湯沸くの甘い罠

昨日は、三重の
『鍋田川温泉』というところで一席演ってきました。
宴会場での落語会という事で、会場入り前から、
演者4人の頭の中には、不穏な黒い雲が広がっていました。

1/30(鍋田川・会場)

『阿弥陀池』        川の家河太朗

『町内の若い衆』     微笑亭さん太

『宗論』           若鯱亭夢輔

『親子酒』         竜宮亭無眠


宴会場にいらっしゃった皆さんは、
別に落語が聞きたくてお見えになってるわけではありませんので、
『…何が始まるんだ?』といった、
『迷惑オーラ』が、ビシバシ伝わってきて、
期待通りの(?)雑然とした高座でした。


おまけに、宴会場の真横には、
楽しい楽しい、ゲームコーナーがありました。
お客さんが、色々なゲームに興じている真横で、
我々はサムいサムい、『氷の国』へと旅立つ
ロールプレーイングゲームを始めたわけです。


ゲームコーナーにはテレビも置かれていたんですね。
時間的に『新婚さんいらっしゃい』が放送されてたんですが、
寄席が始まってからというもの、
テレビの前にどんどん人が増えていきました。
どうやら我々4人の落語は、
地デジ放送にも敗北したようです。


今回のお話は、
無眠さんをお目当てに先方からオファーが来たものですから、
言ってみれば『竜宮亭無眠とゆかいな仲間たち』御一行という事になります。


要するに、期待されてるのは無眠さんですから、
我々3人はじくじったとしても、
無眠さんに、失敗は許されません。
無眠さんに、失敗は許されません。

…大事な事なので、2回言いました。

1/30(鍋田川・パチンコ)

そこは百戦錬磨の無眠さん、我々が大苦戦する中、
パチンコゲームをするオバ様の横で、余裕の笑顔です。
もちろん、高座も大熱演で、先方も満足された事と思います。


さすがは無眠さん、
彼こそが真の、『スカトロリーダー』です(まだ言うか・笑)


微笑亭さん太
スポンサーサイト

ココロないスピーチ

昨日は名古屋の『つちやホテル』にて、
『ESD21』という、IT関連企業の集まりの
新年会に呼ばれて行ってきました。
場所がパーティー会場だったので、お食事会の席かと思いきや、
しっかり1時間半の落語会でした。


『初天神』             若鯱亭笑天

『町内の若い衆』         微笑亭さん太

『手水廻し』            竜宮亭無眠

『井戸の茶碗』          お好み家喜楽


お邪魔した『つちやホテル』は、
築60年の老舗ホテルのようで、館内のあちこちに、
『経年劣化』という名の風情を感じさせる、素敵な建物でした。

1/29(つちや・女)

1/29(つちや・男)

トイレの扉には、
なかなか味のある貼紙がされてました。
この絵のタッチ、どこかで見た事あるな~と思ってたら、
『まんが日本昔ばなし』で、子供心にも
『今日は手抜きだな~』と思った回の作画の絵、そっくりでした。


落語を聞き慣れてないお客さんがほとんどでしたが、
予想以上にちゃんと聞いて笑ってくれたので、
こちらが驚きました。


寄席の後は、立食形式の新年会に突入です。
我々4人も参加させていただいたんですが、
落語に関して興味を持って下さった方が多くて、
我々のところに入れ代わり立ち代わり、
色んな方が落語に関する質問をされにきました。


中で『これだけは、どうしても聞きたかったんですよ!』と、
興奮気味に見えた方がいらっしゃいました。
何か、落語に関する演出とか歴史とか、
専門的な事をお聞きになるのかと構えていたら、
若鯱亭笑天さんに向かって、
『あの~、お宅は若鯱家と関係あるんですか?』
『ありません!向こうは、カレーうどんです』
…笑天さんの、そのマッハの即答ぶりに、
この手の質問を、今まで死ぬほど受けてきたんだな~という事が判り、
『若鯱亭』という亭号を背負った者の宿命が、
垣間見えた気がしました。


いよいよ、お開きという時に、
『ESD21』の会長さんらしき方が、
締めの挨拶をされに出てこられました。
『…今日は、落語でしっかり勉強させていただいたので、
私もその成果を見せるために、ここで謎かけをやってみたいと思います』
…我々4人、誰も謎かけやってないのに?


『え~ESD21とかけて、寿司屋と解く、
そのココロは…まあ100年に一度の不景気と言われて久しいですが、
我々も情報というネタが大切ですから、今年一年、
その情報を命として、事業を展開していく上でも…』
…あの~、『ココロ』はどこへ行ったんでしょうか?
謎かけの途中で方向を見失う状態というのを初めて見ました。
なかなか、面白い締めのスピーチでした。


…あ、無眠さん!約束通り、
『無眠さんのスカトロ話』
はブログに書きませんでしたから、
安心して下さいね~。


微笑亭さん太

おさらいをしておくべきです

昨年も様々な犯罪が起こった日本ですが、
有名人が関わった事件というのも多かったですよね。


力士は野球賭博に走り、
元アイドルやイケメン俳優は薬物に手を染め、中には、
もしも刑務所にマイレージがあったら、
随分たまってるだろうな~なんて想像してしまう、
田代まさしさんのような方までいましたよね。


最近もありましたが、
子供が被害者となる痛ましい事件というのも起こったりしますよね。
中でも、小さなお子さんを持つ親御さんにとって一番心配なのは、
『誘拐』じゃないかと思いますね。
身代金目的の誘拐なんというのは、
大切な我が子を人質に取られているだけに、
犯人の言うなりになるしかないですからね。


子供を誘拐から守るために必要な、
幾つかの予防策というのがあるんですが、
子供の洋服や持ち物の表側に、
名前を付けるのは止めた方がいいそうですね。


というのも、子供は
自分の名前を知っている人に対しては、心を許しやすいんですね。
誘拐犯はそういう事を知っていて、
素早く子どもの持ち物や衣服から子どもの名前を読み取って、
親しげに子どもに声をかけてきたりするんですね。


ですから、
どうしても名前を書かなければいけない場合には源氏名を決めて、
『カトリーヌ』とか『ジェシカ』なんて書いておくべきですね。


一番気をつけなければならないのは、
車で連れ去られる事ですよね。
車に連れ込まれたら、逃げる事ができませんから。
ですから子供には、車が近づいてきたら、
たとえ運転している人が道に迷っているように見えたとしても、
その車から遠ざけることを教えるべきだそうです。
『人情』より『安全』優先ですね。


さらに、顔見知りであっても安心できませんから、
子供と合言葉を決めておき、その合言葉を知らない人の車には
決して乗らないように教えるんだそうですね。
こちらが『山』と言ったら『川』、
『エリカ』と言ったら『離婚』、
『大桃』と言ったら『麻木』って決めておくのがいいわけですね。


それでも、大の大人と子供の力の差は大きいですから、
無理矢理、車の中に押し込まれてしまう事もあるでしょう。
そんな時は、自分の洋服に付いている一番小さななボタンを取って、
車の鍵穴の、できる限り奥に挿し込む事を教えておくといいそうですね。
これで誘拐犯は車を発進できなくなりますからね。


ですから万が一の事を考えて、
子供のポケットやカバンなどに、
鍵穴サイズの小さなボタンを入れておくのがいいそうです。
ボタンがなければ、チューインガム、釘、小さな石ころなど、
鍵穴に入れられる物なら何でもいいんですね。


これらの物がない場合には、
ダッシュボードの下に潜り込み、
そこにある掴めるだけのワイアーを思いっきり引っ張って、
はずすか緩めるかするように教えておくんですね。
それで車は動けなくなりますから。


これは車が動いている時でもできる事だそうですが、
ただこれらの一連の行動は、我が子が、
シルベスタ・スタローンブルース・ウィリスの場合のみと
考えた方がいいでしょうね~。


微笑亭さん太

夢のワンダー乱闘

テレビのプロレス中継が、
ゴールデンタイムから消えて久しいですよね。
それでもまだ男子の場合は、深夜などに少し見られますが、
女子プロレスとなると、
中継を見かける事は皆無に近いですよね。


女子プロというと、
かつての『クラッシュギャルズ』『キューティー鈴木』といった
アイドルレスラーのお陰で、1980年代から90年代にかけて、
大ブームが起こりましたよね。


しかしその後、『北斗晶』『ブル中野』といった
大物選手が引退してしまうと、
すっかり人気が低迷してしまったんですね。
ところが最近、女子プロレス界に
新しい動きが出てきたようでしてね。


『19時女子プロレス』なんて団体は、
インターネットで試合の生中継をしたり、
『アイスリボン』なんて団体は、OLやタレント、
女子高生といった人たちがレスラーとして試合をする、
『兼業レスラー』が活躍してるんですね。


その中には主婦レスラーもいるわけでして、
自宅でご飯を作りながら中継を見ていて、
仲間のレスラーがピンチになると、すぐさま会場に助けに行くんですね。
主婦らしく、リングコスチュームは割烹着、
隠し持った凶器の『お玉』で、相手レスラーを滅多打ちにするわけですね。
お玉で仲間を『すくう』という、そんな状態も有り得るわけですね。


プロレスの魅力の一つとして
『場外乱闘』というのが挙げられますが、あれも、
一歩間違うと大事故になる危険性をはらんでますよね。


先日、プロレス観戦中に場外乱闘に巻き込まれて左足を骨折し、
後遺症が残ったとして、福岡県内の30代の女性会社員が、
試合を主催した『全日本プロ・レスリング』と、
場外乱闘をした武藤敬司さんらを相手取り、
約4400万の損害賠償を求める訴訟を
福岡地裁に起こしたなんて事がありましてね。


よく『台本がある』と言われるプロレスですが、
皮肉な事に、これはガチのようですね。
場外で乱闘していたら、
いつの間にか法廷内に入っていたという事に、
気付かなかったようですね。


ただ、乱闘自体が盛り上がる演出だという事は確かですから、
これからはスポーツ以外にも取り入れていくべきですよね。


乱闘なんかとは無縁な空気の『将棋の対局』にも、
闘争心をむき出しにするあまり、対局相手に手を出したりするんですね。
すると、読み上げの人が、
『…先手、往復ビンタ…後手、回し蹴り』
…どんどん殴り合いがエスカレートしていって収拾がつかなくなり、
警察が来て双方逮捕されちゃいましてね。
最後は将棋も暴行も、詰み(罪)になっちゃうわけですね。


小学校の教室でも、
休み時間に教室を出ようとする生徒の前に先生が立ちはだかって、
「遊びに行くんだったら、先生を倒してから遊びに行け!」
そこで先生と生徒の乱闘が始まるわけですね。
教え子の攻撃にボコボコにされた先生が、鼻血を横なぐりにしながら、
「フッ…お前、腕を上げたな」
なんてんで、遊びに行くのを許可するという、
新しい形の学園ドラマが出来上がったりするわけですよ。


あと、和やかに進行するはずのお見合いの席でも、
乱闘が取り入れられましてね。
「お前は俺のタイプだって言ってんのが判らねえのかよ!?」
「こっちだってさっきから、家事は得意だから、
いいお嫁さんになれますって言ってんだろうが!」
なんてんで、お互い殴り合いの乱闘になりましてね。
『結婚を前提としたドツキ合い』が始まるというのも、
なかなか面白いんじゃないでしょうかね。


微笑亭さん太

如月告知

来月前半の告知です。

2/3(木) 午後6時半~
『紋屋寄席』 木戸銭¥1500
豊川市・紋屋にて(0533-93-0534)
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

何度か出していただいている、紋屋さんでの寄席です。
シカを飼ってらっしゃるんですが、
前回お邪魔した時には小鹿が生まれてました。
今回お邪魔したら、また増えてるなんて事も…?
どんどん小鹿が増えていったら、それを繋いで城壁を作ったりしてね。
これを紋屋さんでは、
『バンビの長城』と呼んでいるそうです。


2/5(土) 午後6時~
『ぱんとまいむ寄席』 木戸銭¥500
名古屋市東区徳川町2501マルカネビル1F
喫茶『ぱんとまいむ』にて(052-935-8441)
(JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線『大曽根駅』より南へ徒歩5分)
出演 微笑亭さん太 竜宮亭無眠 川の家河太朗

二ヶ月連続、全く同じメンバーでの寄席ですが、
あきれ返らないでお越し下さい(笑)

また、この日(2/5)は、
エフエム豊橋の人気番組
『スヤンコイトルorz』に出演致します。
毎月、月例寄席に録音にも来てくれている、モエモエちゃんの番組です。
番組は午前10時~12時、私の出番は多分11時半頃から(?)です。
放送エリアの方々は、是非お聞き下さ~い。
…また、ナマ落語やらされるのかな?


2/12(土) 午後2時~
『新城寄席』 木戸銭¥500
新城文化会館小ホール
出演 橘亭郵便箱 望々亭みるく 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 小呂比家念挫

その『スヤンコイトルorz』で
大々的に告知する予定なのが、この『新城寄席』です。
天狗連メンバーがこれだけ出ての本格的な寄席は、
新城では初めての事ですね。
400席はあるという会場に詰め掛けたお客さんに、
万来の拍手で迎えられるのか、石を投げられるのか、
それ以前にお客さんは入るのか、
今からドキドキです。


よろしくお願い致します。


あ、それからご報告ですが、
先日の桂かい枝師の『恋するオトメ』に続いて、
桂枝三郎師が『酒場のうさぎ』という作品を演って下さいました。
師匠の依頼で書かせていただいたもので、非常に嬉しいです。
こうやって、微笑亭さん太作品を、
色々な方々にどんどん演っていただいて、ゆくゆくは、
武道館コンサートを目指したいと思います(…言ってる意味が判らない)


現在、私にネタ依頼をされてる方々、
一生懸命、原稿と格闘してますので、今しばらくお待ち下さ~い。

そして依頼されてない方々、
ネタ依頼、お待ちしておりま~す(笑)


微笑亭さん太

やさしい悪魔

数学物理学が大の苦手って方は、
結構多いと思います。


学生時代、テストで悪い点を取るたびに、
『こんな事、将来何の役に立つんだよ!』と、心の中で毒づきながら、
『14点』と書かれた答案用紙に自分で赤ペンを引いて、
『44点』にしてから親に見せたという
経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが(…あ、私か)
日常生活の中において、知らないうちに
物理学の法則を体験しているなんて事があるわけですね。


夏場でも冷蔵庫の中は冷たく、
冬場でもエアコンを入れれば室内は暖かいわけです。
しかし、電源を入れなければ、
いずれも外気温と一緒になってしまって、
そこに温度差は生まれないわけですね。


この『勝手に温度差は生まれない』というのは、
物理学で言うところの
『熱力学第二法則』というものなんですね。
つまり、温度差を生むには必ずエネルギーがいるわけで、
電源の入った冷蔵庫やエアコンは、
この役割を果たしているわけですね。


ですから、野球中継がある時には、
お茶の間のテレビを占領して
ジャイアンツを応援している熱狂的なお父さんの場合も、
『野球好き』というエネルギーが、
そんなお父さんを冷ややかに見つめる、奥さんと娘との間に、
完璧な『温度差』を作っているわけですよ。


1870年代にイギリスの物理学者、
マックスウェルという方が提案した
『マックスウェルの悪魔』
と呼ばれる仮想的な生き物がありましてね。
この悪魔は、相撲に詳しいわけでも、
閣下と呼ばれているわけでもないんですが、
分子一つ一つの種類を見分けて、
エネルギーなしで温度差を作り出してしまうという
特徴があるんですね。


これは『熱力学第二法則』に反するわけでして、
長年、物理学界の難題とされてきましたが、
この度、中央大と東京大の研究グループが、
『情報をエネルギーに変換する』という、
まさに『マックスウェルの悪魔』がしているのと
同じ事ができる装置を作り出したそうですね。


これが実用化されると、
情報を燃料代わりに車を走らせるなんて事も可能になってくるそうです。
20年後くらいの電池の中には、
悪魔が入ってるなんて事になるかもしれませんね。


しかし考えてみると、
情報がエネルギーに変わるなんて事は、今までにもありましたよね。
『バイトの時給が50円上がった』なんて情報は、
『労働力』というエネルギーを生み出しましたし、
『可愛い子が彼氏と別れた』なんて情報は、
体中に無性にエネルギーがみなぎってきましたよ。
男子がグラビアを見て興奮しちゃうなんてのは、
完全に『情報』を『熱量』に変えてましたよね。


物理学って、
意外に生活に密着した学問なんでしょうかね。


微笑亭さん太

上下関係のしっかりした仕事

落語で幇間の噺をする時には
『昔あって、今ほとんどなくなってしまった職業』という言い方をしたりするんですが、
この幇間と同じく『絶滅危惧種』に指定されそうなのが
『エレベーターガール』と呼ばれる方々ですね。


独特の『上へまいりま~す』といった、
ゆっくりとした口調、高い声がトレードマークになってますが、
あれは乗客の話し声にまぎれないようにするためという、
確固とした理由があるんですね。


日本で最初にエレベーターガールを置いたのは昭和4年、
松坂屋上野店のエレベーターだそうですね。
1930年代は、手動でエレベーターを動かす運転手がいて、
『昇降機ガール』なんと呼ばれ、
当時は1300名が警視庁に届けられていたらしいですね。


専用の制服姿で優雅に客の案内をする姿は、
女性の憧れの職業のひとつで、男性から見ても、
『お嫁さんにしたい職業』だったそうですね。
何しろ全員が『箱入り娘』ですからね。


ただ『エレベーターガール』といっても『専門職』ではなく、
あくまでその施設の店員さんの
『持ち場』の一つという事らしいですね。
密室内で長時間立ちっぱなしの仕事ですから、
とてもストレスがたまりやすくて、『チ~ン』なんて扉が開いたら、
満面の笑みのお姉さんの後ろの壁がボコボコにヘコんでたりすると、
ちょっと乗るのをためらっちゃったりしますよね。


エレベーターガールが目に見えて減ったのは、
バブル以降でして、世間から『過剰サービスだ』と批判を受け、
真っ先に経費削減の対象となっちゃったからなんですね。
完全に無くなってしまうのは寂しいですから、
無くさないためにも、彼女たちの価値を上げていけばいいわけですね。


扉が開いたら、
エレベーターガールとジャンケンをして、勝ったら乗れるとかね。
「しまった~!また負けちゃったよ~。これで8回目のスルーだよ」
なんてんで、エレベーターガールの『ドヤ顔』を見ながら、
全く乗れなかったりしてね。


あと、『ちょいワルエレベーターガール』なんてのが出てきましてね。
お客さんが乗ろうとすると、『うぜえ~!』とか言いながら、
乗車拒否したりするんですね。乗ったお客さんに対しても、
「何階行くの?5階?アクセサリー売り場あんじゃん。
止めときなよ~。ここのアクセ売り場、サイテ~。
マジありえないし。他の店行きなよ。
…アタシさ、次の階で降りるからさ、あとよろぴく~」
なんてんで、ろくに仕事しなかったりしてね。


若い女性ばかりというのも何ですから、
高齢者の雇用という事にも役立つよう
『エレベーターお婆ちゃん』なんてのもいいですよね。
「あの、6階お願いします」
「…何です?」
「6階お願いします」
「…何です?」
「6階、パソコン売り場です」
「パソコン?いやいや、ワシはパソコンなんぞに用はない」
なんて降ろされちゃったりしてね。


これからは、エレベーターだけでなく、
様々な空間に『○○ガール』と呼ばれる人が
登場してくるかもしれませんね。


便秘の人のトイレに付き添ってくれる『トイレガール』とかね。
「…また出そうにないですか?
今日はもうひと踏ん張りしてみましょうよ。きっと出ますってば。
ほら、ヒーヒーフー!ヒーヒーフー!」って
出産みたくなってたりしてね。


それから、絶叫コースターに同乗してくれる、
『ジェットコースターガール』とかね。
万が一、怖さのあまり失神してしまった場合には、
カツを入れてくれて、気がついたら、
そっと替えのパンツを差し出してくれるという、
これはなかなかいいんじゃないでしょうか。


微笑亭さん太

KARA元気を出す

ヒップダンスで男性ファンの心を鷲づかみにした
『KARA』の分裂、脱退騒動が世間を騒がせてますね。


どうも韓国出身の芸能人というのは、
売れるとモメ始めるという特徴がありますよね。
日本にもファンが多い彼女たちですから、
何とか丸く収まってほしいと思いますけどね。


昨年は、この『KARA』や『少女時代』といったような、
いわゆる『K-POP』がブームとなりましたよね。
彼女たちは、歌やダンスはもちろんの事、
容姿やスタイルといった面も完璧でした。


今年は、その全く逆の路線を狙うという事で、
『A-POP』なんてんで、
アフリカの未開の村から連れてきた子たちを
デビューさせるかもしれませんね。


『少女時代』に対抗して『生贄時代』ですとか、
『KARA』に対抗して『MURA』なんてユニットを作りましてね、
歌番組のスタジオで、『雨乞いの歌』とかを歌って踊りまくるんですね。
で、スタッフの事を随分とアツい視線で見てるもんですから、
『恋しちゃったのかな~?』と思ったら、
単に『食料』として見てるだけって事が判ったりしてね。


食と言いますと、昨年大ヒットした商品というのが、
桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』でして、
通称『食べるラー油』なんと呼ばれてましたよね。
品切れ店が続出という爆発的な売れ行きだったんですが、
今年は柳の下のドジョウ狙いで、
『食べないラー油』ってのが出てくるんじゃないですかね。


正式名称は『うまそうでうまくない少しまずいラー油』でしてね。
『うまそうでうまくない、少しまずいって、
どの程度まずいんだろ?…どんな味なんだろ…?』目の前に置いたまま、
想像力だけ逞しくするんですね。
その頭にわいた味のイメージだけで、
ご飯をかきこむという…決してラー油自体を食べないから、
減らないんですね。
食費の節約になる上、想像力も養えるという事で、
『食べるラー油』以上の大ヒットになる事、間違いないですね。


ラー油程度の辛さでは物足りない、
もっと刺激の強い食べ物をと求める人たちには、
多少のリスクのある食べ物がヒットするかもしれませんね。


カレーなんかでも、
200倍辛いカレーに砂糖200グラムを入れて、
果たしてチャラになってるかどうかを
確かめるカレーなんてのが好まれましてね。
マニアたちの間では、『中和料理』と呼ばれたりするんですね。


中には、もっとダイレクトに、
死なない程度の少量の毒物がカレーに入っていて、
その舌先にピリピリっとくる感覚を
楽しむなんてのも出てきましてね。
商品名を見ると『青酸カリー』って書いてあったりしましてね。
そんな物が流行るかもしれませんね。


微笑亭さん太

ドクター・トリ取る

昨日は瑞穂区にある生涯学習センターにて
『惣作お笑い寄席』に出演してきました。
年一回、恒例の寄席で、
今回で13回を数えるようです。

1/22(惣作・高座)


『つ     る』          槍田家志ょ朝

『寄  合  酒』          夢の家くっか

『お  伽  村』          微笑亭さん太

『転  失  気』          若鯱亭笑天

『天 狗 裁 き』          竜宮亭無眠


私は楽屋入りが一番遅かったんですが、
楽屋に入っていった途端、皆さんが満面の笑みで、
『…トリがいいですか、中トリがいいですか?』
…何ですか、その二択は?
『他はみんな埋まっちゃってるので、トリと中トリ、自由に選んで下さい』
…いや、だから二択だって。
トリの大厄…いや、大役は、
もちろん無眠さんに任せました。


会場の真ん前が楽屋になっていたんですが、
開演時間近くになっても、
お客さんがガヤガヤ入っていく音がしなかったので、
『これは、入りが薄いだろうな…』と思いながら
会場の中を見たら満席でした。
どうやら瑞穂区には、忍(しのび)出身者が多いようです。


寄席のビラには『先着60名』となっていたんですが、
70名近く入っていたかもしれません。
どの演者の落語にもよく笑って下さって、
皆さん気分よく高座を務められた事と思います。
また是非、呼んで下さい。



ざっと告知です。

2/3(木) 午後6時半~
『紋屋寄席』 木戸銭¥1500
豊川市・紋屋にて(0533-93-0534)
出演 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡


2/5(土) 午後6時~
『ぱんとまいむ寄席』 木戸銭¥500
名古屋市東区徳川町2501マルカネビル1F
喫茶『ぱんとまいむ』にて(052-935-8441)
(JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線『大曽根駅』より南へ徒歩5分)
出演 微笑亭さん太 竜宮亭無眠 川の家河太朗


2/12(土) 午後2時~
『新城寄席』 木戸銭¥500
新城文化会館小ホール
出演 橘亭郵便箱 望々亭みるく 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡 小呂比家念挫


よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

太公望より、負の遺産

真冬のこの時期、
釣りの好きな方は、ワカサギ釣りなんかされるんですかね。
湖面に張った厚い氷に穴を開けて釣っている姿は、
見ているだけで凍えそうな気がします。


ニュース映像なんかでよく、ルアーなどの釣り針が刺さったり、
くちばしに釣り糸がからまって口が開かなくなった
水鳥なんかを見かけたりしますよね。


見ていて痛々しい感じがするわけですが、
人間というのは勝手なもので、くちばしに針が刺さった鳥を見ると
『運が悪かったんだね~』って同情するんですが、
口に針が刺さったまま泳いでる魚を見ると
『あいつは運の良い魚だね~』なんて真逆の事を思ったりしましてね。
魚に限っては『釣られて当然』目線で見てるんですよね。


環境問題にうるさい昨今、
こういった水底に引っかかって切れた糸なんかが
動物や人に与える被害が指摘されてましてね。
そこで、水中で分解して溶けて無くなる糸やルアーといった、
いわゆる『エコタックル』と言われる
釣り具の普及が言われてるんですね。


ところが、このエコタックル、
どうしても強度が落ちる上、
手入れも面倒だって事で今ひとつウケが良くないんですね。
業者が普及を叫んでも、釣り人から返ってくる返事は
『釣れない』ものばかりでしてね。


しかしこの『水に溶けて無くなる』という性質は
色々な物に応用できるんじゃないでしょうかね。


例えば、水に溶けて無くなるゴルフボールなんか作ったら、
池ポチャしたボールは後日回収する手間が省けますからね。
ただ、下手な人がラウンドした後は、池ポチャしすぎで、
池から水が溢れだしたりなんかしてね。


あと、溶けて無くなるジュースの缶なんかもいいですよね。
そうなると『開缶後はお早めにお飲み下さい』という表示の重要性が
俄然高まりましてね。
何しろゆっくり飲んでたら、缶が溶けちゃうわけですから。
…まあそれ以前に、
売ってる段階で自販機の中が大変な事になりそうですが。


それからオリンピックなんかに使われる、
エコ水着なんてのもいいですよね。
世界最高記録のタイムを過ぎると
水着が溶け出す設定になってますから、選手たちは必死ですよ。


新記録が出なかったら
自分の真っ裸が世界中に配信されちゃうわけですから。
『自前の金メダル』なんか見せたって、何の役にもたちませんよね。


微笑亭さん太

笑いの女神、再び降臨!

昨日は先週の蒲郡に引き続き、豊橋にて、
銀行主催の新春寄席に出演してきました。

1/20(がましん・会場)

年金受給者対象の寄席ですが、
毎年、蒲郡より豊橋の方がお客さんが多く、
昨日も先週の倍に当たる
約180名の方々がお見えになりました。


この会は落語の後、福袋の抽選会があり、
それを目当てに、皆さんやってきます。
我々演者は、お客さんが一人でも増えれば嬉しいのですが、
お客さんにとっては、増えれば増えるほど、
福袋が当たる確率が低くなるわけですから、
なかなか複雑なものがあります。


この寄席を仕切るのは、
先週の『光る猫騒動』(14日の記事参照)でお馴染み(?)の
『天狗連の踊るマダム』こと、夢見亭初音さんです。

1/20(がましん・古橋さん)

『天災芸人』の名をほしいままにする彼女ですが、
昨日は高座の準備も完璧で、
お得意の『天然ネタ』も出ませんでした。


すると彼女がコートを脱ぎながら、ご自分の下半身を見て
『…あ、今日は大丈夫ね』と仰ったので、不思議に思い、
『大丈夫って、どういう事ですか?』
『いや、実はね、この間、スカートを履き忘れて出勤しちゃったのよ
…え~っ!!マダム、刺激が強すぎます。
『スカートを履かずに、その上からコートを着て出勤しちゃったのよ』
『じゃあ、その後どうされたんですか?』
『仕方ないから、一日コートを脱がずに仕事したの』
…今日の『初音スタイル』は過激すぎます。


『その日は、仕事で人と話すたびに、
《今日はスカートを履き忘れたので、
コートを脱がずにお話させていただきます》って説明してたのよ』と
笑顔で話す初音さん。
そう言われた相手の方はビックリすると同時に、
物凄く不安になったでしょうね~。


だって、スカートを履かずに出勤するようなうっかりマダムですよ。
お話しをしてる最中に、自分がスカートを履いてない事を忘れて、
コートを脱いでしまう可能性が十分ありますからね。
恐らく相手の方は、仕事の話は
上の空になってたんじゃないでしょうかね。


『初音さん、それはいつ頃の話ですか?』
『まだ最近の話よ』
『最近?まさか昨日ですか?』
『昨日じゃないわよ。
昨日は、左右全く違うイヤリングをして出勤しちゃった日じゃない』
…やはり我々は、『初音スタイル』には、絶対勝てません。
マダム、心から尊敬致します。


微笑亭さん太

はばかりながら、節水します

連日これだけ寒いと、つい忘れがちですが、
地球温暖化の影響というのは、
実に色々なところに及んでいるわけでして、
降雪量が減ったり、河川や湖にある水の蒸発を促進させる事によって、
水不足をも引き起こしているようですね。


飲料水というのは最優先に確保しなければいけませんから、
それ以外の部分で、水を無駄にしないという心がけが大切ですよね。
ですから、物凄く緊張するような場面でも、
やたらに冷や汗なんか出したりしちゃいけませんよ。
水の無駄使いですから。


一番節水する余地が考えられるんじゃないかというのが、
トイレの水ですよね。
トイレの洗浄に使われる水というのは、
一回で10~15リットルですから、一回用を足す度に、
水道代にして2、3円を払ってる計算になります。


そこいくと昔の汲み取り式のトイレというのは、
する分にはお金はかかりませんよ。タダです。
それどころか、お金を払ってもないのに
『おつり』が来たりしましたからね。


よくトイレの節水方法として、
タンクの中にペットボトルやビンを入れておくというのがありますが、
それはあまり良くないそうですね。
というのも、トイレの一回の水量というのは
綿密な計算の元に決められてるので、それより少ない水量で流し続けると、
パイプに汚れが残って故障の原因になるそうですね。
節水してても、便器の修理費の方が高くついては意味ありませんからね。


トイレの性能というのも随分良くなってまいりまして、
最新型になりますと、水を便器の上部から一方向に渦巻き状に流す事により、
一回の水量を6リットルくらいにまで減らす事に成功したようです。


あと、タンクを出来るだけ上に取り付けると、
位置エネルギーによって水の勢いが増して、
水量を減らす事が出来るそうですね。
ですから、1階のトイレでも、
タンクは3階ぐらいに設置したりしましてね。
そうなるとかなりの勢いで水が流れる事になりますから、
便器に座ってたお婆ちゃんごと流してくれちゃうかもしれませんね。


以前、とある喫茶店のトイレに入ったら、
洋式トイレの便器の中に魚が泳いでましてね。
驚いてそこのマスターに、
「マスター、トイレに魚が泳いでるよ!」
「ええ、あの中でコイを飼ってるんですよ」
「飼ってる?何言ってんだ、水を流したら魚も流れていっちゃうだろ?」
「大丈夫ですよ。コイの習性で、滝登りの要領で、水に逆らって上がってきますから」
…今度行ったら、確かめてみようとは思ってるんですけどね。


微笑亭さん太

親かましゅうございます

学校の先生が生徒の親を訴えたなんという
ニュースが報道されてましたが、
最近は、学校へ乗り込んだり、昼夜を問わず先生宅へ電話をして
理不尽な要求を繰り返すという親も増えているそうですね。


教師たちは、こういう困った親を
『モンスターペアレント』
と呼んで恐れているわけですが、
モンスターペアレントと言っても、
別に親御さんの顔が人間離れしてるとかそういう事じゃないですからね。


まさに怪物的な要求を繰り返す親が急増してますよ。
可哀想なのは真面目な先生たちでしてね。
実際、平成14年には埼玉県で、
親からの度重なる執拗なクレームに疲れ果てた保育所の所長さんが、
灯油をかぶって焼身自殺をしてしまったなんて
痛ましい事件もありましてね。


モンスターペアレントからの要求やクレームと言いますと、
先生が取り上げた子供のケータイの基本料金を日割り負担しろとか、
部活のユニフォームを学校で洗えとか、
学級通信や卒業アルバムに自分の子供の写真が少ないといった、
身勝手なものが多いんですね。


「ウチの子が友達に、大木で殴られたんですよ!」なんて母親が怒鳴り込んできたから調べてみたら、
単に割りばしでイタズラされただけでしてね。
大木って、誇張するにもほどがありますよね。
割りばし料金(割り増し料金)を取ってやりたいぐらいですよ。


ひどいのになると、
『朝、起きられないんで、子供を毎朝起こしに来てやってほしい』と
普通に頼みにくる母親がいましてね。
『まずは、お前が目を覚ませ!』って話ですよね。


とある小学校の先生が運動会のリレーで、
走っている子供たちに『頑張れ~!』って応援をしていたら、
後日、親がクレームをつけに来ましてね。


『ウチの子は十分頑張ってるのに、
《頑張れ!》とはひどいじゃないですか。
非常に傷ついたみたいだから、ウチの子に謝って下さい』なんてんで、
先生が『頑張れって言ってごめんなさい』と、
本当に謝らされたって話がありましてね。
もうヤクザより性質の悪い言いがかりですよ。


『十分頑張ってるのかもしれないけど、
もしも手を抜いてる部分があるんだったら、
その分を頑張って~!』とでも言えばいいんですかね?
その方が角が立ちますよね。


もう先生方も逆襲に転じた方がいいですよね。
目には目をとばかりに、好き勝手な時間に生徒の家を訪れて
『飯食わせろ!』とか、『俺も家族旅行に連れてけ!』とか言って、
傍若無人な振舞いをするってのはどうですかね?
そうすれば
『モンスターティーチャー』とか恐れられて、
理不尽な親たちも少しは大人しくなるんじゃないでしょうか。


微笑亭さん太

笑点下の寄席

昨日は天狗連の月例寄席に出演してきました。
今年最初の例会です。


『こうもり』            望々亭みるく

『人生が二度あれば』     弾家喜苦

『酒場のうさぎ』         微笑亭さん太

『鰍沢』              成田家紫蝶


昨日の豪雪を受けての寄席ですから、
今日は入りが薄いのではないかと危惧しておりましたが、
蓋を開けてみたら満席のお客さんで、
逆にビックリでした。
天狗連の落語は、スタッドレスタイヤ並みに、
雪にも強いようです。


紫蝶さんの『鰍沢』はもちろんの事、
みるくさんのさん太ネタ『こうもり』も、
喜苦君の『人生が二度あれば』も、
なかなかの出来で、客席をわかせていました。


というのも、気温が低いので、
本来は楽屋に置かれている暖房器具までが
客席にかり出されていたため、楽屋が寒いのなんの。


我々は着替えながら、
『このサムさを、絶対に高座には持ち込まないぞ』と誓っていたので、
皆さん気合いが入っていたのだと思います(ホントか?)


私の創作のネタ下ろし『酒場のうさぎ』は、
納得いく出来には程遠かったんですが、
月例の温かいお客さんのお情けで、
何とか格好がつきました(感謝!)


来月(2/21)は、私の落研の後輩にあたる、
愛知家馬舟(あいちやましゅう)君と、
お馴染み、竜宮亭無眠さんが出られます。
他には槍太家一撥さん、鶴橋減滅渡さんが出られるという、
なかなか異色の組み合わせですので、
是非ともお越し下さい。


微笑亭さん太

雪倒れ続出!

昨日は名古屋駅近くの『産業労働センター』にて、
『日本笑い学会』の新春笑例会に出演してきました。


物凄い寒波が来る事は天気予報で聞いてましたから、
ある程度予測はしていたものの、
大変な一日になってしまいました。

1/16(笑例会・雪景色)

お昼過ぎに現地に着いたんですが、
もうその頃から雪は激しく降り、
あっという間に名古屋は雪国のようになってしまいました。


地面はすべからくシャーベット状になり、
滑って転んで頭を打って流血でもした日には、
あちこちに『氷いちご』が出来上がりそうな状態です。

1/16(笑例会・みるくさん)

喜苦君&うさぎさんの太神楽、
私が『離婚式』、減滅渡さんが『阿弥陀池』を演りました。
やはりそんな天気ですから、
例年に比べて入りは薄かったんですが、皆さん温かいお客さんで、
高座の上だけはサムくもなく、スベりもしませんでした。

1/16(笑例会・太神楽)

昨年に続き、ここの会場だったわけですが、
楽屋までが遠いんですね。
筋金入りの方向音痴の私は昨年、楽屋に行くまでに何度も迷い、
危うく遭難しかけました。


今年は同じテツは踏むまいと、
ちゃんと楽屋まで迷わずに行こうと心に誓ってました。
頭の中で道順を確認しながら、
『…そうそう、この通路を真っ直ぐに進んで…このドアを越えて…
ここを右に曲がって…少し行ったところの…右側のドアで完璧だ!』
ドアを開けて中に入ると、そこは男子トイレでした。
とりあえず、女子トイレじゃなかっただけ、よしとしましょう。
私の方向音痴の雪解けは、まだまだ遠いようです。


微笑亭さん太

背筋、ピ~ン!

昨日は岡崎に行き、
1時間ちょっと喋ってきました。


『ホスピス研究会・OKAZAKI』という
団体に呼んでいただいたのですが、新春恒例という事で、
もう4年連続で呼んでいただいていて、
大変ありがたい事です。


若干男性の方もいらっしゃいましたが、ほぼ女性の集まりで、
辛い状況で闘病されている方も中にはいらっしゃるでしょうが、
せめて落語を聞いてる間だけでも笑っていただければと思い、
この会はいつも気合いが入ります。


『催眠商法にご用心』『離婚式』で1時間演ったんですが、
その後アンコールをいただき、主催者の方の
『では、短くて面白い噺を、もうひとつお願いします』という
ムチャぶりの声を背に受け、『目薬』を。
どの噺も沢山笑っていただき、
私としても肩の荷が下りた感じがしました。


終わった後はお茶を飲みながら、
皆さんの色々な『現在進行形の体験談』を聞かせていただきました。
心の中では様々な不安や葛藤と戦いながらも、
『ごく普通に』していらっしゃる皆さんには、
頭が下がる思いがします。


毎日毎日、怠惰な日々を送っている私も、
この会にお邪魔した時には、
ほんの少しだけ背筋が伸びる気がします。
ありがとうございました。


微笑亭さん太

美徳より美得

先週からTBSで
北川景子さん主演の『LADY』というドラマが始まりました。
個人的に『プロファイリングもの』は好きなので見てます。


私は8年前に『実写版・セーラームーン』で、
セーラーマーズ役の彼女を見た時からファンです。
『お前、いい年してそんなもの見てたのか?』
というツッコミは、受け付けません(笑)
そういう事もあって、
芸能界に美人は沢山いますが、
今現在、私の中での美人というと、彼女ですね。


俗に『美人は得をする』と言いますが、
『本当に、美人は得をすると思いますか?』という
アンケートを取ってみたところ、
実に84%の男女が『得をする』と答えたようですね。


じゃあ具体的にどんな事が得かというと、
『美人に対しては、男性が優しい』とか、
『誰にも好かれるので、敵を作る事が少ない』とか、
『モテる』『おごってもらえる』
『暴言を吐かれない』『何を着ても似合う』と、良い事づくめなんですね。
こうなると、『見た目は、一つの能力』とまで言えますよね。


この『美人特権』を金額に換算して、
美人は年間いくら得しているのかを算出してみると、
少なくとも、年間100万円は得しているという結果が出ましてね。
高級料理をご馳走してもらったり、
高価なプレゼントを頻繁にもらったりすれば、
そのくらいは得してるのかもしれませんね。


だけどこれ裏返せば、
『美人じゃない方は、年間100万円損している』と言えますから、
民主党も支持率アップのため、『子ども手当』に次いで
『不美人手当』というのを、
年間100万円程度支給すべきですよね。
…まあ、誰が申請の申し立てをするのかって話はありますが。


微笑亭さん太

ヒカルの猫

昨日は蒲郡に行き、
銀行主催の新春寄席に出てきました。

1/13(がましん・高座)

毎年、1月に出演させていただいてる年金受給者対象の寄席で、
今週は蒲郡、来週は豊橋と、
二ケ所で落語を演らせていただきます。


この寄席を仕切ってらっしゃるのは、
『天狗連の猫好きマダム』こと、夢見亭初音さんです。


事前に当人への出演確認もなく、
いつの間にかチラシに名前が載っていたり、
『寄席って何時からだっけ?』と、出演者に時間を聞いてきたりと、
毎回毎回、見事な仕切りっぷりです。


昨日も、早々とお客さんが会場に入って来てる中、
まだ高座準備が出来ていないにもかかわらず、
自分のカバンに付いている猫のキーホルダーを見せながら、
『ねえねえ、この猫ね、夜になると光るのよ~』
…これが、『初音スタイル』です。


みるくさんが『こうもり』、私が『催眠商法にご用心』と、
さん太ネタ2本で1時間の落語、その後は、
皆さんお待ちかねの福袋の抽選会です。


私たちで司会をやったんですが、
こういうクジの類というのは、当たる人はやたら当たるんですよね。
今回も、一番上の『初夢賞』という福袋を当てた男性に、
『以前、この抽選の福袋が当たった事がありますか』と伺ったら
『ええ、これで3年連続です』…人の視線に殺傷能力があったとしたら、
確実にその男性は即死してたと思いますね。
その強運が羨ましいです。


抽選会も終わって、
お客さんをお見送りしながらふと見ると、
初音さんが、銀行のお偉いさんを捕まえて
『ねえねえ、この猫、光るのよ』
『初音スタイル』に敵なしです。



ざっと、告知です。

1/16(日) 午後1時~4時15分(天狗連の出演は午後3時~4時)
『日本笑い学会・笑例会』 木戸銭¥1000
産業労働センター(ウィンクあいち)名古屋市中村区名駅4丁目4-38
出演 弾家うさぎ 弾家喜苦 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡


1/17(月) 午後7時~
『月例寄席』 木戸銭¥100
豊橋市神明町・あんくるとむ(0532-53-5355)
出演 望々亭みるく 弾家喜苦 微笑亭さん太 成田家紫蝶


1/22(土) 午後2時~
『惣作お笑い寄席』 木戸銭無料
瑞穂生涯学習センター
出演 若鯱亭笑天 夢の家くっか 微笑亭さん太 槍田家志ょ朝 竜宮亭無眠


微笑亭さん太

DTN48(伊達直人48)、結成間近?

連日、テレビのニュースや新聞で報道されているように、
いわゆる『タイガーマスク現象』が止まらないですね。


あちこちの児童養護施設に、ランドセルやオモチャ、
文房具といった物を置いていく『伊達直人さん』は、
今や全国にいらっしゃるようです。


非常に好意的にとらえられている今回の件ですから、
もちろん、犯人探し的な事をするわけではないですが、
ランドセル売り場で働いてる店員さんなんかは、
絶対に判るでしょうね。


『すみません、ランドセルを10個下さい』とか買いに来た時点で、
『ねえねえ、あの人きっと、伊達直人よ』
『そうみたいね。サインもらっておこうかしら?』なんて会話を、
店員さん同士でしてる光景が目に浮かびますね。


この騒動、これから先も暫くは続くと思いますから、
タイガーマスクからのプレゼントの内容も、
バリエーション豊富になっていくかもしれませんね。


ふと見ると、施設の前に
ゴルフクラブが何本も置かれてるもんですから、贈り主を見たら
『タイガー・ウッズ』としてあったりしてね。
また違う施設では、よく効く塗り薬が置かれてましてね。
こちらの贈り主は『タイガーバーム』なんてしてあったりするわけですよ。


ここ数日は、タイガーマスクの他に
『矢吹丈』とか『桃太郎』『せんとくん』などと名乗る人も出てきましてね。
中には『天空の城ラピュタ』の登場人物『ムスカ』を名乗る人が、
ラピュタのDVDを置いていったという、
贈り主の趣味が色濃く反映されているパターンもあるようです。


となるとこの先、
『三遊亭円朝』を名乗る落語ファンが、落語のCDやDVDを
施設の前に置いていくなんて事もあるかもしれませんね。


ただこの場合だけ唯一、施設から、
『不法投棄』の被害届を出されちゃったりしましてね…。
贈り主涙目なんて事にならないといいんですが。


微笑亭さん太

腰掛けで願掛け

世の中には、信用できない物、怪しげな物が沢山ありますが、
本当に効果あるか判らないけど、何となく気休め程度に、
試したり使ったりしてしまう物ってありますよね。


『今いち信用できない物は何か?』というアンケートを採ってみると、
1位は『マイナスイオン』だそうですね。
確かに見えないですから、
『マイナスイオンが出てます』と言われても判らないですね。
プラスイオン出されてたって判らないですよ。


あと『パワーストーン』ですね。
パワーストーンと言われても、石になんのパワーが秘められているのか、
科学的に全く解明されてませんからね。
この間、両手で抱えるくらいの大きさの
パワーストーンを持ってる方がいらっしゃいましてね。
『それは何のパワーがあるんですか?』って聞いたら
『美味しい漬物を漬けるパワーがあります』って言ってましたけどね。
すごくアナログ的な使い方なんですね。


昨年は、様々な『パワースポット』と呼ばれる場所が
話題になった年でもありました。
明治神宮の清正井(きよまさのいど)だとか、
石川県羽咋市の気多(けた)神社、
京都東山区の安井金比羅宮などが有名ですが、
テレビ番組で紹介されて一躍脚光を浴びたのが、
神戸市の異人館街にある、山手八番館に置かれた
『サターンの椅子』でしてね。


豊穣の神様『サートゥルヌス』がモチーフだというこのイス、
『座っただけで願いが叶うイス』だという事で話題になりましてね。
実際、座った後に結婚ができた、
就職ができたという人が続出してるそうでして、
人気のピークだった頃には、4時間待ちなんて事があったそうですね。
4時間待って、やっと座れた人が『何が願いですか?』って聞かれて
『早くイスに座りたかった』って答えたそうでして…
早速願いが叶ったわけですよね。


人気の落ち着いた今でも、
週末には1000人ほどの人が訪れているそうでして、
『毎週1000人も座れば、その中で5、6人、
偶然にも願いが叶うヤツがいても不思議はないんじゃないの?』
などというツッコミは、絶対にしてはいけないそうですね。


「美香、結婚して会社辞めるんだって?」
「そうなのよ。サターンのイスに座った途端に、結婚相手が現れたの。
最初から、結婚したら会社は辞めるつもりだったからね~」
なんてんで、会社を単なる
『腰掛け』に考えてるOLも、中にはいるでしょうね。


この『サターンの椅子』は2脚あって、
男性用と女性用があるんですね。
将来はプロ野球選手になりたいと願って男性用のイスに座った男の子が、
ヤクルトからドラフトで指名されましてね。
イスのお陰で『スワローズ』に入れるなんて事も、あるかもしれませんね。


このイスは西洋の家具ですから、
そのうち『座ると願いが叶う畳』なんてんで、
和風の物が出てくるかもしれませんね。
その畳に座った途端に、その場に倒れて、
心臓麻痺で死んじゃった人がいましてね。
その方普段から、『畳の上で死にたい』って、願ってたらしいですけどね。


微笑亭さん太

私はピアノ…父は落語

昨日は刈谷市総合文化センターにて行われた、
『落語とコンサート』という催しに出演してきました。


これは『わかば会』というNPO法人が、
がん患者支援のために行っているイベントで、
駒久家南朝さんに声をかけていただき、
呼んでいただいたものです。

ドクター柘植(南朝さん)による、
笑いと健康に関する、ありがた~いお話の後、
落語が一時間ほどあり、その後コンサートという流れでした。


『熟女たちの宴』            微笑亭さん太

『四人癖』               寿亭茆町

『千早ふる』              駒久家南朝


お噂はかねがね伺ってましたが、
寿亭茆町(ことぶきていりゅうまち)さんとは
初対面、初共演という事になりました。
大変に達者な方で、南朝さんや虎や志名人と同じく、
愛媛大の落研出身との事。
愛媛というのは、才能の宝庫なんですね~。
どの方も完成された芸で、愛媛なのに、
ミカン成ではありませんでした。


第2部のコンサートでは何と、
南朝さんの大学生になる娘さんが、ピアノソロを披露されました。
とてもお上手な上、譜面を用意せず
暗譜で弾いておられたのには驚きました。


客席には早くから、娘さんの晴れ姿を映像に収めようと、
奥様がビデオカメラをスタンバイして待っておられました。
きっと、娘さんの良い映像が撮れたと思いますが、
そのビデオカメラは、南朝さんが落語を演られてる時には、
全く動く気配がなかったようです。
…ご主人も『暗譜』で落語演られてたんですよ…。


微笑亭さん太

負けるが価値

お正月は、
サッカーや駅伝といったようなスポーツが目白押しで、
リアルタイムでテレビ観戦された方も多いと思います。


出場者たちは、
この日のために一生懸命したわけですから、
結果が伴った時には、それは嬉しいでしょうが、
大半の選手たちは『敗者』という事になるわけですから、
スポーツの持つ清々しい印象とは違って、
現実は、なかなか残酷なものですよね。


試合で勝つと、ガッツポーズをしたりして
喜びを爆発させるのは勝者の常ですが、
敗者の『がっかりした表情』というのは、
勝者の『脳の喜び』になっているそうですね。


他人の幸福や不幸に対し、
同じ気持ちを抱く心理状態を『共感』と呼ぶのに対して、
野球やサッカーなどの試合で、
勝者が敗者の悔しい表情を見て喜ぶ感情は
『反共感』と呼ばれているそうでして、
その反共感で快感を得ているのが、勝者という事になるわけですね。


どちらかというと、相手に勝った事が嬉しいんじゃなくて、
相手が自分に負けた事が嬉しいみたいな構図になってるわけです。


人間というのは元々、
他人の不幸を喜ぶところがありますからね。
何故かというと、他人の不幸には、
『バニラ、ストロベリー、メロン』という味がついてるからなんですね。
これがいわゆる、『他人の不幸は三つの味(蜜の味)』というやつですよ。
よく勝者が敗者を抱擁してたりしますが、
あれは健闘を称えてるわけじゃなくて、
悔しそうな表情を、もっと近くで見るためなのかもしれませんね。


これは裏を返すと、
『負けて悔しがるというのは、勝者の思うツボ』と言えるわけですから、
負けても一緒に嬉しがってしまえばいいですよね。


「ざまあ見ろ、俺の勝ちだ」
「わ~い、わ~い、負けちゃった~!」
「お前は負けたんだから悔しがれよ」
「わ~い、わ~い、次は勝てるかもしれないから嬉しいな~!テヘッ!」
なんてな調子で来られたら、
『勝っても損』みたいな感じになるでしょうね。
そして最後には敗者の方から、
「…今日はこのへんで勘弁しといてやるよ」
なんてんで、吉本新喜劇並みの捨て台詞でキメれば、
どちらが勝者だか本当に判らなくなるんじゃないですかね。


微笑亭さん太

ダブルカブル・ブラザーズ

昨日は『ぱんとまいむ寄席』に出演してきました。
私にとっては、今年の初高座です。


『出産のかたち』            微笑亭さん太

『持参金』               川の家河太朗

『田楽食い』              竜宮亭無眠

『井戸の茶碗』             微笑亭さん太


松の内が明けたばかりの寄席で、
お客さんが来て下さるか心配だったんですが、
40名近い方が来て下さり超満員状態でした。
ありがたい事です。


私が2席演り、
あとのお二人が1席づつだったんですが、
河太朗さんも無眠さんも素晴らしい出来でした。


ただ、無眠さんが演られている時、
噺の中で『サザエさん』に関するギャグを入れられていて
唖然としました。


というのも、私の『井戸の茶碗』には、
『サザエさんネタ』が入っていて、
まさかのサザエさんカブリ!
しかも『田楽食い』と『井戸の茶碗』という、
サザエさんとは何の関係もない古典落語の中においてです。
こんなカブり方は初めてだった私は、
着替え室の中で思わず『シット!』と
外国人のように叫んでました(笑)


ちなみにもう一つ、『海老蔵ネタ』もカブってて、
まさかまさかの、タブルカブリです。
お正月におみくじを引いたら『水難の相あり』と出てましたが、
まさか、サザエにエビという海産物で水難に遭うとは、
夢にも思いませんでした。


でも、とても楽しい寄席でした。
来月の『ぱんとまいむ寄席』も、
全く同じ3人が出ますので、是非お越し下さい。


微笑亭さん太

笑神降臨

このブログで告知させていただいていた、
NHK『笑神降臨』のオンエアがありました。


普段から、ネタ提供でお世話になっている
桂かい枝師匠が、新作落語を3本演られました。
ご覧になられた方はあるでしょうか?


2本目に演られた『恋するオ・ト・メ』というのが、
私が提供させていただいた、微笑亭さん太オリジナル作品です。
学校寄席なんかでもウケるような
学園物、恋愛物をという発注のもと、
オーダーメイドで書かせていただいた創作落語です。


私の高座を何度も聞いて下さってる方には、
『ああ、これはさん太の作品だな』と判るような、
いかにもという展開のネタです(笑)


以前、小朝師匠が『笑点』で
『こうもり』を演られた時もそうでしたが、
自分の作品をテレビで見るというのは
自分自身が高座に上がるのとは、また別の緊張感があるものです。
幸い、会場のお客さんにもウケは悪くなかったようで、
心の底から、ホッとしています。


ちなみに、あとの2本、
『ハル子とカズ子』『丑三つタクシー』も、
改作という形でお手伝いをさせていただいてまして、
『戸籍上は生きてる』とか、AKBのギャグなんかは、
私のネタを使って下さってます。
嬉しい事です。


最後、高速でエンドロールが流れる中、
『構成』のところに、私の本名が書かれているのを見逃さなかったあなた、
きっと今日一日、ツイてる事ばかりですか?(聞くな~!)


かい枝師はもちろんの事、これからもアマプロ問わず、
色んな方のネタのお手伝いができたらいいな~と
改めて思いました。

ネタのご依頼、待ってま~す!

微笑亭さん太

すりリングな神業

昨年末、東京上野の商店街で、
81歳になるスリが逮捕されたらしいですね。
彼は、ズボンのお尻のポケットから財布を抜き取るその手口から、
『ケツパーの梅じい』なんて呼ばれていたそうですが、
二つ名を持つ『名人』も、
年には勝てなかったんでしょうかね。


『芸は身を助ける』ということわざがありますが、
いわば『犯罪者の芸』が世間の役に立つなんて事も、
時にはあったりするみたいですね。


少し前の話ですが、イギリスのロンドンで、
元スリの常習者たちが街に繰り出し、
通行人のポケットやカバンの中に、現金と宣伝用のチラシを、
気付かれないように入れるという
アルバイトをしてたって事がありましてね。


これは、インターネットサービスを扱う
イギリスの電話会社が仕掛けた新手の宣伝方法なんですが、
日本で言えば『ねずみ小僧』、
イギリスでは『マウス・ボーイ』とでも言うんでしょうかね。
やはり、インターネットにマウスは、
切っても切れない縁があるわけですね。
なかなか味な真似をするじゃないかという事で、
ロンドン市民は、すっかり『ハートを盗まれた』そうですけどね。


このアルバイトを請け負った元スリの方たちは、
『過去の罪悪感が、少しでも薄れてくれれば』と話してたそうですが、
お金をポケットに入れるというのは、
すり取る時以上のテクニックが要求されそうですよね。


通行人一人あたり
5ポンド(770円)から20ポンドの紙幣を
入れていったという事ですから、
トータルで考えたら結構な費用がかかりますよ。
「通行人のポケットに入れるお金は、どうしてるんですか?」って聞いたら、
「簡単ですよ、前の人からすればいいんです」
…それじゃ『元スリ』じゃなくて『現役』ですけどね。


微笑亭さん太

たの新語、ラブ注入!

我々、アマチュアの噺家にとっても、
言葉というのは大切なものですが、
世の中には、実に数多くの言葉が存在してますよね。


言葉は、常に新陳代謝を繰り返してるようなところがあって、
新たな日本語が、日々生まれていったりしているわけですよね。
よくある状況、よく経験する事でありながら、
それを指す言葉が無かったものが、
『造語』という形で現れるなんて事があります。


書類や本のページなんかをめくっていて、
紙で手を切ってしまう事がありますよね。
あれを『紙鼬(かみいたち)』なんて言ったりするそうですね。
これはなかなかうまいですよね。


その時は人の話を聞いていたはずなのに、
すぐに忘れてしまう事を『ざる聞き』なんて言い方もあるようですね。
「落語会行ってきたけど、凄く面白かったわよ~!」
「へえ、どんな噺だったの?」
「え~っとね・・・あら?忘れちゃった」
こういうご婦人は、典型的な『ざる聞き』ですよね。


普通に使われるようになった
『草食系男子』や『肉食系女子』なんて言葉がありますが、
そこから派生していった言葉も幾つかありましてね。
しょっちゅうナンパをしているタイプを『主食系』と言ったり、
見た目の美しい異性を好む人を『美食系』
手当たり次第に色んなタイプを好きになる人を
『雑食系』なんて言うそうでしてね。


中には、見た目は草食系だけど、
実は中身は肉食系という人を
『ロールキャベツ系』なんて言ったりするそうですね。


政治の世界が影響を及ぼした言葉も沢山ありますよ。
考えや行動がやたらブレる事を
『ハトる』なんて言うそうでしてね。
またこの『ハトる』というのは、
親離れできない事も指すそうでしてね。
親からもらう多額のお小遣いの事を『ハトのお小遣い』
前日の発言を翌日には撤回してしまう事を
『ハトの一声』と言ったりと、鳩山前総理絡みの言葉は多いですね。


さらに、何となくウソっぽくて信用できない事を
『小沢っぽい』と言いまして、
お金の使い方が雑だが、権力を持っいる事を
『小沢る』というそうですね。
逆に、お金の使い方は割ときっちりしてるが権力がない事を
『直人る』というそうですね。


同じ『いい加減にする』という意味を持ちながら、
微妙にその違いが判りにくい
『おざなり』『なおざり』という言葉がありますが、
小沢さんがやる事が『おざなり』で、
管直人さんがやるのが『なおざり』だそうですね。


既にある言葉でも、違う意味で使われるなんて言葉もありまして、
『急に現れ、何もせずに去ってしまう人』の事を
『総理大臣』というそうですね。
『一年前後で辞めさせられる職業』だとか『思い出作り』の事も
『総理大臣』と言うそうですね。


また、恋人たちが罵り合ってケンカ別れしてしまう事を
『バカヤロー解散』というそうでして、
これなんかも新たな意味に変わってきてますよね。


微笑亭さん太

ミニ着てね…いや、見に来てね

年末にもしましたが、
もう一度、今月の寄席の告知をさせていただきま~す。


1/8(土) 午後6時~
『ぱんとまいむ寄席』 木戸銭¥500
名古屋市東区徳川町2501マルカネビル1F
喫茶『ぱんとまいむ』にて(052-935-8441)
(JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線『大曽根駅』より南へ徒歩5分)
出演 微笑亭さん太 竜宮亭無眠 川の家河太朗

私にとって、2011年の『落語はじめ』となる高座です。
新年を占う高座となりますので、
どうか、ハードルを下げまくってお越し下さい。
無眠さん、河太朗さんが1席、
私が2席演る予定になっています。
ちなみに、2/5(土)の『ぱんとまいむ寄席』も、
連続出演する予定です。


1/10(月・祝)
午後1時半~4時(落語は2時~3時)

『落語とコンサート』 がん患者支援『輪の和』 木戸銭無料
刈谷市総合文化センター・刈谷市民ホール・小ホール
出演 微笑亭さん太 寿亭茆町 駒久家南朝

天狗連の専属医であり、
芸乃虎や志名人の先輩でもあらせられる、
南朝師匠に声をかけていただき、出させていただく事になりました。
ちなみに、この『駒久家南朝(こまくやなんちょう)』という芸名、
テレビ的には放送禁止に入るそうです(笑)


1/16(日)
午後1時~4時15分(天狗連の出演は午後3時~4時)

『日本笑い学会・笑例会』 木戸銭¥1000
産業労働センター(ウィンクあいち)名古屋市中村区名駅4丁目4-38
出演 弾家うさぎ 弾家喜苦 微笑亭さん太 鶴橋減滅渡

毎年恒例の『日本笑い学会』の新春例会です。
私は5、6年連続で出させていただいてます。
落語、太神楽以外にも、笑いと健康に関する、
ダメになるお話…いや、ためになるお話が聞けます。


1/17(月) 午後7時~
『月例寄席』 木戸銭¥100
豊橋市神明町・あんくるとむ(0532-53-5355)
出演 望々亭みるく 弾家喜苦 微笑亭さん太 成田家紫蝶

今年最初の月例寄席になります。
今回は、大御所・成田家紫蝶さんがお出になります。
誰でも参加できる、楽しい打ち上げもございますが、
こちらの成田家は、灰皿にテキーラを注いだりしませんので、
安心してご参加下さいませ。
望々亭みるくさんが、ネタ下ろしで、
私の作品『こうもり』を演る予定ですので、それもお楽しみに。
私は、二ヶ月連続、創作のネタ下ろしをするという、
暴挙に挑もうとしております。…不安。


1/22(土) 午後2時~
『惣作お笑い寄席』 木戸銭無料
瑞穂生涯学習センター
出演 若鯱亭笑天 夢の家くっか 微笑亭さん太 槍田家志ょ朝 竜宮亭無眠

もう13回目を数える寄席だそうですけど、
私は初参加させていただきます。
お近くの方も遠方の方も、是非どうぞ。


それから、それから、
テレビ番組の告知になりますが、
1/7(金) NHK・深夜0時15分~(違ってたらごめんなさい)
『笑神降臨』という番組に、桂かい枝師匠がお出になられます。
そこで新作落語を3本演られますが、その中の1本
『恋するオ・ト・メ』というのは『作・微笑亭さん太』ですので、
是非ともご覧下さい!
エンドロールの『構成』のところに、
私の名前が本名で載る予定ですので、
ほんの0・1秒くらいを見逃さないように!(笑)
…あとは、大きなニュースが飛び込んできて、
番組自体が飛んでしまわないかが心配ですが…


どうぞ、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

白い雪に、黒い企み

クリスマスからお正月にかけて、
物凄く寒い日が続きましたよね。
普段、あまり雪が降らない地域でも、
白いものがパラつくなんて事がありました。


雪国で暮らす方々は、
さぞや大変だろうな~と思うんですが、
この時季になると、各地で『雪かき』『雪下ろし』に関する、
悪質な便乗商法というのが出てくるんですね。


豪雪地帯のご家庭では、雪かきや雪下ろしは、
大切な仕事であり大変な仕事ですよ。
そういう所に行っては雪下ろしをする代わりに、
法外な代金を請求するというものでしてね。
『このままだと、雪でカーポートがつぶれちゃうから、
雪下ろしした方がいいですよ』
なんてな事を言われて、
そりゃ大変だと雪下ろしを頼んだら、
1時間足らずの作業で3万円も請求されたそうでしてね。
それじゃカーポートがつぶれる前に、
身代がつぶれてしまいますけどね。


もっとひどいのになると、作業中に、
『あ~、これ、家の壁から水が入っちゃってますね。
これはマズいですから、壁の工事をした方がいいですよ』
なんてんで外壁工事を勧められて、
合計380万もの工事契約を結ばされたなんて話もありましてね。
そうなると、ほとんど詐欺に近いですよね。


しかも、雪下ろしの作業自体も非常に雑だそうですね。
雪の後片付けもしなかったり、中には屋根から下した雪を、
わざと車庫や倉庫の入り口前に積み上げてく奴もいましてね。
それじゃ扉が開きませんから、雪を移動させてくれと頼むと、
『じゃあ、別料金で2万円かかります』って、
まだお金を取ろうという図々しさ。
マッチポンプとは、まさにこの事ですよ。
『そんな金は払えない』と怒ったら、
『ああ、そうですか』ってんで、下した雪を、
また屋根の上に上げたらしいですからね。とんでもない連中ですよ。


雪深い地方では、
お年寄りの独り暮らしというのが結構多いですから、
冬の間、高齢者名簿を手に持って
『雪下ろし頼むやつはいねえか~』ってんで探し歩いてる、
ナマハゲみたいな業者もいるようですね。
各自治体も対策はしてるんですが、
成果は今ひとつのようでして…雪に関する事だけに、
なかなか『とけない問題』ですよね。


微笑亭さん太

酔って普段の如し

年末年始、忘年会だ新年会だと言って、
連日、脱脂綿の如くお酒を体にまんべんなく
吸収されてる方も多いんじゃないかと思います。


私は全くの下戸でして、お酒は一滴も飲めません。
でも、お付き合い程度には飲める体に生まれたかったな~とは、
ずっと思っていますね。


昔から、日本人は酒好きと言われておりましてね。
かのフランシスコ・ザビエルも手紙の中で
『日本人は食を節するが、酒はよく飲む』と記してるそうです。
彼は、酔っ払った友達に悪ふざけで、
バリカンで頭を刈られちゃって、
あんな頭になっちゃったそうですね…。


お稽古事で、
茶道や華道をやってらっしゃる方は多いと思いますが、
実はかつて、茶道や華道と同じように
『酒道』という修道があったそうですね。


室町時代の末に始まり、
明治の中頃に消えてしまった幻の修道なんですけどね。
公家流、武家流、商家流の三流儀があって、
お酒の注ぎ方、飲み方、返杯の仕方など、
酒席での礼儀作法を学んだわけですね。


商家流なんていうと商家の酒席ですから、
きっと場所は高級料亭で、前にはお代官様。
底に小判の詰まった菓子折りを用意しまして、
芸者には由美かおる、天井裏には風車の弥七を置くのが、
スタンダードなスタイルとされてましてね…日本の『わびさび』を感じますよね。


この酒道というのは精神的に茶道と通じる部分が多いので、
茶道に合流して無くなったようですが、
逆に、酒道の方に合流してたら面白いですよね。


未成年にも関わらず、中学や高校には
『酒道部』なんてサークルが出来ましてね。
顧問の先生はいつもベロベロ、日本酒片手に、
『最近、ウチの酒道部は、やたら部員が増えたな~』増えたんじゃなくて、
部員の顔が何十人にも見えてるだけでしてね。


で、酒道の厳しい精神修行が進んでいくと、お酒を飲んだだけで、
手の震えがピタッと止まるようになるという…ここまでくれば大したもんですよ。


女子部員なんかは将来、お見合いの席で、
『…お花と、酒を少々…』なんて、
堂々とアピール出来ますからね。
好感度アップにつながるんじゃないでしょうかね~。


微笑亭さん太

夢で食いましょう

私はあまりを見ない性質(たち)で、
仮に見たとしてもすぐに忘れてしまいます。


ただ寄席が近づくと必ずといっていいほど、
ネタが入ってない状態で高座に上がって、
一言も言葉が出てこなくて、
めちゃめちゃ困っている夢というのは、よく見ます。
これは昔からそうですね。


初夢というのは2日の夜に見たものを言うそうなので、
昨夜(今朝)見たものは、正確には初夢ではないでしょうが、
珍しく、見た夢を鮮明に覚えています。


その夢というのは、
知り合いの『竜宮亭無眠さん』が、
私の目の前で、お漬物でご飯を食べている夢でした。


…はあ?という感じですよね。
私がここに書く事は120%『ネタ』なんですが、
これはネタでも何でもなくて、事実なんですよね。
ただただ、お漬物でご飯を食べる無眠さん…
お漬物で、うつけ者がご飯を…あ、いや、不思議な夢でした。


随分前に、無眠さんの大好物は、
『白いご飯とお漬物』というのは伺った事があるんですが、
それが潜在意識の中に残っていて、よりによってのタイミングで、
夢の中に登場しちゃったんでしょうかね?


普通、夢というのは、意味の判らない展開になったりしますが、
この夢の中での無眠さんは、
非常に秩序ある食べ方をしてらっしゃいました。
ただ一つだけ、決定的なウソがあったのは、
お漬物の中にナスがあったんですよね。
無眠さんは『ナスが嫌い』というのは、
私の脳内在住の夢の演出家も、気づいてなかったようです。


…あ、ちなみに、下戸でナス嫌いの無眠さんは
『家見舞』という落語の中で、
美味しそうに、ナスを肴に酒を飲むシーンがありますが、
それを見ると私は、心の中で、
『…このウソつきめが!』と罵っています(笑)


お漬物でご飯を食べる無眠さんが夢に出てきたという事は、
今年はますます、『落語漬け』になりそうな予感がしますね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード