揺れる想い、体じゅう感じて…

寒い日が続きますが、
冬場もやはり節電に対する意識は忘れてはいけませんよね。
そんな中、福島県会津若松市の健在メーカーが製作した
『電力ゼロの自動ドア』というのが注目を集めているようですね。


『オートドアゼロ』と名付けられたこの自動ドア、
利用者がドアの前の踏み台に足をかけると、
てこの原理で滑車が持ち上がり、
斜めに取り付けたドアが開く仕組みなんですね。
電動ドアと比べても開閉のスムーズさには遜色がないようですし、
万が一停電になっても機能する自動ドアという事で、
注文が相次いでるそうですよ。


ただこれ、考えてみるとおかしな話でしてね、
ドアなんて物は本来、手で開け閉めするものなんですから、
そこまでして手を使いたくないのかって事になりますよ。


そのうち他の電化製品も、
電力ゼロで動く物が出てくるんじゃないですかね。
洗濯機なんかでも、ボタンを押すだけで、
小学生の子供たちがいっぱい出てきて優しく手洗いしてくれるという
『全児童洗濯機』なんてのが出てくるわけですよ。


震災を受けて、太陽光や風力など、
自然エネルギーへの注目度が高まってますよね。
ムダに放出されているパワーを電力として利用できたら、
こんないい事はないわけですが、
金沢大の上野准教授という方が、身の回りの『振動』を、
日常生活で使えるレベルの電力に変換する技術に成功したそうですね。
物がぶつかり合う衝撃や、こすれたり揺れたりする際に生じる
小さな震えを実用的な発電に結びつけたわけです。


今回試作した発電装置は、
乾電池3個を縦に並べたくらいのサイズだそうですが、
最少ではマッチ棒ほどの物もあるという事ですから、
かなり色々な物に取り付ける事が可能ですよ。


体に付けて、歩行やランニングによる体の揺れでも蓄電できますし、
鉛筆で机を叩く動作でも大丈夫だそうですから、
すぐにイライラする短気な上司のペンとかに付けておけば、
毎日相当量の電気がたまっていくんじゃないですかね。ついでに、
「全くお前という奴は、役立たずだな!会社に遊びに来てるのか!」
なんて罵倒された部下の体にも付けておけば、
こちらも屈辱による体の震えで、随分電力がたまりますよ。


「あなた、その貧乏ゆすりの癖を止めなさいよ~」
なんて言われている方が、一挙に脚光を浴びるチャンスでもありますね。
この装置の前では、貧乏ゆすり大歓迎ですからね。


あと、『コンサート中のロックバンドのドラマーの頭』とか、
『生クリームを作っているパティシエの手』とか
『お茶を立てている茶道部員の手』なんかに付けるのも有力ですね。


風呂上りの奥さんが突然怒り出しましてね。
「あなた、浮気してるでしょう!?」
「な、何言ってるんだ、浮気なんかしてないよ」
「ウソおっしゃい!私の留守に、女を引っ張り込んでるわね?」
「だ、だから、そんな事してないって」
「私ね、ベッドに、振動を電力に変える発電装置を取り付けておいたのよ。
今見たら、物凄く電気がたまってるじゃないの。
私とは、もうずっとご無沙汰なのに!」
「えっ?う、う、ウソだろ?」
「本当よ!今、その電力を使って、ドライヤーで髪を乾かしてきたんだから」
なんてんで、浮気は許さなくても、
浮気の副産物は、しっかりと活用してたりするわけですね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

バンジー休す、じゃありません

スリルを求めてジェットコースターなんかに乗る方は多いですけど、
究極のスリルというと『バンジージャンプ』
という事になるんでしょうかね。


足首をゴムロープで縛り、高層ビルですとか橋、
鉄塔といったような高い場所から飛び降りるアトラクションですが、
見るからに危険で、『むしろ死なない方がおかしい』という感じですよね。


バンジージャンプの『バンジー』というのは、
ニュージーランド英語で『ゴムひも』の意味でして、
ゴムひもの事を『バンジー』、ゴムひものように味気ない蒸した鶏肉の事を
『バンバンジー』とは…言わないそうですね。


バンジージャンプが常設されているところは世界各国にありまして、
その中でも一番高いのが、マカオのマカオタワーから飛び降りるもので、
その高さ、233メートルだそうです。
そんな失神しそうな高さからバンジージャンプするくらいだったら、
ビルの4、5階から飛び下り自殺した方が、
助かる確率が高いんじゃないかと思ってしまいますね。


バンジージャンプをする場合、
誰でも絶対に気になるのが、ロープの強度ですよね。
文字通りの命綱ですから、切れたらえらい事ですよ。
「ねえ、この足首につけるロープって、切れたりしない」
「大丈夫ですよ。
百年は絶対に切れないという強度のロープを使用してますからね、
今まで98年使ってて、切れた事はありません」
…これは不安になりますよね。


バンジージャンプの途中で
ロープが切れるなんて事故は想像したくもないんですが、
実は昨年の大晦日に、海外で実際にありましてね。


アフリカ南部のジンバブエとザンビアの国境を流れるザンベジ川で、
観光客の22歳の女性が、
高さ111メートルの橋からバンジージャンプをしたところ、
ロープが切れるというアクシデントに見舞われたんですね。


ここは世界三大瀑布のひとつ、ビクトリア滝に近く、
このザンベジ川はワニがいる川なんですね。
バッグ以外で『ワニ川』の好きな人はいないでしょうから、
大惨事は確実と思われたんですが、何とその女性は
自力で岸に泳ぎ着いて生還しましてね。
鎖骨骨折程度で済んだという事で、まさに奇跡だったんですね。


ここでのバンジージャンプは10年前から始められ、
これまでに約5万人が挑戦しているそうですが、事故は始めてなんですね。
ザンビアの観光大臣は『事故の確率は50万分の1だ』と仰ってるそうなので、
今回の事故が起こった事によって確率的に
今後45万回は事故が起こりそうにないという事になりますから、
安心してチャレンジできますよね。


「最近、ザンベジ川のワニの数が、劇的に増えたらしいね」
「うん、政府がね、再びバンジージャンプの事故が起こっても、
事実を隠蔽できるようにらしいよ」
そんな理由でワニを『追加』されたら嫌ですよね。


このバンジージャンプが色んな国に渡ると、
きっとお国柄が出るんでしょうね。
ロシアでは、いくつかあるロープのうち、
一本だけ切れやすくなっている『ロシアンバンジー』とか、
中国では長い城壁から飛び降りるという、
『バンジーの長城』なんてのが出てくるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

30年目の真実

私の『微笑亭さん太』という名前は、
愛大の落研時代にいただいたもので、
卒業後も、その名前を使い続けているわけです。


私が入部した時、愛大落研には六つの門下があり、
その中から私は、微笑亭を選択して入ったわけです。
六つの門下の中で、当時の微笑亭は弱小門下でして、
私が入った時には、4年生に微笑亭迷太(まいた)さんという方、
3年生に微笑亭やめ太さんという方、
そして2年生に私の事実上の『師匠』となる、
微笑亭栄吉さんという3人の先輩しかいらっしゃいませんでした。


しかも、迷太先輩は夜間の学生という事もあり、
ほとんど部室でお見かけする事はありませんでしたし、
やめ太先輩は、私が入った2ヶ月後に、
お家の事情で落研を辞められてしまったため、
実際は2年生の先輩お一人という状況でした。


昨日の昼間ウチの店に、男性二人と女性一人という
三人連れのお客さんがお見えになったんですが、
その中の片方の男性が座ってすぐに、
「さん太君、久しぶりだね」
と満面の笑みで話しかけてこられました。


…あれ?この方、誰だったかな?
私の芸名をご存知という事は、どこかの営業の高座で
呼んで下さった方かな……う~ん…思い出せない……
私が曖昧な笑顔でごまかしていると、
「忘れちゃった?俺だよ俺、『やめ太』だよ」
「……あ~っ!!やめ太先輩ですか!お久しぶりです!」


やめ太先輩と落研でご一緒したのは、
ほんの2ヶ月ほどでしたが、
私の中では凄くインパクトが残っている先輩でした。
一度だけ『天災』を聞かせていただいた事があるんですが、
全盛期の談志師を彷彿とさせるような勢いのある高座が印象的でした。
お会いするのは、かれこれ30年ぶりです。


そしてもうお一人の男性も、やめ太先輩と同年の
笑風亭風若(しょうふうていふにゃ)先輩という方で、
こちらも名前を言われるまで気づきませんでした。


風若先輩の持ってらっしゃる癒し系の雰囲気は、
落研時代から変わっていませんでしたが、
当時から兆候が認められていた『男性特有の頭皮の状態』が、
年齢相応に進んでおられました(先輩、すみません・笑)
女性の方は、風若先輩の奥様で、椙山の落研だった方だそうです。


やめ太先輩は、落研屈指のイケメンでしたが、今でもかなりのものでした。
「さん太君、去年、毎日新聞に記事が載ってたよね?
それから、ウィキペディアにも名前載ってるでしょう?」
「先輩、よくご存知ですね」
「知り合いの人が色々教えてくれるし、
俺の知り合いのパティシエの女の子が2人、君のファンなんだよ。
…あ、その子たちに見せるから」
と言って、私の写真を一枚撮られました。
「前にブログで、さん太と名前がついた理由を
書いてた事あったでしょう?(2009年11/1の記事参照)」
「ええ、書きました」
「あの『さん太・まりあ』のセット名を考えたのは俺だからね。
それをよく強調しておいてね」

…はい、先輩。強調しておきましたよ。

「俺がその案を出さなかったら、君は変な名前になってたんだから」
「…えっ?それはどういう意味ですか?」
「あの時、4年生に迷太先輩っていたでしょう?
あの人が車が大好きで、『次に微笑亭に2人入ってきたら、
【ギャラン】【シグマ】ってつけるから』って、マジで言ってたんだよ」
「ええ~っ!?本当ですか?」
「そうだよ。で、俺が
『迷太先輩、それはいくら何でも可哀相ですから』と言って、
『さん太&まりあ』という案を出したんだよ。
だから俺が止めなかったら、君は『微笑亭ギャラン』だったんだよ」


…知りませんでした(汗)
ギャランとシグマというあたりが時代を感じさせますが、
今でしたら『腐痢薄(ぷりうす)』とかになってたんでしょうか?


30年の時を経て、
先輩にお礼を言う事になろうとは夢にも思いませんでしたね。
これを読んでいるかもしれないやめ太先輩、ありがとうございました。


微笑亭ギャラン

『オッケーで~す』と言われないルール

スポーツというのは
ルールがあってこそ成り立っているわけですから、
絶対に守らなくてはいけないわけで、
インチキするなんてのは、もっての外ですよね。


ゴルフといえば『紳士のスポーツ』と言われますが、
それぞれ申告したスコアが、故意であるなしにかかわらず
少なかったりすると、これは反則です。


とある太った中年男性のスコアが、
実際よりもひとつ少ないという指摘を受けましてね。
どこかで、ひとつ打ったのを忘れてるんじゃなかろうかと
よ~く調べてみたら、その方、糖尿病だったので、
クラブハウスでインシュリンを打ってたって話がありましてね。


ルールは絶対なんですが、
中には理不尽なルールというものも、
たまに存在したりしますね。


ゴルフでパットの構えに入った途端、急に風が吹いてきて
球が動いてしまったなんて経験をお持ちの方もあるでしょうが、この場合、
「今のは、そよ風の妖精さんの仕業だから、もう一回やりなおしね」
なんというメルヘンチックな言い訳は通用しないんですね。
これ、規則上はプレーヤーが動かしたと見なされて、
一打罰が科せられるんですね。


これは納得がいかなくて当然なんですが、
プロの間でも『ゴルフで最も理不尽な規則』として、
非常に評判が悪いんですね。
実際、昨年の5月にもアメリカの男子ツアーで、優勝目前の選手が、
この一打で2位選手に並ばれ、プレーオフの末に負けちゃったんですね。
これは悔しいですよ。ゴルフの世界では、
風が吹くと儲かるのは『桶屋』じゃなくて『2位選手』のようですね。


ところが、ゴルフ規則を決めている英国の『R&A』と『米国ゴルフ協会』は、
今年から撤廃すると発表したんですね。
件の優勝を逃した選手にしてみれば、
『もうちょっと早く改正しといてくれよ!』と言いたくなるでしょうが、
ゴルフ界にとっても長年の懸案事項だったようで、
今後同じ悲劇は繰り返されなくて済みそうですね。


このように、たったひとつでも
ルールが削除されたり加えられたりする事によって、
ゲームの内容が大きく変わったりなんて事もあるでしょうね。


例えば将棋でも、華やかさを演出するために
『必ずネイルアートして指さなければならない』
なんというルールが加わったりすると大変ですよ。
本将棋でも、はさみ将棋でも、回り将棋でもみんな、
『つめ将棋』になっちゃいますからね。
さらに『手駒として餃子を打ってもいい』なんてルールも加わわりましてね。
ふと気付くと、盤面の駒がみんな『王将』になってたりするわけですね。


腕相撲にも『必ず勝負の前に打ち合わせをする事』
なんてルールが加わるんですね。
そうするとお互いの間で
『最初は手首を返して、あとは流れでお願いします』なんてんで、
大相撲なみの打ち合わせがされるわけですね。


双六は『仕事で残業した人ばかりでやる』というルールが加わわりますと、
どの人も、やたら『一回休み』のマスに止まりたがるわけですね。
花札に至っては、『負けた人は殴られなければならない』なんという
過激なルールが加わりましてね。
そうすると手札だけじゃなく、顔にも『青タン』があったりして、
より一層、色鮮やかな遊びに進化するんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

お冊子いたします

昨日は豊川の
下長山地区市民館というところに行ってきました。
もうあと数回と、残り少なくなった悪質商法の出前講座です。


着替え用として通された楽屋が図書室だったんですが、
この日は冷え込みがキツく、図書室の中も非常に寒かったです。


「今、暖房入れますからね」と、
係の方が機械に100円玉を入れてました。
ここの暖房は、100円で1時間、エアコンが作動するシステムのようでした。
「ちょっと動きだすのに時間がかかるみたいだけど、辛抱してくださいね」
「はい、判りました」


ところが、待てど暮らせどエアコンが動きだす気配がありません。
運転ランプはついていても、全く風が出てこないのです。
本当に寒くて、図書室で凍死するのは嫌だな~なんて考えてたら、
別の係の方が顔を出されて、
「…あれ?全然暖かくないね」
「ええ、エアコンが動かないんですよ」
「ああ、そのエアコン、動きだすのに、ちょっと時間がかかるからね」
「それにしても、かかりすぎじゃないですか?
コインを入れてから、もう25分経つんですけど」


結局30分経った時点で動きだしたんですね。
なぜ動かなかったのかも謎ですし、なぜ動きだしたのかも謎でした。
100円で1時間しか動かないのに、
全く働かずに30分経ったわけで、
50円分詐欺に遭ったようなものですよ。
これこそ、『悪質商法』と言えますよね。


何とか凍死は免れて着物に着替えたんですが、
ふと見ると、図書室の本棚には、私の興味を引くタイトルの本が。
1/26(ポキポキ)

『ポキポキ折れる子どもの骨』
…何だか『一度、お試しください』みたく言ってるように思え、
一瞬『虐待推奨本』かと思っちゃいました(笑)


でも、本棚の枠に貼られた紙には、もっと魅力的な一文が。
1/26(本棚)

『新顔の本です。ちょつと古いですが、読んで下さい。200冊。あります。』
…どうですか、この蠱惑的な(?)フレーズ。


『新顔』だと新しさを強調してるそばから『古い』と言っていて、
しかも『ちょつと』は、何と発音すべきかが判らない。
本来なら『っ』が小さくなるところが、
この場合は、むしろ『つ』が他の文字より大きく見えるところに、
作者の非凡さを感じますね。


そして極めつけは、『200冊。あります。』
読点でつないで一文にするのではなく、わざわざニ文にしてあるわけです。
『200冊。』という、効果的な体言止めの使用による、
新たな修辞法のひとつなんでしょうか?
この全文を高倉健さんに、声に出して読んでいただいたら、
凄く合いそうな気がしました。


この日は落語そっちのけで、そんな事ばかり考えていた私でした。
…あ、いや、落語はちゃんと演りましたよ。


微笑亭さん太

覆面落語家

昨日は、営業の高座の打ち合わせに行ってきました。
私の場合営業の高座は、ほとんどが当日で対処する主義なので、
事前に打ち合わせに出向く事はあまりないんですが、
たまたま2月、3月と豊田の交流館(公民館)での高座があり、
打ち合わせを請われましたので、
掛け持ちで打ち合わせに行ってきました。


最初に行ったのは、
3月にお邪魔する予定の朝日丘交流館でしたが、
色々と必要事項を確認した後、私が担当者の方に、
「この落語会は、自分のブログで告知してもいいですか?」
「ええ、どんどん告知していただいて構いませんよ。
『とよた広報』でも告知するんですが…今は名前を載せられないんですよね」
「…えっ?名前を載せられないって、どういう事ですか?」
「落語会がありますよ~というのは告知しても、
『誰が来るのか』というのは書けないんですよ」
「…えっ?えっ?
仰ってる意味がよく判らないんですが…じゃあ何ですか、
微笑亭さん太という名前は出せないという事なんですか?」
「ええ、そういう事ですね」
「いやいやいや、それはおかしいでしょう。
コンサートでも講演でも落語でも、普通お客さんは、
誰が来るのかを見て、行く行かないを判断するんじゃないんですか?」
「ええ、私もそう思うんですけど、今は個人情報の関係で、
催し物の内容のみを載せて、個人名は載せないんですよ」

…はあぁぁぁあ!?って感じの話ですよね(笑)

『どんな人が来るかは絶対言えませんが、落語聞きに来てください』って、
『誰が行くか~!(怒)』って話ですよね。
そんな告知は聞いた事ありません。
でもまあ、今はそれが豊田市の『公式ルール』なんでしょうね。


恐縮する担当者の方にご挨拶をして、
次の打ち合わせ場所である、崇化館交流館へ。


ここには来月お邪魔するんですが、
私の自宅から歩いて行ける範囲という、物凄く近いんです。
恐らく『自宅から近い距離での高座ランキング』で、
堂々の1位は確実です。


私が通っていたのが、崇化館中学校という学校ですので、
思いっきり校区のわけですね。
ここの交流館には、中学校時代の同級生の女の子も
一人働いていたりなんかして、地元テイストが満載です。


某高齢者の方々のサークルに呼んでいただくんですが、
年齢的に考えても、会員の中に『私の同級生の親』
何人もいらっしゃる可能性が非常に高いので、
今からかなり緊張してしまいますね。


こちらの方は非公開ですが、
朝日丘交流館の方の落語会は公開ですので、先行告知させていただきます。

3/13(火)  午前10時~12時
『微笑亭さん太独演会』(仮称)
豊田市・朝日丘交流館にて(問い合わせ 0565-34-1561)
ティータイムあり

豊田市内はもちろん、市外の方も、よろしければお越しください。


微笑亭さん太

あなたがしたのは、金のボケですか、銀のボケですか?

昨日は豊橋にて一席演ってきました。
銀行主催の年金受給者対象の新春寄席で、
先週の蒲郡会場に続き、昨日は豊橋会場でした。


180名ものお客さんがお見えになり、
私が『お達者バイト』、ヘルさんが『崇徳院』で、
よく笑ってくださいました。

1/24(会場)

この寄席を仕切っているのが、
小市民での踊りのズレ方が、『残像』と見紛うばかりの優美さを放つ
夢見亭初音さんです。

1/24(初音さん)

先週18日の記事でも書いたように、
次から次へとあふれ出す彼女の『ボケの泉』には、
枯れるという言葉はありません。


初音さんは団体を作って、野良猫の保護活動を熱心にやってみえるんですが、
「この間ね、ウチの団体で、野良猫保護のためのボランティアを募集したのよ」
「そうなんですか」
「そうしたらさ、104の番号案内のオペレーターをやってるっていう
女の子が希望してきたのね」
「はいはい」
「それでその子と話をしていて、『あなたの仕事も大変でしょう?
色々と変な人がかけてきたりして』って聞いたら、
『そうなんですよ~。この前も変な人がいましたよ。
電話を取った途端、いきなり【猫、大丈夫?】って
訳の判らない事言うからビックリしちゃいました』って」
「はあ…そんなおかしい人がいるんですね」
「でしょう?でもね・・・よく考えてみたら、それ私なのよ
「え~っ!!ど、どういう事ですか?」
「あのね、番号の問い合わせをしようと思ってたら、
家から『飼い猫が赤い涙を流してる』という知らせがあったのよ。
で、家に電話しようと思ったら、間違えて104にかけちゃったのね」

……ええ、ええ、そりゃ、ツッコミたい事は山ほどありますよ。

でも『家と104では、番号の桁数が違うでしょう?』とか
『赤い涙って何だったんですか?』とか
『変な電話の主が初音さんだと知った時の、
オペレーターの彼女の反応はどうだったんですか?』といった、
通りいっぺんのツッコミは、『ボケの泉の女神様』に対して失礼です。


ですから私は、
「…初音さんは、よく104を利用されるんですか?」
「そうなのよ。でもそのたびに『もしもし、古橋ですけど』って
本名を名乗っちゃうから、女の子に絶句されちゃうのよね」


その追いうちをかけるような見事な一撃に、
憐れさん太は、マットに沈んだのでした…


微笑亭さん太

ドラッグ・ストア繁盛記

年末年始は、忘年会や新年会で飲みすぎて急性アルコール中毒になり、
救急車で病院に搬送されるなんて方が増えますが、
最近は新手のドラッグの流行で、
救急車のご厄介になる若者が増えているそうですね。


その主な原因となってるのが『ハーブ』と呼ばれる脱法ドラッグで、
東京の新宿や渋谷、大阪のアメリカ村や名古屋の栄といった繁華街に、
『合法ハーブ専門店』が相次いで出店してるんですね。
人体への摂取目的での販売は薬事法に触れる可能性があるため、
どの店も『お香』として販売してる事が多いんですね。


訪れたお客さんは、選んだハーブを
紙巻きタバコのように巻いてもらって吸うんですね。
中には、葉っぱではなくて、毒ヘビを巻いて吸ってる人もいましてね。
「それはマムシですか?」ったら、
「『ハーブ』です」と言ってましたけどね。


日本は2007年の薬事法改正で、
脱法ドラッグ対策として『指定薬物制度』というのを導入して、
中枢神経系に危険な作用を及ぼす68の物質を指定したんですね。
ところが店側は、指定された成分を含む商品を撤去し、
すぐに新しい商品を陳列するんですね。


規制薬物は化学式で定義されているため、
分子構造を一部組み替えた類似薬物を作り出すのは、
ちょっと薬物の専門知識があれば、
そんなに難しい事じゃないんだそうですね。
これはもう完全な『イタチごっこ』ですよ。


「えっ、この間のハーブ、無いの?」
「ええ、あれね、禁止薬物に指定されちゃったんですよ」
「何だよ、あれよかったのにな~。
似たような合法ハーブで、摂取するだけで怖い物なしになって、
やる気がモリモリ出てくるようなやつ無いの?」
「そうですね……じゃあ、これをお試し下さい」
そう言って、『ほうれん草の缶詰』を渡されたって話がありましてね。


指定薬物の販売や陳列は5年以下の懲役などが科せられるわけですが、
指定薬物でなければ、販売店を取り締まる法的な根拠がないんですね。
これからもマニアなお客さんのニーズに応えるため、
色んな『合法ハーブ』が出てくるんじゃないですかね。


「あ、お客さん、どうでした、先日の品物は?」
「ああ、あの『夏場に三日履いた靴下の臭いハーブ』ね。
あれ、なかなか良かったよ~。今日は、別の物で何かある?」
「そうですね…あ、じゃあ、
この『絆創膏を剥がしたあとの臭いハーブ』なんてのはいかがですか?」
「いいね~、あれ何とも言えない臭いがするんだよね」
「あと『雨上がりのアスファルトの臭いハーブ』や
『おむつ交換し忘れたおむつの臭いハーブ』なんてのもありますよ」
「うわ~、何か聞いただけで臭ってくるようだね。それ、全部もらおう!」
なんてんで、結構大ヒット商品になるかもしれませんね。


微笑亭さん太

トリオ・ザ・勘違い

昨日は名古屋の産業労働センターにて、
笑い学会主催の『新春笑例会』に出演してきました。
毎年恒例の会ですが、私はここ数年連続で出させていただいてます。

1/22(会場)

前半は『笑いの効用』に関する講演だとか、
『笑いヨガ』の体験コーナーなどバラエティに富んだ番組が続き、
仲入りを挟んだ後半は、落語が4席並ぶという、プチ落語会状態です。
落語ゾーンに入ってからの演目は、


『道具屋』           三流亭赤福(椙山落研)

『富士詣り』          駒久家南朝

『お達者バイト』       微笑亭さん太

『鉄砲勇助』          鶴橋減滅渡


主催してらっしゃる笑い学会の方々も個性的で、
とてもユニークなイベントです。
スタッフの方々全員がハッピを着ていたんですが、
そこには『大和町』という謎の町名が書かれていて、
『それはどこなんだよ?』という、ツッコミ待ちのような状態でした。
1/22(ハッピ)

毎年の事ながら、とてもいいお客さんで、
皆さん爆笑を取ってらっしゃいました。


終演後、楽屋で着替えをして、
演者であるヘルさん、南朝さんと出てくると、
まだホールではイスなどの片付けが行われていました。


少し手伝わなければと思い、3人で中に入ったんですが、
見慣れない脚立が前を横切ったり、やたらスーツ姿の人がいたり、
『…?』という感じだったんですね。


最後にスタッフの方々に労いの言葉がかけられていたんですが、
その中で『今日は120名ほどの方に来ていただき…』
というフレーズがあったので、疑問に思った私がヘルさんに、
「…あれ?120?今日って、200名近くお客さん入ってませんでしたか?」
「せやな…おかしいな……あれ???さんちゃん、ここ違うで。
笑例会の隣のホールやがな!


…そうなんです、
我々が出演したホールの隣にも同じようなホールがあり、
そこで全く別のイベントをやってたんですね。
我々は、反省会だけそっちの会場に
参加しちゃったみたいな格好になってたのです。
『誰かもっと早く気づけよ!』って話ですが、
顔から火の出る思いとはこの事ですね。


そ~っと会場から立ち去る我々3名…
天狗連幹部の大御所なき後(まだ死んでないって・笑)
天狗連を支えていかなければならない中堅3人が、
既に認知症の兆候かと思われるような大失態。
笑えない笑い学会でした。


微笑亭さん太

計量で軽量へ

何事にも基準というのは大切であり、
その基準となる『単位』が必要になってきます。


長さや重さといった計算基準に関する国際機関に
『国際度量衡局』という、フランスに本部を置く機関があるんですが、
先日行われたパリでの総会で、重さの単位である
『キログラム』を定義する国際的な基準を、
約120年ぶりに見直すと決まったそうですね。
基準の修正が成されるという、これは結構大きな決議ですよ。


何でそんな事になったのかというと、
この国際度量衡局は、1キログラムの基準となる合金製の分銅
『キログラム原器』というのを保存しているんですが、
これを洗ってみたら、わずかに重さが減少してしまったんですね。
それで見直す事になったらしいんですが、
『そんなアナログ的な理由で?』
思わずつっこみたくなるような間抜けな理由ですよね。


「えっ?分銅を洗ったら軽くなっちゃったの?へえ~そうなんだ~」
それを聞いた太ったお母さんが、
一日に6回もお風呂に入ってたって話がありましてね…
いくら洗っても、お母さんの体重が軽くなる事はないと思うんですけどね。
「でもキログラムの基準が軽くなるって事は、私の体重の数字も小さくなるって事よね?」
…残念ながら、それもないですね。
キログラムの基準が変わっても、
実際の変化は数万分の1グラム前後にとどまるようですから、
お母さんの78キロの数字が43キロになるなんて事は絶対にないわけですからね。


しかし考えてみると、
我々が普通に使っている単位の数字というものに着目してみると、
中途半端な数字が多いですよね。


1時間は『60分』ですし、1日は『24時間』ですし、
円は『360度』と、覚えにくい数字ばかりなんですよね。
なぜ100分とか、20時間とか、300度とか、
ちょうどの数字になってないのかが不思議ですよ。


そして、同じ単位で計っていながら判断に迷うような事もあります。
よく言われる事ですが、
『1キログラムの綿と、1キログラムの鉄では、どちらが重いか?』
なんという問題がありましてね。
これ、同じ『キログラム』という単位なんですが、
どうしても材質の方の印象に引っ張られちゃいますよね。


「1キログラムの綿と、1キログラムの鉄では、どちらが重いんですか?」
「それは、足の上に落としてみれば判る」
確かにそんな感じがしますけどね…この問題の正解は
『たった1キログラムでは、両方ともそんなに重くない』という事ですね。


時代と共に世の中が多様化していってますから、
それに合うように新しい単位も出てくるんじゃないですかね。


涙もろい人を数える単位の『センチ』とか、
神社を参拝した回数を数える『マイル』とか、
霊感商法で怪しげなものを買わされた回数を表す『ツボ』
食後に爪楊枝で歯の掃除をした回数を表す『シーシー』なんてのがあったら、
便利なんじゃないでしょうかね?


微笑亭さん太

もんじゅ怖い

昨年は震災絡みで、
原発の問題というのが大きく取り上げられた一年でもありました。
こんなにも長期間に渡って、原発の是非が議論された事はなかったですから、
政治のあり方というのも問われました。


そんな中、存廃が議論されている
高速増殖炉『もんじゅ』をもじったキャラクター、
『もんじゅ君』というのがツィッターに登場して話題になってますね。
フォロワーが7万7千人もいるという、有名人並みの凄い人気なんですね。


もんじゅ君という名前ですから
原発推進派かと思うとそうでもなく、
『夢の核燃料サイクルの悪夢から、早くさめてほしいよ』とか
『今も一日あたり5千500万円の維持費を使ってるけど、
発電実績がほとんどゼロなのは内緒だよ!』
なんてカミングアウトしちゃってるんですね。


書き込みをしている人は正体を明らかにしてませんが、
これだけの練られた書き込みですから、
多分三人くらいで相談して書いてるんじゃないですかね。
何しろ昔から、三人寄れば…皆まで言わなくていいですよね。


福島第一原発をめぐる政府や東電の会見を聞いてると、
意味の判らない珍妙な言葉が、よく登場してきますよね。


政府がやたら多用する『冷温停止状態』という言葉もそうですよ。
『冷温停止』の本来の意味は
『定期検査などで原発の運転を止め、密閉された原子炉の中で
冷却水が沸騰していない安全な状態』の事なんですが、
原子炉の密閉性が失われて、高濃度汚染水が大量に建屋内に残っている現状は
『冷温停止』の状態とかけ離れているんですね。


その『汚染水』の事も
『汚染』という響きが嫌なのか『滞留水』と呼んだり、
『事故』の事も『事象』と言ったりしますよね。
極めつけは『老朽化』の事を『高経年化』なんて言ってますよね。
『高経年化』なんて言葉は、ついぞ聞いた事がないですけど、
こう言い換える事によって印象を
和らげようとしている魂胆が見え見えですよね。


ですから、これから中高年夫婦の会話も、
言葉を言い換えた方がいいですよね。


奥さんに向かって『お前、年くったな~』なんて言っちゃいけませんよ。
「結婚して二十年経ったけど、お前も『高経年化』したな~」
「何よそれ?どういう意味よ?」
「お腹にも『滞留肉』がたまってるし」
「滞留肉?要は脂肪でしょう!?」
「そうすぐにムキになるなよ。また『事象』に至ってしまうだろ」
「ケンカって言いなさいよ、ケンカって!」
…こうなっちゃうと、奥さんの『冷温停止状態』は難しいですよ。
ただ、そうは言っても、『ただちに離婚に影響が出るレベルではない』ので、
心配しなくてもいいですけどね。



※告知です

1/22(日) 午後1時~4時半(落語は2時半以降)
『新春笑例会』 木戸銭¥1000
愛知県産業労働センター(ウィンクあいち) 名古屋駅から東へ徒歩5分
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 駒久家南朝

毎年出させてもらっている、日本笑い学会主催のイベントです。
落語の他にも、笑いに関するタメになるお話が聞けたりする楽しい会です。
明日、お暇な方は、是非どうぞ。


2/4(土) 午後6時~
『ぱんとまいむ寄席』 木戸銭¥500
名古屋市東区徳川町2501マルカネビル1F
喫茶『ぱんとまいむ』にて(052-935-8441)
(JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線『大曽根駅』より南へ徒歩5分)
出演 若鯱亭笑天 微笑亭さん太 竜宮亭無眠


2/20(月) 午後7時~
『月例寄席』 木戸銭¥100
豊橋市神明町『あんくるとむ』(0532-53-5355)
出演 寿司家銀司 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 成田家紫蝶


微笑亭さん太

婆さんや、ネタはまだかい?

昨日は豊川の『ふれあいセンター』という所に行ってきました。
一昨日、昨日と、連日の悪質商法の出前講座です。


ふれあいセンターというのは介護、福祉等の総合施設的なもので、
ちょっとしたスポーツジムや温泉などもあります。
この日も、地元の老人会の皆さんに呼んでいただいたんですが、
会場となった和室の隣に休憩室なるものがあり、
数人のお年寄りたちが世間話をしておりました。


私は着物に着替えて、その休憩室の前あたりでスタンバってたんですが、
休憩室の中にいたお婆ちゃん3人組が、
「…今日は何か、踊りの会でもあるの?」
「あ、いえ、今から落語を演るんですよ」
「へえ~、落語なんだ。…ちょっとお兄さん、こっちにおいでよ」
無理矢理、中に連れ込まれましてね。
「お茶飲む?」
「いや、もうすぐに出番なので(汗)」
「お茶の一杯くらい大丈夫でしょう」
…『年上』の女性にナンパされたのは初めての経験でした。
もう嬉しくて、天にも昇るような心持ちで……もっとも、天に昇るのは、
そのお婆ちゃんたちの方が先でしょうが…


終演後、帰ろうとしていたら、
一昨日の市田町市民館の出前講座の責任者だった方に
バッタリとお会いしてしまいました。


どうやらここの温泉に入りに来られたらしいんですが、全くの偶然でした。
「昨日の会は評判よかったよ」
「ありがとうございます。どんなテーマでも落語にして演りますので、
よろしかったら声をかけてください」
「ああ、そうなんだ。…認知症なんかでも作れる?」
「ええ、もちろん依頼していただければ。作りましょうか?」
「……え?」
「作りましょうか?」
「……え?」
「いや、ですから、作りましょうか?」
「…何の話してたっけ?」
これは依頼を受けても、果たして完成まで覚えてくれていてくれるかどうか…
まるで、ネタの一部のような会話を交わしてしまいました(笑)


微笑亭さん太

♪私の~落語の前で~ 泣かないでください~

昨日は豊川の市田町市民館という所に行ってきました。
今年初めての、悪質商法の出前講座です。
この出前講座はいつも、
地元の老人会の皆さんに呼んでいただく事がほとんどなんですが、
この日もそうでした。


現場について、『会場はこちらです』と案内されてふと見ると、
お仏壇と見紛うような高座が用意されてました。

1/18(高座)

後ろにはロウソクが煌々と灯り、
座布団の脇にはお焼香の台…高座というより『祭壇』です。
聞けば落語の前に、亡くなられた方々のために法要的なものがあり、
お坊さんまでお見えになってました。


以前、交通安全のイベントに呼ばれた時、落語の直前に、
交通事故被害者のために黙祷をされたって事はあったんですが、
お経を上げられたのは初めてでした。


こんな空気の後で落語を演って大丈夫なのかと思ったんですが、
いざ噺に入ると、皆さんよく笑ってくださって、
そんな心配も杞憂に終わりました。


終わった後、市役所の方々と一緒にお茶をいただいていたら、
客席にいたお婆ちゃんが入ってきて、
「昨日ね、ウチに変な人が来たんだよ」
ああ、これはきっと、悪質なセールスか何かに困った話なんだろうなと思いました。
「その人ね、『私はルンペンです』って言うのよ。
今、忙しいって言ったら帰っていったけどね」
「はあ……何か売りつけられたんですか?」
「いや、何にも」
そのまま、出て行かれました。
…えっ、何のルンペン報告?
ルンペンという言葉自体(放送禁止用語?)久々に聞きましたが、
何だかよく判らないまま、豊川を後にした私でした。


微笑亭さん太

ボケのアーティスト、降臨!

昨日は蒲郡にて一席演ってきました。
毎年恒例となっている、銀行主催の年金受給者対象の新春落語会で、
落語の後には豪華福袋が当たる抽選会もあります。


抽選会に参加するためには、
先に1時間、我々の落語に耐えなければならないという、
『アメとムチ』がワンセットになった寄席です。
この日も福袋目当てに、80名くらいの方がお見えになりました。

1/17(セーター)

私を含めて2名出るのですが、今回はご覧のように、
すっとこどっこいなセーターを着た鶴橋減滅渡さんとの共演です。
私が『検問は大騒ぎ』、ヘルさんが『寝床』でしたが、
『あんたら、笑えや~!』と、中腰で立ち上がって客席を脅す
ヘルさんの姿をとらえてみました。

1/17(高座)

この寄席を仕切っているのは、
小市民寄席での踊りのズレ方がもはや芸術の域に達していると評判の、
夢見亭初音さんです。


毎回お会いするたびに、
予想もしない角度からのボケの応酬で圧倒されてしまう私ですが、
昨日もお会いして第一声が、
「あ、さん太、ご苦労様。こっちが楽屋だから、
中でさん太が待ってると思うから、さん太も中に入っててね」
という、まるで『ドッペルゲンガー』の存在を
認めるかのような発言をかまされました。


終演後、天狗連でやっている俳句の会の話になった時も、ヘルさんが
「いや~、もう俳句も『ネタ切れ』ですわ」
「えっ?誰が?」
「いや、私がですよ」
「ヘルちゃんは、どう見ても違うでしょう。誰か身内の人なの?」
「……あの~、何の話ですのん?」
「だって今言ったでしょう、『寝たきり』って」
…これは、踊りのズレ方だけではなく、
聞き間違いも芸術の域に達しているようです。


来週は、同じ会を豊橋会場でやりますので、
また初音さんにお会いします。
どんなボケの嵐が吹き荒れるのか、今からワクワクしてます。


微笑亭さん太

マンガいちにもありえない?

昨日は天狗連の月例寄席に行ってきました。
出番ではないですが、単にお客さんとして見に行きました。


この日のゲストは、
3回目の出演となる栄歌さんでしたが、
いつもわざわざ、新幹線を使って豊橋まで来てくださいます。
普段、患者さんのお腹を切っているドクター栄歌さんが、
落語の時は自腹を切ります。


『一眼国』              髪家三代

『厩火事』              望々亭みるく

『権助魚』              愛知家馬舟

『口入屋』              南遊亭栄歌


新春の月例寄席は、
どうかするとお客さんが薄い事があるんですが、
この日はいつも通りの満席と、
幸先のいいスタートを切る事ができました。


ネタ選択に悩んでらっしゃった栄歌さんですが、
『無眠さんに、ハメのCDを作ってもらうよう頼んでしまったので、
引くに引けなくなった』(本人談)と言いながらも、
大熱演の『口入屋』で、客席を唸らせておりました。
ただ、電車の時間の関係で、
打ち上げをご一緒出来なかったのが残念でした。
次回はどうか、貸し切りの新幹線か何かでお越しください。


客席に見慣れない若い女性がいらっしゃり、
打ち上げもご一緒したんですが、伺ったら漫画家の方でして、
何と東京から、月例寄席を見に来られたと仰るのです。


今度、落語をテーマにした漫画を描かれるにあたっての
『取材』という事らしいんですが、まさか栄歌さんの他にも、
新幹線を使って月例寄席に来た方がいるとは夢にも思いませんでした。


しっかり取材をして帰られましたので、
そのうち『バツ2で怪しげな関西弁を喋る元プロの噺家』
主人公の漫画なんてのが描かれるかもしれませんね。
…それ、誰の事やねん!?(by鶴橋減滅渡)


微笑亭さん太

前門のバー、後門の車

昨日は岡崎にて、1時間ちょっと喋ってきました。
『ホスピス研究会OKAZAKI』という
団体の方々に呼んでいただいたんですが、毎年この時期恒例の会で、
今年で4年連続お邪魔する事になります。
ありがたい事です。


代表者の方のお宅が会場となり、
女性を中心に20名ほどの方々がお見えになりました。
『検問は大騒ぎ』『芝浜』『お達者バイト』と3席演りましたが、
皆さん、よく笑ってくださいました。


日々辛い病気と闘ってらっしゃる方ばかりだというのに、
皆さん前向きに明るく頑張ってらっしゃって、
毎年ここに伺うと元気をもらえる気がします。


会場が岡崎公園の近くでしたので、そこの駐車場に車を停めました。
帰りに駐車場のチケットをいただいて、
それを使って出ようとしたんですが、
出口のゲートのところまで行ってから、
8枚綴りのチケットを切り離してない事に気付きました。


一枚づつ入れなければいけないので、慌ててその場で切り離す事に。
後ろから車が来てますから、大迷惑です(汗)


やっと切り離し終わって急いで入れようとしたら、
チケットを入れる口のシャッターが閉まっていて入りません(汗汗)


『えっ、何で!?』私はそのシャッターを
指でこじ開けようという暴挙に出ましたが、
開くはずもありません(汗汗汗)


後ろが詰まってるから下がれないし、
どうする事もできません(汗汗汗汗)


途方にくれていると、係員の方が見えて、
「どうしました?」
「チケットを入れようと思うんですが、
入口が閉まったままで、シャッターが開かないんですよ。
故障じゃないんですか!?どういう事ですか!?」
「はあ……入車時にもらった駐車券を入れましたか?そしたら開くと思うんですが」
…急転直下の全面解決とはこの事ですね。
多分『ドン臭い』という言葉は、こういう時に使うんでしょうね。


今年の抱負として
『駐車チケットをちゃんと使えるようになる事』
というのを書き加えた、私でした。


微笑亭さん太

Say!大将軍

例の北の方の国では、
将軍様が変わられたばかりですが、
日本にもかつて、『将軍』と呼ばれた方々がいたわけです。


お金と並んで、地位や権力というのは誰でも欲しがりますが、
将軍というと、全ての権力を手中に収めて、
やりたい放題みたいなイメージがあると思いますが、
実際はなかなか大変だったようですよ。


とにかく朝から晩まで、
政務と勉強に明け暮れる日々を送っておりましてね。
とても、顔を白塗りにして、ダチョウ倶楽部やグラビアアイドルと戯れて
『アイ~ン!』なんてやっている暇はなかったんですね。
過労が祟るせいか、将軍の平均寿命というのは49歳だそうですから、
決して長生きをしていないというのが判りますよね。


朝は6時に起床、身支度をして仏壇を参り、
大奥の奥方に挨拶をして、一汁ニ菜の朝食を取るんですが、
その時代、権力者の毒殺というのを非常に恐れてましたから、
将軍様の前に料理が出てくるまでが大変でしたよ。


50人以上の台所役人が10人前の料理を作って、
それを何度も毒見しながら、最終的に一人前の料理が
将軍の前に差し出されるんですね。


これは、どの膳を将軍が食べるのか
直前まで判らなくするための配慮なんですが、
そのせいで、食事が作られてから将軍様の口に入るまでが、約2時間
船越英一郎だったら、殺人事件の犯人を捕まえちゃってますよ。
当然、途中で料理が冷めますから、
魚がみんな干物になって出てきたりしてね。


それで、時間を無駄にしないためか、
食事中に小姓が顔と頭を剃るんですね。
食事している人の顔を剃るのは大変だと思いますよ。
ちょっと気を抜くと、将軍様の片耳がなくなってたりしてね。
『どこいっちゃったんだろ?』と、ふと見ると、
味噌汁のネギの横に浮かんでたりしてね。


さらに医者が6人近づいてきて、
左右から脈を取ったり舌を診たりしての健康診断。
医者が6人で診るんですよ。
医師不足の現代とは、違った意味での『たらい回し』ですよね。


食事をするのもいつも一人、
お酒の相手をしてくれる人もいない、そこへもってきての激務で、
徹夜の残業なんて事もあったそうですから、
そう聞くと、あまり魅力的なポストとは言いがたいですよね。


きつい、汚い、危険といった
劣悪な条件が揃った職場を『3K』といったりしますが、
将軍という職も、それに近いものがあるのかもしれませんね。
それで将軍の候補が出る尾州、紀州、水戸の事を
『ご3K』と呼ぶんでしょうかね?


微笑亭さん太

春風亭小朝独演会 豊橋市公会堂にて

昨日は豊橋の公会堂で行われた、
春風亭小朝師の独演会に行ってきました。


この公会堂は、毎年夏に天狗連の一大イベント、
『小市民寄席』をやっているホールですので、
そこでの小朝師の独演会というのは、感慨深いものがありました。
ここの舞台だけは、師匠よりも数多く上がってると自信を持って言えますね(笑)

1/13(ぴっかりさん)

二つ目に昇進してから初めて、ぴっかりさんにお会いしましたが、
相変わらず『実年齢を聞いたら驚くような若々しさ』でしたね。
さすがは、AKBのオーディションを受けただけあります(?)

1/13(ぴっかりさん太)

本番前に小朝師と色々お話をさせていただきましたが、
お疲れのご様子にもかかわらず、高座では大熱演されてました。


『転失気』           春風亭ぴっかり

『紀州』             春風亭小朝

『ぼやき酒屋』         春風亭小朝

『動物園』            瀧川鯉斗

『中村仲蔵』          春風亭小朝


2席目に『ぼやき酒屋』を演られたんですが、
元々は三枝師匠の作品ですが、数年前に全面改作させられたんですね。
小ネタの集積のようなネタですから、私の書いたネタが随分入ってましたね。
行った方にしか判りませんが、
枝豆ネタ、タコネタ、リモコンネタ、白熊ネタ、漢字ネタ等々は、
『さん太・作』ですとアピールしておきます(笑)
なかなか自分のネタを聞く機会がないので、非常に嬉しかったですね。


FM豊橋のモエモエちゃんから
『小朝師のコメントがいただけませんか?』と頼まれていたので、
了承をいただいて、簡単なインタビューをさせていただきました。
FM豊橋で毎週放送されている長寿番組
『豊橋ラジオ寄席』を聞いて下さっている
リスナーに向けてのコメントだったんですが、その中で何気なく
『豊橋カレーうどん』の話題が出たんですね。

1/13(インタビュー)

すると、お疲れだった小朝師の目が急に輝いて
「豊橋カレーうどんって何?」
「ご飯の上にとろろ、その上にカレーうどんが乗っているという、豊橋の名物です」
「へえ~!それ是非食べたいね!」
物凄い食いつき方で、その後すぐに楽屋で出前をとって、
カレーうどんを食べてらっしゃいました。さすがは好奇心旺盛な師匠です。


インタビュー終了後、モエモエちゃんが、
「師匠、ありがとうございました。
応援してますから、今日の高座、頑張ってください!」
とニッコリ笑ってエールを送ってました。


その後彼女は仕事のため、
小朝師の落語を聞く事もなく帰って行った事は、
口が裂けても小朝師には言えません(笑)


微笑亭さん太

落し物は何ですか?見つけにくい物ですか?

ルックス的にも地味で、性格的にも無口で大人しくて、
全く存在感のない方というのが時々いらっしゃいますよね。


会社では、出社しても退社しても誰にも気にとめられず、
家庭では、帰宅してから3時間後くらいに
『…あら、お父さん、いたの?』なんてんで、
やっと気付かれるような按配でしてね。
まるで、そこにいないかのような無の存在感のため、
回りから『ステルスさん』なんて
仇名を付けられたって話がありますけどね…
人間としては、ちょっと悲しいものがありますよね。


先月、イランの領空内で、
米国の無人偵察機が撃墜されたなんという報道がありましたよね。
実際に、その機体の映像なんかも公開されてましたから、
ウソではないようですね。


ただ、撃墜されたにしては機体が全く傷ついてないので、
撃墜ではなく、何らかの故障により不時着したものを
回収したのではないかと言われてます。
いわゆる『ステルス神あれば拾う神あり』というやつですが、
軍事的には大変な事ですよ。


早速、ロシアと中国が機体の調査をイランに申し出たそうでして、
もしもイランが許可すれば、レーダーに捕捉されにくい
最新のステルス技術がロシアや中国に流出する可能性があるわけですから、
アメリカは涙目状態ですよ。
すぐにでも返してほしいでしょうけど、これを返してくれと言うのは、
盗撮しに行った家にデジカメを忘れたから、
返してくれと言っているようなものですから、虫のいい話になっちゃいますよ。


元々この無人偵察機は、急降下と一定の重力に弱いと言われてたんですね。
遊園地へ行っても、絶対ジェットコースターには乗れないタイプですね。
それに偵察機なんというのは、いくらレーダーに探知されないからといって、
見つかったら、いつ撃ち落されるか判らない物なんですから、
もしもの時のために『自爆装置』でも付けておかなかったんでしょうかね?
そういう意味では米軍より、『ポチッとな!』の一言で
ちゃんとメカが自爆する『ヤッターマン』の『ドロンボー一味』の方が
賢いと言えますよね。


これから色んな国に機体の隅々まで調べられ、
見られたくないとこまで見られるでしょうから、
さぞやステルスもストレスがたまると思いますよ。


さんざっぱら調べられたあげく、
『見えてないというのはウソだった』という事が判ったりしてね。
「だって今まで、あのアメリカが『見えてない』と言ってるんだから、
見えてても『見えてない』と言うしか仕方ないでしょう?」
…各国とも、ちょっとした『逆・裸の王様』だったりしましてね。


日本でも、ステルスが落ちてくる事はありえますよ。
見つけた人は、やはり交番に届けるんでしょうね。
「あの~、こんな物拾っちゃったんですけど」
「あ~、ステルス偵察機ですか。
じゃあ、ここにあなたの住所とお名前、拾った場所などを記入して下さいね。
落とし主が現れなかった場合、三ヶ月後にはあなたの物になりますから」
これは困りますよね。こんな物もらったって、使いようがないですから。


落とし主として米軍が取りにきた場合は、もっと困りますよ。
『拾った方には、お礼として2割』なんてんで、
片方の翼だけ置いていかれたら始末に悪いですよね。


微笑亭さん太

迷想にふける

舞台で演じる物の中で、
落語というのは、非常に不思議な物だなと感じる事があります。


歌舞伎でも能狂言でもお芝居、コンサートなんかでも
事前に演目が決まってないなんて事はありえないわけですが、
落語だけは、噺家さんが上がる直前まで…どうかすると
上がってからでさえ『決まってない』という事の方が
圧倒的に多かったりします。


当日のお客さんを見て、
ウケる噺を選ぶという配慮からなわけですが、
ピン芸ならではのいい加減さ…いや、柔軟さですよね。


私は個人的に『ネタ出し』の落語会が苦手だったりします。
ネタ数はそんなに多いわけじゃないのに、
何を演ろうか、凄く迷いに迷うんですね。


特に迷うのが、具体的に何を演るかという事ではなく
古典か新作かで迷いますね。


寄席ではなく、何かのイベントで一席のように、
さほど落語を聞く気のない人たちの前では、
入ってきやすい創作や漫談を演る事が多いんですが、
何回もやっている、歴史ある本格的な落語会の場合は本当に迷いますね。


そういう会に来る方々は、
落語をガッツリ聞きたいと思って見える方が多いわけですから、
『落語=古典』という図式が出来上がってるのではないかと思うわけです。
そんなところへ、私のわけ判らない創作を演ったりして、
『…何これ?』みたいに思われるんじゃないかと
心配で心配で仕方がなくなっちゃうんですね。


ネタ出しがしてない落語会であれば、当日の空気次第で対処できますが、
ネタ出ししてあるとそうはいきません。
プログラムに書かれてある自分のネタが、
まるで『死刑宣告』のように思える時すらあったりします。
『…あ~違うネタにしとけばよかった』みたいな。


古典と新作、いわゆる『両刀遣い』の社会人落語家の方々は、
そのあたりの見極め、判断をどうされてるのか、
非常に興味深いところではありますね。
いい年して、迷ってばかりのさん太です(笑)



※告知です

1/22(日) 午後1時~4時半(落語は2時半以降)
『新春笑例会』 木戸銭¥1000
愛知県産業労働センター(ウィンクあいち) 名古屋駅から東へ徒歩5分
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 駒久家南朝

毎年出させてもらっている、日本笑い学会主催のイベントです。
落語の他にも、笑いに関するタメになるお話が聞けたりする楽しい会です。
お暇な方は、是非どうぞ。


2/4(土) 午後6時~
『ぱんとまいむ寄席』 木戸銭¥500
名古屋市東区徳川町2501マルカネビル1F
喫茶『ぱんとまいむ』にて(052-935-8441)
(JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線『大曽根駅』より南へ徒歩5分)
出演 若鯱亭笑天 微笑亭さん太 竜宮亭無眠

ちなみに、3/3(土)の『ぱんとまいむ寄席』にも
連続出演させていただきます。


微笑亭さん太

ほほえみ大喜利⑰

お正月モードで、だらけきっている脳細胞をシャキッとさせて下さい。
2012年もガンガンいきます、ほほえみ大喜利で~す。


新しい年を迎えた事ですし、
今回は『今年の目標』を発表して下さい。
まずは皆さんが、『今年の目標は○○です』と抱負を言ってください。
そこで私が『もしも達成できなかったら?』と尋ねますので、
それに対して、達成できなかった時の行動を答えてください。
題して『叶う姉妹』、さあ、出来た人!はい、さん太。


『今年の目標は、スプーン曲げができるようになる事です』
『もしも達成できなかったら?』
『サジを投げます』



なるほど、初っ端にしては、いいサジ加減の答えだね。
座布団1枚、いっとこうか。
おや、さん太、続けていくかい?


『今年の目標は、鉄筋3階建ての家を建てる事です』
『もしも達成できなかったら?』
『ダンボールで手を打ちます』



ダンボールハウスって、小遊三師じゃないんだから。
でも結構暖かいんだよね。
まあ、ダンボール3枚、あげて。


他に出来た人!
おや、今日のゲストは久々の無眠さんじゃないですか。
今年もよろしくお願いします。
じゃあ、無眠さんの目標を聞かせてもらいましょうか。


『今年の目標は、スキンヘッドにする事です』
『もしも達成できなかったら?』
『頭を丸めます』



……ツッコミ所が多すぎて、逆にツッコめない…
その頭は、達成できたのかできなかったのか…?
身を削っていただいたので、座布団3枚、差し上げます。
今度はさん太、いくかい?


『今年の目標は、星の名前を全部覚える事です』
『もしも達成できなかったら?』
『正座(星座)して反省します』



定番だけど、まあ綺麗な答えだね。
座布団、2枚追加しとこうか。
では最後に無眠さん、締めてください。


『今年の目標は、可愛い彼女を作る事です』
『もしも達成できなかったら?』
『可愛い彼氏でもいいです』



やっぱり!?
いつまで経っても独身だから、そうじゃないかとは思ってたんですが…
そのカミングアウトに対して、ゴールデン座布団差し上げましょう。


さあ皆さんも、ドンドン手をあげて答えてね!


微笑亭さん太

愛すべき平和な日

昨年、中国で放送された、
親不孝な若者を取り上げた番組が『やらせ』だったとして、
当局から30日間の放送停止処分を受けたなんて話がありましてね。


制作会社が、父親に対して横柄な口をきき、
あれこれバカにする親不孝息子を、
雇った男性に演じさせたという事らしいんですね。
日本でも時々問題になるように『やらせ』はマズいんでしょうが、
中国の場合は、共産党政権の批判をしようとしても
阻止されるという現実があるわけでして、
『やらせ』より『やらせない』の方が問題なのかもしれませんね。


ドラマやバラエティ番組は週に一回しか放送されませんが、
ニュース番組というのは毎日放送されてますよね。
しかし、毎日毎日放送していて、
よく伝える内容があるなと感心してしまうくらいですが、
やはり何らかの事件、事故等は必ず起こっているという証拠でしょうね。


もしも、全く何も起こらない日があったとしたら、
それはそれでニュース番組も困るんでしょうね。
ニュースの冒頭で、キャスターが沈痛な面持ちで、
「こんばんは、ニュースです。今日は……何もありませんでした」
と言ったっきり沈黙ですよ。


「何もありませんって…安藤さん、何かあるでしょう?」
「いえ、本当に何もないんですよ」
「傷害事件とか、殺人事件とか、ないんですか?」
「ありません。一件もありませんね」
「一件もって…誰か一人くらい殺されててもいいんじゃないんですか?」
「ええ、私もそう思うんですが…日本の犯罪者の皆さんには、
もっとチャレンジしてほしいものだと思いますね」
「殺人はなくても、交通事故ならあるでしょう?
毎日、何件も起こってるんですから」
「いえ、不思議な事に、今日は事故もないんですよ」
「え~、みんな安全運転しすぎだよ~!無謀な運転をして事故る、
空気の読めない若者たちは何をやってるんでしょうかね?」
「はい、若干法律を守りすぎかと思いますが」
「政治家が何かやらかしてませんか?スキャンダルが発覚するとか?」
「そういった事もありませんね。皆さん、普通に仕事をこなされていたようです」
「使えねえな~!気を遣って、誰か問題発言のひとつでもするべきですよね」
「そうですね。血迷って『消費税を80%にします』くらい言ってくれれば、
それだけで十分くらいは持ちますからね」
「じゃあ、日本は無理でも海外なら何かあるでしょう?」
「いえ、海外でも、何もない平和な一日だったようです」
「海外でもですか?アメリカ、戦争起こせよ~!アルカイダは何をやってんだ!」
なんてんで、とても不謹慎な内容になったりして、
ニュースがない一日というのは、それはそれで大変そうですね。


微笑亭さん太

ドラゴンの年は中日から

昨日は『楽語の会』の定期公演、
中日寄席に出演してきました。


この寄席には、
一昨年の4月に初めて出させてもらって以来、
2回目の出演となります。


『たらちね』            持徒亭安之丞

『お達者バイト』          微笑亭さん太

『子ほめ』             三落亭痴久和

『尻餅』               竜宮亭無眠


最近の中日寄席は、
よくお客さんが入るとは聞いていたんですが、
開演前から、立見すら見えにくいような満員盛況!
多分90名くらいは、お見えになってたのではないかと思います。

1/8(中日)

立見のお客様は、
素人の落語を長時間立ったまま聞かされるという、
正月早々、多分今年一番辛いであろう罰ゲームを体験させられて、
お気の毒でした。


しかし、良いお客様に支えられて、
最後まで笑いの絶えない初席となりました。
遠くから来て下さった華さん、こだまさん、
ありがとうございました。


終演後は、無眠さん、安之丞さん、私の演者3人に
写碌さん、みえさん、華さん、きよきよさんを交えて打ち上げをしました。
私や無眠さんの下戸組が頼んだソフトドリンク、
『アップルマンゴー』に、本来入っているはずの
マンゴー果肉が入ってなかったため、
激怒した無眠さんが店員さんを呼んで土下座させたという事も全くなく、
こちらもとても楽しい打ち上げとなりました。


微笑亭さん太

復活の日を、鼻を長~くして待ってます

地球上には、
絶滅の危機に瀕している生物というのが沢山いますが、
既に絶滅してしまった動物の中で
一番有名だと言っても過言ではないのが
『マンモス』じゃないかと思いますね。


マンモスは、今からおよそ
一万年前に地球上から姿を消してるんですが、
絶滅の原因については、はっきりしておらず、
今でも議論は続いているんですね。


人類の狩猟活動に伴い、必要以上に乱獲されてしまったという
『大量殺裁(オーバーキル)説』だとか、
氷期から後氷期への気候温暖化が主要な原因と見る『気候変動説』、
病気の蔓延が原因とされる『ウイルス説』
昔の有名なアニメの中で沢山食べられてしまったからという
『ギャートルズ説』など、様々な説があります。


そんな中、ロシア東シベリアのサハ共和国の永久凍土で昨年、
マンモスの大腿骨が見つかり、内部に保存状態の良い骨髄が確認されたんですね。
マンモス博物館の研究者らが骨を切断して調べた結果、
初めて見るほどの状態の良さで、骨髄も新鮮という超貴重な発見。
『この骨髄発見で、マンモス復活の可能性が高まった』
と期待を寄せているようで、
『気象の変化で、永久凍土がとけだしてる事は問題じゃないの?』という
野暮なツッコミをしてはいけないんですね。
これは『マンモスうれピー』が、
再び流行語としてブレイクする予感がしますね。


マンモスの復活というのは、
これまでにもよく言われてきた事ですが、その復活方法として、
『顕微授精技術』というのを利用した方法があるそうですね。


この方法は、永久凍土の中で冷凍されたマンモスの精子を、
現代の雌ゾウの卵子に顕微授精して、
まず50%雑種のマンモスを誕生させるんですね。
これで雌が生まれれば、再びその卵子にマンモスの精子を顕微授精して、
75%マンモスを作り出すんですね。
これを繰り返す事によって、
限りなく100%に近いマンモスを誕生させるわけですね。


この方法を人間でも使えば
『ほぼ100%キムタク』とか『ほぼ100%福山雅治』
なんてのも作り出す事が可能という事ですよね。
ところがこの方法は、例えうまくいったとしても
『数十年の歳月が必要』という最大の欠点があり実用的ではないんですね。


そこでもう一つの方法、
『体細胞クローン技術』を利用した方法が注目を集めています。
この方法は、マンモスの凍結死体から、
DNAが状態よく保存された細胞を取り出して、
体細胞クローン技術により胚を発生させ、
雌ゾウの子宮に移植する事により、マンモスを誕生させる方法なんですね。
この方法なら、一世代で、ほぼ100%のマンモスが再生できるそうですね。


それにしても、なぜ人はマンモス復活に、
これほどまで異様にこだわるのかと疑問に思ったりしますが、
太古の昔、『マンモスの肉は美味しかった』という記憶を、
遺伝子レベルで覚えてるんじゃないかと言われてますね。


そうしてみると、
ゾウを食べる対象として見ている人はまずいないと思いますが、
マンモスは完全に『食料』として見ているという事になりますね。


ちなみにマンモスというのは、
思ったほど大きくはなく、ゾウとあまり変わらないんですね。
大きいというイメージがついたのは、
『マンモス校』とか『マンモス企業』といった表現のせいなんでしょうね。
そりゃそうでしょうね。
『アフリカゾウ校』って言っても、凄みはないですからね。


微笑亭さん太

趣味の演芸

年末年始、様々な演芸番組が放送されてましたが、
ご覧になった方も多いんじゃないでしょうか。
私自身は、あまり見られなかったんですが、
最近は、その手の番組が格段に少なくなった気がしますね。


色物系はまだいいんですが、
落語を見られる番組が、特に少なくなりました。
昔はお正月だったら、毎日どこかの局でやっていた印象がありますが、
今は、3日のお昼にNHKが4元生中継で放送する
寄席中継くらいでしょうかね。


とは言っても、色物中心で、
落語は申し訳程度にしか入ってません。
しかも持ち時間は7、8分くらいという事で、
落語の楽しさを伝えるには時間が無さすぎます。


せっかくお正月というのは、
普段そういうものを見ない方でも、
『…まあ正月だから、演芸番組でも見てみるかな』
という気になる時ですので、
もうちょっと本格的に、落語が聞ける番組があってもいいと思いますね。


逆にコントや漫才の色物系というのは、
一時よりも、いい感じになってきてる印象を受けます。


というのは、『エンタの神様』や『レッドカーペット』などの
ネタ番組が無くなった事により、
一発ギャグやキャラのみで押し切る芸風が少なくなり、
ちゃんとネタを聞かせる方向に来てるからじゃないでしょうかね。


ネタ番組が無くなれば、若手芸人たちは
一般のお客さんへのネタ見せの機会が、ライブ等に限られてきます。
そうなると、しっかり作り込んだネタを聞かせないと
お客さんたちの支持は受けられませんから、
『ちゃんとネタをやろう』というベクトルに
向いていってる気がしますね。


目先のインパクトに頼る芸は
いつかは飽きられてしまいますので、
『しっかり作ったネタを、しっかりやる』
これが芸人にとっても、お客さんにとっても
一番いい事じゃないかと思いますね。


今年も数多くの
楽しい落語や漫才、コントが聞けるといいなと思います。


微笑亭さん太

暴・事件の顛末

昨年も様々な事件が起こりましたが、
芸能界での衝撃的な事件というと、
あの方の『引退』があげられるんじゃないでしょうか。


レギュラー番組を沢山抱える超大物でしたが、
暴力団関係者との親密な交際が明らかになり、
強制引退を余儀なくされたというのは驚きでした。
ただここへ来て、復帰なんて話も出てますから
どうなるんでしょうね…?


紅白の出演者の人選にも
この事件は影響を与えるのではと言われてましたが、
こちらの方は全員が『シロ』という事だったようですね。


テレビ番組などで『映ってはいけない物』が映っていたため
ボツになってしまったなんて事は耳にしたりしますが、
似たような事が昨年の暮れに静岡でありましてね。


静岡県焼津市が、市民への配布用に作製した、
2012年のカレンダーの8月の写真に、
暴力団関係者が写っていたという事で、
市が慌てて回収をしたなんて事があったんですね。


一昨年8月に行われた『焼津神社大祭』というお祭りでの、
神輿を中心にして写っている白装束姿の参加者の中に
暴力団関係者が写っていたもんですから、
既に刷り上がっていた5万5千部のカレンダーが
全てパーになってしまったんですね。


その費用250万円という事で、結局刷り直して、
倍額の500万かかった事になるわけですね。
静岡県では昨年8月から『暴力団排除条例』を施行し始めた事もあって、
いつもは腰の重い行政も、今回は『御輿を上げる』のが早かったようですね。


しかし考えてみれば、たった一人写ってただけで
250万のお金が動いたわけですから、
その筋の方々の間では、こういった事が
『新たなシノギ』として採用されてくるかもしれませんね。


様々な公共の印刷物に掲載される写真にピースサインで写りこんで、
それを脅しの材料として使ったりするわけですね。
ですから撮った方は、その手の方々が写り込んでないか、
写真を隅々までチェックするのが常識となってきましてね。
これが後に『ウォーリーを探せ』になったという話があるんですけどね。


微笑亭さん太

アダルトすぎるスクール

若者の恋愛離れとでも言うのでしょうか、
今、恋人のいない若者がどんどん増えているようですね。
18歳~34歳の未婚の男女7千人以上を対象に
アンケートを実施したところ、男性の61%、女性の49%に
交際相手がいなかったんですね。


1987年に同じ質問を始めてから最高の数値で、
2005年の前回調査よりも、男性は約9ポイント、
女性は約5ポイントもアップしてるそうです。


さらに問題なのは、その約半数が
『特に異性との交際を望んでいない』と答えてる事で、
彼女を持つのは面倒、Hするのはもっと面倒だと、
本気で考えてる人もいるようですね。
日本の若者たちの草食系への流れは、どんどん加速しているようですね。


そんな中、オーストリアの首都ウィーンに、
世界初となる『セックス専門学校』ができるそうですね。


性行為の知識と技術が学べるという
『オーストリア国際スクール・オブ・セックス』は、
この1月に開校予定で、一学期に200時間の授業が行われるそうです。
授業料は約15万円、授業で使う避妊具の代金込みだそうです。
入校対象は16歳以上の男女で、生徒は学校に泊りがけで
『性への理解力、技術、体の鍛錬』などを教わるという、
期待感マックスの夢のような学校なんですね。


校長先生は、過去にテレビのアダルト番組で司会を務めていた
マリア・トンプソンさんという美熟女だそうでして、卒業試験はきっと
『校長先生を満足させられるかどうか』が問われるんでしょうね。
『再試験』が受けたいために、わざと落とす人間が続出ですよ。
「皆さん、落第者が沢山いますね。
では再試験は、この講師の先生にやっていただきます」
なんてんで、柔道の内柴さんが出てきたりしてね。


しかし、めでたく卒業できたとしても、いざ就職の時の面接で、
「君の最終学歴はどこですか?」
「セックス専門学校です」
なんて答えられるんんでしょうかね?
「セ、セックス専門学校?じゃあ君は、学校で女性とのHを学んできたのかね?」
「いえ、ウチの学校は『男子校』なんです」
これはもっと困りますよね。
将来、結婚式を挙げたら挙げたで、スピーチで、
「え~、新郎はセックス専門学校を優秀な成績で卒業され…」
なんて言われたら、列席者たちは微妙な空気になっちゃいますよね。


ところがこの『セックス専門学校』、
全くのウソだったらしいという事が、その後判りましてね。
ウィーンには、どこにもそんな学校はないそうでして、
世間を欺くためのジョークだったようですね。


オーストリア国内だけではなく、中国、日本、カナダ、ロシアなどから、
600人を超える申し込みがあったといいますから、
ジョークとしては大成功だったわけですね。


欺いた方は大成功ですし、欺かれた方も実害があるわけではなく、
そんな夢みたいな学校が存在すると思えただけでも得したと言えますよね。
これがいわゆる『ウィーン・ウィーンの関係』というやつなんでしょうね。


微笑亭さん太

漢字がらめの一年でした

漢字一文字で一年の世相を表す、
毎年恒例の『今年の漢字』、昨年は『絆』に決まりましたよね。
清水寺で行われる事で知られてますが、
主催してるのは『日本漢字能力検定協会』でして、
今回でもう17回目なんですね。


ハガキやホームページなどで応募を受け付け、
最も数が多かった漢字一文字が選ばれるわけですが、
過去に一度選ばれた漢字は外されちゃうんですね。


本来でしたら、あれだけの大震災が起こったわけですから
『震』『災』も有力候補のはずですが、
過去に選ばれているため『絆』に票が集まったようですね。
「絆って、いい言葉だよな~…お前、絆って何か、判ってるか?」
「判ってるよ。ぺんぺん草の事だろ?」
…それは『ナズナ』ですね。


日本人と漢字というのは切っても切れない関係性にありますが、
よくよく漢字を観察してみると、面白い構成だったりしますよね。
このイベントが行われるのは清水寺ですが、
お尻の病気である『痔』という漢字は『寺の病』と書くわけですね。
男性ばかりの修行僧が沢山いるお寺ですからね。
そういう病にも、かかりやすいのかもしれませんね。


「ちょっとお父さん!変な宗教に凝ったあげく、
何でこんな怪しげな壺を20万も出して買っちゃったの?」
「だって、それ持ってたら幸せになれるって言うからさ…
あなたのために買いなさいって」
「何を言ってるの。ああいう人たちってのはね、
信者の事は金儲けの道具にしか考えてないのよ。
それが証拠に『信者』という字を、まとめて一文字で書くと
『儲ける』って字になるでしょう?
ウソつきな人ほど『あなたのため』なんて言うのよ。
『人の為』は『偽り』って事だからね。
幸せはね、楽して得られるものじゃないのよ。
辛い事を我慢して我慢して幸せになれるの。
だから『辛い』という字にフタをすると『幸せ』っていう字になるんじゃない」
「へえ…お前の事、教祖様と呼んでいいかな?」
こういう信じやすい方は危ないですから、気をつけた方がいいですね。


『楽』という字は
『楽しい』につながりますから印象の良い字だと思いますが、
『草は楽しい』で『薬』になりますから、
一気に意味深な字になってきますよね。
さらに『車は楽しい』で『轢く』になりますから、
くれぐれも運転される方は気をつけていただきたいと思いますね。


票数のカウントにも使われる
『正』という字も印象の良い字かと思いますが、
正しいか間違ってるかを判断するのは、
非常に難しい場合が多々ありますよね。
妄信して、やみくもに突き進むのは危険だという事が、この字に表れてます。
何しろ『正しい』のは『一度止まる』と書くわけですから、
一度止まって、よく考える事が必要なようですね。


※告知です

1/8(日) 午後2時~
『中日寄席』 木戸銭無料
名古屋・中日ビル
出演 持徒亭安之丞 三落亭痴久和 微笑亭さん太 竜宮亭無眠

中日寄席に出していただくのは、一昨年の4月以来、2回目です。
今回は『楽語の会』の新人さんも高座デビューされるという事で
是非ともお越し下さい。



微笑亭さん太

幸福を科学

今年、2012年は、
是非とも幸せ溢れる年になってほしいものですよね。
人の幸せの基準というのは様々だと思いますが、
沢山のお金が使えれば幸福を感じるという方は多いでしょうね。


巨額の不正借り入れをしたという事で、
大王製紙の井川前会長が特別背任などの疑いで逮捕されてますよね。
井川前会長が大王製紙の連結子会社などから不当に借り入れて、
海外のカジノで使ったとされる金額は150億とされていて、
『ギャンブルが弱いにもほどがあるだろ!』と、
誰でもつっこみたくなりますよね。


100億くらい使った時点で
『…ちょっと俺、ヤバくね?』とか思わなかったんですかね?
150億円というのは庶民には想像もつかない額なんですが、
一万円札なら150万枚、積み上げると150メートルになると言いますから、
ボルトが走っても15秒くらいかかる距離の一万円札って相当な量ですよ。
製紙会社の人間が、随分と紙の無駄遣いをしたもんですよね。


大王製紙の社員の平均給与が573万円だそうですから、
社員2600人分の給与を全てカジノで使っちゃった事になるわけで、
社員の方々も働く気力が失せますよね。


昨年、ブータンのワンチュク国王夫妻が来日した事により
『GNH(グロス・ナショナル・ハピネス)』と言われる
『国民総幸福量』という考え方が注目を浴びましたよね。
これはブータンが国の理念としている事で、
いかに国民が自分の事を幸福と感じているかという割合を言います。


ブータンという国自体は経済指標などは低く、
GNPは『鳥取県以下』しかないんですが、
実に国民の97%が幸福と感じているんだそうですね。
これは素晴らしい事ですよ。
第一、国名がいいですよね。『ブータン』という響きが、
お茶目な感じで、幸せそうな雰囲気がありますよ。
ですから日本も『ニッポンタン』とでも国名を変えてみたら、
日本国民も幾分、幸福度がアップするんじゃないでしょうかね。


では、この幸福度をアップするためには
どうしたらいいのかと思うんですが、
実は人間に幸福感を与える簡単な方法があるんですね。


それは、
『今よりも遥かにキツい仕事をやらせた上に、給料を下げる』という方法なんですね。
そんなバカなと思われるかもしれませんが、
『報酬の割に合わない重労働』というのをやらせると、
多くの人間は労働に価値を見出だして、
精神的な充足を得るという心理学の実験結果があるんですね。
従って幸福感を感じるわけなんですが、
だからといって、実際にそうされたら嫌ですけどね。


ブータンは幸福度97%ですけど、
中には100%なんて国も出てきましてね。
「凄いですね~。どうやったら100%になるんですかね?」
「簡単ですよ。国民にアンケートを採って、
幸福だと感じてない人を国外に追い出すだけです」
…まあ、これなら確実に100%になりますよね。


微笑亭さん太

新春・ほほえみ大喜利⑯

お正月といえば、演芸番組がつきもの。
2012年の『ネタ初め』、ほほえみ大喜利で~す。


今年一発目の大喜利は、
色んな干支の方を見つけていただきたいと思います。
2012年は辰年ですが、
実際には存在しない干支の人に遭遇して下さい。
まずは皆さんが、『○○年の△△に会いました』と言ってください。
そこで私が『どんな方でしたか?』と尋ねますので、
それに対して、その方の特徴を答えてください。
題して『十二支ドラゴンズ』、さあ、出来た人!はい、さん太。


『カエル年の居酒屋のお客さんに会いました』
『どんな方でしたか?』
『実は、ゲコでした』



おお、初っ端にしてはまあまあの出来だね。
お年玉代わりに、座布団1枚、いっとこうか。
おや、さん太、続けていくかい?


『ゾウ年の噂好きな人に会いました』
『どんな方でしたか?』
『耳がダンボになってました』



あ~なるほどね。
ああいう方は耳ざといからね~
まあ、座布団2枚、あげて。


他に出来た人!
おや、今日のゲストは龍さんじゃないですか。
やはり今年の主役ですもんね。
じゃあ、よろしくお願いします。


『フクロウ年の賢い新妻に会いました』
『どんな方でしたか?』
『嫁(夜目)がいいです』



これはうまいですね。
さすが、12年に一度しか登場しないだけありますね。
座布団3枚、差し上げます。
続けて龍さん、いきますか?


『ラッコ年の農家の人に会いました』
『どんな方でしたか?』
『カイワレ(貝割れ)作ってました』



お~、これもなかなか。
座布団、さらに2枚追加ですね。
では最後に、さん太………え?龍さん、まだいきますか?
いや、いいですけど…じゃあ龍さん。


『毒ヘビ年の喫茶店のマスターに会いました』
『どんな方でしたか?』
『店はガラガラでした』



お正月から縁起悪いですね。
まあ、座布団1枚……えっ?もっとよこせ?よこさないと暴れる?
龍さん、それは勘弁してください。
それじゃ『タツノ脅シゴ』じゃないですか。
判りましたよ、ゴールデン座布団差し上げます。


さあ皆さんも、ドンドン手をあげて答えてね!


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード