策伝大賞の栄冠は誰に?

昨日は長良川国際会議場に行ってきました。
学生落語のチャンピオンを決める
【第14回 策伝大賞】の審査員をしてきました。


一昨年、初めて審査員をやらせていただいたんですが
それから3年連続のオファーをいただき、
桂文華師、桂三金師、橘家蔵之助師、三遊亭遊吉師といった
プロの師匠方に混じって、
予選の審査員をやらせていただきました。


学生諸君は、
【信長】【道三】【濃姫】【お市】という
4つの会場に60人くらいずつに分けられ
私は文華師匠とご一緒に、【濃姫会場】の審査員でした。


持ち時間6分という過酷な状況にもかかわらず、
落研の子たちは実にうまく噺を刈り込んで
スマートにまとめてきていました。
私自身、とても勉強になりましたね。


出場者の名前一覧を見ると、【銀杏亭】やら【千里家】【立の家】といった
よく拝見する亭号がズラ~ッと並んでいました。


14回を数えるこの大会ですが、
仕切っているのが、敏腕女性プロデューサーでして、
彼女は私と同じ愛大落研。
しかも【微笑亭じゅりあ】という
私の直接の弟子だったりしたのです。
彼女にも、大変お世話になりました。


60席近く落語を聞くのは疲れましたが、
本当に楽しかったし、面白かったですね。


そして決勝進出者を決める選考には、
桂文枝師匠が加わられました。
文枝師とご一緒に審査をさせていただく形になりましたので、
色んな意味で緊張感が溢れてました。


決勝進出した8名の諸君は、
今日は、力いっぱい頑張ってください!


微笑亭さん太
スポンサーサイト

モチろん、日本の食品です

我々は日に三度、食事をするわけですが、
食品の中には食べる時に、
ちょっと注意が必要な物もありますよね。


内閣府の食品安全委員会が発表した
『食品による窒息事故についてのリスク評価』によると、
最も危険な食品のひとつとされているのが【お餅】でしてね。


餅は【こんにゃくゼリー】の30倍、
【アメ】の5倍ほど窒息事故の発生率が高いんですね。
あれだけ窒息事故で騒がれていた【こんにゃくゼリー】よりも、
遥かにリスクが高いというのは意外な感じがしますよね。


以前、ウォール・ストリート・ジャーナルによる報道で、
日本の餅について
『ニュー・イヤーズ・サイレント・キラー(新年の静かなる殺し屋)』
という見出しで紹介されてましてね。
海外から見るとお餅は、殺し屋扱いなんですね。


そのうち【白き死神】なんてタイトルで、
ハリウッドが映画化しそうですよね。
喉に詰まった餅を吐き出そうとするストーリーに
『全米が吐いた!』なんてキャッチコピーが付きそうですね。


餅が日本の伝統的な食べ物として
受け継がれてきたのには、理由がありましてね。
実は餅は、わざわざ喉に詰まりやすいように
作られているんだそうですね。


というのも、昔存在したという
【姥捨山】に代表されるように、老人は面倒が大変で
持て余す存在になっていたという背景がありましてね。
ですから、お正月に餅を用意して、
お雑煮やお汁粉に入れて年寄りに食べさせ、
その数を減らすために作られたという、
恐ろしくも悲しい先人の知恵があるんだそうですね・・・
ウソですけどね。


東京消防庁によると、
餅は小さく切ってよく噛んで食べる事が大切で、
もしも喉に詰まらせた場合は、
意識があるか確かめた上で、
反応があればあごを支えてうつむかせ、
背中を強くたたいて吐き出させるのがいいんだそうですね。
 

緊急の場合は、
掃除機で吸い出すというのも一つの手ですが、
喉を傷つける恐れがあるので、
慎重にやらないといけませんね。
「ウチのお爺ちゃん、この間、
お餅を喉に詰まらせちゃったもんだから、
私が掃除機を持ってきて吸い出したのよ」
「まあ、それは良かったわね~」
それからというもの、ご近所ではそのお爺ちゃんの事を
【掃除機爺さん】と呼ぶようになったりしましてね。


銃社会である米国では、
銃の乱射事件があると必ず【全米ライフル協会】が
「銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのである」
と言ったりしますが、
日本でも餅を喉に詰まらせて亡くなる人が出るたびに、
【全日本ライスケーキ協会】あたりが、
「餅が人を殺すのではない、食った奴が勝手に死ぬのである」
なんてな事を言ったりする世の中になるかもしれませんね。


すっかり印象が悪くなるばかりの餅ですが、
落語の中にも餅を扱った噺がありますから、
餅のイメージアップのために、
噺の中に餅要素を取り入れていったらどうですかね。


【まんじゅう怖い】のサゲでも
『このへんで、美味しい餅が怖い』とか、
【寿限無】のサゲでも『あんまり名前が長いんで、
お餅が焼けちゃった』なんという風に変えてみるわけですね。


そうするときっと【オチ】ではなく
【モチ】と呼ばれるようになるんでしょうね。


微笑亭さん太

ヤキソバ・ブレイク

昨日は刈谷市にある青山集会所に行ってきました。
【ひだまりサロン】という近所の方々の集まりにて
1時間ほど喋ってきました。


このお話は毎年秋に、
みよし市のサンアートでやっている会に
何回も見に来て下さっている
Aさんという方からお声がけいただき、
呼んでいただいたものです。


事前にメールでAさんとやり取りしていた時に、
『落語の後に、皆さんで焼きそばを作って食べるので
さん太さんも、お付き合いいただけますか?』
とありましたので、残っていく事にしてました。


現場に着くと早速Aさんが、
「さん太さん、今日、焼きそばの方まで
お付き合いいただけるんですよね?」
「あ、はい。喜んで」
見ると、大きなホットプレートが何台も置いてありました。


お客さんは近所の方々40名くらいおみえになり、
よく笑っていただけたと思います。


終わった後、別の男性スタッフの方が楽屋に来て
「さん太さん、焼きそば、食べていかれますよね?」
「あ、はい。ありがとうございます」


しばらくして、
お茶を持ってこられた女性スタッフの方が、
「さん太さん、この後、焼きそばやりますから、
是非食べていってください」
「は、はい」
食べないと絶対帰さないという感じの
【焼きそば包囲網】的なものが出来上がってるようでした(笑)
そして焼きそばを作るべく、
数台のホットプレートが稼働し始めた途端、
ブレイカーが落ちました。


落語も楽しんでいただけたようですし
焼きそばも美味しかったですし、
Aさん、大変お世話になりました。


微笑亭さん太

歓迎の舞い

昨日は豊川市の
豊川小学校に行ってきました。
落語はやらずに
生徒たちに落語を教える講師として行ってきました。


この小学校では数年前から、3年生の児童を対象として
【語りの授業】なるものが行われていて
子供たちに、地元に伝わる豊川の民話を
落語のスタイルで語らせるという
なかなかユニークな授業です。
私はその落語口調を教えるという講師ですが
もう3年連続でやらせていただいています。


学校に着いて着替えて出てくると
私に気づいた生徒たちが、
「・・・あ!さん太さんだ!」
たちまち10人くらいの子供たちに囲まれました。


中にはテンションの高い男子が、
「♪さん太さん、さん太さん、さん太さ~ん!」
意味不明な旋律で踊り出す子がいました。
そんなに歓迎されてるのかと思ったら、
ひとりの女子が冷めた目で、
「・・・バカにするんじゃないの」
・・・あ、バカにされてたんだ私(笑)


肝心の授業の方ですが、
先月は私の落語を見せて、
落語のやり方をザックリと教えたんですが、
今回は3年生の中から選抜で
計6人の子の落語を見せてもらいました。


とにかくどの子も生涯初高座なわけですから
緊張するなと言う方が無理な話です。
しどろもどろになったり、絶句してしまう子が
きっといるんだろうな~と覚悟していたら
どうしてどうして、6人とも堂々たるもの。


大きな声としっかりとした語り口で
時には仕草を交え、豊かな表情で
私の予想を、はるかに越えるものを見せてもらいました。
大したものです。


来月、発表会があるそうですが、
是非とも子供たちには頑張ってもらいたいものです。


微笑亭さん太

削除される仕事

数年後には自動車の完全自動運転が
実現するのではないかと言われてますが、
最近のテクノロジーや人工知能の発達は
目を見張るものがありますよね。


近頃メディアでも『人工知能が発達すれば、
将来多くの仕事が消えるだろう』と報じられています。
時代が変われば、淘汰されてしまう仕事があるのは
仕方のない事なのかもしれませんが、
過去にも技術の発展と共に消えていった仕事というのがあります。


その昔
【医学校への教材提供】なんて仕事がありましてね。
こういうと聞こえはいいんですが、
その内容は墓場から遺体を掘り起こして
医学校に売りつけるという仕事なんですね。
これは仕事というより犯罪ですけど、
墓場から死体を掘り出すというのは
結構骨の折れる仕事でしてね。


それでも死体の引き取り金額というのは高額だったので、
いい仕事だったようですね。
「そんなに金額が高いのなら、自分で出ていきます!」
なんてんで、自ら進んで地上に出てくる死体もいましてね。
これがゾンビの走りらしいですけどね。


昔の軍艦で働く少年たちの一般的な仕事のひとつに、
【大砲の火薬詰めこみ係】というのがありましてね。
文字通り、大砲の後ろから
火薬を詰めこむ事が仕事なわけです。


こういう仕事を長年やっていると、
男性が着替えてるのを見ると、
お尻の穴から一味を入れたくなるそうでして・・・
【大砲】の後ろから、つい粉を入れてしまうという
職業病なんでしょうね。


冷凍庫で氷が作れなかった時代には、
湖の水が凍った氷を切ってこなくてはならなかったんですね。
そこで湖の氷を切り出すのを仕事とする
【氷切り出し人】という方々が雇われたわけですね。


腕のいい切り出し人になると、
他の切り出し人に氷を融通して貸したんだそうですね。 これが後に【高利(氷)貸し】になったそうでして・・・
ですから金融会社に【レイク】というところがあるわけですね。


医学のレベルがまだ低く、
『悪い血を抜いたら治るはず』と考えられていた時代には
【ヒル採集】という仕事があったそうですね。
ヒルを採取して医師に売るというもので、
医師は患者の治療に、そのヒルを使うわけですね。


「毎日、工事現場で働いてるんだけど、これが辛くてね。
ここで悪い血を吸ってもらうと、楽になるんだよ」
「大変なお仕事されてるんですね。何の工事ですか?」
「水の流れをよくするための、
治水(血吸い)工事だよ」
なんてな会話が交わされていたんでしょうね。


目覚まし時計が発明される前には
【目覚まし屋】という商売があったようですね。
起きる時間を指定して、起こしてもらうという、
単純明快な仕事ですね。


「目覚まし屋さん、どうやって起こしてくれるの?」
「ええ、料金によって起こし方が松・竹・梅とございますが」
「へえ、【松】は?」
「窓に豆鉄炮を当てて、優しく起こしてさしあげます」
「なるほど。【竹】は?」
「窓を叩いて起こします」
「じゃあ【梅】は?」
「家に火をつけます」
確実に目は覚めるかもしれませんが、
ちょっとこれは過激すぎますよね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード