微笑亭さん太オフィシャルブログ


記事の内容

前へ | 次へ

最初はGOOD!
2011/10/04 01:10

『運も実力のうち』などと言いますが、
成功を収める人は、くじ運が良かったり、
じゃんけんが強かったりしますよね。


つい先日、AKB48が12月に発売する
24枚目のシングルを歌う選抜メンバー16人を決めるための
『第2回じゃんけん大会』が、日本武道館にて行われましてね。
武道館の長い歴史の中でも、
じゃんけんをやるためだけに借りられるのは、この時だけですからね。


相手が何を出すか判らないじゃんけんは、
単なる運の勝負と思われがちですが、
実は結構な心理戦の部分もあったりするんですね。
従って『必勝法』らしきものが存在しないわけではないんですね。
勝つためには、相手が何を出すのか判れば手っ取り早いわけですが、
グー、チョキ、パーのうち何を出すかというのは、
人によって傾向があるようですね。


グーをよく出す人というのは、
いつも気合が入っている熱血漢が多いですね。
正義感が強くて頑固者で親分肌だったりするし、
体つきも筋肉質の人が多いようですね。
ですから松岡修造さんとじゃんけんする時には、
パーを出せば、勝率はほぼ100%なんでしょうね。


チョキをよく出す人は、神経質で頭がよくて器用な人が多いですね。
体つきは痩せてる人が多く、結構、策略家や野心家だったりするわけですね。
ですから器用なタイプかどうか見極めるために、
じゃんけんの前に折り紙を一枚渡して鶴でも折ってもらうといいですね。
鶴を折るつもりで、やっこさんが出来上がってたら、
チョキは出しそうにないって事が判りますからね。


パーをよく出す人は、体つきは太ってて、
平和的で温厚でおおらかな人が多いですね。
仲間内で『天然ボケ』なんて言われてるボ〜ッとした人が多いですから、
色んな意味でパーな人という事ですね。


じゃんけんの手は、グー、チョキ、パーの三種類しかないわけですから、
それぞれが出る確率というのは1/3づつかと思ったら、
ある実験結果によると、実はグーが出る確率が35%と一番多いんですね。
以下、チョキが32%、パーが33%という事で、チョキが一番少ないんですね。
これは手を変える時、グーやパーは人間の自然な形ですが、
チョキは不自然な形だから選び辛いという心理が働いてると言われてます。
という事は、パーを出し続ければ、
自然と勝率は上がるという事になりますね。


「それでも勝てない時は、どうしたらいいんですか?」
「そういう時は、連続勝負を挑んでみて下さい」
「連続勝負?」
「そう、先に3回勝った方が勝ちとか、5回勝った方が勝ちとか、
そういう長丁場の勝負をするんです」
「でも私、じゃんけん弱いですからね。例え3回が5回、
10回勝負になろうが私は、きれ〜いに負ける自信がありますよ」
「そんなとこに自信を持たないで下さい。人というのはおかしなもので、
連続でジャンケンをしていくと、知らず知らずのうちに、
グー、チョキ、パー、グー、チョキ、パーの順で出している事が多いんです」
「えっ、そうなんですか?…という事は、ひょっとして」
「そうです」
「私も、グー、チョキ、パーと出していけば、
少なくとも負けはないって事ですね?」
「アイコが目標ですか!?勝たなくてどうするんですか!」
一口にじゃんけんと言っても、なかなか奥深いものがあるようですね。


微笑亭さん太

カテゴリ:お笑いエッセイ

前へ | 次へ

コメントを見る(2)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン


Powered By FC2ブログ