ依頼をお待ちしております。


受賞ラッシュにわく微笑亭さん太、
小栗旬…いや、今が旬です(笑)
よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

百獣の王たち

金曜日はかけもちでして、
小学校に行く前に、西尾で一席喋ってきました。


西尾ライオンズクラブの方々に声をかけていただき
例会でのアトラクションとして呼んでいただいたわけです。


インフルエンザではありませんが、数日前から風邪を引いてしまった私。
高熱が出て病院に行ったりしていたんですが、
喉をやられてしまって、咳込む事がよくある状態での高座という事で
コンディション的には最悪でした。


ライオンズクラブやロータリークラブの方々に
こうして呼んでいただく事もたまにあるんですが、
会員の皆さん、ある世代以上の男性ばかりですから
我々にとっては最も『強敵』のカテゴリーに入ります。


楽屋にいる時から
役員さんを始め、会員の色々な方が入ってこられて
「いや~、楽しみにしてますからね~」と、
満面の笑みで、判りやすいプレッシャーをかけてこられます(笑)


会長さんが落語がお好きだという事で
落語家を呼ぼうという話になったそうですが、
皆さん、会長さんに気を遣われたのか
私の落語に、予想を超える感じで沢山笑ってくださいました。


後に高座が控えていたので
ご挨拶もそこそこに失礼してしまったんですが、
本当にお世話になりました。
また是非とも、呼んでいただきたいと思います。


微笑亭さん太

警察密着24時頃

一昨日の真夜中、
日付が土曜日に変わって間もなくの頃ですが、
真夜中だというのに、ウチの店の前の道路が、
物凄く騒然としだしました。


何だろうと思って外へ出てみると、
寒い仲、野次馬が沢山集まっていて、
ほぼウチの店の前あたり、反対車線側に男性が倒れてました。
交通事故のようです。
しかし、轢かれたと思われる男性はいるのに
加害車両らしき車はありません。


救急車が到着すると同時に、
パトカーや消防車を含め、警察関係車両が10台近くやってきて
これは尋常な事故ではないと思いました。


どうやら、職務質問を振り切った軽自動車が
パトカーから逃走する際に起こした事故のようです。
しかも、そのまま被害者を放置し逃走したとの事。
状況的には、最悪の事故です。


被害者の若い男性は、
救急車に乗せられる際にもグッタリしていて、
何とか命だけはと願っていましたが…残念な結果になってしまったようです。
本当に、お気の毒としか言いようがありません。


ウチの前の道路は、数百メートルに渡って完全封鎖され、
巨大な投光機が投入され、辺り一面、昼間のように明るくなりました。
鑑識の方らしき方が来られていて、
多分、加害車両から落下した塗膜片の採取とかをされたのでしょう。
【警察密着24時】で見るような光景が
目の前でリアルで展開されるのは初めての経験です。


ニュースでもウチの前の映像が映っていて
事故の重大さを再認識しました。


幸か不幸か私は下戸なので、飲酒運転をする可能性は皆無ですが、
お酒を飲まれる方、くれぐれも飲酒運転だけはしないようにしてください。


微笑亭さん太

小さな投稿者

昨日は、豊川市の国府(こう)小学校に行ってきました。
今年度最後の、悪質商法の出前講座です。


いつもは老人会の方に呼んでいただく事がほとんどですが、
時々こうして、小中学校からのお呼びがかかります。


聞くのが高学年400人という事で
当然会場は、体育館という事になります。


あまり子供向けの芸風ではない私は
正直、子供たちの前で演る時は、いつもビビっています。
この日も、かなり緊張しながら上がりました。


体育館というのは、
元々寒々とした空気が漂ってる感がありますが、
昨日は結構冷え込みましたので、よりその感じが増幅されました。


ほとんどの生徒が、生で落語を聞くのは初めてでしょうし、
落語自体を知っているかどうかさえ微妙な年代です。


座布団に座り喋り始めても、固~い空気が包んでいて
この先どうなるんだろうと不安になりましたが、
今さらどうしようもないので、いつも通り喋ってました。


マクラの途中くらいで、笑いが出始めると、
そこからは問題ない進行となりました。
とりあえず、肩の荷が下りた感じです。


前日、ブログに、この小学校の生徒さんらしき子から
期待してます的なコメントをもらっていたので、
ダダスベリだけは嫌だな~と思ってました。
笑ってもらえて、本当によかったです。


この出前講座、また来年度もあるとの事ですので
頑張りたいと思います。


微笑亭さん太

痛ガール、登場!

歯医者さんが苦手な方は多いと思いますが、
今、歯科大学の実習で使われている
『昭和花子』という患者ロボットがあるそうですね。


このロボット、姿かたちは若い女性そっくりで、
口の中も、歯や粘膜の柔らかさを忠実に再現しているんですね。
しかも、喉の奥に手を突っ込まれると『オエッ!』と咳込んだり、
歯を削りすぎると『痛い!』と声をあげたりと、
人間さながらのリアクションをしてくれるという、
大変にリアルなロボットなんですね。


学生たちが生身の人間に接する前に、
危険を回避できる技能を身につけるための練習台のようですが、
改良に改良を重ねて、
ここまでのリアルな反応ができるようになったそうですね。
「痛い!痛い!痛い!」
「…ちょっと君、ロボットが痛がってるよ」
「はい、判ってます……判ってて、やってます……」
学生さんの特殊な性癖も明らかになっちゃったりしてね。


また医師が治療に集中するあまり、
うっかり患者の体に触れてしまうのを防ぐため、
体にもセンサーが内蔵されていて、
医師がロボットの肩や脇など胸の周りを触ると
『あっ!あっ!』と反応するんだそうですが、
その機能は健全な目的で付けられたのかどうか、
勘繰ってしまうほど、至れり尽くせりのロボットですよね。


ルックスも結構可愛い事から、
『歯医者さん以外の一般人からの注文』が殺到するんじゃないかと
心配されますよね…目的は明らかに『医療用』ではないですからね。


もっと改良が進むと、
不適切な治療が行われると、歯医者さんの頬っぺたを
『バシッ!』と殴るようになるんじゃないですかね。
ロボットの力ですからハンパじゃないですよ。
歯医者さんの前歯が折れたりしましてね。
『名折れ』の上『歯折れ』って、シャレになりませんからね。


そうすれば殴られないように、
よりいっそう技術を磨くんじゃないですかね。
やはり歯医者さんですから、
仕返し(歯科医師)は怖いでしょうからね。


微笑亭さん太

くさい仲になりたい

世の中には色々なフェチの方がいらっしゃいますが、
『においフェチ』という方は結構多いですよね。


今日は、バレンタインデーですが、
特に女性は、好きな人のにおいに敏感という事がありまして、
ガールズトークでは時々、彼氏の『におい』について話題になるようですね。


『彼のにおい、なんだか落ち着く気がして、好きなんだよね~』と
誰かが口火を切ると、途端に『判る、判る!』なんてんで、
法案が可決しそうなくらいの勢いで、多数の賛成を得られたりするんですね。


ここで言う『におい』とは『彼氏の体臭』のわけですが、
女の子に聞いてみると、『彼氏が泊まりに来た後、
枕に残った匂いを思いっきり吸い込んだ経験のある人』
なんてのが結構いるそうですね。


これはもちろん、彼氏が若くてイケメンで、
サラサラヘアーで肌もツルツルみたいな、
いかにもいいにおいがしそうな彼氏限定という事でして、
枕から『ちらし寿司のにおい』がするおじさんでは、NGという事でしょうね。


他にも『脱ぎっぱなしになった彼氏のシャツを抱きかかえて、
顔をうずめた経験のある人』なんてのも、普通にいるようですね。
彼氏のシャツに顔を埋めてクンクンやってるところへ、
お父さんが入ってきて『このあたりに、俺のシャツがなかったかな?』
なんて探しにきたら、即行で戻しそうですよね。


ところが不思議な事に、男性に
『恋人のにおいを、いいなと思った事がありますか?』と質問しても、
大抵の男性が、あまりピンと来ない様子だったりするんですね。


何とか記憶を辿って『彼女のにおい』を思い出してみると、
『お風呂上がりのシャンプーのにおい』だとか、
『つけていた香水のにおい』など、
どれも人工的なにおいばかりだったりするわけですね。
中には『不自然な二重まぶた』なんて事を言う方もいまして…
…それは『整形のにおい』ですね。


彼女を抱きしめた時に香る、
うなじからのほとばしるフェロモンのにおいが好きとか、
彼女のシャツや枕に残ったにおいが好きだという男性はいなかったりしますが、
これは、女性が彼氏のにおいを嗅いでると可愛いけど、
男性が同じ事をすると、
単なる変態にしか見えないという事もあるかもしれませんね。


この男女差は何かと思うわけですが、
実はこれには、科学的な根拠があると言われてましてね。


生物は、自分となるべく異なる遺伝子を持つ相手と交配することで、
より強い生命力を持った子孫を残す事ができます。
では、何を手掛かりに女性は、
自分と異なる遺伝子を見分けているかというと、それがにおいなんですね。


スイスのベルン大学のクラウス・ウィトキンス博士という方が行った、
複数の男子大学生と女子大学生を対象とした
『Tシャツ実験』というのがありましてね。


男性には、香辛料の強い食事や香水などの使用を避けて、
二日間、同じ木綿のTシャツを着て過ごしてもらうんですね。
その後、女性たちに使用済みのTシャツのにおいを嗅いでもらい、
好感度の高い順番に並べさせたんですね。


その結果、女性たちは、
MHC(Major Histocompatibility Complex)という、
免疫をつかさどる遺伝子の値が遠い男性のTシャツほど、
好ましいにおいと回答していたそうです。
つまり女性たちが、彼のにおいに好意的なのは、
遺伝子レベルで判断しているわけですよ。


ですから彼女にフラれた場合は、
『彼女はきっと、ウチの親の隠し子なんだろうな~』と、
遺伝子の近さのせいにして諦めるというのも、ひとつの手じゃないですかね。


微笑亭さん太

R-1ぐらんぷり 2013

昨日は
『R-1ぐらんぷり 2013』が放送されました。
優勝された三浦マイルドさん、おめでとうございます。


今回は、三遊亭こうもりさん、桂三度さんという
落語家二人が決勝に残ったという事で
例年よりも注目して見てました。
『R-1』のRは『落語』のRですから、
お二人には是非頑張ってほしいと思ってました。


しかし結果としては、
あのスタジオの空気の中、おもむろに落語を始める事が
『いかに違和感があるか』という事が
浮き彫りなった感じがしましたが、
ご覧になってた方々は、どう思われたでしょうね?


しかもお二人が座布団に座った時点で
お客さんが完全に身構えてしまってる空気感
ひしひしと伝わってきてしまい、
ネタ自体は悪くないのに、結果が伴ってこない印象を受けました。


『R-1ぐらんぷり』が求めているゴールと
『落語という芸』が求めているゴールが
違うところにある気がしましたね。
座布団に座った状態で上位進出は、難しいんでしょうかね?


個人的に嬉しかったのは、
本当に久々に、田上よしえさんを見られた事です。


彼女は、NHKの『オンバト』が始まった当初、
番組を支えていた常連で、番組を卒業(?)してからは、
あまり見かける機会がありませんでした。


シチュエーションを決めて、
その途中に毒のある一言ネタを挟んでいく構成は昔と変わりなく
とても懐かしく、面白く見る事ができました。
第2ステージに行けなかったのは、本当に惜しかったですね。


第2ステージ進出を果たしたヒューマン中村さんは、
ネタ構成がお見事という感じでしたね。
いつ見ても決して片手間ではなく、
とても時間をかけてネタを作ってらっしゃる事
よく判る見事なフリップネタでした。


『M-1』なんかもそうですが、
皆さん、第1ステージに渾身のネタを持ってくるので、
大体、第2ステージのネタの方がトーンが落ちるんですが、
優勝された三浦マイルドさんは、第2ステージの方が良かったですね。


笑いのキーワードは『共感』だと思っていますが、
彼のネタを見ていたら、さらに『ペーソス』というのも必要なんだなと
思い知らされた気がしました。


第2ステージのネタ、【道路作業警備員・西岡さん】は、
一言ネタをブリッジで繋いでいく構成でしたが、
たった一言でありながら、
【西岡さん】の人物像が浮き彫りになってきました。


決して正直な過去ではなかったけども、
彼は彼なりの苦労を重ねてきたんだろうな~と
西岡さんの人生が垣間見えるところが
審査員やお客さんの心を、わしづかみにしたのではないかと思います。


新作落語でも優れた作品は、
やはりどこかに、哀愁が漂っている物が多い気がします。
そういう作品を書いてみたいと、
そんな気にさせてくれた新チャンピオンのネタでした。
本当におめでとうございます。
勉強になりました。


微笑亭さん太

ペース・バイ・ペース

お寒い日が続きますが、冬場と言いますと、
方々でマラソン大会が開催されたりしますよね。


長距離を走るのが苦手な方は、学生時代、マラソン大会の前日、
学校が火事にならないかと真剣に願った事があるんじゃないかと思います。
結局、火事が起きるわけでもなく、
『この世に神はいないんだ』という事を、
手っ取り早く自覚する瞬間でもありまよね。


「ねえねえ由香里ちゃん、私、足が遅いから、一緒に走ってくれない?」
「いいよ、亜由美ちゃん。私たち仲良しだから、一緒にゴールしようね~」
なんてんで仲良く走ってたら、ゴール前で
友達が猛然とダッシュして置いていかれ、
友情の儚さを知らされる時でもあったかと思います。


マラソン嫌いの方にとっては、結構な倍率のくじに当たり、
参加料を払ってまで『東京マラソン』などの大きな大会に参加している方は、
別世界の人間にしか思えないでしょうね。


自分で走るのはまっぴら御免だけれども、
テレビでマラソン中継を見るのが好きという方は、
よくいらっしゃいます。
そういうテレビ中継を見ていると、
『ペースメーカー』と呼ばれる
ランナーが走ってたりします。


ペースメーカーとは、高水準かつ均等なペースで、
レース全体の流れや、特定の選手を引っ張る役目を担うランナーの事で、
別名『ラビット』などと呼ばれる事もあるようですね。


平たく言えば『先導役』なわけですが、
この『走るストップウォッチ』とも言うべき
『ペースメーカー』を導入する目的というのは、
有力選手たちが、レース序盤でライバル選手を意識しすぎて
ペースを乱す事がなくなり、高記録が期待できるという事ですね。
また、選手の風除けの役割も果たすそうですね。


ただ、ペースメーカーというのは、
つい最近まで『日陰の存在』でして、特に日本では、
マラソンのテレビ中継等で、ペースメーカーの存在に触れるのは、
タブー視されていた時期もあったんですね。


ですから、正体の不確かな高速ランナーが途中で消えてしまうと、
「……おや?これはアクシデントでしょうか?」と、
アナウンサーが『お約束』のツッコミをしていた時代があったんですね。


それが、2003年の『福岡国際マラソン』で、
日本陸連がレースでペースメーカーを使う事を初めて公表したため、
中継で触れる事が可能になったんですね。
なかなか大変な役目ではありますよね。


しかし、普通の暮らしにおいて、
全ての人たちにペースメーカーがついていたら、
色々な局面において役立つんじゃないでしょうかね。


朝、駅までの道のりを歩く場合、
『このペースで歩けば電車に間に合う』というペースで歩いてくれるので、
それに従って歩けばいいわけですね。
ところが目算を誤って、駅に着いたら結構ギリギリで、
最終的には、ペースメーカーだけが駆け込み乗車に成功しちゃったりしてね。
…それじゃ意味がないんですけど。


夫婦の寝室なんかでも、男女一組のペースメーカーが、
オツトメのペースを作ってくれますから、
それに従ってやっていけばいいわけですね。


ただ、ペースメーカーの方は、まだ終わってないのに、
御主人の方は、とっくに終わってしまったりすると、
奥さんの欲求不満がたまるばかりなんてな事になりかねませんけどね。


微笑亭さん太

趣味におけないね~

一昨日はかけもちでして、昼間は笠寺に行ってきました。
『第13回かんでら寄席』に出演するためなんですが、
この寄席は毎回のように会場が変わり、
今回は笠寺公園内にある、見晴台考古資料館という文化施設が会場でした。


2部構成の会でして、
1部が遺跡や出土品に関するアカデミックなお話で、
2部が演芸という、非アカデミックなおふざけです(笑)


『漫才』                   どんぐり&えぐれ

『平の陰』                  花の家小みね

『漫談』                   経大亭勝笑

『茂造の恋』(さん太作)          微笑亭さん太


お客さんの期待感が高いのか、
随分早くからお越しになり、60名ほどの満員となりました。

かんでら客席

考古資料館ですから、
様々な出土品が展示されてあったんですが、
ひときわ目を引いたのが『ジュースの瓶』でした。

ビン

『ファンタ』とか『チェリオ』とか書かれたレトロな瓶たちが、
『俺たちも展示品だぜ』と言わんばかりに鎮座ましましてたので、館長さんに、
「これも、出土品なんですか?」
「ええ、そうですね」
「遺跡から発掘された、という事ですか?」
「はい、そうです」
「でも…明らかに誰かが捨てたゴミという事ですよね?」
「まあ、そうですが、これも貴重な資料ですから」
「へえ…そういうものなんですね」
「…ほとんど、私の【趣味】が入ってますけどね」
趣味かい!(笑)


でも、懐かしい感じがしましたが、
これらの瓶はひょっとしたら、田舎の方に行ったら、
まだまだ【現役】で活躍してるのかもな~と思ったりしました。


微笑亭さん太

ここで会ったが

昨日は、名古屋のいりなかに行ってきました。
ずっとお世話になっている、
お寺の奥様のお宅にての落語会です。


昨年の4月に、娘さんのお誕生日パーティーの
サプライズゲストとして呼んでいただいて以来、
定期的に落語会を開いていただいてます。


この落語会の主催者である奥様は、
満丸亭ゆき寧という芸名で、自らも落語をされ、
この落語会では、必ず前座として一席演られます。


昨年の会では、
開口一番から『富久』や『化け物使い』といった
【ぶっとびネタ】をかけられ、
お客さんの度肝を抜いてくれましたが
この日のネタは、『堀の内』でした。
…普通じゃん(笑)


稽古のあとが伺える高座で、
テンポも良く、持ち前のフラを生かした、なかなかの出来でした。
集まった20名ほどのお客さんも、よく笑ってらっしゃいました。


とてもいい感じで高座を終えられたので、
ご本人も、ある程度の手応えを感じられていた事と思います。


「今日の高座、とても良かったですよ」
「そうですか?ヘヘヘ……」
「やはり、ゆき寧さんには、あまり大ネタでなく
笑いの多い噺を演られた方が合っている気がしますよ」
「ああ、そうかもしれませんね」
「次回も是非、頑張ってください」
「はい、次回は『百年目』を演ります!」
……いや、だから(汗)……
『二十五年目』くらいで止めておいてもらえませんか?


私の方は『尻餅』『聖夜の奇跡』『長屋の花見』を演りましたが、
いつも通り、とてもよく笑ってくださいました。
また是非、呼んでください。


微笑亭さん太

本音?

昨日は新城に行ってきました。
建築会社の建物内で、
従業員の方を対象にした寄席に出演するためです。


このお話はヘルさんからいただいたんですが、
ヘルさんが5年前、私が3年前に一度、ピンで伺った事があります。
今回は二人でという事で、ヘルさんとの二人会です。


『三者面談』(さん太作)           微笑亭さん太

『八五郎坊主』                 鶴橋減滅渡

『離婚式』(さん太作)            微笑亭さん太

『初天神』                   鶴橋減滅渡


新城という事で覚悟はしていたんですが、
とにかく寒い!
会場内は薪ストーブが焚かれ暑いくらいだったんですが、
開演前に入口の前でスタンバってる時は、
マジで凍死するかと思いました。


お客さんである従業員の方々、
40名くらいの前で演ったんですが、
多分、落語がお好きだという社長さんの趣味に
付き合わされてると思うんですが(笑)
実によく聞いてくれました。


終わった後、従業員の方々が
「いや~面白かったですよ~」と言ってくださいましたが、
建築会社だからといって、
決して『建前』ではないと思います。
…よね?


微笑亭さん太

♪誰だ、誰だ、誰だ~?

一昨日は、豊川の国府東市民館に行ってきました。
いつもの悪質商法の出前講座です。


この日も老人会の方々に呼んでいただいたんですが、
朝から大変な雨降りでして、
私が会場入りした頃には、絶好調に雨が降ってました。


出前講座は10時からでしたが、
9時40分くらいの時点で、ほとんど誰も見えてない状況で
この雨では、来るのが面倒になって、
皆さん来るのを止めちゃったのかな~と心配していました。


「皆さん、雨降りの中、出かけるのがおっくうで
今日は、あまりお見えになりませんかね?」
そう会長さんに伺ってみると、
「いや、大丈夫、来ますよ。
何しろ、みんななんだから、ハッハッハッ……」
あ~そうですか~……


しかし、さすがは会長さんの読みです。
10時前には、集まる予定だった60人を上回るお年寄りの方々が
ぎっしりとイスを埋めていました。


お忙しい中、来てくださった方も、
暇を持て余してる中来てくださった方も、
皆さんよく笑ってくださって、とてもよい会になりました。


終わってから、
私が帰り支度をしていると、一人のお婆ちゃんが、
「面白かったよ~」
「ありがとうございます」
「今度、○○にも見えるでしょう?
それも見に行くから、期待してるよ。頑張ってね」
「はあ…ありがとうございます」


…え~お婆ちゃん、
残念ながら私はそこで、落語を演る予定はないんですよ。
誰と勘違いされてたんでしょうね?(苦笑)


微笑亭さん太

アダルトな親善大使

大気汚染が深刻化している中国ですが、
今、『中国の若者に最も知られている日本人タレント』と言うと、
『AKB』でも『キンタロー。』でもなく、
『蒼井そらさん』なんだそうですね。


彼女は元AV女優なんですが、
作品の海賊版がネットを通じて広まり、
性的作品はご法度のはずの中国で爆発的な人気が出ましてね。


彼女が中国語でつぶやくツイッターは、
フォロワーが1300万人と言いますから東京都民と同じ数ですよ。
1300万人の東京都民全員が
猪瀬さんを支持しているわけではないでしょうから、
日本のAV女優が都知事を上回ってると言っても過言じゃないですよね。


昨年、尖閣諸島の問題を巡り、
中国のあちこちで半日デモが起こりましたが、
その映像をよ~く見てみると、頻繁に
『釣魚島是中国的、蒼井空是世界的』(尖閣諸島は中国のもの、蒼井そらは世界のもの)
という横断幕が掲げられていたんですね。
彼女の存在は、対立する二国間の壁すら超越してるわけであって、
やはり『100回の首脳会談より1本のAV』という感じですよね。


魅力的な女性の存在というのは、
男性が何かをする時のモチベーションになるわけですが、
それは人間だけではないようですね。


マウスのオスは、連れ合いのメスのにおいや声に促されて
子育てに参加するという事が、最近の研究で判ったそうですね。
マウスのオスは、自分の子を産んだメスと一緒にすると、
マウスの子供を口にくわえて運んだり体をなめたり子育てをするんですが、
メスのにおいがしない新しい飼育箱にオスを入れると、
子供を一緒にしても子育てをしないんだそうですね。
メスと一緒じゃないと子育てをしない事が明らかになったわけです。


メスは普通、50~90キロヘルツの声で鳴くんですが、
子供と引き離されると38キロヘルツの低めの声を出すんですね。
この声を聞いたオスは、メスのにおいがなくても子育てをするんですが、
連れ合いのメスでなければ、においや声に効き目はないそうですね。


このあたりは人間と違うところですよね。
人間の場合は何かにつけて、『連れ合いのメス』じゃない方が、
やる気が出る男性が多いですからね。


「やっぱり、連れ合いの声を聞いたり、においを嗅いだりすると、
やる気が出てくるんだよ。張りが違うね」
こういうマウスを『張りネズミ』とでも言うんでしょうね。
…そういえば、ディズニーランドの『ミッキーマウス』も、
ミニーちゃんのいないところでは、
やる気を無くしてサボってるのかもしれませんね。


しかし、この性質は、ネズミ駆除に役立ちそうですよね。
ネズミが多くて困ってるところでは、重点的にメスを捕まえて駆除すれば、
オスは子育てしなくなるわけですから、
全体数が飛躍的に少なくなっていくんじゃないでしょうかね。


捕まえたのがオスだったら、
キャッチ&リリース…って、逃がしちゃいけませんけどね。


微笑亭さん太

ガガの千代

三日前の土曜日はかけもちでして、
ぱんとまいむ寄席に行く前に、蒲郡に行ってきました。


蒲郡市民会館で行われた、
東三河のボランティア団体の方々が主催する
イベントに出演するためです。


蒲郡はもちろんの事、
豊橋、豊川、田原、新城といった、
東三河の市町村でボランティア活動をされてる方々を中心に、
520名以上のお客さんがお見えになりました。


開会宣言の後、いきなり私の落語だったんですが、
皆さん、私の落語が目当てで来ているわけではないので、
果たして聞いてもらえるかどうか非常に不安でした。


しかしいざ始まってしまうと、
そのような心配は杞憂でして、よく笑ってくださいました。
日頃からボランティア活動に携わってる皆さんですので、
落語を聞く時にも、
ボランティア精神を発揮して下さったんでしょうね。


ロビーに
様々なボランティア団体の名前が貼り出されていたんですが、
その中で大変気になったのが、
多分、蒲郡のご婦人の方々の団体なんでしょうが
【レディガマ】というのがありました。
メス蛙の団体と間違われないか、ちょっと心配しました(笑)

レディガマ

関係者の方々には大変お世話になりました。
また是非呼んでいただきたいと思います。


微笑亭さん太

続きはWebで!

昨日は名古屋・栄の中日ビルにて、
『中日寄席』に出演してきました。


毎回、出演希望者が殺到するこの寄席は、
なかなか出番が回ってこないんですが、
珍しく先月に続いて2ヶ月連続の出演です。


『初天神』                 お好味家くろ姫

『酒の粕』                 夢ノ家くっか

『長屋の花見』               微笑亭さん太

『ピッカピカの一年生』          竜宮亭無眠


この3月で、くっかさんが
大阪にお帰りになってしまうという事で、
最後というわけではありませんが、
今回の出演がひと区切りとなります。


「その事を、お客さんに伝えた方がええと思うんですが」と、
無眠さんに相談するくっかさん。


「下手な伝え方したら、お客さんに引かれてしまいまっせ」
「ええ、せやから何とか笑いに変えて伝える方法はありまへんか?」
「あ、それやったら、ごっつええネタがおまっせ」
「どんなネタですか?」
この後、無眠さんが、
お客さんの腹の皮がよじれるくらいの
爆笑ネタを伝授してました。


どんな面白いネタか知りたい方は、
無眠さんへのメール、メッセージ等で
直接お問い合わせください。
笑い死に必至ですよ。


お客さんは60名ほどお見えになりましたが、
毎回満席というのは、ありがたい事ですね。


微笑亭さん太

ハイ、ボ~ズ!

昨日は、
『ぱんとまいむ寄席』に出演してきました。
先月に続いて2ヶ月連続の出演になります。


興行ものの鬼門と言われる、
『にっぱち』の2月でしたが、
お天気がよくない中、30名のお客さんが来てくださいました。


『世帯念仏』                 竜宮亭無眠

『バールのようなもの』           徒然亭若蔵

『当りの行方』(さん太作)         微笑亭さん太

『首提灯』                  竜宮亭無眠


開演前、無眠さんが
「…マクラで、峯岸みなみちゃんの事、フリますか?」
「いえ、あまりにもレアなので避けました」
「ほんなら、ワタイがフリますさかいな」と満面の笑み。


やはり『髪の毛のなくなる話題』は、
無眠さんの許可を取らないと
フッてはいけないんだな~という事が、よく判りました。


私の方は先月ネタ下ろしした自作、
『当りの行方』をかけました。
月例寄席の高座もそうでしたが、
古典をイジったマニアックなネタがウケると、
かなり嬉しいものがありますね。


沢山笑っていただけたので、
これから持ちネタにしていけたらいいな~と思ってます。


微笑亭さん太

美の副業

2007年から発売されている
『アスタリフト』という美容液が、
大ヒットをしてますよね。


発売元は『富士フィルム』でして、
肌の老化が写真の色褪せと同様、酸化である事に着目し、
本業の写真フィルムで培ったナノテクノロジーを用いて、
肌に浸透しやすく配合したんですね。


フィルムの主原料であるコラーゲンも含まれている事もあり、
今や年間の国内販売が100億円を超えているそうで、
恐らく『青写真通り』に事が運んでるという事なんでしょうね。


最近はこのように、
畑違いと言いますか、ちょっと意外な企業が
化粧品を販売するというパターンが多くなっているようですね。


昨年の1月に発売された『バナナチュラ』という基礎化粧品は、
バナナなど青果物を生産販売している『ドール』が販売元なんですね。


バナナの持つ保湿力を利用し、
バナナ果実エキスを主成分としていて、
日本人の敏感な肌に合わせて開発した商品だそうですから、
一皮むけたように綺麗になるんでしょうね。


お酒のメーカーである『サントリーウェルネス』も、
酒類製造での酵母研究の成果を生かした
『FAGE(エファージュ)』という化粧品を発売してましてね。


酵母エキスというのは保湿する働きがあるそうでして、
メラニンの生成を抑制して、加齢に伴う
シミ、ソバカスなどを防ぐ薬用美白美容液なんですね。
お酒の燗も化粧品も、人肌がいいという事になるんでしょうかね。
下手すると、医者からお酒を止められてるお父さんが、
奥さんに隠れて化粧品をチビチビ飲んでるなんという事もあるかもしれませんね。


これからも様々な業種が、
化粧品を出してくるんじゃないでしょうかね。
クリーニング業界が販売する美白化粧品なんてのはよさそうですよね。


「これいいわよ~。クリーニング屋が出してるだけあって、
シミなんか一発で抜けちゃうから」
「でも、肌が『ドライ』になっちゃうのよ」
それじゃいけませんけどね。


「今度、経営難に苦しむ会社が、口紅を販売するんですって」
「そうなんだ。塗るとどうなるの?」
「綺麗な『赤』になるそうよ」
それで評判がよければ、会社も立ち直るでしょうね。


微笑亭さん太

映画の栄華

一昔前、お正月だとかGW、お盆なんかは
超大作の映画が何本も封切られ、
連日映画館は満員というのが普通だったんですが、
今や映画は、典型的な斜陽産業になってしまった感がありますね。


来館者や興行収入は前年より2割近く減っているのに、
映画館数は減少しておらず、公開された作品数は
むしろ増えているんですね。


つまりこれは、
映画館一館あたりや映画一作品あたりの売り上げが、
大きく落ち込んでいる事を意味してるんですね。
そのため、また新しい作品を制作しなければならないという、
悪循環の自転車操業状態に陥ってるわけです。


でもやはりアクション映画などは、
映画館の大きなスクリーンで見ると迫力が違いますよね。
ただ、映画館には『迷惑なお客さん』というのがいたりします。


絶えずポテチを食べる音をバリバリさせてる人とか、
映画のネタバレを喋っている人とか、
最初から大きないびきをかいて寝ている人とか、様々な方がいます。


どうかすると映画の途中で、トイレに立つおばちゃんがいたりしましてね。
端っこに座ってた自分の前を通っていく時に、
暗闇で思いっきり足を踏まれましてね。
謝りもせずに、そのまま行っちゃったりしましてね。


失礼なおばちゃんだな~と思っていると、戻ってきて、
「あの~、すみません。私さっき、あなたの足を踏みませんでしたか?」
「ええ、踏みましたよ」
てっきり謝るのかと思っていたら、
「ああ、よかった。やっぱりこの列だわ」って、
自分の席に戻っていきましてね…『目印』にされては、いい迷惑ですよね。


時々、日本の作品がハリウッドで作られたりしますが、
大失敗作の『ゴジラ』を始めとして、
あまり芳しい結果が出ていないですよね。
最も有名な昔話、
『桃太郎』が向こうで作られたら面白いんじゃないですかね。


そうなったら、映画は最初から3部作で作られ、
第1作は『ピーチ・ボーイと賢者のキビダンゴ』というタイトル、
主題歌は多分『エアロスミス』あたりが歌うんでしょうかね?


お爺さんがブラッド・ピット、
お婆さんがアンジェリーナ・ジョリー、超高額ギャラの老夫婦です。
お爺さんが山にフリー・クライミング、
お婆さんが川にカヤックをしに行くと、川上から桃が流れてきましてね。
…まさに『全米が、ドンブラコ!』ですよ。


成長した桃太郎は『USA』と書かれた鉢巻と幟を持ち、
お腰につけたピザを持って旅立つんですね。
途中で、犬、猿、イーグルと、陽気な黒人がお供に加わり、
『オニ・アイランド』に向かうんですね。


島に着くと、何やら触手をいっぱい持ったエイリアン的な鬼と戦い、
勝利を収めると、島の真ん中に星条旗を立てましてね。
ラストシーンは、紙吹雪の舞う街中でのパレードなんですが、
カメラがパーンしていくと、脇の川を、もう一個桃が流れていくという、
第2作への布石を残してエンドロールが流れ出す…
これだったら、結構お客さんも入るんじゃないでしょうかね?


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード