誤りは謝ります

「先生、急患です!」
「何?急患?……どうしました?」
「先生、ワールドカップの日本戦見てたら、体調が悪くなったんですよ」
「ほう、どこが?」
「どうも…パラグアイ(腹具合)がよくなくて…」

…日本代表の選手の皆さん、お疲れ様でした。


今回のW杯は『大きな誤審』が注目を集めてますよね。
イングランド―ドイツ戦のゴールは、明らかにラインを越えてましたしね。
アルゼンチンのゴールも、ビデオで確認すれば、
やはりオフサイドに見えます。


イングランド戦の主審、ウルグアイ人のラリオンダ氏は、
ハーフタイムにテレビを見て自分の誤審を知り、
『…こらアカン、やってもうた~!』と、
タコ焼きを食べながら叫んだそうですが、
間違えた事に気付いた場合、訂正すらさせてもらえないんですかね?
私はサッカーに詳しくないから、よく判りませんが、
審判にとってもファンにとっても、非常に酷な感じがします。


ゴールラインを越えてるかどうかとか、
オフサイドか否かなんてのは、
本当に試合の結果を左右する判定ですから、
みんなで相談しちゃダメなんですかね?


審判全員で相談を重ねて、
「…只今のジャッジについて御説明申し上げます。
主審のジャッジは『ゴール』との判定でしたが、
微妙と見て、打ちなおしとします」なんてんで、
大相撲みたくしたらどうですかね?


しかし今回の一件で、
イングランドのサポーターは激怒してますから、
審判は命の危険を感じてるようですね。
もしもの時のために、ピストルを持ち歩いてるそうです。
これがいわゆる、
『誤審用の銃』というヤツですね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト

歯医者復活!

昨日は2年ぶりに歯医者に行ってきました。
何度かお世話になっている、行きつけの(?)歯医者さんです。


「今日はどうされました?」
「左の奥歯が虫歯になっているようなんですが…」
「そうですか、じゃあちょっと見てみましょう。
……あ~、これは虫歯ではなくて、歯が欠けているだけですね」
私に欠けているのは人望だけではなかったようです。


「欠けた先が尖ってますので、削って丸くしておきますね。
大丈夫ですよ。痛くないですし、血もでませんから」
そう言われて削っていただいたんですが、
その後、うがいをしたら、引くくらいに水が真っ赤に!
『…えっ、めちゃめちゃ出血してるじゃん!?』と思ってたら先生が、
「ああ、出血は気にしないで下さい。
今、削ってる時に、間違って歯茎を傷つけちゃっただけですから」
「ああ~」
「大丈夫ですよ。薬塗っておきましたからね」
「ありがとうございます」
………いやいやいや、
この会話の流れはおかしいでしょうと、後になって思いました(笑)


2年前にかかっていた時に、
歯の根っこの部分が悪くなっていて、
その歯を抜くかどうか決断を迫られた事がありました。
「今は抜かなくてもいいかも知れませんが、
やがて抜く事になるのは確実だと思いますよ」と言われたんですが、
とりあえず『保留』という事で、抜きませんでした。


今回撮ったレントゲン写真を見て先生が、
「これで見る限り、2年前の例の歯は、進行が止まってますね~。
絶対悪くなっていくはずなんですが、おかしいな~……」
…先生、進行が止まってるんだったら喜んで下さいよ。
何でそんな『残念な空気』を醸し出してるんですか?


とりあえず昨日は、
歯茎を傷つけられた代金として、2580円を払ってきました。
暫く通う事になりそうです。


微笑亭さん太

試して、発展

子供の頃というのは誰しも、
未来に対して希望を持ってますから、
様々な技術の発達を夢見てたりしますよね。


『自分が大人になる頃には、
空飛ぶ車が縦横無尽に空を飛び回ってるんじゃないか』なんて、
思ってた方も多いんじゃないかと思いますが、
21世紀に入って、年金は宙に浮きましたが、
車は大空を飛び回ってないですよね。
我々が空想するほど早いスピードで、
技術革新というのは進んでるわけではないようですね。


文部科学省が、大学教授や民間技術者2900人に
『今後30年の技術発展』
予測してもらったらしいですね。
それはもちろん、ある程度根拠のある予測ですから、
『ある日突然、机の引き出しから、青い猫型ロボットが出てくる』だとか
『遠い星から、3分間しか役に立たない光の巨人が地球を守りにくる』といった
荒唐無稽な予測ではありません。


それによると、今後30年で、
『ガンの転移や、アルツハイマー病の進行を阻止する薬の開発』ですとか、
『砂漠の緑化技術』、『マグニチュード6以上の地震の予測』なんて事が
実現するそうですね。


ドラえもんは無理でも、
『家事や介護をするロボット』なんてのは
実現するそうですね。
これが実現したら、世のお父さん方は喜びますよ。
何しろ炊事、洗濯、掃除を完璧にこなしてくれる上、
文句も愚痴も言わなきゃ、指輪やバッグを買ってくれとも言わないわけです。
鼻歌混じりで、離婚届けにサインをするお父さんが続出するでしょうね。


お爺ちゃんがボケちゃっても、介護もしてくれますからね。
お爺ちゃんが食べ物と間違えて、テーブルの上の灰皿を食べようとすると、
「…ナンデヤネ~ン!」
ちゃ~んと、『ボケたらツッコむ機能』も付いている優れものなんですね。


あと『100万円以下の宇宙旅行』
なんてのも実現するそうですが、
もし仮に実現したとしても流行るかどうかは、微妙な感じですよね。
第一、宇宙なんて真っ暗で景色がいいとはとても思えません。
それに、大きな旅の楽しみである『食べ歩き』なんて事もできませんよ。
うっかり、ぶらり途中下車なんかした日には、
それっきり帰ってこられなくなっちゃいますからね。


旅行目的としては今いちでも、
研修目的では使われるかもしれませんね。
夏休み前の小中学生とかを『天の川』に連れていって、
「良い子の皆さ~ん、夏休みになったからといって、
気が緩んで犯罪などに手を染めてはいけませんよ~」なんてんで、
織姫に呼びかけてもらうわけですね。
そうすれば、『織姫と非行防止(彦星)』なんてんで、
あちこちの学校の生徒がやってくるんじゃないでしょうかね?


微笑亭さん太

言わぬが噺家

昨日は豊川市民病院で落語を演ってきました。
もう3年連続で呼んでいただいている、女性ばかりの親睦会です。


雨が降り、鬱陶しい天気の中、
20名ほどのお客さんが来て下さいました。
『転失気』『離婚式』『楽しい動物園』で1時間ちょっと喋りましたが、
皆さん、よく笑ってらっしゃいました。


終わったあと、皆さんとお茶をご馳走になりながら、
雑談タイムがありました。


「落語というのは、ナマで見るのが一番ですよ~」
「色物なんかも、ナマは迫力が違いますから」

さんざっぱら、そうフッておいて、
この時とばかりに、小市民寄席の宣伝をしました。
「こんなチケットなんですよ~」と実物を見せると、
「まあ、お箸がつくんですか?」
「これが付いて1500円なんですか?」
「安いわね~」
「いいお箸ね~」
結構食いついて下さった結果、
1枚も売れませんでした(これがマジなのが悲しい・笑)


あ、でもCDを7枚も買っていただいたので、
ありがとうございました。


お客さんの中の一人の方が、
「昨年、この会に来て落語にハマって、
その後、アマチュアの会を見に行ったんだけど、
ぜ~んぜん面白くなかったわ~」と仰ってました。
『それは、何ていう方の会ですか?』と、
喉まで出かかったんですが、
聞いてはいけない気がして、止めておきました。
……あ~、気になる(笑)


微笑亭さん太

欲求肥満がたまります

肌の露出が高くなる夏を前に、
少し痩せたいな~と思ってる方は多いんじゃないかと思います。


すっかり定着した感のある、
『メタボリック症候群』という言葉ですが、
これが最近は大人だけではなく、
無縁と思われていた子供たちの中にも蔓延しつつあるようですね。


それを受けて今、『子供用メタボ基準』なるものがあるんですね。
これは、血圧の上が125mmHg以上、下が70mmHg以上。
空腹時血糖値が100mg/dl以上で、
中性脂肪の値が120mg/dl以上、
HDLコレステロールが40mg/dl未満。
この数値のうち、二つ以上当てはまって、ウェストが80センチ以上の子を
『小児メタボリック症候群』と呼んでいるそうですね。
そこまではいかなくても、『メタボ予備軍』の子供は沢山いるようです。


この主な原因は、言うまでもなく食生活ですね。
とにかく今の子供たちの食事というのは、高カロリー、高脂肪に偏っていて、
ビタミン、ミネラルが不足しがちなんですね。
これは今のお母さん方にも責任の一端はありますよ。
日本人の食生活が肉食を中心とした欧米風に変わっていったというのも、
魚や野菜に比べて、肉の方が調理が簡単なんですよね。
「今日の晩御飯、何にしようかしら?
焼肉にしようか、豚しゃぶにしようか、トンカツにしようか…」
選択肢が全部『肉』縛りなんですよね。
一般家庭が『メタボ児童製造工場』と化しているわけですよ。


食糧難に苦しむアフリカ諸国なんかでは、
子供たちがちゃんと物を食べられるように、
学校給食を充実させようなんて世界的な動きがありますが、
日本の子供たちの場合は、学校給食が一番の『粗食』になってるわけですよ。
彼らにとって栄養バランスを考えた学校給食は、
精進料理に等しいですからね。
一歩外へ出れば、
ファーストフード店やコンビニのジャンクフードの誘惑が
至る所にあるわけですよ。


ここはひとつ、お店にも協力してもらって、
子供たちには高カロリーな物は
売らないようにしてもらったらどうですかね。
そうなりますと、
昨日まで『ハンバーガーとポテトとナゲット』のセットを食べてた子が、
『アワ、ヒエ、干しイモ』のセットを食べるようになってくるわけですね。
これなら、確実に健康状態は改善されると思うんですけどね。


微笑亭さん太

ドクター&クィーン

今日は小市民寄席の稽古に行ってきました。
今は月曜日、木曜日の週2回稽古日なんですが、
来週から、ほぼ毎日という、『臨戦モード』に突入します。


今日は日曜日のトリを務める、
天狗連の専属ドクター、駒久家南朝さんと、
名古屋から豊橋に引っ越し、本格的に小市民復帰となる、
元『海の女王』(ミスコン)成田家半玉さんが来てました。

南朝さん&半玉

「南朝さん、お久しぶり~!私、本格的に天狗連復帰したからよろしく。
お待たせしちゃってごめんね」
「いや、全然待ってないから」
「またまた、そんな事言って。私が豊橋に帰ってきて、本当は嬉し…」
「…くないから!どちらかというと、関わりたくないんだよ。
僕は稽古してるんだから邪魔しないでよ。今回はネタ下ろしなんだから」
「ネタ下ろしなの?今までのやつ演ればいいのに。得意ネタあるじゃん。
あの…『窓ガラス』とか」
「…それを言うなら『明烏』(あけがらす)でしょう?」
「『明石家さんま』とか」
「『目黒のさんま』だね」
「それから…そうそう、『ベッド』」
「『寝床』だよ!いつからそんなボケ方覚えたの?」
「ちゃんと、ツッコめるじゃん」
「うるさいよ。…ところで、君の前にある、そのボトルは何?」
「あ、これ?これはね、水が入ってるの。最近さ、喉が渇いてしょうがないのよ」
「どこか悪いんじゃないの?良い医者に診てもらった方がいいよ」
「その台詞を、お医者さんから言われるとは思ってなかったわ。
まあ最近、南朝さんは芸が枯れて、
私は肌が枯れてきたって事ね…って、ほっといてよ!」
「僕、何も言ってないよ」


こんな会話は一切してませんでした。
小市民寄席、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

野球でお灸を、すえられます

ここ数年、不祥事続きだった相撲界が、
ついに存亡の危機を迎えてますよね。
大関・琴光喜の野球賭博疑惑に端を発し、
65人もの力士の賭博行為が明らかになってますよね。


これからもどんどん増えるかもしれないという事で、
名古屋場所の開催が危ぶまれてますよね。
公益法人である日本相撲協会の力士が野球賭博に手を染め、
そのお金が暴力団に流れていたという事になると、これは大問題ですよ。
しかも、現役力士だけでなく、床山さんまでやっていたという。
最初は認めていなかったわけですから、
床山さんは髪だけでなく、ウソもゆっていたわけですね。


しかし、野球賭博だけではなく、
花札、麻雀、賭けゴルフと何でもありの状態だったようで、
相撲界というのは、ちょっとした『和風カジノ』だったわけですね。
そのいずれにも手を染めていなかった真面目な力士たちにとっては、
いい迷惑ですよ。


この事件を受けて、とある若手力士が、
「とても悔しいです…自分は入門以来、ず~っと相撲道に精進してきました。
自分は、相撲にかけてるんです!」って言ったら、
その発言が『不適切発言』になっちゃったらしいですけどね。


実際、野球賭博はあっても、相撲賭博はないんですかね?
「そんなに何でもあるんだったら、野球賭博じゃなくて、
相撲賭博にすればよかったんじゃないですか?」って言ったら、
「相撲は八百長があるからダメだ」って言ってましたけどね。
…何となく納得してしまいそうですけどね。


名古屋場所が開催できるかどうかは協会の対応にかかっているわけですが、
今までに大麻、暴行致死、傷害など『前科』多すぎますからね。
当初、『期限までに名乗り出た者は厳重注意で済ませる』と言ってましたが、
そのうち『銀行強盗しましたけど、許してくれますよね?』ぐらい
言い出しかねないですからね。
その対応でファンが納得するかどうか、
協会内で賭けの対象になってるらしいですね。


今回の事で大打撃を被った相撲界を再生するには、
並大抵の努力では無理です。
いかに相撲に没頭しているかをファンに示すためには、
1年365日、場所を行ってみたらどうですかね?
しかも、1人5回くらい1日の取組があるんですね。


それだけ相撲を取ってたら、
野球賭博のハンデ師からのメールを確認している暇もないですし、
大麻を吸ってる暇も、
モンゴルへ帰ってサッカーをしてる暇もなくなるわけですから、
ファンへのアピール度は大きいと思いますよ。


しかも、このハードスケジュールが原因で力士が亡くなったりすれば、
『大相撲史上初の過労死』という事で、
歴史に名を残すんじゃないですかね?


微笑亭さん太

月に微笑む、夏の夜

まだ先なんですが、寄席の告知をさせていただきます。
月の家鏡太さんという、新進気鋭の二つ目の方と、
二人会をさせていただく事になりました。

鏡太・さん太 二人会

『豊橋 落語 きっき亭』
月の家鏡太・微笑亭さん太 二人会

8/9(月) 豊橋市神明町『あんくるとむ』にて(0532-53-5355)
18時半会場 19時開演  木戸銭¥1500


マイミクの『きっきさん』という方の企画で、
プロの方との本格的な二人会が実現する事になりました。
月の家鏡太さんは、円鏡師匠のお弟子さんで、
昨日の『日本の話芸』に出られていた、橘家円蔵師の孫弟子に当たられます。
将来性十分の、落語協会期待の二つ目です!


えっ?鏡太さんの落語を聞いた事あるのかって?


……ありません(笑)
だからこそ、私自身、凄く楽しみにしております。
鏡太さんの胸を借りるつもりで、
2席づつ演らせていただきますので、
『聞きに行ってもいいよ~』という方は、是非お越し下さい。


会場は、いつも天狗連の月例寄席をやっている『あんくるとむ』です。
イスの席数は30席程度しかありませんので、
前売券をご希望される方は、メール、メッセージ等をいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。


微笑亭さん太

鶴橋減滅渡さんと、離婚ネタ

昨日は、月例寄席でした。
小市民前の最後の月例寄席です。
出演予定だった橘亭郵便箱君が、
野球賭博に関わった疑いが持たれたため出演できなくなり(ウソ)
減滅渡さんと私の、二人会になってしまいました。


『鉄砲勇助』           鶴橋減滅渡

『離婚式』            微笑亭さん太

『星野屋』            微笑亭さん太

『胴切り』            鶴橋減滅渡


私は、自作である『離婚式』のネタ下ろしでした。
自分としては非常にパワーを使う展開のネタでして、
途中で歌をしくじらないように歌うというのが、一番の課題でした。
私は歌が苦手なのに、何故そんな展開に…って、自分で書いたんですけどね。
とりあえず、大きなしくじりは無くて良かったです。


『離婚式』がマンガチックなネタであるのに対し、
二席目は、ガラッと雰囲気の違う古典をと思い、
久しぶりに『星野屋』を演りました。
さほどクスグリの多い噺ではないんですが、
皆さん最後までついて来て下さったので、演ってよかったです。


減滅渡さんは、二席ともさすがの出来ばえで、
結果的には、良い二人会になったのではないかと思っています。
また機会があったら、是非二人会をやりたいですね~。


終了後は、いつも寄席に来て下さり、小市民の広告も出してくれている、
『うめセンセイ』『てるりんさん(ふりかけさん)』
写メを撮って、ここに載せようと思っていたんですが、
ケーブルテレビの告知用のVTR撮りがあって、できませんでした。
次回また、一緒に撮って下さいね。


微笑亭さん太

交換度アップ!

ワールドカップは、毎日熱戦が繰り広げられてますが、
先日の試合、日本も惜しかったですよね。


試合が終わった後、両チームの選手が互いの健闘を讃えあって、
ユニフォームを交換したりしますが、
あれは見ていて清々しさ感じさせる良い光景ですよね。
ですから、他のスポーツでも取り入れた方がいいですよ。


今こそ、劇的なイメージアップが必要な相撲界なんかは、
取り組みが終わった後、力士同士が土俵上で、
まわしを交換するわけですね。
場内からは、女性客の悲鳴と歓声が入り混じった声が上がるでしょうが、
互いに『もろ差し』になった後『もろ出し』になるなんてのは、
なかなか気の利いた演出になるんじゃないでしょうかね?


それから、是非取り入れた方がいいと思うのが
『女子ビーチバレー』ですね。
試合が終わった後、選手同士がビキニの水着を交換するという…
そうすれば浅尾美和選手の試合なんかは、
観戦のチケット代が1枚10万円くらい取っても
お客さんが殺到すると思いますけどね。
しかも試合終了間際になるにつれて、お客さんが増えたりしてね。


逆に取り入れられたら困るのはゴルフですよ。
ホールアウトした後、お互いのクラブを交換するなんてのはね。
「…あの野郎、交換する事を前提に、
いつもいつも安いクラブを使ってんだよな。
で最後、俺の使ってる良いクラブを持ってっちゃうんだよ。
今日なんか、工事現場から拾ってきた鉄パイプで打ってやがんの」
なんてんで、相手のクラブ目当てで一緒にラウンドする人が出てきましてね。

衣装展

もしも、落語の世界にも『着物交換』があったら、
我が天狗連の、成田家虚生さんと同じ寄席には出たくないですね。
終わった後、着物を交換されても、
『スイカ柄』や『まねき猫柄』の着物は、
とても自分には似合いそうにないですからね~。


微笑亭さん太

たった一人の孤独な寄席

昨日は、毎週土曜日に『エフエム豊橋』で放送されている
『84の3 WAVE THE BURRN』(やしのみウェ~ブ・ザバーン)という番組に
ゲスト出演させていただきました。

渡辺さん(ツーショット)

小市民寄席の告知がメインの目的でしたが、
『ナマラジオ寄席』という事で、
スタジオブースで一席演ってきました。
私の落語人生における初体験です。


エフエム豊橋では、『豊橋ラジオ寄席』というタイトルで、
天狗連の落語を、毎週一席づつフルに流してくれています。
もうかれこれ17年も続いてる長寿番組ですから、
ここの放送局も、よほど他にネタがない…いや、ありがたい事です。


17年前の記念すべき第1回目の放送は、私の高座でした。
私は自分の落語が放送されていた事を、後で人伝に知ったんですが、
当人に何の知らせもなく高座を放送してしまうという、
その『著作権に対する、ゆる~いスタンス』を知り、
エフエム豊橋のファンになりました(笑)


覚悟はしていたものの、
スタジオでの落語というのは、なかなか大変でした。
普段、お客様という『ナマモノ』を相手にしている我々にとっては、
目標物が前にいないというのは、随分と勝手が違いました。
選んだネタ、『こうもり』の主役『あおいちゃん』も、
今イチ飛び回れなかったかもしれません。


稽古以外で、人前で洋服姿で落語を演ったのも初めてでした。
やはり、着物を着ないとスィッチが入らないんですかね?
放送をお聞きになった方、すみません。
次回は、もう少しうまく演りますので(…また出る気かいっ!!)

こだまさん(ツーショット)

陽子さん(ツーショット)

いつも応援して下さっている、
こだまさん、陽子さんもスタジオまで来て下さいました。
どうもありがとうございました。


メインパーソナリティーの渡辺さん、
また是非、よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

『オチ』の前の『降り』

昨日は、豊橋の向山にある市民文化会館にて
『向山寄席』に出演してきました。

6/18(向山寄席)

毎年恒例の寄席でして、
今年で9回目を数える、ありがたい寄席です。
しかし、開催するのがこの時期ですので、
どうしても雨が降る確率が高いんですね。


昨日も、土砂降りに近いような天候で、
会場へ向かう私の車のラジオからは、
『…雨の日は、スベりやすいのでお気をつけ下さい』という、
とても不吉な交通情報が流れていました。
…寄席に行く前には聞きたくないフレーズです。


会場に着いたら、50人くらいの長蛇の列ができていたので、
『うわ~、向山寄席も大人気なんだな~』と思ってたら、
隣の大ホールで行われる、バイオリンのコンサートのお客さんでした。
寄席の方は、まだ関係者すら到着してませんでした。
…そりゃそうだ。


『厩火事』         望々亭みるく

『替り目』         鶴橋減滅渡

『お伽村』         微笑亭さん太


今度発売するCDのジャケット写真を撮るために、
天狗連の弾家呈茶ご夫妻がお見えになってました。
前回のCDジャケットも、
プロのカメラマンである旦那さんに撮っていただいたものです。
モデルが悪くても、カメラマンの腕が良ければ何とかなるという事を、
豊橋市民に知らしめたような出来ばえでした。


『…この人、落語の途中で時々変な方向を見て顔作ってない?』
私の高座の最中に、私を見てそう思った方、
落語そっちのけで、カメラ目線になっていた私をお許し下さい。


足元の悪い中、70名以上のお客さんが来て下さり、
例年と同じように、大いに笑っていただいたと思います。
わざわざ来て下さった知り合いの方々、
本当にありがとうございました。


それから、ここで告知しましたが、
今日は『エフエム豊橋』に生出演して一席演ります。
もしよろしければ、午後2時台は84・3MHzに合わせて下さいね。
…あ、2時台だけじゃなくて、全て聞いて下さいね(笑)


微笑亭さん太

『今、ソフトバンクのCMに出てるお爺ちゃんって誰?』『大滝地デジ』

信じられない事に、と言っては失礼なんですが、
W杯、日本がカメルーンに勝ちましたよね。
苦戦が予想されていた今大会だけに、
選手の皆さんも、嬉しさはひとしおだと思います。


大会前の日本国民のテンションは、
お世辞にも『最高潮に盛り上がってる』とは言えなかったと思います。
それが初戦をモノにした事で、俄然注目度がアップして、
次の試合を大きな画面で見たいという事で、
テレビが売れているそうですね。
これも『W杯特需』と言えるんでしょうかね。


テレビやビデオの売り上げが伸びる時期というのは、
年末年始だそうですね。
やはり年末年始は面白そうな特番が目白押しですから、
綺麗な画面で見たいと思うのが人情ですよね。


昔は、大衆食堂やラーメン屋なんかで、
「おばちゃん、ちょっと野球見たいからチャンネル替えて」
なんてんで、店のテレビを見るのが普通でしたが、
今はワンセグ携帯でテレビが見られますから、
チャンネルを替えてもらう必要がないんですね。
お客さん一人一人が自分の携帯画面を覗き込んでましてね。
刑事ドラマの取調べシーンを携帯で見ながら、
カツ丼を食べている光景というのも、
なかなか面白かったりするんですが。


しかしテレビというのも、どんどん薄くなっていきますよね。
世のお父さんの髪の毛以上のスピードで薄くなっていきましてね。
この前なんか、あんまり薄いからってんで、
文庫本のしおりに使ってた人がいましたからね……。


「俺ん家もさ、薄型テレビが入ったから見に来いよ」
友達に誘われて見にいったら、
薄型どころか、普通のぶ厚いテレビで、しかもかなり古いんですね。
「お前これ、買ったの?」
「いや、粗大ゴミとして捨ててあったから拾ってきたんだよ。まだ映るし」
「拾ってきたの?これのどこが薄型テレビなんだよ」
なんてんで、スイッチを入れてみたら、
画面の色が薄かったという……。


ちなみに私は画面の右上に、
『アナログ』という『差別用語』が入るテレビを見ています。


微笑亭さん太

プリンの関係

とあるコンビニで、お客が棚にあったプリンを床に落としたため、
店員がそのお客に弁償を求めたところ、
客がキレて店員にプリンを投げつけたため、
暴行容疑で逮捕されたという事件があったようですね。
これはまさに『プッツンプリン』ですよね。


逮捕した警察は、『プリンだろうとゼリーだろうと、
人に投げつけたら暴行』とコメントしているとの事で、
『果たしてプリンとゼリーと、どちらが凶器として危険か?』なんという議論が、
ネット上で交わされているらしいですね。


『食の安全』という事が盛んに言われる時代ですが、
事故が起こったりすると、
当然の事ながらバッシングを受けますよね。


その典型的な例が『こんにゃくゼリー』でして、
ヒット商品でありながら、
ゼリーを喉に詰まらせて死亡してしまうなんて事故が起こるたびに
槍玉にあげられます。
でも冷静に数字を見てみると、『こんにゃくゼリー』より
普通の『お餅』の方が、沢山の方が亡くなっているのに、
お餅は販売停止になったりしないんですよね。
何となく、釈然としないんですけどね。


食品としては安全であっても、
形状自体が油断のならない食べ物ってのは結構ありますよ。
『いもけんぴ』なんてお菓子は、
『額に刺さった』とか『頬を貫通した』とか、
『お菓子屋』より『金物屋』で売った方がいいような、
殺傷能力を持った物ですしね。


それから『ミルキー』を食べたお蔭で、
歯医者に行くハメになったという方は、ごまんといるでしょうしね。
ママの味は、銀歯を破壊する能力を秘めてますからね。


ロングセラーである『ルマンド』なんてお菓子は、
口に刺さったときの不意打ちでは最凶クラスですね。
一見柔らかそうに思えるんですが、
刺さるときは裁縫針の如く鋭くなって秘孔を突いてくるんですね。
『ルマンド』という優雅な名前からは想像もつかない攻撃に、
『…ササッテモタ』と、思わずフランス語っぽく驚いてしまいそうですね。


微笑亭さん太

やせなくたっていいんだよ、おんなのこだもの

『痩せる事』にかける女の子の執着心というのは凄いもので、
もう痩せる必要がないだろうという子でも
『もうちょっと足が細くなりたいわ~』とか、
『二の腕のお肉を何とかしたいわ~』などと、
貪欲に痩せようとしていますよね。


しかし男性の立場からしてみると、
あまり痩せてる子は苦手という人は多いですね。
『ちょっと油断しちゃった感じの体型』の方が好きだという男性は、
女性が考える以上にいると思います。


そんな男性たちがターゲットになるんでしょうか、
『ぽっちゃりしたメイドさん』ばかりが働くという、
『ぽメらにあん』というメイドカフェが、東京・秋葉原にあるそうですね。

ぽメイド

この店で働くメイドさんは、BMI値が25以上のぽっちゃりさんだけで、
『BMI指数』も『エンゲル係数』も高そうな子ばかりです。
見た目は『ぽっちゃり』を超えて、
相撲取りを『うっちゃり』できるような体型をしてるんですね。
でも、結構人気があるようですから、
世の男性というのは、そういう女性好きが結構多いという証明ですよね。


この次は恐らく、ガリガリの女性ばかりがメイドをやってる
『げっそりカフェ』なんてのができるんじゃないでしょうかね。
体重30キロ台くらいのガリガリの子ばかりが勤めてるんですね。


お客さんが入っていくと、
全員が腕に点滴をした、青白~い顔で迎えてくれるんですね。
「…ゴホゴホゴホ…お帰りなさいませ、御主人さ…ま…」と言いかけたところで
全員、栄養失調でバタバタ倒れていくという…
本当の意味での、『冥土カフェ』にはなりそうですよね。


微笑亭さん太

FMプレイを楽しんできます

私の所属する天狗連が行っている『月例寄席』は、
毎週土曜日、FM豊橋の
『84の3 WAVE THE BURRN』(やしのみウェ~ブ・ザバーン)という番組の中で、
『豊橋ラジオ寄席』として、
一席づつフルに放送していただいてます。


FM豊橋開局以来、もう17年ほど続いている事になりますので、
天狗連のメンバーは、とてもFM豊橋の方へ
足をむけて寝ている事をお詫びせずにはいられません。


そんなお世話になっている『ザバーン』に、
今週19日に、私がゲスト出演させていただく事になりました。
もちろん、生放送です。
FM豊橋が聞ける範囲にお住まいの方々、
よろしければ、聞いてみて下さいね。


出演時間は午後2時台になるんですが、
『ナマラジオ寄席』という事で、スタジオで一席演ります。
スタジオ内で落語を演るのは初めてですので、
どうなる事かと縄文式…いや、ドキドキしております。
お暇な方は、スタジオの方まで石を投げに…いや、応援しに来て下さい。


それから、ちょっと変わった企画なんですが、
『落語で学ぶ悪質商法  ~小粋に笑って知る手口~』と題して、
7/23(金) 午後2時~
つつじが丘地域福祉センター(佐藤5丁目 つつじ小学校東側)にて、
私が落語を演ります。

つつじが丘(ビラ)

『悪質商法』をテーマにした創作落語を私が作りまして、
それを聞いていただいて、その内容から
悪質商法の手口について知っていただくという試みです。
もちろん『ネタ下ろし』ですし、35分超の大ネタ(!)ですので、
興味のある方は是非お越し下さい。


申し込みが必要となりますので(7/1から受付開始)
豊橋市東部地域包括支援センター(0532-64-6666)まで
申し込まれた上、よろしくお願い致します。
…しかしこのタイトル、『落語で学ぶ悪質商法』というと、
何だか、私が皆さんに、
悪質商法のやり方について教えるみたいに思えますよね(笑)


あと、間近に迫った出演としましては、
6/18(金) 午後7時~
『向山寄席』 市民文化会館(豊橋市向山)
木戸銭無料  出演・鶴橋減滅渡 望々亭みるく 微笑亭さん太


6/21(月) 午後7時~
『月例・あんくるとむ寄席』
居酒屋あんくるとむ(豊橋市神明町 0532-53-5355)
木戸銭¥100  出演・鶴橋減滅渡 橘亭郵便箱 微笑亭さん太

私はここでも、創作のネタ下ろしをする予定です(大丈夫か!?)


そして何といっても、
『第31回 小市民寄席』
7/10(土) 午後5時~  11(日) 午後2時~
木戸銭¥1500(天狗連箸付き)


よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

死ぬほど楽しい~!

新聞やニュースなどを見ていると相変わらず、
自殺者のニュースというのが毎日のように載っています。
特に経済苦による自殺が増加していて、
年代で言うと、20代から40代が増えているようです。
とても悲しい事です。


観光地でありながら自殺の名所として有名なところというと、
言わずと知れた東尋坊ですが、この東尋坊で昨年、
崖からバンジージャンプをやって、
お客さんを呼び込もうという案が出た事がありましてね。
その手のネタが大好物な私でさえ、
若干引いてしまうようなブラックさです。


と言うのも、東尋坊は1991年をピークに、
観光客がどんどん減っているそうですね。
ですから、これが実現すれば、お客さんが増えた上に、
東尋坊での自殺者の減少に繋がるんじゃないかという事ですが、
それにしても凄い発想ですよね。
このイベント名は恐らく、
『なんちゃって自殺』とでも付けられるんでしょうかね?


東尋坊からのバンジージャンプというだけで、
かなりインパクトのある思い出ですが、
飛んでいる所をビデオカメラで撮影して後で映像を見てみたら、
海面から無数の白い手が伸びてくるところが映ってたなんてのは、
色んな意味で一生忘れられない思い出になるでしょうね。


同じく自殺の名所として有名な青木ケ原の樹海ですが、
こちらの方では4年ほど前から、
『樹海での散策』という企画を実際にスタートさせてましてね。
これもやはり、観光振興と自殺者の減少が目的なんですが、
結構人気だそうですね。


「はい、じゃあこれから樹海の中に入りますよ。
いいですか、散策の途中で白骨死体とか見つけちゃった方は
骨を回収して下さいね。
一体分完全に集まってたら、後ほど記念品を差し上げますからね」
なんてな事言いながら入って行くんですが、
参加者は全部で100名いたのに、
出てきた時には80名しかいなかったりしてね。


で、翌年の散策の時に、
行方不明者たちを発見しに行くという……
物は順にいっていて、なかなか良い企画ですよね。


微笑亭さん太

昼下がりのランチ妻

昨日は、近くのフレンチレストランにて40分ほど喋ってきました。
町内会の役員懇親会の席で、ウチの店から徒歩5分という、
最短距離での営業でした。

ブルージュ(高座)

落語は午前11時からで、
その後、皆さんでランチを楽しむという趣向ですから、
すでにテーブルにはお皿やナイフなどがセッティングされていました。
要するに『おあずけをくった犬』のような状態で
私の落語を聞くわけですから、
皆さん、さぞや辛かったのではないかと思われます。

ブルージュ(客席)

私が高座に上がる前、幹事の方が紹介して下さったんですが。
昨年、中日新聞に載った時の記事のコピーを見ながら
喋ってらっしゃいました。
その記事の取材を受けた時には、総選挙直後だったので、
『選挙』で謎かけをやらされていたんですね。


場所がフレンチレストランという事もあり、
場の空気はかなり緊張した感じでした。
「……こういった経歴の持ち主のさん太さんですが、
もうすぐ参議院議員選挙が控えております。
さん太さんがこの記事の中で、
『選挙』というお題で謎かけをしてらっしゃいますので、
それをご紹介させていただきます。
『選挙』とかけまして、『グルメ雑誌』と解く。そのココロは、
『おいしい事ばかり言います』…(シ~ン)…では、さん太さん、どうぞ!」
やりづれえ~!


まさか九ヶ月前の記事が、
この期に及んで自分の首を絞めてくるとは、
夢にも思いませんでした。


ネタは『熟女たちの宴』をリクエストされてたので、
マクラを沢山フッてから本題へ。
年配の男性が多かったんですが、
奥様と思しき妙齢の女性も何人かいらしゃいましたので、
その方たちを目がけて演ってました(笑)


落語をほとんど聞いた事がない方ばかりでしたが、
あれくらい笑っていただければ、
ノルマは果たせたかな~と思っています。


終わった後、会食の席もご一緒させていただいたんですが、
持っていった私のCD6枚を、全て自治会長さんが買って下さいました。
『代金はね、後で予算の方から払うから』と仰ってましたが、
荒井国家戦略担当大臣の、
漫画やCDの購入代金が経費とされていた事が問題視されている今、
それは大丈夫なんでしょうかと、いらぬ心配をしてしまった私でした。


微笑亭さん太

カメには、『字書く症状』はありません

山梨県甲府市の舞鶴城公園の堀で、
甲羅に白いペンキのようなもので
『カメデス』と落書きされたカメが見つかりましたよね。


別に自己紹介したくもないのに、
強制的に自己紹介させられてるようで、可哀想な感じがしますが、
ふと中学校の英語の教科書で、
机を指差しながら、『ディス・イズ・ア・デスク』と
満面の笑みで言っている少年を思い出してしまいました。
…『判ってるわ!』みたいな。


カメの事ですから、字が書かれたまま
『万年』生きていくのは辛いだろうにと思ったら、
甲羅は脱皮するから自然に取れるという話もありますね。


人間が捕獲して字を消してやろうと言ってますが、
ただこのカメ、俗に『ミドリガメ』と呼ばれている
『アカミミガメ』という外来種で、駆除対象にもなってたりして、
ちょっとややこしい感じがしますね。


しかしカメの甲羅に『カメデス』と書くのは、
キャビンアテンダントの背中に『スチュワーです!』と書いたり、
てこの原理を使ってる人の背中に『アルキメです!』と書いたり、
本気の人の背中に『マジです!』と書いたりするのと同じですからね。
天気予報に至っては、『アメだす!』と書かれたりして、
若干、訛りも入ってたりするんですが…。


人間目線では可哀想に思えるこの一件も、
カメの仲間内では、意外な反応かもしれませんね。
「いいな~お前」
「何が?」
「だってさ、背中に字を書かれたお蔭で、
全国ネットのニュースで、姿映してもらってるんだぜ。
すっかり、有名人…いや、有名亀じゃん」
「そうかな~?だけどさ、こんな字を背負ってるのは嫌だぜ」
「何言ってんだよ、そのくらいの事。
絶対にプラスになってるぜ、タートルでは」
「それ、『トータル』だろう?」
なんてんで、意外な人気になってる可能性もありますよね。


微笑亭さん太

天狗たちの焦燥

昨日は、天狗連の稽古に参加してきました。

稽古(コント・10日)
踊り(10日)

言うまでもなく、ここで何度も宣伝させていただいている、
『第31回 小市民寄席』の稽古です。

小市民ポスター

『小市民寄席』は来月10日、11日ですから、
ちょうどあと一ヶ月となったわけですが、
『夏の日に点火御免の天狗芸、尻に火がつき大炎上なり』という
今回のポスターコピーにあるように、
もうそろそろ、お尻に火がつく頃ではないかと思われます。

天狗連箸

今回のチケットには、『天狗連オリジナル箸』が付いています。
なかなか、イカす(死語)デザインの上、
あらかじめ割られているため、
『時そば』の二軒目の店でも使用できるという、
優れものです(古典落語『時そば』参照)
是非とも、お買い求め下さい。

小市民プログラム

今回私は、両日とも落語を演らせていただきます。
その他に、コントでも両日出させていただきます。
このコントも『微笑亭さん太・作』ですので、
どんな内容になるか、ハードルを下げまくってご覧下さい。


さきほど『時そば』の事を書きましたが、
土曜日に成田家虚生さんがお演りになる、
『三河弁・時そば』も、私が書かせていただきましたので、
本来の『時そば』とは全く違った味わいを楽しんでいただけたらと思います。
…ウケたら私の手柄、スベったら虚生さんの責任という事で(笑)


チケットご希望の方で購入手段が判らない方は、
メッセージ、メールなど下さると嬉しいです。


よろしくお願い致します。


微笑亭さん太

『校庭使っていいですか?』『うん、どうじょう』

東京町田市で、中学1年生の次女とその友達に、
学校への破壊行為をそそのかしたという事で、
37歳の母親が逮捕されたようですね。


この母親、教師への不満を訴える我が子たちに、
『そんなにうざいならやってくればいい。私の代の時は消火器をまいたり
窓ガラスを割ったりしたんだから』と言ったそうですが、
『消火器をまく』のは大変な作業ですよね。


一個でも結構な重さがありますし、何個くらいまいたんでしょうね?
でも、あちこちに消火器が散らばってたら、
どこで火事が起こっても、すぐに消せそうですよね。
…違うかっ!
子供の運動不足が言われる昨今ですが、
こんな運動不足解消方法は困りますよね。


今はエスカレーターやエレベーターを始めとして、
人間が楽できるような構造の建物が多いですから、
子供の運動不足解消のために、
学校をわざと苦労するような構造に作り変えたらどうですかね?


まずは校門を撤廃して、四方が高い塀で囲まれた状態にするんですね。
子供たちが中に入るためには、
フリークライミングの要領で塀をよじ登ってこなくちゃいけないんですね。
これだけでもかなりのカロリー消費ですよ。


で、校舎自体が物凄く超高層になってまして、しかも階段しかない。
『じゃあ、次の2時限目の理科は24階の理科室で、
3時限目の音楽は35階の音楽室で行うからな』

…教室移動だけで汗だくの筋肉痛になっちゃいましてね。


しかも廊下がルームランナーシステムになってるので、
ある一定以上の速度で走らないと、
いつまで経っても目的の教室にたどり着けないんですね。
さらに、教室のイスが全てロデオマシーンになってますから、
ノートを取るのも大変ですよ。


ただ、この校舎、よく停電するんですね。
何故かというと、この校舎は自家発電になってまして、
体脂肪率の高い生徒が発電室で自転車を漕がされてるんですね。
その力で電気が供給されてるもんですから、
漕いでる生徒の息が上がる度に停電しちゃうんですね。


これで子供の運動不足は、即座に解消されそうですよ。


微笑亭さん太

笑えない話

誰かの落語を聞いていて、冒頭の2、3分で、
『…あ、この人うまいな』という印象を受けたとします。
聞き進めていっても、実際うまいんですが、
ふと『あまり笑えない事』に気付いたりします。
こんな経験はありませんか?


口跡も良くて落語口調もしっかり出来てるし、
テンポも間も、決して悪くない。
仕草や表情も平均以上の物を確立しているのに、
なぜか笑えない落語というのに当たる事があります。


一般の方よりは落語を聞いている量は多いと思いますが、
アマプロ問わず、そういう噺家さんに当たるたびに、
『この原因は何だろう?』と、
考え込んでしまう事がよくあります。
そして、いまだに答えが見つかりません。


『あまりうまくないけど、やたら笑える落語』というのは存在します。
お笑いの世界では、
『持って生まれた、理屈ではない面白さ』の事を『フラ』と言いますが、
この『フラ』の持ち主に、こういうタイプは多いですね。
それはそれで立派に成立してます。


じゃあ今、面白いと言われている噺家さんたちが、
圧倒的なフラの持ち主かというと、そんな事はありません。
むしろ無さそうな方の方が多いくらいです。
という事は『技術で笑わせてる』のは厳然たる事実のわけで、
『技術のある人=面白い人』という公式になりますよね。


前述のタイプの人というのは、
うまいんですから『技術のある人』のわけですよ。
だからこそ、なぜ笑えないのかが非常に不思議ですね。
そういう方の高座を聞いたあと、『批評をして下さい』と言われたら、
非常に困ってしまうと思います。
『う~ん……何でウケがついてこないと思います?』と、
物凄く失礼な質問をしてしまいそうになります(笑)


ケース・バイ・ケースで、笑えない原因について、
その人なりの『状況証拠』をあげる事は出来ると思いますが、
『あっ、そういう事か!』と、目からウロコというような、
『物的証拠』をあげる事はできません。


この、私の長年の疑問に、
答えられる方がいらっしゃったら、是非教えていただきたいですね~。


微笑亭さん太

袋叩きしないで下さい

主婦の方なんかは、毎日のように買い物に行かれるわけですが、
スーパーなどのレジ袋の有料化が一部で始まって随分経ちますよね。
マイバッグなどを持参して買い物をする事により、
少しでも余分なゴミを減らす効果を狙って導入されたわけですね。


よく買い物をなさる主婦の方々はいいんでしょうが、
あまり買い物なんかに行かない男性の場合は、
買い物用のマイバッグなんか持ち歩いたりしませんよね。
レジに並んでから、入れる袋を持ってない事に気付いたりします。


レジ袋1枚で5円程度だと思うんですが、
その5円を余分に払わないといけないと思うと、
やたら悔しかったりしますよね。
あの時ほど、カンガルードラえもんが羨ましいと思った事はありません。


今のところは1枚5円のレジ袋も、
これからどんどん値段の方も上がっていくんじゃないでしょうかね。
1枚5円だったレジ袋が、10円になり100円になり、
しまいには1枚5万円ぐらいになったりしてね。


そうなるともう、貧乏人には持てません。
レジ袋でお買い物をする事が、セレブのステイタスになったりしましてね。
見栄を張ってレジ袋を持ちたいがために、生活を切り詰めましてね。
レジ袋代を稼ぐための、袋はりのバイトなんかしてたりして…
本末転倒も甚だしいですね。


当然、レジ袋の盗難というのも増えてまいります。
深夜のスーパーに忍び込んで、レジ袋を盗んで、
『……奥さん、いいレジ袋がありますよ』なんてんで、
ヤミで横流ししようという魂胆でね。
忍び込んだはいいけど、
複数の警備員に見つかって取り囲まれて、袋のネズミ状態。
最後には袋叩きにされちゃって、お袋に合わせる顔もないという…。


マイバッグとか、マイ箸とかの普及も大切ですが、
先日、『マイジョッキ持参の方、生ビール半額』なんて
サービスを掲げている居酒屋を見かけましてね。
マイジョッキで値段が半額って、これもなかなか良いですよね。
早速、マイジョッキを持っていって注いでもらったら、
ビールも半分しか入ってなかったらしいですけどね。


微笑亭さん太

午前様の落語

昨日は地元豊田市の『竜神交流館』で喋ってきました。
普段、遠方での高座が多い私ですが、
車で数分という距離の高座は、地元感満載です。


木戸銭は『コーヒー付で200円』という事でした。
今、喫茶店などでコーヒーを飲んだら、
最低でも350円はかかるでしょうから、
私の落語には、
『マイナス150円程度の価値がある』という事が判りました。


お客さんは60数名くらいだったと思いますが、
さすがに日曜日の午前10時からの落語を聞きに来ようという方々ですから、
聞く気が違いましたね。
『町内の若い衆』『竹の水仙』『熟女たちの宴』で2時間弱の会、
とてもよく笑って下さったと思います。


小市民寄席の告知なんかもさせていただいたんですが、
場所が場所だけに、チケットの『販売』はできないという、
ぬる~い感じの告知となりました(笑)


でも、興味を持って下さった方は何人かいらっしゃったみたいで、
終了後のお見送りをしている私に、
『チケットはどこで買えますか?』とか
『出られるのは何曜日ですか?』などの質問をされてくる方がいました。


そんな中、一人の年配のご婦人が
メモを片手に私のところに寄ってきたので、
小市民寄席の詳細を聞かれるのかと思ってたら、おもむろに、
『…すみません、大須演芸場の電話番号って判りますか?』
…えっ、何故それを私に!?しかも、何でこのタイミング?
目的は?大須の番号を私が知っていると思った根拠は?
私は大須演芸場の名前は一切口に出してないんですけどね~。
聞きたい事が山ほどありました。


微笑亭さん太

司会は良好?

昨日は豊橋の牧野町というところにある
『ピアノ』というパーティールームにて、
結婚式の司会をしてきました。
いつも『大黒屋寄席』でお世話になっている大将の娘さんが、
結婚されるという事で、その司会という大役を仰せつかりました。

ピアノ(ケーキ入刀)

本当は、この役は鶴橋減滅渡さんがやられる予定だったんですが、
営業で都合がつかないという事で、私に回ってきました。
要するに、『離婚2回、結婚3回の経験者』から、
『この年にして、まだ結婚未経験者』に回ってきたわけで、
どっちの方が縁起が良かったのかは微妙なところです。

ピアノ(お見送り)

結婚式の司会は初めてでしたので、非常に緊張をしました。
沢山のお客さんを前にすると反射的に、
『…え~いっぱいのお運びでございまして、ありがたく御礼申し上げます』
と言ってしまう、一種の『職業病』があるので、
なるべく列席者を見ないようにしてました。

ピアノ(白ネクタイ)

それと、ブラックな芸風の私ですから、
基本的にボキャブラリーが縁起の悪い言葉ばかりなんですね(笑)
思わず『忌み言葉』を言ってしまうのではないかと、それだけは気をつけ、
口に出す前に頭の中で、牛の胃袋並みに反芻(はんすう)してから、
喋るように心がけていました。


『新郎新婦』ならぬ『新郎妊婦』という事で、
新婦の体調に気を配りながらの3時間に渡る披露宴でしたが、
とても良い式になったのではないかと思います。


引出物の中に『赤飯』が入っていたんですが、
小判型の木製の器に、結構ギッシリ入っていました。
とある列席者の若い男性が、その赤飯の入れ物の
『原材料』の書かれているラベルをジ~ッと見て、
『確かに重いよね…』と呟いてました。


どういう事だろうと思って見てみると、
原材料が『もち米、小豆、食塩』などと書かれている中で、
『重曹』が記されていたんですが、
それが半分平仮名で、『重そう』と表記されてたんですね。
…絶対彼は、『おもそう』と読んだんでしょうね~。


何とか無事、司会を務める事ができ、
肩の荷が下りました。


微笑亭さん太

清掃を知らない子供たち

日本人の大人、
ほぼ全員が携帯電話を持っているような現代からしてみると、
携帯の無かった時代というのは、
一体どうやってお互い連絡を取っていたのか
思い出せなくなりつつあります。


パソコンでもそうですよね。
今や会社のオフィスの机全てに、パソコンが置かれているのが普通ですから、
パソコンがなかった時代というのが信じられませんよ。


ちょっと前にイギリスの雑誌社が、
オフィスのコンピューターのキーボードを専門家に調査してもらったところ、
一番汚かったキーボードからは、
トイレの便座の5倍以上の細菌が検出されたそうでしてね。
つまり早い話が、
『パソコンはトイレの5倍汚い』という事になるわけですね。


普通は、トイレに入って
出てきたら手を洗って仕事をするわけですが、
これでは、手を洗ってからトイレに入らないとおかしい事になりますよね。
トイレの方が綺麗なわけですから。


こういう事になった大きな原因はというと、
掃除がされてないという事ですね。
パソコン利用者の約半数は、月に一度ぐらいしか掃除をせず、
全く一度も掃除をした事がないという人も約一割いたそうですね。


それから、パソコン上での飲食も原因の一つです。
食べかすなんかが残っていて、夜になるとそれを目当てに、
菌を媒介するネズミなんかが出てくるわけですよ。
…何しろ側には『マウス』があるぐらいですからね。


パソコンと言えば困るのがコンピューターウィルスですが、
まさか本当のウィルスまでいるとは思いませんでしたね。
専門家の方に、『これは昔からの話ですか?』と聞いたら
『いえ、最近(細菌)の話です』と仰ってたそうですけどね。


微笑亭さん太

カエルの子はオタマジャクシ

昨年のこれくらいの時期、
石川県の七尾市や白山市、中能登町といった所で、
地面や自動車の上で数十匹のおたまじゃくしや小魚が見つかって
大騒ぎになったんですが、今年も栃木県の方で、
おたまじゃくしが降ってきたそうですね。
例によって、
空から降ってきたとしか思えない状況で見つかってるわけですから、
非常に不思議ですよね。


通常、空から降ってくるはずのないものが降ってくる現象を
『空からの落下物(falls from the skies)』の略語で
『ファフロッキーズ(FAFROTSKIES)現象』というらしいんですが、
過去にもカエルだとかイワシ、マンボウが降ったなんて事もあったようですね。


この現象の原因については竜巻・突風説、鳥が落とした説、
いたずら説、プラズマ説など色々ありますが、
はっきりと明確に説明できる説はありません。
昨年の事件では、実害がないとはいえ、
毎日のように降ってくるおたまじゃくしを片付けなければいけませんから、
役所の方でも片付けの予算を組んだらしいんですね。
でも、予算を遥かにオーバーしてしまって、
『金をかけすぎだ!』と言って、
責任者が上司から殴られちゃったそうですね。
おたまじゃくしの事だけに、『足が出た』あと、『手が出た』んでしょうね。


降ってくるものは、どうやら水に関係する生き物が多いようですから、
これからも、色んな魚が降ってくるんじゃないですかね。
おたまじゃくし、イワシ、マンボウ、カツオ、サザエ、タラ、アナゴ君…
色んなのが降ってきましてね。


野良猫なんかは、お腹が空くと
空に向かって口を開いてればいいんですね。
魚の方から飛び込んできますからね。
呑気に口開いてたら、キスが降ってきて、
猫の喉の奥まで刺さっちゃったりしてね。
こんな『ディープキス』ってのは嫌ですよね。


カンの良い主婦なんかは、翌日サバが降りそうだな~と思うと、
塩焼きや味噌煮の準備して待ってるわけですね。
『サバを読む』ってのは、ここから始まったそうですけど。


でも、空から降ってきた魚を食べる場合には、
衛生面で気をつけなければいけないですよね。
病原菌や何かを持ってるかもしれませんからね。
空から降ってきた魚を食べた人たちが体調悪くなって、
病院で調べてもらったら、みんな胆石や尿管結石になってましてね。
何でだろうな~と思ったら、食べた魚が『イシモチ』だったという…。


子供の頃、空から雨じゃなくて
本物の飴が降ってきたらいいのに思った方も多いと思いますが、
冷静に考えてみると、お菓子の飴が降ってきたら、
これはかなり迷惑な話ですよ。


大体、道端がみんなベトベトになって歩きにくいですし、
梅雨時には、これがみんな水飴になるわけですから、
余計に始末が悪いです。
糖尿病の方は、出歩くだけで血糖値が上がっちゃうからと出歩けませんし、
友達に『何か頭が痛いんだけど』と言われて、ふと見たら、
彼の頭にチュッパチャップスの棒が突き刺さってたなんてのは嫌ですからね。


微笑亭さん太

政党会長の憂鬱

「先生、大変です!生徒会長の鳩山君が辞めるそうです」
「えっ、そうなの?昨日は絶対に辞めないと言っていたのに」
「来月、クラス委員の選挙があるので、各クラスのクラス委員が、
『このままでは選挙が戦えない』と言ってるもんですから」
「まあ、確かにね……」
「そこへもってきて、牛の飼育係の東国原君と、
病気になった牛への、生徒会の対応についてモメてるもんですから」
「でも鳩山君、昨日の生徒会が終わった後、左手の親指を突き上げて、
サムアップのポーズをしてたじゃない」
「先生、あれはサムアップじゃないそうです」
「じゃあ何なの?」
「彼は生徒会室を出る時は、指を五本広げてたんです。
それで歩くたびに、立ててた指が一本づつ減っていって、
最後に親指一本になったんです。どうやらあれは、辞めるまでの
『カウントダウン』だったようです」
「あ、そうなの!?じゃあ、あそこでリーチがかかってたんだ。
辞める原因はやっぱり、他の学校に勝手に『秘密基地』を作っちゃった事?」
「それもあるんですが、直接の原因はやはり……あの『私服』だったようです」
「ああ、あれね!あれはヒドかったものね~。
赤やら青やら黄色やらが趣味悪く組み合わされていて…先生は見た瞬間、
『ルービックキューブ』が歩いてきたのかと思ったわ」
「生徒会長の『出オチ』って、初めて見ましたよね。
でも先生、着ていた鳩山君はまだいいんですが、
問題は『あれを誰が作ったか?』という事なんです。
手芸部の誰かが作ったらしいんですが、今作った人間を必死で探しているそうです」
「ほとんど『魔女狩り』に近い感覚ね。見つかったらもう二度と、
服のデザインはさせてもらえないかもしれないわね」
「だけど先生、洋服が原因で辞任に追い込まれるって前代未聞じゃないですか?」
「確かにそうだけど、彼はそれなりに満足してると思うわよ」
「どうしてですか?」
「この八ヶ月間、生徒会長をやらせてもらって、至福(私服)の時を過ごしたから」


…お後が、よろしくないようで…


微笑亭さん太

客席に訪れる30分の氷河期

落語には『ネタの大小』というのがあります。
短くて技術的にも割と簡単な『前座ネタ』もあれば、
トリの大師匠が演られる『大ネタ』と呼ばれるものもあります。


『大ネタ』というくらいですから、
当然時間的にも長いネタがほとんどです。
30分、40分…どうかすると1時間を越えるようなネタもあります。
私も、生意気にも大ネタをかける事はあるわけですが、
納得いく高座を務めるのは、なかなか難しいです。


ネタに入って冒頭の2つ、3つのクスグリがスベり、
空気が悪くなってきた時というのは本当に焦ります。
一旦ネタに入ってしまったからには、
『…あ、すみません、やっぱりネタ変えますね~』ってわけには、
絶対いきません。


この『どんよりとした空気』を引きずったまま、
30分高座が続くのかと思うと、イヤ~な汗が出てきて、
もしもドラえもんがいたら、タイムマシンで
30分後の世界へ連れていってもらいたいような衝動に駆られます。


もちろん『ネタの選択ミス』であれ、『技術の未熟さ』であれ、
全て自分の責任なんですが、そういう時は、
他の噺家の皆さんは、どうしてるのかな~と思います。
高座の上での、良い現実逃避の方法があったら、
是非教えて下さい(笑)


微笑亭さん太

青2歳でも一人前

昨日は、WHOが定めた『世界禁煙デー』だったようですね。
厚生労働省も、この一週間を『禁煙週間』としているようです。


成人式の会場でのインタビューで、
「二十歳になって、チャレンジしてみたい事はありますか?」と聞かれて、
「今年こそ、禁煙してみたいと思います」と答えたという話があったりしますが、
ちょっと背伸びして、若いうちからタバコを吸う人がいたりします。


しかし思わず『若すぎるだろう!』とツッコミたくなったのが、
2歳にして、既に一日40本のタバコを吸うという、
インドネシアのアルディ・リザル君という子供ですね。


映像をご覧になった方はお判りかと思いますが、
本当に手馴れた感じでタバコを吸っていて、
タバコを器用にクルクル回したりする形などは、
完全に『オッサン』でしたね。


どうやら彼は、ニコチン中毒に陥っているようで、
タバコを止めさせようと取り上げると、
壁に自分の頭を打ちつけたりするそうですね。
その時、頭と壁の摩擦で飛び散った火花で、
またタバコに火を点けたそうですけどね。


ですから、本当にタバコを止めさせたかったら、
彼が頭を打ちつける壁に、千枚通しでも埋め込んでおけばいいですよね。
それで二、三度頭を打ちつければ、
もう『タバコをくれ』と言わなく…いや、言えなくなりますからね。


病気になるのが心配されるわけですが、
もしも2歳の彼が肺ガンにでもかかって、
医師から『余命3年です』と言われたら、
世界で初めて、『これまでの自分の人生より、余命の方が長い患者』として、
ますます有名になっちゃうかもしれませんね。


そんな事にならないように、
ちゃんと禁煙してくれるといいんですけど…


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード