FC2ブログ

名物にうまい人あり

学校には生徒に人気のある【名物先生】がいたり、
飲食店には頑固者の【名物親父】がいたり、
その地域では誰もが知るような、ちょとした有名人がいるなんて事はよくあります。


ある男性の親戚にあたる人に、お寺の住職がいましてね。
少し悩んだりすると、そこのお寺に相談に行ったりするんですね。
「和尚さん、最近俺、仕事でもプライベートでもあまりいい事がなくて、
ちょっと鬱状態が続いてるんですよね・・・どうしたらいいですかね・・・」
「そうか・・・とりあえず、そこに一緒に座ろうか」
縁側に正座をして、二人一緒にボ~ッと御神木を眺めてたそうですね。


暫くして
「そろそろかな。ちょっと立ってみなさい」
言われた彼が立ち上がろうとすると、
すっかり足が痺れてしまって立てないんですね。
コケて悶絶する彼に、
「ほ~ら、鬱々してる余裕なんかないだろう?」
そう言って住職は、彼の足を満面の笑みで揉みだしたそうですが・・・
確かに悩んでるのが馬鹿馬鹿しくなっちゃいますよね。


この方、紛れもなく【名物和尚】なんですが、新車の交通安全祈祷に来た方に対して、
「そのお金で、良いカーステつけた方がいいよ」
と言い放ったり、厄払いの相談に来た方には、
「よしなさい、よしなさい。厄払いで高いお金を払う事自体が厄なんだから。
厄の事なんて忘れた方がいい。
厄払いなんかしなくても、一年後には
『そういえば、厄年だったな~』なんて思ってるはずだから」
とても仏に仕える者とは思えないような事を言うんですね。


こういう方ですから、周りの人は
『本当に修行を積んだ僧侶なのか?』と疑う人もいましてね。
「和尚さんは、ちゃんと修行をされてるんですか?」
「当たり前だよ。ウチの庭に滝があるだろ?
あそこで毎朝、滝行をしている」
「へえ~、そうなんですか。でも寒い日はサボったりしちゃいませんか?」
「とんでもない。修行なんだから、寒い日だって欠かさずやってるぞ」
「さすが、大したものですね」
「何しろ庭の滝は、お湯が出るからな」
「え~っ、お湯にあたってるんですか?水じゃないと意味ないんじゃないですか?」
「バカな事を言うんじゃない。
水にあたって風邪を引いたら、次の日の修行が出来なくなるだろうが!」
と怒られたって話がありましてね・・・こんな理不尽な怒られ方はないですよね。


「お寺は当然、葬儀屋さんとはお付き合いがありますよね?
葬儀屋さんって一言で言うと、どういう商売なんですかね?
「葬儀屋ってのはね、高い精進料理を出して、儲けた金で肉を食うのが葬儀屋だよ」
これは言い得て妙なのかもしれませんね。


微笑亭さん太
スポンサーサイト



豊田ネタ

昨日は豊田市内にある
崇化館交流館に行ってきました。


『地域の記憶 寄席』と題された会に出演するためですが、
この会は、昭和40年代の豊田市の駅前付近にスポットを当てた創作落語を私が作り
自ら演じるというノスタルジックな落語会です。


昨年、豊田市役所からオファーを受け、
当時の豊田市を知る地元の皆さん方からお話を聞いてネタを書きましたが、
豊田市民にはもちろんの事、豊田市民じゃない方にも
楽しんでいただけるような会にしたいと思って作りました。


無料公演ですが、整理券が要る会でして、
朝日新聞が記事にしてくれた事もあり整理券は完売状態でした。
ただやはり、このところのコロナの影響で、
本当にお客さんが来てくださるかが非常に心配でした。


整理券が出ている割には
お客さんは70名程度と、予想よりは少なかったんですが、
この日のために作った【バック・トゥ・ザ・豊田】と
【茂造の恋】をやりました。


私にとっては非常にプレッシャーのかかる会でしたが、
皆さん、よく笑ってくださったので、とてもやりやすかったです。


微笑亭さん太

還暦、感激!

昨日は名古屋の栄にある朝日神社に行ってきました。
【やせがえるの会】に出演するためです。


やせがえるの会は、年に数回行われている定期公演で、
私は久しぶりに出させていただきました。


『つる』寛大亭慈恩

『荒大名の茶の湯』米花家写碌

『権助魚』黄昏亭駄らく

『採算妻子』(さん太作)微笑亭さん太

ー仲入りー

『水屋の富』若鯱亭笑天

『試し酒』鹿鳴家春木


やはりコロナの影響なのか、
いつもより淋しい客席ではありましたが、
40名くらいのお客さんがおみえになり、笑いの多い会になったと思います。


この日は天狗連の還暦パーティーがあったため、
自分の出番が終わった後、終演を待たずに豊橋に向かいました。


還暦パーティーは毎年行われているわけではないので
ここ5、6年で還暦を迎えられたメンバーの方々7人を
まとめてお祝いする事となりました。
2020022322174979d.jpg


中でもビックリの振り袖姿で登場した
呈茶さん、つぼみさんの漫才は出色の出来映えでした。
2020022322231888c.jpg


還暦を超えても、
まだまだ十分お美しいお二人に魅了された夜でした。


微笑亭さん太

第17回 策伝大賞

昨日は長良川国際会議場に行ってきました。
学生落語のチャンピオンを決める
【第17回 策伝大賞】の審査員をしてきました。


2015年に、初めて審査員をやらせていただいたんですが
それから6年連続のオファーをいただき、
桂文華師、橘家蔵之助師、三遊亭遊吉師といった
プロの師匠方に混じって、
予選の審査員をやらせていただきました。


学生諸君は、
【信長】【道三】【濃姫】【光秀】という
4つの会場に50数人くらいずつに分けられ落語をするわけですが、
昨年、同じ会場で審査員をさせていただいた桂三金師がお亡くなりになってしまいました。


ご存命なら今年も同じ会場での担当だったかもしれないので、
とても残念な事ですが、今年は桂三幸師とご一緒に、
【道三会場】の審査員をさせていただく事になりました。


持ち時間6分という過酷な状況にもかかわらず、
落研の子たちは実にうまく噺を刈り込んで
スマートにまとめてきていました。
私自身、とても勉強になりましたね。

20200223000714a49.jpg

三幸師匠や文華師匠、
そして文枝師匠とも写真を撮っていただきました。
ありがとうございました。
20200223000136074.jpg


60席近くの落語を聞くのは疲れましたが、
本当に楽しかったし、面白かったですね。
この大会を仕切っている、私の落研の後輩にあたる、微笑亭じゅりあさんにも感謝です。

202002222357220dd.jpg

激戦の中、決勝進出した8名の諸君、
今日は、力いっぱい頑張ってください!


微笑亭さん太

勝ちの価値

春が近づき、新聞やニュースでもプロ野球の話題も増えてきましたよね。
今はペナントで優勝しても、クライマックスシリーズを勝ち抜かないと
日本シリーズに出られないというのが、なかなか悩ましいところですよね。


Aクラス三チームが戦っている間、Bクラス三チームは暇ですから、
いっその事『逆クライマックスシリーズ』をやったらどうですかね。
両リーグの下位三チームが戦って、負け残ったチーム同士が、
『日本十二位』を目指して死闘を繰り広げるわけですね。
これ、負けた方は落ち込みますよ。
チーム全員真っ暗になって、まさに『暗いマックス』ですよ。


最下位だったチームは、リトルリーグのチャンピオンチームと入れ替えたらどうですかね。
そうしますと翌年は、プロの球団がリトルリーグに混じってプレーするわけでが、
これは結構大変だと思いますよ。


実力的に、プロが雲泥の差なのは当たり前なんですが、
ちょっと盗塁したりすると『子供相手に真剣か?』とか
『大人げない』なんてヤジを飛ばされるから、やりにくいですよ。


試合で勝つと、ガッツポーズをしたりして
喜びを爆発させるのは勝者の常ですが、
敗者の『がっかりした表情』というのは、勝者の『脳の喜び』になっているそうですね。


他人の幸福や不幸に対し、
同じ気持ちを抱く心理状態を『共感』と呼ぶのに対して、
野球やサッカーなどの試合で、勝者が敗者の悔しい表情を見て喜ぶ感情は
『反共感』と呼ばれているそうでして、
その反共感で快感を得ているのが勝者という事になるわけですね。


どちらかというと、相手に勝った事が嬉しいんじゃなくて、
相手が自分に負けた事が嬉しいみたいな構図になってるわけです。
人間というのは元々、他人の不幸を喜ぶところがありますからね。


何故かというと、他人の不幸には、
『バニラ、ストロベリー、メロン』という味がついてるからなんですね。
これがいわゆる、『他人の不幸は三つの味(蜜の味)』というやつですよ。


よく勝者が敗者を抱擁してたりしますが、
あれは健闘を称えてるわけじゃなくて、悔しそうな表情を、
もっと近くで見るためなのかもしれませんね。


これは裏を返すと
『負けて悔しがるというのは、勝者の思うツボ』と言えるわけですから、
負けても一緒に嬉しがってしまえばいいですよね。
「ざまあ見ろ、俺の勝ちだ」
「わ~い、わ~い、負けちゃった~!」
「お前は負けたんだから悔しがれよ」
「わ~い、わ~い、次は勝てるかもしれないから嬉しいな~!テヘッ!」
なんてな調子で来られたら『勝っても損』みたいな感じになるでしょうね。


そして最後には敗者の方から、
「・・・今日はこのへんで勘弁しといてやるよ」
なんてんで、吉本新喜劇並みの捨て台詞でキメれば、
どちらが勝者だか本当に判らなくなるんじゃないですかね。


微笑亭さん太
微笑亭さん太 プロフィール

微笑亭 さん太

Author:微笑亭 さん太
愛知県豊田市在住
豊橋落語天狗連所属

公演依頼される方は、
090-8133-6921
にお電話下さるか、
hohoemiteisanta@yahoo.co.jp
あるいは、
hohoemitei-santa@hotmail.co.jp
までメール下さい。

アマチュア落語家として高座に上がる一方、創作落語を執筆し、自ら演じたり、プロの師匠方にも提供しています。寄席、イベント等に呼んでいただければ、喜んで駆けつけますので、よろしくお願い致します。

『悪質商法撃退落語』『振り込め詐欺防止落語』『認知症落語』『納税推奨落語』『男女共同参画落語』などの、特定のテーマの落語口演も致します!

また、イベントの司会、台本や原稿等の執筆依頼も受け付けておりますので、お気軽に御連絡下さい。


●エフエムとよた
【ラブィート演芸 楽市・落語】パーソナリティ
日曜日午後6時~6時半(隔週担当)放送中!


《受賞歴》
平成16年 『六人の会』主催 
第1回全国落語台本コンクール
最優秀賞

平成20年 落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成21年 国立演芸場主催
漫才・コント台本コンクール
最優秀賞

平成21年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
3位入賞

平成22年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
奨励賞受賞

平成24年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞

平成24年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作

平成25年 池田市主催
社会人落語日本一決定戦
藤本義一賞受賞

平成25年 上方落語協会主催
落語台本コンクール
佳作(2期連続)

平成27年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞

平成28年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(2期連続)

平成29年 落語協会主催
落語台本コンクール
最優秀賞(3期連続)

平成30年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(4期連続)

令和元年 落語協会主催
落語台本コンクール
優秀賞(5期連続)









微笑亭さん太 『団塊居酒屋』(さん太・作) 動画

団塊居酒屋 前半

団塊居酒屋 後半


《プロの師匠方への提供作品》

『こうもり』 春風亭小朝師 林家たけ平師 三笑亭可龍師 林家木久蔵師 春風亭ぴっかり師

『オトナの試験』『恋するオ・ト・メ』『短パン刑事』『同窓会』 桂かい枝師

『身投げ橋』 春風亭昇太師 五明楼玉の輔師

『人面瘡』 春風亭小朝師 桂三木男師 鈴々舎風車師 千原ジュニアさん

『茂造の恋』 春風亭小朝師 五明楼玉の輔師

『お伽村』 林家木久蔵師

『豆腐小僧』 春風亭小朝師 林家正蔵師

『トイレ革命』 三遊亭亜郎師

『こくせん』『幸せの指南書』『改訂版・寿限無』 林家ひろ木師

『地球最後の日』 三遊亭丈二師 三遊亭吉窓師

『罪を憎んで・・・』 月亭遊方師

『かごめかごめ』 桂文雀師

『転校生』柳家小せん師

『リベンジ商店街』古今亭駒次師

『隣の男』林家時蔵師 林家正雀師

『結びの神』林家なな子師

『女子会の姫』桂三歩師

『ボクの小学校』笑福亭智丸師

『ある理由』春風亭小朝師

『なかったこと』林家木久蔵師

『熟女たちの宴』『聖夜の奇跡』『お達者バイト』桂右團治師



【微笑亭さん太 創作落語CD発売中】

①『こうもり』&『幽霊談議』(¥1000)新発売!

②『お伽村』&『死ぬなら今』(¥1000)新発売!

③『身投げ橋』&『改訂版・寿限無』(¥1000)

④『トイレ革命』&『民衆主義でいこう』(¥1000)

⑤『再就職は楽し』&『税金家族』(¥1000)

⑥『優しく見守る認知症』&『当たりの行方』(¥1000)

⑦『家政婦は三田』&『三者面談』 (¥1000)

⑧『お達者バイト』&『愛しの野球部』 (¥1000)

⑨『なかったこと』&『オトナの試験』 (¥1000)

●DVD『熟女たちの宴』&『お伽村』(¥1500)

ご希望される方は、上記アドレスまでメール下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード