FC2ブログ

感性はまだ未完成

雨の日は嫌いと仰る方は多いと思いますが、
春雨や五月雨、霧雨、秋雨、時雨、氷雨等々、
日本には実に沢山の雨を表す言葉や雨の呼び名がありますよね。


同じような降り方でも違う呼び名があったり、季節によって呼び方を変えたり、
一説には雨の呼び名だけで四百語以上あるなんという説もありまして、
日本はまさに【雨の国】と言えなくもないですよね。


雨は様々な感性や感覚を呼び起こしてくれるようなところもあるようでして、
空から水が降ってきた時に『これは雨というものだ』と判るのが【知識】で、
『濡れるから雨宿りしよう』と考えるのが【知恵】、
『五月に降る雨を集めると加速するのが最上川』と連想するのが【教養】、
『濡れないように、傘を作ろう』と思い立つのが【文明】、
『春雨じゃ、濡れていこう』と風情を楽しむのが【文化】という感じだそうですね。


さらに『雨とは何か?』と考えるのが【哲学】で、
『何故雨は降るのか?』を研究するのが【科学】、
『無防備に雨に打たれ続ける』のが【浄化】で、
『いつか、この雨は止む』と思うのが【希望】、
『傘持ってなくて、びしょ濡れになってるオッサンがいる』と写真をアップするのが
【ツイッター】でしょうね。


豊かな感性を持ちたいと願う人も多いでしょうが、
感性の合わない人と話すと、会話が成立しないという事がありますよね。
特に男女間では、そういう状況というのがありがちです。


ある旦那さんが会社から帰ってくると、奥さんが見慣れないスカートを履いていたんですね。


『新しいスカートなのかな?』と思い、
「そのスカート、いつ買ったの?」と聞いたら、
「安かったから」と奥さんが答えたんですね。


この時、旦那さんの方は
『話、聞いてんのか?答えになってないじゃないか』と思ってしまうんですが、
奥さんの方からしてみると『新しいなと思ったら、
【それ、いいね】とか、【似合うね】と言ってくれればいいのに、
何でそんな質問するの?』と思うんですね。


この旦那さんの質問、家計を預かっている奥さんにとっては、
『俺に黙って、いつ買ったんだ?』と聞こえるんですね。
だから『あなたに黙って買ったのは、安かったから』と言ってるわけで、
奥さん的には、ちゃんと質問に答えているんですね。・・・かなり言葉が省略されていますが。


他にも、こういうパターンのやり取りがありますよね。
食卓を見た旦那さんが、
「何、おかず、これだけ?」
「私だって忙しかったのよ!」
あるいは奥さんの方が
「あなたって、どうしていつも何にも手伝ってくれないの?」
「仕方がないだろ、仕事があったんだから」
こういう会話のすれ違いが行きつく先というのは、
「私と仕事とどっちが大事なの!?」
こう言われちゃうわけですね。


この時の正答というのは
『寂しい思いをさせてごめんね』と言って肩を抱く事で、間違っても
「本当の事を言えば角が立つし、ウソはつきたくないし」
これは絶対にNGですからね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



その咆哮は世界に響き渡る

日本文化は数多くありますが、
世界に誇れるサブカルチャーのひとつに【怪獣】というのがあります。


最も有名な怪獣と言っても過言ではない
【ゴジラ】の第一作が封切られてから、今年で67年だそうですね。


ゴジラが産声を上げたのは、終戦から9年後の1954年だったわけですが、
当時は【七人の侍】や【二十四の瞳】といった名作が作られ、映画の黄金期だったわけですね。


そんな中登場した【ゴジラ】ですが、
水爆実験によって誕生したゴジラが東京の街で大暴れする様子は、
空襲の恐怖を連想させ、人物設定や台詞にも、戦争の影響が色濃く出ていたんですね。


そのように初期の作品は重い空気に包まれていたんですが、
時代と共にライトな路線に変化して、1965年の【怪獣大戦争】という作品では、
当時流行っていた【おそ松くん】の【シェ~】のポーズをするなど、
だんだんとゴジラが、お客さんに媚びるようになってきましてね。
70年代に入ると、完全に子供の味方、人類のヒーローになっていったわけです。


当時は年に一本くらいのペースで盛んに作られていたゴジラですが、
企画はあったのに作られなかった【ボツ作品】というのも存在します。


ゴジラの奥さんが登場する予定だった【ゴジラの花嫁】なんてのがあるかと思うと、
【ゴジラ対バットマン】なんてのもあったんですね。
ゴジラとバットマンでは、あまりにも大きさが違いすぎると思うんですけどね。
やはり大きさを揃えないといけませんから、今作るとしたら
【ゴジラ対アッコさん】になるんでしょうね。



日本でも、またきっと、新たな怪獣映画が作られるんじゃないかと思います。
日本人の勤勉さを織り込んだサラリーマン怪獣、【ゴジダ】なんてんでね。


基本9時から5時まで、一日8時間勤務で暴れる怪獣で、
夕方になると『・・・あ、5時だ』と言って帰っていくんですね。


防衛軍が日中、迎え撃とうとすると、昼休憩で仮眠取ってたりなんかしまして、
休める時はきっちり休むんですね。


方々を回って、
自分が壊す街と契約を取っくるという、なかなかやり手の営業マン怪獣なんですね。


当然、得意先の接待もこなします。
「モスラさん、今度の闘いは、ちょっとだけ手を抜いてもらっていいですかね?」
なんてんで談合を持ちかけたりするんですが、モスラとの交渉に失敗すると、
カイコ(解雇)される危険性があるという・・・そんな斬新な怪獣映画が作られたら楽しいですよね。


微笑亭さん太

コロシアムの幻

オリンピックまでカウントダウン状態になっているわけですが、
確実に開催できるという確信が得られるのは、まだ先のようですね。


運動会での定番競技である【綱引き】が、
かつてオリンピックの正式競技であった事は結構有名ですよね。
1900年から1920年にかけてメダルを争っていたわけですが、
今再び、競技種目としての復帰を目指す動きもあるそうですね。


過去に実施されていたオリンピック競技では
『それってスポーツなの?』と疑問に思ってしまうような物も存在してましてね。


スポーツの祭典と謳われるオリンピックですが、
【芸術】が競技種目に加わっていた時期もありましてね。
【彫刻】【建築】【文学】【音楽】【絵画】など、五つの部門に分けられていたそうですね。


日本もベルリンオリンピックの際【絵画】で、
二つ銅メダルを獲得しているようなんですが、どういう風に争ったのか興味深いですよね。
対戦国の選手が、右手に絵筆、左手にカンバスを持って相対しましてね。
相手のカンバスに線を引いたら『一本!』なんてんでポイントが入りましてね。
最終的に相手のカンバスに絵を完成させた方が勝ちという、
なかなか高度な芸術的格闘技かもしれませんね。


特に1900年に行われたパリオリンピックは、かなり【フリーダムな大会】で、
この大会限りの一発屋的な競技が目白押しだったようですね。


中で注目すべきは【鳩の撃ち落とし】なんて競技でしてね。
その名の通り、放った鳩を、決まった時間にどれだけ撃ち落としたかを競う競技なんですが、
優勝者は21羽も命中させたそうなですね。


しかし、この競技で300羽もの鳩が射殺されたもんですから、
結局一回きりで廃止となったそうですね。
平和の祭典であるはずのオリンピックで、鳩の大量虐殺はマズいですよね。
ちなみにこの大会は【伝書鳩競技】というのもあったんですが、
中には【鳩の撃ち落とし】とかけもちで出た選手もいるんでしょうね。


他にもこの大会では【障害物水泳】なんてのもありましてね。
選手たちはセーヌ川を泳いだようなんですが、
川に浮かんでいる物全てが【障害物】という解釈で行われたようですね。
という事は、力尽きて死んじゃった選手も当然
【障害物】という事でカウントされたんでしょうね。


あと、消防士をプロとボランティアに分けて争わせた【消火活動】なんて競技もありましてね。
これなんかは、今のオリンピックで復活させてもいいんじゃないですかね。
「今度新たにオリンピック競技として加わった【消火活動】というのは、何の火を消すんですか?」
「炎上しているブログの火を消します」
これなんかはまさに、現代の競技という気がしますよね。


微笑亭さん太

コマン道を極める

コロナの影響で、戦争が減ったなんという話もありますが、
それでも世界のあちこちでは、相変わらず争い事が起こっていて
戦場には数多くの【兵士】の方々が戦ってらっしゃいますよね。
その兵士に向いてるかどうかを調べる、【兵士適性テスト】というものがあるそうですね。


例えば『ナイフを持った男三人に絡まれ、財布と携帯を要求されました。
この時どうすればいいでしょう?』なんという問題がありましてね。
これは普通にオシッコ漏らしそうな、非常に怖い状況ですよね。


我々一般人の考え方としては、
【財布だけ投げ捨てて、その間に逃げる】とか【携帯だけは見逃してもらう】とか
【ぶるぶる震えながら差し出す】なんというところが相場の答えです。


少数意見としては、【とりあえず財布で相手に立ち向かい、
『それナイフじゃなくて財布だろ!』というツッコミの隙をついて逃げる】とか、
【『こちらの名刺入れをお付けして、お値段据え置き!』と、お得感をアピールして逃げる】とか
【お尻を差し出す】なんて猛者もいましたが、いずれも間違いのようですね。


正解は【携帯を渡そうとして相手が受けとる準備をした瞬間に、
携帯で三人の喉を瞬間的に突く】なんだそうですね。
逃げるとナイフを投げられるので、近づいて制圧するのが兵士的には正解なんだそうですね。
確かにそうなのかもしれませんが、一番の問題は、
この正解の行動は【兵士にしか無理】って事なんでしょうね。


他にも『大群から逃げるにはどこが良いか? ①市街地 ②住宅地 ③森』なんて問題がありましてね。
「正解は、③の森じゃないですか?」
「はい、そうです!正解です。理由は判りますか?」
「もちろんです。追っ手も森に入ると心が洗われて、
『こんな争い事はすべきではない』と改心し始めるからですよね?」
確かに正解は森なんですが、理由は、常に視界が遮られているので、
単独で戦う場合は森が有利だからなんですね。
映画【ランボー】を見ていた方は、すぐお判りになったかもしれませんね。
逆にチームワークを必要とする場合は市街地が最適で、
住宅地は混乱を招くので極力避けた方がいいそうですね。


あと、『大勢と格闘する場合、
どうやって戦うのがいいでしょうか? ①パンチ ②キック ③膝蹴り ④タックル』なんて問題には、
②のキックと答えがちなんですが、キックは大勢と戦うと足が上がらなくなってくるので、
最善の戦い方ではないそうですね。


タックルや膝蹴りも無駄なカロリーを消費するので、①のパンチが正解だそうですね。
「正解は、パンチですよね?」
「そうです!」
「やはり、見た目で怖い人と思わせるのが一番ですよね~」
ヘアースタイルの話ではないんですけどね。


微笑亭さん太

かつては映画を極めたのに・・

「お前昨日、彼女と映画見に行ったんだろ?」
「それがさ、直前にラインが来て『ごめん、体調悪くなっちゃったから、
今日の映画デートはキャンセルね』って」
「それは残念だったな」
「ガッカリしてたら、今度は知り合いからラインが来て
『人数合わせで合コンに来てほしい』って頼まれたんだよ」
「合コンの誘いとは渡りに船だね。良かったじゃん」
「それで顔を出したら、そこに彼女がいたんだよ」
これは気まずいですよね。


映画と言えば、洋画を見る場合、
【字幕派】か【吹き替え派】かで意見が分かれますよね。
『イメージと違う声優さんが吹き替えをするとガッカリするから』というのが字幕派の言い分で、
『いちいち字幕を読まなくていいから、映像を見る事に専念できる』というのが
吹き替え派の言い分みたいですね。


「俺はやっぱり、洋画は字幕だな」
「そうなんだ。
俺は吹き替え派だけど、洋画の吹き替えのセリフって独特の言い回しがあるだろ?
日常会話の中に、ちょくちょく洋画の吹き替えっぽいセリフを入れると楽しいよ」
「どういう事?」
「例えばご飯食べてる時、『おい、醤油取ってくれ』って言われたら、
それに対して
『嫌だと言ったら?』とか言うんだよ」
「あ~そんな言い回しするね」
「さらに『ちょっと待て。今、何と言った?』
『え?醤油・・・』『違う、その前だ!』とか言うんだよ。
醤油を取ったら取ったで『よ~しいい子だ。それをこっちへ渡すんだ』てな事言うんだよ」
これはなかなか楽しそうですね。


総務省の社会生活基本調査によると、映画館での映画鑑賞の平均行動日数は、
二〇〇六年からの十年間で全年代において減少していて、
十代から二十代の若い世代に至っては、映画自体を見る機会が
低下している傾向にあるそうですね。


映画館へ足を運ぶ機会が減ったという若い世代の人たちに、
その理由を聞いてみると『千九百円という料金が高すぎる』とか
『途中でトイレに行きたくなる』『ドリンクが冷める』といった様々な声の中、
『集中力が続かない』というのが大きな理由の一つのようですね。


ネットで動画を見る世代にとっては、ユーチューブの動画は長くても十分前後なので、
ちょっとした空き時間でも楽しめるし、面白くなかったら、
他の動画に切り替えればいいわけですね。


そういう感覚の若者たちは、
二時間を超えるような映画を見続ける事が苦痛みたいですね。
・・・と言いつつも、二時間のゲーム配信動画とかは見るわけですから、
案外集中力はあるんじゃないかと思いますけどね。


もっと映画館に足を運んでもらい、二時間の作品を最後まで見てもらうため、
見た後、映画の内容に関するクイズをしたらどうですかね。
もちろん、高得点の人には賞品がつくわけです。


「お客様、おめでとうございます!最高得点のあなたには、豪華な賞品を進呈致します」
「えっ、そうなんですか?嬉しいです。
で、賞品というのは?」
「ハリウッドに渡り、製作費三十億の映画を作る権利です!」
これは逆に迷惑かもしれないですね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後5時~5時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)






●微笑亭さん太 落語動画

『姉さん女房』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=2V6m8sFE_wY&t=1613s

『江戸悪魔奇談』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=wC-k0tunaLQ

『哀縁喜縁』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=dZSgxzdtxXk&t=921s

『遅れ人』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=ZX3bbFm9wEg

『隣の男』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=e_RKJ1yqZVc

『フルーツバスケット』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=QQ2CcaJDf7M

『お伽村』(さん太作)
https://www.youtube.com/watch?v=-YnXgMbxvno&t=201s



微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師

『熟女たちの宴』『聖夜の奇跡』『お達者バイト』桂右團治師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

⑨『なかったこと』&『オトナの試験』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード