TELして、ガッテン!

一昨日、超有名な某プロの師匠からお電話をいただきました。
そのS師匠は毎年1月、渋谷のPという有名劇場で、
一ヶ月通しの落語公演をされます。


そこでいつも、創作落語の新ネタを下ろされるわけですが、
その今回のネタに関して、
『ちょっと行き詰まってるから、話を聞いてほしい』と仰られるのです。


S師匠のP公演のネタは、
昨年、一昨年と2年連続でお手伝いさせていただいたんですが、
私のアイデアも色々取り入れて下さいました。
公演にも招待していただいたので、
目の前でそれを見られて、とても感激しました。


しかし今回は1/5の初日を前にした、この差し迫った時期、
あんな天才が行き詰まっておられるのに、
私如きド素人が力になれるのか非常に心配でした。


電話で2時間強、みっちりお話をして、
私なりのアイデアや意見も言わせていただいたんですが、
S師匠が悩んでおられた部分が少しは解消されたようで、
最後には『ガッテン』していただけました(笑)


…と思ってたら、またすぐにお電話をいただいて、
『じゃあとりあえず、書いてみてくれる?』みたいな流れで、
結局一本書く事になりました。


何しろ日にちがないので全速力で書き、
一日で創作落語一本を書き上げ、送りました。
さん太も、やる時はやるようです(笑)
S師匠からも感謝の言葉をいただき、とりあえず肩の荷がおりました。


この創作の他に、もう一本爆笑の新作と、
S師匠にしては珍しいジャンルの古典の大ネタを演られるようです。
パルコ…いや、P公演のチケットを持ってらっしゃる方々は、
どうぞ楽しみにしていてくださいね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

あなどれない猿智恵

被災地である仙台の動物園に
パンダがレンタルされる話が進んでいるようですね。
老若男女を問わず人気のあるパンダですから、
とても良い話だと思います。


動物には様々な生態があり、巣を作るものも多いです。
オランウータンというのは樹上に巣を作る事で知られてますが、
その巣を作る場所に一定の条件があるんだそうですね。


その条件というのは、
近くにミネラル分を豊富に含む水が湧く場所があるとか、
道路から遠く離れているとか、近くにコンビニがあるとか、
結構厳格な条件なんですね。


オランウータンは主にマレーシアのボルネオ島に住んでますが、
あちらの不動産屋さんは、
「こちらの物件、良い物件ですよ~!
すぐ近くに、ミネラルいっぱいの水飲み場があります。
何しろ『ボルネオのおいしい水』として、
ハウスから売り出されてるくらいの水ですからね。
道路からも遠いですよ。駅まで徒歩3日ですからね。
それに木の上ですから、土地代がかかりません」
なんてな調子で、オランウータンに物件を紹介してるかもしれませんね。


以前、大阪の天王寺動物園で、
お客さんの与えるお菓子類でオランウータンが虫歯になり、
その虫歯から菌が入って肺炎を併発し、
死亡してしまうなんて事が起こったそうですね。
サルの世界でも虫歯は大敵なんですね。


その一件を踏まえてかどうかは判りませんが、
タイに住む野生のカニクイザルは、
人の髪の毛を糸ようじのように使って、
歯の間に詰まった食べかすを取ったりするそうですね。


髪の毛を両手で持って器用に歯間磨きをするわけですが、
いくらサルが利口でも歯磨きが出来るというのは、
誰か他の動物が教えたんじゃないかと思って調べてみたら
『ライオン』の回し者だったらしいですけどね。


歯磨き用の髪の毛は、常に何本かストックしておくらしいんですが、
数えると少なくなってるそうでして。
やはりサルですから、毛が3本足りなくなっちゃうんですね。


この歯磨きの行動ですが、
母親が子供のサルに教える行動も確認されているそうですね。
母ザルが子ザルと向かい合って、身振り手振りで歯磨きの方法を教えるそうでして、
まだ尻の青いものに、尻の赤いものが教えてるんですね。
やはり知恵がありますよ。


サルが物事を教えられるんでしたら、そのうち、
バイトでサルの家庭教師なんてのも出てくるかもしれませんね。
プロゴルファーのサルもいるくらいですから、
家庭教師くらいは出来ますよ。
時給はバナナ3本、成績が上がらないと『反省!』ってやりますし、
何回も家庭教師に通ってるうちに、段々人間に進化してきたりしてね。


サルというのは賢いイメージがあるにもかかわらず、
『君の頭はサル並みだね』と言われると誰もが怒りますよね。
彼らは、良い意味にも悪い意味にも使われているという
微妙な立ち位置にありますよね。


サルの狡猾さを表す昔話に『さるかに合戦』がありますが、
あの話に登場するサルは普通のサルで良かったですよね。
もしもあれが『カニクイザル』だったら、おにぎりには目もくれずに、
いきなりカニを食べてしまって終了って事になってたでしょうからね。


微笑亭さん太

さん太の反省(番外編)

今年も色んな高座に出させていただきましたが、
みんなそれぞれ、どの高座も印象に残っています。


その中でも、特に印象に残っている事というと、
今年は2回も、栃木県で落語を演らせていただいたという事ですね。
生まれてこのかた、栃木県へ足を踏み入れた事のなかった私が、
2月には高根沢町、11月には宇都宮で高座に上がる事ができました。
もう栃木県には足を向けて寝られないな~と。
…方向音痴の私には、どっちが栃木県なのか判らないんですが…


4月にはお花見の席へ呼ばれ、
夜桜の下での野外高座もありました。
意外に聞いていただき笑ってもらえたのが『嬉しい誤算』でしたね。


『全く聞く気のないお客さんの前での高座』も、何回かありますね。
いずれも記念パーティーや同窓会などの酒宴での高座でしたが、
誰も聞いてない中で延々と落語を演り続ける…
来年もきっと、こんな『公開稽古』の高座はあるんでしょうね(笑)


今まで何度も、こんな高座を経験しましたが、
そんな私も、この手の高座は、心が折れそうになります。
逃げ出したくなります。


でも、請われる限り、呼んで下さる人がいる限り、
どんな惨状になる事が判っている高座でも、行きます。
そう決めているから行きます。
高座に関しての『経験』は、するに越した事はない、
『マイナスになる経験はない』と信じていますので。


それからやはり印象に残っているのは、
9月の池田の大会ですね。


3年連続でファイナリストになれた事は嬉しい事ではありますが、
非常に意外でもありました。
というのも私は個人的に、微笑亭さん太というのは
『池田の審査基準にはハマってない噺家』だと思っているからです。


『噺家・さん太』の事も、
『作家・さん太』の事も、全く自信が持てません。
抜群の腕を持つ噺家でもないし、
卓越した才能を持つ作家でもないのです。


でも自信がないのに毎年、
池田の大会に自作の創作落語で挑むのは何故だろうと、
自分でも疑問に思ったりしますが…これは、
『怖くて怖くて、怖さのあまり、
背中一面に入れ墨のあるお兄さんを殴ってしまう感覚』

に似てるかな~と(どんな感覚だよ!)


池田には、物凄くうまい噺家、
尊敬すべき噺家の方々が沢山いらっしゃいました。
まだまだ勉強しなければならない事は山のようにある、
それが判っただけでも、池田に行った価値はあるなと思います。


来年もまた、思い出に残るような高座
数多く経験できればいいな~と思っています。


微笑亭さん太

さん太の反省(執筆編)

昨日は高座の反省を書きましたが、
今日の反省は、執筆編です。


今年は作家活動としては『停滞の年』という印象でした。
あまりネタを書いてないですね。


毎月、小朝師に定期的に送っているマクラネタ(漫談)が
毎月12本セットで送っているので、
今年1年間で144本という事になります。
これは例年そんな感じです。
それ以外に頼まれた漫談が2、3本あったと思います。


依頼を受けて書いたオリジナルの創作落語の方は、
アマプロ合わせて15本ほどですかね。
そのうちの2本は、テーマ落語の依頼で書いたものです。
依頼を下さった方々、本当にありがとうございました。


今年は、池田の大会で親しくしていただいた
アマチュアの方々から依頼を何本かいただきました。
歴代の『名人』の方々のネタを書かせていただいたりして、
とてもいい経験をする事ができました。
それが今年一番の収穫というか、嬉しかった事ですね。


ちなみに今年、さん太作品を新ネタとして演って下さったのは、
私が把握しているだけで、プロでは、
『酒場のうさぎ』     桂枝三郎師
『恋するオ・ト・メ』   桂かい枝師
『その後の口入屋』    桂かい枝師
『こうもり』       春風亭ぴっかり師
アマチュアでは、
『出産のかたち』     芸乃虎や志さん
『ご安全には合言葉』   にしゃんたさん
『パートのお仕事』    五月家ちろりさん
『ペットの掟』      葡萄亭わいんさん
などなどです(抜けがあったら、すみません)


そして来年1/2(月)には、
池田の3代目名人、二松亭ちゃん平さんが、
『千両息子』という私の作品をネタ下ろしして下さいます。
さん太作品にしては珍しく、本格的な擬古典ですので、
お近くの方々は、是非会場の方へ足をお運び下さい。

1月2日(月)
第20回『寿寄席』   睦会集会所・入場無料
JR東海道線辻堂駅北口(神奈川中央交通バス20分~30分
湘南ライフタウン停留所下車徒歩5分)


今まで何本のネタを書いたか判りませんが、
依頼をくださった方が100%気に入るネタを書けた事は
一度もないだろうと思います。
それでも出来るだけ100%に近づけられるよう
普段からネタ探しをしなくちゃいけないな~と
年末になるたびに思いますね。


アマプロの師匠問わず、ネタを書かせていただきますので、
オリジナルの創作落語が演ってみたいな~と思ったら、
是非、さん太まで御連絡下さい。
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp(メール)


来年はどんなネタが書けるのか、
不安だらけですけど、頑張ります。


微笑亭さん太

さん太の反省(高座編)

今月19日の月例寄席の高座で、
私の今年の高座は全て終了しました。
まあ、とりあえず、
『さん太、お疲れさん』と、自分に言っておきます。


今年演った落語の数は、122席でした。
一ヶ所で複数演ってる事もありますので、
会場としては、87ヶ所という事になります。


昨年は98席でしたが、
今年は悪質商法の会だけで19席ほどありましたので、
増える事は判っていたんですが、その分を抜いても
初の100席超えという事になりました。
でも体感的には、去年より演ってない気がしてるんですよね…


122席の内訳としては、
『微笑亭さん太・作』の創作が85席、古典が37席、
古典少なっ!って感じですね(笑)
今年後半は割と古典を演ってたつもりなんですが、
それでもこれだけしかないんですから…勉強不足になるはずです。


テーマの依頼を受けて演る『テーマ落語』は、
悪質商法の会を含めて、26席でした。
振込め詐欺、職場の安全、交通安全、防犯など、
色々なテーマ指定を受けて伺ったりしたんですが、
まだまだ認知が足りませんね。もっと頑張らねば。


ちなみに、
買っていただいた『さん太CD』は、195枚ほどでした。
基本、手売りで売っているわけですが、
昨年と今年の2年で、450枚ほど買っていただいてます。
…とんだ『悪質商法』ですね。


来年も、より一層精進しなければいけませんが、
呼んでいただかないと、高座の機会は生まれません。
イベントやお祭りなど、どんな場でも結構ですから、
どうぞ肥をかけて…いや、声をかけてください!
090-8133-6921(携帯)
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp(メール)


テーマ落語の方も、
どんなテーマでも落語にして伺いますので、
どうぞ御依頼下さいね~。


微笑亭さん太

GO TO すき家

年末になりますと、
強盗や窃盗などの犯罪が増えてきますよね。


そんな中、牛丼でお馴染みの
『すき家』に対する強盗の多さというのが問題になってます。
『吉野家』や『松屋』といった他の牛丼店に比べて、
格段に強盗に入られる割合が高いというのには、理由があるんですね。


すき家では回転効率を高めるため、
店員は体のバランスから手の動かし方まで秒単位で訓練され、
カウンター席についたお客さんに対して、
牛丼を原則10秒以内で出す事になっているそうですね。
10秒以内ですよ。世界広しといえど、
100メートルを全力疾走するウサイン・ボルトに勝てるのは、
すき家の牛丼だけなんですね。


そのため深夜の調理と接客を一人でこなす事が可能になったため、
深夜でも店員さんが一人しかいないので、
そこを強盗たちにつけこまれたというわけですね。
彼らにとっては『すき家』の看板が『スキありすぎや』に見えるそうですよ。


店舗によっては、今までに何度も強盗に入られた店もあり、
そういう店舗の厨房を覗くと、バイトのシフト表の横に、
強盗のシフト表も貼ってあるという噂ですね。


強盗の種類も様々で、単純に金銭を要求する他に、
丼に盛られた白飯を持って押し入り、
「この上に具をかけろ!…つゆだくで」
と要求した強盗もいたそうですね。
白飯を持った強盗だけに、間もなく警察に『メシとられた』らしいですけどね。


つい先日、京都市下京区で、
ヤミ金からお金を借りて返せなくなっていた元同志社大生にヤミ金業者が、
『強盗して金を返せ。すき家の強盗はどこも成功しているから、お前もやれ』
と命令してやらせたなんという事件も起きました。
最近のヤミ金業者というのは、
返済の方法までアドバイスしてくれるとは親切ですよね。


こうなるともう、牛丼店というより、
ほぼATMに近い存在となっている感さえありますが、
『借金が返せなくなって、お金を工面するために強盗に入るんだったら、
最初から強盗に入った方が手間が省けていいよね』なんという
『合理的な結論』に達する人がいない事を祈るばかりですね。


すき家の方も手をこまねいて見ているわけにはいきませんから、
牛丼店ならではの防犯対策をするべきですよね。


逃走する強盗に投げつけて目印にする『カラーボール』というのがありますが、
あれも中にペイントではなく、牛丼のタレを入れておくとかね。
そうすれば、美味しそうな匂いをさせながら逃げている人が、
すき家に入った強盗だというのが、すぐに判りますからね。
『食欲をそそる強盗』というのも、判りやすくていいですよね。


それから、典型的な防犯対策のひとつに『番犬を置く』というのがありますが、
そこは牛丼店ですから犬ではなく、
店先に一頭、牛を繋いでおくというのもいいですね。
『番犬』ならぬ『番牛』ですよ。
強盗も、こんなのに体当たりされたらひとたまりもありませんから、
絶対狙わないですよ。


で、最終的に番牛は
調理してお客さんに出してしまえばいいわけですから、
とても経済的な防犯対策だと思いますけどね。


微笑亭さん太

ほほえみ大喜利⑮

「メリークリスマス!君のために、とっておきのプレゼントを用意したよ」
「まあ、嬉しい!何?」
「大喜利の問題さ。さあ、答えを聞かせておくれ」
恋人たちも、こんな会話を交わしている今日、
聖夜に贈る、ほほえみ大喜利で~す。


いよいよ2011年も終わりという事で、
今回は、『私の重大ニュース』を発表していただきます。
まずは皆さんが、『今年の重大ニュースは○○です』と言ってください。
そこで私が『もっと重大なニュースは?』と重ねて尋ねますので、
それに対して、もっと重大なニュースを答えてください。
題して『カトゥーンより、ニュース』、さあ、出来た人!はい、さん太。


『今年の重大ニュースは、清い交際の彼女と結婚した事です』
『もっと重大なニュースは?』
『半年後に子供が生まれた事です』



赤ちゃんはコウノトリが運んでくるから
別に不思議はないんじゃないの?
独身のあなたが、初っ端からこんな答えとはね。
まあ最初だから、座布団1枚、いっとこうか。
おや、さん太、続けていくかい?


『今年の重大ニュースは、前後不覚になるほど泥酔しちゃった事です』
『もっと重大なニュースは?』
『翌朝目を覚ましたら、ベッドの横でカーネルおじさんが添い寝してた事です』



それは立派な『窃盗罪』だね。
あなたは、酒も一滴も飲めないでしょう?
さっきから、絶対にありえない事ばかり言ってるね。
まあ、座布団2枚、あげて。


他に出来た人!
おや、今日のゲストはサンタクロースさんじゃないですか。
大喜利なんかやってて、プレゼント配りの方は大丈夫ですか?
さん太とサンタでややこしいですけど、
とりあえず、よろしくお願いします。


『今年の重大ニュースは、野田さんが総理になった事です』
『もっと重大なニュースは?』
『今でもやっている事です』



こらこらこら!
支持率も下ってきてシャレになりませんから、
そういう事言っちゃダメですよ。
とりあえず、ソリ1台、差し上げて。
続けてサンタさん、いきますか?


『今年の重大ニュースは、遺跡の発掘のバイトをしてたら、
古代人の骨を発見しちゃった事です』
『もっと重大なニュースは?』
『それを調べてみたら、数年以内の物で考古学的価値がなかった事です』



…怖い怖い。
考古学的価値はなくても、法医学的検証はしなくちゃいけませんね。
トナカイ3頭、差し上げて。


さあ皆さんも、ドンドン手をあげて答えてね!


微笑亭さん太

ひねもす乗ったり、乗ったりかな

先日、中国の福建省アモイ発、温州行きの高速鉄道で、
時速195キロで走行していた列車の運転士が居眠りしている姿を、
乗客の25歳の女性がブログで『告発』して騒ぎになったなんて事がありました。


この女性が何気なく運転席を覗くと、
運転士は背もたれにもたれかかって熟睡状態だったそうで、
ちょっとした『ひとり寝台特急』だったわけですね。
それを見たお客は青ざめて『ブルー・トレイン』になっていたそうですけどね。
列車を運転している上に、船まで漕いでたってシャレにもなりませんよんね。


温州の高速鉄道といえば、今年7月に
240人近い死傷者を出した追突・脱線事故を思い出しますが、
あんな杜撰な事故を起こしておきながら、
『我が国の高速鉄道の技術は世界一だ』と言ってましたよね。
今回のこの一件で、間違いなく中国の高速鉄道の技術が
世界一だと確信しましたね…何しろ運転士が爆睡してたって
事故を起こさなかったんですから。
『下手に起きてた方が、人為的ミスが起きるから危ない』
なんて話もあるくらいですから、
やはり寝てもらってた方が安全なのかもしれませんね。


しかしあの7月の事故では、何が驚いたかといって、
事故の翌日に事故車両を現場の土の中に埋めちゃった事ですよね。
大事な物をすぐに埋めちゃうのは、中国当局か犬くらいのものですよ。
何でも埋めちゃいましてね。事故車両は埋めちゃう、
会社で欠員が出たら埋めちゃう、熱いお風呂は埋めちゃうって、
本当に何でも埋めちゃうんですね。


これはもう、日本人にはありえない発想なんですが、
中国の鉄道当局は別の事故でも普通にやってきた事のようですね。
『いつもの感じで処理しちゃってよ~』みたいな感じだったのが、
あの事故は世間の関心が高かったので、マスコミが大々的に報道したんですね。


ですから、バッシングを受けた当局からしてみたら、
『…えっ?今回はダメなの?』という空気だったんでしょうね。
そこまでいい加減に処理しようとしてたんだったら、
車両を埋めた後、『実はこれ、地下鉄なんです』って
強引に言い張るくらいしてくれたら、むしろ清々しいくらいだったんですけどね。


そしてさらに驚いたのが、あの事故が起こった翌日には、
もう既に高速鉄道が運行してたって事ですね。
原因解明も済んでなければ、事故で破損した外壁等の修理も
済んでないにもかかわらずですよ。


これじゃ医療ミスで死亡事故を起こした医者が、
翌日診察室で、患者さんに向かって笑顔で
『どうしました?』って聞いてるみたいなもんですよ。
お前がどうしましただよと…日本だったら、徹底的に原因解明がされるまで、
数ヶ月は運行しないレベルだと思うんですが、事故から五ヶ月経った今でも、
正確な原因は判ってないわけですね。


しかし今後また、運転士の居眠り運転が起こらないとも限りませんから、
居眠り防止のために、運転席の後ろに、
ハリセンを持ったお客さんを立たせておくってのはどうですかね?
運転士がウトウトしだしたら、ハリセンで思いっきり引っぱたくわけですね。
お客さんの方も、自分の命がかかってますから、
容赦ない一撃がくらわされると思いますよ。


それでも居眠りするようなら、運転士の首筋のところで、
アツアツの小籠包(ショウロンポウ)の皮を破って
中身を押し当てるなんてしてみたら、まず起きるとは思うんですけどね。



明日のイブは、
『ほほえみ大喜利』の予定です(予告かよ!笑)



微笑亭さん太

マジレスしちゃいます

新日本プロレスなどで活躍された上田馬之助さん
71歳でお亡くなりになりましたね。
金髪姿で竹刀を振り回すお馴染みの姿が
マブタに焼きついてるファンの方も多いんじゃないでしょうか。


プロレスというと、街頭テレビの力道山の試合を
思い出すオールドファンの方もいらっしゃるでしょうが、
当時は凄い人気でしたよね。
昭和37年に放送された、力道山対デストロイヤーの試合は、
何と視聴率64%を記録しましてね。日本中が熱狂していたわけですね。


その後、猪木さんや馬場さんといったスターレスラーが、
その人気を継承していったんですが、平成に入って以降、
プロレスが深夜の放送となったり打ち切りになったため、
少年ファンが育たず、ジリ貧になっていったようですね。


そこへもってきて、全国には約70のプロレス団体があって、
プロレスラーを名乗る人が500人以上いるそうですから、多すぎますよね。


しかし、プロレスの魅力も捨てがたいものがありますよ。
なぜ力道山は、必殺技の空手チョップを最初から出さないのかとか、
なぜ悪役レスラーの持っている凶器は、お客さんには丸見えなのに、
レフェリーにだけは死角になっていているのかとか、
そういう疑問は思ってても聞かないというのが、暗黙のルールでした。


挙句の果てには『両者リングアウト』なんという結末は、
お互いの顔を潰さないという、実に日本らしい、
わびさびさえ感じさせる決着のつけ方でしたよ。
何とか人気を取り戻してほしいですね。


2年前、法政大学に『スポーツ健康学部』というのが新設され、
その中に『総合格闘技コース』というのが誕生したんですね。
実技と理論の両面から格闘技を勉強するところだそうですから、
プロレス人気の復活にも期待が寄せられました。


教室の入り口にはロープが張られましてね、
そのロープをくぐった途端に、『4年間1本勝負』の始まりとなるわけですね。


授業中、先生の質問に答えられないと、
先生がパイプ椅子で攻撃してきたりしてね。
その割には、居眠りしてても
『寝技練習中』という事で許されたりするんですね。
テストには、四字熟語を答える問題が必ず16問出されましてね。
『4文字固め』から『16問キック』の連続技を繰り出されるんですね。
ただし、答えが判らなかったらパートナーにタッチしてもいいという、
タッグでの試験が許可されてましてね。
日々、格闘技的な感覚を身につけていくんですね。


「お前たち、よく4年間頑張った。いよいよ、卒論を提出してもらう」
卒論のテーマは、『教授からフォールを奪う事』。
教授からスリーカウント取れば卒業なんですが、
取れなかった場合は、『延長戦』という事で留年させられるんですね。
この学部で学べば、必ずやみんな、
プロレスファンになっていくんじゃないでしょうかね?


微笑亭さん太

論理ボーイ

自分の言いたい事
100%相手に伝えるというのは、なかなか難しい事ですよね。


話の下手な人というのは、話が途中であさっての方向に行ってしまったり、
意味不明になって、自分で何を言ってるのか
判らなくなってしまう事が多いですよね。
そういう事を避けるためにも、型に当てはめて、
論理的に相手に伝えていく事が必要じゃないかと思いますね。


大切なのは、何について語るのかを明確にする『問題提起』、
次に自分の意見を示す『意見提示』、そしてその意見の根拠を示す『展開』、
最後の『結論』の四つだと言われてます。
ですから、お昼同僚に『昼飯、牛丼屋に行こうか?』と言われた時、
「…果たして牛丼屋でいいのだろうか?」と、
まずは問題提起をするわけですね。


「はあ?」次に意見提示
「確かに牛丼も捨てがたい魅力がある。
しかし、今日はラーメンにするのが妥当な選択かと思われる」
「どうして?」そういわれたら、根拠を示す展開ですね。
「なぜなら、昨日も一昨日も、私は牛丼を食べているからだ」そして結論
「したがって、私の行きつけのラーメン屋へ行こう」
こう話すと、大した事言ってないのに、
物凄く論理的に話している印象を与えますよね。
で、相手も納得してラーメン屋に行ったら定休日だったりして…
その上で牛丼屋に行く分には納得がいきますよ。


文章の場合、相手に伝わりやすい書き方というのは
『逆三角形』と呼ばれる書き方だそうですね。
『逆三角形』というのは、一番重要な事実や結論を最初に書き、
その後、それについて説明していくという書き方ですね。


これですと、読み手側は『着地点』が判っているので、
ある程度予測をしながら読みますから、流れが頭に入りやすいんですね。
新聞記事の書き方というのが、まさにこの『逆三角形』なんですね。


最近、テレビドラマの視聴率が悪いですから、
発想の転換で、『逆三角形』のドラマを作ってみたらどうですかね?
例えばミステリードラマだったら、タイトルで『犯人は山崎信二』って、
思いっきり犯人の名前が明らかになってるんですね。
「刑事さん、俺が殺しました…」
冒頭から犯人が自白しちゃうんですね。
「さ~て、聞き込みにでも行ってくるかな」
「いやいや刑事さん、俺が犯人だって言ってるじゃないですか。
見て見ぬふりするのは止めて下さいよ」
「何を勝手な事言ってるんだ。まだドラマは始まったばかりだぞ。
お前が犯人だと言うのなら証拠を出してみろ!」
なんてんで、犯人が判っていながら、時間枠いっぱいまで
どう展開を繋ぐかというところに視聴者が手に汗握れば、
高視聴率のドラマも生まれるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

質問が、こたえる

忘年会の季節ですが、
連日宴会なんて方もいらっしゃるでしょうね。


「ねえ、今、私の胸見てたでしょう?」
合コンなんかで、前に座った女の子からそんな事を言われたら、
『いや、そんな・・・』と言ったまま、
思わず挙動不審になる男の子は多いですよね。
見てたどころか、頭で妄想してた事がつまびらかになったら、
確実に逮捕されるレベルだったわけですからね。


男性というのは、女性からの核心をつく質問に弱いですよね。
特に恋愛絡みで、相手の真意がはかりかねる場合だったりすると、
大きく動揺してしまったりします。


「今さ、誰か好きな人いるの?」
なんて質問なんかがそうですね。
これは単なる確認事項なのか、
相手が自分の事を好きだから聞いてるのかが見えにくいですからね。
そういう思わせぶりな質問につい、
「いるよ……ボクの目の前に」
「キモっ!」
いきなり『大怪我』なんてな事になりかねませんからね。


「私の事、どう思ってるの?」
なんという、どうとでも取れる質問をされるのも困ります。
恋愛的になのか、友達としてなのか、同僚としてなのか、
非常に判りにくいから混乱します。
ですから『私の事、どう思ってるの?』と聞かれたら、
「人間だと思ってるよ」
と答えるのが一番無難ですね。


あと、「芸能人だと誰がタイプなの?」
なんて好みの女性像を言わせようとするのも答え辛いですよね。
誰の名前を出しても、『趣味悪ぅ~』なんていう子はいるんですよね。
自分で聞いておいてそれはないと思うんですが、
しかもうっかり『芦田愛菜ちゃん!』なんて答えてしまうと
『特殊な趣味』まで露見してしまう恐れがありますからね。


「今まで何人くらいと付き合ってきたの?」
という『恋愛遍歴カミングアウト』を要求される質問もあります。
これは『答えのさじ加減』が難しいですよね。
ゼロとも言えないし、多すぎても少なすぎても引かれるでしょうし、
『適正人数』というのは、人それぞれ基準が違いますからね。
「今まで何人くらいと付き合ってきたの?」
「そうだな…君の付き合った彼氏の数より、2人少ないくらいかな」
「え~、38人も?遊び人だね~」
なんて言われちゃったりしましてね。


しかし最も困る質問は、
「今までに浮気したことある?」
信用できる男性かどうか確かめるためにするんでしょうが、
この質問は、即答できなかった時点で『イエス』と言ってるようなもんですからね。
「浮気?…いや…ないよ」
「ウソだ~。今、一瞬考えたでしょう?」
「いや、本当だって。女性と浮気した事はないんだ」
…これはきっと、その後の会話が途絶えるでしょうね。


微笑亭さん太

戦慄の発泡事件

昨日は天狗連の月例寄席に出演してきました。
今年最後の月例寄席、納会です。

12/19(高座)

『里帰り』               望々亭みるく

『紙入れ』               何逸亭やん泥

『道具屋』               鶴橋減滅渡

『お達者バイト』           微笑亭さん太


私は開演1時間前の
6時くらいに『あんくるとむ』に着いたんですが、
着いた途端にトムのマスターが、
「さん太、悪いんだけど、ビール買ってきて!」


月例寄席は、いつも仲入りで飲み物を販売するんですが、
ついうっかりビールを切らしてしまったようなんですね。
これは大変と、マスターから教わった酒屋さんまで、
急いでビールを買いに行きました。


休みだったら困るな~と思ってたんですが、
ちゃんと明かりがついていて一安心。
中に入っていくと結構年配のおじさんが、
ひとりで店番されてました。
「すみません、ビールをケースで売ってもらえませんか?」
「あ、ごめんね。ビールは倉庫に置いてあるので、今ここにはないんだよ」
「…え?じゃあ、売ってもらえないという事ですか?」
「うん、ここにないから、ごめんね」
何だか意味不明な断られ方ながら、『ウチには売るビールはねえんだ!』
という頑なな対応…ビールはなくても、態度は『スーパードライ』でした(笑)


何とかコンビニのビールをかき集めて買ってきましたが、
本番前から泡食ってしまいました。
…ビールだけに?


寄席の方は納会に相応しい満席で、
皆さんにも楽しんでいただけたんじゃないでしょうか。

12/19(客席)

来年初っ端の月例寄席は1/16(月)です。
私は連続で出番となりましたので、
どうか来年の月例寄席も、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

ほほえみ大喜利⑭

太古の昔より、
『年末といえば大喜利を行ふ』と、
3世紀末に書かれた、あの『魏志倭人伝』にも記されています。
そういうわけで、ほほえみ大喜利で~す。


今は、やたらとお店に文句をつける
ちょっと迷惑な『クレーマー』が増殖していますよね。
ですから今回は、『クレームをつける人』になっていただきます。
まずは皆さんが、買った品物をお店に持ち込んで、
『この○○、不良品なので交換して下さい』と、交換を要求して下さい。
そこで私が『どうしてですか?』と理由を尋ねますので、
その理由を答えてください。
題して『クレーマー、クレーマー』、さあ、出来た人!はい、さん太。


『このCD、不良品なので交換して下さい』
『どうしてですか?』
『CDはあっても、A面、B面がないんです』



これはもう、『レコード盤世代』じゃないと判らないね。
『EP』とか『LP』と言っても、通じない時代になっちゃったからね。
まあ最初だから、座布団1枚、いっとこうか。
おや、さん太、続けていくかい?


『このエアコン、不良品なので交換して下さい』
『どうしてですか?』
『父母の仲が悪くなって、家庭が冷え切っちゃってるんです』



それは多分、エアコンのせいじゃないよね。
座布団2枚、あげて。


他に出来た人!
おや、今日はビッグなゲストが来てますね。
野田総理じゃないですか。
早速、野田総理一流の『どじょう大喜利』でも見せていただきましょうか。
よろしくお願いします。


『この扇風機、不良品なので交換して下さい』
『どうしてですか?』
『国民の前で使ったら、風当たりが強すぎるんです』



あ~なるほどね。
まあ、それも仕方ないでしょうね。
でも、風当たりが強い扇風機ってのは、むしろOKですよね。
座布団3枚、差し上げて。
…じゃあ、今度はさん太。


『この洗濯機、不良品なので交換して下さい』
『どうしてですか?』
『下手な噺家を入れてみたら、ちっとも落ちないんです』



あらら、それは大変だね。
ちなみに、その入れてみた噺家ってのは誰なのかな?
…そりゃ、個人情報だから言えないよね。
まあ、座布団2枚。
…では、最後に野田総理、締めて下さい。


『この民主党発行の湿布薬、不良品なので交換して下さい』
『どうしてですか?』
『ひとつも、膏薬(公約)が効かないんです』



うわ~、それを自分で言っちゃいますか?
本当に日本国民は困ってますからね、来年こそは頼みますよ。
柳川鍋、差し上げます!!


さあ皆さんも、ドンドン手をあげて答えてね!


※告知です


↓これ、今日です!

12/19(月) 午後7時~
『月例寄席』 木戸銭¥100
豊橋市神明町『あんくるとむ』(0532-53-5355)
出演 望々亭みるく 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 何逸亭やん泥

今年最後の月例寄席、納会です。
私は創作のネタ下ろしをする予定です。
終わった後の打ち上げにも、是非ご参加下さい。


1/8(日) 午後2時~
『中日寄席』 木戸銭無料
名古屋・中日ビル
出演 持徒亭安之丞 三落亭痴久和 微笑亭さん太 竜宮亭無眠

中日寄席に出していただくのは、昨年の4月以来、2回目です。
今回は『楽語の会』の新人さんも高座デビューされるという事で
是非ともお越し下さい。


微笑亭さん太

『THE MANZAI 2011』私なりの総括

局は違いますが『Mー1グランプリ』に代わる番組として、
『THE MANZAI 2011』が行われました。
優勝された『パンクブーブー』、おめでとうございました。
ちょっとした『横綱相撲』でしたね。


やはりツワモノ揃いの15組ですから、みんな面白かったんですが、
個人的には、是非ブレイクしてほしい、
『磁石』や『テンダラー』あたりを応援してたんですが…残念でした。


落語でも漫才でも、お笑いは『個人的な好みの問題』ですから、
『私にとっては〇〇が一番!』と言われれば、
それを否定する材料はありません。
ただ、こういうバトルになると、
『勝ち抜き方』みたいなものは、若干存在するんでしょうね。


面白いネタを聞いた時、後で、細かい内容は忘れてしまったけど、
このくだり、このギャクだけは覚えてるという事がありますが、
こういう箇所を最低ひとつは必ず作る事が、何より大切だと思いますね。
人は迷った時に、インパクトの強い部分に引かれ
票を入れるというパターンが多いですからね。
そのアドバンテージを、まず確保しておく事が重要ですね。


そしてネタのラスト1分、
ここは畳み掛けるようなギャグの応酬というネタ構成にすべきですね。


昨日の大会は持ち時間4分でしたが、
4分の持ち時間のうち3分面白くても、ラスト1分が尻すぼみだと、
かなり印象が悪くなってしまいます。
逆に3分が今いちでも、残り1分が大爆笑なら、
『全体的に凄く面白かった』という印象になる傾向があります。
そのあたりを気をつければ
『勝ち抜ける可能性の高いネタ』が出来上がるんじゃないでしょうかね。


…じゃあ、どうしたらそんなネタが出来るんでしょうか?
どなたか私に教えてください(笑)


でも、お笑いは素晴らしいですね。
出演者の皆さん、そして残念ながら予選で敗退した皆さんも、
感動をありがとうございました。


微笑亭さん太

本名は個人情報です

昨日は、豊橋の本郷地区市民館に行ってきました。
毎年この時期、ヘルさんと一緒に呼んでもらっている
高齢者セミナーでの落語会です。

12/16(高座)

『再就職は楽し』               微笑亭さん太

『禁酒番屋』                  鶴橋減滅渡

『寿限無』                   鶴橋減滅渡

『厩火事』                   微笑亭さん太


毎年呼んで下さってる代表者の方が、
「減滅渡さんとさん太さんを初めてお呼びしてから、4、5年経ちますよね」
「そうですね。毎年呼んでいただいてますからね」
「もう、お二人の事は知りつくしてる感じですね、ハッハッハッ…」
と笑ってらっしゃいましたが、ビラを見ると私の芸名が
『三太』になっていて、間違ってました…知りつくしてるはずなのに…しかも、謎の『本名記載』

12/16(ビラ)

女性の方を中心に
40名ちょっとくらいの方がお越しくださいましたが、
よく笑ってくださる上に、拍手好きのお客さんでした。
何しろ、ヘルさんが小便を飲んだだけで拍手喝采でしたからね。


…あ、落語の中での話ですよ。
リアルに飲んだわけじゃないですからね。


1時間半ほどの予定だったんですが、良いお客さんに支えられ、
2人で2時間近く演ってしまいました。


最後、我々を再び舞台に呼び、代表者の方がお礼を言ってくださいました。
多分、『熱演してくれた』という意味の事を仰りたかったんでしょうが、
「お二人とも、時間オーバーで演ってくれまして…」
何だかダメ出しを受けてるみたいな感じになっちゃいました(笑)
また是非来年も呼んでください。


微笑亭さん太

決して漏らさず

赤ちゃんの代名詞のひとつに『おむつ』がありますが、
子供の『おむつ外しの年齢』が、
時代と共に遅くなっているそうですね。


戦前、おむつ外しの年齢というのは、
生後6ヶ月から1歳と、随分早かったんですね。
それが、戦後から1970年代頃までは1歳半から2歳になり、
第2次ベビーブーム以降1990年までは
2歳半から3歳にまでずれ込んだんですね。


それが今、幼稚園や保育園で4月時点で、
おむつを使用している子がいる3歳児クラスは92・2%、
4歳児クラスでも11・6%あるんですね。
もう既に『3歳以降』にまで遅くなってるんですね。


「何だ、健太はまだおむつをしてるのか?いい加減、おむつを止めさせろよ」
「そういうあなたが先ず、おしゃぶり止めなさいよ」
なんてな会話が、家庭で交わされてるかもしれませんね。


なぜこんなに遅くなったのか、その原因のひとつとして、
60年代頃から、『早期のおむつ外しは、子供に心理的な悪影響がある』
という学説が広まった事が挙げられるそうですね。
早くにおむつを外したら、
ぐっしょり濡れたおむつに襲われる夢でも見るんでしょうかね?
この噂を広めたのは多分、紙おむつ業界じゃないかと思いますね。
…早く外されては困りますからね。


おむつ外しの『適齢期』というのは、自力歩行が可能になり、
『ちょっと待ってて』という言葉が理解できて、
『チッチ』など一語文が話せるなどの条件を満たす『2歳前後』だそうですね。


まずは日中に挑戦して、
できたら就寝時のトレーニングという風に進んでいくんですね。
おむつから布パンツに替えて、時折、
トイレやおまるに座らせて排泄の時間間隔を測るんだそうですね。


そして大事なのは、出来なくても怒らない事。
逆に出来た場合には、思いっきり褒めてあげる事ですね。
嫌というほど頭を撫でながら『ヨシヨシヨシ、ヨシヨシヨシ…』なんてやってれば、
『オムツゴロウさん』なんて呼ばれるようになるかもしれません。


おむつ外しの時期がもっともっと遅くなって、
大人になってもおむつをしてるのが普通になったら困りますよね。
いい年をした働き盛りのサラリーマンたちが、大事な商談を前にして、
自分のおむつを交換している姿なんてのは、ゾッとしませんよ。


「おい、お前気付いた?相手の山田部長の様子」
「気付いた、気付いた。話してる途中で、一瞬会話が止まった時だろ?」
「そうそう。その後、ブルブルってしたから、あの時多分、お漏らししたんだと思うよ」
「でも言えないよな~、『山田部長、どうぞおむつ交換してきて下さい』なんて」
「だけどさ、そのお陰で、金額の折り合いの話とかスムーズにいっただろ。
よほど、おむつの中が気持ちが悪かったんだな~」
「若干、グズりかけてたもんな~」
なんてな事になるかもしれませんね。


そうなったら子供から大人になるにつれて、
『ムーニーマン』から『アテント』へ履き替えなくちゃいけませんよね。


※告知です

12/19(月) 午後7時~
『月例寄席』 木戸銭¥100
豊橋市神明町『あんくるとむ』(0532-53-5355)
出演 望々亭みるく 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 何逸亭やん泥

今年最後の月例寄席、納会です。
私は創作のネタ下ろしをする予定です。
終わった後の打ち上げにも、是非ご参加下さい。


1/8(日) 午後2時~
『中日寄席』 木戸銭無料
名古屋・中日ビル
出演 持徒亭安之丞 三落亭痴久和 微笑亭さん太 竜宮亭無眠

中日寄席に出していただくのは、昨年の4月以来、2回目です。
今回は『楽語の会』の新人さんも高座デビューされるという事で
是非ともお越し下さい。


微笑亭さん太

アスリートの接客術

今年は何といっても、
サッカー女子ワールドカップで金メダルを獲得した
『なでしこジャパン』のフィーバーぶりは凄かったですよね。
流行語大賞に選ばれたのも頷けます。


当時の総理大臣だった菅首相も、
「『なでしこジャパン』の行動には、
私もやるべき事がある限りは、あきらめないで頑張らなければいけないと感じた」
と衆院予算委員会で述べたんですが、その瞬間、日本国民全員が
『あんたはあきらめろ!』とツッコんだのが目に浮かぶようでしたね。


なでしこジャパンだけではなく、今年は女子選手の活躍がめざましかったですね。
オートレース界では、44年ぶりに誕生した女子レーサー、
19歳の佐藤摩弥選手が注目を集めましたし、
プロゴルフの有村智恵選手は、アルバトロスとホールインワンを
同一ラウンドで達成して話題になりました。
アルバトロスとホールインワンを同一ラウンドで達成する確率というのは、
毎日ラウンドしたとしても、『3万年に一度』という事だそうですね。
有村選手は現在23歳ですから、これであと、
29977年生きられる事が確定したわけですね。


それから、女子サッカーだけでなく、女子野球も頑張っています。
昨年4月、59年ぶりに『女子プロ野球』が復活し、
年間40試合の公式戦を戦ってるんですね。


実は日本の女子野球は、
2年に一度の『女子野球W杯』で2連覇していて、
来年の大会で3連覇に挑むんですね。
しかしメディアの報道がないため、一部のファン以外は
この事実を知らなかったりするわけですよ。


北京五輪でソフトボールの日本代表が優勝して大変盛り上がりましたが、
一時的なもので、その後の国内試合の集客力は今ひとつと言いますから、
今回のなでしこフィーバーも、いつまで続くのかは疑問ですよ。


それにしても最近の女子アスリートは、皆さん綺麗になりましたよね。
ですから、そういう有名女子選手ばかりが
接客してくれるお店なんかがあったら、大人気でしょうね。


卓球の福原愛ちゃんなんかをアフターに誘おうとして、
「愛ちゃん、今日この後、予定あいてる?」
「さあ~?」
なんてはぐらかされたりしてね。


テニスの伊達公子さんがテーブルにつくと、
お酒は作らずに『ジュース』ばかり飲ませようとするんですね。
スケートの荒川静香さんなんかは、イナバウアーしながら、
後ろのテーブルのお客さんも同時に接客するという
離れ技をやってのけるんですが、いくら彼女を笑わせようと
一生懸命ギャグを言っても、スベってばかりなんですね。


カウンター席でお酒を注文すると、カウンターの隅からグラスが滑ってきて、
それをカーリング娘たちがブラシで掃いて、お客さんの前へ移動させるんですね。
万が一、目測を誤ってカウンターからグラスが落ちてしまっても、
浅尾美和選手が飛び込んできてレシーブしてくれるから大丈夫なんですね。


しかし一番大変なのは、高橋尚子さんとの『同伴』でしてね。
何しろ、お店に着くまでに42・195キロ走らされますから、
辿り着けるお客さんが、ほとんどいなかったりするわけなんですね。


微笑亭さん太

ちょっと、タイム!

早いもので今年も、もう終わりますが、
一年が経つのは本当に早い気がします。


「俺なんかさ~、とっくに人生の折り返し地点過ぎちゃってるからさ~。
もう夢も希望も無くて、何を見たって興味がわかないよ~」
なんてな事を言いながら、コップ酒をあおってるお父さんがいたりしますが、
『自分は一体、人生のどのあたりを生きてるんだろう?』
疑問に思ったりする方もいるんじゃないかと思います。


人生を一日の時間に例える『人生時間』というものがありまして、
これは『年齢÷3=人生時間』という公式で出るんですね。
ですから48歳の人だったら3で割ると16、
夕方の4時という事になりますから、
そろそろ西日が当たり始める頃だな~というのが実感できるわけですね。


中には3で割ると、25時とか26時になっちゃう方もいると思いますが、
そういう方は深夜に突入してるわけですから、
一刻も早く『眠りにつかれる事』をお勧めしたいですよね。


「年を取ると、1年が過ぎるのが速いね~」
なんてな事を仰ってる方もよくいますが、
年を取ると時間の流れが速く感じるというのは、
ある程度の年齢の方だったら誰しも思われるんじゃないかと思います。


『10歳の子供の1年は人生の1/10、
60歳の人の1年は人生の1/60だから、速く感じる』と言われたりします。


この『年齢を分母にする考え方』というのは
『ジャネーの法則』と呼ばれていて、一見信憑性がありそうなんですが、
同じ60歳でも人によって時間の感じ方は違うので、
科学的研究では重要視されない説らしいですね。


人間は年を取ると、時間の流れを速く感じることを示す実験結果がありまして、
一分経ったら合図をする条件で統計を取ると、
年齢が上の人ほど遅く合図する傾向があるそうですね。
『現実の時間』より、『実際の時間とは異なる精神的な時間』の方が、
ゆっくり流れるようになるわけですね。


退屈な会議に出席している時なんというのは、
時間が長く感じたりしますよね。
『この時計、巻き戻ってんじゃないの?』と思うくらい、
何度時計を見ても時間が進んでなかったりします。


逆に難しい事をしている時は時間が早く感じますから、
会議室の時計も『2時55分』なんて普通に時間を表示するんじゃなくて、
『23時25分の510分前』なんてんで、
非常に頭を使うような表示が出るようにすれば、
計算してる間に会議も終了するんじゃないですかね。


それから、広い空間にいる時というのも時間を遅く感じるそうですから、
オフィスも3畳一間くらいで、一つのデスクに5人くらいが腰掛けて仕事をすれば、
隣の人に肘が当たらないかって気を遣っているうちに、
あっという間に終業時間を迎えると思いますよ。


あと、恐怖を感じている時というのも時間を長く感じるそうですから、
総合的に考えて、『100畳くらいの部屋で時計を気にしながら、
皿から皿へ箸で豆を運ぶ作業をしている傍らに、
さりげなく爆弾が置かれている』
というシチュエーションが、
最も時間を長く感じるという事になりますかね~。


微笑亭さん太

物理学界のスピード違反

この世で一番速いものというと『光』という事になりますが、
それを凌ぐスピードを持ったものが出てきた可能性があるんですよね。


物質を構成する素粒子の一種である『ニュートリノ』が、
光の速度よりも速く飛んでいるという研究結果を、
名古屋大学などの国際研究グループが先日発表したんですね。


スイスのジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)から、
加速器という装置を使って、730キロ離れたイタリアの
グランサッソー地下研究所へニュートリノを打ち出したところ、
光より1億分の6秒早く到達したらしいんですね。
これは光の速度より0・0025%速く飛んだ事を示してまして、
光より速いという事は、
『こだま』や『のぞみ』よりも遥かに速いという事になりますね。


現代物理学の基礎であるアインシュタインの相対性理論では、
最も速いのは光だとされていて、
『質量を持つ物は光の速さを超えられない』と断定しているんですが、
今回、質量を持つニュートリノが光の速度を超えたという事で、
相対性理論が根底から覆される可能性が出てきたわけですね。


今頃、あの世でアインシュタインは、
「冗談じゃないよ。物理学のバイブルのように扱われてきた相対性理論を、
今さら否定しようだなんて、たまったもんじゃないよ…
出してた舌、引っ込めちゃおう」なんてんで、すっかり腐ってましてね。
『アインシュタイン』が『腐乱ケンシュタイン』になってるかもしれませんね。


物が速く動くほど、回りの時間の進み方は遅くなると言いますが、
その理屈でいくと、常に音速の世界で仕事をされている、
キャビン・アテンダントの皆さんは、
年を取るのが遅くなってるという事になりますよね。


実際、10年間勤務すると、地上で働いてる女性に比べて、
0・5秒ほど若くなるそうでしてね…この数字をどう見るかというのは、
個人の考え方だと思いますが。


光速になると時間の進み方はゼロになり、
さらに光速を超えると進み方が逆になり、時間を遡ってしまう事になるんですね。
ですから、学校や会社に遅刻しそうな時はニュートリノの速さで動けば、
時間を巻き戻す事が可能になり、遅刻しなくて済むというわけですね。
従って今回の実験結果は、過去へ遡る『タイムマシン』の可能性をも
示唆している事になりますよね。


実際に人間が超高速で動けるようになったら、
随分と様子が変わってくるでしょうね。


マラソン中継なんかでも、目に見えないほどの速度で走るマラソンランナーに、
中継車がついていけなかったりするわけですね。
ランナーが通った後には、見物客がニ、三人跳ね飛ばされてたりなんかしてね。


子供が遊びに行くのでも、
「ケンちゃん、どこ行くの?」
「あ、ママ、ちょっと遊びに行ってくるね。
大阪に住んでるタカシ君と、熊本のダイスケ君ちまで遊びに行くんだ。
ひょっとしたら北海道まで雪合戦しに行くかもしれないし」
「そうなの。じゃあ晩御飯までには帰ってくるのよ」
なんてんで、どこでも自力歩行で日帰りできる世の中になるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

ここで、する?

これから年末になると犯罪も増えますから、
気をつけていただきたいですね。


先月、東京都武蔵野市のデパートの食品売り場で、
62歳の女性にスリをしようとしたとして、
79歳の無職女性が現行犯逮捕されましてね。


この女性、スリ歴60年、逮捕は23回目という超大物スリでして、
百貨店の地下の食品売り場を主な仕事場としていた事から、
捜査員の間では、『デパ地下のさと婆』と呼ばれていたそうですね。
無職といっても、ある意味しっかり、
『手に職』はついていたわけなんですけどね。


この方普段から、
食品売り場で買い物をする高齢女性をターゲットにしていたらしく
『食品売り場では商品を見ていて警戒心が薄くなる。
高齢女性はカードではなく、現金を持っているから』と仰ってるんですが、
『高齢女性』と言っても被害者は62歳ですから、遥かに年下なんですけどね。
ですから捕まった時も『これは、リハビリの一環です』とでも、
言い訳すればよかったんじゃないでしょうかね。


基本的にスリというのは、誰も傷つけないし、
捕まった時、素直に罪を認める事から、割と警察官から愛されてるんだそうですね。
『癒し系の犯罪者』というのもどうかとは思うんですが、
どことなく愛嬌のある感じはしますよ。
被害者の方々からしてみたら、とんでもない話でしょうけどね。


この『デパ地下のさと婆』にしても、
超大物スリという割には、23回も逮捕されてますからね。
60年のキャリアで23回ですから、単純計算で3年に一度以上の割合ですが、
収監されてる時間を差っ引くと、かなりの頻度で捕まってるわけですよ。
『またお前か』みたいなもんでしょうね。
本当に凄腕のスリだったら、ニックネームが付くほど捕まらないでしょうね。


23回目の逮捕をされた彼女も、年齢が年齢なだけに、
事によると塀の中で天に召される可能性もありますよね。
そうなったら『デパ地下のさと婆』改め、
『デパ地下の卒塔婆』と呼ばれるようになるんでしょうかね。


こういった異名持ちのスリというのは、
60~80代にかけての高齢者が多いんですね。
というのも、1940年~50年代にかけてスリの元締めが、
盛んに手先の器用な子供たちを養成していたんですね。
その生き残りたちが今も現役で頑張っているというわけですが、
やはり年齢には勝てませんよね。


実際、昨年から今年にかけて『ケツパーの梅じい』だとか『エンコヅケのマツ』、
『ブランコの金』、『ギャンのタメやん』、『声かけのタマちゃん』といった
異名持ちの大物スリたちが、次々逮捕されてるんですね。
年齢と共に動きも鈍くなりますから、今だ!と思って懐に手を入れようと思ったら、
相手がもう3メートルくらい先に行っちゃってたりとか、
やっとの思いですった財布を、近くにいた若手のスリに
すられちゃったなんて事もあるかもしれません。


ちょっとボケちゃったスリなんてのもいるでしょうね。
財布じゃなくて、『使い捨てカイロ』をすり盗って捕まったりしてね。
「何でカイロなんか盗ったんだ?」
「ええ、懐が暖かそうだったもんですから…」


物事を始めたばかりで未熟な人の事を『駆出し』と言いますが、
これはスリの方から来てる言葉だそうですね。
新米のスリというのは、財布をすり盗ったら一目散に駆け出してしまうので、
かえってバレやすいという事で、『駆出し』という、
新人を揶揄する言葉が生まれたようですね。


それに対して、うまくて味のあるスリの事を
『ほんだし』と言うらしいですが…真偽のほどは定かじゃありません。


微笑亭さん太

ニコニコできない動画

ネット上には、映画やドラマを始め、
様々な動画がアップされてますが、
中には『ニコニコ動画』のように、
画像に書き込み出来るサイトもあります。


その手の動画を見ていて、ちょっと気になる事があります。
映画などが始まって、ほんの数分で『つまらない』とか
『面白くない』『飽きた』などの書き込みをする人が多数いるんですね。


もちろん、わざとそう書いている『釣りコメント』かもしれませんが、
現代人はどんどんと、我慢が出来なくなっている気がしますね。


映画やドラマ、小説などでも、
冒頭から結末までノンストップでめちゃめちゃ面白いというのが理想ですが、
そういう作品ばかりではありません。
やはりその多くは、クライマックスに繋がっていくための
『フリ』や『仕込み』というのは絶対に必要となってきます。


そこを面白く見せるのは作り手の工夫でもありますが、
たとえ多少つまらなく感じても、
我慢して見るべき『税金』のようなものだと思います。
それに、ある程度見ていれば、
『ああ、ここは後半に回収される伏線だな』という事が、
何となくカンで判ると思います。
うまい監督なら、そういう匂いを出しながら作ってると思うんですね。


しかし現代人は段々と
『今面白くないものは面白くない』と即断してしまう傾向が
顕著になってきてる気がしてしまいますね。


これは、我々落語をやっている者にとっては、
由々しき事態であると思います。


というのも、落語というのは基本
『前半で仕込んで、後半でそれを生かして笑わせる』
というパターンがほとんどだからです。
全編爆笑なんてネタもありますが、それはごく少数で、
多くの古典落語は、多少つまらなくても前半を聞いてもらわないと、
意味がない噺ばかりなんですね。


一時、テレビのお笑い番組が『ショートネタ』ばかりになってしまい、
即効性のある笑いが主となっていました。
その『弊害』が徐々に表れているような気がするんですね。


冒頭からオチ、クライマックスがあるものでなければ
相手にしないという事になれば、
『落語存亡の危機』とも言えるんじゃないでしょうか。


大袈裟かもしれませんが、動画の書き込みを見ていて、
そんな事が気にかかって仕方がありません。
単なる私の杞憂に終わればいいんですけどね。


微笑亭さん太

血を争う話

様々な医療行為をするにあたって、
輸血などで人間の血液というのが必要な場面が多いですから、
献血の重要性というのは日に日に高まるばかりです。


ところがここ最近は、献血をする若者というのが激減しているそうですね。
1985年の献血実績を2008年と比較すると、
10代、20代ともに献血者が大幅に減っているんですね。


1985年時点での16~19歳の献血者は179万人、
20代は260万人もいたんですが、
これが2008年度は16~19歳の献血者が1/5に、
20代は半分以下になっちゃったんですね。
献血というのは、他人の役にも立ちますし、
自分の健康状態もチェックできますから、
是非とも若者たちにも協力してほしいですよね。


人通りの多い駅前や繁華街、さらに職場や学校などへの
移動採血車の出動を増やしたりして献血者数アップを目指しているようですが、
なかなか思ったように伸びてないようですね。


こうなったら、客引き的な行為をしてみたらどうですかね。
街中を歩いてる若い男の子に近づいていって
「…処女がいるんだけど、じっくり抱いてみない?」
喜んでついていくと、中が空洞になった等身大の鉄人形の中に入れられましてね。
扉を閉めた途端、中に生えている無数のトゲでもって、
あっという間に血液が採取されるんですね…
処女は処女でも、『鉄の処女』だったりするんですけどね。


先日、愛知県名古屋市に日本一の広さを誇る献血ルーム、
『タワーズ20』というのがオープンしたそうですね。
面積は952平方メートル、ベッド数も28床という、
血を採るだけの空間としては贅沢すぎる広さですね。


最近の献血というのは、血液の中でも、液体成分の『血しょう』や、
傷口から出る血を固める働きをする『血小板』を選別して採る
『成分献血』が主になってるんですが、終わるまでに一時間近くかかるんですね。
そんなに時間かけなくても、ナースのスカートを超ミニにすれば、
一瞬にして『鼻からの大量摂取』が可能だと思うんですけどね。


ところがここの献血ルームは、窓から名古屋駅を行きかう電車を見下ろせ、
献血の間は、ベッド横のテレビで、好きな映画や番組が見放題なんですね。
これはちょっとした『行列のできる献血ルーム』になりそうですね。
「いや~、ここは快適だね~。看護師さん、もう200CCいっとこうかな」
「まあ、嬉しい!…すみませ~ん!
こちらのベッドの方、400のボトルお願いしま~す」
なんてんで飲み屋みたいになっちゃいましてね。


調子に乗って400CC献血して、貧血起こして倒れちゃいましてね…
結局、500CC輸血されて帰ってきましてね。
『献血に行って【利益】出して帰ってきたのはあいつだけだ』
なんてんで悪口言われたりしてね。


微笑亭さん太

落語会は大生協

昨日は、岡崎の勤労文化センターで一席演ってきました。
『コープあいち・岡崎支部』の集まりで、
望々亭みるくさんと私で1時間ほどの落語会です。
コープの方々からは、昨年は豊橋、
今年始めには刈谷で呼んでいただいてますので、ありがたい限りです。

12/8(高座)

お客さんは60名ほどで、妙齢の女性が8割以上でしたので、
みるくさんの『里帰り』の後は、迷わず『熟女たちの宴』へ。


落語を聞き慣れてない感が伝わってくるお客さんでしたが、
固いわけでもなく、あれだけ笑っていただければ、
何とかノルマはクリア出来たかな~と思います。


私が終わった後、別に質問コーナーを設けたわけでもないのに
年配の男性が「はい!」と手を上げられ
「天狗連の会長は、お元気ですか?」
…絵に描いたような唐突な質問。
後で聞いたところによると、その方、
会長がCBCのアナウンサーをやってみえた頃からのファンのようなんですね。
でも、意味が判らない回りのお客さんは『ポカ~ン』ですよ。
どうやら会長本人だけではなく、
ファンの方もボケて…あ、いや、とても良い方でしたよ(笑)


終演後は、試食タイムという事で、
海苔、ケチャップ、ヨーグルト、アイスといった、
コープの物を使った料理をいただきました。

12/8(試食)

そろそろお開きになろうかという頃、支部長さんらしき女性が立ち上がって、
「…そちらに、今日落語を披露して下さった、
さん太さんと『モーモーさん』がいらっしゃいます」
『モーモーさん』って…確かに『もうもうていみるくさん』ですが…
何だか、ソリを牛に引かせているサンタクロースみたく言われてしまいました。
「今日の落語を聞いて、年末年始、
笑って過ごせそうだという方は手を上げてください!」

…止めて~、そんなアンケート!
皆さん、気を遣って上げてくれてますが…2名ほど上げてないし…(笑)


また是非、呼んでいただきたい落語会になりました。


微笑亭さん太

飛び込みのお客さん、お断り

今年も、自ら命を絶つという自殺者が後を絶たなかったわけですが、
昨年の日本の総自殺者数は3万1690人でして、
人口10万人あたり、24・9人が自殺している計算になるそうですね。
年間の死者の2・8%が自殺により死亡しており、
癌や心疾患などに次いで6番目に多い死因なんですね。


昨年の自殺者数は、同年の交通事故者数、
4863人の6・51倍に上り、その深刻さが伺えますよね。
自殺未遂者に至っては、自殺者の10倍以上いると言われてまして、
諸外国と比べても極めて自殺率が高く、
世界で4位、アメリカの自殺率の2倍もあるんですね。


自殺の手段としては『縊死』が66・4%と最も多いんですが、
『飛び込み』というのも2・1%あります。


中で、やたらと飛び込み自殺の多い駅なんというのもありましてね。
東京都葛飾区のJR総武線新小岩駅では、今年の7月から9月の約2ヶ月の間に、
5件もの飛び込み自殺があったとして話題になりましたよ。
これは新小岩駅を通過する特急
『成田エクスプレス』に飛び込むパターンがほとんどでして、
あの世までの超特急というのも悲しい話ですよ。
5日には、ついに6人目の飛び込みがあったんですが、
こちらは助かったようで何よりでした。


多発する自殺に、JR東日本もそれなりの対策を取りましてね。
アルバイトを雇って、毎日『成田エクスプレス』の通過時に、
ホームを見回らせたり、同社のOBたちが
ホームを巡回するボランティアを行ったりして監視態勢を強化していたんですが、
それ以降も自殺は起こってしまったんですね。


新小岩駅に自殺が集中する理由としては、
『最初の自殺からの連鎖反応』だとか
『駅の構造上の問題』だとする説もあるんですが、
明確には判っていませんでしてね。


この上は、さらなる対策として、自殺志願者の気持ちが萎えるように、
駅のホームで絶えず『吉本新喜劇』ですとか
『ドリフ大爆笑』のテーマ曲を流しておくなんてのもいいですよね。


あるいはホームにいる人たちにアンケート用紙を配って答えてもらうとかね。
『あなたは今、自殺したいと思っていますか?
①したい ②したくない ③どちらかといえばしたい』
なんて質問に答えてもらえば、止めやすいと思いますよ。


これだけ自殺者が多いとなると、
『自殺相談所』なんてのが出てくるのも時間の問題ですね。


「あの~、ここは自殺の相談に乗ってくれると聞いたんですが」
「はい、乗りますよ。どんな自殺の仕方がご希望ですか?」
「ご希望というか…オススメは何ですか?」
「やはり王道という事になると『首吊り』ですかね」
「ああ、首吊りですか…でも首吊りって痛いんでしょう?」
「大丈夫ですよ、ウチのやり方は痛くありません。
ハンマーで後頭部を一撃しておいてから吊しますから」
「それ、自殺じゃなくて他殺じゃないですか。
しかもハンマーの時点で、かなり痛そうですし…他には?」
「電気イスというのはどうです?」
「電気イス?アメリカの死刑みたいですね。
どれですか?…これ、マッサージチェアーじゃないですか」
「でも電気が流れて作動して、すぐに昇天しちゃいますよ」
「気持ちよくなってどうすんですか!睡眠薬とかないんですか?」
「ありますよ。ただ睡眠薬って、結構大量に飲まないと確実に死ねないんですよ。
…じゃあ、この錠剤を一気に85錠飲んで下さいね」
「85錠!?そんなに飲まないといけないんですか?
はあ…そんなに辛い思いをするんだったら、とりあえず生きてみます」
なんてんで、結果的に思い留まらせる事になるかもしれませんね。


微笑亭さん太

禁メダリスト

五輪2大会連続金メダルの内柴選手が、
ついに逮捕されてしまいましたね。


つい先日まで、
九州看護福祉大学の客員教授だったわけですが、
この数日間で肩書が『教授』から『容疑者』になっちゃったわけですね。
私は結構、彼の柔道が好きだったので、ちょっとショックですね。


逮捕容疑は『準強姦』ですが、
『準』と付いていても別に軽いわけではなく、
罪的には普通の『強姦罪』と全く同じです。


酔っ払ってたりして、
心神喪失状態や坑拒不能な状態の女性を暴行した場合を
『準強姦』というだけであって、重罪である事は間違いありません。
五輪金メダリストの『寝技』から逃げるのは不可能ですから、
被害に遭われた女性は、さぞや怖かったでしょうね…。


私は高校時代柔道部でして、一応黒帯なんですね。
…と言っても、へなちょこ初段ですが(笑)
しんどくて、辞めたくて仕方なかったんですが、
なぜか3年間最後までいましたね。
特に合宿がキツくて、
疲れすぎてご飯が食べられなくなったのは、あの時だけですね。


試合にも出て、色々な経験をしましたが、
唯一『落ちる経験』はしてないんですね。
『落ちる』とは、絞め技で絞められて意識を失う事ですが、
ヘタレの私はすぐに畳を叩いてタップしてしまうので、
稽古でも落ちた事はありません。


一度、落ちる経験をしてみたいと思って、
大学から落語を始めたわけですが、
今でも落ちない事がちょくちょく…って、ほっとけ!(笑)


落語も全くウケない時は、
噺の途中で高座を叩いて『まいった』出来るといいんですけどね~。


微笑亭さん太

腕ずくでなく、コノハズク

もう一昨日になりますが、
4日は名東区の梅森坂小学校に行ってきました。
地域の防犯関連のイベントで、
『防犯に関係する噺を』
という事で30分ほど喋ってきました。


会場となった体育館には、400人近い方が集まり、
暴力団追放など、防犯意識の高い地域だという事が実感できました。

12/4(体育館)

このお話は、いつも『餅つき隊』でお世話になっている
女社長さんからいただいたもので、
社長さんも『マネージャー』としてお見えになっていました。
初めて社長さんから回していただいた落語の営業で、
ご本人も見られていますので、
私としては『絶対にスベれない高座がそこにある』なんという、
テレ朝のサッカー中継のような心境でした。

12/4(寸劇)

警察の偉い方々のご挨拶や、
笑劇派さんのお芝居などがあった後、私の落語でした。
この笑劇派さんは私の住む豊田の劇団でして、
地元では結構有名なんですが、この日初めて共演させていただく事に。
名古屋は名東区のイベントを、
全員豊田人が支えているというのも不思議な感じでした。


体育館の高座というのは、
我々にとって鬼門のひとつでもあるんですが、
この日はとても良いお客さんで、思った以上に笑っていただき、
私も大きなプレッシャーから解放されました。


会場には、
愛知県警のマスコットキャラである『コノハ警部』も来てました。
私が落語を演っている間、客席の一番後ろでスタンバってたんですが、
マスコットキャラに落語を聞かれたのは初めての経験でした。

12/4(コノハ警部)

お客さんたちに防犯のアピールをするという仕事を終えた後は、
リストラされたわけでもないのに『クビ』になってました。

12/4(クビ)

いわゆる『中の人』は、『夏場は命の危険があるくらい暑い』と仰ってましたが、
愛知県民の平和のため、四季を問わずに
頑張ってらっしゃる姿には頭が下がりました。



※告知です

12/19(月) 午後7時~
『月例寄席』 木戸銭¥100
豊橋市神明町『あんくるとむ』(0532-53-5355)
出演 望々亭みるく 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 何逸亭やん泥


微笑亭さん太

天狗たちの年忘れ

昨日は天狗連の忘年会に参加してきました。
メンバーはもちろんの事、
親しいお客さん方にも参加していただいて、
年に一度の、『いい大人の悪ふざけ』です。

12/4(料理)

この忘年会の目玉(?)は、
有志のメンバーによる『演芸大会』です。
私も毎年、何か演っているんですが、
ネタを演らなければならないというプレッシャーのため、
毎回忘年会が楽しめません。
…じゃあ、ネタを演らなきゃいいじゃんって話ですが(笑)


『ゴミ袋一発芸』                  髪家三代

『コント・会長選挙』               成田家虚生&弾家喜苦

『コント・天狗連新人面接』           駒久家南朝&成田家半玉

『コント・執事』                  微笑亭さん太


三代さんは、
黒いゴミ袋を色んな物に見立てての一発芸でした。
最後は、まさかの下ネタオチで、みんなをドン引きさせて終了(笑)

12/4(虚生&喜苦)

次の虚生さんと喜苦君は、
『天狗連の次期会長が、豊橋市民の選挙で選ばれたら』という設定でのコントです。
前日の夕方に、『明日のお昼に喜苦と稽古するから、
それまでにネタ書いておいて』という、
信じられない内容の虚生さんからのメールを受けて、
私が全速力で書き上げたコントです。
稽古が当日のみという事で、予想通りの『ネタの入ってなさ』でした(笑)

12/4(南朝&半玉)

いつもピンでネタを演られる南朝さん、
今回は半玉ちゃんを相方にしてのコントでした。
稽古が全く出来なかったという事で、
ほぼ原稿を読みながらのネタ披露となりました(!)


私はというと、
連続ドラマ『謎解きはディナーのあとで』のパロディーコントを演りました。
北川景子ファンの私としては、コントの中の妄想だけでも、
彼女との『共演』が果たせました(笑)


最後まで笑いの絶えない、楽しい忘年会となりました。
参加してくださった、うめセンセ、こだまさん、ふりかけさん、
はんどさん、陽子さん、HISさん、ありがとうございました。


微笑亭さん太

「よそう、また現実になるといけねえ…」

昨日は『ぱんとまいむ寄席』に出演してきました。
今年最後の寄席ですが、
今回は『落語・春夏秋冬』と題して、
それぞれの季節に関する噺を聞いていただき、
寄席にいながら日本の四季を堪能していただこうという、
ビッグな企画です。

12/3(無眠さん)

春)『花見の仇討ち』              微笑亭さん太

夏)『夢八』                   槍田家志ょ朝

秋)『狐芝居』                  竜宮亭無眠

冬)『芝浜』                   微笑亭さん太


一応この企画は、
私が提案して、無眠さんが即採用してくれたんですが、
季節で考えていくと、秋のネタというのが無くて困りましたね。
『目黒の秋刀魚』以外、
これぞ秋というネタは皆無に近いという事がよく判りました。


お客さんは31名、
とてもよく笑ってくれるお客さんという印象でした。
最前列に年配の男性が座っていたんですが、
初っ端からビールを飲んでおられて、既に一席目の途中から、
うつらうつらと夢うつつの状態でした。


最後の『芝居』も『就寝状態』だったんですが、
妻の告白後、勝五郎がお酒を注いでもらって飲もうかという、
まさにサゲ直前になったら、その方が突然目を覚まして
「…また夢になるといけない、か」と小声で言いました(!)


小声といえど、客席はシ~ンとなってるので、
結構聞こえたんじゃないかと思います。
サゲ直前に客席からサゲを言われたのは初めてだったので、
さすがに私もちょっと焦りましたね。
なぜ最後まで寝ててくれないんだと…夢であってほしかったですよ(笑)


しかし、全体としては本当によく笑って下さるお客さんで、
いい形での納会となりました。
また来年の『ぱんとまいむ寄席』も、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

感度流行

今年も、残すところあと一ヶ月を切りまして、
毎年恒例の『流行語大賞』が発表になりましたね。


大賞が選ばれるにあたって、まず候補の言葉が選出されるんですが、
『タイガーマスク』なんて言葉が候補入っているのを見ると、
『あの騒ぎは今年だったのか』なんて気付かされますよね。
当時は一世を風靡したような出来事でも、
時間が経つと結構忘れてしまうものだという事を実感しますね。


今回はその候補60語のうち、実に半分以上の33語が、
東日本大震災関連の言葉だったようですね。
『瓦礫』『復興』『節電』『除染』『脱原発』……
何度となくニュースや新聞で目にした言葉が目白押しですよ。
この震災がなければ、
『シーベルト』や『ベクレル』『セシウム』なんて言葉は、
大多数の日本国民が、知りもしなければ口にする事もなく
一生を終えていたかもしれません。


『流行語大賞』が始まったのは1984年なんですが、
これだけ一つの事件、事象に絡む言葉が
半数以上を占めるのは、史上初だそうですね。
それだけ日本にとっては衝撃的な事だったという証ですね。


『建家』なんて言葉も候補に上がってますが、
あの福島第一原発のタービン建家の屋根が、
爆発して吹き飛んだ映像には驚愕しましたね。
まさに建家の屋根が『ぽぽぽぽ~ん!』ですよ。
…この『ぽぽぽぽ~ん!』も、候補語に入ってますけどね。


原子炉内の燃料が溶融する
『メルトダウン』という言葉も候補に上がってますが、
ちょっと前に、路上で自分のズボンを脱いで
女子高生に見せていた露出狂の男性が逮捕された事がありました。
その時の新聞の見出しというのが、『路上で、ベルトダウン』になってましてね…
流行語である事は間違いないようですね。


あと、候補語に上がっている、
管前総理が使った『一定のメド』という言葉がありますが、
この『一定のメド』というのは
『回りの人々がイライラするまで』という時期を指すんだという事を
実感した年でもありましたよ。


震災関連以外でも、スポーツの世界では、
大賞に選ばれた『なでしこジャパン』ですとか
『おかわり君』なんてのも入ってますが、
本塁打王になった西武ライオンズの中村選手は、
いかにもご飯が好きそうな『おかわり君』って感じの体型でいいですよね。
あれで痩せこけててアイスクリームが好きだったら
『ガリガリ君』になってたでしょうからね。


でも、それならまだいいんですが、
唐揚げや天麩羅が大好物で『あげもの君』だったら困るでしょうね。
何だか全打席『フライ』を打ち上げそうな気がしますからね…。


野田政権になったお陰で『どじょう内閣』なんて言葉も入ってますが、
『安全運転』を座右の銘にしている野田総理も、
最近はTPPの問題で支持率も下がり気味で、
いつ辞任に追い込まれるか判りませんよ。


もしも野田さんが辞めたら、もう誰がやっても同じだろうという事で、
ホームレスの方に総理大臣を任せてみたらどうでしょうね。
当然、そのへんの道端が『総理官邸』という事になるでしょうから、
多分来年の流行語大賞には、
『路上内閣』という言葉が選ばれるんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

寿楽、寿楽、五劫のすりきり…

昨日は、悪質商法の出前講座で蒲郡に行ってきました。
『寿楽荘』という老人福祉施設です。
建物の中に温泉や娯楽施設も色々あり、
ちょっとした『お年寄りのパラダイス』といったところでしょうか。


私が入って行くと、老人会の係の方が、
「出前講座をやられる方ですか?」
「はい、そうです。よろしくお願い致します」
「ご苦労様でございます。…それで今日は、何の講座をやりに来られたんですか?」
…えっ、全く把握せずですか?
『内容は判らないけど、とりあえず呼んでみようか~』
みたいなノリだったんでしょうか(笑)


娯楽施設的な部屋を覗くと、お年寄りの方々が卓球をされてました。
いつもやられているようで、レベルの高い
見事なラリーが繰り広げられていて驚きました。

12/1(卓球)

マッハの速度で動くお年寄りを初めて拝見したので、思わず
「いや~、卓球お上手ですね。いつ頃からやられてるんですか?」
「……さぁ~!!」
これもまたレベルの高い、福原愛ちゃんのモノマネで答えてくれました。


さて落語の方はというと、
私が上がる前に老人会の会長さんが
ご挨拶をされてから上がるという段取りになってました。


私は袖で、会長さんのご挨拶を聞いてたんですが、
「…ご承知の通り、
今年は東日本大震災という未曾有の大災害がございました。
家や家族を奪われ、悲しみのどん底に沈んだ方も多くいらっしゃいます。
そして、その後に起こった原発の事故、それに伴う風評被害と、
不幸な出来事がこれでもかと言うくらいに押し寄せました。
それ以外にも、日々発生する交通事故、子供が巻き込まれる虐待事件など、
我々が考えなくてはならない問題、解決すべき問題が山のようにあります。
そういう悲惨な出来事が毎日繰り返されているという事実を、
我々は忘れてはいけないわけです。
…それでは、微笑亭さん太さんの楽しい落語です。どうぞ…」
…ちょっと会長さん、この空気!
どうなる事かと思いましたが、
皆さん熱心に聞いて笑ってくださったので、とりあえずよかったです。

12/1(ムーミン)

蒲郡と言えば、
日曜日の『福寿稲荷寄席』の後、栄歌さんたちと街中を歩いていると、
無眠さんの息がかかっているであろうと思われるお店を見つけました。
こんなところに『竜宮亭無眠・蒲郡支部』があろうとは…
感心しながら帰ってきました。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード