ヤホーで調べてみました

京都大で25、26日に実施された2次試験で、
数学と英語の入試問題が、
試験時間中にインターネットの質問掲示板に投稿され、
第三者が回答していた事が判り、大騒ぎになってますよね。


京大は
入試問題が漏洩した可能性があるとみて調査を始めたらしいですが、
同じ投稿者名で早稲田大、立教大、同志社大の入試問題でも
同様の投稿があり、回答があった事も判ったようです。


この事件から判る事というのは、
即、掲示板に回答を書き込んだ人間というのは、
恐らく京大に入れる力があるという事ですね。
質問した側はダメですが、
回答した側は、大したものです。


ただ素朴な疑問として、限られた試験時間内に、
これだけの事ができる余裕があるのかという事ですね。
多分携帯から書き込んだんでしょうが、
複数いる試験官の目をかいくぐって書き込み、
それに対する回答も、答案用紙に写さなければいけません。
質問した問題以外にも、他の問題も解く時間が必要ですよね。


何より、それだけのリスクを冒して、
時間内に回答が寄せられる保証はありませんよね。
回答する側もグルかもしれませんが、
回答が間に合わなかった問題もあるようですしね。
そのあたりが疑問です。


中学校の期末試験で、
隣の子の答案用紙をカンニングした生徒がいて、
隣の子が『わかりません』と書いたのを見て、
『ボクも、わかりません』と書いて
カンニングがバレたって小噺があります。


この件の場合も、
回答者の答えが間違っていたら大変ですよね。
それと同じ間違い方をした人間が
『犯人』である可能性は高いですからね。
特定も簡単でいいですよね。


『試験中掲示板に、その問題を書き込んだ人間を特定するには、
どうしたらいいですか?』
という質問が、
今日あたり、その質問掲示板に
書き込まれるんじゃないかと、予想してるんですけどね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

セト、襲来

昨日は瀬戸末広亭での寄席に
出演させていただきました。
年4回行われている定例の寄席で、
第8回目となる今回、初めて出させていただきました。

2/26(末広・外観)

『楽しい動物園』              微笑亭さん太

『鹿政談』                  川の家河太朗

『ねずみ』                  若鯱亭笑天

2/26(末広・ビラ)

現場に着くと、告知のビラが貼られてました。
『お父さん、落語ですってよ』
『末広亭といえば、すぐそこじゃないか』
…何故か若干、
上から目線のカエル夫婦の会話に迎えられて末広亭の中へ。

2/26(末広・客席)

40名入ったらいっぱいとは聞いてたんですが、
40名入った時点で会場は、
『ギネスに挑戦』みたいな詰め込み状態になるのは確実の、
まさに『小屋』という雰囲気のスペースです。
ありがたい事に、この日も満席でした。

2/26(末広・高座)

河太朗さんや笑天さんから、
スタッフの方々が大変優秀であるというのは伺ってたんですが、
噂通り素晴らしかったです。
高座の準備も客席の準備も完璧、
客引きも熱心で、受付の応対も申し分ありません。
これで、スベった後、
『…大丈夫です、面白いところありました』と慰めてくれれば、
より完璧です。


久々に河太朗さんにお会いしたんですが、
風邪をこじらせて肺炎になってしまったと聞きました。
『河太朗さん、具合はどうですか?』
『ええ、肺がね、炎症起こしてるんですわ』
『大丈夫ですか?』
『まあ、大丈夫ですが、なかなかようなりまへんな~』と言いながら、
タバコを立て続けにスパスパ。
なかなか良くならない理由が、
素人目にも明らかなような気がしました。
河太朗さん、お大事に…。


寄席の方は、とても良い寄席でしたので、
是非また呼んでいただきたいですね。
優秀なスタッフの皆さん、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

これぞ、白黒つける問題

三日前、一昨日と続いた『白黒3部作』です(笑)


生まれた子供の肌の色が両親の肌の色と違っていた場合、
これはその後、物凄くモメる事は必至なんですが、
肌の色が違う双子が誕生するなんて事もあるようですね。


英国の南部に住むご夫婦なんですが、
黒い肌の夫と白い肌の妻の間に、
白と黒の肌をした双子が生まれたなんて事がありましてね。


皮膚の色が異なった双子が生まれる確率というのは
100万分の1と言われてますから、凄い事ですよね。
大きくなったら日本へ来て、
お笑い芸人をやらせるそうでして、コンビ名は
『オセロ』と決まってるそうですね。


これはまあ、肌の色が違うというだけで両親は同じなんですが、
先日ポーランドで、『父親の違う双子』が誕生したそうですね。
男の子と女の子の双子だったそうですが、
DNA検査をしたところ、男の子の父親は夫だったんですが、
女の子の父親が別人だという事が判ったんですね。


排卵している女性が短時間に2人以上と性行為をすると、
父親の異なる二卵性双生児ができる可能性が、
僅かながらあるんだそうでして、世界で7例目だそうですね。
何となく、
『みんなで手をつないでゴールする、小学校の徒競走』を
髣髴とさせる気がしますよね。


排卵した卵子の寿命は24時間と言われてますから、
恐らく母親が24時間以内に、
夫と違う男性と性行為をしたという事になるわけで、
ジャックバウアーもビックリですよね。


こんな『産み分け』は器用と言うしかないんですが、
『何でそもそも、DNA鑑定をしたのか?』というのも
気になるところではあります。
まあ、そんなに信用がなかったんですかね。
彼女にしてみたら、2人の男性の
『カクテル』を味わったみたいな心境になるんでしょうかね?


お父さんにしてみたら腹立たしい事でしょうが、
一つだけ『特典』があるとしたら、
『我が娘との結婚がOKである』という事でしょうね。


子供の父親が本当に自分かどうかは、
最終的には男性は判らないわけでして、
生まれた子供のDNA検査をいちいちするのも大変ですから、
血液型から判るように、普段から奥さんに、
『お前の浮気相手の血液型は何型?』って聞いておくのも、
一つの手ですよね。


「お前知ってるかい?外国の調査なんだけど、
子供を持つ10組の夫婦のうち3組が、奥さんの浮気などで、
他人の子を育ててるなんてデータがあるんだよ」
「まあ、そうなの?」
「ほら、ウチのマンション、我々みたいな子持ちの夫婦が10組入ってるだろ?」
「ああ、確かにちょうど10組いるわね」
「ひょっとしたらそのうちの3組は、父親の違う子供を育ててるかもしれないね」
「まあ!そうだとしたら、あとの2組は誰かしら?」
…こんな会話が、日本のごく普通の夫婦の中でも
交わされているかもしれませんね。


微笑亭さん太

カーテンコール

昨日は尾張旭市の中央公民館に行ってきました。
年配のお客さん20数名の前で、
3人で1時間ほどの会です。


『雑俳』                  お好み家喜楽

『初天神』                若鯱亭笑天

『再就職は楽し』            微笑亭さん太


我々も営業に行くと、
色々なところで着替えさせられますが、
この日の更衣室も、なかなか魅力的でした。

2/24(更衣室)

天井は、世間一般では
『カーテン』と呼ばれる素材で出来ており、
壁は『ホワイトボード』と呼ばれる物で出来てました。
これだけ見事な張り具合は、
サーカスのテント以外で見た事がありません。


最初に喜楽さんが上がられたんですが、
マクラで何かを言うたびに、ずっと
『うん…うん…』と相槌を打っているご婦人はいるし、
噺のギャグを隣の人に、噛んで含めるように教えている人はいるし、
なかなか楽しい状態でした。

2/24(喜楽さん)

次に上がった笑天さんが、お客さんに向かって
『…すみません、私語禁止です』と言ったのも、
頷ける感じがしました(笑)
まあ、それだけ食いついて
聞いて下さってたんでしょうけどね。


高座が終わった後は、
笑天さん、喜楽さんと喫茶店へ。
話が弾んで、気づいたら、3時間以上喋ってました。
『噺家』から『迷惑なお客』に成り下がってしまった我々でしたが、
3時間もあると、
人の悪口はたくさん言えるものですね~(ウソです・笑)


微笑亭さん太

劣る大捜査線

『警察密着24時』系の番組が好きで、
ついつい見てしまうんですが、昨日もやってましたね。


日々、犯罪というのは起こっているわけですが、
刑法犯の検挙率というのが
ドンドン下がっているようでしてね。


20年程前までは、
常に60~70%を誇っていた検挙率が、
最近では30%前後しかないそうですね。


それというのも、
経験を積んだベテラン刑事が次々と退職し、
捜査のノウハウをあまり知らない、
頼りない若手警察官ばかりが増えてしまった事が
大きな原因の一つにあるようですね。


刑事といえば、昔は『現場百遍』などと言ってましたが、
最近の若手は、現場にはほとんど足を運ばず、
パソコンで情報を得ようとする
『インターネット百遍』だそうでしてね。
『殺人事件』『犯人』『どこ?』なんてキーワードで検索したりして…
『事件の捜査』じゃなくて『マウスの操作』をしてるんですね。


そんな風ですから、
初動捜査のミス、検証不足、誤認逮捕などの失態が相次いだりします。
以前、渋谷で起きた有名美容外科医の長女誘拐事件では、
人質が監禁されている部屋をつきとめ急襲したところ、
間違って隣のマンションに踏み込んじゃったという、
コントでも思いつかないような、
おマヌケな大失態をやらかしちゃいましてね。
踏み込まれた家の人は、目がテンになるくらい驚いたでしょうね。


ベテラン刑事の技術を若手に伝授するというのは、
一朝一夕にいかない、なかなか難しい事ですから、
そのうちに、その時々に応じて刑事に指示を出す
『刑事ナビ』みたいな機械が出来るかもしれませんね。


現場付近では『聞き込みを開始して下さい』とか、
人相の悪い人に会ったら『怪しいと思って下さい』
張り込み中には、『アンパンと牛乳を差し入れしてもらって下さい』なんという
的確な指示が出されたりするわけですね。
これならマニュアル世代の若手でも、
安心して捜査が出来るんじゃないでしょうかね。


刑事の取り調べというと、
自白した後のカツ丼のイメージが強いと思うんですが、
今は公判で妙な誤解を与えないために、
まずカツ丼なんか出ないそうですね。
自白させたいんだったら、カツ丼じゃなくて、
賞味期限を遥かに過ぎて
腐ってしまったお弁当なんかを出したらどうでしょうね?
それなら多分、すぐに『ゲロ』すると思うんですけどね。


微笑亭さん太

「千代田区にある有名な神社って何?」 「パンダ明神」

パンダ2頭が無事日本に着いたようでよかったですね。
またしばらくは、
パンダフィーバーが続く事になるんでしょうね。


パンダの生息地というと、四川省が有名なんですが、
以前、四川省で大地震が起こった時は大変だったみたいですね。


四川省にある、臥龍(がりゅう)パンダ研究センターでは、
建物の崩壊に加えて、通信や交通網が遮断されたために、
パンダの餌である笹なんかが満足に届かない状況が続いたんですね。
思わずパンダが短冊に『餌が沢山食べられますように』と書いて、
笹の葉にぶら下げたらしいですからね。


しかし、パンダが来たのはいいんですが、
そのレンタル料が年間1億円近いと聞いてビックリですよ。
買うのではなくレンタルでその値段とは、
どう考えても高すぎるんじゃないかと思っちゃうんですが、
専門家の方に伺うと、
『希少なパンダを2頭もレンタルするというのは、
通常有り得ない事』
なんだそうですね。


何しろ中国人でも、
実物のパンダを見た事がある人はほとんどいないそうでして、
日本に来た時に初めてパンダを見たという
中国人も結構いるみたいですね。


以前、中国全土の小学生が
パンダのぬり絵大会を催した事があったそうなんですが、
実物を見た事がないために、尻尾を黒く塗っちゃったりして、
白黒の柄の間違いをする子供が続出したんですね。
中には縦に白黒交互に塗って、
鯨幕みたいなパンダにしちゃった子もいたりして。
こりゃ先生が怒るかなと思ったら、
先生自体も実物のパンダを知らなかったって話ですからね。


そんな希少なパンダは、常に密猟者に狙われてるんですね。
毎年、相当数のパンダが犠牲になってると予想されます。
捕まったパンダは、毛皮は装飾用、熊の胆は漢方薬にと、
綺麗に売られてしまうんですね。


だから今、密猟者からパンダを守らなくちゃいけないってんで、
関係者の係員の方々は
保護されていないパンダたちを探しているそうでしてね。
徹夜で捜索にあたっているため、
目の下に大きなクマが出来ちゃいましてね…その顔を見た密猟者に、
パンダと間違えられて撃たれちゃったそうですけど。


微笑亭さん太

人格者・無眠さん

昨日は天狗連の月例寄席でした。
私は出番ではなかったんですが、
盛り沢山のゲストを楽しみに行きました。


『だくだく』              愛知家馬舟

『高津の富』            鶴橋減滅渡

『弥次郎』              槍太家一撥

『葬儀屋さん』           竜宮亭無眠


開口一番を務めた馬舟(ましゅう)君は、
愛大落研の現役で、私の遥か後輩に当たります。
愛大落研の現役生が月例寄席に出るのは
数年ぶりという事になります。


これだけすぐ近くに落研がありながら、
私が天狗連に入って以来、誰一人入会してこないというのは、
OBである私か、成田家紫蝶さんか、髪家三代さんのいずれかが
嫌われているからなんでしょうか。
……えっ、3人とも?

ヘルさんは『高津の富』のネタ下ろしだったんですが、
かなり昔、ヘルさんは江戸弁で『宿屋の富』を演ってるんですね。
それをまた関西弁で覚えなおしたという事で、
同じネタを江戸と上方、両方で演る方というのも珍しいですよね。


昨日はなぜか長いネタばかりで、
午後7時過ぎから始まった寄席が、
トリの無眠さんが上がった時、既に9時を過ぎてました。


これはもう時間的にも、お客さんの事を考えて
7分くらいで高座を下りるべきだよな~という
天狗連メンバー一同の視線をガッツリ無視して、
無眠さんは『葬儀屋さん』を30分演られました。
もちろん、お客さんは大爆笑でした。


月例寄席には2回目の登場となる無眠さん。
人柄の芸とでも言いますか、とてもいい方です。


来月、3月の月例に、
南遊亭栄歌さんがゲストとして出られる予定なんですが、
それを知った無眠さんは、
「私、2月の月例に出させてもうていいですかね?」
「いいですけど…何でですか?」
「いえ、栄歌さんが初出演する前に、2回目出て、
栄歌さんを悔しがらせたいんですよ。フフフ……」
と仰ってた話は、
日記に書いてはマズかったですかね?無眠さん。

微笑亭さん太

海上の狂犬

南極海で活動する調査捕鯨船団は
反捕鯨団体『シーシェパード』による妨害や追尾で、
捕鯨が中断していたんですが、
ついに船団を帰国させる事が決定したようですね。


『シーシェパード』の妨害による中止は初めてで、
次回以降の南極海での調査捕鯨実施に影響を与える事は必至で、
関係者は頭の痛いところでしょうね。


しかし、この『シーシェパード』
環境保護団体を名乗る割には、
強烈な悪臭のする酸の入ったビンを投げつけてきたりして、
正に『海上の鼻つまみ者』と呼ぶに相応しい暴挙をしてるんですよね。


シェパードだから『待て!』と言ったら
待ってくれるのかと思ったら、ちっとも待ってくれませんで、
やみくもに捕鯨反対を訴えて『吠エール』ばかりでしてね。


しかもクジラを取っている国というのは他にもあるのに、
日本にしか妨害行為をしてこないんですよね。
相変わらず、舐められっぱなしの我が国なんですが。


大体クジラというのは、
種類にもよりますが、生態系を守るためにも、
少しくらい獲ってやった方がいいくらい増えてたりたりするんですね。


クジラが年間に食べるオキアミやイカの量というのは、
全世界の人々が食べる魚の量の6倍近くあるんですね。
ですから、とてもクジラを寿司屋には連れていけませんよ。
破産します。
ところが彼らの言い分というのは
『知能が高い動物であるクジラを食べるのは残酷だ』と言うんですね。
その理屈だと、学校のテストで
赤点ばかり取っている子供は食べてもいいって事になりますよね。


彼らを支えているのは捕鯨反対国なんですが、
そのうちの一つであるオーストラリアなんかは、
以前、増えすぎてしまったカンガルー400頭を、
薬物を使って安楽死させる計画を発表した事がありました。


どうやら、クジラを殺すのには反対でも、
カンガルーを殺す事には問題ないようでしてね。
別に殺さなくても、利用の仕方は色々あると思うんですよ。


日本に連れてきて、
街角でカンガルーに募金をさせるとか、宅配便をやらせるとか、
或いは『矢吹丈』とボクシングの試合をさせれば、
時期的に、映画の宣伝にもなると思うんですけどね。


微笑亭さん太

経費削減も、度をコスト困ります

うなぎの匂いを嗅ぎながら
ご飯を食べるなんてケチな人を扱った、
『しわいや』という落語がありますが、
これが落語の中だけの事と笑っていられないような
状況があったりします。


不景気で物が売れないという閉塞感が漂う中、
各企業が、かなりシビアな
コストカットに出ているところもありますよね。


多くの社員が働く企業では、
まず『トイレの水』を節約しようという事で、トイレの水量が
明らかに少なくなってるなんて会社があるそうでしてね。


当然、『健康優良児を出産』した場合、
ブツが流れなかったりする事もあるわけですよ。
そんな『残業』は嫌ですよね。


もっとひどい会社になると、
『会社で大をするな』という貼り紙がしてあったりするそうですね。
仕方がないですから、
近くの飲食店やパチンコ屋なんかで用を足すそうですけど、
肩身が狭いですよね。
「そんな貼り紙、無視しちゃえばいいのに、
何でそんなにちゃんと守るんですか?」って聞いたら、
「ウチの社員は、『クソ真面目』ですから」と言ってましたけどね。


トイレ1回にかかるお金は、
水道代が約9円、紙代が80銭という事ですから、
『10円節約するのに、こんな辛い思いはしたくない』というのが、
社員の気持ちを代弁(大便)してるんじゃないですかね。


水道代の次に節約されやすいのが『電気代』ですね。
ある会社では、何だかオフィスが暗くなっている事に気付いた社員が、
ふと天井を見ると、蛍光灯が2本なくなってたんですね。


すると、数日後にはまた2本、
その数日後にはまた2本…まるで『百物語』
やっているようなオフィスなんですね。
こんなに怖い怪談話はありませんよ。
段々と目を慣らしていけば問題ないと思ってるみたいなんですが、
このままだと、3ヵ月後くらいには、社内が
『お先真っ暗』になるでしょうね。


文具関係などもシビアなようですね。
無制限に使っていたコピー用紙なんかでも、
両面コピーは当たり前、中には凄く紙質の悪い、
わら半紙のような紙を使ってるところもありましてね。
社運をかけたプロジェクトの資料が、
『学級新聞』と見分けがつかないなんて事もあったりするわけですよ。


鉛筆も小さくなったら、
キャップをかぶせて使ったりしてるそうですから、
オフィスの中が、まるで
『終戦直後』のような状態になってるそうですね。


他にも、『エレベーターの《閉》のボタンは、
1回押すと0・5円かかるから、絶対に押すな』とか、
『会社の携帯は、3分以上使うな』なんという
ウルトラマンのような携帯電話も存在するようですね。


このまま経費削減が進んでいくと、そのうちに、
社員全員が仕事は自宅でやるという、
通信教育みたいな会社が出来上がるかもしれませんね。


微笑亭さん太

北の国から(2011)

北朝鮮の金正日総書記の次男が
シンガポールで行われた、
エリック・クラプトンの公演を見に行かれたそうですね。


若い女性や警備員を20人も引き連れて、
高級ホテルのスイートルームに宿泊し、
ダイヤモンドなどを購入していかれたそうで、
やはりあの一族はセレブなんですね。


人気と実力を兼ね備えた石川遼君の凄さというのは、
今さら言うまでもないんですが、
世界には、遼君でも足下にも及ばないような
凄い才能の持ち主がいるんですよね。


北朝鮮の『平壌ゴルフ場』というところで、
国際的なアマチュアゴルフ大会が開かれる事になったようですね。


北朝鮮と国交のある、
イギリスと中国の旅行会社が企画したようで、
期間は4月26日から5日間、
参加費用は日本円で約11万円だそうですね。
中国の旅行会社は、主にヨーロッパからの参加者を見込んでいるらしく、
外貨獲得と関係改善の狙いがあるようなんですね。


それに先立って、金正日総書記が
ここのコースでラウンドされたらしいんですが、
その成績というのが、
11回のホールインワンを含む38アンダーだったそうで、
言うまでもなく、ぶっちぎりの世界記録を樹立した事になります。
遼君が束になってかかっても、
所詮将軍様には勝てないわけですよね。


何でそんな凄いスコアが出るのかと思ったんですが、
ホールインワンが11回もあるという事は多分、
一緒にラウンドした方が、将軍さんが一打目を打つ前に
『OKで~す!』と言ったんでしょうかね?


あるいはグリーンがアリ地獄状になっていて、
乗ったボールは全てカップに落ちるとか、
ゴルフボールにミサイル並みの誘導装置が付いていて、
打てばカップに向かって一直線なんて事も考えられますよね。


しかし、38アンダーで回れる力があるんだったら、
世界中のゴルフツアーに参加すれば全て優勝なわけですから、
すぐに国家予算分くらいは、
将軍様一人で稼げちゃうんじゃないかと思うんですけどね~。


微笑亭さん太

休刊に至る紙面楚歌

時代の移り変わりというのは
様々なところで実感したりしますが、ここ最近、1、2年の間に、
学研の『科学』と『学習』、小学館の『小学五年生』、『小学六年生』が
相次いで休刊に追い込まれましてね。


『科学』は1957年、『学習』は1946年創刊、
『五年生』と『六年生』にいたっては1922年、
大正11年創刊ですから、超老舗雑誌の休刊という事実が、
一つの時代の終焉を感じさせるような気がしますね。


ある程度の年代の方なら、小学生の頃、
本屋さんの店頭で付録を挟み込んだ小学館の学習雑誌の分厚さに、
ワクワクしてた方も多いんじゃないかと思います。
付録が目当てみたいな子も結構いましたからね。
家へ帰って、雑誌を開ける時のドキドキ感…これが大人になってからの、
『週刊ポスト』の袋とじを開ける時の
ドキドキ感につながっているわけですね。


これらの雑誌のピークというのは、
日本が高度成長期を迎えた七〇年代頃で、
最高で『五年生』が63万部、『六年生』が46万部、
『科学』と『学習』は670万部を売り上げていたのに、
今ではその1/10しかなかったそうです。


売り上げが落ち込んだ主な原因としては、
子供たちの早熟化で男女の性差が早く表れて、
男女共通の雑誌というのが
作りにくくなったという事があるようですね。
小学生向けの雑誌なのに、特集が
『小悪魔メイク』とかだったりしますしね。


その上、特に男の子が手を使った工作をしなくなり、
組み立て付録を複雑にすると評判がよくないんだそうですね。
かつては売りだったはずの付録が首を絞めているという、
ちょっと皮肉な状況でもあるわけです。
子供の質の変化という事を考えると、仕方ない事なのかもしれません。


もう、この手の子供向け雑誌が、
飛躍的に売り上げを伸ばすというのはありえないでしょうから、
高齢者向けにシフトを変えた方がいいですよね。


75歳からのお年寄りをターゲットとした
『後期高齢者一年生』なんて雑誌を作るわけですね。
後期高齢者二年生、三年生、四年生、五年生、六年生までいったら、
次は『七回忌』になるわけですね。


付録も充実してますよ。
『手作り仏壇セット』とか『白装束一式』
『等身大棺桶』なんてのも付いてたりするんですね。


誌面で扱われているアイドルも凄いですよ。
『Hey!Say!JUMP』に対抗して、
上がっちゃったお婆ちゃん10人のユニットで『閉経JUMP』とか、
ボケちゃったお爺ちゃん14人のダンスパフォーマンスグループ、
『ジジザイル』なんてのが特集されてましてね。


『ジジザイル』なんかは、みんなボケちゃってるから、
メンバーが増えてても、当人たちが全く気付かないんですね。
意識不明の重体になって集中治療室に担ぎ込まれる歌、
『シューチュー・トレイン』ってのが大ヒットしてたりするんですね。
こういう雑誌が発売されれば、
まだまだビジネスになるんじゃないかと思いますけどね~。


微笑亭さん太

奥の手より猫の手

ネズミの出没に悩む英国首相官邸に、
『ネズミ捕り係』として、ラリーという野良猫出身の猫が
正式に『着任』したというニュースには笑ってしまいました。


職がなくて困っている人間もいるのに、
猫が公務員(?)として就職できるというのは、
羨ましい限りです。


かつて東西冷戦の頃というのは、
情報収集合戦というのが凄かったですから、
情報収集のための、色んな兵器というのが作られていたそうですね。


これは、CIA、
アメリカ中央情報局の科学技術部門の秘密文書に
実際に記されている事だそうですけど、
当時『盗聴器付き改造猫』
というのが作られたそうですね。


生きた猫に開腹手術を施して
電池と無線盗聴器を埋め込みましてね、
尻尾がアンテナになってるんですね。
何でこんな物が作られたのかというと、
大事な会議の席に猫がいても怪しまれないという事らしいんですが、
果たしてそうですかね?


強面の政府のお偉いさんがズラッと並んでる中に
猫が一匹座ってたら、
それこそ違和感ありすぎだと思うんですけどね。


第一、猫好きな方がいたら困りますよね。
お役人の中にムツゴロウさんみたいな方がいたりなんかしたら、
猫を見た途端『ああ、よし、よし、よし…』なんて体中触りまくられて、
たちどころに盗聴器を発見されちゃうかもしれませんからね。


それに電極を埋め込まれてますから、
手違いで漏電なんかする危険性もありますよね。
猫に触った途端、ビリビリッときたりなんかして。
『何でビリビリッときたんだろう?』と、よ~く猫を見てみたら
『アメリカン・ショートヘアー』だったりなんかして。


でも、この『盗聴器付き改造猫』
試作品が本当に作られたんですね。
いよいよ初任務の日、CIAのエージェントが猫を持って出動し、
「よし、行け!」って猫を放した途端、
タクシーに轢かれて死んじゃったそうでしてね…
阿藤快じゃなくても『なんだかな~』って言いたくなりますよね。


『盗聴器付き改造猫』の研究はそれっきり、
お蔵入りになったそうですが、
これからも似たような研究は出てくるかもしれませんよ。
何でも噂によると、あの植草教授が
『手鏡付き猫』というのを研究してるって話ですけどね。
懲りない人ですよね…。


微笑亭さん太

トチギーノ

昨日は栃木県の高根沢町というところに行って、
1時間ほど喋ってきました。
防犯に関するイベントで、役場の方から
『防犯に関する落語を』という事で
オファーを受け実現したものです。


愛知県より東で落語を演った事のない私にとっては、
かなりの冒険でしたが、覚悟を決めて栃木へ。


普段、出不精で方向音痴で地理に疎い私は、
栃木県というのは東京からすぐだと思ってました。
東京から『ヤッホー』と叫んだら
聞こえるくらいの近距離だと思ってたんですが、
そうではなく、結構離れてるんですよね。


少なくとも、最大限の声で
『ヤッホー』と叫ばなければいけない距離はあるな~と思いつつ、
『Maxやまびこ』へ乗りました。…うまい!(どこが?)

2/15(新幹線)

前日の雪が残る高根沢町でしたが、
会場となった『高根沢町民ホール』には、
160名のお客さんが来て下さいました。

2/15(雪)

2/15(宝積寺駅)

『防犯落語』と銘打たれていたので、
振り込め詐欺を扱った『再就職は楽し』と、
悪質商法全般を扱った『催眠商法にご用心』の2本を演りました。
とてもよく笑って下さったので、
何とか私の落語は、栃木でも受け入れていただけたようです。

2/15(ホール)

高座に上がる前、スタッフの方から
出囃子を切るタイミングを聞かれたので、
『私が座布団に座ったら切って下さい』と頼みました。


本当は座布団に座って、居住まいを正して、
頭を下げたタイミングで切るのがベストですが、
経験的にそれだとなぜか、
慣れてないスタッフの方はミスする事が多いんですね。


喋り始めてからも出囃子が流れてるのは
ちょっと間抜けなものですから、大事を取って
早めに切ってもらおうとしたわけです。
『判りました、任せておいて下さい!』
自信満々なスタッフの方。


そして私が高座にあがり、座布団に座り、
居住まいを正して、頭を下げ、
『え~しばらくの間、
お付き合いを願います(♪チャンチャンチャン、チャチャチャチャ…)
私の方はと申しますと(♪チャンチャンチャン、チャンチャチャチャン…)
微笑亭さん太と申しまして(♪チャチャチャチャン…)
今日は、はるばる愛知県の方からやってまいりまして(♪チャチャチャチャン…)
あの~すみません、出囃子を切っていただけませんか?
(♪チャンチャンチャンチャン、チャンチャチャチャン)』
…なぜ止まらないんですか?…あれほど確認したのに(笑)


終わった後、スタッフの方が、
『いや~すみませんでした。ごめんね、ごめんね~♪』と
言ってらっしゃいました。
さすがは『U字工事』を生んだ土地柄だと実感しました。


とても楽しかったので、また是非、
栃木県に呼んでいただきたいものです。


微笑亭さん太

払っていいとも!

島根県出雲市の58歳の男性教諭が、
給食を時間内に食べられなかった1年生児童たちに対し、
おかずなどを食器から、布製ランチョンマット
のせ替えさせて食べさせていた事が判り
問題になっているようですね。


この男性教諭は、昨年10月頃から10回以上、
担任するクラスの児童7人に、『食器を返す時間だから』などと言って
給食をマットに移させて食べさせたそうですね。
汁物はどうしたのかな~と思ったら、
先に汁を飲ませて、具をマットに移させたらしいですね。
なるほど!……いや、感心してる場合じゃない。

これ、普通の布製ランチョンマットだったから問題になったわけで、
次回から、ランチョンマットは、
ワンタンの皮や餃子の皮、クレープ等にしておけば、
全く問題ない…いや、ありますね。

ここ数年、
学校の給食費の滞納というのが問題になってますよね。


2009年度の滞納額というのが26億円だそうでして、
この金額はシャレになんないですよね。
滞納といっても結局払う意思がないわけですから、
公然と無銭飲食を続けてるようなもんですからね。


何故払わないのか親に聞いてみると、
『頼みもしないのに勝手に出してくるから払いたくない』
という親がほとんどだそうでして。
『頼みもしないのに勝手に出してくるから払いたくない』と言う割には、
行きつけの居酒屋に入って、
頼みもしないのに勝手に出してくる
付だしのポテトサラダの代金とかは払ってたりするんですよね。


給食費なんて実にリーズナブルなお値段なんですから、
やはりきっちりと払わせないといけませんよね。
ここはひとつ、本職の取立て屋の皆さんを雇って、
追い込みをかけてもらったらどうですかね。


滞納している家の玄関に、
『給食費払え!』なんて貼り紙がベタベタ貼られるわけですね。
他にも『給食センターで働かせるぞ!』とか
『牛乳残すな!』とか『明日はレーズンパンです』って
色んな貼り紙が貼られましてね。
毎日のように恐いお兄さんが取り立てにやって来るわけですよ。


「コラ~!さっさと給食費払わんかい!」
「あれ?この前、取り立てに来てた方と違いますね」
「おう、今週はワシが給食当番や!」
なんてんで、取り立ても当番制だったりしましてね。


でも中には、
本当に苦しくて払えない家庭もあったりするわけですよ。
「…すみません。半年前に夫が会社をリストラされまして…毎日、
一生懸命仕事を探してますので、もう少し給食費は待ってもらえますか?」
何の事はない、お父さんも求職(給食)の真っ最中だったりしましてね。


微笑亭さん太

円高チョコ安、歓迎

今日はバレンタインですね。
世の女の子たちは好きな彼のハートを射止めるべく、
戦国武将並みの戦略を練って臨むんでしょうね。


そんなバレンタインというイベントの
存亡に関わるような事が、最近言われてましてね。


というのも、アフリカはガーナ共和国の調査会社
『ネイチャー・カンバセーション・リサーチ・カウンシル』の
まとめた報告書によると、今後20年から30年の間に、
チョコレートの価格が高騰する可能性が高いという事らしいですね。


チョコの原料である、
カカオの総生産の70%はアフリカが担っているんですが、
カカオというのは、収穫できるのに3年から5年かかるんですね。
手間がかかる割には儲けの少ない
カカオ栽培に就きたくないと考える若者が増えていて、
深刻な人手不足、跡継ぎ不足になっているというのが実情なんですね。


今後、チョコの値段がめちゃめちゃ高騰して、
『チロルチョコ』が1個1万円になったり、
欧米貴族のティータイムのお菓子に『ビックリマンチョコ』が出されたり、
『金の延べ棒』に代わって『チョコの延べ棒』として、
『ポッキー』が国際的な取り引きに
使われるようになるなんて光景もありえますよね。


よくメダルの形をしたチョコがあったりしますが、
これからは逆に、オリンピックのメダルが
チョコになったりするわけですね。
金メダル、銀メダルから、
金のエンゼル銀のエンゼルに変わるわけですよ。


日本の時代劇にも影響が出て、
廻船問屋が菓子折りの下に小判ではなく、
チョコを忍ばせるようになるという、
何かとってもスイートな悪だくみになっていくわけですね。


その頃のバレンタインなんというのは、
チョコの価値観が格段に高くなってますから、
『バレンタインチョコを受け取ったら強制的に結婚』
なんて法律も出来たりするんですね。


これは男子にとっては怖いですよ。
バレンタインが一気に『恐怖のイベント』と化しましてね。
好きでもない女の子からのチョコを見つけてしまった男子の悲鳴が、
学校の下駄箱から響いてくるのが
季節の風物詩になるわけですよ。


その影響は、落語の世界にも及びましてね。
貧乏な職人が店先で見かけた
美味しそうな高級チョコレートに一目惚れをして、
3年間、一生懸命働いて、やっとそのチョコを食べるという人情噺
『紺屋カカオ』なんて新作落語が作られるかもしれませんね。


微笑亭さん太

デッド・ボウル

昨日は新城文化会館にて
『新城寄席』に出演してきました。
雪が心配されたんですが、空を見上げてみると、
『…雪?何それ?』みたいな顔で、お天道様に見返されました。


営業の寄席で、
天狗連メンバーが5人も出るという事はまずないので、
『プチ小市民寄席』みたくなってました。


『元犬』                   望々亭みるく

『太神楽』                 古呂比家念挫

『楽しい動物園』             微笑亭さん太

『親の顔』                 橘亭郵便箱

『花筏』                   鶴橋減滅渡


場所は会館の『小ホール』という事だったんですが、
小ホールといっても400席もあったので、
新城ではほぼ無名の天狗連、
果たしてどれだけお客さんが来て下さるのかドキドキでした。


フタを開けてみたら、
150人くらいの方が来て下さいました。
あと、たった250人ほど入っていただくだけで
満席でした…惜しかったですね。


初めて落語を聞く方が多かったんでしょう、
最初は独特の緊張感があったんですが、
太神楽の念挫さんが傘回しで、
プラスチック製のボウルを落として割ってしまったあたりから、
お客さんがほぐれて、
よくお笑いになるようになられました。


『…笑わなかったら、あなたたちの頭を、
このボウルのようにしてあげるからね』
という、
念挫さんからの強いメッセージが
ちゃんと届いたからだと思います。


私より後の出番のポスト君が
『親の顔』を演るのを判っていたのに、
私はついうっかり、『楽しい動物園』を演ってしまいました。
これは両方とも『父親と子供の会話』という事で、
ネタがつく(カブる)んですね。


天狗連だから許されましたが、
『楽語の会』の皆さんとの共演だったら私は、
無眠さんに胸倉つかまれてボコられるところでした(汗)
来て下さったお客さんは、楽しんで下さったと思います。


ふりかけさん、はんどさん、うめセンセイ、
mipoさん、うめ吉さん、キミは緋い華さん(&タケシ君)、wilさん、
来て下さって、ありがとうございました。
さらに、スィートな差し入れを下さった方々、感謝してます。


微笑亭さん太

私なりの『R-1ぐらんぷり 2011』総括

昨日は、ピン芸人の日本一を決める
『Rー1ぐらんぷり 2011』
が放送されました。
見事チャンピオンに輝いた佐久間一行さん、
本当におめでとうございました。


彼はNHKの『オンバト』の初期から出ていた事もあって、
私は何本もネタを見ていますが、
世間的な知名度はあまりない中での優勝は、
見事という他はありません。


佐久間君を見てると、
『ネプチューン』のホリケンを思い出すんですが、
芸風的にも、昔はホリケン風の不条理ネタが多かったんですが、
最近はちょっとポップになりましたね。


彼の、漫談とも、コントとも、
パフォーマンスとも言えるような奇想天外なネタが、
あんなにもお客さんに受け入れられた事に驚きました。
今回の決勝メンバーの中で、
個人的に応援しているうちの一人でしたので、
私も嬉しく思っています。


決勝で破れはしましたが
AMEMIYA君も見事でした。
あのパターンの歌ネタは、ここでガッツリお客さんを
一斉に笑わせるというポイントが判りにくいため、
ボディーブローのようにじわじわ効いてくるのを待つしかありません。


そのためには『やり切る事』が大切なんですね。
途中で恥ずかしがったり、
モチベーションを落としたりしたら絶対ダメなんですが、
それを見事に彼は、やり切ってましたね。
素晴らしかったと思います。


今回の大会は、初のトーナメント方式という事で、
優勝するためには3本のネタ全てで勝ち抜かなければいけません。

当然、勝ち抜くために
自信のあるネタから演っていくわけですから、
最後の決勝では、一番自信のないネタを演る理屈になりますよね。
そこがなかなか辛いとこだな~と思いました。


多分、AMEMIYA君の2本目のネタなら、
佐久間君の3本目のネタに勝てたと思いますね。
それはまあ、そういうルールだから仕方ないんですけどね。
とにかく、決勝を戦った8名の皆さん、お疲れ様でした。


個人的にひとつ残念だったのは、
とある社会人落語日本一決定戦で、
決勝戦の司会を務めた某女性ピン芸人の方に、
是非出ていただきたかったですね。


審査員長の桂三枝師匠が、
その彼女を何と評するか…マジで見てみたかったです(笑)


微笑亭さん太

使い方に、誤用心

我々落語を演る者としては、
言葉を大切にしていかなければならないわけですが、
日本語というのは難しいもんだな~と
折に触れて思う事が多々ありますね。
日本語の事を判っているようで判ってないって事が
結構あるんですよね。


中でも、
ことわざや慣用句の言い回しを、いい加減に覚えていて、
間違って使っている事が圧倒的に多いです。


『どんな事があっても』という意味の、『石にかじりついても』
『石にしがみついても』だと思ってる人がいましてね。


それから、『よく判るように丁寧に説明する』という意味の
『噛んで含めるように』を『噛んで含むように』と覚えていたり、
『チームや部署に指示を与え指揮する事』という意味の
『采配を振る』を『采配をふるう』だと思ってる人は
かなり多いようですね。


意味の勘違いも多いですよ。
『破天荒』という言葉を『豪快で大胆な様子』だと思ってる人が多いですが、
これは『誰も成しえなかった事をすること』という意味なんですね。
中には『破天荒』を『居酒屋の名前』だと思ってた人もいましてね。


それから『御の字』というのを
『一応納得できる』と思ってる人もかなり多いですが、
これは『大いにありがたい』という意味なんですね。


そうしたら、
『蛍光灯のスイッチ』だと思ってた方がいましてね。
「だってウチの蛍光灯のスイッチのところに『ONの字』が書いてあるよ」
なんて言ってましたけどね。


『敷居が高い』という言葉も、
『高級すぎたり上品すぎたりして入りにくい』ではなくて、
『相手に不義理などをしてしまい、行きにくい』という意味なんですね。


「お前、『敷居が高い』の意味知ってる?」
「知ってるよ。『やたら、つまずく』って事だろ?」
「バカ!そんなわけないだろ。
いいか、『敷居が高い』の意味はな、『設計ミス』だ」
…両方とも、どうしようもなかったりしましてね。


微笑亭さん太

お茶飲まず博士

昨日は蒲郡公民館にて喋ってきました。
女性学級という、中高年女性の方々の集まりで、
ひとりで3席、1時間半ほど演ってきました。


このお話は、昨年の1月に、
責任者の方から私の携帯に電話があり、
『来年、2月9日の出演をお願いします』と言われ
『…あまりにも先すぎて、逆に予定が判りません』
正直なところを申し上げた覚えがあります。


この一年、
お話を断らなければいけないようなアクシデントもなく、
この日を迎えられた事、万感胸に迫るものがありました。
…ンな大袈裟な(笑)


会場に着くと、ご婦人方が、
あわただしく準備をなさってました。
「これはどうするだん?」
「さあ、私はよう判らん」
「あんた、知っとる?」
「私も知らんわ」
…何か皆さん、戸惑いながら準備をされてました。


『誰か指示する人はいないのかな~?』なんて思いながら、
私も、持ち時間の事とか確認したかったので、
「すみません、今日の責任者の方は、どこにいらっしゃいますか?」
「あ、責任者の方はね、今日は用事があって来られないんですよ」
…え~っ!? 責任者が来ない!?
私には、一年以上前からスケジュールを開けさせておいた当の本人が、
用事で来られませんってどういう事?(笑)


何だか初っ端から胸騒ぎを感じ、
私の周りは『ざわ…ざわ…』
『カイジ』のような状態になってました。


その後、マイクを準備しようとしてたらしいんですが、
責任者がいないので勝手が判りません。
『じゃあ、これを使おう』
何をするかと思って見てたら、マイクが固定式になっている、
講演用の演台を持ってきて、高座の真ん前に置こうとしました。
…それ、私の姿が全く見えなくなるんですけど。
何でお客さんと『壁ごし』に相対さないといけないんでしょうか(笑)


高座を見ると、ペットボトルのお茶が置かれてました。
高座にお茶が置かれてるのは、よくある事なんですが、
私はいらないのでお茶を下げておきました。


すると落語を演ってる最中に、係の方が、
湯呑みのお茶を持って近付いてきたもんですから
「いやいや、お茶は結構ですから!」
…高座の途中で『おもてなし』されたのは初めての経験でした。


「あんた、高座の上のお茶がないじゃん」
「ああ、ペットボトルだったから、飲みにくいだかんね?」
「ほりゃ、ほうだら」
「ほんなら、今度はちゃんと湯呑みで出すわ」
「ほんなら、いいだら……なんだん、また持って帰ってきただかん?」
「結構ですって言われたもんだい」
「あの人、お茶飲まんのかね?」
「途中でお茶飲まんもんだい、落語もたいしたことないだに」
「ほうかもしれんね、ハハハ…」
という会話が交わされていたかどうかは、さだかではありません。


微笑亭さん太

アイツ、そのうち干されるぜ

冬の朝というのは、
布団から出るのが本当に辛いですよね。


特に今年の冬というのは、やたら寒いですから、
毎朝、布団を訪ねて三千里探したいくらいの
悲しい別れが待ってますよね。


『ウェザーニューズ』という
気象情報会社が行ったアンケートによると、
目覚めてから布団を出るまでの全国平均というのは、
13・3分だそうですね。
都道府県別の違いもありまして、
徳島県と宮崎県の方は11分と最も早く、
逆に16・6分と一番遅かったのが鳥取県なんですね。


これだけでも、鳥取県人の女性は
嫁に行きにくい感じがしますよね。
朝、旦那さんより確実に寝てそうですもんね。


『布団から出るために一番必要なのは?』
という問いに対しては56%の人が
『気合い』と答えてるんですね。


つまり気合いがあれば起きられるわけですから、
枕元には『アニマル浜口さん』を置いておけばいいわけですね。
朝っぱらから、
『気合いだ!気合いだ!気合いだ!気合いだ!』と叫んでもらえれば、
気合いも貰えた上、目覚まし時計代わりにもなりますからね。


結局のところ、
布団から出られない理由というのは、外が寒くて、
布団の中が暖かいからに尽きるわけですね。
ですから、タイマー付きの布団ってのを
作ったらいいんじゃないでしょうかね。


セットしておいた起床時間になると、
布団に内蔵された冷却装置が働いて、
どんどん布団の中が冷たくなっていくんですね。
あっという間に外気温より冷たくなって、
そのままでいると凍死してしまうくらいの
温度にまで下がるわけですね。


「こんなに冷たい思いをするんだったら、外へ出て暖まろう」
布団の外の方が温度が高ければ、必ずや起きられますよね。


…告知です!

2/12(土) 午後2時~
『新城寄席』 木戸銭¥500
新城文化会館小ホール
出演 橘亭郵便箱 望々亭みるく 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 小呂比家念挫


2/26(土) 午後2時~
『瀬戸末広寄席』 木戸銭¥500
瀬戸末広商店街・瀬戸末広亭
http://setosuehirotei.web.fc2.com/access/access.html
出演 若鯱亭笑天 微笑亭さん太 川の家河太朗


※私は出番ではないですが、こちらもよろしくお願い致します。

2/21(月) 午後7時~
『月例寄席』 木戸銭¥100
豊橋市神明町・あんくるとむ(0532-53-5355)
出演 愛知家馬舟 竜宮亭無眠 鶴橋減滅渡 槍太家一撥



微笑亭さん太

カジノ又三郎

野球賭博も相撲賭博もダメですが、
公に認められた範囲内でのギャンブルは、
適度に楽しんでも構わないと思います。


先月、新年早々の7日だったんですが、
笠松競馬場の『若竹特別』というレースで、
各馬が第4コーナーを回って直線を迎えた時、
その前を馬場整備用のトラクターが2台、走ってましてね。


その、ありえない光景を何とか騎手がかわして、
事なきをえたんですが、競走不成立という事で、
馬券が全額払い戻しになったなんて事がありましてね。
春の珍事と呼ぶに相応しいようなハプニングなんですが、
やはり『一馬力』以上ある物が走ってはいけませんよね。


今から十二年前にも金沢競馬場で、
散水車が間違って進入しちゃったという事があったらしいですが、
その時には勝負は『水入り』になったそうですね。


今回のレース、不成立でなければ
『フサイチフウジン』という馬が勝利したんですが、
2番手以下を5馬身以上引き離すというぶっちぎりだっただけに、
その馬券を買っていた方にとっては、腹の虫が治まらないでしょうね。


1999年に石原都知事が
『お台場にカジノを!』と言い出してから12年が経つわけですが、
超党派の国会議員で作る
『国際観光産業振興議員連盟』というところが、通常国会に、
カジノ合法化の法案提出を予定しているそうですね。


カジノは世界120ケ国以上の国や地域で合法化されていて、
日本のように、先進国で認めてない国は珍しいんですね。


カジノ導入の目的は、言うまでもなく経済効果です。
ラスベガスを抜いて世界一になったマカオの昨年のカジノ収入は、
1兆9200億円にもなるんですね。
これを導入しない手はないと考えるのは、無理もないところです。
カジノによってギャンブル依存症の人が生まれ、
多重債務に陥って、犯罪に走る人が出るという危惧を払拭できさえすれば、
実現する可能性は十分ありそうですね。


もしも『ジャパニーズカジノ』という事になれば、
日本独自のギャンブルを取り入れて、
外国からのお客さんを取り込みやすくした方がいいですよね。


例えば、ズラ~ッと並んだ医者の中から、
一番名医だと思う人間を選んで手術をしてもらうギャンブルとかね。
選び間違えると、手術料がめちゃめちゃ高い、
無免許のモグリ医者に当たってしまうという
『ブラック・ジャック』とか、
タレントの中から、スザンヌや里田まい並みの
オツムを持った人を沢山見つけるという
『バカら賭博』なんてのもいいんじゃないでしょうかね。


カジノは、ホテルやレストラン、
エンターテイメント施設などを
複合させて作るという案も出てますので、
遠くから来たお客さんも、泊りがけで楽しむ事ができますよね。


「いらっしゃいませ、お客様」
「部屋を頼むよ。いい部屋は空いてるかな?」
「はい。では、こちらのルーレットで、お部屋をお決めいただきます」
「えっ?ルーレットで部屋を決めるの?」
「はい、当ホテルは『カジノホテル』ですので、
ルーレットの玉が入ったところのお部屋に泊まっていただく事になります」
なんてんで、何事もギャンブル的要素を取り入れてるわけですね。
ですからどうかすると、5万払って
ボイラー室に泊まらなきゃいけないなんて人も出てくるでしょうね。


微笑亭さん太

明快な解明

大相撲の八百長問題は、ついに、
来月開催予定だった春場所の中止という事態に発展しちゃいましたね。


今の流れからすると、
それも致し方ないだろうな~という感じがします。
今まで『八百長』という名のウソで塗り固めてきた牙城が、
ガラガラと音を立てて崩壊していくようにさえ見えます。


今回の問題は、
様々なニュース番組や情報番組で取り上げられたりしてますが、
その番組のスタジオには必ず、他のコメンテーターに混じって、
『元力士』とか『親方』が呼ばれていたりします。
八百長相撲の内容を検討するためには、
専門家の知識は不可欠ですからね。


ただ、その親方なんかにコメントを求めた瞬間、
スタジオ内が微妙な空気になるんですよね。


親方はもちろん、『善意の第三者』としてコメントされるわけですが、
他のコメンテーターの方々も、
テレビの前の視聴者も、多分一番聞きたい事は、
『…それで親方ご自身は、現役時代に八百長はしてなかったんですか?』
だと思うんですが、それはやはり…聞いてはいけないんでしょうね。


これは、あくまでも私の個人的な印象でして、
野球賭博の問題の時から思ってましたが、
あの、相撲協会外部理事で
『特別調査委員会』の伊藤座長って方を、映像で拝見してると、
ちょっと不安になるんですよね。


きっと凄く優秀な方に違いないんでしょうが、
『…この方、ちゃんと判ってるのかな?』と思ってしまいます。
妙にべらんめえ口調なのはいいんですが、
過激っぽい発言も、若干『あさっての方向』の印象があって
『…え~っと、他の方はいらっしゃらないんですかね?』と
聞きたくなってしまいます。…ごめんなさい。


今回の疑惑メールの内容から明らかになったように、
八百長の代償として、金銭がやり取りされるわけですね。
当然、『勝った力士』から『負けた力士』へ支払われる事になりますよね。
という事は、今までの取組のVTRを検証すれば、
八百長の証拠は一目瞭然だと思いますよ。


勝負が決まった後、力士は、
その取組にかけられた懸賞金をもらうわけですが、
私の予想では、八百長の勝負は恐らく、
負けた力士が懸賞金をもらってるはずですからね。


伊藤座長、一度調べてみて下さい。


微笑亭さん太

西三河→東三河→尾張

昨日はエフエム豊橋の人気番組、
『スヤンコイトルorz』にゲスト出演してきました。
来週、2/12(土)午後2時から、
新城文化会館小ホールにて行われる
『新城寄席』の告知が主な目的です。


パーソナリティのモエモエちゃんとは、
天狗連の月例寄席ではよく顔を合わせるんですが、
こういう形では初カラミ(健全な)です。

2/5(モエモエ)

小ホールとはいえ、
401席もあるという事で、新城においては
全く無名の(豊橋でも有名というわけではないですが)天狗連が、
果たして何席埋められるのか…演芸はお客さんとの
『キャッチボール』が大切だと言いますが、
本当に客席でキャッチボールができる状態は、
何とか避けたいものです。


生出演が終わった後は名古屋へ向かい、
『ぱんとまいむ寄席』に出演してきました。
先月に引き続き、無眠さん、河太朗さんとの共演です。

2/5(無眠さん)

『犬の目』         竜宮亭無眠

『牛の丸薬』       川の家河太朗

『長屋の花見』      微笑亭さん太

『不動坊』         竜宮亭無眠


2席演られるという事で、トップで上がった無眠さん。
まず第一声に
『今日は第81回、……ぱんとまいむ寄席という事でございまして…』
来月、岡崎の萬徳寺というところで
『萬徳寺寄席』というのがあるんですが、
上がる直前までその話をしていた彼は、開口一番
『まんとくじよせ』と言おうとしたらしいんですね。
それが最初の『ま』のわけです。


思わず私はジュディ・オングの『魅せられて』の一節、
『好きな男の腕の中でも 違う男の夢を見る』という
歌詞を思い出してしまいました。


その後、トリで再び上がった無眠さんが
大ネタ『不動坊』を演られていたので、河太朗さんに
『河太朗さんも、このネタ、演られるんですか?』と聞くと
『演りますよ』と仰って、そこからおもむろに、
『不動坊』を小声で喋り始めました…ずっと。


私の左耳からは無眠さん、右耳からは河太朗さんのという、
まさか『不動坊』をユニゾンで聞かせられるとは
夢にも思いませんでしたが、とても良い寄席になりました。


エフエム豊橋のスタジオを覗きに来てくれたふりかけさん、
寄席に来て下さった、こだまさん、キミは緋い華さん、きよきよさん、
ありがとうございました。


微笑亭さん太

生えるかどには福来る

若い世代で、
オシャレとしてヒゲを伸ばしている方は結構いますよね。
でも、大体があごヒゲ中心で、
口ヒゲを伸ばしている若者というのは、
あまり見かけませんよね。


アメリカに『口ヒゲ協会』という団体があって、
そこが行った調査によると、
『口ヒゲを生やした男性の平均収入は、
あごヒゲを生やした男性の収入より多い』という事だそうでしてね。
この調査の一番驚くべき点は、
『アメリカには口ヒゲ協会なる団体がある』って事ですよね。


ちなみに、あごヒゲを生やした人の平均収入は、
ヒゲを生やしてない人よりも少ないそうでして、
この結果だけ見ると、『あごヒゲを生やす』というのは、
最悪の選択肢っぽくなってますよね。


イスラム圏の方々がこの結果を見たら、
涙ぐんでしまうでしょうね。
『俺たちはみんな、
あごヒゲを生やしてるから、どうせダメなんだよ…』
自分の事を卑下(ヒゲ)したりしてね。
でもまあ確かに日本でも、
あごヒゲを生やして公園のブルーシートで寝泊りされている方々は、
あまり収入がないようなんですけどね。


その一方で、口ヒゲを生やした人は、
そうでない人より出費が多くて貯蓄が少ないという一面があるそうでしてね。
ヒゲというのは『たくわえる』というくらいですから、
いかにもお金がたまりそうなイメージがありますけどもね。


『ヒゲと言えばサンタクロースだけど、
サンタは収入多そうに見えるから、貯金も多いんじゃないのかな?』
『でもその分、子供たちにプレゼント沢山買わなくちゃいけないから、
それほどでもないと思うよ』
やはり収入が多いと出費も多いんですかね。
ちなみに、ヒゲを生やしてない『さん太』は極貧です(泣)


この調査、結局のところ、
口ヒゲを生やした人が収入が多いというより、
収入が多くてお金持ちの人は、
ヒゲを生やして仕事してても
誰にも文句を言われない立場にあるとも言えるでしょうね。


でも生やすなら、普通のヒゲじゃないといけませんよ。
『黒ひげ』だと短剣で突っつかれて危機一髪になっちゃいますし、
『あかひげ』だと、奥さんに延々と夜のお相手をさせられそうですからね。


アメリカだと、ゲイと間違われないために
ヒゲを生やすという事があるそうですね。
ヒゲを生やしているゲイの方はいないという事なんでしょうかね。
『芸は身を助ける』じゃなくて、
『ゲイから身を助ける』って事になりますよね。


ヒゲの外国人と言いますと、その昔、阪神タイガースにいた
ランディ・バースを思い出す方も多いんじゃないでしょうか。
当時あの方、ヒゲそりのCMで綺麗にヒゲを剃った事があったんですが、
その時のギャラが1億円だったそうでして…床屋さんに行って、
3000円払ってヒゲを剃ってもらうのとは大違いでして。
やはり、ヒゲを生やしている方というのは、
収入が多いという事になるんでしょうかね?


本日の告知です。

2/5(土) 午後6時~
『ぱんとまいむ寄席』 木戸銭¥500
名古屋市東区徳川町2501マルカネビル1F
喫茶『ぱんとまいむ』にて(052-935-8441)
(JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線『大曽根駅』より南へ徒歩5分)
出演 微笑亭さん太 竜宮亭無眠 川の家河太朗


また、今日は、
エフエム豊橋の人気番組『スヤンコイトルorz』に出演致します。
毎月、月例寄席に録音にも来てくれている、モエモエちゃんの番組です。
番組は午前10時~12時、私の出番は多分11時半頃から(?)です。
放送エリアの方々は、是非お聞き下さ~い。
お近くの方は、スタジオまで見に来て下さ~い。


微笑亭さん太

お前も博多人形にしてやろうか!?

昨日は豊川の紋屋さんにて
『紋屋寄席』に出演してきました。
ちょくちょく呼んで下さるんですが、
とても風情のある建物での落語会です。


『酒場のうさぎ』         微笑亭さん太

『寝床』              鶴橋減滅渡

『宿替え』             鶴橋減滅渡

『催眠商法にご用心』      微笑亭さん太


この紋屋さんは、シカの母子を飼ってみえるんですが、
今、母子揃って山中へ里帰り中だそうで、
残念ながら会えませんでした。
普段飼われているシカが野に放たれ、
『ハナシカ』になっているようです。


その代わりというわけではありませんが、
『桜子さん』がいらっしゃいました。

2/3(人形)

ご覧の通り桜子さんは、
見目麗しい年齢不詳の女性で、
高座の真横から、我々の落語を見つめてらっしゃいました。


彼女はあまり行動的ではないようで、
めったに動かないらしいですが、私が高座でギャグがスベると、
『何してんねん』とばかりに、ギロッと睨んできました。
インドア派の桜子さん、
髪の毛はよく伸びるそうです。

高座が終わってから、桜子さんの周りに、
何やら『邪気』のようなものを感じたので、
撮影してみると…くっきりと悪霊が写ってました。

2/3(人形&ヘルさん)

お判りいただけただろうか?

桜子さんの向かって左に、
『絶対にこの人、押しの芸だよな~』と感じさせるようなスットコドッコイな表情、
左手が桜子さんにカブっていても全く気にしない自己主張の強さ、
生粋の三河人なのに上方落語をやり続ける胡散臭さを漂わせた
悪霊が写っていたのです。


これは、この霊によって合計3枚も書かれた
『婚姻届の恨み』とでも、言うのだろうか…?


微笑亭さん太

大相撲・八百長場所

ついに、というべきなんでしょうか、
大相撲の八百長を裏付けるようなメールが
出てきちゃったようですね。


今まで何度も言われてきた八百長疑惑ですが、
度々『灰色決着』で乗り切ってきた相撲協会も、
今回は『マジやばい状態』ですね。


薬物事件、力士の暴行致死事件、野球賭博…
それに続いての八百長問題。
犯罪のデパートと化している大相撲界を
救う手立てはあるんでしょうかね?


今後、ますます人気の低迷が予想されますから、
劇的に人気を回復させるために、
『毒をもって毒を制す』という言葉もある通り、
あの朝青龍を復帰させてみたらどうですかね?


朝青龍というと思い出すのが、
巡業中にモンゴルでサッカーをやっていた事がバレてしまって
大顰蹙を買ってしまったという『サッカー事件』です。
サッカーでしくじっただけに、
相撲界を『フッと去る』という破目になったわけですね。
その朝青龍を復帰させるわけです。


もちろん、普通に復帰させてもインパクトがないですから、
『悪役キャラ』で登場させるってのはどうですかね?


悪役といえば覆面が相応しいです。
覆面をかぶった『モンゴル仮面』とか、
あるいは、『バイキンマン』に対抗して、
お金が全てという『拝金マン』なんて名前でもいいですよ。


とにかく覆面力士として登場し、
他の取り組みとかに乱入していくわけですね。
土俵上の力士目がけて
サッカーボールを蹴りこむという反則技が得意でしてね。


あと、知らない間にモンゴルの銀行を
買収しちゃったりするという裏技も持ってまして…。
ちなみに番付は『張り出し』ならぬ、
『はみ出し横綱』って事になってましてね。
妙に改心させるより、
そうやって彼のウリを生かすのも
一つの手かもしれませんね。



今日の分も含めた告知です。


2/3(木) 午後6時半~
『紋屋寄席』 木戸銭¥1500
豊川市・紋屋にて(0533-93-0534)
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡


2/5(土) 午後6時~
『ぱんとまいむ寄席』 木戸銭¥500
名古屋市東区徳川町2501マルカネビル1F
喫茶『ぱんとまいむ』にて(052-935-8441)
(JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線『大曽根駅』より南へ徒歩5分)
出演 微笑亭さん太 竜宮亭無眠 川の家河太朗


2/12(土) 午後2時~
『新城寄席』 木戸銭¥500
新城文化会館小ホール
出演 橘亭郵便箱 望々亭みるく 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 小呂比家念挫


微笑亭さん太

ウチ、あんたの事がスキーヤー

冬のレジャーと言えば、
真っ先に上げられるのがスキーですよね。


ところがここ数年は、ずっと暖冬傾向でしたから、
各スキー場は、雪の確保が大変でした。
今年は寒い冬となりましたので
雪は十分にあるところが多いんですが、雪は十分にあっても、
お客さんが十分でないというところは多いようですね。


今年は『スキーが日本に伝わって100周年』という、
メモリアルイヤーなんですが、このところスキー人口は激減し、
全国各地の有名スキー場が次々と閉鎖に追い込まれているようですね。


ざっと上げただけでも、
札幌五輪の舞台になった札幌市の『真駒内スキー場』ですとか、
長野五輪の舞台になった長野県、
山ノ内町の『かんばやしスキー&スノーボードパーク』、
志賀高原の『前山スキー場』と『笠岳スキー場』なんかは、
1987年の大ヒット映画、『私をスキーに連れてって』
舞台になったスキー場ですよ。
それが閉鎖されてしまったため、職を無くした従業員たちは、
『私をハローワークへ連れてって』と言ってるそうですけどね。
スキー人気の『直滑降』が止まらない限り、
スキー場閉鎖の『雪崩現象』は止みそうにないですね。


なぜこんな事になっていったのかというと、
一番大きな原因は『お金がかかるから』という事なんですね。
確かに一回スキーに行くとなれば、用具代からリフト券代、
スキー場までの交通費など、何かと物入りのスポーツですから、
長引く不況がスキー人口の減少に、
拍車をかけてしまったんですね。


かつては『スキーブーム』と言われるような時もあったわけですよ。
そのピークは1993年で、
その頃にはスキー人口は1860万人もいたんですね。
ところが現在は720万人で、4割以下に激減してるんですね。


スキー場の数も、700カ所から670カ所以下に減り、
大学なんかの『スキークラブ』も、
ピーク時の三分の一以下に減っているという、
ここ最近の暖冬傾向に逆行するように、サムくなるばかりなんですね。


もちろんスキー場の方も、手をこまねいて見ているわけではなくて、
生き残りをかけて集客の努力をしてますよ。
スキー場のゲレンデで食べる食事を『ゲレ食』と言いますが、
『高い、まずい、混む』の三重苦で有名なんですね。
ですから、楽しく食事ができるように、
リフトを使って回転寿司とかやったらどうですかね。
人気のないネタは何周も回っちゃってるので、
カチカチに凍っちゃったりしてるんですね。


あるいは、
スキーのジャンプ台を使うという手もありますね。
ランチタイムには、従業員がお客さんのところへ
ジャンプ台から飛んで、大盛りランチを届けるんですね。
ジャンプ台の周りには、
エビフライやハンバーグが飛び散ってたりなんかしてね…これをスキー場では、
『ラージ昼』と呼んでたりするわけですね。


お客さんを呼び込むために、
スキー場でテレビ番組の収録をするなんてのもいいですよね。
スキーをしない若手芸人が集まってトークをするんですね。


「いや~俺、寒いの苦手なんですよね。だからスキーしなくて」
「俺は金がないんで、スキーしたくても来られないんですよ」
「俺はスキーで骨折した事があって、それ以来やらなくなっちゃいましたね」
彼らがスキーをしない理由を延々と語っていくという、
『滑らない話』なんてのはどうでしょうかね?


微笑亭さん太

わんパターンの政策

少子化の問題が言われて久しいですが、
子供が少なくなるという事は、
それを教える学校の先生をも減少させるという事に繋がりますよね。


そんな中政府は、来年度からの小学校一年生について、
一学級当たりの編成上限を、
現在の40人から35人に引き下げる方針を決定しましてね。
こういった上限の見直しは
1980年に45人から40人に減らして以来、
約30年ぶりの事だそうですね。


教職員の定数というのは、
児童数・生徒数などを基に算出されるもんですから、
少子化の影響で、来年度は教職員数が2000人減る予定だったんですね。
ところが、この上限引き下げの措置により、
逆に300人増える事になるんだそうでして、
ちょっとした数字のマジックですよね。
これは先生たちにとっては、一種の
『子ども手当』と言えなくもないですよね。


増えすぎた人口を抑制するために、
中国が1979年から
『一人っ子政策』というのを行ってるのは有名ですよね。
夫婦一組に対して、
子供を一人しか作ってはいけないという事ですね。


その中国の上海市が、
今度は『一世帯につき、飼える犬は一匹だけ』という、
『一匹っ子政策』を検討しているそうですね。
まさに『オンリー・ワン』の状態を作ろうとしているわけでして、
上海では、つい先だっても、不動産バブル防止のため、
マンションの購入を一世帯一戸にしたばかりでして、
一人っ子、マンション一戸、犬一匹、『何でも一つかよ!』って
ツッコまれてるそうでしてね。


子供やマンションや犬は一つにしたがるのに、
『ガンダム』や『ドラえもん』は似たような物を、
幾つ作ってもOKな国なんですね。


大体この政策、無理を感じるのが、
人間と違って犬は、一度のお産で5、6匹生んじゃいますからね~。
となりますと中国だけに、一匹は『ペット』として飼い、
残りは『食料』としてカウントされそうですよね。


そのうち、学校や職場では人と仲良くせずに、
他人とは極力接触を避けるような指導がきましてね。
今度は何かと思ったら、『一匹狼政策』だったりするわけですね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード